竜舞バトン ドラパルト。 バトン型輝石バリヤード(ガラル)【ポケモン剣盾】【育成論】

【剣盾S5使用構築】広角重火力パ【最終13位、最終24位】

竜舞バトン ドラパルト

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるドラパルトの育成論と対策について掲載しています。 ドラパルトのおすすめ技や持ち物、性格、努力値振りはもちろん、夢特性の出現場所や厳選方法についても記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 常に先手を取ることができるため対面性能が非常に高く序中盤優位に立ち回れる他、終盤のフィニッシャーとしても活躍してくれるでしょう。 型が多く行動や持ち物を読まれにくい ドラパルトの強さの大きな要因は型の多さです。 物理アタッカー、特殊アタッカーどちらもこなせる上に、多くの変化技も覚えます。 素早さが高いこともあり、相手の上から様々な択を押し付けることができます。 下の項目でもいくつか型を紹介しますが、今でもどんどん新しい型が生まれています。 じゃくてんほけん型、スカーフ型、タスキ型、ハチマキ型、両刀型、特殊型、壁貼り型、竜舞型、鬼火たたりめ型…幅広いの戦術からパーティーにあったものをチョイスしていきましょう。 高い素早さと攻撃力で対面能力は非常に高いです。 主力技はドラゴンアロー・ゴーストダイブ。 他はフェアリーに強くなるはがねのつばさや、サイクルで優秀などんぼがえりが候補として挙がります。 持ち物は自由で、打点を伸ばしたい場合はこだわりはちまき、1ターンは行動が保証されるきあいのタスキ、打点を伸ばしつつ柔軟に立ち回りたい場合はいのちのたま、などが候補です。 ミラーマッチや相手のスカーフを意識するこだわりスカーフや、特殊相手に殴り勝つとつげきチョッキを持たせても良いでしょう。 ダイマックスをしてHPを倍化させることで、弱点を1発耐えたあとにじゃくてんほけんを発動させて反撃するという戦法です。 ドラパルトは耐久面のステータスは低めなものの、600族ドラゴンの中では珍しく4倍弱点が無いので、ダイマックスさえしてしまえば一撃で倒される事はほとんどありません。 その中でもドラパルトの特徴として、素早さが高くダイジェットを使わなくても先制が取りやすい点、ダイドラグーンで相手の攻撃力を下げることができる点、ダイホロウで相手の防御を下げられる点が他と比べて優秀な点と言えるでしょう。 努力値調整 耐久調整ラインは以下のとおりです。 現環境で見るメジャーなポケモンに対してほぼ有利を取ることができるようになっています。 バンギラスや砂かきドリュウズに対して殴り勝つのは難しいですが、相手がダイマックスを切らない場合は殴り勝てることもできます。 相手がダイマックスを切って対応してきた場合は、パルシェンなど抜き性能の高い後続が活躍できるでしょう。 相手の受けサイクルを潰すのに大きく役立ってくれます。 流星群を採用しないため居座り性能も高く多くのポケモンに対して有利に動くことができます。 性格補正あり無振り状態でも下記ポケモンなどに素早さで優位をとることができます。 火力を伸ばしたい場合はいのちのたま もちものは火力重視のいのちのたまでも良いでしょう。 物理受けポケモンに対してダイマックスを切らずとも応戦できるのが大きな強みになります。 性格補正があると、素早さは 無振りでも最速アイアントを抜ける速さを持っています。 素早さが高いので、相手より先に壁を貼ることができることと、 アタッカー型が主流のため読まれにくいのが強みです。 たたりめの威力は相手が状態異常の時に倍になるため、タイプ一致も合わせて威力が195にもなり非常に強力な技となっています。 両壁ではなくとんぼがえりでサイクルを回したり、みがわりやバトンタッチで有利状況を作るのも面白いでしょう。 努力値調整 ・素早さ 努力値に84振ることで最速インテレオンを抜けるように調整にしています。 リフレクターとひかりのかべを、りゅうせいぐんやだいもんじ、10万ボルトと交換することで攻撃面が強化できます。 たたりめは同タイプのシャドーボールより扱いにくいですが、おにびを絡めた行動を取れるのが強みです。 