サンク コスト 恋愛。 手間暇かけて!「サンクコスト」であなたの価値を高める恋愛テクニック

コンコルドの事例に学ぶ!サンクコスト(埋没費用効果)とは?「Sunk costバイアス」を活用している商売手法と合わせて解説。

サンク コスト 恋愛

こんにちは。 スギムーです。 () 「今までやってきたことが無駄になる」 「今までやらなかったのに今更やるなんて」 「せっかくお金を払ったのだからもったいない」 といったことはよくありますよね。 起業をしたいと相談を受けた時、よくあることが、 「何がしたいかわからない」「得意なことが特にない」といったことです。 そんな時でもいくつか起業する手段はありますが、それでも 「選べない」と言う人がいます。 そして そのまま何年も時間が経過してしまいます。 1年も経過してから 「そんなに何もないなら、情報発信ビジネスくらいしかないから、ブログを書き始めたら?」と言うと、 「でも、ブログって1年くらい経たないとビジネスにならないですよね?」と言うわけです。 しかし、それまでに1年以上も経過しているわけです。 これはファイナンスの原理を知らないために、なかなか判断ができずに時間という最も貴重な資源を無駄にしている例です。 例えば、 「サンクコスト(埋没費用)」と 「オポチュニティーコスト(機会費用)」という考え方を知っていれば、ビジネスに限らず、実生活においても物事の判断が的確にできるようになります。 Contents• 「sunk」は「沈没」という意味。 「cost」は費用。 つまり、水に沈んで戻ってこない費用ということ。 ビジネスなら最初にお店や商品を手に入れるために投資をして、それを価値にして販売し、費用を回収しますが、もしそれが売れなかった時には、支払ったコストはもう戻ってきませんし、先ほどの起業の例のように、過去の時間というものも戻ってはきません。 いくつかサンクコストの例を出していきましょう。 ・例)恋愛のサンクコスト 例えば、10年間付き合った彼氏がいたとします。 しかし、年齢を重ねるごとに考え方やライフスタイルが合わなくなってきた。 彼に結婚の意思はない。 そうした時に、過去に彼に費やした時間や労力を考えて、別れないのか?それとも、さっさと別れて次の人を探しに行くのか?という選択に迫られます。 この場合、彼氏と過ごした10年間というのがサンクコストです。 その サンクコストが判断を鈍らせています。 これが、一週間しか付き合っていない相手なら判断が鈍ることはないかもしれません。 ・例)時間のサンクコスト 例えば、映画を借りてきて見始めたとします。 しかし内容がつまらない。 そんな時に、せっかく借りてきたから(サンクコストー埋没費用)と見続けるのか?それとも、映画をやめてその時間を別のこと(オポチュニティーコストー機会費用)をするために使うのか? 例えば、書籍を買ったら全部読む人がいますが、少なくともビジネス書やノウハウ本は、全部読む必要はありません。 必要なことが実際にできればいいだけなので、ちょっとアイデアを読んで、すぐ実行すべきです。 本を最後まで読むこと自体がサンクコストを重視しすぎて時間の無駄を過ごしています。 もちろん行動をしなければ、無駄どころの話ではないですけどね。 ・例)ビジネスのサンクコスト 例えば、新商品を1年かけて開発したとします。 お金もかかっています。 しかし、売れませんでした。 せっかくそこまでの時間とお金をかけたのだからと、サンクコスト(埋没費用)を重視して、なんとか売ろうとするのか?それとも新たな機会に目を向けて、辞めるのか? こうした戻ってこないコストのことをサンクコストと言います。 しかしサンクコストを大事にしていると、基本的に良いことにはなりません。 そのことから、サンクコストの呪縛に取り憑かれ、諦めなかった結果、最悪な事態を招くことを 「コンコルド効果」「コンコルドの誤謬」と言われます。 