ジェダイ マスター 一覧。 スター・ウォーズの鉄人!/キャラクター・ガイド

スターウォーズ ジェダイの師弟関係相関図|ライトセーバースタイル

ジェダイ マスター 一覧

コールマン・トレバーはクローン大戦勃発時にジェダイ最高評議会のメンバーを務めていたジェダイ・マスターである。 コルサントにあるジェダイ聖堂の尖塔に置かれたジェダイ評議会は、ジェダイ・ナイトたちの行動を統治しているのだ。 ヤレアル・プーフの死後、最高評議会に加わったトレバーの理性と見識は、仲間のジェダイたちからも大きな尊敬を集めている。 彼は重大な惑星間紛争を幾度となく平和的に解決し、戦士としてよりもむしろ交渉者としての評価が高かった。 だが、戦いが要求されれば、トレバーは共和国を守るためにライトセイバーを振るうこともある。 爬虫類型ヒューマノイドのトレバーは、長い顔と黒い目をしており、頭骨からは曲線を描いたとさかが生えている。 彼は水の惑星センブラ出身のヴァークの男性であり、この惑星は、ゆっくりと大陸を形成しつつある火山性の尾根によって分断された温暖な海洋に覆われている。 ヴァークたちは遊牧性の水陸両棲種族であり、銀河系では一般に原始的な種族として認識されている。 ジェダイの特別部隊が戦争の準備を行っている不穏な分離主義勢力と対決し、捕虜を救出する必要があったとき、マスター・トレバーは200人のジェダイたちと共にジオノーシスへ向かった。 だが、分離主義者のリーダーを務めるかつてのジェダイ、ドゥークー伯爵との対決を試みたコールマンは、ドゥークーの雇った賞金稼ぎジャンゴ・フェットに射殺されてしまう。 シャク・ティ Shaak Ti 種族: トグルータ 出身: シリ 職業: ジェダイ・マスター、ジェダイ評議員 性別: 女 身長: 1. 78メートル 愛機: 不明 ジェダイ評議会は賢明で強力な12人のジェダイ・マスターによって構成されている。 彼らはコルサントにそびえるジェダイ聖堂に召集され、フォースに関するあらゆる問題を熟考し、銀河全域に散在する危機に対処すべくナイトたちを派遣しているのだ。 評議会のメンバーは共和国の要求に応じて交代することがある。 シャク・ティが評議会の席に座ったのは、クローン大戦を誘発する様々な出来事が起こっている最中のことだった。 彼女は柔軟なレックにカラフルな装飾を施したエキゾチックなエイリアン女性である。 そして、彼女は増大する分離主義勢力から囚人たちを救助するためジオノーシスに派遣された200人のジェダイのうちの1人でもあった。 シャク・ティは莫大な人口を抱える過密惑星シリ出身のトグルータである。 シリには獰猛な肉食獣が多数徘徊しているため、トグルータたちは身を守る術として部族単位での密集した生活を営んでいる。 彼らはそこで派手な自然の着色パターンを結集させ、愚鈍な猛獣たちを視覚的に混乱させることで生き延びてきたのだ。 だが、シャク・ティは単独行動を好むという点で、集団意識の強いトグルータの中でも例外的な存在だった。 彼女は天性のフォースの強さで肉体機能だけでなく精神力も高めており、トグルータ独自の孤独感を抑制しているのだ。 それでも彼女のトグルータとしての資質は、騒々しい群衆の中を走り抜け、戦うときの正確さと素早さを見れば明らかである。 また、シャクはモントラルと呼ばれる中空の角のような器官で素早く情報を収集し、周囲への認識力を高めることができる。 彼女はこの能力を戦闘の際にも大いに役立てており、誰かが自分に接近したことを素早く感じ取ることができるのだ。 シャク・ティがジェダイ・マスターとして育てたパダワンは、その生涯でわずか2人しかいない。 そして2人とも、ジェダイの試練を乗り越えて一人前のジェダイ・ナイトに昇格した直後に、凶悪な殺人鬼によって殺害されている。 彼女は何年もの間、愛する弟子の1人フェ・サンを殺された悲しみと、その仇であるゼルトロンの殺人鬼ライシャに対する怒りを胸に秘めていた。 弟子たちの最期を見守ることしかできなかったことは、彼女の人生にとって大きな汚点となっている。 だが、シャクはジェダイの技でこの感情を切り離すことに成功し、それ以後、心の奥に隠し続けるのだった。 やがてクローン大戦が勃発すると、シャク・ティは共和国正規軍の将軍に任命される。 分離主義勢力がカミーノのクローン製造施設に対して大規模な攻撃を行ったとき、彼女はティポカ・シティの内部に派遣されていた。 彼女はラマ・スー首相と共にカミーノの表層における防衛を指揮し、この襲撃に対してエリート部隊であるARCトルーパーたちを投入する決断を行ったのである。 また、シャク・ティはハイポリの戦いで、共和国軍として初めてグリーヴァス将軍と対決したジェダイの1人だった。 彼女は尊敬すべき忍耐によってグリーヴァスの攻撃を防ぐが、最終的にはこのサイボーグの殺し屋の圧倒的な力に屈服させられてしまう。 しかし、彼女は何とか生き延び、この遭遇から逃れることができたのだった。 その後、シャク・ティ将軍はブレンタルIVでクローン・トルーパーの分遣隊を指揮することになり、そこでかつて彼女のパダワンを殺したライシャと遭遇する。 彼女はクローン大戦の混乱のなか、投獄を免れていたのだ。 シャクはライシャが持つゼルトロン特有の交渉術を利用して独立星系連合軍の司令官ショガー・トックの説得を試みるが、ライシャはシャクを裏切り、彼女にブラスターを放つのだった。 シャクはジェダイの技で致命傷を免れたが、計画は失敗に終わり、トックの殺害を強いられる。 それでも彼女はジェダイとしての不断の決意を示し、裏切ったライシャの命を助けようとするのだった。 だが、ライシャは彼女の誠実さを信用せず、自動レーザー・トラップの方へと逃走して自滅する。 後にパルパティーン最高議長は、ダーグ、ジオノーシス、そしてセンタレスでの彼女の活躍を公式に絶賛している。 彼はシャク・ティとその能力への信頼を増し、クローン大戦の危険が増大するなか、彼女を政府中枢にいる側近グループの護衛役の1人として任命したのだった。 やがて、分離主義勢力が共和国の中心部に対して大胆な奇襲を開始し、ジェダイ聖堂を攻撃してきたとき、シャク・ティはパルパティーン議長を護衛するため、ジェダイ・マスター、ロロン・コロブとファル・ムダーマを連れて元老院へと向かった。 だが、ロロンとファルはグリーヴァス将軍の前に屈し、シャクもワイヤーで縛られてしまう。 グリーヴァスはパルパティーンを人質として誘拐し、シャクを他のジェダイへのメッセージとして生きたまま残していったのである。 そしてこの戦争の最後の夜、ダース・ヴェイダーと化したアナキン・スカイウォーカーがクローン軍を率いてジェダイ聖堂を襲撃したとき、シャク・ティは聖堂の中にいた。 皇帝を僭称したばかりのパルパティーンの命令によって、ヴェイダー卿が「反逆者」であるジェダイに正義の裁きを与えると、聖堂はレーザー砲火に包まれる。 シャク・ティもこの奇襲のなかで、ヴェイダーによって殺されたとされている。 キット・フィストー Kit Fisto 種族: ノートラン 出身: グリー・アンセルム 職業: ジェダイ・マスター、ジェダイ評議員 性別: 男 身長: 1. 96メートル 愛機: 不明 最盛期のジェダイ・オーダーは、フォースとの強い絆を持った数百もの異なる種族によって構成されていた。 なかでもキット・フィストーはエイリアン・ジェダイの典型である。 彼は大きな瞬きのない瞳を持ち、頭部からはもつれ合った柔軟な触手が無数に生えているのだ。 ノートランのジェダイ・マスター、キット・フィストーはミッド・リムに属する温暖な水の惑星グリー・アンセルムのサビロン地方の出身である。 彼の人生観は楽観的であり、それは皆に受け入れられていた。 彼は自分の天賦の才能を銀河系の人々のために役立てることがジェダイとしての務めだと信じている。 また、彼は鋭敏な嗅覚によって他者の感情を読むことができる。 ナブーの戦いの前、フィストーはモン・カラマリのバント・エーリンと呼ばれる女性パダワンの訓練を引き継いだ。 彼女の前の師であるマスター・タールはフォースと一体となったのだ。 また、彼はアトリヴィス・セクターを荒らすイリディアム海賊団の一掃に当たったジェダイの機動部隊の副隊長を任されていたこともある。 屈強の戦士として知られるフィストーは、共和国の高官に助言を与えるだけでなく、ジオノーシスにある分離主義者の本拠地から囚人たちを救出すべく、メイス・ウィンドゥによって召集された奇襲部隊にも加わった。 彼はジオノーシアンやバトル・ドロイド軍と激しく戦い、曲線を描く壁に囲まれた処刑闘技場での混戦を生き抜いた数少ないジェダイの1人となる。 壮大なクローン大戦の最初の戦いに共和国の増援軍が到着したとき、フィストーはクローン・トルーパーの特別部隊を率いて戦いの最前線に赴いたのだった。 そしてクローン大戦が本格的に開始されると、フィストー将軍はモン・カラマリの戦いで彼の水中部隊を指揮するようになる。 彼は共和国のクローンSCUBAトルーパーに協力する地元のモン・カル軍を従え、分離主義勢力に寝返ったクオレン分離連盟と戦った。 その後、彼はデヴァロンやオード・セスタスでの戦いにも赴いている。 フィストーは戦闘に関しては非正統的な手法を好む先進的な戦士だが、一方で銀河政治のことになると保守的思想の持ち主となる。 仲間のジェダイ・ナイト、アイラ・セキュラとの親密な友情と強い絆は、ときとして彼の忠誠に対する規則をも圧迫することがあった。 2人は互いを深く尊敬し合っており、もしオーダーに在籍していなければ、おそらくは他の形で関係を深めていったことだろう。 アイラ・セキュラ Aayla Secura 種族: ルーシアン・トゥイレック 出身: ライロス 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 1. 72メートル 愛機: 不明 多くのトゥイレック女性と同様に、アイラ・セキュラは美しく、官能的で、優雅でもある。 筋骨逞しい体つきに濃い空色の肌をした彼女は、極めて感情豊かであり、知的で衝動的だが、表面上は一切の怒りを感じさせず、その一方で、ときには小悪魔的な悪戯のセンスも持ち合わせていたのだ。 アイラは暴力より狡猾さを好んでおり、ライトセイバーの腕前も一流だが、それを主に防御に使うことを好んでいたのだった。 また、彼女は多くのジェダイ・ナイトたちの中でも突出した存在である。 アイラはオーダーの末期に在籍していたジェダイ・ナイトであり、主にコルサントのジェダイ聖堂から離れた場所で活躍していた。 ライロスの有力な氏族に生まれたルーシアン・トゥイレックのアイラ・セキュラは、幼い頃にクインラン・ヴォスの弟子となり、ジェダイとして成長した。 グリッタースティムとライル・スパイスの混合ドラッグであるグリッタライルの密売について調査していたとき、アイラとクインランは腕利きのドラッグ屋、すなわちアイラの叔父ポル・セキュラによって記憶を奪われてしまう。 ポルはあまりにも無節操な男であり、当惑したアイラを自分の所有物として手放さなかった。 彼は何も知らない姪を、将来予想されるジェダイからの報復への予防線としていたのである。 クインラン・ヴォスも記憶喪失に苦しんだが、彼はなんとかアイラを発見した。 アイラの潜在的なフォース能力は忘れられたジェダイ規範の支配によって取り除かれ、困惑した怒りの発作として解放された。 彼女の抑制できない怒りの爆発は、ポル・セキュラを死に至らしめる。 怯えたアイラはライロスへ逃れ、ジェダイの追及から身を隠したのだった。 傷ついたパダワンは記憶喪失についてクインランを非難し、キフェックスの囚人衛星に投獄されていたアンザーティの邪悪なダーク・ジェダイ、ヴォルフ・カーコに歩み寄った。 ダークサイドの力に魅了されたアイラは、拘束フィールドを静止させてカーコを解放し、彼女はかつてのマスターを攻撃する。 だが、その後の対立でアイラは記憶を取り戻し、自分がどれだけジェダイの道から踏み外したかを思い知ったのだった。 ジェダイ評議会は彼らの英知において、ダークサイドとの接触から回復するまでの間、アイラとクインランを引き離すべきだと命じた。 まだパダワンだったアイラは、かつてヴォスを訓練したこともあるマスター・ソルムの指導下に置かれる。 彼の助言を得て、アイラはついに関門を突破し、一人前のジェダイ・ナイトとなったのである。 共和国分裂を招き得る分離主義危機のとき、セキュラはジオノーシスに捕らえられた囚人の救助のため、200人からなるジェダイの奇襲部隊の一員として派遣された。 そして続く大規模な軍事衝突において、彼女は数少ない生存者の1人となる。 セキュラは無愛想なジオノーシアンに追い立てられ、円陣を組んで処刑を待つジェダイたちに加えられたが、彼らは突如として現れたクローン・トルーパーによる増援部隊によって救われた。 その後、彼女は自分の特殊部隊をジオノーシスの戦いの最前線に導き、ライトセイバーを埃できらびかせながら、後続する訓練された共和国兵たちのために発光ビーコンの役割を担ったのである。 クローン大戦の間、セキュラはその才能を活かし、情報収集や諜報任務に当たっていた。 ジオノーシスの戦いの1週間後、アイラとイレニック・イットクラはコレリアでのある重要な任務のため、密輸業者に変装する。 彼女はホイール宇宙ステーションでかつての師、クインラン・ヴォスを探すため、ジェイザという名の機械工に扮して再び地下に潜ったのである。 やがて、アイラはコート・ヴォスと名乗って雇われの殺し屋をしていたクインランを発見する。 彼女は長いならず者人生がクインランを大きく変えてしまったことに不安を抱いた。 事実、みすぼらしい武器商人の役割があまりにも自然に見えたため、アイラは自分のよく知るかつての高名なジェダイ・ナイトが、その無節操な殻の下に潜んでいることを理解し難かったのだ。 