楽天カード ブラックリスト。 超ブラックの方のクレジットカード作り方

【体験談】現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます

楽天カード ブラックリスト

今月のおすすめカード! 楽天カード 【おすすめポイント!】 今なら新規入会&利用で 5,000円分のポイントをプレゼント すぐに使えるので、初めてのネットショッピングがさらにお得に! クレジットカード別お悩み解決 2018. 18 2019. 04 marucrecom 楽天カードはブラックリストだと作れない…。 心当たりのある方は必読です。 「楽天カードは誰でも作れる」 このような書き込みをネットで見て、ブラックリストだけど楽天カードを申し込んでみようと思ってはいませんか? ブラックリストになってしまうとカード審査の通過が絶望的なので困ってしまいますよね。 なりたくないと思っても、ふとしたことでなるのがブラックリストの怖いところです。 例えば、 ・エポスカードを使って携帯料金を払っていたが、引き落とし口座の残金が足りないことに気づかなかった。 しばらく経ってから封書が届いて気づいたものの、カードを強制解約させられてしまった。 ・クレジットカードを引き落としではなく払込用紙で払っていたが、催促状が届いたことに気づかなかった。 もしくは見落として捨ててしまいブラックリスト入りしてしまった。 などなど原因はどうであれ、ブラックリスト入りしてしまうと、クレジットカードを手に入れるのが難しくなります。 しかし、調べていると「楽天カードは審査が通りやすいから大丈夫」という書き込みを見つけ、 「料金の延滞を3回繰り返して不安だけど、楽天カードならいけるかも…」 という風に思う方も多数いるんです。 この真相がはたして本当なのか、本記事ではブラックリストでも楽天カードを作れるか調べてみました。 「ブラックリストだからクレジットカードを作れない…」 残念ながらその予想は的中です。 でも、一生作れないわけではないんです。 審査が通りやすい楽天カード!しかし、ブラックリストだと楽天カードは作れない… 審査が通りやすいならブラックリスト入りしても手に入るかも…!と希望を持っている方は多いでしょう。 しかし、調べてみるとブラックリスト入りした場合楽天カードの審査通過は難しいことがわかりました。 国際ブランド Visa Mastercard JCB アメックス 年会費 無料 申し込み資格 18歳以上 (高校生不可) 電子マネー機能 楽天Edy 基本ポイント 100円=1ポイント 還元率 1. 00%~3. 」 と、楽天カードに希望を持っている方には残念な話になります。 実は ブラックリスト入りしていると楽天カードを作ることはできません! なぜかというと、楽天カードの審査は 信用力という面も重要視して審査結果を出すからです。 ネット上では楽天カードの審査は通りやすいと有名ですが、その理由は職業や年収が不安でも信用力さえあれば通過できるから。 というのも、年収150万円の方がカード審査をうける場合、返済能力が不足しているとみられ落ちてしまう可能性があります。 しかし、楽天カードの場合年収150万円でも公共料金の延滞などをしておらず 信用力があると認められば審査を通過することができるんです。 これが他のカード会社よりも楽天カードの審査は通過しやすいという理由になります。 逆に、公共料金や携帯代の催促状が届いても支払わず延滞してしまった場合、年収300万円でも楽天カードの審査に落ちた…というケースはたくさんあります。 つまり、楽天カードの審査が通りやすいのは年収だけでは決まらないという理由があるからで、決して ブラックリスト入りした人でも審査に通るからというわけではありません。 信用力が審査結果に大きく影響を与えますので、ブラックリストの方が楽天カードを作るのは絶望的です。 ブラックリストでも楽天カードなら審査通過できるという噂の真相 ブラックリスト入りした人が楽天カードを作るのは難しいとわかりましたね。 「 でも、ツイッターとか掲示板でブラックでも楽天カードを手に入れたって書きこみを見たけど…」 と疑問をお持ちの方もいるはず。 その真相はブラックではなく、その人が プチブラックだっただけ、という可能性があります。 というのも、支払いの延滞後すぐにブラックリスト入りするわけではありません。 銀行口座に入っているお金で足りず延滞となった場合、払込用紙や催促状が届くわけです。 しかし、この段階では延滞料金をすぐに払ってしまえばブラック状態が解除される、いわばプチブラック状態となっています。 プチブラック状態が解除されればカード審査の影響はなくなりますので、 「ブラックリストだけど楽天カードの審査に通った!」