パティスリー ジョルジュ マルソー。 【絶対に食べてはいけない禁断のスイーツ】パティスリージョルジュマルソーの「アダムとイブ」※2018年の販売は終了(T_T)

チーズケーキ美味しい!

パティスリー ジョルジュ マルソー

お店の半分は、スイーツの販売コーナーになっています。 後の半分は、カフェ&バースペースです。 窓際のカウンターテーブルも昼間は明るくて気持ちが良いのでしょうけれど、 今回は、スタイリッシュなオープンキッチン風のカウンター席を利用させて頂きました。 スイーツ店なのに、ソムリエさんがおられます。 こちらでは、九州産をメインにワインを楽しむことが出来るのです。 ワインと本格極上スイーツを楽しめるバー。 女性にはかなりポイントが高いですね。 ケーキを頂くことにしました。 マロンやイチジクなど旬を楽しめる季節のケーキもあります。 そして、ワンランク上のスイーツは、ソムリエさんが目の前で仕上げてくれる『アシェットデセール 皿盛りデザート 』です。 訪問時はクレープのデザートでした。 古典的なクレープシュゼットより、もっと華やかなベイクドクレープです。 ワインを頂きながら、『アシェットデセール』が完成する様子を眺める贅沢なひととき。 』 凍らせたフルーツとシブーストをクレープで包んで、 オーブンでこんがり焼き上げました。 木苺のシャーベットとココナッツ香るヨーグルトが、 後味をすっきりとさせてくれます。 「あたたかくて冷たい」 温度も食感も楽しいベイクドクレープは、 その見た目より軽やかなデザートです。 横に、グルメエンターテイナーのさんがいました 笑。 はっしーさんのインスタグラムから。 フォーリンデブはっしーさん fallindebu が投稿した写真 - 2016 10月 6 10:49午後 PDT ケーキも頂きました。 黒いちじくのタルト。 希少な富田農園の高級いちじく『ビオレ・ソリエス』を使用。 タルト生地にフランボワーズとカスタードクリームの取り合わせです。 果肉は甘く柔らかく、美しく黒い皮ごと食べられる『ビオレ・ソリエス』はお菓子にぴったり。 コレは食べてないけど、レモンパイ。 上にほおずきがのってます。 ワインは、九州・大分の安心院や宮崎の都農産が揃ってるのも、オリジナリティがあっていいですね。 シャンパーニュも合いますが、国産ならではの渋みが少なく、ライトな味わいのワインもスイーツにぴったりです。

次の

パティスリー・ジョルジュマルソーが移転へ

パティスリー ジョルジュ マルソー

お店の半分は、スイーツの販売コーナーになっています。 後の半分は、カフェ&バースペースです。 窓際のカウンターテーブルも昼間は明るくて気持ちが良いのでしょうけれど、 今回は、スタイリッシュなオープンキッチン風のカウンター席を利用させて頂きました。 スイーツ店なのに、ソムリエさんがおられます。 こちらでは、九州産をメインにワインを楽しむことが出来るのです。 ワインと本格極上スイーツを楽しめるバー。 女性にはかなりポイントが高いですね。 ケーキを頂くことにしました。 マロンやイチジクなど旬を楽しめる季節のケーキもあります。 そして、ワンランク上のスイーツは、ソムリエさんが目の前で仕上げてくれる『アシェットデセール 皿盛りデザート 』です。 訪問時はクレープのデザートでした。 古典的なクレープシュゼットより、もっと華やかなベイクドクレープです。 ワインを頂きながら、『アシェットデセール』が完成する様子を眺める贅沢なひととき。 』 凍らせたフルーツとシブーストをクレープで包んで、 オーブンでこんがり焼き上げました。 木苺のシャーベットとココナッツ香るヨーグルトが、 後味をすっきりとさせてくれます。 「あたたかくて冷たい」 温度も食感も楽しいベイクドクレープは、 その見た目より軽やかなデザートです。 横に、グルメエンターテイナーのさんがいました 笑。 はっしーさんのインスタグラムから。 フォーリンデブはっしーさん fallindebu が投稿した写真 - 2016 10月 6 10:49午後 PDT ケーキも頂きました。 黒いちじくのタルト。 希少な富田農園の高級いちじく『ビオレ・ソリエス』を使用。 タルト生地にフランボワーズとカスタードクリームの取り合わせです。 果肉は甘く柔らかく、美しく黒い皮ごと食べられる『ビオレ・ソリエス』はお菓子にぴったり。 コレは食べてないけど、レモンパイ。 上にほおずきがのってます。 ワインは、九州・大分の安心院や宮崎の都農産が揃ってるのも、オリジナリティがあっていいですね。 シャンパーニュも合いますが、国産ならではの渋みが少なく、ライトな味わいのワインもスイーツにぴったりです。

次の

ジョルジュマルソーデフィのテイクアウト、やっと行けたぁ!

パティスリー ジョルジュ マルソー

お店の半分は、スイーツの販売コーナーになっています。 後の半分は、カフェ&バースペースです。 窓際のカウンターテーブルも昼間は明るくて気持ちが良いのでしょうけれど、 今回は、スタイリッシュなオープンキッチン風のカウンター席を利用させて頂きました。 スイーツ店なのに、ソムリエさんがおられます。 こちらでは、九州産をメインにワインを楽しむことが出来るのです。 ワインと本格極上スイーツを楽しめるバー。 女性にはかなりポイントが高いですね。 ケーキを頂くことにしました。 マロンやイチジクなど旬を楽しめる季節のケーキもあります。 そして、ワンランク上のスイーツは、ソムリエさんが目の前で仕上げてくれる『アシェットデセール 皿盛りデザート 』です。 訪問時はクレープのデザートでした。 古典的なクレープシュゼットより、もっと華やかなベイクドクレープです。 ワインを頂きながら、『アシェットデセール』が完成する様子を眺める贅沢なひととき。 』 凍らせたフルーツとシブーストをクレープで包んで、 オーブンでこんがり焼き上げました。 木苺のシャーベットとココナッツ香るヨーグルトが、 後味をすっきりとさせてくれます。 「あたたかくて冷たい」 温度も食感も楽しいベイクドクレープは、 その見た目より軽やかなデザートです。 横に、グルメエンターテイナーのさんがいました 笑。 はっしーさんのインスタグラムから。 フォーリンデブはっしーさん fallindebu が投稿した写真 - 2016 10月 6 10:49午後 PDT ケーキも頂きました。 黒いちじくのタルト。 希少な富田農園の高級いちじく『ビオレ・ソリエス』を使用。 タルト生地にフランボワーズとカスタードクリームの取り合わせです。 果肉は甘く柔らかく、美しく黒い皮ごと食べられる『ビオレ・ソリエス』はお菓子にぴったり。 コレは食べてないけど、レモンパイ。 上にほおずきがのってます。 ワインは、九州・大分の安心院や宮崎の都農産が揃ってるのも、オリジナリティがあっていいですね。 シャンパーニュも合いますが、国産ならではの渋みが少なく、ライトな味わいのワインもスイーツにぴったりです。

次の