クインランは情報収集者としての役割から、自分がジオノーシスの罠を察知しているべきだったと信じており、結果的に100名以上のジェダイを死に至らしめてしまったことに自戒の念を抱いていた。 さらに、クローン大戦による緊張から、彼は共和国が本当に守るに値する存在なのか、疑問に思うようになっていたのである。 クインランとアイラによって収集された情報をもとに、ジェダイ評議会はカミーノのクローン製造施設に対する分離主義勢力の大規模な攻撃を察知することができた。 アイラはジェダイ・スターファイターを操縦し、この嵐に覆われた惑星を防衛することになる。 そして、クローン大戦の勃発から4ヵ月後、アイラ・セキュラはジェダイの将軍、ダクマン・バレックがハイポリで大規模なドロイド工場を発見したとき、その破壊を援護するため、ジェダイのエリート機動部隊の1人として派遣された。 だが、ジェダイたちは分離主義勢力の邪悪な指揮官、グリーヴァス将軍率いる何千ものバトル・ドロイド軍に包囲され、この作戦は大きな禍へと転じることになる。 しかし、アイラは辛うじて生きてハイポリから脱出することに成功したのだった。 クローン大戦は表面的には独立星系連合と銀河共和国との戦いだったが、ジェダイはシスの暗黒卿が復活し、この抗争の背後に彼らが存在していることを知っていた。 だが不幸にして、ジェダイたちにはシスがどの程度までこの激震に関与しているのかが見えていなかったのだ。 クインラン・ヴォスは悪党たちの地下活動に潜り込み、ドゥークー伯爵に組する第2のシスを見つけようと努力しながら、この陰謀を覆う謎の解明を続けていた。 しかし、シスの狡猾な欺瞞はヴォスを誤った方向へと導き、彼を腐敗させ、ダークサイドへと誘惑したのである。 そのため、彼は一時的に連合側へと加わり、二重スパイとして暗躍していたが、その大部分は彼に究極的な忠誠を尋ねたジェダイへと傾いていたのだった。 アイラはクインランがジェダイと共和国を捨て、連合に加わったことを知り、大きな不安に駆られた。 しかし、他のジェダイとの友情、特にジェダイ・マスター、キット・フィストーとの密接な関係が、彼女の精神的不安の支えとなる。 だが、この愛情に似た強い絆は、ジェダイ規範によって禁じられた行為だった。 もしも彼らがジェダイ・オーダーに属していなければ、2人の強い尊敬と愛情の念は、おそらく他の何かへと発展していただろう。 その直後、アイラはコレリアン交易スパインに沿った共和国の補給線に対する連合軍の襲撃を調査するため、ジェダイの機動部隊の1人として選ばれた。 襲撃者たちがデヴァロンで存在を確認されると、アイラはトゥイレックの豪商の娘、トゥーラ・ドニータという名士に扮し、地下に潜り込む。 この計略によって、彼女はより高い身分にあるデヴァロニアン市民の1人、ヴィーンセイマロック元老院議員に取り入ることができたのだ。 しかし、セキュラは手遅れになるまで、セイマロック議員がデヴァロンの危険分子であることに気づかなかった。 議員はこの戦争の両方の側に加担することを望んでおり、襲撃者たちに山中の秘密基地を使うことを許可していたのである。 また、彼女は賞金稼ぎのオーラ・シングを雇い、ジェダイを含めた自分の計画を詮索する者たちすべての排除を依頼したのだった。 アイラはオーラの待ち伏せを受けるが、彼女は辛うじてこれを退ける。 アイラはクインランから教えを受けたジェダイのステルス技術を使い、彼女を狙う飢えたクォラの一群を避けると、オーラを攻撃した。 2人は激しく戦い、その中でアイラはオーラの傷ついた過去の中心を見つめることに成功する。 彼女はオーラに根強く残る疎外感と自暴自棄の念を見極めることで、彼女を揺さぶり、不安定な状態へと導いたのだった。 これに激怒したオーラは戦いにおける優勢を失い、アイラはライトセイバーで彼女の胸を傷つけた。 そして、彼女はオーラのアンテナ状の移植片を切断し、シングが獲物の恐怖を摂取することができないようにしたのである。 戦いは終わり、オーラはその場に崩れ落ちたが、アイラは彼女を殺さず、地元当局に身柄を引き渡したのだった。 デヴァロンで収集した情報をもとに、アイラは襲撃者たちの所在を突き止め、残りの機動部隊に提供した。 襲撃者たちはジェダイとクローン軍による突然の攻撃によって、一瞬にして壊滅することになる。 また、辺境の惑星ホノガーに分離主義勢力の戦艦が墜落すると、アイラと彼女に忠実なクローン軍司令官、コマンダー・ブライが惑星に派遣された。 この墜落によって有害な枯葉剤が生態系にばら撒かれ、惑星固有の植物相が破壊されたのだ。 アイラの任務はこの化学薬品の詳細について調べるためのSIP(科学機器パッケージ)を探すことだった。 しかし、ホノガーの恐るべき原住種族ノーグリは、宇宙船の残骸からSIPを回収し、惑星の古代寺院に隠したのである。 このとき、アイラはホノガーで同じようにSIPを探していたクインランと遭遇した。 2人は共同で働き、寺院の防衛網を回避すると、SIPを盗み出して周囲の沼へと破棄する。 だが、ヴォスがアイラを裏切った。 彼は二重スパイとしてドゥークー伯爵の信頼を得るという重要な任務を行っていると告げ、当初、アイラにパッケージを持ち去らせることを拒否したのだ。 同様にアイラはそれに同意した。 そして、2人は袋小路で決闘を開始したのである。 アイラはクインランが容易に怒りに身を任せたことにショックを受けた。 彼女の元マスターは理解しがたいほど深くダークサイドに囚われていたのだ。 彼はアイラを殺すことさえ躊躇しなかった。 そこで彼女は武器を捨て、クインランに驚くべき最後通牒を突きつける。 彼が目的を果たす唯一の方法は、無防備の彼女を殺害することだというのだ。 ヴォスは硬直し、錯乱する。 この一瞬の隙は、コマンダー・ブライが背信のジェダイを狙撃するのに十分な時間だった。 ヴォスは負傷し、逃走する。 アイラの任務は無事に終わった。 彼女はSIPを手に入れ、さらにクインラン・ヴォスの真の忠誠に関する悩ましい疑惑を携えて、共和国に戻ったのだ。 やがて第2のシスの追跡が激化すると、アイラも探求に巻き込まれた。 クインラン・ヴォスによって提示された情報をもとに、マスター・ソルムが連合と同盟を組んだダーク・ジェダイ、ソーラ・バルクを追って、アンザットへと向かったのである。 アイラはソルムへの後方支援のために自分の軍隊を送り、放浪の機械工ジェイザを名乗って諜報活動を行った。 その後、調査はサルーカマイへと波及するが、そこでは分離主義勢力が独自のクローン軍を製造しており、それらは恐るべきアンザーティの格闘技を訓練されたモアグカイの戦士たちによって構成されていたのだった。 サルーカマイ包囲作戦が開始されると、オポー・ランシセス将軍と、長い諜報活動を終えてジェダイに復帰したばかりのクインラン・ヴォス将軍は、モアグカイの影の軍団が他の戦いに使われることを防ぐため、この惑星の唯一の都市を攻撃した。 一方、5ヶ月におよぶ長い包囲作戦の間、アイラ・セキュラはブルー・リーダーとして飛びながら、地上部隊を上空から支援していた。 そして、共和国軍が分離主義勢力の砦を突破し、カルデラに築かれた敵要塞に侵入すると、アイラはクローン製造施設に破壊工作を行ったのである。 やがて、サルーカマイの戦況が共和国優勢となると、セキュラとブライはフェルーシアへの救出任務へと派遣されることになる。 2人は度重なる配置換えにうんざりし、中断された様々な任務に終わりのなさを感じていた。 今回の任務では、彼らはパダワンのエクリアと合流し、フェルーシアへと向かうのだった。 フェルーシアにおけるセキュラと彼女の第327スター・コープスの任務は、分離主義勢力の収容所からジェダイのスパイ・チームを救出することだった。 彼らは捕虜だったジェダイ・ゾンダーとバリス・オフィーを解放し、次の任務、すなわちコマース・ギルドによる狡猾な最終計画を阻止しようとする。 コマース・ギルドは失うことが確実になったフェルーシアを毒で汚染させるつもりだったのだ。 だが、惑星のポンプ・ステーションを抑えることで、フェルーシアの地下水脈に毒素が広がるのを防ごうとする努力は、アイラのジェダイとしての最後の任務となる。 彼女が抵抗を続ける分離主義軍へと接近していたとき、コルサントでパルパティーン最高議長によってオーダー66が発令され、その指令はホログラムを通じてコマンダー・ブライへも伝えられる。 アイラは共和国に対する反逆者として認められ、ブライはジェダイの将軍に対してブラスター・ライフルを向ける命令を下した。 フェルーシア原産の鳥たちが羽ばたき、アイラの注意が空へと向けられたその瞬間、ブライとその部下たちは彼女に向けて一斉に発砲し、アイラを殺害したのである。 ルミナーラ・アンドゥリィ Luminara Unduli 種族: ミリアラン 出身: ミリアル 職業: ジェダイ・マスター 性別: 女 身長: 1. 7メートル 愛機: 不明 ルミナーラ・アンドゥリィは銀河共和国の末期にジェダイ・オーダーに貢献したジェダイ・マスターである。 風変わりな女性ヒューマノイドのルミナーラは、ジェダイ評議会だけでなく共和国政府からも信頼された有能な助言者だった。 危機が訪れると、彼女とその忠実なパダワンであるバリス・オフィーは戦いの最前線に突入し、凄まじいライトセイバーの剣術で抗争の解決に貢献するのだった。 ルミナーラは惑星ミリアル出身のミリアランである。 吊り上った両目は広く離れており、青い大きな虹彩はあたかも上瞼であるかのように見える。 鼻は広く平らで、皮膚は果樹木のような色をしており、顔の形は3角形をしている。 さらに顔の下半分には唇から丸い顎に至るまで垂直のストライプを形成する小さなダイアモンド型の刺青が施され、手の甲にも各関節の継ぎ目に刺青が彫られている。 そして、彼女は何年にもおよぶ厳しい修行によって、自身の肉体を武器そのものに変えたのだった。 彼女は関節の柔軟性を増すことで、戦闘時には非人間的な機敏さを発揮することができるのだ。 ルミナーラは数年にわたってジェダイ評議会と最高議長府に仕えており、評議会が彼女と同じ惑星出身の悪名高い海賊アーウィン・コールの犯罪活動を取り上げる必要があったときに重要な情報源として役立った。 また、その10年後には無名の惑星アンシオンの国境紛争解決を手助けするために、その外交手腕と素早い機転、そしてフォースの強さを使用したのだった。 また、ジオノーシスの戦いでは、初期段階にルミナーラとメイス・ウィンドゥが惑星の防衛網を弱体化させるべく先陣を切って突入し、後続するジェダイの機動部隊の着陸を可能にしている。 そしてクローン大戦がジオノーシスから銀河系各地へと飛び火すると、クローン軍の将軍に任命された彼女は、バリスと共に、トゥーレ、イラム、その他の惑星の前線で活躍を見せるようになる。 その後、戦争がますます激しくなると、ルミナーラはキャッシークへ、オフィーはフェルーシアへというように、2人が別々の任務に派遣されることも多くなってきた。 ルミナーラはジェダイ・マスター、ヨーダの下で、キャッシークの防衛網を構築する準備を務めていたのである。 そこで、彼女はクローン軍を指揮し、ドロイドの侵略軍を撃退することに成功したが、その直後にオーダー66の犠牲者となる。 これは、最高議長が発令した、すべてのジェダイを共和国に対する敵だと見なす処刑命令だったのだ。 ルミナーラのクローン・トルーパーたちは直ちに彼女を裏切り、ブラスター・ライフルの一斉射撃によって彼女を殺害したのである。 バリス・オフィー Barriss Offee 種族: ミリアラン 出身: 不明 職業: ジェダイ・パダワン、ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 1. 68メートル 愛機: 不明 ジェダイ・マスター、ルミナーラ・アンドゥリィに師事する忠実なパダワン、バリス・オフィーは、パルパティーン最高議長との重要な面会の際には敬愛する師に寄り添い、クローン大戦の勃発時にも仲間たちと共に激しい戦いに参加した。 戦闘時のバリスはマスター・ルミナーラとの二身一体の戦闘スタイルを得意としている。 彼女はフォースとの繋がりによって、自分の行動をマスターのそれと完璧に同調させることができるのだ。 一方で、彼女のマスターは間違いなくルミナーラだが、バリスはジェダイの治療者サークルにも加わっており、そこではスタス・アリーから教えを受けている。 彼女は怪我の治療よりも、疾患の治療を得意としていた。 深宇宙を航行する貨物船の中で生まれたバリスは、ジェダイ・オーダーに在籍する他の訓練生と同様に幼い頃から両親と切り離され、コルサントのジェダイ聖堂とジェダイ規範の教義のなかで育てられていた。 彼女にはジェダイの原理に基づく厳格な教育が与えられたが、若いオフィーは彼女より保守的なマスターさえも難色を示すほどの衝動性を持ち合わせている。 彼女は生まれつき控えめな性格だが、脅しに屈することを極端に嫌い、外交的手続きに従うよりもライトセイバーでの戦いを選ぶことが多い。 事実、これは彼女と同世代のパダワンたちに多く見られる共通の特徴だった。 バリスやアナキン・スカイウォーカーといった若いジェダイたちは、自分の若さを過剰にアピールする傾向が強く、ときとして冷たい行動に出ることも多いのだ。 クローン大戦の勃発前に、バリスは師のルミナーラ、そして仲間のジェダイ、オビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカーと共に、無名の惑星アンシオンの外交任務に赴いた。 分離主義勢力の共謀者たちが幾重ものベールに隠された黒幕を通じて、アンシオンを共和国から離脱させようと画策していたのである。 