と書きこんでいる人は勘違いして書きこんだ可能性が高いです。 このような書き込みを見て希望を持った方は残念ですが、本当のブラックリスト入りしてしまうと楽天カードは作れないので注意してくださいね。 申し込み者がホワイトなら家族がブラックでも問題なし 「 両親がブラックリストなんだけど、この場合も楽天カードの審査ってアウト?」 という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。 結論を先にいってしまうと、 家族がブラックでもカード審査に影響を与えることはありません! その理由は、いくら家族がブラックリストでも、カード審査では申し込み者の情報だけしか見ることができないからです。 勝手に担当者が情報を除く行為は個人情報保護法に触れるのでしてはいけません。 したがって、「夫がブラックだから、カード審査に落ちちゃうかな…」 と気にせずに申し込んでも大丈夫ですよ。 ただし、夫が楽天カードを使ってブラックリスト入りしてしまうと、楽天社内のブラックリストになってしまいます。 その場合は、家族の方が申し込んでも審査に影響がでるので覚えておいてください。 今ブラックリストでも大丈夫!将来的には楽天カードをつくれます 「キャッシング料金が未払いでブラックなのは確実。 楽天カードは諦めないといけないのかな…」 とガッカリされた方もいるのではないでしょうか。 しかし今から紹介する内容を行えば、将来的に楽天カードが手に入る可能性は十分にあります。 「楽天市場で買い物するからポイントが溜まりやすい楽天カードがどうしても欲しい…」 そんな方はぜひとも試してみてください。 本当にブラックリスト入りしているか確認しよう ブラックリスト入りしてると思ったけど、実はブラックリストではなかった!というケースが実は結構あります。 したがって、これから楽天カードを手に入れたいと思っている方は 信用情報機関へ情報開示請求を行いましょう! カード審査ではCICという指定信用情報機関があって、審査をするときに必ず照会しますので、ここへ開示請求手続きを取ります。 開示に必要なものはこの3つ! 身分証明書のコピー:本人確認の為必要になります。 コンビニなどでコピーを取りましょう。 1,000円の定額小為替:開示請求費として必要です。 お近くの郵便局で購入しましょう。 信用情報開示申込書:お名前や住所などを記入します。 しましょう。 クレジット情報の請求先 開示に必要なものを揃えたら下記の住所に送ってクレジット情報を請求します。 郵便番号:160-8375 住所:東京都新宿区西新宿1-23-7新宿ファーストウエスト15階 (株)シー・アイ・シー首都圏開示相談室宛 クレジット情報の書類が届いたら 照会するとクレジットカードの支払い状況などが書かれたクレジット情報の書類が届きます。 書類にはお支払い状況などの詳細が書かれているのですが、 返済状況に異動の文字があったらブラックリスト入りです。 この書類を見て異動と表記されていない方は、審査を通過できるかもしれないので申し込んでみてください。 逆に、異動の表記があったら次で紹介することを試していきましょう。 残債を全て返済する CICで照会したクレジット情報には延滞した記録や未払い情報などが全て残っています。 楽天カードを手に入れるためには、クレジット情報に記載されているネガティブ情報を全て真っ白にしなければいけません。 その際、もし料金の未払いがあった場合は 完済しなければ情報が消えることはありません。 したがって、楽天カードが欲しいと思ったら、まずはリボ払いなどで残っている残債を返済してしまいましょう。 すべて完済することで、ブラックリスト入りして審査が難しい状況でも、将来的に審査を通過することができます。 延滞したことがある人は2年って延滞情報をまっさらにしよう。 「延滞をした経験があって何回もあるから審査に不安…」 なんて人もいるはず。 そんな方は2年の期間を開けることをおすすめします。 というのも、CICなどの信用情報機関では支払い状況を2年間にわたって保存しているんです。 支払い状況には滞りなく支払った状態と延滞した状態の二つを記録しているわけですが、もし支払いが遅れて延滞したとしても2年経てば延滞情報は消えてしまいます。 一度消えてしまえばそれ以降記録を照会する術がなくなりますのでカード審査に影響はありません。 したがって、延滞を起こしてしまった方は2年待つようにしましょう。 ただし、2か月以上の長い期間延滞してしまうと、5年以上延滞情報が残ってしまいますのでそれだけは気を付けてくださいね。 この表記がある状態だとカード審査通過は絶望的です。 