ソフトバンク ショート メール 料金。 SMSでのやりとりを節約するのは難しい

ソフトバンクを騙る新型コロナ料金返金悪質メール: 迷惑メール一覧

ソフトバンク ショート メール 料金

これまで使っていたキャリアを解約し、iPhoneで格安SIM生活をスタート! 毎月の携帯にかかる費用が劇的に安くなり、ありがたいことこの上なし……なのですが、少々手こずった点がありました。 それは、「キャリアメール使えない問題」です。 キャリアメールは、携帯電話会社が発行するメールアドレスのことです。 キャリアを解約したので、キャリアメールは使えなくなりました。 でも、私が契約した格安SIMのプランにはSMS(ショートメッセージサービス)が付いているので、今後はSMSを使えばいいのです。 ここまでは想定内でした。 では何が想定外だったかというと……相手からのSMSは届くのに、自分からは送信できないという事態に陥ったこと。 ちゃんと設定もできているのに、なぜ? 目次• SMSでメッセージが送信できない このように、SMSでメッセージを送信すると、「未配信」および「!」のエラー表示が出てしまいます。 相手からは届くのに、自分からは送れない。 なぜこのような事態が生じるのか原因を調べてみたら、実にシンプルな原因が発覚しました。 SMSで送信できる文字数は機種ごとに異なる 実は、今までキャリアごとにSMSで1回に送信できる文字数は異なっていました。 最近すべてのキャリアでサービス仕様が変わり、最大で全角670文字を送信できるようになったのです。 ただし、この文字数は使用する機種ごとに異なります。 670文字送信できない機種は、1回あたり70文字までですので、この数字はSMSでやり取りする際に意識しておいた方が良いかもしれません。 というわけで、全角70文字以内の文章で送り直してみたところ、 ……無事に送信できました! SMSでは「件名」と「画像」にも注意! 実は注意点はまだあります。 友人に短い文章を送った際にも「未送信」のエラーが出たのですが、このときの原因は「件名」を入れたことでした。 SMSを送る場合、「半角70文字以内」に加えて、「件名を入れない」「画像を添付しない」も守る必要があるのです。 このルールを破ると、相手のメールアドレスを知っている場合は自動的にキャリアメールに切り替えられて送信されますが、私の場合はキャリア解約後で当然キャリアメールは使えないため、送信エラーとなったわけです。 一度知ればどうってことないルールなのですが、これを知らずに利用すると何かしらの不具合ではないかとびっくりしてしまいますよね。 「件名」は非表示にもできる ただ、エラーを防ぐ工夫もできます。 「設定」>「メッセージ」>「件名欄を表示」をOFFにすると、件名欄を非表示にできるのです。 いっそ非表示にしておけば、誤って件名を入力することも防げますよね。 また、「設定」>「メッセージ」>「文字数」をONにして、文字数を表示させることで、文字数オーバー対策も可能です。 LINE全盛の昨今、SMSはほとんど使わないという人も多いでしょう。 とはいえ、私もそうですが「仕事の連絡などではショートメッセージを使う」という人も決して少なくないと思います。 格安SIMでもSMSはちゃんと使えるので、文字数などルールに注意しつつ活用していきたいですね! 格安SIMでSMSを利用するなら契約プランに注意! 格安SIMでSMSを利用する場合は、音声通話SIMもしくはデータSIMのSMS付きプランを選びましょう。 それぞれの料金は以下のページよりご確認ください。

次の

ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間の最大送信文字数拡張のご案内

ソフトバンク ショート メール 料金

