ゴールデン レトリバー 赤ちゃん。 なぜゴールデンレトリバーが赤ちゃんをかんでしまう事故がおきたのか

乳児がゴールデンレトリバーに噛まれ死亡 そのとき犬のキモチは?

ゴールデン レトリバー 赤ちゃん

タグ 5つ子 ラグドール ランボルギーニ ラブラドール ラブラドゥードル ラバ ラトビア ラッコ ライオン リトアニア ヨークシャーテリア ヨウム ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド ヤマアラシ ヤギ モロッコ モルモット リス リモートワーク メインクーン 中型犬 南極 兵士 兄弟 兄と妹 仲良し 介助犬 亀 中国 ルーマニア 三毛猫 三つ子 ワカケホンセイインコ ロットワイラー ロックダウン ロシア レバノン モモイロインコ ミンク 台湾 プロポーズ ベンガルワシミミズク ベルギー ベラルーシ ベトナム プール プードル ブルドッグ ペルシャ猫 ブルテリア ブルガリア ブリティッシュショートヘア ブラッドハウンド ブラジル フレンチブルドッグ フリージアン ベンガル猫 ペンギン ミミズク マゼランペンギン ミニチュアシュナウザー マンチカン マレーシア マルチーズ マルタ マラミュート マメルリハ ポニー ホシムクドリ ポケモン ボーダーコリー ボルネオ島 ボストンチワワ ボクサー ホホジロザメ ホッキョクグマ 双子 喧嘩 フェレット 異種友(犬と鳥) 癇癪 異種友(猫と鳥) 異種友(猫と豚) 異種友(猫と猿) 異種友(猫とカワウソ) 異種友(猫とアルパカ) 異種友(犬と馬) 眠い 異種友(犬と猿) 異種友(犬と猫) 異種友(犬とヤギ) 異種友(犬とモルモット) 異種友(犬とフェレット) 異種友(犬とハムスター) 異種友(犬とウサギ) 白猫 紅葉 異種友(ライオンとトラ) 野良猫 黒猫 鹿 鳩 鳥 馬 雲 雑種 野良犬 結婚式 豚 親子 親友 蜂 蛇 虫 羊 異種友(犬とイルカ) 異種友(コヨーテとアナグマ) 四つ子 子熊 子馬 子豚 子育て 子猫 子犬 子牛 子供 家族愛 子ヤギ 子パンダ 子ゾウ 姉妹 姉と弟 夫婦 大型犬 子鹿 小型犬 猿 海外CM 猫 犬 牛 父親 父の日 熊 海外の反応 母親 救出 歯ブラシ 柴犬 映画館 日本 旅行 新型コロナウイルス 救助 フランス フェネック MLB カピパラ ガチョウ カンガルー カワウソ カラス カモ カメ カバ キジトラ猫 カナダ オーストラリアン・シェパード オーストラリアン・ケルピー オーストラリア オランダ オランウータン オポッサム キエリボウシインコ キツネ オオホンセイインコ コッカープー サッカー ゴールデンレトリバー ゴールデンドゥードル ゴリラ コーギー コヨーテ コビトペンギン コウモリ キャバリア・キングチャールズ・スパニエル コアラ ケニア グレートピレニーズ グレートデン クリスマス クモ ギリシャ オカメインコ オオバタン サメ アザラシ アマグマ アフリカ アヒル アナコンダ アナと雪の女王 アシカ アクアリウム アメリカンブルドッグ アイルランド アイスランド ほっこり お留守番 お掃除ロボ おばあちゃん おじいちゃん アメリカ アライグマ オオハナインコ インドネシア オオカミ オウム エンビセアオマイコドリ ウッドチャック ウサギ ウクライナ ウガンダ インド アルパカ インコ イングリッシュ・マスティフ イングリッシュ・ブルドッグ イルカ イタリア イタチザメ イギリス サプライズ サモエド フィンランド ネズミ ハリネズミ ハムスター ハチワレ猫 ハクチョウ ハイヒール ノルウェー ニューファンドランド ハロウィン ニュージーランド ナミビア共和国 ドーベルマン ドッキリ ドイツ トルコ トラ ハリーポッター ハンガリー トイフォックステリア ヒップホップ フィリピン ピラミッド ピューマ ピットブル ピカチュウ ピアノ ビーグル ヒグマ バイオリン パンダ パロディ パパ パグ パキスタン バーニーズマウンテンドッグ バハマ トイプードル ディズニーワールド シェパード ジャーマンショートヘアードポインター スコットランドストレート スコットランド スウェーデン スイス ジンバブエ ジョージア ジャーマンシェパード スコティッシュ・キルト ジェンツーペンギン シーパドゥードル シーズー シロイルカ ショウジョウコウカンチョウ シャム猫 シベリアンハスキー スコティッシュストレート スズメ ディズニーランド タイ ディズニー チンパンジー チワワ ダンス ダルメシアン ダックスフンド タイハクオウム ゾウ スタッフォードシャーブルテリア セントバーナード セルビア セキセイインコ スロベニア スポーツ スペイン スターウォーズ 黒鳥 愛は種族を超える まだ生後間もないと思われる子猫たちにミルクをあげる母猫。 