縛りなしwifi 届かない。 【怪しすぎ?】「最安値保証WiFi」を使用してみた口コミ・レビュー ~ WiFiコンシェルジュ

縛りなしWiFiのメリットと評判からわかるデメリットを解説【2020年7月】

縛りなしwifi 届かない

1.縛りなしWiFiとは? 縛りなしWiFiとは、株式会社クーペックスが提供しているモバイルルーターレンタルサービスです。 レンタルで取り扱っているモバイルルーターはSoftbankととなっています。 公式サイトで申し込みをすれば、最短翌日には発送されるので引っ越しや、すぐにWiFiの環境を用意したい人に重宝するサービス内容ですね。 では、料金プランはどうなっているのでしょうか。 縛りなしWiFiでは「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の2種類が用意されています。 それぞれをわかりやすく表にまとめました。 縛りなしプランと縛っちゃうプランの違いは、• 月額料金• 契約期間• 解約金• 利用端末 の4つです。 縛っちゃうプランは、新品端末の買い取りプランで契約期間と解約金が設定されています。 端末代金は割引で実質無料ですが分割払いが必要のため、契約期間と解約金が設定されているんですね。 利用端末は新品の601HWシリーズのみですが、料金が500円ほど安くなります。 長期的に利用する予定であれば縛っちゃうプラン、短期や契約期間などの縛りが気になるなら縛りなしプランと使い方で選ぶと良いでしょう。 クーポンの取り扱いはなし 2019年4月までは、Youtuberによる一斉タイアップキャンペーンで割引クーポンの配布が行われていました。 ただし、クーポンを取り扱っていたのはこの1回限りで、基本的には割引クーポンの発行は行われていません。 今後、また何かのイベントでクーポンの発行が行われることもあるかもしれませんが、可能性は低いと判断できるでしょう。 そのため、契約の時にはクーポンなしで申し込みしても問題ないと言えます。 ここまで縛りなしWiFiの基本について触れてきましたが、他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。 より詳しく縛りなしWiFiを知るためにもメリットからチェックしてみましょう。 2.縛りなしWiFiのメリット 縛りなしWiFiには4つのメリットがあります。 月間の通信制限なし• 契約期間の縛りなし• 解約金なし• 月額料金が安い 月間の通信制限がないため、一度に大量の通信をしなければ無制限でインターネットを楽しめます。 1日の通信制限はSoftbank・WiMAXどちらも2GBまでとなっています。 レンタルできる機器のSoftbank、WiMAXで設けられている通信制限は以下の通りです。 WiMAX 3日で10GBまで Softbank 1日で3GBまで 縛りなしWiFiは1日2GBまでの制限を統一しているので、上記の制限が適用されないことは覚えておきましょう。 通信制限を受けた後の通信速度は1Mbpsになりますが、128kbpsよりもある程度の速度が確保できることから気にならないでしょう。 通信制限だけではなく、縛りなしWiFiは契約期間の縛りがないほか、解約金も発生しません。 契約をすれば最短で翌日発送され、必要がなくなって解約しても問題ないことから• 端末が届かないことがある• 機種が選べない• 支払いはクレジットカードのみ• 故障は弁償の必要がある それぞれ詳しく解説していきますね。 デメリット1.端末が届かないことがある 縛りなしWiFiを申し込みしてから、すぐに端末が届かないことがあります。 なぜなら、申し込みが多く発送対応に遅れが出てしまうからです。 公式サイトには翌日発送対応は12時までの申し込みをすれば翌日には発送されることが明記されています。 問題がなければ発送されてから約3〜7日間で端末が到着しますが、申し込みが多かったり、棚卸作業があると発送に遅れが出てしまうんですね。 