バキューム カー。 バキュームカーのホースの長さはどのくらい?ホースの構造と役割も解説!

ウーンとたくさんバキュームカーを学ぼう その奥深き世界に迫る

バキューム カー

Contents• バキュームカーとは バキュームカーは 「衛生車」とも呼ばれ、大型の吸引ポンプとタンクを装備した自動車で、主にし尿の回収、運搬作業を行っています。 また、それ以外にも、工場用水や薬品の運搬に使われたりと、様々な用途で活躍しています。 汲み取り式便所のし尿の回収 バキュームカーといえば真っ先に思いつくのが 汲み取り式便所のし尿回収の用途に使われることでしょう。 下水道が普及していない各家庭を廻り、汲み取り式便所に貯まった汚泥を回収し、処理施設まで運搬します。 一昔前までは頻繁に見かけたものの、近年下水施設が復旧しつつあるため、あまり見かけなくなりましたが、それでも地方の方になるとまだまだ重宝されています。 下水道、浄化槽の回収 浄化槽に貯まった汚物の回収を行うのもバキュームカーの仕事となります。 上記でご紹介した下水施設が普及している地域では必要ありませんが、それ以外の地域では生活に欠かすことができないでしょう。 特殊用途自動車に区別 バキュームカーは特殊用途自動車に分類されます。 特殊用途自動車とは、 道路運送車両法などで定められた自動車の区分で、特別な用途に使用するものであり、その用途をするのに必要な特殊な設備や構造をしている自動車となります。 ちなみに 救急車やパトカーもこの分類に入り、ナンバープレートは8ナンバーが使われるため、 「8ナンバー車」とも言われます。 バキュームカーの構造について バキュームカーは 大きなタンクとポンプが特徴でしょう。 また、バキュームカーはに関する疑問で特に多いのが、• 液体しか吸引できないのか• なぜ臭くないのか といったところが多いため、以下で詳しくご紹介します。 固形物も同時に吸引できる バキュームカーはポンプで直接液体を吸い込んでいるわけではなく、 タンク内を負圧にすることで吸引力を発生させているため、ホースに通れば固形物も容易に吸い込むことができます。 しかし、あまりにも大きいものや鋭利なものはタンクやホースを傷つけてしまうため、注意が必要です。 特に使用中にホースが破れると、ホースの先端が飛んでくる危険もあります。 バキュームカーが臭くない理由 従来のバキュームカーはタンク内の空気を強制的に排出して吸引するため、し尿の吸引時はひどい悪臭が発生するという問題がありました。 しかし現在のバキュームカーは 燃焼装置を備え付けており、タンク内の悪臭を一旦処理してから放出する方式を採用しています。 また、ポンプの潤滑油には香水の原理が使われていることもあるため、ほとんど悪臭はしなくなりました。 バキュームカーの主な部位 バキュームカーは大きなタンクにたくさんのし尿を溜め込むため、悪臭対策や誤操作による事故を防止するために様々な装備があります。 そこで、バキュームカー専用の代表的な部位をご紹介します。 バキュームポンプ し尿などを吸引するための要の部分であるバキュームポンプは、 真空ポンプで内部を減圧してその気圧差を利用して流動物を吸い取る構造となっています。 吸入物がポンプ内を通らない構造となっているため、このポンプ一つでし尿だけではなく、多様な流動物の回収を行うことができます。 また、駆動装置やクラッチ、吸入管といった部品はタンク上部にまとめて取り付けられています。 主マンホール タンク上部に取り付けられている主マンホールは取り付けフランジをタンクよりも上部に設置することで 万が一満了の時に逆流しないように考えられています。 また、マンホール内部のメンテナンス性や清掃作業がしやすいように考えられています。 燃焼式消臭器 タンク内を負圧にするために真空ポンプで空気を抜くものの、タンク内にし尿が残っていればその空気からかなりの悪臭が出ます。 そのため、燃焼式消火器を取り付け、 悪臭は装置内で燃焼させることでタンク内の空気の匂いを取り除くようにできています。 燃焼式消臭器はタンクの上部に取り付けられていることがほとんどで、大きさもさほど大きくないため、あまり目立ちません。 吸引排出レバー ポンプの吸引や排出は切り替えレバーひとつで行うことができます。 そのため、回収してきたバキュームカーは処理場でし尿の排出をする際は吸引排出レバーを排出側に向けます。 そうすると真空ポンプが逆転するため、排出するようになります。 また、排出する際はホースが暴れて飛び散ってしまう危険があるため、しっかりと固定してからレバーを切り替える必要があります。