その側には、猫小屋の隙間から顔だけをニョッキリと出して、子猫と母猫を優しい表情で見つめるゴールデン・レトリバーの姿。 子猫がいる母猫は警戒心が強いものですが、ゴールデン・レトリバーがこれだけ近づいても警戒する様子すら見られません。 ゴールデン・レトリバーはお母さんが離れている間、代わりに子守をしてあげているようです。 犬と猫という異なる種族ではありますが、もうすっかり子猫たちのお父さんみたいになってしまっていますね(笑) 子猫たちも犬が側にいることに何の違和感も感じていなさそうです。 むしろ安心しきっているように見えます。 ちなみに本当の父猫はこちらの方。 そう言われてみれば、ちょっとだけ耳が垂れているところはソックリです。 子猫たちは、色は母猫と父猫をミックス、模様のくっきり感は母猫の方を強く引いているようですね。 今はまだ大人しいですが、もう少し成長したらご両親とゴールデン・レトリバーを困らせてしまいそうですね。 ・ゴールデン・レトリバーは子猫が大好きです!👍💗 ・これが家族であることの意味だよ。 我々も動物から共存する方法をたくさん学べると思う。 ・ゴールデン・レトリバーが冒頭で微笑んでることに気づいた人はいる?😆 ・この愛らしい犬が子猫の育て親になるのは間違いないでしょう😊 ・ あわわ!この子たちはカレンダーに採用するべきだと思います! ・ゴールデン・レトリバーはわたしが最も愛する犬です😆💗 ・この犬はいつ自分が父親になったのか考えているに違いない。 ・素晴らしい小さな家族。 自分はそれらのひとつひとつが大好きです。 ほのぼのをありがとう💕 ・お母さんであることの喜び…!ゴールディはここに参加出来て幸運ですね! ・赤ちゃんは完全に天使だ!一度だけ触れてみたい! ・成長して悪い子になった子猫たちと忍耐強いワンコの動画はまだですか? コメント引用元・・・ 尚、このゴールデン・レトリバーが雄か雌かは、この動画からはわかりませんでした。 とても優しい顔をしているので、雌なのかもしれません。

次の

ゴールデンレトリバーの子犬の値段や選び方は?里親やブリーダーから購入?しつけや寿命は?

ゴールデン レトリバー 赤ちゃん

ゴールデンレトリバーは本来は陽気で人懐っこい犬種 ゴールデンレトリバーは、もともとがとても陽気で人懐っこい犬種だということは間違いありません。 ペット・トライアングルのドッグケアサービスショップであるラブドッグ店にも、毎週のように来店してくれるゴールデンレトリバーがいます。 とても人懐っこく、陽気で元気で、お店に入っていくと、すぐにすり寄ってくる、これぞゴールデンレトリバーというようなワンちゃんです。 小型の愛玩犬とは違う、大きな体で釣り寄ってくるのは、犬大好き人間にとって、まさに快感です。 他にも、何頭かのゴールデンレトリバーが定期的にホテルやトリミングに来てくれますが、みんなこの人懐っこくて、陽気な性格は共通です。 大型犬とは言え、つい愛玩犬のような感覚になってしまうのも無理ないかもしれませんね。 でも、ゴールデンレトリバーは大型犬です。 その性格からつい愛玩犬のように扱いがちですが、飼い方あるいはしつけ方、またしっかりとしたブリーダーではないようなところで生まれ育ったゴールデンレトリバーは、その陽気で元気な性格が少し違った方向へ向かってしまうこともあるのです。 でも、ゴールデンレトリーバーは誰にでも安易に飼える犬種ではないんだよ。 ゴールデンテトリバーは最初に書いた通り、本来とても人懐っこくて、陽気な性格の犬で、私たちも大好きな犬種です。 何と言っても、あの陽気でとても人懐っこい性格は、家庭犬としてふさわしいものだと思います。 ゴールデンレトリバーについて書いてあるどのサイトでも、ゴールデンレトリバーの家庭犬としての素晴らしさが書かれているでしょう。 でも、あえてここでは、ゴールデンレトリバーの危険性、というところに焦点を当ててみたいと思います。 というのは、現実的にはゴールデンレトリバーに咬まれたという事例が少なからずあり、その場合の被害の程度もかなり大きなものだからです。 ゴールデンレトリバーだからどんな飼い方でも大丈夫、ということではない、ということ。 全てのゴールデンレトリバーが何もしなくても陽気で人懐っこい犬になるというわけではない、ということ。 あるいは、いい加減なブリーダーのところで生まれ育った場合、そんなゴールデンレトリバーは、家庭犬として必ずしもふさわしい性格のゴールデンレトリバーが生まれてくることもある、ということ。 