例えば、春頃には新生活のためにWiFiを用意したいと申し込みをする人が増える傾向があります。 すると、申し込みが多くどうしても遅れが出てしまい届かないといったケースが増えてしまうんです。 他にも棚卸作業で発送日に選べない日がお知らせに記載されているかもしれません。 以上のことから、端末が届かない時にはまず公式サイトのお知らせを確認しておく必要があるでしょう。 遅れや棚卸作業はお知らせに記載されているので、活用してみてください。 デメリット2.機種が選べない 縛りなしWiFiでは、 契約で利用する端末の機種を選べません。 SoftbankとWiMAXの2社からそれぞれ2種類の機種が用意されていますが、多くの人がSoftbankの端末が届いたという口コミを寄せているからです。 ただし、WiMAXかSoftbankのいずれかの電波が届かない時には回線の指定だけはできます。 かならず電波状況に問題があること、Softbank・WiMAXのどちらなら問題ないかをお問い合わせしましょう。 どのような場合でも、端末の機種は選べないのでどの端末が届くかだけは選べないことを覚えておいてください。 デメリット3.支払いはクレジットカードのみ 縛りなしWiFiの支払い方法はクレジットカードのみです。 口座引き落としなどの他の支払い方法には対応していないことから、事前にクレジットカードを用意しておく必要があるでしょう。 対応しているクレジットカードは以下の5種類です。 VISA• JCB• MasterCard• AMERICANEXPRESS• DinersClub デビットカードには対応していないので注意してください。 また、ここで注意したいのが引き落としのタイミングについてです。 契約の手続きが終われば、縛りなしWiFi側から料金決済の手続きが行われます。 初回料金は端末発送前に日割り料金で決済となることから、端末が発送遅れでも決済が先に進んでしまうんですね。 遅れた分の日割り料金が引き落とされている可能性があるため確認してみましょう。 また申し込み当日15時までであれば申し込みのキャンセルが可能ですが、支払いは先に行われている可能性があります。 利用予定だった料金が引き落とされていますが、後日返金を受けられるので安心してください。 発送の遅れで引き落とされた分も戻ってきますが、目安として1〜2ヵ月程度かかります。 以上のことから、支払いがクレジットカードのみ、料金が先に決済されるということは覚えておいてください。 デメリット4.故障は弁償の必要がある 端末が故障した時には弁償の必要があります。 あくまでもレンタルのサービスのため、端末を購入しているわけではなく借りている物だからです。 利用している端末を大切に扱う必要があるでしょう。 とは言っても、精密機械なので大切にしていても故障してしまうかもしれません。 そんな時のために、縛りなしWiFiでは安心サポートプランと呼ばれるオプションが用意されています。 安心サポートプランは月額500円(税抜)で、発生する端末代金の弁償金額を負担してくれるサービスです。 どの程度の負担をしているのかをわかりやすくするため、オプションありとなしではどの程度違うのかを表にまとめました。 SIMカード再発行は変わりませんが、端末故障全般の金額はかなり抑えられます。 ただし、安心サポートプランは6ヵ月以上の利用が条件です。 6ヵ月に1回のみ利用できるものなので、滅多にありませんが故障が続くとサポートが受けられないため注意してください。 まとめ 縛りなしWiFiは気軽にネットで申し込みできる端末のレンタルサービスです。 2種類のプランが用意されているため、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。 月額料金が安く設定されているので、格安でWiFi環境を利用したい人におすすめできるでしょう。 縛りなしWiFiの特徴を良く理解した上で、自分に合ったサービスなのかを見極めてみてくださいね。