次の

バキュームカーを最高額で売却する

バキューム カー

バキュームカーの仕事は楽 バキュームカーの仕事は現場仕事の中では比較的に楽な方でしょう。 なぜならば、定年間際のおじいちゃん(60歳前くらい)でも現役で仕事をやっているからです。 むしろ、この業界は40代、50代の人が多い業界です。 そのような年齢がいった人でもできるくらいなので 体力的にはそれほど負荷はかからないと言えます。 バキュームカーの仕事は液体をホースで吸い込むのがメインなので 重いものを持ち上げたり、運んだりする必要はほとんどありません。 ただ、40度を超えた真夏でも、 雪が積もる真冬でも仕事はありますので 仕事環境は非常にキツイものがあると言えます。 しかも扱うものは産業廃棄物なので どうしても臭いはしょうがありません。 特に、し尿を吸い込む一般廃棄物のバキュームカーの仕事は 「うんち」の臭いが体に染み込んでしまいます。 僕の働いていた会社でもウンコ車をやっていました。 部署が違ったので僕自身はやっていませんが うんこ車の臭いはハンパありません! バキュームカーとバキュームダンパー車 このタイプが僕が使用していた車のバキュームダンパー車です。 知らない人から見ると汲み取りのバキュームカーと同じように見えてしまいますが 吸い込みをかけるポンプの構造が違うようです。 (僕も詳しくありませんが) 液体も吸い込みますし、砂や土などの固形物もズボズボと吸い込みます。 大型のバキュームダンパー車になると吸い込む力もハンパ無く 気を付けないと長靴が簡単に吸い込まれてしまうほどです。 僕も一度、手をズッポリと吸い込まれてしまって どんどん腕の方までホースに入ってしまい 慌ててコックを逆の手で閉めたんですが ホースが真空になってしまい、しばらく腕がホースから抜けませんでした。 そして、手を引っこ抜いたら 手と腕の色がドス黒く変わってしまいました。 スポンサーリンク あと、バキュームダンパー車のタンクの構造って けっこう漏洩しやすくて 汚泥を大量にぶちまけたこともあります。 吸い込んだモノによってはかなり危険なものもあるし 漏れてないかヒヤヒヤします。 そしてこちらが汲み取りのバキュームカーです。 いわゆるウンコ車と呼ばれる し尿を吸い取る車です。 未だに地方では下水が通っていないところが多く このバキュームカーが汲み取りに行っています。 話すまでもないと思いますが このウンコ車の仕事はかなり臭いです! しかも、仕事中だけでなく あの臭いって身体に染み込むんです。 本人がシャワーを浴びて、 もう臭いを洗い流したなと思っても 他人が嗅ぐとくさい臭いがまだ残っているんです。 あんな仕事をしながら昼ご飯なんか食べれないと思うかもしれませんが 以外に本人は臭いに慣れてしまって 体中ウンコまみれになりながら昼飯を食べていたりします。 バキュームカーの仕事の給料明細 コチラが多い月で手取り33万円 コチラが少ない月で手取り22万円 これがバキュームダンパー車に乗っていた時の給料明細です。 勤続5年で、基本給こそ普通ですが 各種手当と残業代が加算されてけっこうイイ給料でしょ? その月の残業時間にもよりますが 良い時で残業80時間、手取りで35万円 少ない時で残業20時間、手取りで25万円 といったとこでしょうか。 残業(休出を含む)がコンスタントにあれば年収も500万に届くんですが 無ければ普通の給料になってしまいます。 結局、基本給は高くないということです。 そしてボーナスはというと 僕がいた会社ではだいたい1ヶ月分(25万円)くらいの支給でした。 まわりの産廃業界の会社でもだいたい同じで 給料の1ヶ月前後が相場になります。 基本、産廃の業界は多少の上下はありますが 比較的安定していてボーナスも、毎年ほぼ同額が期待できます。 まとめ バキュームダンパー車とバキュームカーの違いは分かってもらえたでしょうか? 僕がダンパー車に乗っていたので、 「バキュームカーと同じにするなよ!」 と内心、ウンコ車と同等に見られるのが嫌でした。 しかし、一般の人から見るとどちらも同じに見えるようで よく汚いものを見る目で見られていましたね。 産廃業界の仕事は年齢的に年配の人が多くいます。 40代で転職する先としてはおすすめできます。 ただし、あのキツイ、汚い、臭いの3Kが我慢できればですが・・。

次の

バキュームカー(吸上車)の構造や仕組みはどうなっているの?