ゴールデンレトリバーに関しての、こういったことを知っていただきたくあえてこのページを作りました。 もちろん、適切な飼い方でしつけトレーニングををすれば、とても良い家庭犬になってくれることは間違いのない犬種で、ほとんどのゴールデンレトリバーは良き家庭犬であると思います。 しかし、ただ可愛いから、という理由で、小型の愛玩犬を飼うような気持ちで飼うと、もともととってもいい性格を持っているゴールデンレトリバーでも、大きな体ゆえに悪者扱いされかねません。 またゴールデンレトリバー自身が、吠える、噛む、などのトラブル犬にもなることも実際にあるのです。 大きい犬だけに、噛まれたときの被害は小型犬とは比べ物にならないくらい大きなものとなることもあるのです。 そうなったら、飼い主さんは大変だし、何よりもゴールデンレトリバーが可哀想ですからね。 小さな愛玩犬でもそうなのですが、大きなゴールデンレトリーバーの場合は、それ以上に飼う際の心構えと、適切な飼い方しつけ方が必要です。 ということで、あえて、ゴールデンレトリバーを良き家庭犬にしてあげられない可能性のある人、つまりゴールデンレトリバーをお勧めできない人、について書いてみました。 こんな人にはゴールデンレトリバーをお勧めしません! 次の項目にひとつでも当てはまる方で、これからゴールデンレトリバーを飼おうと考えている方は、ぜひもう一度、ゴールデンレトリバーを飼うことを考え直しい、あるいは気持ちを改めてほしいと思います。 ゴールデンレトリバーをお勧めしない人• ゴールデンレトリバーは愛玩犬だと思っている人• ゴールデンレトリバーは大型犬だという意識のない人• ゴールデンレトリバーは誰にでも人懐っこく温厚なので、しつけは必要ないと思っている人• ゴールデンレトリバーは吠えにくい犬種だから飼おうとする人• ゴールデンレトリバーを庭で自由にさせて飼いたいという人• 犬にお金や手間をかけたくない人 そうなんだ。 良さが引き出せないどころか、本来のゴールデンレトリバーのとってもいい性格を悪い方向に向かわせてしまうかもしれないんだ。 では、それぞれについて、もう少し具体的に説明していきましょう。 ゴールデンレトリバーはどんなに人懐っこくても大型犬です 忘れないでほしいのは、ゴールデンレトリバーは大型犬だということです。 そんなのわかっているよ、と言われそうですが、そこが重要なんです。 どんなにかわいくて、人懐っこくても、小型の愛玩犬と同じ感覚で飼ってはいけない犬種だということなのです。 大型犬は、どんな犬種、たとえそれがゴールデンレトリバーであったとしても、その体の大きさゆえに、悪者にされかねない、それが大型犬の宿命なのです。 ゴールデンレトリバーは人が大好き、だからなんのしつけもされていない陽気なゴールデンレトリバーに小さな子供が近づいてくれば、ゴールデンレトリバーは喜んでその子供にじゃれるつもりで飛びつくかもしれません。 しかし、たとえそれが好意的な行動だったとしても、ゴールデンレトリバーの大きな体で飛びつかれた小さな子供はどうなるでしょう。 もしかしたら、倒されて大怪我をしてしまう可能性も十分にありますよね。 子供ではなく、高齢者はもちろん、大人の方だったとしても、倒されてしまう可能性はあるでしょう。 そうなったら、倒したゴールデンレトリバーは、第三者からは、悪者扱いにされてしまい、危険な犬とのレッテルを張られかねません。 そんなふうに愛犬であるゴールデンレトリバーが見られてしまったらどう思いますか? 倒された方はもちろんですが、意図せず倒してしまい悪者になってしまうゴールデンレトリバーもとても可哀そうですよね。 ゴールデンレトリバー自身は、全く悪意なく、好意を持ってした行動が、結果的に悲劇となってしまうのです。 さらに大型犬の場合、例え飛びつかなくても、犬が嫌いな人や、小さな犬からは、その存在だけで怖い犬扱いされてしまうこともあります。 たとえそれがゴールデンレトリバーだとしても、その大きな体で近づかれただけで恐怖を感じる人や小型犬もいるのです。 これも大型犬の宿命ですが、例えそれが人懐っこいゴールデンレトリバーでも例外ではないのです。 逆に、人懐っこいゴールデンレトリバーだからこそ、誰にでも、どんな犬にも近づいて行ってしまう可能性があるのです。 これはいずれも大型犬だからこそ起こしかねない悲劇です。 でももし、ゴールデンレトリバーを勝手に飛びつかせないように、勝手に近づこうとさせないように、あらかじめしつけておけば、そんな悲劇は確実に避けられます。 単にゴールデンレトリバーがかわいい犬だから、と小型の愛玩犬を飼うのと同じような感覚で飼う人に適切なしつけをしてもらうことが期待できるでしょうか。 