伊藤忠 セクハラ。 岡藤正広君(伊藤忠商事社長、元クラスメイト)と38年ぶりで再会

伊藤忠商事の財務部投資管理担当室長A氏は誰?LINE画像がヤバい

伊藤忠 セクハラ

23階の社長室応接室には、繊維カンパニーの岡本プレジデントや食料カンパニーの青木プレジデントも同席していた。 いま総合商社のトップになっている岡藤君くんだが、わたしたちはあまり教室に座っていなかったことがばれてしまった。 夏の軽井沢合宿で、ふたりの女性秘書たちを梅沢先生が「強制混浴」させた事件が話題になった(もちろん、タオルは巻いてましたよ!)。 いまならば、たぶん梅沢先生はセクハラ事件で訴えられるだろう。 ずいぶんと牧歌的な時代だったものだ。 そんな話を切り出した岡藤君も、自分の部下がその場にいたのだから、少々照れ臭かったのではなかったろうか。 なんとなく、お見合いをしている雰囲気だった。 経済学部の梅沢ゼミ第二期生は、東大紛争後(1970年入学)、最初に受け入れたゼミ生たちである。 上級生(4年生)がいなかったので、3年生がたくさん(18人?)ほどいたように記憶している。 わたしたちの共通認識は、梅沢ゼミには二つのグループがあったことである。 岡藤君は大阪出身、わたしは秋田の県立高校出身である。 ともに地方出身の「バンカラ体育会系」に属していた。 以下では、個人のプライバシーに関わりそうな話なので、名前と会社名はイニシャルで符号化する。 体育会系のゼミ構成員には、鹿児島ラサールの出身で、卒業後に商社経由で大手製パン会社の娘婿(社長)になったO君、アメリカンフットボールの部員で卒業後は商社マンになったM君、伊藤忠の対抗商社のMに行ったT君などがいた。 このグループの構成員(多数派)は、あまりモテモテの集団ではなかった。 (実際はそうではなかったかもしれないが、わたしはそう見ていた。 ) 一方、東京都出身で開成・麻布・武蔵出のゼミ生たちがいた。 数は多くはなかったが、VANやJUN、アメカジ(アメリカン・カジュアル)に身を固めたファッションセンスが良い東大生たちである。 彼らの多くは、卒業後に大手都市銀行や当時の人気企業(JやDやS)に就職した。 F銀行に就職した小柄なI君(岡藤君は期末試験の時にI君から借りたノートにお世話になっていた)、S銀行に就職したN君、海外支店が多いのでT銀行に行ったH君。 破たんした航空会社のローマ支店に駐在していたY君たち。 そういえば、4人とはちょっとタイプが異なるが、大手広告代理店Dでコピーライターになり、就職してすぐに特別賞をもらったE君、留年してから外交官になったN君などもこの中にいた。 彼らは、地方出身だったが、わたしの意識の中では、なぜか東京私立進学高のグループに分類されていた。 この6人は、わたしや岡藤君とはちがって、見てくれもよかった(ごめんなさい、岡藤くん)。 だから、女の子には相当にもてたはずである。 横で聞いていると、「どこの店に新しいデザインの服が入って、今度一緒にいこうぜ」のような、いつもファッションの話題が中心だった。 「ヨーカドー」が百貨店ではなく、衣料品系の量販店であることはずいぶんとのちになってから知ったことだった。 厳密に言えば、学生たちの中には、3番目のクラスターがあったように思う。 筑波大や学芸大の付属高校から来ている勉強好きな集団である。 大蔵省や外務省の役人、あるいは大学院に進学して東大教授になった連中である。 幸いなことに、梅沢ゼミには、このグループのメンバーはただのひとりもいなかった。 大学を卒業してから38年が経過している。 いまや皆さん、還暦を過ぎて、60歳から62歳である。 退職した人も多いし、生き残っていても子会社や関連会社の出向役員である。 振り返ってみる。 ふたつのグループのなかで、世間的な物差しで出世しているのは、第一のグループである。 圧倒的である。 地方出身で、ビジネスの世界でたくましく生き抜いてきた人間たちなのだ。 岡藤君やT君(どちらも商社マン)がその代表選手である。 成功の秘訣は、日本の経済と一緒に、自らも変化しながら機敏に動いてきたこと。 そして、なによりも、自らの立身出世よりも、組織の成長と自社の繁栄を願って、月並みな言い方だが、ともかくも一生懸命に働いてきたことだろう。 第一グループの特徴は、愚直にたくましく生きてきた結果として、組織メンバーからすこぶる愛される人になることができたことだ。 昨日の講演には、200人の伊藤忠社員(管理職と一般社員)が参加してくれた。 岡藤社長は、会議室の一番後ろの席に座って、わたしの話を90分すべて聞いてくれた。 そのときの印象である。 会議室の雰囲気でそれがわかるのだ。 岡藤君は、伊藤忠商事の社員さんたちに、とても愛されている。 風貌や話しぶりや、経営のスタイルが好かれているらしいことが、社員たちの話から伝わってくる。 そして、もっと大切なことは、経営トップとして、絶対的に頼りにされていることである。 そうなのだ。 元のクラスメイトが大手商社のトップに就任したことは、わたしたち同級生にとっては誇りに思える出来事である。 しかし、縁があって彼の会社に招かれて講演し、懇親会で社員のみなさんと話してみて、元の級友が社員からとても慕われていることを知ることができたことのほうが、わたしにはうれしかった。 岡藤君は、学生時代は案外とシャイだったように思う。 そして、庶民的で目線が低い人だった。 昨日、改めてそのことが確認できたように思う。 ご招待、ありがとう。 講演の機会をいただき、気持ちよく感じたこと。 伊藤忠商事の社員の皆さんは、仕事に取り組む姿勢がまじめで素敵に思えました。 これを機会に、岡藤君、そして社員のみなさん、今後ともよろしく! 小川 孔輔 日本でいちばん分厚いマーケティングのテキスト(全800頁)。 事例集やマーケティング辞典としても使用可能。 Search Entry• 3754• 253• 165• 304• 74 Link• Archives• 1 Feed• Others• Mobile.

