キャサリン オブ アラゴン。 ヘンリー8世の最初の妻キャサリンやアンブーリン・6人の妻を一挙ご紹介!|世界の歴史

ヘンリー8世妃アン・オブ・クレーヴズ(アンナ・フォン・クレーフェ)が着る1530年代のハイ・ファッション

キャサリン オブ アラゴン

Mary 1世 (1516-58) このメアリー1世、「プロテスタントでいることが犯罪」だと、なんと286人を処刑したそう。 これが名誉ある?「ブラッディマリー」(血まみれのメアリー)と後世まで呼ばれるニックネームの所以なのです。 血に見立てたトマトジュースで作ったお酒のカクテル「 ブラディーマリー」の名前 は、 はここから来ているのです。 その詳細を知りたい方は、下の歴史をどうぞ。 【王位に就く】 時は1553年、ヘンリー8世 6 人の妻をめとった豪快な王 の後、その後王位を継承した体の弱いエドワード6世が風邪をこじらせ肺の病気でなくなると、メアリー1 世 ( ヘンリー8世の最初のお妃、スペイン人キャサリン・オブ・アラゴンとの間の王女・写真) が王位に就きました。 彼女の母親だったキャサリン・オブ・アラゴンが、ヘンリー8世と結婚した当時は、キリスト教は、ローマ・ カトリック教しかありませんでした。 しかし、浮気性のヘンリー8世、別の女性を好きなってしまい、どうしても離婚がしたい。 しかし、離婚が許されていないカトリック、離婚を訴えた裁判で負けてしまったヘンリー8世は、自分が党首の宗教を作ってしまった。 それ以来、プロテスタント派(新教)ができたのです。 自分の個人的な事情で宗教さえも創ってしまう、無敵の王、父であったヘンリー8世。 その後、頑迷なカトリック教徒であるメアリー1世が王位に就き、周囲の反対を押し切って、母親の国スペインのフィリップ2世と1554年結婚。 このメアリー1世、「プロテスタントでいることが犯罪」だと、なんと286人を処刑したそう。 これが名誉ある?「ブラッディマリー」(血まみれのメアリー)と後世まで呼ばれるニックネームの所以なのです。 (この冷血さは、父親譲り? ヘンリー8世も6人の妻の内、2人を斬首の刑にしています。 ) 血に見立てたトマトジュースで作ったお酒のカクテル「 ブラディーマリー」 は、 はここから来ているのですね。 彼女は即位した、たった五年後の1558年、病気で亡くなっています。 プロテスタント迫害が長く続かなくてよかったかも。 しかし在位5年、年間57人に殺していたことになり、その処刑法は火あぶりだったそうです。 あまり庶民に人気名のない女王だったらしいですが、不思議でないです。 【絵画の中のドレス】 ちなみに、このトップにご紹介した絵は、そのフィリップ2世との結婚式のすぐ後、1554年に描かれたそう。 ドレスと同生地でできた、ワイン色のベルベットのパートレット(チューダー時代の衣服、胸元と襟を覆うボレロのような物)の襟元から垂れる大きなダイヤモンドのネックレスには、これまた、58カラットあったという「La Peregrina」という名前が付いた、当時はごく希少な大きな黒真珠が付けられています。 フィリップ2世からの婚約の記念に贈られたものだそう。 豪華な衣装が大好きだった彼女、この華やかな「正装したドレスでエレガントで荘厳( elegant and magnificent)」 なご本人の絵の仕上がりにご満悦だったそう。