ゴールデンレトリバーは大型犬です。 小型の愛玩犬を飼うような感覚で飼ってはいけない犬種なのです。 確かに性格的には愛玩犬的なところもあるけど、あの大きな体は小さな愛玩犬とは全く違うんだよ。 ゴールデンレトリバー、しつけをしなければ、とんでもない犬にもなるのです 何のしつけをしなくても、誰にでも従順でおとなしいゴールデンレトリバーも世の中にはいるでしょう。 しかし、そんなゴールデンレトリバーと巡り合った方は、とてもラッキーだと思ってください。 適切な飼い方・しつけ方ではない場合、ゴールデンレトリバーの天真爛漫な明るい性格が悪い方向に暴走してしまう場合も少なからずあるのです。 ここでいう適切ではない飼い方・しつけ方とは、ゴールデンレトリバーを小さな愛玩犬のように、室内を自由にさせて飼う、ということです。 (小さな愛玩犬はそれでいいというわけではありません) もちろん、基本的なしつけトレーニングがしっかりと出来ていれば、それでも問題ないでしょう。 でも、なんのしつけもせずに、子犬として迎えた時からいきなり室内で自由にさせているケースがゴールデンレトリバーの場合は多いように感じます。 その結果、ゴールデンレトリバーがその家で一番、つまりリーダー格になってしまうのです。 そんなゴールデンレトリバーは吠えたり、また自分の意に沿わないことをされた場合には家族にも噛む、という行動を起こすようになってしまいます。 逆に家族を守ろうとする本能も強くなるので、近づく人や犬、何かの気配にすぐに吠えるようになったり、攻撃的な行動をするようにもなりかねません。 また、自分の意に沿わないことをされると瞬間的に攻撃的な行動が出てしまうこともあるのです。 そういう行動を取る犬は、その行動がエスカレートしてくると例え飼い主にでも、そういう行動を起こす可能性は十分あります。 しかし、飼い主にはそうしなくても、周りの人に噛んだりするようになったら、どうでしょう。 体の大きさだけでも、恐怖を感じさせるような大型犬が、本当に噛むというような行動をしたら、それこそ大変な問題犬となってしまいます。 ゴールデンレトリバーをそんな犬には決してさせたくない、ゴールデンレトリバーを愛する人であれば、絶対にそう思うと思います。 ゴールデンレトリバーに限らず、大型犬には適切な飼育環境を作り、しっかりとしつけトレーニングをすることは飼い主となる人間の義務だと私たちは考えています。 大きな犬は、適切な飼い方としつけ方をすることが飼い主の義務だと僕は思っている。 ゴールデンレトリバーだからと言って、決して例外ではないんだよ。 ゴールデンレトリバーは良く吠える犬も多い犬種です ゴールデンレトリバーは吠えない犬種というようなことを書いたあるサイトもどこかで見かけました。 あまり吠えないゴールデンレトリバーもいるでしょう。 しかし、実際には、吠える、それもかなりの勢いで吠えまくるゴールデンレトリバーも多いのが現実です。 これも「」」のページでご紹介していますが、私の身近にもそんな吠えるゴールデンレトリバーの例が2つありあす。 ひとつは犬の散歩をしていて、そのゴールデンレトリバーと出会い、こちらの犬を見かけたとたんに少し距離があったとしても、ものすごい勢いで吠えてくる、というゴールデンレトリバーがいます。 そのゴールデンレトリバーの視界から外れるまで、猛烈に吠えています。 また通りに面したところに外飼いされているゴールデンレトリバーが近くにいます。 (飼い方自体が問題だと思いますが…) その犬は犬を連れて前を通ったらもちろんですが、車や自転車でその家の前を通るたびに、鎖が切れるのではないか、と心配になるぐらい大暴れしながら猛烈に吠えてきます。 ゴールデンレトリバーは、決して吠えにくい犬種ではないのです。 むしろ吠えるゴールデンレトリバーはけっこう多く、大型犬だけに、その吠え方も半端ではありません。 ゴールデンレトリバーは吠えないなんてことを鵜呑みにしたら、大きく期待を裏切られることにもなりかねないということを知ってほしいと思います。 ただし、「吠える」、また「噛む」という問題を起こすゴールデンレトリバーは、飼い方・しつけ方に加えて、人気犬種ゆえの「ブリーダーの問題」がある場合も少なからずあるでしょう。 具多的に言えば、ゴールデンレトリバーの先天的な性格に問題がある場合です。 その場合は、より飼い方・しつけ方の影響を強く受けやすくなります。 やはり、どこのブリーダーで育ったゴールデンレトリバーなのか、ということも重要な要素になるでしょう。 そうだよ。 実際けっこう吠えるゴールデンレトリバーも多いからね。 