この陰謀の一環として、地元の犯罪王ソアーグ・ザ・ハットに雇われた2人の無能なアンシオニアン、ブルガンとキアクタがバリスの誘拐を試みた。 しかし、彼女は2人が利用されていただけであることを見抜き、犯行の意図に悪意がないことを知る。 バリスはフォースの癒しの術を使って誘拐者たちの心の病を治療し、感謝と忠誠を得ることに成功したのだった。 この友情はやがてアンシオンに平和をもたらし、共和国分裂の脅威を水際でせき止めることに役立つことになる。 そしてアンシオンからの帰還後、バリスとルミナーラはドゥークー伯爵によって捕らえられたオビ=ワンを救出するため、メイス・ウィンドゥ率いる200人のジェダイと共にジオノーシスへと向かった。 彼らはジオノーシスの闘技場で果敢な戦い振りを披露するが、数で圧倒的に勝る分離派のドロイド軍を前に、多くのジェダイが犠牲となってしまう。 だが、マスター・ヨーダと共和国のクローン軍の到着によって形成は逆転し、多大な被害を被りながらも、ジオノーシスの戦いは共和国側の勝利に終わるのだった。 しかし、この戦いは凄惨なクローン大戦への幕開けに過ぎなかったのである。 クローン大戦の最中にも、バリスは師に付き従い、ジェダイの訓練を続けていた。 彼女はジェダイの神聖な寺院のある厳寒の惑星イラムへと赴き、ここでしか採集されない貴重なクリスタルを使って、ライトセイバーの製造法を学んでいたのである。 だが、ジェダイがその力を維持するにあたって重要な惑星となるイラムは、既に独立星系連合軍の攻撃目標となっていた。 無数の地雷埋設ドロイドが寺院のある洞窟へと侵入し、爆破工作を行っていたのである。 それを察知したバリスとルミナーラは二身一体の攻撃で次々とドロイドを破壊するが、爆弾の除去には間に合わず、崩れ落ちてきた瓦礫の下に閉じ込められてしまう。 彼女らの救助に駆けつけたのは、フォースの乱れで2人の危機を直感したマスター・ヨーダだった。 そしてクローン大戦の勃発から2年後、師弟は別々の任務を与えられ、バリスは医師たちの支援とボタの生産を厳重に監視するためにドロンガーへと派遣される。 彼女はこれが自身に課せられたジェダイの試練であると確信しており、この戦争における自らの価値を示す絶好の機会であると捉えていた。 だが、彼女は共和国機動医療部隊の目に見える恐怖に対しても、毎日死との直面を強いられる精神的苦痛に対しても、心の準備ができていなかった。 さらに、バリスは気づくと、執拗に彼女を挑発し続けるリムゾー7の戦闘インストラクター、フォウ・ジと対立していたのだった。 彼女はフォウ・ジを出し抜きたいとする願望がフォースのダークサイドに起因するものだということに気づき、その感情を抑制しようとする。 そして、フォウが分離派のスパイによって放たれた毒矢に撃たれると、バリスは欲求を飲み込み、フォースの助けを得て彼の体から毒を抽出することを強いられたのだった。 しかし、回復したフォウ・ジが再び戦場へと戻り、自分を付け狙う分離派の軍を殲滅させるためにサーマル・デトネーターを使うと、バリスも彼を救った満足感をすぐに払拭させられてしまう。 バリスは、フォウが自分の優位性を誇示するために彼女の好意を無にしたのだと確信し、再び怒りの炎を燃やすのだった。 彼女がジェダイの試練の奥深さに気づき、目の前の任務に集中するようになったのもこのときである。 そして、分離主義勢力がすべての協定を破って医療施設への攻撃を行うと、彼女はリムゾー7への攻撃を通じてこの戦争の醜さと凄惨さを見せつけられたのだった。 やがて脱出のとき、バリスは榴散弾の破片によって医師のザン・ヤントが即死する光景を救いようのない恐怖として見つめていた。 そして、友人の死を悲しむことさえ冷静に拒絶するジョス・ヴォンダーの態度にも、バリスはただ辛抱するしかなかったのである。 パブロ=ジル Pablo-Jill 種族: オングリー 出身: スカステル 職業: ジェダイ・マスター 性別: 男 身長: 1. 6メートル 愛機: 不明 フォースは銀河系全体に存在するあらゆる生命体を包み込んでおり、そのため、ジェダイ・オーダーも実に様々なエイリアン種族によって構成されている。 パブロ=ジルもクローン大戦当時に活躍したエイリアンのジェダイ・ナイトである。 ジェダイ聖堂に配置されていた彼は、増大した分離主義勢力の軍隊からオビ=ワン・ケノービを救出するため、ジオノーシスへ派遣された英雄の1人だった。 スカステル星団出身のオングリーであるパブロ=ジルは、無法状態だったオード・マンテルに一時的な平和をもたらした功績によって名声を得ている。 ジェダイ評議会は彼にパダワンを取るようにと薦めたが、彼はクローン大戦が勃発するまで一度も候補生の訓練を開始していない。 そしてクローン大戦の末期、グリーヴァス将軍率いるドロイド軍がコルサントへの奇襲を開始すると、パブロ=ジルはジェダイ・インターセプターに搭乗し、分離主義勢力の艦隊と戦った。 彼の任務は、グリーヴァスによって捕らえられたパルパティーン議長の乗るシャトルを奪回することだったのだ。 パブロの戦闘機はシャトルを追って<インヴィジブル・ハンド>のハンガーに着陸し、そこでグリーヴァス将軍の手荒い歓迎を受けることになる。 彼は短い戦闘の末、この邪悪なサイボーグによって殺害され、その死体は共和国軍への見せしめとして宇宙空間へと放り出されたのだった。 サーリッサ・ジェン Sarrissa Jeng 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 不明 愛機: 不明 サーリッサ・ジェンはアンター4の戦い直後に、アッゼリへ派遣された6人のジェダイからなる調停チームで、リーダーを務めていたジェダイ・ナイトである。 この任務の目的は、捕らえられたゴウタルの特使ナザンジョー・ニレールズの釈放について交渉することだった。 ニレールズはアンター4の共和国脱退を要求するゴウタルのゲリラ組織、ロシュ・スーンの工作員によって誘拐されていたのだ。 ジェンと仲間のジェダイたちはニレールズの釈放を求めて交渉を試みるが、テロリストたちは彼らに対して攻撃を開始する。 最終的にジェダイはロシュ・スーンの戦士たちを制圧するが、この戦いで2人のジェダイ、カルーア・コフィとアンティヤード=ウォ・シサーンが犠牲となったのだった。 その後、カーシュネックとジェンを含む4人の生存者は、ゲリラが人質を取って立てこもっている定期ホッパーを強襲した。 すると、ゲリラはテルミット・ゲル爆弾をホッパーへ投げ込み、爆破させる。 ジェダイたちは最善の努力で中にいた人々の傷を治療し、彼らをスクリーカとタロスの街にある医療棟へと連れて行ったのである。 ゴウタル外務省のリーダー、シャグラッド・ロセットは、この行為を内政干渉とみなしてジェダイを批判したが、彼らの英雄的行為はジェダイ評議会のメンバーであるシャク・ティによって賞賛された。 そして、カーシュネック、ジェン、その他の生存者たちは、仲間の遺体を最も近くにあったアリーンのジェダイ支部へと送り届けることになる。 その後、ジェンはオビ=ワン・ケノービを救出するため、メイス・ウィンドゥによって召集され、ジオノーシスへと派遣された。 彼女はクローン大戦の緒戦となるこの戦いでバトル・ドロイド軍の激しい攻撃を受け、善戦むなしく戦死したのである。 バルター・スワン Bultar Swan 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 不明 愛機: 不明 バルター・スワンは銀河共和国の晩年に活躍した熟練のジェダイ・ナイトである。 彼女は分離主義勢力に捕らわれたジェダイの捕虜を救出するためジオノーシスに派遣された約200人の奇襲部隊のうちの1人だった。 ジオノーシアンの戦士や事実上無数のバトル・ドロイドと対峙したとき、彼女のライトセイバーの技量が試されたのだった。 マイカー・ギエットに師事したスワンは多くの戦闘訓練のなかで尊い誓いを交わし、クローン大戦が勃発するまで一度としてそのアクロバティックな技巧で生命を奪ったことが無かった。 やがてインチョリの過激派の手によってギエットが非業の死を遂げると、彼女はジェダイ・マスター、プロ・クーンの下で修行を続けたのである。 実際、スワンは自身の物理的な動きを最小限に抑えて敵対者を引き寄せ、その後、目もくらむほどの迅速な一撃を与える。 クローン大戦が勃発する直前には、彼女は過熱するセパンの内乱を平和的に調停する外交団の一員にも選ばれていた。 エージェン・コーラー Agen Kolar 種族: ザブラク 出身: イリドニア 職業: ジェダイ・マスター、ジェダイ評議員 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 エージェン・コーラーはオビ=ワン・ケノービらの救出のため、ジオノーシスの戦いに参加したザブラクのジェダイ・ナイトである。 彼はこの戦いを生き延びた数少ない戦士の1人となるが、同時にこの戦いで彼は最愛のパダワン、タン・ユースターを失っている。 コーラーはこの悲痛な運命を即座に受け入れ、共和国軍の将軍としてクローン大戦を戦うことを誓うのだった。 彼の共和国に対する忠誠と献身は、ジェダイの義務を支える重要な柱だったのだ。 しかし、コーラーには戦争勃発に続いて沸き起こったオーダー内部の不和に関する雑音を無視する忍耐力は備わっていなかった。 コーラーの以前の任務はミッド・リムや共和国の外れで行われることが多かったが、クローン大戦ではコア周辺で活動することを強いられていた。 彼のクローン・トルーパー部隊はブレンタルIVに派遣され、そこでショガー・トックの指揮する分離主義側の要塞を攻撃し、陽動作戦を展開することによってシャク・ティ将軍を援護したのだった。 しかし、コーラーの部隊は敵の反撃の前に降伏を余儀なくされ、シャク・ティの部隊がなんとか惑星の支配権を掌握するまで、短期間ながら囚人となっていたのである。 コーラーは屈強の戦士として知られているが、その反面、外交任務を不得意としているのも事実だった。 あるとき、彼はコルサントとの接触を失ったジェダイのスパイ、クインラン・ヴォスを連れ戻す任務を与えられる。 彼はヴォスが共和国を裏切ったという不穏な知らせを受け取っていたが、最終的に彼を捕らえることはできなかったのである。 タン・ユースター Tan Yuster 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・パダワン 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ロース=デル・マソナはオビ=ワン・ケノービらの救出のため、ジオノーシスの戦いに参加した浅黒い肌の人間のジェダイ・ナイトである。 彼はドゥークー伯爵と分離主義勢力の指揮するドロイド軍と戦い、劣勢を強いられるが、ヨーダ率いるクローン軍の到着まで生き延びることができた。 そして、クローン大戦が始まってからも、マソナはカミーノ、ルータン、ギャロスIVなどで、多くの戦いに参加していた。 しかし、戦争末期にコルサントが奇襲を受け、パルパティーン議長が分離主義勢力によって誘拐されたとき、彼は首都惑星の地上での戦いでグリーヴァス将軍に殺害されたのだった。 ソーラ・バルク Sora Bulq 種族: ウィークェイ 出身: スリルア 職業: ジェダイ・マスター、ダーク・ジェダイ 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ソーラ・バルクはジェダイ・オーダーで随一のライトセイバー指導者であり、古典的戦闘法から実験的な戦闘法まで、様々なフォームを完全に習得している。 事実、彼はメイス・ウィンドゥがヴァーパッドと呼ばれる非常に激しい第7のフォームを習得する手助けを行ったこともあるのだ。 この訓練は極めて大きな危険を伴い、フォースのダークサイドに近づくことが要求されるのである。 バルクは数多くのジェダイの戦士を訓練してきたが、その大半がジオノーシスの戦いで戦死してしまい、その中には当時のパダワンだったガルドス・ストーフも含まれている。 そして一時は、彼自身もこの戦いの戦死者リストに名を連ねていたのだった。 バルクは生き延びていたが、クローン大戦の勃発が彼の精神に取り返しのつかない大きな傷を残したのは紛れもない事実である。 バルクは多くの弟子を失い意気消沈していた。 そして、共和国からジェダイに対してクローン軍の将軍になるよう要請があったとき、彼はついに姿を消したのだった。 彼はかねてから共和国に不満を抱いており、数人の同志と共に任務に背くことを決意したのである。 バルクはジェイセル、ククラーク、ラド・ターン、そしてかつてのパダワンであるミラと合流し、故郷スリルアの衛星ルールにある家族の家へと向かった。 そこで彼はジェダイ評議会に交渉する用意があると伝え、かつてのスパーリング・パートナーだったメイス・ウィンドゥがすぐにルールに到着したのだった。 ちょうどそのとき、ドゥークー伯爵に鍛えられた分離主義勢力の司令官、ダーク・ジェダイのアサージ・ヴェントレスによる襲撃が行われる。 彼女はメイスに忠誠を誓い、ジェダイたちの間に不信感を植え付けた。 バルクたちは評議会にさらなる疑念を持つようになったが、メイスは真実を継ぎ合わせる。 ヴェントレスはルールに到着したときからこの会合の主催者であるバルクについての完全な知識を持っていた。 事実、彼は彼女の仲間だったのである。 バルクはメイスに自分の背信を認める。 ヴァーパッドによる実験は、彼をダークサイドへと招いていたのだ。 彼は恐ろしいライトセイバー・フォームを習得したわけではなく、逆にフォームによって支配されていたに過ぎない。 