次の

ヘンリー8世の妃たち イングランド王妃の運命/テューダー朝|Histoire イストワール

キャサリン オブ アラゴン

Mary 1世 (1516-58) このメアリー1世、「プロテスタントでいることが犯罪」だと、なんと286人を処刑したそう。 これが名誉ある?「ブラッディマリー」(血まみれのメアリー)と後世まで呼ばれるニックネームの所以なのです。 血に見立てたトマトジュースで作ったお酒のカクテル「 ブラディーマリー」の名前 は、 はここから来ているのです。 その詳細を知りたい方は、下の歴史をどうぞ。 【王位に就く】 時は1553年、ヘンリー8世 6 人の妻をめとった豪快な王 の後、その後王位を継承した体の弱いエドワード6世が風邪をこじらせ肺の病気でなくなると、メアリー1 世 ( ヘンリー8世の最初のお妃、スペイン人キャサリン・オブ・アラゴンとの間の王女・写真) が王位に就きました。 彼女の母親だったキャサリン・オブ・アラゴンが、ヘンリー8世と結婚した当時は、キリスト教は、ローマ・ カトリック教しかありませんでした。 しかし、浮気性のヘンリー8世、別の女性を好きなってしまい、どうしても離婚がしたい。 しかし、離婚が許されていないカトリック、離婚を訴えた裁判で負けてしまったヘンリー8世は、自分が党首の宗教を作ってしまった。 それ以来、プロテスタント派(新教)ができたのです。 自分の個人的な事情で宗教さえも創ってしまう、無敵の王、父であったヘンリー8世。 その後、頑迷なカトリック教徒であるメアリー1世が王位に就き、周囲の反対を押し切って、母親の国スペインのフィリップ2世と1554年結婚。 このメアリー1世、「プロテスタントでいることが犯罪」だと、なんと286人を処刑したそう。 これが名誉ある?「ブラッディマリー」(血まみれのメアリー)と後世まで呼ばれるニックネームの所以なのです。 (この冷血さは、父親譲り? ヘンリー8世も6人の妻の内、2人を斬首の刑にしています。 ) 血に見立てたトマトジュースで作ったお酒のカクテル「 ブラディーマリー」 は、 はここから来ているのですね。 彼女は即位した、たった五年後の1558年、病気で亡くなっています。 プロテスタント迫害が長く続かなくてよかったかも。 しかし在位5年、年間57人に殺していたことになり、その処刑法は火あぶりだったそうです。 あまり庶民に人気名のない女王だったらしいですが、不思議でないです。 【絵画の中のドレス】 ちなみに、このトップにご紹介した絵は、そのフィリップ2世との結婚式のすぐ後、1554年に描かれたそう。 ドレスと同生地でできた、ワイン色のベルベットのパートレット(チューダー時代の衣服、胸元と襟を覆うボレロのような物)の襟元から垂れる大きなダイヤモンドのネックレスには、これまた、58カラットあったという「La Peregrina」という名前が付いた、当時はごく希少な大きな黒真珠が付けられています。 フィリップ2世からの婚約の記念に贈られたものだそう。 豪華な衣装が大好きだった彼女、この華やかな「正装したドレスでエレガントで荘厳( elegant and magnificent)」 なご本人の絵の仕上がりにご満悦だったそう。