「あきらめるな!」 といった、精神論は少なくとも論理の世界であるビジネスでは一切通じません。 費用対効果が悪ければ、早く撤退すべきですし、投資回収率が悪いビジネスなら最初からやるべきではないんです。 ということは心理としてあります。 それは 「サンクコストバイアス」があるからです。 バイアスというのは、「偏り」「偏見」のこと。 つまり、コストをかけてきたのだからと、 ひいき目で見てしまうということがサンクコストバイアスです。 ・暴力にあっているのに、昔はいい人だったからと言い聞かせる ・これだけ費用をかけたのだから、ビッグビジネスになるはずだと思い込もうとする ・これだけ考えたのだから、このアイデアは素晴らしいはずだ ・今までしてこなかったのに、急に勉強なんてしても意味がない と、 過去のコストを正当化し、 色眼鏡をかけて物事を見てしまうわけです。 機会損失とは 「本来、有効活用していれば手に入れられたのに、手に入れることができなかったもの」のこと。 ・例)時間の機会費用 例えば時間です。 ビッグスターは移動にヘリコプターをチャーターする人がいますが、移動時間中に稼げるはずの金額がキャッシュアウトしてしまうから、ヘリコプターを借りた方が安いのです。 他にも無駄な会議や朝礼がありますが、例えば、代表クラスの人間が10人集まって2時間の会議をしたとしましょう。 彼らの時給が1万円だったら、2時間で全員で20万円の機会費用があったわけです。 その会議で20万円以上の決断ができたのかを考えて時間を使うべきですね。 「Time is money」という言葉がありますが、 「時は金なり」というのは、この機会損失を表現した言葉です。 むしろ、 「Time is Everything」です。 「時は全て」です。 人間に与えられたものは、本質的には、「体と時間」だけです。 人生の全てを無駄にすることが、時間の無駄というものです。 ・例)起業の機会費用 例えば起業です。 Aさんは1年間、ただ勉強をして過ごしました。 しかし、その勉強したことを例えばブログに書いていれば、1年後には数百ページものウェブサイトが出来上がり、そこから収入が発生したことでしょう。 あるいは、その期間を使って、資格や技術を習得していれば、今頃、何かのプロとして仕事ができたかもしれません。 しかし、Aさんはその機会にコストをかけなかった。 これが機会損失です。 ・例)ビジネスの機会費用 儲からない、忙しい、苦しいと言った誰も得をしない、ダメなビジネスをいつまでも続ける人がいますね。 これも本来なら、別のアプローチや、別の商品なら上手くいく機会があったのに、そちらに目を向けない結果です。 時間を使っても、お金を使っても、ビジネスがうまく言っていないならば、「もっと頑張る」という方向性から、「変える」という方向に切り替えなければいけません。 ビジネスの勉強にコストをかけない人、コンサルが高いと思っている人は、この機会損失を一生続ける人種です。 機会費用の概念が分かっていれば、「変えること」に対して積極的にお金と時間を支払えますからね。 せっかく新たな機会、変える機会、があるのに、今の状態を維持しようとする。 それはサンクコストの呪縛に囚われている状態です。 サンクコストに縛られていれば破滅します。 ダメならば、変わらなければいけないのです。 それには 1、今やっていることをやめる 2、新しいことをする ということです。 「もっと(more)」という考えから「変える(Change)」 という考え方をしていくことが大事です。 限りある人生、 その与えられた唯一の資源である時間を、 最大限活用し、機会費用をかけて、 幸せな人生を自分で作り出すための、判断基準として ぜひ、覚えておいてください。