ジオノーシスにおける虐殺も、バルクの堕落を悪化させただけだったのだ。 彼を戦場から救出したのは分離主義者たちであり、ドゥークー伯爵はジェダイ・オーダーの内部で分裂を助長させるため、彼に個人的な接触を試みたのだった。 共和国に失望していたバルクはこれに同意し、ドゥークーの理想と行動を絶賛する。 彼は自分がドゥークーの理想によって育てられた新世代のジェダイの1人となることを信じていたのだった。 メイスはバルクと対決するが、この戦いは決着を見ることができなかった。 メイスにとっては謎の女性戦士ヴェントレスの正体こそがより重要な問題であり、彼は彼女を追跡するためバルクを気絶させたのだった。 メイスはヴェントレスを追ってルールを発ち、バルクは生き延びた。 やがてこの戦争が終結を迎えるころ、バルクは再びジェダイ・オーダーに禍をもたらすことになる。 タラドス・ゴン Tarados Gon 種族: クラトゥイニアン 出身: クラトゥイーン 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ジェダイ・ナイト、ジョクラド・ダンヴァはテーアズ・カジを学ぶ著名な武人である。 彼はバンデュキで行われる武道トーナメントにも定期的に参加していたが、クローン大戦の直前に行われた大会でフォウ・ジに破れ、以後出場を辞退している。 その後、ダンヴァはオビ=ワン・ケノービを救出するため、メイス・ウィンドゥらと共にジオノーシスへ向かった。 この戦いでは分離主義勢力のドロイド軍によって多くのジェダイが殺害されるが、彼は共和国のクローン軍が到着するまで持ちこたえ、ごく僅かな生存者の1人となるのだった。 フィ=エック・サーチ Fi-Ek Sirch 種族: ニクト 出身: キンタン 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明 ジェダイの崇める神秘的なエネルギーの場は家系によっても引き継がれ、高名なナイトやマスターのなかにはフォースと同様に血の繋がりを持つ者が数人いることが知られている。 そうしたジェダイ・ナイトの1人であるスタス・アリーは、共和国の晩年にジェダイ評議会のメンバーを務めていたアディ・ガリアの従姉妹である。 彼女はその冷たい青い瞳を見れば分かるように、マスター・ガリアと基礎的な肉体的類似点を持って生まれた。 さらにトーロスと呼ばれる頭飾りに代表される同じ服装は、2人が同一の文化の出身であることを物語っている。 しかし、ガリアがジェダイ・マスターの地位を得た一方で、スタスはクローン大戦が始まるまで、騎士のレベルに到達することしかできなかったのだ。 共和国を脅かす分離主義運動の最中、スタスはパルパティーンの政府の最上層部に助言を与え、凄惨なクローン大戦の幕開けとなる最初の戦いでも勇敢に戦っていた。 また、コーナでロジュラッグ・シュラッグの食塩カルテルを壊滅させるなど、数々の実績を持つ彼女は経験豊富な戦士であり、腕利きの密使でもあるが、ジェダイ治療師のサークルでも訓練を積んでおり、癒しの術の習得にも重きを置いていた。 クローン大戦の間、スタスはコルサントで尊敬の対象とされているジェダイ評議会の一員として活躍していた。 そして、大戦末期に行われた分離主義勢力による首都への大胆な奇襲の最中も、彼女はコルサントに留まっていたのである。 だが、スタスはシャク・ティと共にパルパティーン議長の護衛の任務に就くものの、グリーヴァス将軍の妨害に遭い、議長を誘拐されてしまったのだった。 その後、アウター・リム包囲作戦によってサルーカマイが陥落すると、スタスは掃討任務のためクローン・トルーパーの分遣隊を率いて、再びサルーカマイへと派遣された。 しかし、彼女がスピーダー・バイクでパトロールを行っていたとき、オーダー66が発令される。 彼女の配下のクローン・トルーパーはスタスを共和国に対する反逆者であると認識し、コマンダー・ネイオが彼女のバイクをブラスターで攻撃した。 スタスのバイクは爆発し、彼女自身も即死してしまう。 瓦礫と化したバイクはそのままサルーカマイの景観へと突っ込み、火の玉となったのだった。 サー・ラブーダ Sar Labooda 種族: キャラクタン 出身: キャラクタ 職業: ジェダイ・ナイト 性別: 女 身長: 不明 愛機: 不明 イチ=タン・ミコダはジェダイ聖堂における彼のクラスを最下位に近い成績で卒業したが、彼は永続的な努力とジェダイ公文書館での長時間におよぶ研究によって銀河法を完全に理解し、初期のトレーニング試験を合格したのだった。 イチ=タンは話術と交渉に熟練しており、外交部隊と公文書館の法律部門に従事していたのである。 そのため、彼は普段からコルサントに留まっていることが多く、メイス・ウィンドゥがオビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカー、パドメ・アミダラを救出するためにジェダイの奇襲部隊を募ったときも、彼は聖堂に配置されていた。 したがって、イチ=タンはメンバーの1人として選ばれることになり、ジオノーシスの戦いでは、自身の青いライトセイバーを振るったのだった。 イチ=タンは非正統派の戦闘スタイルを好み、訓練中もスパーリング相手の不足に困ることが多かった。 しかし、ときとしてクラスで最も強力な生徒や、素晴らしい腕を持つ剣豪を打ち破ることがあったのも事実である。 こうした試合では、イチ=タンは迅速な攻撃と突き刺すようなスタイルによって、素早く勝利を宣言したのだった。 だが、不幸にしてイチ=タンの戦闘スタイルは多数の敵を同時に相手にする際に適したものではなかった。 ジオノーシスのペトラナキ・アリーナでジェダイがバトル・ドロイドの大群と戦ったとき、イチ=タンは勇敢に戦ったが、複数の敵の前に倒されてしまったのである。 ルーマス・エティマ Lumas Etima 種族: 人間 出身: 不明 職業: ジェダイ・パダワン 性別: 男 身長: 不明 愛機: 不明.

次の

スターウォーズに出てくるジェダイマスター全員の名前と特徴を教えてく...

ジェダイ マスター 一覧

歴史 新時代を開拓するために考案され、哲学的研究グループとして創設されたジェダイは、の平和と正義の威厳ある守護者として尊敬されるようになった。 フォースとその輝く象徴たるの神秘的な使用者として、彼らの力は多くの銀河市民に畏敬の念を抱かれていたのである。 冷静かつ尊敬に値する振る舞いによって、ジェダイは対立や紛争の時代に平和をもたらす理想的な存在だった。 しかし、あらゆる力と多様性をもってしても、ジェダイは数が少なすぎた。 不安と混乱が渦巻く時代には敵対者に攻撃されることも多く、邪悪な暗流が彼らの仕える秩序と制度に挑むことも多かったのだ。 なかでも最も有名な存在がシスである。 こうした闇の戦士たちはジェダイの対極に位置する存在であり、彼らにとっての宿敵でもあった。 両者の間の戦いはたびたび銀河系を戦争へと導くことになる。 危機が訪れると、シスの影響力はジェダイ・オーダーの見識をさえぎることさえできた。 ジェダイの道は理性と忍耐の道であり、必要に応じて迅速かつ確固とした行動によって支えられているのだ。 しかし、はときとして決断力の欠如を露呈させることがあり、のときのように、長時間にわたって事象と傾向について議論することを好んでいた。 彼らの怠慢はレヴァンに戦いへと戻ることを急かせ、ついには自分たちをへと導いたのだった。 銀河系の他の人々にとって、抗争時におけるジェダイとシスとの境界線は曖昧であり、、、などの惑星の破壊については、両者が非難を浴びることになる。 その後、複雑な計画と見事な適応能力によって、あるがの地位にまで上りつめた。 彼は戦争を画策し、ジェダイを弱体化させると、素早い巧妙な一撃によってジェダイ・オーダーを滅ぼし、皇帝の旗の下に銀河系を隷従させたのだった。 だが、この破滅的状況にあってもジェダイは完全に滅びたわけではなかった。 彼らは1世代を経て復活し、再びその知恵と導きによって銀河系を守り、育むことになる。 ジェダイは新共和国の道徳の源となったのだった。 道のり はと任務に同行し、経験を積む。 はと共にに向かった。 幼いジェダイたちは、ほぼすべて最初はたちと呼ばれ、「クラン」ごとに経験を積んだ偉大なから、ジェダイの道やフォースの力について教えを受けることになる。 以後は、ジェダイ訓練生は子供たちであることが一般的だった。 その後、ヤヴィン4にジェダイの本拠地が置かれたときは、もはや子供ではないジェダイの初学者たちがジェダイ・マスター・ルーク・スカイウォーカーや、ときには他のマスターからの直接の指導の下で、訓練を受けていた。 そして新生ジェダイ・オーダーでは、再び子供たちが幼年期の間にクランごとに別れて訓練を受けるようになったのだった。 ジェダイの道について十分な理解に達成した訓練生は、通常、別のジェダイの下へ連れて行かれ、訓練を終えるための個別訓練に入る。 マスターたちが自分のパダワンを任務に同行させ、その後、経験を積ませ、実践から学ばせるために、彼らを単独の任務に就かせるのだ。 ライトセイバーの訓練 とにの指導を行った・ ジェダイの伝統的な武器はライトセイバーであり、これは熟練した使い手が持つことで、敵対者が長距離武器を持っている場合でさえ、戦闘時には恐ろしい存在となった。 しかし、このレベルの技能に達するためには多大な集中力と訓練が要求される。 訓練生はを使ったライトセイバーの模擬戦を行い、子供たちは訓練用ライトセイバーを使用していた。 また、彼らは互いの能力を競い合うために仲間のジェダイとの試合なども行っていた。 ライトセイバーはすべての重量が柄の部分に集中しているため、これを使うジェダイには研ぎ澄まされた感性が必要であり、フォースと密接に同調しなければならない。 また、ライトセイバーの複雑な内部構造の組み立てや、への最初の充電を行う際には、フォースの知識が要求される。 ジェダイは訓練の一環として、光刃を収束させる特殊なクリスタルを使い、自分たちのライトセイバーを作成しなければならない。 ジェダイの内乱時代には、多くののジェダイが瞑想用の道具として、特別に鋳造されたを使用していた。 厳しい訓練の中にこのクリスタルを組み入れることで、彼らは緊迫した格闘の最中でも、使用者の邪念を晴らすことができたのだ。 さらに、ライトセイバーのための部品を探し出すことも訓練の一部だった。 イラムやダントゥイーンなどの惑星にあるクリスタルの洞窟での瞑想は、しばしばジェダイの心にこれから作られるライトセイバーのイメージを映し出した。 ライトセイバーの作成はへ到達するまでの1つの節目であり、大きな象徴的意味を持っていたのである。 生活 規範に従ったジェダイの行動は、自制心、義務、公益を守るため、厳格に構造化されていた。 ジェダイは感情と物欲を抑え、生命、法、秩序、師弟関係を尊重していた。 そして、彼らは弱者を支え、守るための助力を提供していたのである。 行動規則にはあらゆるものに存在する光と闇への理解という概念が込められており、不確かなものや明らかな危険があれば、些細なことにでも目を開き、物事を正確に捉えるよう説かれていた。 そして何よりも、ジェダイは共和国への任務を守り通し、フォースを信奉していたのである。 ただし、以前のジェダイには行動により多くの余裕が与えられていた。 オーダーもより緩やかに組織され、ナイトやマスターには多くの自由が与えられていたのだ。 その後、オーダーはによってより厳格に一元管理させることになる。 これは後に奨励されなくなったが、初期のジェダイは戦闘時に自分の身を守るため、盾と装甲服を利用していたことが知られており、格闘の際にはライトセイバーだけでなくを使用することも許されていた。 また、改革を迎える前のジェダイには服装に関する規範もなく、多少なりとも理にかなった服装をしていたが、マスターの多くは伝統的なを好んでいた。 ジェダイ・ローブは上着とマント、ときにはタバードから成り、通常は白と茶色の変化に富んだ色調と色合いをしているが、上着では灰色が特に一般的である。 服装の左側は常に上半身の右側に巻き込まれていた。 そして改革後になると、これらのローブが戦闘中でもジェダイの一般的な衣装となる。 ジェダイはズボンを履き、帯と皮製のユーティリティ・ベルトを締め、そこに任務で使用する特殊な道具を装備し、皮靴を履いていた。 ジェダイの色調は対極の存在として黒一色に染まったシスとの激しいコントラストを形成していたのである。 一方で、愛着心を否定する哲学に従い、ジェダイの衣装はとりわけ不必要なものとして見られていた。 銀河共和国のジェダイは、強い執着心をダークサイドの感情へと通じるものだと考えており、それを持つことを禁じていた。 同様に、結婚することも許されていなかった。 の存在こそは、ジェダイがこうした慎重な姿勢をとったことの証であり、彼は秘密の妻を失うことへの恐怖によって最終的に闇へと転落したのだった。 しかし、彼は息子ルーク・スカイウォーカーとの絆によって、後に光を取り戻している。 他にも極わずかに結婚を許された事例が記録として存在している。 はスリアンの低い出生率に配慮し、一夫多妻制のもとでの結婚を許され、7人の娘を儲けた。 また、は結婚が発覚したことで評議会から厳しく処罰されたが、オーダーからの追放は免れている。 また、こうした制約に反し、実際には数多くのジェダイが秘密裏に恋愛関係を保持していたことも事実である。 ジェダイと非ジェダイとの間では、アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラ、と、となどの事例がある。 さらにオーダー内部でも、と、と、と、となどの事例がある。 