次の

へっぽこ軍団

キャサリン オブ アラゴン

Contents• 強運の国王でカトリック教会から破門されるも、離婚するために新しい宗教をつくったという破天荒なイギリスの王子をご存知ですか? 1509年から1547年の亡くなるまで6人の 王妃と 結婚、離婚または処刑台送りにした残酷な王様として有名なヘンリー8世です!!! 画像をみるかぎり6人も妃をとれるほどイケメンとは言い難いのですが・・・しかし一生のうちで6人もの女性と結婚できるなんてとてもエネルギッシュな人だったのですね。 引用元: しかし、ヘンリー8世の妃はみな、悲劇的な人生をおくります。 今日は6人の妻たちをご紹介します。 ヘンリー8世とはどんな人物だったの? ヘンリー8世は17歳という若さでイングランドの王様として「ばら戦争」後の国力強化をさせるために見事な政治的なリーダーシップを発揮しました。 まだ当時は海上で十分に戦えるほどの海軍は持っていませんでしたが、 軍艦を3隻から50隻に増やすことができ、のちの当時最強と言われていた「無敵艦隊」を打ち破る土台となったそうです。 また当時はまだウェールズはイギリスの領土ではありませんでしたが、宗教改革でウェールズを統合しブリテン島の半分を支配するほどに成長するきっかけとなった王様なんです。 残酷だけど、ヘンリー8世がいなかったら 今のイギリスはなかったかもしれません ヘンリー8が暴君といわれる理由 ヘンリー8世は在位中に 72,000人もの人を処刑しています。 イギリス改革の激動の間ではありましたが、数万人の処刑を命じました。 当時ギロチンは発明されていなかったので、処刑人は大変だったかもしれないですね ヘンリー8世の意外とカリスマな一面も 暴君としてのイメージを持っている人が多いと思いますが、 182cmの高身長で、テニスや狩猟、馬上槍試合などが得意な、アスリートでした。 また スペイン語、フランス語、ラテン語が流暢だったとも言われています。 肖像画の怖いイメージとは違い、 アン・ブーリンのために書いたと言われる イギリスでも古い民謡として知られている「グリーンスリーブ」も書かれたとも言われています。 同時に作曲もおこない 「pastime with good company」を作曲したともいわれています。 実際の肖像画のように体が大きくなるのも、亡くなる4年前に 馬上槍試合での落馬が原因で 太りつづけたともいわれています。 その後、偏頭痛、痛風などの病気を併発し55歳で 生涯を閉じました。 引用元: 埋葬する直前に体内にたまっていた 腐敗ガスが重い鉛の棺桶をあけるぐらいの威力だったといわれています。 意外とロマンチックな一面もあり、結婚して悲劇が起こる前は人気の的でだったかもしれませんね ヘンリー8世・離婚するために新しい宗教を?? カトリック教では離婚が禁止されており、どうにかして離婚するための方法として強硬手段をとったのです。 当時ローマカトリックの影響力が強いイングランドでしたが、ヘンリー8世はイングランドにプロテスタントとして新しい宗教をつくりました。 すでにイングランドにあったカトリック教会の土地と資産を取り押さえました。 幾度となるフランスとの戦争で財政はひどく疲弊していたため、 カトリック教会からの財産を没収して解消させたともいわれています。 小国の王様が巨大な組織に対抗するのは国を滅ぼす可能性もあったのですが、もろともしないのがヘンリー8世らしさが出てきてますね ヘンリー8世と世にも不幸な6人の妻たち では、ヘンリー8世の6人のかわいそうな妻たちを1人づつみていきたいと思います。 まずは 父親の持参金の出し惜しみの為に結婚させられた王妃、キャサリン・オブ・アラゴンです! キャサリン・オブ・アラゴン(結婚期間24年) 引用元: スペイン王室から嫁いできた王女で、始めはヘンリー8世の 兄アーサーと結婚していました。 しかし、病気で他界。 本 来であれば、持参金を持たせスペインに戻る予定でしたが、ヘンリーの父親ヘンリー7世が持参金の出し惜しみの為、ヘンリー8世へ嫁がせました。 当時、兄嫁を気の毒に思っていたヘンリー8世は、 キャサリンと結婚することに疑問を持っていませんでした。 義理の姉との結婚は近親婚として認められていなかったのですが、当時ローマ教皇は敵対していたフランスの敵であったイングランドに貸しを作るために特別に結婚を認めました。 しかし、キャサリン王妃が出産する子どもは次々と亡くなっていき、 7回妊娠しますが死産や流産を繰り返し、唯一無事に成長したのは メアリー王女のみだったのです。。 世継ぎの男児が生まれないなか、だんだん夫婦仲は険悪になっていき、当時キャサリン王妃の侍女だった アン・ブーリンと公然の浮気をしています。 普通であれば兄嫁と結婚するのはなかなか抵抗があるかもいれませんが、24年生活をしているとなれば、本当の愛で結ばれていたかもしれませんね、男児さえ生まれていれば・・・ 本来であれば、近親者との結婚は契約無効になるため離婚しますが、ローマ教皇側としては特別に許可した結婚を無効にされたことで、 激怒して カトリックから破門されることになります。 