LINEモバイル ラインモバイル では、SMS ショートメール 機能が使えます。 格安SIM MVNO によっては、SMSが使えないところもあるようですが、LINEモバイル ラインモバイル では追加料金は必要なケースもありますが、SMSもちゃんと使えるんです。 追加料金とはいいつつ、SMSの方が最初の事務手数料が安くなることで、2年間追加料金を払っても合計でわずか720円しか変わらないんです。 せっかく月額料金を1円でも安くしようと格安SIM MVNO にするのに、できるだけ意味のない追加料金や1通あたりにかかる料金など余計なコストは払いたくないものです。 「じゃあ、LINEモバイルで、SMSって付けといたほうがいいの??」 と、すごく悩んだんですが、結論としては、 SMSは付けたほうがいいです。 というのは、SNSやGmailなどの様々なWebサービスで認証に使われています。 なので、絶対にSMSがないと不便なケースが起きると思います。 今回は、そんなLINEモバイル ラインモバイル でのSMS ショートメール 機能や、なぜSMSをみんなつけるのかなどを解説していきたいと思います。 Contents• LINEモバイルでもSMSは利用できる? ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリア MNO では、当たり前のものとしてSMSが使えますよね。 特に申し込みをした記憶も、オプションを付けた覚えもないですが、当たり前のようにSMSが使えます。 「え?SMSが使えるのって、スマホで電話が使えるのと同じくらい当たり前じゃないの??」 という方、多いと思いますが、実はそんなことありません。 多くの格安スマホ MVNO では、オプションだったり、そもそも使えなかったりするのです。 かくいうLINEモバイル ラインモバイル も例外ではなく、もちろんSMSは使うことができますが、やはり場合によっては追加料金が必要になります。 もう少し、 LINEモバイルのSMSサービスについて、詳しく解説していきます。 SMSの利用条件 LINEモバイル ラインモバイル では、全ての料金プランでSMSが利用可能です。 ただし、SIMのタイプや料金プランによって、オプション料金がかかることもあります。 音声SIMは、電話が使えるため、SMSも無料で利用でき、オプションの申し込みはは不要です。 一方、電話の使えないデータSIMでも、基本的には、無料で利用できます。 データSIMでも、オプションの申し込みは不要です。 ただし、注意が必要なのは、LINEフリープラン 1GB のデータSIMです。 LINEフリープラン 1GB のデータSIMのみ、オプション料金の月額120円がかかります。 このLINEフリープラン 1GB のデータSIMは、オプションの申し込みが必要になります。 SMSの利用料金 LINEフリープラン 1GB のデータSIM以外は、音声SIMであろうと、データSIMであろうと、SMSの月額料金はかかりません。 ですが、この無料なのは、あくまでも月額料金なのです。 月額料金が無料または有料にかかわらず、SMSの利用料金が別途かかります。 SMSの受信料 SMSの受信料は国内・海外問わず無料です。 海外に行くと、SMSを受信するだけでも高額な利用料を取られるイメージがあるかもしれませんが、SMSは受信するだけなら無料です。 SMSの送信料 一方でSMSの送信した場合は、利用する場所やメッセージの長さに応じて、利用料金がかかります。 具体的には、• かなり開きがあるのですが、これはメッセージの長さによるものです。 もう少し具体的にみていくと、国内から国内、海外から国内にSMSを送った場合の利用料は、• また、国内から海外、海外から海外にSMSを送った場合の利用料は、• 国内向けにSMSを送るのであれば最大でも一通30円で済むのですが、海外向けにSMSを送ると、利用料金は国内向けの10倍以上です。 「でも、海外に送らないから、そんなに気にしなくてもいいんじゃないのかな・・・」 と思うかもれませんが、ちょっとした落とし穴もあります。 先日、わたしが実際に体験したことなのですが、なんか料金明細をみてSMSが高いなと思ったら、SMSを送った友人が、たまたま海外出張に行っていたんです! そうした場合、LINEモバイルだと、たかだか100文字のSMSを10回を送っただけでも、SMSの利用料が1,000円になってしまいます。 たしかに、LINEフリープラン 1GB のデータSIM以外のプランでは、SMSの月額料金は無料です。 でも、ちょっと見逃しがちなのがSMSの利用料金ですね。 とはいいつつ、そんなにめちゃくちゃ使いまくる人は、LINEを使えばいいので、海外での使用さえ注意しておけば、そんなに利用料金が大きくなることはめったにないかと思います。 注意点 LINEフリープラン 1GB のデータSIMに限った話なのですが、 「とりあえずSMSを申し込みしなくても、あとで必要だったら付けたらいいや」 と思われるかもしれません。 