そして、こうした関係の多くが悲劇に直結しなかったことも事実である。 特にととのロマンスは、彼女を救う結果にもなったのだった。 一方で、この問題について最高評議会に公然と逆らう者もいた。 の間、とその妻の問題は、激しい論争を巻き起こすことになった。 ビンドは妻にフォースの道を訓練したが、彼女はその直後にダークサイドへと転落したのである。 彼はオーダーを追放されず、ジェダイ・ナイトへと昇進した。 だが、その代償として評議会の賢者たちからの信頼を失い、自らオーダーを去ったのだった。 ルーサンの改革後になると、結婚するジェダイや、家族と暮らすジェダイも現れるようになる。 なかにはの一家のように、完全にジェダイだけからなる家族もあった。 ジェダイの家族の子供たちは強いフォースを持って生まれてくることが多く、後に家族でオーダーに在籍するようになった者たちもいたが、同時にこうした家族の中にはジェダイにならなかった者も存在する。 共和国で著名なジェダイの一族としては、クーン家やディアス家などが知られている。 ジェダイの道は長い人生の道のりである。 通常、ジェダイは人生のすべてをオーダーの一員として過ごし、ジェダイ評議会の意思に従いつつ、オーダーとフォースについてより多くのことを学ぶことになる。 クローン大戦の勃発以前に自らの意思でオーダーを去った(ナイト以上の階級の)ジェダイは、わずか20人しかいない(ただし、これがルーサンの改革後からのことなのか、それともより以前からのことなのかは歴史学者の間でも議論が分かれている)。 この20人の中でも特に著名な人物として、やマスター・が知られている。 彼らは一般に「」、あるいは単に「失われし者」と呼ばれている。 フォース の達人、 ジェダイは、あらゆる生命体から発せられるエネルギー場、フォースについて一体となって研究を行っていた。 ジェダイはフォースの理解に努め、自らが仕える人々を守り、助けるためにその力を使用していたのである。 ジェダイはフォースの利用には注意深い研究と熟考が必要であると考えており、それによって初めて、利用者とその周囲の世界に利益をもたらすことができると信じていたのだ。 ジェダイはフォースのライトサイドについて学んでいたため、彼らはフォースの使用を癒しと防御のみに限定するよう推奨し、怒りや恐怖を禁じていた。 だが不幸にして、一部のジェダイはこの見解に反対し、フォースのより暗い使用法も許されるべきだと主張した。 この不調和は後にジェダイが直面する重大な問題へとつながり、シスとの恒常的な戦いへと発展することになる。 フォースのダークサイドは多くのジェダイに大きな誘惑をもたらした。 多くのジェダイにとって、ダークサイドは手軽でより簡単な手段に思えたのだ。 しかし、ダークサイドの探求は自己破壊の努力であり、暗黒の力を得た多くのジェダイがそれを振り払うために多大な労力を払うことになったのだった。 なかには光を取り戻すことができたジェダイもいたが、多くは堕落してとなり、なかにはシス・オーダーに加わる者もいた。 さらに、ダークサイドの影はジェダイの力を減退させ、重要な事項への洞察力を曇らせるのだ。 そのため、闇のフォース・パワーの使用はジェダイ評議会によって厳格に禁じられていた。 だが、ジェダイはダークサイドに転落した者たちを救おうと努力していた。 ジェダイにとって殺害はあくまでも最終手段だったのだ。 この性質はオーダーの強みでもあり、同時に弱点でもあった。 しかし、この教えはあまりにも強い信念であり、レヴァンやのようなシスの強者も、最終的には善に転向させられ、ジェダイを救っている。 ジェダイの力を支える3つの柱 ジェダイのたち ジェダイはジェダイ規範とフォースの道にしたがってメンバーを訓練するが、その中には4つの基本階級を含む、いくつかの階級が存在していた。 ジェダイ・アデプトは正式な訓練を受けていない、成人したフォース感知者を指す名称である。 ジェダイ・イニシエイトは単に子供たち、あるいはジェダイ候補生とも呼ばれる、フォース感知能力を持った子供のことである。 強いフォースの潜在能力を持つ者は、血液中のミディ=クロリアン値が大きな値を示すため、候補生は血液採集によってジェダイとしての資質を見出されることが多い。 こうした子供たちは幼いうちに家族と引き離され、訓練のためジェダイ聖堂へ連れて行かれる。 そして、子供たちはクランと呼ばれるグループに分けられ、教えを受けることになる。 ジェダイ・パダワンは、1人のジェダイ・ナイトまたはジェダイ・マスターの厳粛な監督のもとで訓練を受ける修行者たちである。 イニシエイトからパダワンへと昇格するには、ナイトかマスターによって選ばれ、唯一の生徒となる必要がある。 13歳を迎えるまでにパダワンとして選ばれなかった子供は、オーダーを去るか、あるいはにおける下位の役割に就くかを選ばなければならない。 後者の場合、生徒たちの適性に応じて、、、などに配属させられることになる。 髪のある種族のパダワンは、通常、髪の一部だけを長く伸ばし、右耳の後ろで束ねていた。 そして、彼らはナイトに昇格した際に、式典でこの三つ編みを切断することになる。 また、年齢と能力を理由にイニシエイトを経ずにパダワンの訓練を許される者もわずかに存在しており、その最も著名な例がアナキン・スカイウォーカーだった。 十分な修行を積み、自制心を身に付けたパダワンは、試練に合格することでナイトに昇格することができた。 ジェダイの試練には、肉体の試練、勇気の試練、技能の試練、自己の試練(「鏡との対面」と言われることもあった)など、いくつかの種類があった。 ただし、単に必要な試練がすでに終了したと判断されるだけでナイトとなったジェダイも数名存在しており、その著名な例として、オビ=ワン・ケノービとが知られている。 フォースに対する偉大な理解を示し、訓練したパダワンをナイトとして鍛え上げることに成功したジェダイ・ナイトには、最高評議会からジェダイ・マスターの称号が与えられる。 通常、この称号を手にするためには並外れた功績が必要とされ、マスターにまで到達できるジェダイは数少ない。 しかし、なかには自らジェダイ・マスターを宣言し、評議会から難色を示されながらも仕方なく追認されるケースも稀に存在する。 がその顕著な例である。 オーダーの統制母体であるジェダイ評議会への参加が認められるジェダイは極わずかであり、大抵の場合、評議会は賢明で経験を積んだマスターのみによって構成される。 わずかな例外として、共和国の晩年にキ=アディ=ムンディが唯一のナイトとして在籍していた時期があるが、その後、彼も在籍中にマスターに昇格している。 また、パルパティーン最高議長からの任命によってジェダイ・ナイトだったアナキン・スカイウォーカーが評議員に抜擢されたこともあるが、彼の場合はマスターの称号を与えられることはなかった。 評議会は12人のメンバーによって構成され、5人は永久メンバーとして生涯を任期とし(さらにその中の2人は「シニア」として任命される)、4人が長期メンバー、3人が短期メンバーとなる。 ジェダイ・オーダーにおける最高位の階級がグランド・マスターである。 かつてはヨーダがこの地位にあり、群虫戦争後のルーク・スカイウォーカーもグランド・マスターの地位に就いている。 また、マスター・がグランド・マスターだったと考えている者もいる。 ジェダイ・ナイト、またはジェダイ・マスターは、同時に1人の弟子しか持つことが許されず、新しいパダワンを選ぶには、これまでのパダワンがナイトに昇格しなければならなかった。 しかし、ルーサンの改革より数千年前には、師が複数の弟子を持つことが許されており、例えばマスター・は、、のの3人の弟子を訓練していた。 また、新ジェダイ・オーダーでは、ルーク・スカイウォーカーが1人の師に数人の弟子を担当させる方針を打ち出し、例えばはとの2人を訓練していた。 登場エピソード• 外部リンク•

次の

スターウォーズに出てくるジェダイマスター全員の名前と特徴を教えてく...

ジェダイ マスター 一覧

映画でアナキン達が惑星 ナブーに着いた直後のシーンの撮影はこので行われた。 ナブー Naboo 登場作品:『』『』『』『』 やの出身惑星。 また、に代表される族の故郷でもある。 気候は温暖で、草原と湖沼の多い美しい惑星である。 惑星内部にはなく、惑星の核は硬い冷えた岩石で構成されている。 一つの惑星に全く異なる2つの文明が平行して存在するという珍しい社会構造であり、後から入植してきた陸棲人と先住者の水棲人は、当初特にお互いに干渉しようとはしなかった。 ナブーの戦いの際にらを仲介として接触に成功、協力して通商連合の軍を撃退したことから交友が生まれ、平和共存の道が双方合意の上で進められていくことになる。 銀河の中心から34,000光年離れたとの境にあり、3つの小さな衛星を持っている。 この衛星にあるスパイス鉱山によって財政は潤っており、人口は少ないながらも洗練された文明で、自然との調和を図っている。 また衛星の1つであるオマー=ダンにはグンガンと人間によって入植が行われたが、クローン大戦中にの毒ガス攻撃を受け多くの住民が殺された。 国体は王が政治を担う君主制だが、世襲ではなく民間から王を選出している実質共和制の民主主義国家である。 王は任期を勤め上げた後に、新王のアドバイザー的な立場になる。 軍隊はブラスターを所持する歩兵から構成される、王や要人の警護を担当するナブー王室警備隊と、ナブーN-1・スターファイターとそのパイロットからなるブラボー中隊が劇中に登場している。 徴兵制はなく、全員志願兵である。 王宮のシーンはので、『クローンの攻撃』に登場した湖畔のシーンはで行われた。 またでアナキンとパドメがナブーに着いた直後のシーンの撮影は、スペイン・ので行われた。 タトゥイーン Tatooine 登場作品:『ファントム・メナス』『クローンの攻撃』『シスの復讐』『』『ジェダイの帰還』『』『』、小説『タトゥイーン・ゴースト』) やの故郷。 銀河系の中心部から遠く離れた辺境宙域にあたるアーカニス・セクターに位置する。 タトゥI 、タトゥIIと名付けられたの太陽の周囲を約304日掛けて公転している。 発見された当初は恒星だと思われていた。 太陽から遠く離れているにもかかわらず、海洋は干上がり、地表のほとんどが広大な砂漠に覆われている。 主要都市はモス・アイズリーやモス・エスパ、アンカー・ヘッドなど、数えるほどしかない。 発見当初タトゥイーンには多くの鉱物資源が埋蔵されていると見られ、大勢の入植者たちがこの惑星を訪れた。 しかし、現地調査の結果、有用な鉱物資源はほとんど存在しないことが判明し、持ち込まれたサンドクローラーは遺棄され、大半の人々はこの惑星から去り、脱出資金のない一部の人々だけが残った。 これらの人々は水分農夫(水分抽出農業(大気から抽出した水や氷を使用した農業)を行う人々)や、その農作物を商う商人となり、交易の中継地点を維持した結果、タトゥイーンは今日のような姿となった。 町外れの荒野や砂漠には、原住民のやジャワズなどが住んでいる。 これといった資源や産業がないため、宇宙港を擁した主要都市には密輸業者や賞金稼ぎ、犯罪者等が多く集まり、街のあちこちで非合法的な取引が日常的に行われている。 さらに銀河系有数の犯罪組織ハット・カルテルの首領で、タトゥイーンに宮殿を構えているが実質的に惑星全体を支配しているため、タトゥイーンの警察当局は頻発する犯罪に十分対処できていない。 の影響力もほとんど及ばず、共和国通貨が通用しないほか、共和国の法律で禁じられている奴隷制度も存続している。 時代には、帝国から総督やの治安部隊が現地に派遣されていたが、惑星住民の生活環境の改善や治安向上等の政策はほとんど行われていなかった。 初登場した『新たなる希望』ではタトゥイーンの撮影はで行われたが、次に登場した『ジェダイの帰還』ではのやでロケーションが行われた。 しかし、新三部作では再びチュニジアでロケーションが行われた。 チュニジアにはなど撮影に使われた建物が残っている所がある。 また、がジャワズに捕まった渓谷はスター・ウォーズ渓谷と呼ばれている。 35ABY、ルークからジェダイの訓練を受けファースト・オーダーとレジスタンスの戦争を生き延びたレイが、彼と妹レイアのライトセーバーを携えてラーズ農場跡を訪れた。 コルサントは銀河系で最も個体数の多い知覚種族、人間発祥の地であると多くの人間達に信じられている。 しかしコルサントの地表は長い文明活動の結果現在の居住空間の数キロ下に存在しており、考古学的調査が実施不可能な為確定していない。 コルサントという惑星全体が単一の都市(エキュメノポリス)となっている。 およびの首都惑星で、両極とメラナイ山脈を除くほとんどの土地が文明に覆われている。 高さ1000m以上の超高層ビルが林立し、惑星首都のギャラクティック・シティには元老院ホールや共和国行政府ビル、などが立地する。 コルサントの公転軌道は太陽から離れているため、赤道付近を除くと人間が快適に生活可能な気温を保つことができない。 そこで共和国政府は軌道上に巨大なミラーを設置し、収束させた太陽光を地表に投射することで、地上を暖めている。 都市で消費される生活用水もこれらのミラーで両極の氷を融解させることによって作り出され、地上を走る網の目状のパイプラインによって惑星中に供給されている。 公式記録における人口は1兆人だが、最下層は広大なスラム街となっており実際はそれ以上と推定されている。 旧共和国・帝国・新共和国時代を通して政治・経済の中心地で、帝国時代には「インペリアル・センター」と改名された。 帝政時代には皇帝の巨大な銅像が建立されていたが、エンドアの戦いにおける帝国の崩壊後に民衆によって壊されている。 