結果的に結婚が無効になり、娘のメアリーは王位継承はのちのエリザベスの次位になり、エリザベスの侍女にされました。 アン・ブーリン(結婚期間3年4ヵ月) 次に紹介するのが 冤罪で処刑された悲劇の王妃、アン・ブーリンです。 引用元: フランスの宮廷にいたことから洗練されたマナーと男性の扱い方はピカイチでした。 アン王妃の実家は「ばら戦争」においては ヘンリー8世と敵対していました のちに許され、スコットランド王国との戦いではスコットランドのジェイムズ4世に大打撃を受けさせた功績から、ヘンリー8世から熱い信頼を得ていました。 ブーリン家は娘を伯爵の娘や王に差し出す事で地位や権力を拡大していきました。 姉のメアリー・ブーリンは当時すでにヘンリー8世の愛人となっていたが、アン・ブーリンはヘンリー8世の愛人となることを拒んでいました。 当時アン妃は 他に恋愛関係となる人物がいて、ヘンリー8世の側近により強引に恋愛関係を引き裂かれ、1525年にはヘンリーと同居することになりました。 しかしアン妃はあくまでも結婚することを望んでいました。 その後、カトリック教会から破門され、イングランド国教会を設立し、 無事に前妻のキャサリン妃と離婚できました。 1533年にアン妃と結婚しその年にはのちの エリザベスを出産します。 男児が次々と不幸に その後、男児を妊娠しますが、死産・流産するなど男児が生まれないと 王位が他の王家に移譲するためヘンリー8世も落胆していきます。 ヘンリー8世は飽き始めていき 結婚から3年後、 他の男性との交際と何気ない会話の一部が国王反逆罪としてでっちあげられ、ロンドン塔にて処刑されてしまうのです。 姉とは違い、ヘンリー8世からの愛人になるよう誘いを断り、 交際するなら結婚するというのが絶対条件で難攻不落でした。 ヘンリー8世をアン妃に対する気持ちを駆り立てるのがうまく、ブーリン家の地位を上げるために結婚することに執着し、一生を尽くしていたかもしれないですね。 ジェーン・シーモア (結婚期間16ヵ月) 次に紹介するのが、 ついに唯一の後継者を男児を出産した ジェーン・シーモアです。 引用元: ヘンリー8世の腹心の ジョン・シーモアの娘であり、シーモア家へ訪問した際にほれ込み宮廷に呼び寄せたとも言われる女性です。 当時アン妃と結婚していましたが、すでに飽き始めジェーンの 物静かで優しい雰囲気に惹かれていました。 ジェーンの兄達もヘンリー8世の近くで従事し、アン妃やキャサリン妃を見てきたため すぐ返事をしない ように助言しジェーンもその助言に従いました。 ヘンリー8世がアン妃に飽き始めた時にはジェーンの遠慮がちさも無くなり大胆に接するようになったといわれています。 1536年、 アン王妃が処刑された翌日にヘンリー8世との婚約を発表する。 ジェーンは慈悲深く、追放されていたキャサリン王妃の娘の メアリーを手元に呼び面倒を見たいとヘンリー8世に要望し、ヘンリー8世も快諾します。 1537年初の男児 エドワード6世を出産し、国中が喜びましたが、ジェーンは産褥熱にかかり、次第に体力が衰え、出産して12日後に死亡してしまいます。 ヘンリー8世も ひどく落ち込み、引きこもり嘆きました。 男児も生まれて国も安泰していくと思ったヘンリー8世は安堵から突き落とされ、6人の妻の中で本当に愛した妻なのかもしれないですね。 のちにエドワード6世は次期権力争いの大人の道具にされ 15歳でこの世をさりました。 アン・オブ・グレーヴィス(結婚期間6ヵ月) 次は、 肖像画と実際の顔が違いすぎて半年で離婚された。 アン・オブ・グレーヴィスです。 引用元: 1540年、フランスとローマ帝国が同盟を組み、それを危うく感じたヘンリー8世はヨーロッパに同盟国を作るためにユーリヒ・クレーフェ・ベルク連合公国(今でいうドイツ)のヨハン3世の娘 側近のクロムウェルに 美しい女性の肖像画を見せられたヘンリー8世は思わず結婚。 実際に見たいと思い、変装して会いに行きます。 肖像画が 実際により誇張 して書かれていたため、激怒しました。 同盟の為に結婚しますが、側近のクロムウェルと肖像画を書いた画家には責任を取らせ クロムウェルは処刑、画家は追放されました。 半年間という短い期間でしたが、アン妃はヘンリー8世からベイナーズ城と年金をもらいヘンリー8世の妹としてのちの生涯を穏やかにすごしました。 当時の肖像画が全てだったので、うきうきしていたヘンリー8世を思うと少し可哀想かもしれないですね。 しかし6人の妻の中では一番ラッキーな人であるのは間違えないですね! キャサリン・ハワード (結婚期間18ヵ月) 次に紹介するのは、 元恋人と関係が発覚し処刑された キャサリン・ハワードです。 引用元: アン・ブーリンのいとこ、ジェーン・シーモアのはとこでもあったキャサリン。 ハワード家はヘンリー7世からの家来でキャサリンは4番目の 王妃のアン妃の侍女として宮廷にいたのです。 ヘンリー8世はキャサリン妃のことを 「トゲのないバラ」「宝石」と賞賛し、1540年に 19歳で結婚しました。 