でも、ここに注意点があります。 じつは、LINEモバイル ラインモバイル では、SMSを付け外しするには、契約をし直さないと途中で変更ができないんです。 それは、• SMSを契約する• SMSを解約する というどちらの変更についても、同様で最初から契約が必要になります。 その際、解約料こそ免除はされますが、事務手数料は再度請求されるので、余計なこすとが意外と発生してしまいます。 LINEフリープラン 1GB のデータSIMのSMSは、留守電などのオプションのように、気軽に付け外しできない点には注意しましょう。 LINEモバイルでSMSは必要?不要? 最近は、LINEやFacebookのメッセンジャーなど、SMSを使わなくても気軽にメッセージのやり取りができるツールが広がっています。 なので、SMSなんていらいないと思われがちですが、実はそんなことありません。 LINEフリープラン 1GB のデータSIMに契約する際でも、SMSは付けておいた方が良いです! ここでは、なぜSMSを付けておいた方が良いのかの理由について、詳しく説明していきたいと思います。 LINE以外の連絡手段に使える スマホにメッセージを送れる点はLINEと同じですが、SMSがあると、• LINEを教えたくない仕事上の人にもメッセージを送れる• 電話番号しか知らない相手にもメッセージを送れる といった点が便利です。 仕事で知り合った方の電話番号をスマホに登録したら、LINE上に普段と違うハメを外したアイコン写真が出てきて引いてしまった、という話も時々聞きます。 また、SMSを受信すると必ず着信音やバイブが鳴るので、LINEよりもメッセージに気づきやすい点も、仕事上の連絡手段として使える点だと思います。 プライベート用と仕事用の連絡手段は分けておきたい、という方にはSMSがあると良いかと思います。 先日大阪に出張した際に、Airbnbを利用してみたんですが、宿を予約した後の連絡手段が、なんとSMSなんです。 SMSが無かったら、諸々の登録をしてようやく予約を取った後に、ホストと連絡が取れないということになるところでした。 普段あまり使うことのないSMSですが、どこかのタイミングで使わないとも限らないので、念のための連絡手段として持っておくと意外なところで威力を発揮します。 SNSやGmailなどの本人認証に使える SMSは、FacebookやGmailで新規アカウントを登録したり、LINEのアカウントの引き継ぎに利用します。 SMSがなくても、• 普段ドコモなどのキャリアメールのアドレスを使っているけど、それ以外のアドレスを持っていないという方は、格安スマホに乗り替えるとメールアドレスがなくなってしまいます。 そういう方でも、SMSが利用できれば、本人認証が行えるので、メールアドレスを新しく作らなくてもFacebook、Twitter、Instagramが利用できるということになります。 月額料金が節約できるので、LINEフリープラン 1GB のデータSIMをタブレットで利用される方は、SMSを外しておいても良いかもしれません。 ただその場合も、一度SMSなしのプランにすると、SMSありのプランに変更するには、事務手数料がかかってくるので気を付けましょう。 LINEモバイルでSMS付きSIMがおすすめな4つの理由 LINEモバイル ラインモバイル で、LINEフリープラン 1GB のデータSIMを使うなら、SMS付きSIMがおすすめです。 たしかに、SMSは、全員が全員どうしてもなくてはならないもの、という訳ではありません。 でも、SMSを付けておくと後々便利になることが結構あります。 LINEモバイル ラインモバイル のLINEフリープラン 1GB のデータSIMでは、SMS付きがおすすめな理由について、解説していきます。 SMS付きSIMの方が実は安い LINEフリープラン 1GB のデータSIMにおいては、SMSを付けると月額料金が120円割高になります。 ところが、Amazonで購入できる「エントリーパッケージ」というものを使うと、データSIM SMSあり の方が、データSIM SMSなし よりも、事務手数料が安くなるんです! ! 通常、LINEモバイル ラインモバイル に契約すると事務手数料3,240円がかかります。 