しかし、5年以上経てばCICの方で情報を消してくれますので、ブラックリスト入りしてしまった方は5年の期間を置いてから楽天カードへ申し込みましょう。 そうするとネガティブ情報がまったくない、いわゆるスーパーホワイト状態になり、楽天カードの審査を通過できるようになります。 あなたは大丈夫?こんなことをしている方はブラック入りしてるかも… ブラックリスト入りしたことは信用情報機関へ開示してみないとわかりません。 しかし、いくつかのパターンではブラック入りしてるか判別できる場合もあります。 では一体どのようなことをしたときブラックリストに入ってしまうのか、ここで紹介したいと思います。 今から紹介することをもしあなたがしていたら…。 ブラックリスト入りして審査が難しいかもしれないので、気をつけてください。 クレジットカードが利用停止になってしまった。 「あれ?クレジットカードが突然使えなくなった…」 という風に、突然カードを利用停止されたら要注意! 催促状が届いても支払っていなかったり、何回も延滞を繰り返しているとこのように突然クレジットカードが利用できなくなるんですが、この場合確実にブラックリストになっています。 実は料金を延滞しても突然利用停止になるケースってほとんどありません。 しかし、何回も延滞を繰り返しているとカード会社からあなたへの信用がだんだん失なわれ、最後には「この人に使わせてはいけない」と判断されてしまうんです。 つまり、利用停止になったということはカード会社から見て信用がない状態。 ブラック入りしているのは確実というわけです。 したがって、もしクレジットカードの利用停止をもらってしまったら、ブラック入りしていますのでカードの申し込みをしないようにしましょう。 利用停止から数えて5年経過すれば、延滞などの情報は消えますのでそれからカード審査を受けてください。 カードや公共料金などの支払いを2か月以上延滞 「iphoneの端末代を延滞しちゃった…。 ブラックになっちゃったかな?」 と不安な方もいるのではないでしょうか。 しかし、ご安心ください。 料金を延滞してもすぐにブラックリストに入るわけではなく、すぐに支払ってしまえばブラックリストにはなりません。 しかし、 2 か月以上延滞してしまうとブラックリストになってしまい、カード審査を通過するのが難しくなってしまいます。 あなたは2か月以上料金の支払いを延滞していませんか? 延滞をしたことがある方は何日後に支払ったか念のため確かめておくことをおすすめします。 期間の長さによって審査を通過できたり、できなかったりするので覚えておいてくださいね。 3か月連続で延滞を繰り返している 「料金の延滞は2か月未満だし大丈夫そう!」 と安心している人、もう一つ注意してほしいことがあります。 実は 料金の支払いを 3 回連続で遅れてもブラックリスト入りしてしまうんです。 遅れたことに気づいてすぐ料金を払ったとしても、3回連続で支払いを遅れてしまえば返済能力に問題があると判断されてしまいます。 したがって、これから楽天カードの審査を考えている方は料金の延滞には十分に気をつけてください。 1回延滞した時点で口座にお金を入れておくなど、延滞を繰り返さないようにしましょう。 自己破産している 「消費者金融でお金を借りて返せなくなった…」 そんなときに自己破産申請をされる方もいると思います。 その場合、信用情報機関に自己破産した記録が残り、5年間はクレジットカードがつくれなくなってしまうんです。 自己破産をされることで返済の義務がなくなりますが、その分クレジットカードがつくれないというリスクを負うことになってしまいます。 したがって、残債がある方はよく考えてから返済、もしくは自己破産という選択をとるようにしましょう。 実は、クレジットカードを申し込んだという情報も信用情報機関に記録されます。 カード審査の時にこの記録も見られるのですが 「たくさん申し込んでいるのは金策目的でしているのではないか?」 と疑われて審査通過が難しくなってしまうんです。 一度申し込みブラックになると、6か月間は記録として残ってしまいますので、 これから楽天カードの申し込みを考えている方は、他のカードが欲しくても申し込まない方が良いでしょう。 原則的にクレジットカードを申し込むときは6か月に1枚! これを守っていれば審査に影響が出なくなりますよ。 まとめ 楽天カードは残念ながらブラックリスト状態でつくることができません。 ブラックリストであるか自分では確かめることができませんので、不安な方はCICに情報を請求し、審査を無事通過できるか確かめてみましょう。 もし開示して異動という表記があれば、今回紹介した対策を行うことで、将来的にきっと楽天カードをお作り頂けます。 料金の延滞などをして不安だった方はぜひお試しいただけたらと思います。