ゴールデンレトリバーを庭に放し飼いにすれば簡単に番犬になる 一般的に、犬は広い庭に放し飼いにするのが、最も犬のために理想的だと考えていらっしゃる方もいるようです。 しかし、それはほとんどの犬にとって間違っているでしょう。 逆に犬を番犬にしたいのであれば、庭に放し飼いにするのが最も簡単で確実な方法です。 放し飼いにしなくても、前述の吠えるゴールデンレトリーバーのように外飼いにすれば、番犬になりやすいのです。 でも誤解しないでください。 番犬にされることは、犬にとって大きなストレスとなります。 私たちは、犬を番犬として飼うことには反対の立場です。 かわいい犬を番犬になんかしないでほしい、家族として一緒に室内で暮らすよういしてほしい、という立場です。 犬は自分が自由に動けるスペースを自分のテリトリーと認識していきます。 庭を自由にできれば、庭は自分のテリトリーとなります。 テリトリーが出来れば、そこを守ろうとするのが犬の本能です。 その結果、庭に近づく人や犬に常に警戒し、近づくものがあれば吠えて威嚇するようになります。 つまり番犬になるのです。 番犬になると、常に耳と目をアンテナとして休むことなく警戒します。 常にストレスがかかった状態で、本当の意味で休むことができない犬になってしまいます。 犬を外に放し飼いにすれば、ストレスがかからないどころか、大きなストレスを犬に常にかけることになってしまうのです。 かわいいゴールデンレトリバーをそんな風にさせたいと思いますでしょうか。 ゴールデンレトリバーは人間と触れ合うことでその良さを発揮してくれる犬です。 決して番犬になんかしてほしくない犬種なのです。 そのためにも、室内で飼ってほしいんだ。 大きなゴールデンレトリバーでも、適切にしつければ、室内でも問題なく飼えるんだからね。 ゴールデンレトリバーはお金のかかる犬種です 改めて確認しますが、ゴールデンレトリバーは大型犬です。 大型犬は、飼ってからのランニングコストがかかるのは、当然ですよね。 大きな犬なのでハウスも大きい物が必要になり、フードの量も小型犬とは比べものにならないほど、たくさんの量が必要です。 トイレシートも大きなものが必要で、1枚当たりの単価もかなり割高になります。 単に大きいというだけでも、小型犬に比べればそのランニングコストは何倍にも増えるでしょう。 さらに毛足の長いゴールデンレトリバーは手入れの面でもコストがかかります。 そして、特にゴールデンレトリバーの場合、毛足が長いので、普段のブラッシングなどお手入れが必要な犬種です。 もちろん、時間と労力をかければ自宅でもできます。 でも体も大きいので、飼い主さんが自分で行うのはかなり大変でしょう。 ではどうするか、トリミングショップなどに連れて行くことも必要です。 飼い主さんが手入れをしてくれない、トリミングショップへも連れて行ってくれないというゴールデンレトリバーは、爪も伸びて、汚れた被毛は毛玉だらけ、というとても可愛そうな状態になってしまいます。 従って、犬の手入れは面倒だからしたくない、犬にお金をかけたくない、という方にもゴールデンレトリバーはお勧めできません。 そんな方がゴールデンレトリバーを飼ったら、それこそ飼われたゴールデンレトリバーの悲劇です。 ゴールデンレトリバーを飼うには、適切な飼育環境としっかりとしたしつけトレーニングだけでなく、ゴールデンレトリバーを快適に育てていくための経費もそれなりに必要になってくるのです。 それにゴールデンレトリバーは毛足の長い犬種だから、手入れも結構大変なんだ。 ゴールデンレトリバーをお勧めする人 少し、厳しい内容になっていますが、ゴールデンレトリバーは本来とても素晴らしい犬種なので、それくらいの気持ちを持って、飼って欲しいという希望がかなり入っています。 もともととても陽気で人懐っこいゴールデンレトリバーですから、その良さを飼い主さんがしっかりと引き出して、素敵なパートナー犬に育てると共に、まわりの人たちからも愛される犬にしてほしいのです。 だから、それが出来る人にゴールデンレトリーバーはぜひ、人生のパートナーとして迎えてほしいのです。 そして、それはそんなに難しいことではありません。 だから、もし上に書いたようなゴールデンレトリバーをお勧めできない人に該当しても、ここで考えを改めていただき、大型犬を飼うという意識をもって、適切な飼い方と、基本的なしつけトレーニングはしっかりと行おうと思いなおしていただいた方には、ゴールデンレトリバーを飼ってほしいと思います。 ということでこんな方には、ぜひゴールデンレトリバーを飼って頂き、ゴールデンレトリバーの良さを十分に引き出してあげて、ご家族のみならず誰からも愛されるゴールデンレトリバーに育ててほしいということを書きたいと思います。 