でも、Amazonでエントリーパッケージを990円で購入してから、LINEモバイル ラインモバイル に申し込むと、事務手数料が無料にできます!• ところが、このエントリーパッケージは、LINEフリープランのデータSIM SMSあり では使えますが、データSIM SMSなし では利用できません。 つまり、LINEフリープラン 1GB のデータSIMにおいては、• SMSの月額料金:SMSありプランの方がSMSなしプランよりも、120円高い• 事務手数料:SMSありプランの方がSMSなしプランよりも、2,250円分安い ということになります。 LINEフリープラン 1GB のデータSIMでは、SMSの観点から見ると、SMSありプランの方がSMSなしプランより、月額120円割高です。 しかし、事務手数料の観点から見ると、SMSありプランの方がSMSなしプランより、2,250円割安になるんです。 ようするに、エントリーパッケージを利用してLINEフリープランのデータSIM SMSあり を契約すると、なんと、SMSを18ヶ月分無料に使えるのと同じことになるんです。 もちろん、解約せずに、ずっとLINEフリープランのデータSIM SMSあり を持ち続けると、その分SMSの月額料金はかさんできます。 でも、2年使ったとしても、LINEフリープランのデータSIMでは、SMSありプランはSMSなしプランに比べて、720円割高になるだけです。 エントリーパッケージを利用すれば、実はLINEフリープランのデータSIM SMSあり はそれほど高くはないんです。 SNSやGmailなどのセキュリティが向上 LINEの引き継ぎや新規登録はFacebookによる認証も可能ですが、SMSを利用することで、セキュリティを向上させることが出来ます。 一時期LINEのアカウントに不正アクセスされて、知り合いに勝手にメッセージが送られる「LINEの乗っ取り」が話題になりました。 簡単なパスワードを設定してたため、コンピューターでパスワードが破られてアカウントが乗っ取られてしまった訳です。 SMSを利用すれば、• スマホのSMSに認証コードが送られてくる• 認証コードを打ち込んでログインする という流れで、二段階認証が行えます。 二段階認証をしておけば、セキュリティ強化のため複雑なパスワードを設定してパスワードを忘れてしまった、ということも防げます。 SMSは自分の持っているスマホでしか受信できないので、誰かが不正ログインしようとしても、スマホを盗まれない限り、アカウントは乗っ取られません。 個人情報を守ったり、知り合いに迷惑をかけないためにも、SMSでセキュリティを強化しておくのがおすすめです。 SNSやGmailなどのアカウントロックが解除可能 FacebookやGmail、Twitter、Instagram、LINEなどを利用していると、急になぜかアカウントがロックされてしまうことがあります。 どういう場合にアカウントがロックされるのかというのは明らかではないのですが、 複数のアカウントを作成した場合に、一時的にアカウントの利用制限がかかることがあるようです。 アカウントがロックされた時に、SMSで本人認証を行えば一発で利用制限が解除できます。 SMSがなくても、時間を置いたり、履歴を削除したりするなど、アカウントロック解除のための方法はあるようですが、アカウントロックが解除できない場合もあるみたいです。 SMSをケチったばかりに、FacebookやGmail、Twitter、Instagram、LINEのアカウントが使えなくなるのは、結構勿体ないですよね。 LINEOutで番号通知発信が可能 LINEモバイル ラインモバイル は通話のかけ放題サービスがないので、通話料が割高になります。 ところが、LINEアプリのサービスで、LINEOutと言う月額無料の通話アプリを使えば、LINEモバイル ラインモバイル でも通話料を安くできます! LINEOutは、• 3分以内の通話なら通話料は無料• 3分以降も固定電話の場合、通話料は1分3円 と、通話料が格安で電話をかけられるサービスです。 LINEOutはデータSIM SMSなし の場合、非通知設定でしか電話をかけられませんが、データSIM SMSあり であれば、電話番号を通知して発信することができます。 データSIM SMSあり でも電話番号を通知して、音声SIMと同じように電話がかけられ、しかも通話料が安くなるのはありたいですね。。 