皇帝はオーダー66発動後に放棄されていたジェダイ聖堂を改装して、新たにインペリアル・パレスとして自らの居城にしている。 また、『スター・ウォーズシリーズ』の世界における暦は、1年をコルサントの公転周期である368日と定めている。 また、銀河共和国の首都惑星であるため、座標も(0,0,0)に設定されている。 インペリアル・シティ Imperial City コルサント(インペリアル・センター)の中心都市。 『シスの復讐』における銀河帝国の成立後に、旧共和国時代の名称ギャラクティック・シティから改称された地名である(また同時期にコルサントもインペリアル・センターと改称された)。 帝国時代には、パルパティーン皇帝の居城であるインペリアル・パレスや、帝国の立法機関である帝国元老院などが置かれていた。 また帝国時代の末期には、人間以外の種族の立ち入りが一切禁止されていた。 このことから人間以外の種族は、主に側近や使用人として人間の主人に同行する場合にのみ立ち入りを許された。 エンドアの戦いにより帝国は崩壊し、複数の残存勢力へと分裂。 インペリアル・シティでは民衆による暴動が勃発し、皇帝像は引き倒されてしまう。 その後反乱同盟軍は新共和国の建国を宣言するが、新共和国は投票によって選ばれた惑星を首都とする新制度を採用。 コルサントに置かれていた首都機能は、最初の新共和国首都として選ばれた惑星シャンドリラへと移転された。 非正史(レジェンズ)のスピンオフ作品では、インペリアル・センターで最も高い建物はインペリアル・パレスであり、かつてのプレジデンタル・パレスなど、旧共和国のいくつかの建造物を統合・改修して建設され、高さ3000mを誇る。 前述の皇帝像もインペリアル・パレスの正面に設置されていた(正史における帝国時代にもインペリアル・パレスと呼ばれる皇帝の居城が存在しているが、先述の通りレジェンズにおけるそれとは大きく異なる)。 また、インペリアル・シティは皇帝の死後も3年間にわたって帝国の首都として機能し続けた。 新共和国(反乱同盟軍)によって解放されたインペリアル・シティは、その後は新共和国の首都として機能し始める。 新共和国はインペリアル・パレスに暫定評議会の本部を、続いて新共和国元老院を置いた他、帝国時代と同様にインペリアル・シティを国家の中枢と位置づけた。 カミーノ Kamino 登場作品:『クローンの攻撃』 銀河の辺境に位置し、データもジェダイ公文書館から何者かによって消去されており、この星のことを知る者はあまりいない。 カミーノはかつて内陸部の巨大な氷棚を融解させた惑星規模の温暖化を経験しており、その結果、大規模な海面上昇によって海洋面積が拡大し、惑星上のすべての大陸が水没したため、原住民のカミーノアンたちは、支柱を大陸棚に固定した大嵐にも耐えうる頑丈で近代的な海上都市に暮らしている。 カミーノアンは、独自の高度なクローニング技術を主要産業としており、首都のティポカ・シティにはを製造した、大規模なクローニング施設が立地する。 そのため中には軍からの攻撃を受けた。 その後、クローン戦争が終結するも銀河帝国樹立直後に、クローン・トルーパーの製造は中止されることになる。 ジオノーシス(Geonosis) 登場作品:『クローンの攻撃』 銀河系の辺境に位置し、惑星タトゥイーンからは1と比較的近い距離にある。 衛星の代わりに土星のような輪を持つ。 地表は、火星のように海洋は存在せず、ほとんどは岩と砂漠に覆われている。 気温は比較的高いが気流の流れが良く、地表や地下では生物が存在できる環境にある。 惑星の住民ジオノーシアンは背中に羽を生やした昆虫型のエイリアン種族。 文化は原始的だが共和国との交流の中で豊富な鉱物資源を活用する技術力を得た。 建物の下層部には、巨大な製造工場を有しており、ここで製造したドロイド兵団をナブー危機以降、軍縮を余儀なくされたなど、軍事力を欲している勢力と非合法的な取引をすることで財を成している(ドロイドのボディーの原料となる鉱石が、この惑星特有の赤茶けた色のため、旧来使用されていた物と比べ、赤みを帯びた濃い色をしているのはそのためである)。 銀河各地の製造業には多くのジオノーシアン技術者の姿を見ることができる。 その技術力の高さを示すのが、一族の長ポグル・ザ・レッサー大公が分離主義勢力のリーダー、に託した新しい巨大兵器の設計図。 後の世の銀河帝国時代、銀河全域を恐怖に陥れた超巨大ステーション、デス・スターはこのジオノーシスの技術に基づいて建造されている。 この惑星で共和国の歴史に残る『クローン大戦』の初戦ともいえるジオノーシスの戦いが勃発した。 そしてクローン大戦の終盤になるとの指揮の下、この惑星の軌道上でデス・スターの建造が開始されることとなる。 そしてハイパードライブの設置を完了したデス・スターが他の星系に移送された後、この惑星に住むジオノーシアンの大半は帝国軍によって虐殺された。 そのため、ヤヴィンの戦いの数年前には軌道上からのスキャンでは生命反応を感知する事ができないほどに人口が激減している。 ウータパウ Utapau 登場作品:『シスの復讐』 タラバ・セクターに位置する惑星で、クローン大戦のおよそ6万年前に、原始的な星間文明を発達させた、歴史の古い惑星である。 交易の拠点となる惑星から遠く離れており、銀河系の様々な出来事から距離をおく外交政策を実施している為、政治的、経済的にも孤立した惑星である。 惑星の地表は極度に乾燥しており、一面に砂礫の多い荒野が広がっている。 一方、地中には惑星全体に海洋が広がっており、9つの衛星の引力によって潮の満ち引きが起きている。 その影響で、潮流が地殻を侵食し頻繁な地震を発生させている。 この為地表のあちこちに地中の海へと続く巨大な縦穴が点在しており、それらの縦穴を結ぶ洞窟も無数に存在する。 都市の大半はこうした縦穴に造られており、そうした都市の1つであるパウ・シティには宇宙港が設置されている。 クローン大戦の際には独立星系連合軍が進駐し一大拠点を築いていたが、を追跡していたがクローン・トルーパーの部隊を連れて奇襲し、結果グリーヴァス将軍は討ち取られた。 しかし、その後オーダー66により寝返ったクローン・トルーパーによりオビ=ワン・ケノービは狙撃された。 銀河帝国が成立すると、帝国の支配下に置かれることになる。 居住種族は、高い身長と青白い肌を持ち長寿ゆえ外界人から古代人と呼ばれている「パウアン」と臆病で大きな目を持ち、身長と寿命が短い為外界人からショートと呼ばれている「ウータイ」である。 パウアンは元々地表に住んでいたが大規模な気候変動のため地下へと移住し、洞窟に住んでいたウータイと接触した。 以降両者は共存しパウアンはこの星の行政、政治を担うようになり、ウータイは主に労働階級に属するようになった。 一方でこの惑星を守る宇宙軍のほとんどはウータイによって構成されている(主な理由は宇宙軍で使用している戦闘機のコクピットが狭くて、パウアンでは操縦できないからである)。 キャッシーク Kashyyyk 登場作品:『シスの復讐』、アニメ『』、小説『暗黒卿ダース・ヴェイダー』『英雄の試練』『統合』 広大な森林に覆われた密林惑星で、その怪力と知性で知られるたちの故郷でもある。 この惑星はミッド・リムに属する惑星であり、同じ星系内には爬虫類型種族の「トランドーシャン」(トランドーシャンとウーキーは仲が悪い)の故郷である惑星トランドーシャが存在している。 キャッシークの地表に最も多く見られる生命体は、ロシールの木であり、高さは数キロメートルにもおよぶ。 この木は、互いに成長して交差しあうと枝が1つに結合し、より強くなるという珍しい特徴をもっている。 海洋と沿岸部以外の陸地は全てこの木で覆われており、中には千年以上日光がさしたことがない地表も存在する。 こうした下層では原始的で危険な生態系が存在している。 この星の原住民であるウーキーたちは、この森林の天蓋に伸びる枝を建造物を支える自然の基礎として樹上都市で暮らしており、森林を7つの層に分けて管理している。 キャッシークの主な樹上都市として、ウォワット列島に位置する「カチャーホ」、「ルウークロロ」、「シッキアーナ」、「オキクティ」、などがあり、銀河帝国が滅びるとシッキアーナはコンピューター技術の輸出都市として知られるようになる。 マイギートー(Mygeeto) 登場作品:『シスの復讐』 惑星の地表は結晶化した氷河に覆われ、地質学的にも休止状態にある。 地殻とマントルの内部には希少な宝石を大量に含んでおり、クリスタルの採掘場となっている。 そのためこの星は、銀河系で最も価値のある惑星として知られている。 地表は起伏が激しく、頻繁に激しい嵐が吹き荒れており、巨大で凶暴な昆虫も多数生息している。 惑星自体は独立星系連合に参加したインターギャラクティック銀行グループが所有しており、同グループはこの惑星に多数の戦艦を配備し、厳重にこの惑星を防衛している。 上記の激しい環境もあってこの惑星に侵入し、宝石を盗掘しようと考える盗賊はほとんどいない。 クローン大戦が勃発すると、独立星系連合の重要な資金源となっていたこの惑星は、パルパティーン最高議長によって「悪の巨頭」と呼ばれ、最優先攻撃目標に選ばれた。 そして戦争後期には、ジェダイ・マスターのとクローン・コマンダーバカラ率いるクローン・トルーパーが、マイギートーの各都市で大規模な市街戦を展開しており、戦闘によって生じた灰が地表へ大量に降り注いでいた。 しかし、コルサントからのオーダー66の発令により、キ=アディ=ムンディはパルパティーンによって反逆者の汚名を着せられ、バカラ達の放ったブラスターによって殺害されてしまう。 フェルーシア Felucia 登場作品:『シスの復讐』 地表の大半が色彩豊かで巨大な真菌類や、原生植物の森林地帯に覆われた幻想的で美しい惑星である。 この惑星は、クローン大戦中に独立星系連合の一翼を担ったコマース・ギルドによって入植が行われたが、この惑星に自生する植物の多くが攻撃的な性質を持っていたために開拓は困難を極めた。 その結果人口は非常に少なく、都市と呼べる街もクウェイ・トウ(首都)、ハー・ガウ、ニアンゴーなどごく僅かしか存在しない。 しかし、コマース・ギルドの会頭シュ・マーイはこの惑星を大変気に入っており、クウェイ・トウ郊外に豪勢な邸宅を構えて保養所として度々訪れていた。 なおこの惑星には、入植者の他にも主に農耕によって生活している種族と、ある程度のフォース感知能力を持つ戦士種族の原住民がおり、この二種類のエイリアンはそれぞれ全く別の種族であるが、どちらも同じフェルーシアンと呼ばれている。 クローン大戦が勃発すると、フェルーシアは銀河共和国の奪回作戦の最初の標的の1つとなった。 ニアンゴーにある医療施設が、軍事用神経毒に使用されている有生分子の供給源であることが判明したためである。 共和国軍は精鋭部隊であるARCトルーパーを派遣し、フェルーシア全土を占領して施設を破壊したが、戦争拡大のため部隊はすぐに撤収し、再びフェルーシアはコマース・ギルドの支配下となった。 やがてシュ・マーイがこの惑星に潜伏しいる事を知った共和国は彼女を拘束し、独立星系連合の指導力を低下させるべく、ジェダイのアイラ・セキュラと、クローン・トルーパー第327スター・コープとを派遣した。 しかしシュ・マーイは、共和国軍に知られずに密かにフェルーシアから脱出しており、その直前に自身の邪悪な計画を実行していた。 その計画とは、フェルーシアの各都市の生活用水の供給源となっている地下水路に毒を流すことである。 ジェダイの有能なコンピュータ技師、エクリアの計算によると、ハー・ガウ、ジオジィ、ニアンゴーの主要な給水施設を狙えば、毒の拡散を止められるチャンスがあるという。 そのため、ジェダイ達はこれらの都市へ急行し、毒の拡散を止め、シュ・マーイを見つける為、草木の密生したジャングルを最新兵器を操縦するクローン・トルーパーと共に進軍した。 アイラ・セキュラ将軍は、クローン・コマンダーブライと共に部隊の先頭にたち陣頭指揮をとっていたが、やがて分離主義者のドロイド軍が前方に現れた際に、コルサントからオーダー66の実行命令を受けていたブライは、アイラ・セキュラが突然飛び立った鳥に気を取られている隙に、部下と共にこの命令を実行し、アイラ・セキュラを背後から容赦なく射殺した。 オーダー66により殆どのジェダイが抹殺された後、僅かに生き残ったジェダイの一人であり、元ジェダイ評議会のメンバーでもあったジェダイ・マスターのがフェルーシアに逃れ、フォース感知能力を持つ系統のフェルーシアンを統治しながら、同じく抹殺を逃れたジェダイ・パダワンのマリス・ブルードを訓練する事となる。 彼女は惑星全体の生態系を流れるフォースをライトサイドに調和させる事で、この惑星を銀河帝国の支配から守り、自らの姿を隠していた。 しかし帝国のスパイによって、彼女がフェルーシアに潜伏している事を知ったダース・ヴェイダーは、密かに育成していた弟子のスターキラーをこの惑星に送り込みシャク・ティを殺害させる。 彼女の死とそれを受けてマリス・ブルードがフォースのダークサイドに転落した事による影響で、この惑星を流れるフォースの調和はダークサイドへと傾き、フェルーシアは帝国に占領されるのだった。 ケイト・ニモーディア Cato Neimoidia 登場作品:『シスの復讐』、小説『悪の迷宮』 かつて宇宙へ積極的に進出していったニモーディアンによって植民地化された惑星の一つであるケイト・ニモーディアは、クローン大戦では独立星系連合にとっても非常に重要な惑星であった。 ニモーディアンの富の基盤となった鉱山惑星であると同時に、財宝の保管場所にもなっていたのである。 