コロナ 年金 免除。 【新型コロナウイルス】国民年金保険料の免除申請について|宇土市

【新型コロナ関連】国民年金保険料免除の申請受付開始

コロナ 年金 免除

新型コロナウイルス感染症の影響により,国民年金保険料の納付が困難となった場合,臨時による特例免除申請が可能です。 対象となる方 臨時特例措置による国民年金保険料の免除・猶予及び学生納付特例申請は,以下の2点をいずれも満たした方が対象になります。 申請に必要な書類 臨時特例による免除申請には以下の2つの書類が必要です。 ・国民年金保険料免除・納付猶予申請書 ・所得の申立書 申請書および申立書は日本年金機構のホームページからダウンロードができます。 市役所国保年金係にも備えつけてありますので,ご連絡いただければ郵送することも可能です。 提出先は熊本東年金事務所,または宇土市役所国保年金係です。 直接,窓口へ提出していただくことも可能ですが,できる限り 郵送でのお手続きをご利用ください。 申請に必要な書類 臨時特例による免除申請には以下の3つの書類が必要です。 ・国民年金保険料学生納付特例申請書 ・所得の申立書 ・学生証のコピー 新型コロナウイルス感染症の影響で発行が遅延している場合も,申請は可能です 申請書および申立書は日本年金機構のホームページからダウンロードができます。 市役所国保年金係にも備えつけてありますので,ご連絡いただければ郵送することも可能です。 提出先は熊本東年金事務所,または宇土市役所国保年金係です。 直接,窓口へ提出していただくことも可能ですが,できる限り 郵送でのお手続きをご利用ください。 申請書等のダウンロードや詳しいお手続きの内容については,をご覧ください。

次の

新型コロナウイルスの影響による国民年金の免除手続き

コロナ 年金 免除

解雇された人・退職した人の国民年金保険料免除手続き 以前から、退職した人や廃業した人は、国民年金保険料の免除を受けられるようになっています。 そして、新型コロナウイルスを理由に解雇された人、退職した人も、この『』の適用を受けられます。 本人の収入は問われませんが、世帯主または配偶者が次の所得基準を満たさなけらばなりません。 『国民年金保険料免除・納付猶予申請書』はネットで検索するとPDFファイルが見つかるので、これをご家庭のプリンターで印刷して使います。 ご家庭にプリンターがない方は、USBメモリなどにデータを入れたり、スマホを使い、人が少ない時間帯にコンビニプリンターで印刷すると良いでしょう。 年金手帳や雇用保険受給資格者証、開廃業等届出書も同様にコピーします。 それらを封筒に入れ、お住まいの地域の市区町村役場・国民年金担当窓口に郵送してください。 問題なければ、後日、決定通知書が送付されます。 分からないことは、「ねんきんダイヤル(0570-05-1165)」にお尋ねください。  新型コロナウイルスで収入が減少した人の国民年金保険料免除手続き 新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、「緊急事態宣言」が出され、休業要請が出されました。 そのため、非正規労働者の労働時間が激減し、経済的に厳しい状況です。 そこで、特例として、新型コロナウイルスで収入が減少した人も国民年金保険料の免除を受けられるようになりました。 この免除制度を受けるには、本人及び世帯主・配偶者も所得基準を満たさなければなりません。 所得基準ですが、 2020年2月以降の収入を年間換算するとされているので、ひと月に次の所得基準の12分の1未満である必要があるでしょう。 『国民年金保険料免除・納付猶予申請書』と年金手帳のコピーは、自宅のプリンターかコンビニプリンターで印刷してください。 所得を証明する書類は、原則として不要です。 それらを封筒に入れて、市区町村役場・国民年金担当窓口に郵送すると、問題なければ、後日、決定通知書が送付されます。 分からないことは、「ねんきんダイヤル(0570-05-1165)」にお尋ねください。

次の

コロナの影響により、納税や厚生年金保険料等の納付が難しくなった場合の猶予・免除・について

コロナ 年金 免除

国民年金保険料免除・納付猶予申請書• 所得の申立書• マイナンバーカード、運転免許証など1つ本人確認書類の写し 郵送の場合 窓口の場合は、マイナンバーカード、運転免許証など1つ本人確認書類 が必要です。 新型コロナウイルスの影響による国民年金の免除手続き方法 新型コロナウイルスの影響による国民年金の免除手続き方法を 紹介していきます。 STEP1:国民年金保険料免除・納付猶予申請書を記入 国民年金保険料免除・納付猶予申請書を印刷または住所地の 市区役所・町村役場の年金担当窓口または年金事務所窓口 から受け取って必要事項を記入します。 印刷する場合は下記のURL「国民年金保険料免除・納付猶予申請書 PDF 」に アクセスすると印刷が可能、記入方法が記載されています。 STEP2:所得の申立書の記入 簡易な所得見込額の申立書を印刷または住所地の 市区役所・町村役場の年金担当窓口または年金事務所窓口 から受け取って必要事項を記入します。 印刷する場合は下記のURL「所得の申立書 PDF 」に アクセスすると印刷が可能です。 また、「所得の申立書記入例 PDF 」に アクセスすると記入例が記載されているので参考にして 記入してください。 STEP3:提出または郵送する 国民年金保険料免除・納付猶予申請書、所得の申立書を記入終えたら 住所地の市区役所・町村役場の年金担当窓口または年金事務所窓口で 申請している場合は手続き完了となります。 郵送の場合は、国民年金保険料免除・納付猶予申請書、所得の申立書、 マイナンバーカード、運転免許証など1つ本人確認書類の写しを封筒に 入れて、住所地の市区役所・町村役場の年金担当または年金事務所に 郵送しましう。 郵送終えたら手続き完了となります。 まとめ 新型コロナウイルスの影響による国民年金の免除手続き 方法を解説していきます。 新型コロナウイルスの影響による国民年金の免除になるか確認し、 手続きを行いましょう。 制度を賢く活用し、家計の負担を減らしていきましょう。

次の