次の

縛りなしWiFiのメリットと評判からわかるデメリットを解説【2020年7月】

縛りなしwifi 届かない

縛りなしWiFiとは 縛りなしWiFiは 1年目の月額料金3,300円、2年目以降は月額2,800円と格安で利用できるレンタルWiFiです。 端末(モバイルルーター)は選ぶことができないため、 WiMAXが届くかSoftBankが届くかはわかりませんが、どちらが届いても月間無制限に使うことができます。 縛りなしWiFiは条件が良すぎるので何か裏があるのではと思い、私も実際に契約して2ヶ月間使っていますが、何も問題なく高速通信を使わせていただいております。 正直言って、WiMAX・ポケットWiFiを検討中の人がいましたら、縛りなしWiFiが一番おすすめです。 下記にレビューもありますのでぜひご覧ください。 さっそく縛りなしWiFiを申し込んできました! ちょっと画像が見づらいですが、申し込んで約3時間後位にメールが来ました! が、しかし!「 HPに掲載端末が在庫不足の為、FS030Wをお送りさせていただきます」とメッセージがありました。 縛りなしWiFiのホームページ上では、• Pocket WiFi 603HW(SoftBank)• Pocket WiFi 502HW(SoftBank)• Speed Wi-Fi NEXT WX05(WiMAX)• Speed Wi-Fi NEXT W04(WiMAX) の上記4台が掲載されていました。 なお、FS030Wは富士ソフトという国内企業が製造しており、連続通信時間が最大20時間という長時間連続通信が使えるので有名です。 速度の面でも受信時最大150Mbpsの送信時最大50Mbpsと、遅くて困るという速度ではないので安心です。 こちらの端末はSoftBank回線を利用している為、月間のデータ通信は無制限ですが、1日3GBの速度制限があります。 1日で3GBを超えてしまうと速度が遅くなってしまいますので注意してください。 在庫不足でFS030Wになりましたが、特に気にする必要は無いと思います。 むしろFS030Wはコンパクトで持ち運びがしやすいWiFiルーターとなっております。 申し込み時の注意~クーポンコードは必要ない!?~ 縛りなしWiFiは申し込みフォームに「クーポンコード」記入欄が用意されています。 他のSAKURA WiFiやSTAR WiFiのように、クーポンコードを入力したら月額料金がさらに安くなる?と思う人もいるようですが、 縛りなしWiFiは今後キャンペーンで使う可能性はあるかもしれませんが、 現時点ではクーポンコードは用意してないという返答をいただいております。 そのため、クーポンコードの欄は未記入で問題ありません。 実際に私も使用していますが、月額料金3,300円で利用できています! 端末が到着しました!! 縛りなしWiFiはレターパックでポストに入れてありました。 そのため、仕事で家にいない人や、買い物に行ってる場合でも、 基本的にポストに入れてもらえるので、自宅で受け取りを待つ必要はありません。 私がGMOとくとくBBのWiMAXを契約したときは端末の受け取りができず、翌日の再配達になってしまい、1日Wi-Fiを我慢した記憶があります。 さっそくレターパックを開けてみるとプチプチに端末が包まれていました。 上の画像はプチプチから出した状態です。 見ての通り、 レターパックの中には「USBケーブル」「モバイルルーター(FS030W)」「電源コネクタ」の3つが入っていました。 書類等は一切ありません。 なお、レンタル品ということなので、 端末が汚かったら嫌だなと思っていましたが、新品の端末が届いてしまったようです。 縛りなしWiFiのサービスが始まったばかりと言う事もあり、端末が全体的に新しいのかもしれません。 因みに、WiMAXの最新端末と比較するとこんな感じです。 見ての通りFS030Wの方がコンパクトで持ち運びしやすいです。 縛りなしWiFiの速度はどうなの? 手元にWiMAXの端末W06がありますので、縛りなしWiFi(FS030W)とWiMAXのW06の速度を比較してみました。 ちょっと画像だとわかりづらいので表にすると 下り 上り 縛りなしWiFi 31Mbps 9. 4Mbps WiMAX W06 39Mbps 3. 2Mbps 上記の通り、縛りなしWiFiのFS030W(SoftBank)とWiMAXの最新端末W06では速度が殆ど変わりませんでした。 窓を閉め切った家の中で計測した為、速度が30Mbps前後でしたが、画像は取れていませんが、外では50Mbpsの速度が出てたりしました。 この速度であれば、動画の視聴やスマホゲームでは問題ない速度です。 これ以上の速度を求めるのであれば、光回線を自宅に引いた方が間違いありません。 速度制限は1日3GB!? 縛りなしWiFiでは、SoftBankの端末かWiMAXの端末のどちらかが手元に届きます。 WiMAXであれば、3日で10GB迄高速通信が可能となっており、直近の3日間で10GBを超えてしまうと夜の6時から翌2時まで速度制限になります。 速度制限を解除するには、直近の3日間の通信量が10GB未満になれば自動で解除されます。 SoftBankであれば、1日3GBを超えると通信制限になります。 WiMAXと比較すると少しだけ使える量が少ないです。 速度制限の解除には、日付が変われば自動的に解除されます。 料金の請求はどうなっているの? 申込み時に登録したクレジットカードから自動引き落としとなっております。 縛りなしWiFiは• 初期費用0円• 契約事務手数料0円• 契約解除料0円• 送料0円 となっておりますので、毎月支払う金額は3,300円(税抜)です。 さらに、 初月の料金は3,300円の日割りにしてくれるため、月初めにはじめた方が良いということがありません。 そのため月末でも気軽に申込みができます。 