「アウター・リム包囲作戦」によって共和国軍が惑星の防衛網を突破して進攻を開始すると、惑星にギリギリまで留まっていたヌート・ガンレイはあと一歩のところで逃げおおせるが、彼の残した痕跡から独立星系連合の暗号コードが発見され、背後で暗躍するシスの暗黒卿ダース・シディアスの存在が確実となったのである。 しかし首都は陥落したものの、残党によるゲリラ戦が続いたために、共和国軍は現地に駐留して定期的な掃討作戦を行う必要があった。 部隊を率いていたジェダイ・マスターのはオーダー66で命を落としたが、大戦末期には全ての独立星系連合のドロイドが停止し、新たに帝国軍となった共和国軍によって惑星は完全に制圧された。 サルーカマイ Saleucami 登場作品:『シスの復讐』 「サルーカマイ」とはルーニアンの言葉で「オアシス」を意味するが、この惑星の地表のほとんどは砂漠に覆われている。 その名前の由来は、サルーカマイは、多数の小惑星や乱れ飛ぶ流星などからなる不毛の星系内にあり、唯一「サルーカマイ」が居住可能な惑星であるため、そのような名前がつけられている。 この惑星の軌道上にはいくつも小惑星が常に徘徊しており、その岩が惑星に落下し地表に巨大なクレーターを作っている。 隕石の衝突で、地下水と鉱物がかき混ぜられ、これらのクレーターは地熱によって温められた。 そして耕作に適した環境となり、サルーカマイにおける最初の植民地となったのだ。 その後この惑星は、アウター・リムの公共の拠点となり、サルーカマイは、「ウィークェイ」、「グラン」、「ルーニアン」、「トゥイレック」など、多種族(外界の種族)達の故郷となった。 ムスタファー(Mustafar)(衛星) 登場作品:『シスの復讐』『ローグ・ワン』『スカイウォーカーの夜明け』 アウター・リムに存在する、まだ誕生して間もない惑星で、巨大なガス状惑星ジェストファッドとレフラーニに挟まれ、この2つの星から発せられる強力な引力によって中心核が常に過熱され大規模な地殻変動が起きている。 そのため地表のほとんどが活火山(休眠状態の火山も存在する)に覆われており、空は暗く火山灰が絶え間なく地表に降り注ぎ、巨大な溶岩流や滝が形成されている。 悪夢の様な景観を持つこの星には、貴重な鉱物資源が溶岩とマントル中に豊富に含まれており、独立星系連合に参加した巨大企業テクノ・ユニオンは原住民のムスタファーリアンと協定を結び、外界の科学技術を提供する代わりに、現地に耐熱シールドに守られた大規模な採鉱施設を設けた。 ムスタファーリアンはテクノ・ユニオンから提供された防護服を着込んで、作業ドロイドと共に鉱物の溶け込んだ溶岩をバスケットで収集する作業に従事している。 彼らは仕事に夢中になっているため、仕事に無関係な外界人については全く関心を持っていない。 クローン大戦中にはこの星は万全な防備(小説版ではこの星の防御システムに対する出費のせいで通商連合が破産しかけたほどだと言われている)がなされている分離主義者達の隠れ場所となっており、戦争終結直前にはダース・シディアスの命令により、独立星系連合のリーダーがダース・ベイダーの手によって皆殺しにされた。 その後、オビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーの決戦の地となる。 対決に破れたベイダーは後年、この地に自身の城を建築した。 ベイダーの死後、シスの力が薄れたため、木が生え始めた。 35ABYにはベイダーが残したウェイファインダーを求めて、カイロ・レンが部下を率いてムスタファーを訪れる。 レン一行はアラズメクの入植者たちを虐殺し、ウェイファインダーを発見した。 ポリス・マサ Polis Massa (小惑星) 登場作品:『シスの復讐』 アウター・リムの端に位置する小惑星である。 元々この星は、地下を居住地とするエレインという名の知的生命体の故郷であったが、太古に発生した未知の天変地異によって、エレインは謎の消失を遂げた。 その後、ヤヴィンの戦いの519年前、人間と同じ体型とハート形の顔を持ち、後にポリス・マサンとして銀河に知られるようになる種族が、エレインの痕跡を求めて、この岩石と瓦礫にまみれた小惑星でエレイン文明の発掘調査を開始した。 この惑星で最も大きな施設の1つであるローカル・ディグは、ポリス・マサン達によって細心の注意を払って発掘されたエレインの都市、「ウィエンター」の遺跡の上に築かれている。 そのローカル・ディグの内部には、最先端の医療技術が完備されている、高度な医療センターが立地しており、これらはエイリアン研究者の生理学にあわせた設計がなされている。 またポリス・マサンは、太古に絶滅したエレインの生態系を復元するために、岩石中で発見された遺伝子物質を利用した技術を使用している。 しかしポリス・マサンは、これらの技術への関心を外界から避けている。 彼らは孤独を望み、宇宙をさまよう海賊たちの強欲さを引き付けたくないと考えているのである。 このようなポリス・マサの孤立主義は、危険から逃れたジェダイにとって理想的な避難場所となった。 銀河帝国が誕生し、オーダー66によってジェダイ・オーダーが壊滅した時、とオビ=ワン・ケノービはこの星を合流地点として選んだのであった。 は、オビ=ワンによって医療センターへと運ばれ、そこでポリス・マサンの医師と医療ドロイドが、彼女の生命徴候を安定させようと努力した。 だが努力の甲斐もなく、彼女はポリス・マサの医療センターで死亡してしまう。 しかし彼女は死の直前に、未来への希望となる双子、とを出産している。 オルデラン Alderaan 登場作品:『シスの復讐』『新たなる希望』 反乱同盟軍の創設者の一人であるとその養女レイア・オーガナの故郷として有名である。 レイアによると平和主義を基調とし軍隊を持たない惑星であったという。 かつては昆虫型エイリアン種族キリックの文明が栄えていたが、滅亡(キリックは資源の枯渇が始まるとともに遠くへ移住)。 その後、コルサントから人間の入植が始まった。 『新たなる希望』の劇中においてレイアは帝国軍のデス・スターに囚われの身となるが、この際、デス・スター司令官ターキン総督はレイアから反乱同盟軍の基地のありかを吐かせ、さらにデス・スターの力を誇示する見せしめにしようと企み、スーパーレーザー砲によりオルデランを破壊させた。 ヤヴィン(巨大ガス惑星) Yavin 登場作品:『新たなる希望』 数多くある衛星のうち、居住可能な衛星が3つ存在する。 直径は20万キロメートル。 ヤヴィンの戦いがこの惑星の近辺で行われた。 ヤヴィン第4衛星 Yavin IV 登場作品:『新たなる希望』『ローグ・ワン』、小説『ジェダイの末裔』『暗黒卿の復活』『フォースの覇者』(ジェダイ・アカデミー・シリーズ)『征服』 ヤヴィンの衛星。 ヤヴィン4、ヤヴィンIVとも。 陸地のほとんどは森林に覆われている。 『スター・ウォーズ』シリーズの中では最も長い歴史を持つ星のひとつである。 「新たなる希望」ではこの衛星にあったマサッシ神殿を反乱同盟軍が基地として使用し、軌道上で帝国軍デス・スターとの戦いを繰り広げた(ヤヴィンの戦い)。 ヤヴィンの戦いの約5,000年前のハイパースペース大戦末期、ナガ・サドウは、一握りのマサッシの守護人とともに、当時ほとんど知られていなかったこの星に降り立った。 その際、マサッシ達は「大寺院(グレート・テンプル)」と呼ばれる巨大な建造物を作りあげたが、いつしか滅亡した。 この遺跡がマサッシ神殿であり、ヤヴィンの戦いでの反乱同盟軍の秘密基地である。 また、ヤヴィンの戦いの11年後、ルークはこの地にジェダイ・アカデミーを設立する際にもマサッシの遺跡を利用した。 ホス(Hoth) 登場作品:『』 ホス太陽系に存在する雪と氷に覆われた第6惑星で、知的文明や知的生命体は存在せず、反乱軍がエコー基地を設営するまで居住者もいなかった。 「雪トカゲ」と呼ばれる哺乳型生物トーントーンや、「雪獣」と呼ばれる白熊の様なワンパなどが棲息する。 映画では帝国の逆襲のみに登場し、ロケーションはで行われた。 撮影地点は「氷の惑星」の名に恥じない本物の極寒の地であり、撮影中にも危険や困難が常に存在したが、ノルウェー陸軍の協力を得ることに成功し、無事に撮影を終えた。 雪上の戦闘シーンで戦う反乱軍兵士にはノルウェー陸軍の兵士が扮しており、戦闘シーンに迫力とリアリティを与えている。 『新たなる希望』のラストで大勝利を収めた反乱同盟軍は、反撃の手を緩めない帝国軍から隠れようと、基地の設置場所を検討した結果、この雪の惑星ホスに置くことを決定し、エコー基地と名づけた。 しばらくして反乱軍基地の情報を手に入れた帝国軍はホスにを用いた攻撃を仕掛ける。 エコー基地は陥落したが、ルーク・スカイウォーカー、、レイア・オーガナなど反乱同盟軍の主要人物は辛うじて脱出した。 エコー基地 Echo Base 反乱同盟軍の基地。 惑星ホスに建設されていたが、ホスの戦いで反乱同盟軍は基地を放棄する。 帝国軍の目を逃れてエコー基地を建設した同盟軍だったが、帝国のプロボットに基地を発見される。 エコー基地を発見した帝国軍は攻撃を開始し、ホスの戦いが始まる。 同盟軍は、帝国軍の到着前から撤退準備を行っており、被害が大きかったものの機密保持に成功する。 などの強力な攻撃に対して、一部分だが大気圏降下すら妨げるエネルギーシールド、衛星軌道上の艦隊に攻撃できるイオン砲を備えるなど、それなりに設備は充実している。 ダゴバ Dagobah 登場作品:『シスの復讐』『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』 ダゴバの地表のほとんどは鬱蒼とした森林や沼地で覆われており、あらゆる種類の鳥類や昆虫、植物などが生息している。 かつてこの惑星は、植民地化や探索が試みられたが、すべて失敗に終わり、「呪われた惑星」とも言われている。 故にこの星は座標や航行記録に記載されていないことが多く、さらに居住者もほとんどいないことから、訪れようとした者はあまりいない。 かつてジェダイ・マスターのヨーダはこの惑星を訪れたことがあり、銀河帝国が行ったジェダイ狩りから逃れるため、ルークとレイアが生まれてからしばらくしてこの惑星に降り立ち、以後外界との接触をほとんど断ち一人で生活していた。 ベスピン(Bespin)(巨大ガス惑星) 登場作品:『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』『スカイウォーカーの夜明け』 惑星と同名の太陽系にあり、直径11万8,000kmの巨大なで2つの衛星を持つ。 大気と宇宙空間との接点から150km下方にある約30kmほどの厚さの帯状部分には様々な生物が生息しており、人間の生存にも適しているため空中都市が存在している。 は、ハイパードライブなどに利用されるティバナ・ガスを採取する都市クラウド・シティの行政管理者であった。 その地位は、前任者からサバックというカードゲームの賭けで勝ち取ったものである。 エンドア(巨大ガス惑星) Endor 登場作品:『ジェダイの帰還』『スカイウォーカーの夜明け』 9つの衛星を持つ巨大。 森林衛星エンドアでは軌道上で帝国により第2デス・スターの建造が行われ、エンドアの戦いで一躍有名になった。 森林衛星エンドア(Endor) 登場作品:『ジェダイの帰還』『スカイウォーカーの夜明け』『』『』、アニメ『イウォーク物語』 銀河帝国のコードネームは「聖なる月(サンクチュアリ・ムーン)」。 辺境のモッデル・セクターに属するガス状巨星エンドアを周回する9つの衛星の1つである。 銀河共和国時代に星全体が自然保護区に指定されたため主要航路から離れており、星図にも記載されていない。 温暖で森林の多い星で、地球上のクマに似た族の出身星。 周回軌道上で第二デス・スターの建造が行われ、地上には防衛シールドの発生施設が置かれていたため、同盟軍が帝国を打ち破った「エンドアの戦い」の舞台となった。 のアトラクション『』は、この星へ向けての旅という設定。 アトラクションのリニューアルにより、設定が一新され、エンドアが登場するエピソードはなくなった。 エンドアのシーンの撮影は、で行われた。 "海の月"ケフ・バー Kef Bir 登場作品:『スカイウォーカーの夜明け』 海に覆われたガス巨星エンドアの衛星のひとつ。 イウォークによって「ケフ・バー」と名付けられていた。 エンドアの戦いで破壊された第2デス・スターの残骸がこの衛星に墜落していた。 本来ならば知的生命体は存在しないが、ジャナが率いるファースト・オーダーからの脱走兵の集団がこの衛星で生活していた。 35ABYに、レイやフィン、ポーがパルパティーンのウェイファインダーを求めてこの衛星を訪れた。 ジャクーの撮影が行われたルブアルハリ砂漠 ジャクー(Jakku) 登場作品:『』、小説『フォースの覚醒』 銀河の辺境ウェスタン・リーチに位置する砂漠に覆われた劣悪な環境ので、の故郷。 ルーク・スカイウォーカーの居場所を示す地図を受け取るため、レジスタンスのパイロットのポー・ダメロンと探検家のロア・サン・テッカが接触した村がある。 新共和国と銀河帝国はこの惑星で銀河史の転換点となるジャクーの戦いを繰り広げた。 地上には戦闘の名残である両軍の兵器群の残骸が転がっており、戦闘終結後その一帯は「スター・シップ・グレイブヤード」と呼ばれるようになった。 兵器群の部品を回収して生計を立てる「ゴミ漁り」と呼ばれる者たちが住み着いている。 2014年11月にが公開した予告編で、ジャクーが登場している。 「ジャクー」の名称とレイの故郷であることは、2015年4月に監督のがで開催された ()で初めて明言した。 撮影はに近いで行われた。 カイバー・クリスタルの産地としてジェダイ・オーダーや銀河帝国も重要視していた。 