こんな方にはゴールデンレトリバーはお勧めの犬種です• ゴールデンレトリバーは大型犬という意識をもってそれにふさわしく育てようという人• 迎えたゴールデンレトリバーを誰からも愛される犬にするために、しっかりとしつけトレーニングを行おうと考える人• 犬のために、時間と費用が掛かるのは当然だと考えられる人 もっと細かく言えば、きりがないですが少なくとも、上にあげたような人には、ぜひゴールデンレトリバーを迎えていただき、まわりの方にも、ゴールデンレトリバーの良さをぜひ伝えてほしいと思います。 ゴールデンレトリバーは、天真爛漫、陽気でとても人懐っこい犬種です。 ぜひゴールデンレトリバーを飼うにふさわしい多くの方に、ゴールデンレトリバーを迎えてほしいと思います。 そういう人にはぜひ、ゴールデンレトリバーを飼ってほしいよね。

次の

ゴールデンレトリバーの子犬の値段や選び方は?里親やブリーダーから購入?しつけや寿命は?

ゴールデン レトリバー 赤ちゃん

小型犬が人気の日本では、近年 大型犬で人気のゴールデンレトリバーの ミックスの小型犬が人気を集めています。 あの大きな体が特徴の ゴールデンレトリバーの小型犬、 何だか想像できないですよね。 ただゴールデンレトリバーのミックス といっても種類は様々なので、 実際に飼ってみたら• 想像としてた容姿と違った• 小型犬ではなく 大型犬になってしまった という場合もあります。 事前に人気のゴールデンレトリバーの ミックスの小型犬や、小さくて可愛い 犬種をリサーチしておくことで、 希望している ゴールデンレトリバーの ミックス の小型犬を飼うことができます。 そこで今回は ゴールデンレトリバー のミックスの、特に小さくて可愛い 小型の種類をご紹介します。 ゴールデンレトリバーのミックスの主な3つの種類は? ゴールデンレトリバーのミックス の小型犬は多数いますが、中でも 小型犬で可愛いミックスの種類を いくつかご紹介します。 1.ミニチュアプードルとのミックス ゴールデンレトリバーとプードルの ミックス犬のことを、 ゴールデンドゥードルといいます。 プードルにも大きさがいくつかありますが、 中でもミニチュアプードルと ゴールデンレトリバーのミックスは、 比較的身体も小さく、飼いやすさ という 面で特に人気のミックス犬です。 ゴールデンレトリバーの端正な顔立ち と賢い表情を持ちながら、毛質や大きさが ミニチュアプードル寄りになることが 多いです。 また、その可愛い姿に 一目惚れしてしまう方も 少なくありません。 毛色や毛質は? ゴールデンレトリバーの毛色には ゴールド系とホワイト系があります。 ミニチュアプードルにはブラック、 ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、 カフェオレ、アプリコット、クリーム、 シルバー、シルバー・ベージュ、レッド などがあります。 そのため どの毛色の親犬を合わせるかで 毛色はまったく異なってきます。 また 被毛は柔らかく豊かな毛並みが 特徴的で、ミックス犬なので そのバリエーション豊かです。 お互いの中間で緩やかなウェーブが かかったり、ゴールデンのような ストレートで長毛の場合もあります。 ただどちらかというとミニチュアプードル の毛質のように、 カールが強い巻き毛に なることが多いようです。 また純粋なゴールデンレトリバーは 抜け毛が多いダブルコートですが、 ミニチュアプードルは抜け毛の少ない シングルコートです。 そのため 純粋なゴールデンレトリバー より抜け毛が少なくなるのも、 ゴールデンドゥードルの魅力の1つです。 サイズと性格は? 大型犬と小型犬のミックスなので サイズは一概には言えませんが、 平均で体高が約35~45センチ、 体重は約7~13キロ程になることが 多いようです。 ただあくまで小さめになるというだけで、 ゴールデンの血が強いと 大きめになる事 もあるでしょう。 性格については、 ゴールデンレトリバーとプードルは お互いに賢さを持っている犬種です。 人にとても従順で、しつけなども しやすい犬種として知られています。 そんな2つの良い遺伝子をもった ゴールデンドゥードルは、 高い知力だけでなく、 運動能力、体力を 兼ね備えている 頼もしい犬種です。 実際に人が大好きで非常に賢いので、 セラピー犬などの人間を助ける場で 活躍している犬種なんですよ。 値段は? ゴールデンレトリバーと ミニチュアプードルのミックスの相場は、 20万円~30万円程とされています。 ただ入手先によっても異なるので、 これ以上高額になる場合もあります。 