次の

【体験談】現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます

楽天カード ブラックリスト

また、以下の画像は楽天カードを利用していた方が支払いを出来なくなったら個人信用情報機関であるCICはどのように見えるのか?の例になります。 上記を見て見ると《入金状況》の所に「 $」と「 A」が並んでいますが、「 $」はきちんと入金された場合、「 A」は支払いが遅れている場合に付けられます。 このようにクレジットカードやローンの毎月の支払いはきちんと決められた日に入金されたのか、記号によって掲載されていく仕組みに世の中はなっています。 まさにあなたのクレジットライフの通信簿です。 また分かりやすいように黄色で塗りつぶしている箇所に「異動」と掲載されています。 これは支払い期日から61日以上経過した場合に異動と掲載されるのですが、まさにこの「異動」と個人信用情報に載せられてしまう事を俗に言う「 ブラックリストに載った」と言うことになります。 この「異動」という文字があなたの個人信用情報に掲載されてしまうと、世の中のありとあらゆるクレジットカードやローンは基本的に審査が通りません。 なぜならクレジットカード会社やローン会社、信販会社が審査の時に必ず個人信用情報機関を閲覧し、その情報を登録する事は法律で義務化されているからです。 しかし、逆に言えば、この「異動」という表記、いわゆるブラックリストに載った状態を消せばクレジットカードやローンを利用できるようになる可能性があるのですが、 この「異動」というブラック表記を消すには• 払ってないお金をすべて完済する• 司法書士か弁護士を通じて債務整理をする この2つを行った上で、 さらに5年間経過しないと個人信用情報機関であるCICとJICCからは異動情報が消えることはありません。 この事は基本的な事として絶対に頭に入れておいて下さい。 完済や債務整理をしてもKSC(全銀協)だけは10年間移動情報が消えませんが、 KSCを審査の時に参照するクレジットカードは銀行本体のクレジットカードくらいなので、異動情報を気にするのは完済から5年です。 詳しくは「」をご覧下さい さて、ここで「 ブラックリストに載っているのにクレジットカードを作る」(個人信用情報に異動が載っていてもクレジットカードを作る)の話に戻りますが、 これにはあなたの個人信用情報に「異動」という文字がついていても、「 払ってないお金をすべて完済してる状態」か「 司法書士か弁護士を通じて債務整理をしている状態」が大前提となります。 先ほど上記で例に挙げた「CICの情報画面」で言えば、要するに個人信用情報機関の26番の項目の「返済状況」に「 異動」と載ってブラックの状態でも、 「 払ってないお金をすべて完済している状態」か「 司法書士か弁護士を通じて債務整理をしている状態」になれば、 31番の項目の「終了状況」に「 完了」と載ります、これがブラックリストに載っていてもクレジットカードが作れる可能性のある最低条件となります。 現在支払いから逃げているのでブラックリストに載っていて「異動」となっている方はクレジットカードやローンを組む事はいくらなんでも審査の仕組み上無理です、あくまでブラックリストに載っているが「 払ってないお金をすべて完済してる状態」か「 司法書士か弁護士を通じて債務整理をしている状態」のみのお話です。 では、ブラックリストに載っている(個人信用情報機関に異動と載っている)のにクレジットカードを作る方法ですが、これは最低条件である「 払ってないお金をすべて完済している状態」か「 司法書士か弁護士を通じて債務整理をしている状態」であれば、あるクレジットカードで作成のチャンスがあります。 そのクレジットカードとは「アコムマスターカード」と「アメリカンエキスプレス」で個人信用情報機関に「異動」と載っているのにクレジットカードの発行がされたのを私が実際に見たのはこの2つだけです。 「アメリカンエキスプレス」とは言わずと知れた外資系カードですが、この会社は現在の属性(支払い能力や地位が高い)を最重要視するクレジットカード会社です。 例え他社のクレジットカードで自己破産をして個人信用情報に異動と現在掲載されていても、法的に債務整理をきちんとしており、かつ現在の属性が高ければ(支払い能力や地位が高い)アメックスなりの独自のスコアリグでクレジットカードが発行される場合があります、がしかし、繰り返しとなりますが、現在の属性が相当高くないと無理です。 また「アコムマスターカード」は消費者金融であるアコムが発行しているクレジットカードですが、このカードも個人信用情報機関に「異動」というブラック情報が掲載されていても、完済や債務整理をきちんとしていれば、現在の支払い能力を考えてくれてクレジットカードを発行してくれる可能性があります。 ただ、アコムマスターカードの審査とは一般のクレジットカードの審査とは異なり、消費者金融でお金を借りる時の審査と全く同じ審査方法を取られますので、審査の段階でありとあらゆる私生活に関すする質問に答えないといけません。 消費者金融でお金を借りた事のある方は一度体験してるので抵抗ないと思いますが、一度も借りたことのない方が、あのあらゆる私生活の情報をさらけ出すあの審査を耐えられるか個人的に疑問が残ります。 ということで、ブラックリストに載っていても、過去の債権をすべて完済していたり司法書士や弁護士を入れて債務整理をしていれば、ほんの僅かな可能性ですがクレジットカードを作る方法はあるということを頭の片隅に入れておいてもいいでしょう。