LINEモバイルだけの限定サービス 最後に、LINEモバイル ラインモバイル だけの限定サービスについて紹介していきたいと思います。 LINEフリープラン 1GB では、たしかにSMSはオプションサービスで有料なのですが、SMSなしのプランでも、LINEを簡単に利用し始められるという特徴があります。 通常、格安スマホでデータSIM SMSなし を利用すると、LINEを利用するのにFacebook認証が必要です。 Facebookのアカウントを持っていない方は、わざわざLINEを使うのにFacebookのアカウントを作らないといけません。 ところが、LINEフリープランなら、データSIM SMSなし でも、Facebook認証を使わずにLINEを使い始めることができます。 その方法を解説していきたいと思います。 データSIM SMSなし でLINEにログインする LINEフリープランのデータSIM SMSなし で契約して、SIMが手元に届いたらLINEをインストールして、メールアドレスとパスワードを入力します。 SMSで本人認証をする すると上記のようにSMSによる認証を求められます。 他の格安スマホだと、データSIM SMSなし では、Facebookアカウントを作らないとLINEにログインすることが出来ません。 ところが、LINEフリープランの場合、データSIM SMSなし でも、SMS認証を行われるため、SMSがなくてもLINEにログインすることが出来ます。 データSIM SMSなし でも、LINEのアカウントの引き継ぎが簡単にできるのは便利ですね。 まとめ 今回は、LINEモバイルってSMS機能 ショートメール は使えるのかから、SMSが使えるとどんないいことがあるのかなどを解説してきました。 SMSは海外では結構みんな使っている機能なのですが、日本では長らく普及してきませんでした。 そういうしているうちに、LINEなどのメッセージアプリが出てきて、さらに廃れるかと思いきや、セキュリティの認証などで需要が復活しています。 たしかに、なかったらものすごーく不便ということはありませんが、SMSをつけることで便利になることも意外と多いんですよ!.

次の

ソフトバンクからドコモへのショートメール送信の料金が一ヶ月 ¥5000くらいに...

ソフトバンク ショート メール 料金

ワイモバイルでは、SMS ショートメッセージ が 月額料金は無料、 受信料は無料、 送信料は1通3円で利用することができます。 ワイモバイルでSMSを利用するのに 申込は不要で、契約すれば、どなたでもSMSは使えます。 他の格安SIMのデータSIMでは、SMSを利用するのに月額料金が発生するところもありますが、 ワイモバイルは料金プランや機種に関係なく、SMSが月額無料で利用できるので安心です! ワイモバイルのSMS ショートメッセージ の料金で気をつけたいのが、送信料が有料な点です。 国内だと1通3円ですが、 海外にいる方にSMSを送ったり、海外からSMSを送ると、 1通100円と、通常の何十倍もの送信料がかかることになります。 LINEやFacebookなどでメッセージを送る場合、送信料は無料が当たり前ですが、SMS ショートメッセージ は1通毎に送信料がかかるので注意が必要です。 そんなワイモバイルのSMS ショートメッセージ の料金について、詳しく解説していきたいと思います。 Contents• ワイモバイルのSMSの利用料は? ワイモバイル Ymobile のSMSの利用料は、 月額料金は無料、 受信料も無料ですが、 送信料は1通3円となっています。 ただし、PHSでは送信料は無料という例外もあるので、以下で詳しく確認していきたいと思います。 OCNモバイルONEや楽天モバイルなど格安SIMのデータSIMでは、SMSで月額料金が120円ほどかかるものもあります。 ワイモバイル Ymobile では、スマホ、ガラケー、タブレットで利用できるすべてのプランで、SMS ショートメッセージ が利用できます。 そのため、SMS ショートメッセージ を利用するに当たって、プラン選びで迷うことはないので、安心してください。 受信料 ワイモバイル Ymobile の SMS ショートメッセージ の受信料は無料です。 SMS ショートメッセージ は、インターネット回線ではなく、電話回線を通してメッセージを受け取ります。 