次の

伊藤忠商事の「セクハラが酷い」の噂検証

伊藤忠 セクハラ

伊藤忠商事でセクハラ疑惑が浮上 今回の件について、週刊文春などは以下のように報じています。 2020年3月期の中間決算で3年連続の過去最高益を達成した伊藤忠商事で、今年に入って深刻なセクハラ事件が起きていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 伊藤忠関係者がセクハラ事件の経緯を明かす。 彼女は40代後半の財務部の資金・投資管理担当室長だったA氏からセクハラを受けていました。 A氏は、小太り、色黒でオールバックという派手なタイプで既婚者です。 今年5月、彼女は法務部のコンプライアンス室にA氏の行状を告発。 しかし調査が行なわれた形跡はなく、結局、彼女は退職に追い込まれてしまいました」 出典: 報道によると、被害者であるB子さんは、上司であるA氏からのセクハラ被害に悩まされていたといいます。 B子さんには婚約者がおり、週刊文春では 『その婚約者とA氏とのライン』が公開されています。 なんと、一緒に計画していたメンバー全員が直前にドタキャンし、A氏とB子さんの2人で行くことになったといいます。 その旅行先で、無理やり身体の関係を求めるようなことを言われたB子さんは、コンプライアンス担当にこれを告発。 しかし、なんの調査も行われなかったとしています。 40代後半の財務部資金投資管理担当室長A氏は誰で名前特定? ネットでは今回の報道に、実名報道を求めることが高まっています。 文春の報道によると、加害者であるA氏は、財務部の幹部であり、 『資金投資管理担当室長』という役職にあったということが報じられています。 また、小太りで色黒、オールバックという特徴も記載されていました。 ただ、このA氏はいくら幹部社員と言っても役員などではなく、あくまでも一般社員。 そのため、公式ホームページなどへの顔出しはなく、どのような人物なのかをうかがい知ることは出来ません。 しかし、伊藤忠商事が令和元年9月24日付けで、近畿財務局長宛に提出した 『持株比率が変動したことによる変更報告書』のなかに、その役職につく人物の名前が記載されていたのです。 役職名と名前が記載されていたPDF資料 伊藤忠商事が、2019年9月付で作成した資料が、日経が管理しているドメインの下層ディレクトリにPDFファイルとしてアップされてました。 この資料のなかには、代表取締役などの役員以外にも、事務連絡先として幹部社員の名前がいくつか記載されています。 ただ、一つ注意しなければならないのは、 役職名が同じだからといってこれが当該報道にある人物かどうかは分からないということ。 文春の報道を読み返してみると、 『室長だった』という書き方をしていることから、セクハラを疑われている人物は現在、別の役職に付いていると思われます。 特定をするためには、 『報道にあるA氏が資金投資管理担当室長という役職についていた期間』が重要になってきます。 そのため、今後在任期間についての詳細な情報が公表され次第、改めて追記させていただきます。

次の

【文春】伊藤忠セクハラLINE画像がヤバい!40代後半の既婚者A氏は誰?|oricoma

伊藤忠 セクハラ

伊藤忠商事の40代後半財務部室長の幹部社員がセクハラ行為? 文春オンラインでは以下のように伝えています。 2020年3月期の中間決算で3年連続の過去最高益を達成した伊藤忠商事で、今年に入って深刻なセクハラ事件が起きていたことが「週刊文春」の取材で分かった。 伊藤忠関係者がセクハラ事件の経緯を明かす。 彼女は40代後半の財務部の資金・投資管理担当室長だったA氏からセクハラを受けていました。 A氏は、小太り、色黒でオールバックという派手なタイプで既婚者です。 今年5月、彼女は法務部のコンプライアンス室にA氏の行状を告発。 この記事で驚くべきポイントとしては、被害者女性が告発するも、調査が行われなかったということで、最終的にこの被害者女性は退職することになってしまったということです。 この女性が受けた被害は以下のようなものであったそうです。 伊藤忠商事幹部社員のセクハラ問題にネットの声は 現在まとめています。 伊藤忠商事のセクハラ幹部は誰?色黒オールバックの財務部室長顔画像は?|まとめ 文春オンラインの取材により、伊藤忠商事幹部社員のセクハラ疑惑が報じられています。 セクハラ行為を受けた被害者女性は、セクハラ行為を告発するも会社に取り合ってもらえなかったようで、泣く泣く退職をされていました。 セクハラ行為を行ったのは幹部社員と言われており、40代後半のオールバックで色黒の派手なタイプで、当時の財務部の室長の方のようでした。 氏名や顔画像までの特定には至っておりませんが、ここまで特徴が明るみになっているので、特定までは時間の問題のような気がします。

次の