きた れ バウハウス。 バウハウス

バウハウスの特徴である近代的な素材を使った住宅10選

きた れ バウハウス

2006年のバウハウスのコンサート 基本情報 出身地 ジャンル 活動期間 - - - レーベル 1978年 - 1979年 1980年 1981年 - 1983年 共同作業者 公式サイト メンバー ダニエル・アッシュ デイビッド・J ケビン・ハスキンス 旧メンバー クリス・バーバー バウハウス( Bauhaus)は、にデビューしたの。 名前はの芸術活動から由来している。 当初は「Bauhaus1919」という名前だったが、コマーシャル的なアピールのために、1年も経たずに「Bauhaus」に改名。 の先駆と言えるバンドである。 時に以上に激しい曲もあり、視覚的パフォーマンス、特にボーカリストであるのステージング等は評価が高い。 またシングルのB面は実験的なアプローチでや風の楽曲、更には各々メンバーによるソロ的アプローチの「1・2・3・4」という曲も存在しバウハウスの原点が垣間見られのバンドでありながら、、等の要素を採り入れ演劇的なステージングで人気があった。 の「」やの「テレグラム・サム」をカバーし、の新たなる継承者として賞賛を受ける。 後期はピーター・マーフィーと他の三人との間における音楽性の相違によって仲違いを招き、5月に初来日公演を果たすものの、同年7月5日にロンドンのにあったハマースミス・パレスでのライブを最後に解散に至る。 その後、マーフィーはポール・ビンセント・ロウフォード、元のと組んだ「」を経てソロ活動へ、他の三人は「」を結成した。 1998年再結成。 再来日も果たした。 メンバー [ ]• Peter Murphy - リード・ボーカル、ギター、キーボード、メロディカ、コンガ• ダニエル・アッシュ Daniel Ash - ギター、アコースティックギター、サクソフォーン、バック・ボーカル• デイビッド・J David J. Haskins - ベース、キーボード、パーカッション、バック・ボーカル• 旧メンバー [ ]• クリス・バーバー Chris Barber - ベース ディスコグラフィ [ ] スタジオ・アルバム [ ]• 『マスク』 - Mask 1981年、• 『ザ・スカイズ・ゴーン・アウト』 - The Sky's Gone Out 1982年、Beggars Banquet• 『バーニング・フロム・ジ・インサイド』 - Burning From The Inside 1983年、Beggars Banquet• 『暗闇のごとく現れ、白い陽炎のように去りゆく』 - Go Away White 2008年、 ライブ・アルバム [ ]• 『プレス・ジ・イジェクト・アンド・ギブ・ミー・ザ・テープ』 - Press The Eject And Give Me The Tape 1982年、Beggars Banquet• 『スウィング・ザ・ハートエイク - BBCセッションズ』 - Swing The Heartache:The BBC Sessions 1989年、Beggars Banquet• Rest In Peace:The Final Concert 1992年、Nemo• Live in the Studio 1979 1997年、Nemo• 『ゴッサム』 - Gotham 1999年、Metropolis• This Is for When 2009年、Vinyl 180 コンピレーション・アルバム [ ]• 『1979-1983 ベスト・オブ・バウハウス』 - 1979-1983 1985年、Beggars Banquet• 『クラックル - ベスト・オブ・バウハウス』 - Crackle - The Best Of Bauhaus 1998年、Beggars Banquet EP [ ]• Kick in the Eye EP 1982年、Beggars Banquet• 4AD 1983年、4AD• The Singles 1981-1983 1983年、Beggars Banquet• Bauhaus E. 1983年、 シングル [ ]• "Bela Lugosi's Dead" 1979年、Small Wonder• "Terror Couple Kill Colonel" 1980年、4AD• "Telegram Sam" 1980年、4AD• "Kick in the Eye" 1981年、Beggars Banquet• "The Passion of Lovers" 1981年、Beggars Banquet• "Spirit" 1982年、Beggars Banquet• "Ziggy Stardust" 1982年、Beggars Banquet• "Lagartija Nick" 1983年、Beggars Banquet• "She's in Parties" 1983年、Beggars Banquet• "Sanity Assassin" 1983年、Beggars Banquet 映像作品 [ ]• 『シャドウ・オブ・ライト』 - Shadow of Light 1984年、Beggars Banquet,Hendring• 『ライヴ・アーカイヴ』 - Archive 1984年、Beggars Banquet• Gotham 1999年、Metropolis 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

バウハウスとは?建築やデザインを初心者にもわかりやすく解説!