次の

ブラックリストとは|載る理由と消し方をわかりやすく解説|債務整理ナビ

楽天カード ブラックリスト

超ブラックの方のクレジットカード作り方 超ブラックの方のクレジットカード作り方 インターネット等では「必ず審査が通るクレジットカード」、「誰でも審査が通るクレジットカード」、「絶対審査の通るクレジットカード」と題して、 楽天カードやヤフーカード、アメックスカードなどはブラックリストに載っている方でも審査に通過できると紹介しているWEBサイトが多くあります。 しかし、 実際にはブラックリストに載っている方は、楽天カードやヤフーカード、アメックスカードの審査に通過することは困難です。 「超ブラックでも作れるクレジットカード」は存在しません。 例えば、借りたお金を一度も返したことない他人から「今度は絶対に返すから、お金を貸してくれ」と言われても、説得力がありませんよね。 カード会社の場合も同じです。 借りたお金を踏み倒している方に、カード会社がクレジットカードを発行することはありえません。 そこで、この記事では、超ブラックの方が、債務整理(自己破産)をしてクレジットカードを作るまでのプロセスを解説していきます。 ブラックでも審査に通過できた事例がある理由 インターネットで「ブラックリストに載っていたけれど、クレジットカードを発行できた」という内容の口コミを見たことがある方も多いと思います。 ブラックでも審査に通過できた事例がある理由は、 実は申し込み者がブラックリストに登録されていないからです。 クレジットカードが作れないブラックリストの方は、基本的に下記の項目に該当する方です。 無断でカード料金の返済を61日以上滞納した• 無断でキャッシングの返済を61日以上滞納した• 無断でカードローンの返済を61日以上滞納した• 数年前に債務整理(自己破産や任意整理)を行った 「消費者金融の借金が少し残っている」「カード利用代金の振り込みを数日忘れた」などの理由では、クレジットカードが作れないブラックリストになることはありません。 Web診断でカード申込前に審査通過の可否が分かる! 自分が ブラックに登録されているか心配でクレジットカードを作るのを迷っている方は、マスタカードの Web診断を利用しましょう。 マスタカードのWeb診断は、カード申込前に必要事項を入力するだけで審査通過の可否が分かります。 仮に、 発行不可と診断された場合は、借り入れがあってブラックリストに登録されている可能性があるのでクレジットカードの発行は諦めましょう。 超ブラックの方が自己破産をしてクレジットカードを作るまでの流れ 超ブラックの方は下記の手順に沿ってクレジットカードを作りましょう。 弁護士に相談して自己破産する• 安定した収入を得る(定職に就く)• 自己破産から10年経過するのを待つ• 審査申込基準の甘いクレジットカードに申し込む カードローンやカード料金、借金を滞納して、 超ブラックになっている方がクレジットカードを作るには、債務整理が必要です。 債務整理(自己破産や任意整理)を終えて現在、安定した収入がある人ならばクレジットカード審査に通過することは可能です。 弁護士に相談して自己破産する カードローンやカード料金、借金を滞納・延滞している方は、弁護士に依頼して自己破産をしましょう。 自己破産とは、裁判所で債務を免除してもらう手続きです。 自己破産をすると、原則としてすべての財産を手放すことになります。 (20万円以下の預貯金などは残せます) 自己破産は最寄りの弁護士事務所で手続きできます。 