またゴールデンレトリバーと ミニチュアプードルのミックスは、 基本的にペットショップでは購入 することは難しいでしょう。 そのため購入する際はブリーダーさん から購入するのが一般的です。 2.ダックスフンドとのミックス ゴールデンレトリバーとダックスフンド とのミックスも人気です。 ダックスフンドは顔だけ見ると 少しゴールデンレトリバーに似ており、 マズルが細く耳は大きく垂れており、 端正な顔立ちをしていますよね。 ゴールデンレトリバーとダックスフンド のこの顔立ちが好きという方も 多くいらっしゃいます。 この純血種を掛け合わせることで 端正な顔立ちにままに、 お互いの容姿や性格の良いとこ取り ができる、人気のミックス犬です。 毛色や毛質は? ダックスフンドの毛色は とてもバリエーションが豊富です。 レッド・クリーム・チョコレート などの単色から、ブラックタン・ チョコレートタンなどの2色や、 全体に斑のあるダップル、 虎のような縞柄のブリンドル などもあります。 さらに毛質もスムースヘアード、 ロングヘアード、ワイアーヘアード の3種類があります。 そのため どのような毛色と毛質になるかは 親犬の毛質で全く異なります。 サイズと性格は? サイズも一概には言えませんが、 平均で体高が約15~25cmセンチ、 体重は約7~15キロ程 になることが多いようです。 スタンダードなダックスフンドよりも 大きめになることが多いですが、 やや胴長で短足という可愛らしい特徴 が強く出るケースも多くあります。 ただゴールデンレトリバーに似て 大きくなるケースも珍しくありません。 性格については、狩猟犬として 改良されてきたダックスフンドは、 勇敢で好奇心旺盛な性格をしています。 明るく活発で友好的な子も多く、 家庭犬としては人気の小型犬ですが、 一方少し攻撃的で無駄吠えが 多い犬種でもあります。 そんな性格のダックスフンドと 賢くて攻撃性のないゴールデンレトリバー が合わさることによって、 見た目は ダックスフンドのようでも 性格は賢くて 温厚になることが多いようです。 値段は? ゴールデンレトリバーと ダックスフントのミックスの相場は、 10万円~30万円程です。 ただ入手先によっても異なるので、 これ以上高額になる場合もあります。 また購入方法については基本的には ペットショップでは販売していない ので、ブリーダーさんから購入する のが一般的です。 こちらにゴールデンレトリバーと ダックスのミックス犬の、 可愛らしい動画を見つけましたので 載せておきますね。 こののんびりな動きからも、 とっても穏やかな性格なのが 伝わってきますね。 3.コーギーとのミックス 胴長短足が魅力のコーギーと ゴールデンレトリバーのミックスも とても可愛いらしくておすすめです。 ぷりぷりとした大きなお尻と短い手足、 とびきりの笑顔が愛らしいコーギー。 その 可愛らしい表情と陽気な性格に 賢さが加わるなど、愛らしくて 魅力たっぷりのミックス犬です。 毛色や毛質は? コーギーの毛色には、赤茶のレッド、 セーブル、フォーン、ブルー、 ブラック&タン、さらに ブラック&タン&ホワイトの 3色からなるトライカラーもあります。 日本では単色にホワイトのマーキング が入っている子が多いですよね。 そのため日本で見るゴールデンレトリバーと コーギーのミックスは、多くが赤茶や ゴールド、固体によってはそこにホワイト の模様が入ることもあります。 また短毛と長毛のちょうど中間にあたる 「中毛」のコーギーですが、 ゴールデンレトリバーとミックスすると 中毛~長毛になることも多くあります。 サイズと性格は? ミックス犬なのでサイズは一概には 言えませんが、 平均で体高が 約30~45cmセンチ、 体重は約15~20キロ程 になることが多いでしょう。 スタンダードなコーギーの大きさ よりも少し大きめになることが多く 小型犬とはいきませんが、胴長で 短足という可愛らしい特徴が強く 出るケースもよくあります。 性格は、元々牧羊犬だったので、 人に従順で状況判断に優れており、 訓練されればしっかりと言う事を 聞く賢い犬種です。 明るく活発で友好的な子も多いですが、 一方少し攻撃的で無駄吠えが多い犬種 でもあります。 そんな性格のコーギーと賢くて攻撃性の ないゴールデンレトリバーが 合わさることによって、 陽気で明るい 性格はそのままに さらに賢く温厚な犬に なることが多いようです。 値段は? ゴールデンレトリバーと コーギーのミックスの相場は、 10万円~30万円程とされています。 ただ入手先によっても異なるので、 これ以上高額になる場合もあります。 また購入方法については基本的には ペットショップでは販売していない ので、ブリーダーさんから購入する のが一般的です。 