きた れ バウハウス

デザインを学ぶ学生であれば、 バウハウスという名前を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 バウハウスは2019年に開校100周年を迎えます。 100年経っても、世界のデザイン界に大きな影響を与え続けている バウハウス。 この機会にそのデザインや歴史について知りましょう。 編集・執筆 / Ayako Yamada, AYUPY GOTO 目次• バウハウスとは• バウハウスのデザインってどんなもの?• バウハウスの歴史• バウハウスを支えた人物たち• 今も大きな影響を与えるバウハウスのデザイン• 最後に 1. バウハウスとは、ドイツ語で「建築の家」の意味。 ここでは、美術、デザイン、工芸、建築といった、造形に関するさまざまな教育が行われました。 1933年にナチスによって閉校されるまで、 わずか14年という短い歴史でしたが、現在も世界のデザイン・建築界に影響を与えています。 産業革命以降、機械による大量生産が進む社会の中で、工業化に対する革新的な芸術運動が盛んに行われました。 その流れの中で、 バウハウスはその実験的・挑戦的な試みにより、近代デザイン成立の上で大きな役割を果たしました。 バウハウスのデザインってどんなもの? 絵画から建築まで多様な造形分野で、その時代を代表する芸術家たちが教師として集結していたバウハウス。 講師たちは、表現主義、構成主義、神秘主義など様々な思想や異なる視点を持ち、バウハウスの中ではそれらが共存し互いに影響を与えていました。 その環境の中で造形を追求し、生み出された表現は実に豊かで多様ですが、それらには共通するバウハウスのデザインの特徴があります。 それは、 余計な装飾を排除した、シンプルで機能的な美しさです。 このように、具体的な物と分離して、 抽象的な色彩や形態・素材について理論的に分析した、バウハウスの革新的な教育・研究によって、「デザイン」という概念が明確に意識されるようになりました。 そうしてバウハウスから、機械生産による新しい時代にふさわしい作品やデザインが、続々生み出されていき、バウハウスは世界から注目を集めることとなります。 その中、19世紀末にイギリスで、ウィリアム・モリスを主導者とする 「アーツ・アンド・クラフツ運動」が起こります。 これは、機械化による大量生産に異を唱え、中世の手仕事に回帰しようとする運動です。 その後、第一次大戦後のドイツでワイマール共和国が成立。 「ドイツ工作連盟」のひとりであったヴァルター・グロピウスは、1919年 美術学校と工芸学校を合併し、 国立の造形大学「バウハウス」を設立します。 バウハウスの理念は、ドイツ工作連盟の理念を強く受け継ぐものです。 初期の教育内容には表現主義的要素が強くありましたが、次第に合理性・機能性を重視した内容へ転換。 その中で、グロピウスは1923年に 「芸術と技術—新しい統一」というテーマを掲げ、バウハウスの教育方針がより明確化していきます。 一方で、ワイマール共和国の不安定な政情や、バウハウスに不満を持つ右翼政党などからの攻撃により、共和国内での反バウハウス傾向が強まっていきました。 そのため、1925年にワイマールのバウハウスは解散を余儀なくされます。 バウハウスの閉鎖後、数名の教師たちはドイツを離れ、後にアメリカへ渡ります。 グロピウスはハーバード大学で建築家の教授に就任、教師のひとり モホリ=ナジがシカゴで 「ニュー・バウハウス」を設立するなど、バウハウスの理念を国外へ広める活動を行いました。 バウハウスの創設者であり、開校から1928年まで初代校長を務めました。 「BAUHAUS」の文字が印象的なデッサウ校舎は、グロピウスの設計によるものです。 建築家としてモダニズム建築の普及に影響を与えるとともに、教育者として大衆への芸術教育の重要性を主張しました。 今も大きな影響を与えるバウハウスのデザイン 機能美を追求したシンプルなバウハウスのデザインは、100年経っても色あせることなく、今でも私たちに新鮮さを感じさせます。 バウハウスで講師をしていたパウル・レナーによるフォント 「Futura」は、現在も様々な場面で使用されているバウハウスのデザインの代表例です。 また2018年には、 Adobeがスケッチなどから再現した、バウハウスの巨匠による5つのフォントを「Adobe TypeKit」で公開。 その復刻フォントを使ったデザインコンテストを開催するなど、盛り上がりをみせています。 タイポグラフィのほかにも、建築、家具、グラフィックなど様々な分野で、バウハウスのデザインは現代も多くの人々に愛されています。 最後に 2019年のバウハウス100周年を記念して、世界中でバウハウスにまつわる展覧会やイベントが行われています。 バウハウスのデザインや教育は、現代を生きる私たちにとっても、とても新鮮で学ぶものが多くあります。 ぜひこの機会に、展覧会やイベントに足を運んだり、関連書籍を読んだりして、バウハウスのデザインに触れてみてください。