債務整理費用は20~30万円と高額ですが、 自己破産をする場合は「民事法律扶助」を利用すれば司法書士費用を一時的に国が立て替えてくれます。 そのため、現金を持っていない超ブラックの方でも債務整理をすることは可能です。 自己破産が会社に知られても解雇されることはない 自己破産をすると勤めている会社に自己破産したことがバレます。 しかし、会社に自己破産がバレても解雇されることはありません。 自己破産を理由に従業員を解雇することは、「労働基準法の不当解雇」に当たります。 しかし、 弁護士や警備員などの職業は法律で自己破産者が就けない職業と決められています。 そのため、弁護士会社や警備会社で働いている方は、仕事をクビになる可能性があります。 安定した収入を得る(定職に就く) 自己破産をした超ブラックの方は、安定した収入を得られる定職に就くことをおすすめします。 カード会社は、クレジットカードの審査の際に、無職やニート、フリーターよりも会社員や公務員などの安定した収入を得られている方を優遇します。 自己破産者が就けない職業 自己破産は下記の職業には就けないと各省庁の権限で決められています。 建築業• 警備員• 旅行行業者• 生命保険員• 弁護士や税理士……etc なお、上記の職業は自己破産が解除されると、再び就けるようになります。 自己破産から10年経過するのを待つ 自己破産をした超ブラックの方は、自己破産から10年経過するのを待ちましょう。 ブラックリストの情報は、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)に登録されます。 自己破産の情報は個人信用情報機関に5~10年の間残り続けます。 たとえば、2018年に自己破産すると2028年まではブラックリストに登録された状態になります。 そのため、自己破産をした超ブラックの方は、自己破産の情報が消える 10年を待ってからクレジットカードに申し込んだ方が審査に通過できる確率が高くなります。 審査申込基準の甘いクレジットカードに申し込む クレジットカードの審査申込基準は、カード毎に異なります。 自己破産を経験した超ブラックの方は、信用力が低いため審査申込基準の厳しいクレジットカードに申し込むと審査に落ちる確率が高くなります。 そのため、 超ブラックの方は、審査申込基準の甘いクレジットカードに申し込むと良いでしょう。 なお、審査申込基準が甘いクレジットカードが知りたい方はのページを参照ください。 審査に通過しやすくなるコツ 自己破産明けの方は、クレジットカードの審査に通過できるか不安な方も多いと思います。 そこで、審査に通過しやすくなるコツについて解説していきます。 キャッシング枠を設定しない キャッシング枠を設定しないと審査通過の確率が上がります。 キャッシングとは、クレジットカードを利用してコンビニや銀行ATMから現金を借りるサービスのことです。 超ブラックの方がキャッシング枠を設定すると、カード会社に「また、カード料金を踏み倒すのか」と思われます。 そのため、自己破産をした超ブラックの方は、クレジットカードに申し込む際には、絶対にキャッシング枠を設定しないことをおすすめします。 超ブラックでも借りられるキャッシングサービスはありません。 固定電話の電話番号も書く クレジットカードに申し込む際は、携帯電話と共に固定電話の電話番号も、記入すると審査に通過しやすくなります。 固定電話があるとカード社は、超ブラックでも定まった住所を持っており、公共料金も払えている人だと認識します。 また、 定まった住所があるとカード会社は、借金を踏み倒して、夜逃げしてしまう可能が低いと考えます。

次の