13ヶ月目以降は激安の料金設定 縛りなしWiFiは長く使い続けた人のために、 13ヶ月目以降はずっと2,800円です。 正直これはやりすぎでは?と思うサービス内容です。 レンタルWiFiのため端末は自分の物にはなりませんが、月額料金が最初の1年間3,300円で利用できてそれ以降は2,800円で使えます。 安すぎて言葉が出ません。 縛りなしWiFiがこの料金設定のため ポケットWiFiやWiMAXのプロバイダ「GMOとくとくBB」「So-net WiMAX」「Broad WiMAX」「ワイモバイル」等から2年3年といった長期契約を結ぶ必要がなくなってしまいました。 レンタルは何か嫌だという人もいますから、「レンタルWiFiを絶対使わないといけない!」というわけではありませんが、 月額料金の安さを考えると「縛りなしWiFi」は2019年一番おすすめのWi-Fiです。 解約はどうしたら良いの? 縛りなしWiFiは「端末」「USBケーブル」「電源コード」以外の物は送られてきませんので、 契約書類なども一切ありません。 ってことは・・・ 「何処に送り返したらいいの?」「解約の手続きは?」と契約してスグ不安な気持ちになりました。 公式ホームページを確認すると、 と記載されており、 縛りなしWiFiの解約は「お問い合わせフォーム」から解約申請を出してください。 ここで重要なのが、お問い合わせフォームに記載する「名前」「メールアドレス」は申し込み時と同じの方がスムーズに解約ができます。 お問い合わせ内容には、何年何月に解約したいですと記入すればOKです。 お問い合わせ後しばらくたつと、 このように縛りなしWiFiから解約の受付メールが届きます。 縛りなしWiFiの端末の返却先は「〒143-0026 東京都大田区西馬込1丁目22-19 株式会社クーペックス内 縛りなしWiFi」宛となっております。 返却先が変わる可能性もありますので、必ず解約申請後、メールに記載されている返却先住所をご確認ください。 返却日を過ぎてしまうと、翌月のレンタル代も請求されてしまいますので注意してください。 返却方法は特に指定ありませんが「レターパック」で届いたので、プチプチに入れてレターパックでの返却で大丈夫です。 縛りなしWiFiはおすすめできる?できない? ネット上に口コミや評判が少ない中、実際に利用した者としては「縛りなしWiFi」はおすすめできます。 回線営業マンとしても損得を抜きに、 ポケットWiFiの購入を考えてる人におすすめしたいです。 理由としては、月額料金が1年目は3,300円、2年目以降は2,800円と格安で利用ができます。 しかも、• 初期費用なし• 契約事務手数料なし• 契約期間の縛りなし• 平日16時、土日祝は13時までのお申し込みで当日発送• 月間無制限(WiMAXは3日で10GB、SoftBankは1日3GB) となっており、2019年一番おすすめできるポケットWiFiです。 一度試しにレンタルして、調子よければ使い続けて、思ったよりも使い心地が悪ければ解約してもいいです。 契約期間の縛りがないためいつでも解約できるのがレンタルWiFiの特徴です。 縛りなしWiFiの評判『Twitter・instagram・5chより』 ネット上の評判は、良い口コミもあれば悪い口コミもあるのが当たり前になってきています。 まずは、悪い口コミについて見ていきます。 即日発送を信じて契約した縛り無しwifi。 申し込んで10日以上経過。 ようやく今日到着するらしい。 役立たず。 こちらの配送遅延について確認したところ「 3月下旬~4月上旬に申し込みをした一部のお客様の発送が遅れている」という回答をいただいております。 現在は、遅延も解消されており、通常通り発送されますが、ツイッターの口コミのとおり発送が遅れてるというのも事実です。 配送が遅れてしまった理由として、「 3月下旬は繁忙期のため、申し込みが殺到してしまい、対処が遅れてしまった」ということです。 直ぐにポケットWi-Fiを使いたいのに、届くのが遅いと困りますよね。 サポートに確認を取っていますが、現在は遅延解消されています。 縛りなしWi-Fiって、容量制限無しのはずなのにこんなメッセージ届いたんだけどどういうこと、、、。 追加料金!?と不安になる人もいると思いますが、 メッセージが表示されても追加料金は発生しませんのでご安心ください。 追加料金が発生?とビックリする人も多いのですが、端末の仕様上表示されてるだけで追加料金はありません。 悪い口コミも色々ありますが、現時点ではそこまで気にする点は特にありません。 良い口コミも見ていきましょう! 縛りなしwifiを今日11時間くらい使っみて、ずっとスマホはポケットwifiに接続してたんだけど、速度と電波状況は問題なかった。 車のレーダー探知機がネットに繋がるから取締情報とか常に最新状態に更新されるのはいいな。 安いし今のところはオススメかな。 縛りなしWiFiは、契約期間の縛りがなくいつでも解約できるのが最大のメリットです。 使ってみてちょっと駄目だなと思ったら解約すればOKです。 契約解除料は0円なのでいつでも気軽に解約ができます。 まとめ ポケットWiFiやWiMAXを契約すると2年、3年といった契約期間の縛りがデメリットです。 縛りなしWiFiやレンタルWiFiは 契約期間の縛りがない事から注目を集めています。 特に縛りなしWiFiは月額料金も安く、初期費用は0円と手軽にはじめる事ができることから大人気です。 他のレンタルWiFiの場合は、初期費用が高かったりしますので注意が必要です。 縛りなしWiFiの注意点としては、端末を紛失してしまったり、落下や水没で壊してしまった場合には39,800円の弁済金を請求される場合がありますので気をつけてください。 月額料金安く、いつでも解約可能で、月間無制限の縛りなしWiFiです。