次の

「バウハウス」開校100年展 革新的な造形教育の一端を体験

きた れ バウハウス

Oskar Schlemmer(1888-1943)ドイツ・シュトゥットガルト生まれの画家、彫刻家、舞台芸術家。 1921年、W・グロピウスにヴァイマールのバウハウスへ教師として招かれる。 壁画工房、石彫工房、木彫工房などで教え、1923年からバウハウスを去る1929年まで舞台工房のマイスターを務める。 1928年春-29年には人間を多角的な観点から分析する講義と人体デッサンの演習を組み合わせた授業「人間」を行なった。 舞台作品の代表作《三組のバレエ》は、1912年頃より共同制作が進められ、1922年にシュトゥットガルトで全編が初上演された。 1923年、W・グロピウスの招聘でヴァイマールのバウハウスのマイスターとなり、バウハウスを去る1928年までバウハウスの予備・基礎課程の充実、タイポグラフィや実験的な写真芸術などに取り組む。 バウハウスの出版物の装幀・レイアウト・タイポグラフィを多く手がけ、グロピウスと共同でバウハウスの機関紙bauhausや「バウハウス叢書」の編集にあたった。 1921年夏から1925年までヴァイマール・バウハウスのヨハネス・イッテンの元で学び、W・グロピウスの建築事務所で働く。 1925年ハンガリーへ帰郷。 グロピウスの勧めにより、近代建築国際会議(CIAM)ハンガリー支部の結成に携わった。 ドイツ・シュトゥットガルト生まれの画家、彫刻家、舞台芸術家。 1921年、W・グロビウスにヴァイマールのバウハウスへ教師として招かれる。 壁画工房、石彫工房、木彫工房などで教え、1923年からバウハウスを去る1929年まで舞台工房のマイスターを務める。 ハンガリー・バーチボルショード生まれの写真家、画家、デザイナー、美術教育者。 1923年、W・グロピウスの招聘でヴァイマールのバウハウスのマイスターとなり、バウハウスを去る1928年までバウハウスの予備・基礎課程の充実、タイポグラフィや実験的な写真芸術などに取り組む。 ハンガリー・ペーチ生まれの建築家。 1921年夏から1925年までヴァイマール・バウハウスのヨハネス・イッテンの元で学び、W・グロピウスの建築事務所で働く。 1925年ハンガリーへ帰郷。 グロピウスの勧めにより、近代建築国際会議 CIAM ハンガリー支部の結成に携わった 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです.

次の