そのため、速度制限を受けて、ネットになかなか繋がらない状態であっても、SMS ショートメッセージ は問題なく受け取ることができます。 「SMSって送信、受信どっちが無料なんだっけ?」と分からなくなることがあるかもしれませんが、受信料が無料になります。 電話を受けるのに通話料がかからないのと同じく、SMSも受信料は無料と考えればよいと思います。 携帯電話会社からSMSのお知らせが届くことがありますが、受信料が取られてしまってはたまりませんよね。 SMSの受信料は全プラン、何度受信しても無料です。 送信料 ワイモバイル Ymobile では、 SMS ショートメッセージ の送信料は1通3円になります。 ただ、PHS回線同士のSMS ショートメッセージ に限っては、送信料は無料になります。 送信先:全回線• 送信元:PHS回線• 送信先:PHS回線以外• 送信元:PHS回線• 送信先:PHS回線• 送信料金: 無料 つまり、SMSの送信料は基本的に1通3円だけど、 PHS同士でのSMSに限り無料になるということになります。 ただし、PHSはオンラインストアでは既に販売終了になっていて、これからワイモバイルに契約される方は、全機種1通3円のSMS送信料が発生します。 ワイモバイルではSMSの送信文字数は、全角70文字、半角160文字までとなっており、 文字数に関係なく送信料は1通3円です。 文字数超過の場合は、送信エラーとなって送れません。 送信エラーとなってメッセージが送信できなかった場合については、SMS送信料は発生しないので安心してください。 ワイモバイルのMMSの利用料は? MMSとは、マルチメディアメッセージングサービス Multimedia Messaging Service の略で、いわゆるキャリアメールのことです。 ドコモだと、 docomo. jpのメールアドレスが、キャリアメールに当たります。 ワイモバイル Ymobile では、キャリアメールとして、「xxx ymobile. jp」のメールアドレスを使うことができます。 ワイモバイル Ymobile のMMS キャリアメール は、 月額料金、受信料、送信料はすべて無料となっています。 MMS キャリアメール は、SMSのように、どこ宛だと有料、どこ宛だと無料といったことはないので、安心して利用することができます。 格安SIMで、MMS キャリアメール が使えるのは、ワイモバイルとUQモバイルだけです。 UQモバイルではキャリアメールが月額200円発生するので、 ワイモバイルは MMS キャリアメール が月額無料で利用できる唯一の格安SIMなんです。 MMS キャリアメール が利用できると、ガラケー宛にもメールを送ることができるので、ガラケーユーザーとの連絡が多い方にはメリットがあります! ワイモバイルのSMSの海外での利用料は? ワイモバイル Ymobile のSMSは、海外でも、 申込不要、月額料金無料で利用することができます。 また、国内同様、海外でも、SMSの 受信料は無料となります。 一方、海外におけるSMS送信料については、国内と異なる料金になっているので注意が必要です。 海外でのSMSの送信料は、以下のように利用する機種によって変わってきます。 つまり、 スマートフォン(対象機種2)であっても、 国際SMSの送信料が1通10円になるのは、国内から海外へSMSを送信した場合のみで、 海外からSMSを送る場合は1通100円になるので注意しましょう。 国際SMSの受信料については無料ですが、 メッセージを送ってくれた相手側に1通100円の送信料がかかることになってしまいます。 相手に迷惑をかけないためにも、海外に行く際は、こちらからSMSを送信する場合以外は、SMSをOFFにしておく方が親切かもしれません。 ワイモバイルのMMSの海外での利用料は? 続いて、ワイモバイル Ymobile のMMS キャリアメール を海外で利用する場合の料金について、見ていきたいと思います。 海外でMMSを送信する場合、 申込不要、 月額料金無料で使うことができます。 また、 受信料も無料です。 ワイモバイル Ymobile のMMS キャリアメール は、国内から海外向けにメッセージを送る場合と、海外からメッセージを送る場合で以下のように送信料が変わります。 国内から海外に送信する場合 国内から海外に向けて、MMS キャリアメール を送信する場合は、以下の送信料になります。 