ゴールデンレトリバーのミックスの小型犬は飼いやすい? ミックスする犬種によって様々な 特徴の出るゴールデンレトリバーと ミックスの小型犬。 ただ基本的には ゴールデンレトリバー自体が とても 穏やかで賢く、人に懐っこくて従順 な性格をしているので、 どのような犬種と 合わせても その優れた性格が 現れやすいです。 そのため大型犬の中でも特に ゴールデンレトリバーのミックスは、 家庭犬としてもとても飼いやすい といわれています。 「ゴールデンの性格が好きだけど 大型犬を飼うのは大変」と 思われている方にも、比較的 小さめに なる小型犬との ミックスはおすすめです。 また抜け毛が多いゴールデンレトリバー ですが、 スムースヘアーの犬種や シングルコートの犬種とミックスする ことで、抜け毛が少なくなる事も 期待できます。 純粋血の良いとこ取りができる点は、 ミックス犬の魅力の1つといえます。 ゴールデンレトリバーのミックスは販売しているの? 最近のミックス犬ブームもあり、 純血種のみならず様々なミックス犬を 販売しているペットショップも ありますよね。 まれなケースではありますが、 もし希望するゴールデンレトリバーの ミックスに奇跡的に出会えたら、 そこで購入することは可能でしょう。 大きなペットショップだと全国から 希望のわんちゃんを探してくれる ところもありますので、 店員さんに聞いてみるのも方法です。 ブリーダーさんなら親犬の特徴を 見ることもでき、 将来の色や容姿を ある程度想像することもできますよね。 ブリーダーさんによっては希望の子が 生まれるまで待つこともできます。 ゴールデンレトリバーのミックスは里親募集している? ゴールデンレトリバーのミックスの 里親の募集は、行っている時と 行ってない時があります。 こちらにも里親募集のサイトを 載せておきますね。 ゴールデンレトリバーのミックスの小型犬のデメリットは? ゴールデンレトリバーのミックスの 小型犬のデメリットは、 将来の大きさや 容姿が 子犬の頃は分からないという点です。 ミックス犬は一緒に生まれた兄弟でも 全く容姿が異なることもあるので、 小型犬とミックスしたからといって 確実に小型犬になるとも限りません。 ましてペットショップや親犬が見えない ところで購入した場合には、 ミックスした親犬の特徴が分からず、 ある程度の容姿の想像もできません。 また、血統書が付かないという点も デメリットとしてあげられます。 いくら純血種と純血種のミックス犬 だとしても、 混血種の犬には血統書 が付きません。 しかし、血統書がないからといって 家庭犬として飼う分には何の 支障もありません。 ゴールデンレトリバーのミックスの大型と小型の違いとは? ゴールデンレトリバーのミックスの 大型と小型の違いは、大きく分けて 2タイプに分かれます。 1つはミックスした犬種の大きさで、 もう1つはゴールデンレトリバーの 遺伝の強さの違いでも変わります。 ダックスフンドやミニチュアプードル のような小型犬とミックスすれば、 小型犬になる確率は高くなります。 それに比べて コーギーとゴールデンレトリバーの ミックスは、 小型犬ではなく中型犬 よりになる傾向があります。 スタンダードプードルやシェパード とミックスすると、 もちろん大型犬になります。 まとめ いかがでしたか? 今回はゴールデンレトリバーの ミックスの、特に小さくて可愛い 小型の種類をご紹介してきました。 ゴールデンレトリバーのミックスの小型まとめ• 特にお勧めのミックスの小型は ・ミニチュアプードルとの ミックス ・ダックスフンドとの ミックス ・コーギーとのミックス• ゴールデンレトリバーの ミックスの小型犬は 飼いやすい• 購入は基本的にはブリーダーから• ゴールデンレトリバーの ミックスを 里親募集していることもある• ゴールデンレトリバーのミックス のデメリットは、 ・将来の大きさや容姿が 分からない ・血統書が付かない• ただ基本的にはとても賢くて人懐っこい ゴールデンレトリバー、ミックス犬でも その良さが出てとても飼いやすい犬種に なるかと思います。 事前にゴールデンレトリバーのミックス の小型犬でも特に小さくて可愛い犬種を リサーチして、自分の希望に一番近い ゴールデンレトリバーのミックスの 小型犬を見つけられるといいですね。 こちらでは、ゴールデンレトリバーと ラブラドールレトリバーのミックス についてご紹介しています。 性格や値段についても 詳しくご紹介していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね。

次の