ドラパルトのおすすめ技 物理技 わざ 考察 ドラゴンアロー ・思い出しで習得 ・2回攻撃の一致技。 タスキ潰しもできて威力も十分 げきりん ・で習得 ・ドラゴンアローより威力重視。 はちまき型での採用率が高め ゴーストダイブ ・Lvで習得 ・貴重な物理ゴースト技。 2ターン目攻撃で使いにくいが、相手のダイマックスターン消費効果もある はがねのつばさ ・で習得 ・フェアリー対策で採用。 ダイスチルの防御上昇も優秀 そらをとぶ ・で習得 ・主にダイジェットで素早さを上げるのに使用。 じゃくてんほけん型での採用率が高い とんぼがえり ・Lvで習得 ・様子見技として安定。 大抵の場合先制とんぼになるため、自身の体力を温存しやすい ふいうち ・思い出しで習得 ・スカーフや先制技に対して有用。 天候やダイジェットで速くなるポケモンも多いので悪くない サイコファング ・で習得 ・壁破壊ができる。 ダイサイコを打つことで先制技を無力化できるのもメリット 特殊技 わざ 考察 りゅうせいぐん ・で習得 ・高威力の一致技。 ダイマックスで使用するとデメリットを無くせる りゅうのはどう ・で習得 ・りゅうせいぐんと比べてリスクがなく安定択 シャドーボール ・で習得 ・ゴーストの一致技。 こちらも安定した性能 たたりめ ・Lvで習得 ・相手が状態異常の時威力が2倍。 上記ナットレイ調整を意識しないならこちら 10まんボルト ・で習得 ・ギャラドス意識の場合採用。 特攻振りで、無振りギャラドスを確1 ハイドロポンプ ・で習得 ・水弱点を意識する場合に採用。 しかしミラー対面時のドラゴンアローや砂嵐などには無力 スカーフやダイジェット等でドラパルト抜き調整をしているポケモンに対して有効。 ミラー対面でも強気に攻められるのも強み。 環境トップのため弱点を受ける機会は多い。 ダイマックスでHPを倍化し、ダイドラグーンで相手の攻撃を下げれば大抵のばつぐん技は耐える。 努力値で耐久調整を行うことで有効に扱うことができる。 火力をあげながら柔軟に立ち回れる 特防をあげて相手の確定数をずらすことができる。 HP無振りでもサザンドラのあくのはどうを耐える 一歩足りない火力を補う。 中途半端な受けを潰す行動が強い ハチマキと同じ。 特殊型の場合はこちら 主に不一致弱点の確定数をずらすことができる。 みがわりを採用する場合の相性も良い。 ドラパルトの対策 注意点 物理・特殊の両方に秀でており、非常に高い素早さで上から殴ってきます。 環境トップメタで遭遇率は1、2を争うため対策は必須です。 型が多く対処が非常に難しいため、安易に物理受けを出すといった行動にも危険が伴います。 対策方法 型を読む 相手のドラパルトの型は何なのかをまず考える必要があります。 ドラパルトは型が多く、正解の行動がないところが一番対策の難しい部分になります。 初手はボルトチェンジやとんぼ返りがあるならば、それで物理受けに交代して様子を見るのがローリスクな行動です。 素早さは高いが耐久は低め 素早さに秀でていますが、耐久値は高くありません。 効果抜群の先制技である ふいうち・こおりのつぶて・かげうちが効果的です。 攻撃力の高いポケモンであれば、ふいうちで確1に出来るポケモンも多いです。 麻痺やこだわりスカーフ、ダイジェットでドラパルトの上をとるのも一つの手段です。 上さえとれれば殴り合いで優位に立てるでしょう。 通信交換も選択肢の一つ なかなか夢特性のドラパルトが出ないという場合は、トレーナー同士の通信交換を活用するのも一つの手。 ぜひ下記リンク先から ポケモン交換掲示板をご活用ください。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、物理わざと特殊わざを両方所持するケースが多いため、理想としては6Vとなります。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、5Vまでなら厳選のハードルは以前と比較してもかなり低め。 理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【ポケモン剣盾】今作で最も型の多い「ドラパルト」だけでパーティ組める説 スカーフ鬼火って何…?