次の

コンコルド効果(サンクコスト)とは?意味や恋愛・UFOキャッチャー・マーケティングで使える例を紹介!

サンク コスト 恋愛

サンクコストってなんでしょう? 「サンクコスト」という言葉を聞いたことがありますか?サンクコストとは、経済用語で「既に支払ったコスト」=「もう戻ってこないコスト」を言います。 よく挙げられる例をひとつ。 あなたは映画を見に行きました。 とても楽しみにしていたのに、最初の10分ほどでなんだか期待はずれと感じた。 でもせっかくお金を払ったのだからと、つまらないとわかっていながら結局最後まで見てしまった……。 でもちょっと待って。 どうせつまらない映画なら、最初の10分でさっさと見切りをつけて映画館を出たほうが有意義ではないでしょうか?映画館を出ても、どのみち入館料は戻って来ません。 ならば残りの1時間50分を別のことに使ったほうがいいはずです。 しかし大概の人は、つまらないとわかっていながらも映画を見続けてしまうでしょう。 映画館に入るのにかかった費用を惜しいと感じ、それを回収しようとしてそれ以上にコスト 映画館を出ずに見続ける時間的コスト をかけてしまうのです。 恋愛におけるサンクコスト この心理は、恋愛においても非常に効果を発揮します。 あなたの周りのを思い出してください。 意外にも彼女たちは、男性に対して従順なタイプではなく、ワガママだったり手がかかったりする、ちょっとクセのある女性が多くないでしょうか?女性のワガママや要求をのむと、男性にはサンクコストが生じます。 「この子を満足させるためにこんなに手間ひまをかけた」=「この子は価値のある子に違いない そうでなきゃ今までかけたコストがパアだ 」と思い込み、相手を勝手に価値のある存在と思いこみ、さらに手間ひまをかける行為を続けてしまうのです。 彼氏に、コストをかけてもらう女になろう 恋人から大切にされるためには、サンクコストをかけてもらうことがとっても重要。 なにもブランドものをたかれと言うのではありません。 飲み物のフタを開けてもらうとか、高いところのものをとってもらうとか、待ち合わせ場所をあなたの都合のいい場所にするとか、ちょっとした要求を相手にのんでもらうのです。 相手の要求をのみ、関係構築に手間ひまをかければかけるほど、相手にとってあなたはかけがえのない存在となっていくはずです。 【関連記事】.