目安としては、1. 5KBで全角250字程度になります。 また、スマホで撮った写真を1枚添付するだけで、300KBは簡単に超えてしまいます。 海外宛にMMSでメッセージを送る場合は、非常に割高になるので、気をつけましょう。 添付ファイル1通メールするだけで25MBくらいいくこともありますが、 25MBで51,199円ととんでもない金額がかかってしまいます。 ウェブ通信料を抑えるためには、 海外パケットし放題に加入します。 海外パケットし放題に加入すると、• スマホを利用していると、データ使用量が25MBというのはあっという間なので、海外に行かれる際は海外パケットし放題に確実に加入しておくようにしましょう。 海外パケットし放題に加入するには、• 世界対応ケータイの申込 無料• 海外パケットし放題の設定 の2ステップで行います。 My Y! 「サービスを探す」をタップします。 「世界対応ケータイ」をタップします。 STREAM Sの場合は「国際ローミング」をタップします。 」とあるので、国際MMSを利用する場合は、で詳細を確認しておくようにしましょう。 国際SMSと比べると、国際MMSは、1通ごとの送信料だけでなく、国際ローミングでのパケット料金が発生する分、割高になっています。 1通100円のSMSと違って、MMSで写真を送信しただけで、数万円の請求がくることもあるので、MMSを利用する場合はもちろん、海外でネットを利用する際は、 パケットし放題には確実に加入しておくようにしましょう。 ワイモバイルのSMSの利用料の注意点 最後に、ワイモバイル Ymobile のSMS ショートメッセージ の利用料の注意点について、解説させていただきます。 やはり、SMSで気になるところは1通3円の送信料についてだと思います。 結論としては、 ワイモバイル Ymobile のSMSの送信料が無料になるのは、PHS同士に限られるのですが、こんなケースではどうなのというところを詳しく確認していきたいと思います。 ワイモバイル同士でもSMSは有料 ワイモバイルユーザー同士であっても、SMSの送信料は、1通3円発生するので気をつけてください。 ソフトバンクユーザー同士だと、SMSの送信料が無料になるということもあり、勘違いしやすくなっているので、注意しましょう。 ワイモバイルの通話定額に加入してもSMSは有料 ワイモバイル Ymobile では、「スーパー誰とでも定額」という通話時間・回数ともに無制限に、通話料が無料になる通話定額サービスがあります。 ですが、残念ながら、ワイモバイル Ymobile のSMS ショートメッセージ は、 通話定額に加入していても送信料は1通3円が発生します。 My Y! mobileで確認できる明細の内訳を見ると、「通話料・SMS 国内 」という中に、• 音声通話料 国内• 他社通信提供サービス通話料 国内• SMS 国内 となっています。 通話もSMSも電話回線を利用しているという点では同じです。 残念ながら、ワイモバイルではPHS同士を除いて、SMSの送信料は無料になりません。 1通3円とはいえ、何十通も送っていると、それなりな金額になってきます。 たくさんのメッセージのやり取りをする場合は、LINEやPCメールなどを利用する方がオススメです。 まとめ ワイモバイル Ymobile のSMS ショートメッセージ は、 月額料金は無料、 受信料は無料、 送信料は1通3円で利用することができます。 また、ワイモバイル Ymobile のSMSは 申込不要で利用できます。 ワイモバイルのSMSはこのプランだから使えないことはないので、SMSを利用するに当たって、プラン選びに迷うことはありません。 他の格安SIMでは、データSIMで契約をすると、SMSを付けるのに月額120円ほど追加料金がかかるところも多いです。 SMS ショートメッセージ は、LINEやGmailを利用する際の本人確認や、電話番号だけで手軽にメッセージを送る際に利用できますが、そこまで頻繁に利用しないという方も多いと思います。 そんなSMS ショートメッセージ に、月額120円、年間に1,500円程度の支払いをするのは、ちょっともったいないです。 ワイモバイル Ymobile なら、 SMS ショートメッセージ は、全プラン、全機種で月額無料で利用できるので、安心してください!.

次の