竜舞バトン ドラパルト

【はじめに】 かなたです。 S5お疲れ様でした。 今期 本ROM 13位 サブROM 24位 という結果に終わりました。 次に、キッスの枠が特殊抜きエースであると流行りのカビに簡単に止められてしまうため、物理高火力アタッカー珠ギャラの採用に至った。 バトンドラパを使用していく上で、起点作成個体は欲しいと考え、いつもの広角レンズの採用となった。 はじめは、を使っていたがどうも安定せず スカーフドリュ、スチルドラパに上手くカモられた 皮を盾に無茶苦茶するに落ち着いた。 ここまでで相手の型破りドリュが重いと感じたため、襷を採用。 結果としてこの選択が選出の幅を広げた。 1はドラパミミカビ偽装になり、ある程度の耐久値を持つを採用。 エースアタッカーのギャラ、ドリュで処理しにくいナットに対して役割が持てるよう、ヒートスタンプを採用した。 『選出で勝てなくても、相手の見えないところから勝つ』。 それがにおいて一番強いと感じているため若干の搦め手 広角レンズ然り を使うことが勝利への近道だと感じています。 相手にアマガがいる場合以外は、ほとんどのパーティによく刺さった。 この展開自体、警戒したときにはすでに手遅れになっていることもよくあり、いくつかのeasyを取れた。 ラムの実を持たせることで、流行りの食べ残しの欠伸展開を阻止できる。 そのため、ギャラがよく誘う 主にミトム、カビ、ナット、パッチ を本来のエースであるドリュやカビといったアタッカーで抜いていくことにした。 このドラパのおかげで受け構築に対しては、ほとんど勝利できた 入り受けは無理。 祟り目があれば勝ちだったという試合が幾つかあったが、正直どの技も切ることができない。 身代わりはターン枯らしに役立つ。 初手、ストッパーとして優秀で、少しでも体力が残っていれば、十分すぎる仕事量をこなす。 この構築に対して出てくる初手ミトム、じゃれで削ってボルチェンで逃げられた交換先のカビに道連れで処理できれば、欠伸展開を簡単に阻止できる点で強い。 この型は、をアンコールで縛ったり、火傷にさせることで裏の起点 特にドラパ にできる。 【選出】 ほとんど毎回、気分で選出していましたが、強かった選出、特定の並びに対しての選出をメモ程度に書いておきます。 基本初手はミミかアシレ、 2は攻め駒を置くイメージです。 あとチャンネル登録増やしたいです こっちが本音w。 最終日にも関わらず、有名切断バグ使用者達に何度か当たりました。 どうせ負けたらバグ使われるし時間のロスを半端なく感じました。 朝8時時点で、とある有名バグ使用者 当時8位 とこちら 当時34位 が当たったときは、絶望するしかありませんでした。 しかしながら、勝った後は何故かバグ使用はなく、彼らのバグ使用するタイミング、思考がよく分かりませんでした。 早くバグが修正されることを心から望んでいます。 いつもピカエルさん、どっぺる君には感謝しかありません。 ポチべのないときよく通話に誘ってくれるので、なんとか今期も楽しくやり遂げることができました!!一人じゃできないと最近思います。