しかし美しさ故に、惚れてしまう男は少なからずいて、結婚し 2年後に 元恋人との関係 が噂され原因で反逆罪として処刑されました。 以前の恋人と婚約状態であればキャサリン妃はヘンリー8世との 婚約は無効であったため無罪となるはずでした。 「婚約はなかった」とキャサリン妃は証言してしまい、不義の罪として1542年に処刑され、その元恋人と他の男性も 罪の重さを見せしめる為に処刑されました。 侍女で ジェーン・ブーリンは不倫の仲を持ったとして処刑されました。 彼女は 精神を患っており処刑を免れるはずだったが、ヘンリー8世はわざわざ法律を変えて、精神異常者でも処刑できるように変更しジェーン・ブーリンを処刑されました。 キャサリン王妃はハンプトンコート宮廷に未だに無実を訴える為に度々、幽霊が目撃されるといわれています。 21歳で不貞を重ねてしまうのは、可愛さはやっぱり罪なのかもしれないですね。 キャサリン・パー (結婚期間3年6ヵ月) 最後にご紹介するのは 慈悲深く、エリザベスとメアリーを王位継承権を復活させた才女。 キャサリン・バー 引用元: ヘンリー8世と結婚するまえに3番目のジェーン王妃の兄と交際していたが、ヘンリー8世が交際相手を ブリュッセルに追放しプロポーズし1543年に結婚します。 このキャサリン妃は 2度結婚しますが、2度とも死別されます。 残念ながらヘンリー8世とも 死別されます。 ヘンリー8世はこの頃には、かんしゃくを頻繁に起こし側近たちの手にも追えないほどに、、 キャサリン妃は上手くなだめることができた唯一の人だったともいわれています。 ヘンリー8世とキャサリン王妃は高齢だったため子を作ることはしなかったといわれています。 絶対的なヘンリーの信頼を勝ち取ったキャサリン キャサリン妃はヘンリー8世の持病の看病も率先して行い、信頼を得ていました。 また才女としても有名で 「イングランド王室史上最高のインテリ」として評価されていたたヘンリー8世とも対等に話ができたともいわれています。 ヘンリーの子どものエリザベスとメアリーの王位継承権を復活させます。 本物の母親のようにエリザベスとメアリーを可愛がり、ヘンリー8世が海外遠征に行っているときは、国王代理として務めるほど信頼されていました。 当時カトリックとプロテスタントの対立が止まない時代にカトリック教会の人からキャサリン妃は 異端者として疑いをかけられ、キャサリン妃はあわてて証拠となる書物を焼却し、ヘンリー8世に信仰の潔白を証明して事なきを得ました。 ヘンリー8世の最後を看取った人として、またキャサリン妃は死別される結果になりましたが、遺言として王妃としての地位を確約し年間 7000ポンドを受け取ることを約束しました。 当時でいうと一般庶民の 300倍もの年金を手に入れることが出来きました。 ほぼ介護状態からの結婚はキャサリン妃自身もあまりヘンリー8世を恐れていなかったかもしれないですね。 ヘンリー8世の扱いも上手く生きていれば影のイギリスの支配者になっていたかも? ヘンリー8世の最初の妻キャサリンやアンブーリン・6人の妻を一挙ご紹介!!まとめ 当時の衛生環境はとてもいいとは言えない中、ヘンリー8世は、イングランドの安泰を願っての継承者の男児が生まれる願望が強く、アン妃に目移りしてしまいます。 常に若い女性の侍女が多いことから、ついつい愛人を作ってしまったかもしれないですね。 国王というポジションから、結婚を拒む婚約者の追放や破談は簡単だったかもしれません。 また彼の頑固強さや執念深い一面からこの悲劇は始まったとも思えます。 ヘンリー8世のおすすめドラマ・映画 他に1933年に公開された「ヘンリー8世の私生活」「1000日のアン」1969年公開などもありますがその中でも見やすい2つを紹介します。 「ブーリン家の姉妹」 ヘンリー8世というより2番目のアン・ブーリン妃とその姉のメアリー・ブーリンの話でヘンリー8世にキャサリン妃との離婚させる、そして自分がイングランド王妃になることへの野心をむき出しにしたブーリン一族の話です。 映画 「ブーリン家の姉妹」を無料で視聴したいならなら動画配信サイトで無料期間中にみるのが1番お得!どこのサイトで無料視聴を試していいかわからないなら、 無料期間が1番長いU-NEXTがおすすめです!31日間、こちらの映画だけでなく色々な歴史映画やアニメなどが見放題! >> 「THE TUDORS」ドラマ シーズン1~4まであり、ヘンリー8世が王位を継承するところからはじまりヘンリー8世の生涯が分かるドラマとなっています。 昼ドラのようにドロドロした話であり、若干事実とことなる部分があります。 一番頭に歴史が入りやすい作品です。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 「Secrets of the Six wives」ドラマ 引用元: ヘンリー8世の妻たちの目線から見たドラマ、イギリスでの視聴率も高いドラマです。 今までとは違った目線からのヘンリー8世を見ることができます。 今までのイメージを覆すような作品となっているみたいです。

次の