次の

コンコルドの事例に学ぶ!サンクコスト(埋没費用効果)とは?「Sunk costバイアス」を活用している商売手法と合わせて解説。

サンク コスト 恋愛

サンクコスト理論とは? サンクコスト理論とは一体何なのでしょうか?まずはサンクコスト理論について簡単に解説していきます。 サンクコスト理論はマネー用語 サンクコスト(Sunk Cost)とは、既に回収できないことが分かっている費用や労力のことです。 経済学やファイナンスでよく使用される言葉なので、聞いたことがある人もいるかもしれません。 多くの費用や労力を費やした場合、損切りするのはもったいないと感じる人が多いでしょう。 その もったいないという気持ちから判断が遅れ、さらに損失を拡大してしまうのがサンクコスト理論です。 サンクコスト理論と恋愛の関係 サンクコスト理論の意味が分かったところで、次は恋愛との関係性について説明します。 恋愛におけるサンクコストとは、例えば相手におごってあげる費用であったり、相手に会いに行く為の時間だったりします。 相手に費やした費用や時間が多ければ多いほど、それに対する対価を得ようするのが人間の心理です。 そして結果的に相手に強く依存してしまいます。 サンクコスト理論を恋愛へ応用するメリット サンクコスト理論を恋愛へ応用することで、具体的にどのようなメリットがあるのか解説していきます。 彼女に自分のことをもっと好きになってもらいたい人必見です。 帰属エラーで好きだと勘違いさせされる サンクコスト理論を恋愛に応用する方法とは、簡単に言えば「相手に尽くしてもらうこと」です。 例えば、食事代を女性側に出してもらう、時間を掛けて自分に会いに来てもらうなど…。 一般的には「好きだから尽くす」なのですが、脳内で帰属エラーが起こることで「尽くしているから好きなんだ」と勘違いするというわけです。 相手があなたに依存しやすくなる サンクコスト理論とは、費やした費用や時間に対する対価を得ようとする心理状態です。 恋愛においてサンクコスト効果がかかった場合、相手側は 「コストを掛けたのだから、この人を手放すのはもったいない」と感じるようになります。 その結果、深く相手に依存してしまい離れられなくなってしまいます。 恋愛の主導権を握れる 今までデートプランは誰が決めていましたか?一般的に、女性の行きたい場所に合わせてあげる男性が多いと思います。 しかし、サンクコスト理論を恋愛に応用した場合、 基本的にはあなたが彼女を振り回す立場になります。 あなたが恋愛の主導権を握れるいうメリットも大きいです。 サンクコスト理論を恋愛へ応用する方法 では、どのようにすれば女性にサンクコスト効果を掛けられるのでしょうか?具体的な例を挙げて紹介していきます。 セックスをする 女性にとって一番のサンクコストはセックスをすることです。 セックスという行為は女性にとって「妊娠する可能性がある」「行為が終わったら捨てられるかもしれない」などのリスクがあります。 つまり、 セックスをした時点で女性側はサンクコストを背負うことになるので、あなたへ依存しやすくなるというわけです。 食事代を出してもらう 一般的にデートの食事代は男性側が出す場合が多いと思います。 女性にサンクコスト効果を掛ける為には、女性側に食事代をすべて出してもらうことがポイントです。 難しい場合は、ひとまず割り勘にしてみても良いでしょう。 男性側が毎回すべて出してしまうと、逆にサンクコスト効果が掛かってしまい、女性側に主導権を握られてしまいます。 時間を掛けて会いに来てもらう 何時間も掛けて彼女に会いに行っていませんか?もしもそうなら今すぐやめて、女性側に会いに来てもらうように仕向けましょう。 あなたに会うために労力を使えば使った分、彼女はあなたに依存しやすくなります。 難しい場合は、お互いの家の中間地点で待ち合わせする程度でもOKです。 プレゼントをもらう 相手に尽くす定番といえば、やはりプレゼントです。 手作りのお菓子や手編みのセーターなど、 労力のいるプレゼントをもらえるように仕向けましょう。 その為に、まずはあなたが彼女にプレゼントすることが重要! プレゼントされると自分も返したくなる、返さなければいけないと思うのが人間だからです。 間違ってもあなた自身が貢ぎすぎないように注意してくださいね。 サンクコスト理論の注意点 実は、サンクコスト理論を恋愛へ応用するのは危険な方法でもあるのです。 やり方を間違えると最悪の結果を招くので注意しましょう。 一発で彼女に嫌われる可能性がある ここまで読んできてお気づきの方も多いと思いますが、サンクコスト理論は危険な方法でもあります。 女性側に食事をおごってもらう、時間を掛けに会いに来てもらう…。 相手との関係性やタイミングによっては、一発で嫌われてしまう可能性があります。 相手が気づかないうちに、少しずつサンクコスト効果を掛けていくのが重要です。 飴と鞭を使い分けが必要 彼女にサンクコスト効果を掛け続けていると、相手は怒るか病んでしまう可能性があります。 そうならない為にも、時には思いっきり優しくしてあげることがポイントです。 飴と鞭を上手に使い分けることで、彼女はより一層あなたへ依存してしまうでしょう。 逆にサンクコスト効果を掛けられているケースが多い あなたが彼女にサンクコスト効果を掛ける前に、すでに自分が掛けられているケースが多いことをご存知ですか?今まで彼女にたっぷりと貢いできた、ワガママを聞いてきてあげた男性は要注意です。 自然にサンクコスト理論を使って主導権を握っている女性が多いので、まずは冷静に彼女との関係性を見直してみましょう。 やりすぎは要注意!上手にサンクコスト理論を恋愛へ応用しよう 大好きな彼女を独り占めしたい、もっと自分に依存してもらいたい…。 そんな願望がある男性は、ぜひサンクコスト理論を恋愛へ応用してみてはいかがでしょうか? ただし、やりすぎや関係性によっては破局の原因にもなる大変危険な行為です。 相手との関係性を考えながら、適度に応用していくことをおすすめします。

次の