次の

【ポケモン剣盾】ドラパルトの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

竜舞バトン ドラパルト

バトルマニアにとって、新ポケモンの醍醐味と言えばやはり600族と準伝説ですが、ドラパルトは600族にあたります。 ちなみに600族というのは、合計種族値が600に設定されていて、通常対戦ルールで使用できるポケモンの中ではステータスがトップクラスのポケモンたちを指しています。 つまり、600族に属するポケモンは弱いはずがないのです。 ゴースト・ドラゴンというタイプ複合は、無効・半減にできるタイプが多く、ふるわない耐久種族値とは裏腹に繰り出し性能は悪くありません。 また、素早さ種族値142という破格のスピードを持っているため、基本的に相手より先に動くことができます。 ちなみに竜舞後は、砂嵐下のドリュウズよりも速いです。 一撃で相手を倒すことができるのであれば、素早さが持つ優位性というのはポケモンバトルにおいて鍵になる要素と言えるので、攻撃力の高さと相まってドラパルトはトップメタ足り得ているわけですね。 ASに目が行きがちなので竜舞による全抜きがまず考えられます。 しかしながら、今作ではダイマックスという誰でも3ターンのあいだ耐久を倍にできる要素が追加されたので、中途半端に能力を上げたところで、いつ全抜きを阻止されてしまうかわからないような環境です。 バトンタッチ・とんぼ返りのような技による交代や、鬼火・電磁波などの搦め手、特攻100という決して低くはないステータスから特殊技を撃ち分けることで、苦手なポケモンを呼びこみ役割破壊する等、戦術に幅を持たせることができるドラパルトの特徴を大いに活かして、相手を崩していきたいですね。 うっかり特性も強力なラインナップが揃っていて、特に身代わりを無視して攻撃できる『すりぬけ』はドラパルトの攻撃性能を洗練させますし、威嚇が効かなくなるクリアボディも優秀です。 ドラパルトミラーでは双方一撃で勝敗が分かれるので、タスキorスカーフ判別とダイマックス権を切るか否かという不毛な読み合い(もはや運ゲー)に勝ちきれるかというのが早くも剣盾名物となっています。 技考察 げきりん ドラゴン物理技最高威力。 竜舞後の打点として使いたいため、相手の鋼やフェアリータイプをあらかじめ疲弊させておきたいです ドラゴンアロー 威力50の2回攻撃によってタスキや頑丈を潰しつつ攻撃ができる技です。 フェアリーに無効な以上、連続攻撃を持っていてもミミッキュには効かず、殺意は増すばかり ゴーストダイブ 1ターン目に姿を消して2ターン目に攻撃する技。 空を飛ぶやダイビングと違い、どこからともなく現れるので守るといった技では防げないため、ギルガルド対面でめんどくさい択ゲーを未然に防げるはずです。 1ターンの猶予で相手の交換を許してしまいますが、ゴーストタイプは等倍ダメージが多いので一貫性が高い点は美味しいです とんぼがえり ゴースト・ドラゴン共に等倍によるゴリ押しが得意な性質を持っていることから、相手のポケモン入れ替えを誘発しやすく、相手の交代を見てから有利な対面を作れる蜻蛉は非常に相性がよく、バンギラスに効果抜群なのもポイントが高いですね。 素早さの高さも相まって、こちらが不利対面時の交代をする際にもダメージを与えながら行うことができるので強力なサブウェポン足り得ます ふいうち 相手が攻撃技を選択している場合にのみ成功する先制技。 悪技なのでタイプ不一致にはなりますが、素早さ負けしている状況でも競り負けなくなるため、強力な手札になると想定されます サイコファング 鋼や悪を呼びやすいポケモンなので、エスパー技のサブウェポンは基本的に不要ですが、ダイマックス下で使うとサイコフィールドによりミミッキュの影撃ちを防げるというのはちょっと魅力的ですね りゅうせいぐん ドラゴン特殊技最高威力。 物理数値受けに対して手痛いダメージを与えることができます ハイドロポンプ バンギラスに有効打点が取れる水技。 天候を雨で上書きすれば砂効果による特防UPも消すことができるので、役割破壊技となります だいもんじ 特殊炎技で、呼ぶ鋼タイプへの役割破壊になったり、素早さを上げておけばドリュウズに勝てるという優位性を活用できます 威力安定の火炎放射でもいいでしょう 10まんボルト ドラパルトから見た電気技はあまり強みがないように感じます りゅうのまい 高いASを存分に活かす積み技。 基本的には竜舞全抜きがスタンダードな戦術になるだろうし、苦手なポケモンを呼んでも上からバトンで逃げられるのも強みです バトンタッチ 蜻蛉返りとは選択になると思われますが、積み技や身代わりを使わないのであれば蜻蛉に軍配が上がります。 バトンパというトリッキーな戦術下での活躍も期待できます おにび 高い戦闘能力を落としかねない技ではありますが、序盤から確実に仕事をこなしていきます。 サブウェポンがさほど充実しておらず、霊・竜の一貫性をどうやって作っていくかが勝負のポイントとなりそうです。 C100と数値はだいぶ心許ないので、メガネやダイマックスで火力を底上げしたり、追加効果による天候展開などにも繋げていきたいですね。

次の