次の

縛りなしwifiの評判と口コミの料金。届かないという噂はマジ?

縛りなしwifi 届かない

両者の違いは何でしょうか?レンタル契約する前に特徴を知っておきましょう。 SoftBank回線の特徴• スマホに使われている電波なのでエリアが広い 以上のような特徴があります。 SoftBankにも通信制限や上限がありますが契約によって違うので確認してから選びましょう。 一番注意したいのは使いたい場所で電波が届くかどうかという点です。 電波が届く範囲内であればWiMAXが通信制限までの幅も広くオススメです。 各社レンタルWiFiルーターの特徴 それぞれWiFiルーターを借りられますが、使い方によって多少の合う合わないがあります。 どんな使い方で、どれが合うのかを見ていきましょう。 縛りなしWIFI 初期費用も合わせればSoftBank回線で最安値の一押しレンタルWiFi! 月額3,300円でレンタルでき契約期間がないので、いつでも解約できる名前通りの「縛りなしWiFi」です。 一つ気になるのは万が一端末を紛失、破損したときの損害金の額が39,800円と大きい事。 しかし、月額はしっかりと安いので紛失したり破損しないと思う方はいい選択となるでしょう。 そして、新たに 「縛っちゃうプラン」登場で3年間の縛りがある代わりに月額が2,800円というプランが追加されました。 あと初期費用が他と比べて高い点です。 良いところは、通常ソフトバンク回線だと1日3GB以上使えばその日は制限が掛かりますが、その制限がなくどれだけでも使えるところです。 さらに、契約する際の大きなメリットとして、利用に満足いかない場合は30日以内なら全額返金保証をしている点です。 失敗したと感じたら無料で返品できるので安心できますね。 SoftBank回線を1日の制限なく使いたい人におススメです! またクーポンコードを使って3,680円になるので必ず申し込み時に入力するようにしましょう。 契約期間が長い(2~3年) FUJI WiFiが安い! WiMAXは長い契約期間なのでその間に使わなくなる可能性も考えられます。 実際使ってみて満足できない場合も高額な解約金なので気軽に契約しずらいですね。 それを考えるとFUJI WiFiが3,200円で同等のWiMAXプランを出しており、ほとんどの場合でFUJI WiFiの方が安いので、契約期間のないFUJI WiFiがお得でオススメです! SIMフリールーターと比較 SIMフリールーターは格安SIMをSIMフリールーターに入れて使う方法です。 格安SIMを契約し、SIMフリールーターを購入する必要があります。 レンタルWiFiと比べたメリット・デメリット デメリット• 通信速度が不安定で遅い• ルーターを自腹で購入する必要がある• ある程度、知識がないと使い方や故障時に困る レンタルWiFiは高速!レンタルSIMもお勧め たしかにSIMフリールーターと格安SIMの組み合わせは、使い方によってかなり節約でき便利です。 しかし、メイン回線として、またはよく利用する場合は回線速度が安定せず遅いのでお勧めできません。 レンタルWiFiのSoftBank回線のルーターは高速でほとんど場所も選ばずに電波が届くのでメイン回線にすることも可能です。 また、FIJI WiFiではSoftBank回線SIMのレンタルもしているのでSIMフリー端末で高速通信したい人にも向いています。 まとめ 契約期間がなく安いのでオススメ レンタルWiFiは契約期間がなく、高速でかなり安いのでWiMAXやソフトバンク本体と契約するよりもオススメです。 レンタルして満足いかない場合は解約すればいいだけですからね。 契約する際は、、制限の程度を確認して契約しましょう。 月額無制限のデータプランは制限を入れると大体90~100GBの容量なので、その位だと思っておきましょう。 これらの条件を考慮すると使うメリットが多いのでやっぱりオススメです! 家でも外でも高速な回線が欲しい方はレンタルWiFiを検討して下さいね。 現状ではSoftbank回線なら縛りなしWiFi、WiMaxならFUJIWifiが安くてオススメですよ。 自分に合う回線を選び快適なインターネットライフを過ごして下さい!.

次の