バキューム カー

Contents• 実は車両サイズが豊富なバキュームカー いわゆる働く車というのは細かく積載量が分かれていて、 事業の規模によって必要なサイズのバキュームカーを選ぶ事ができるものなのです。 小さいサイズでは2トンサイズからあるので、狭い場所での作業も容易に行えるのです。 一方最大で10トンくらすのバキュームカーもありますので、大きなバキュームカーの場合は企業などを周るために利用すると良いかもしれません。 ただあまり小さいサイズや大きなサイズを見ないのは、よく見るサイズが扱いやすいからなのでしょう。 最大積載量が10トンとか2トンとかで表しますが、 バキュームカーの場合はトン数で表示するのではなく、リットルで表示されているので選ぶ時には注意しましょう。 表示は1000単位で表示されます。 2トンなら2000リットルで表示されますし、4トンなら4000リットルで表示されているはずです。 どちらも重さ的には同じなので4トンでも2トンでも間違いではありません。 気になるバキュームカーのサイズや寸法は? ここではバキュームカーのサイズごとに寸法をご酒かいいたします。 2tバキュームカー 2トンの全長は4,695mm、全幅1,695mm、全高1,995mm、車両総重量5,100kg、許容量は1,800リットルです。 2トンと言ってもタンクが付いているので小さいというほどではありませんが、狭い場所での作業に向いています。 例えば 道路が狭い地域での浄化槽洗浄を行う場合などに活躍します。 昔からある住居の多い地域では小さめのバキュームカーが今でも活躍しています。 タンクが小さい分処分場への往復が多くなる事は避けられないでしょう。 3tバキュームカー 小型3のバキュームカーの寸法は全長5,140mm、全幅1,695mm、全高2,150mm、車両総重量は6,795kg、許容量は2,700リットルです。 バキュームカーのサイズは細かく分類されていて、どんな場所であっても最適なサイズで作業ができるようになっています。 2トンのバキュームカーよりも1,000リットル近く多く回収ができるので、どちらにしようかと迷う事は無いかもしれませんが、 車体の大きさはあまり変わらないので少し大きめのサイズの方が良いかな?と思うなら小型3はおすすめかもしれません。 一方で3トンのバキュームカーの寸法は全長5,140mm、全幅1,885mm、全高2,330mm、車両総重量は6,795kg、許容量は3,000リットルです。 5tバキュームカー 3. 5トンのバキュームカーの寸法は全長5,455mm、全幅2,070mm、全長2,300mm、車両総重量は7,975mm、許容量は3,700リットルです。 最も一般的なバキュームカーのサイズでしょう。 バキュームカーで浄化槽清掃業務を行っている企業で最も多く使用しているサイズの車両でしょう。 全体的な大きさも2トンと比べて大きすぎる事がないので、住宅の密集している場所でも問題なく作業を行えるでしょう。 5tバキュームカー バキュームカーは3. 5トンの次は4トンではなく5トンです。 5トンのバキュームカーの寸法は全長5,800~6,950mm、全幅2,170~2,830mm、全高2,500mm、車両総重量9,770~13,860kg、許容量4,500~7,000リットルです。 このクラスになると2トンと比べるとやはり大きいと見た目で感じる事ができます。 また、他にも8トン未満までのサイズも細かく分類されているので、事業所の業務の内容に応じてジャストサイズを選ぶ事が可能です。 8tバキュームカー 8トンのバキュームカーの寸法は全長が7,600mm、全幅2,375~2,450mm、全高2,650~2,830mm、車両総重量は14,350~14,730kg、許容量は10,600~11,000リットルです。 このクラスも8トン~10トン未満まで細かく分類されています。 必要以上に大きなタンクにしなくても良いので、車両にかかる費用を抑える事ができますし、小さすぎず大きすぎないサイズのバキュームカーの導入が可能です。 10tバキュームカー 10トンクラスのバキュームカーになるとさすがにタンクも車体のサイズも大きくなります。 広い大きな通りに面している企業や一般家庭などで汚物の回収ができるので、一回で多くの顧客のところに回れるのが良いですね。 寸法は全長7,900~8,050mm、全幅2,490mm、全高2,960~2,990mm、車両総重量は19. 850~19,890kg、許容量は9,500~9,800リットルです。 回収する量も多いのですぐに処分場へ行かなくても良いのがポイントです。 バキュームカーはなぜサイズが豊富なの? ご紹介したようにバキュームカーのサイズはとても豊富です。 その理由は回収を行う場所に応じて最適なサイズで回収が行えます。 例えば家庭用であれば小さいサイズの方が回収には最適でしょう。 一方で企業や大きなデパートなどの場合はトイレの数も多いですし、できれば一回で回収できた方が効率的です。 こうした理由で大きなタンクの汚物を回収するのなら、大きなサイズのバキュームカーを選べばいいのです。 バキュームカーはこうした理由でこのように 場所に合わせて細かく分類されているのです。 まとめ 今回は意外と知られていないバキュームカーのサイズが豊富であるという事をご紹介いたしました。 バキュームカーは快適な暮らしをするために欠かすことができないものなのです。 この記事がバキュームカーのサイズについて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

次の