元々はジェダイ・イニシエイトがライトセーバーに使うカイバー・クリスタルを手に入れる"ギャザリング"という儀式が行われており、ジェダイにとって最も神聖な星と見なされていた。 ジェダイ・オーダーの崩壊後、帝国軍によるカイバー・クリスタルの過剰な採掘で宇宙からでもその惨状が窺えるほどに荒廃し、帝国の崩壊後に台頭したファースト・オーダーがイラムをスターキラー基地へと改造した。 一つの惑星が丸ごと超兵器のプラットフォームとして改造されており、スターキラー基地のビームは星系全体を破壊できる威力を誇る。 移動することも可能で、太陽が兵器のエネルギー源として利用されていた。 基地からの砲撃で新共和国の首都ホズニアン・プライムを破壊したが、その後のレジスタンスの攻撃で恒星のエネルギーを密封していたサーマル・オシレーターが破壊され、地表が崩壊して新星と化した。 タコダナ(Takodana) 登場作品:『フォースの覚醒』 ウェスタン・リーチに存在する惑星。 密林と川が広がる惑星。 女海賊のマズ・カナタは、ここで酒場を経営していた。 ホズニアン・プライム(Hosnian Prime) 登場作品:『フォースの覚醒』 銀河のコア・ワールドに位置していた新共和国の首都惑星。 ファースト・オーダーのスターキラー基地の超兵器により星系ごと滅ぼされた。 ディカー(D'Qar) 登場作品:『フォースの覚醒』『』 銀河系の外縁部にあるイリーニウム星系に属する緑豊かな惑星。 ファースト・オーダーが台頭した時代、レジスタンスの秘密拠点がここに置かれていた。 オク・トー(Ahch-To) 登場作品:『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』 惑星の表面の大部分が海で覆われた惑星。 この惑星のジェダイ寺院は最初期に建設されたものであり、帝国軍によって破壊されることのなかった数少ない寺院の一つであった。 ジェダ(Jedha) 登場作品:『ローグ・ワン』 砂漠に覆われた惑星。 ジェダイの起源の地とされ、巨大なジェダイ騎士像などジェダイ寺院の遺跡が残されている。 ジェダイやフォースを様々な形で信奉する数々の宗教組織がこの惑星の首都ジェダ・シティを聖地としている他、ソウ・ゲレラ率いる過激派の反帝国組織がこの惑星にアジトを構えている。 銀河帝国がデス・スターのスーパーレーザーに用いるカイバー・クリスタルの採掘を行い、その後聖都ジェダ・シティは試射の標的となり破壊された。 イードゥ(Eadu) 登場作品:『ローグ・ワン』 山岳と嵐の惑星。 カイバー・クリスタルを用いた兵器の研究開発を行う銀河帝国の施設が置かれていた。 スカリフ(Scarif) 登場作品:『ローグ・ワン』 熱帯の気候を持つ惑星。 銀河帝国の建築物データが収集されているシタデル・タワーという機密情報センターがあり、惑星全体が強力なシールドに覆われ軌道上のゲート施設からしか出入できない。 デス・スターの設計図をめぐり帝国軍と同盟軍との激しい攻防戦が展開された。 カントニカ Cantonica 登場作品:『』 アウター・リム・テリトリーに属する砂漠の惑星。 本来は不毛の地だったが、カジノ都市カント・バイトの設立により銀河中の富豪 その多くはファースト・オーダーやレジスタンスを取引相手とする武器商人である が訪れるようになり、経済的に潤っていた。 鉱産資源が豊富であり、赤い鉱物をベースとした地表は塩でおおわれていた。 スカリフの戦い以前に反乱同盟軍の基地が設営されており、ファースト・オーダーの追撃から逃れようとするレジスタンスもその遺構を利用して身を隠した。 ミンバン Mimban 登場作品:『』 銀河系のエクスパンション・リージョンに属する大規模な泥沼がある惑星。 クローン戦争時代には共和国グランド・アーミーの部隊「マッドジャンパーズ」、銀河帝国時代には帝国軍の部隊「スワンプ・トルーパー」が配備されていた。 正史の映像作品で初登場したのは『ハン・ソロ』だが、それ以前にも『クローン・ウォーズ』で名前が言及されている。 若きハン・ソロはカリダの帝国アカデミーを追放された後にミンバン戦役に参加している。 後にソロはこの惑星に収監されていたウーキーのチューバッカ、クリムゾン・ドーンの運び屋のベケットらと共に帝国軍の輸送機を盗んで戦いから逃げ出した。 非正史(レジェンズ)ではフォースを増幅させる力を持つカイバー・クリスタル(正史における「カイバー・クリスタル」とは定義が全く異なる)が産出されている唯一の惑星であり、ルーク・スカイウォーカーが初めてダース・ベイダーとライトセーバーの戦いを繰り広げた地でもある。 ケッセル Kessel 登場作品:『』『』 スパイスの輸出で名高い惑星。 銀河帝国とパイク・シンジケートの管理下にあり、犯罪者やウーキーが奴隷として送り込まれていた。 また、最下層にはコアクシウムという燃料が未精製の状態で保存されており、10BBYにはコアクシウムを狙ったハン・ソロやチューバッカ、キーラらクリムゾン・ドーンの運び屋たちが大量の奴隷を解放するという事件が起きた。 また、4BBYには惑星ロザルを中心に活動する反乱組織「スペクターズ」によってウーキーの奴隷が解放されている。 非正史(レジェンズ)の設定では幾つかの衛星を持った卵型惑星(実質小惑星)。 銀河でここでしか見つからない高価なスパイス・グリッタースティムが生産される反面、銀河帝国の時代にはモー秘密研究所への出入り口として利用され、政治犯の強制収容所を設置し劣悪な環境下で彼らをスパイスの採掘作業に従事させているなど負の面も持つ。 環境は非常に厳しく、常に放射線に曝されており、軌道上に対放射線シールドを配置することによって住民たちを守っている。 しかし、この星自体が大変小さく、地表付近に大気を留めることができず、地殻を構成する鉱物から酸素と二酸化炭素を放出することによってこれを補っているため、簡単な宇宙服がなければ外出することができない。 また、この星の出身であることを差別する者もいる。 エンドアの戦いで帝国軍が敗れた後は反乱同盟軍の勢力下に入り、ニエン・ナンによってドロイドを使用したスパイス採掘が行われている。 劇中では名前しか登場しなかったために、ナムコ(後の)がリリースしたソフト『』では山の惑星になっており、のような像がある。 の『』では帝国の捕虜収容所があり、捕虜となった仲間達の救助をすることになる。 また、惑星カイル2のステージで撃墜され、生き残るも捕虜となったウェッジ・アンティリーズの処刑が行われそうになったが、ルーク・スカイウォーカー、ゼヴ・セネスカ、ケイサン・モアがウェッジを護送しているホバートレインの動きをイオン砲で停止させ、救出することに成功している。 主な出身者は、ジェダイの王子でパルパティーンの孫であるケン、パルパティーンの息子を名乗った残忍な三目のペテン師、最高位奴隷主でもあったトライオキュラス。 コレリアン星系(Corellian System) 銀河の中心近くに位置し、コレリアン・ラン、コレリアン・トレード・スパインなどのハイパースペース航路が交差する。 同星系内には、コレリア、セロニア、ドロール、タラス、トララスの5つの居住惑星の他、非正史(レジェンズ)ではセンターポイント・ステーションという宇宙ステーションが古代より存在する。 また、非正史(レジェンズ)ではこの星系は、センターポイント・ステーションの持つ巨大な反重力装置によって、共和国成立以前に未知の文明の手で人工的に造られた星系であるという設定になっている。 コレリア(Corellia) 登場作品:『』 恒星コレルを中心とするコレリアン星系に5つある居住可能惑星のひとつ。 中心都市のコロネット・シティ等で造船業が盛んであり、に代表される貨物船から帝国軍のインペリアル級スター・デストロイヤーまで多種多様な宇宙船が建造されている。 古代より銀河で最も影響力をもつ惑星のひとつであるが、一方でその造船業の恩恵に与る事のできる富裕層とそれ以外の貧困層との間の経済格差が深刻化し、多くの若者や子供が犯罪組織で働かされている。 ハン・ソロやなど、優秀なパイロットを多く輩出する地として知られる。 非正史の用ゲームソフト『スターウォーズ出撃! ローグ中隊』では、当時帝国軍士官であったクリックス・メイディンの反乱軍への亡命を支援するステージの舞台として登場する。 エイジャン・クロス(Ajan Kloss) 登場作品:『スカイウォーカーの夜明け』 クレイトの戦いを生き延びたレジスタンス軍が潜伏したジャングルの惑星。 レイはレイアの監督のもとこの惑星でジェダイとしての訓練を行った。 エクセゴル(Exegol) 登場作品:『スカイウォーカーの夜明け』 未知領域にある、古代のシスの要塞がある惑星。 シスの伝統と帝国の技術を受け継いだカルト組織「シス・エターナル」がこの地でパルパティーンを復活させ、大量ので構成されるシス艦隊を完成させていた。 後にレジスタンスとファースト・オーダーの最終決戦の場となる。 パサーナ(Pasaana) 登場作品:『スカイウォーカーの夜明け』 エクスパンション・リージョンに位置する砂漠の惑星。 キジーミ(Kijimi) 登場作品:『スカイウォーカーの夜明け』 ミッド・リムに位置する山の惑星。 寒冷な気候で人口密集地がほとんど無く、無法者や犯罪者の格好の隠れ家となったが、ファースト・オーダーはこの惑星に目をつけ占領を試みていた。 後に復活したパルパティーンの示威行為の一環として、ジストン級スター・デストロイヤーのスーパーレーザーで破壊された。 アニメシリーズに登場した惑星 [ ] ダソミア Dathomir 登場作品:『クローン・ウォーズ』 古くは流刑惑星として利用されていたが、追放された堕落ジェダイ、アリヤの子孫であるフォースを利用した魔法を操る魔女の支配が進み、男は奴隷として扱われる。 ザブラクというエイリアンとの混血が進んだ集落では魔女たちの部下となる戦士が育成され、やその弟サヴァージ・オプレスを輩出している。 非正史(レジェンズ)ではヤヴィンの戦いの数百年前、ジェダイを養成しながら銀河中を飛び回っていた宇宙船「チューンソア」が墜落した。 その際、ヨーダをはじめとするジェダイと魔女の間で抗争が起こり、結局そのまま放置されることになった。 ダース・シディアスが銀河を支配するようになっても彼らを恐れて封鎖を命じた。 地表にはランコアという凶暴な肉食獣(平均体高は5~10m)が多数生息しており、魔女はランコアの一部を家畜化し自由自在に操っている。 ハン・ソロはサバックで惑星の所有権を手に入れたが、魔女の部族「歌う山の民」の長マザー・アグウィンに返還した。 ナル・ハッタ(Nal Hutta) 登場作品:『クローン・ウォーズ』 イトウブ星系にあり、に代表されるエイリアン種族ハットが衛星ナー・シャッダと共に密輸業など暗躍する犯罪の本拠地とする惑星である。 元々はエヴォカーと呼ばれていた美しい自然に恵まれた惑星で、エヴォカイと呼ばれる先住民が平和に暮らしていたが、故郷の惑星ヴァールを追われたハットたちがやって来たことで、エヴォカイの平和は終わりを告げる。 ハットは原始的だったエヴォカイに近代テクノロジーの提供と引き換えに惑星の土地を要求した。 惑星をエヴォカーからハット語で「輝く宝石」を意味するナル・ハッタと改名し、ハットたちは惑星の自然を破壊する政策や開発を進め、先住民のエヴォカイを惑星から追放し、悪臭を放つ腐った暗褐色の惑星に変えた。 エヴォカイはハットの横暴を銀河共和国に訴えたが、ハットはジェダイですら見破ることの出来ない法律の抜け穴を用意しており、エヴォカイは近くの衛星ナー・シャダーへの移住を余儀なくされた。 惑星にはハットにおもねる銀河中の密輸業者など違法行為をする犯罪者や賞金稼ぎが集まるようになった。 ライロス(Ryloth) 登場作品:『クローン・ウォーズ』、小説『ロード・オブ・シス』 エイリアン種族トワイレック(トゥイレック)の出身惑星。 ライルと呼ばれる天然資源が豊富。 惑星は自転しておらず、惑星上に昼と夜の地域がある。 居住環境は過酷で、住民は地下に街を作って生活している。 トワイレックは、毛のない頭に太く長い2本の触角を持つヒューマノイド種族。 触手が3本以上の者は高い社会的地位が与えられ、ときに大きな財産を得ることができた。 知能が高く、ほとんどの銀河言語を話すことができ、触手を利用してトワイレック同士にしか伝わらない会話を行うこともできる。 ジェダイのアイラ・セキュラ、銀河元老院議員のオーン・フリー・ター、ジャバ・ザ・ハットの奴隷ウーラなどが有名。 トワイレックの女性はほぼ例外なく官能的で美しく、優雅で豊満な肉体の持ち主である。 そのため、トワイレック女性の多くは奴隷として裏社会の権力者に所有され、踊り子や娼婦として働いている。 ライルを目当てに密輸業者などから攻撃を受けることも多く、略奪の回避と引き換えに奴隷としてトゥイレック女性が提供されることも多い。 女奴隷の代名詞のような扱いを受けており、部族長の娘という地位を持つ女性すら次の日には奴隷に身を堕とすことも珍しくない。 元々は女性を奴隷として商品にしていたのは同じトワイレック種族であったが、現在はトワイレック女性の美貌が有名となり、多くのトワイレック女性が銀河中で売り買いされている。 トワイレックの女性はボディラインの目立つ服装であることが多い。 また、奴隷であるトワイレックは基本的に一般的な奴隷よりも露出度が高い衣装を与えられている。 3DCGアニメ「クローン・ウォーズ」シリーズでは分離主義勢力によって封鎖されたライロスの解放作戦のエピソードが時系列不順で複数描かれている。 正史の小説『ロード・オブ・シス』では上記の非正史(レジェンズ)の設定とは異なり、この惑星が通常の惑星と同様に自転していることが伺える記述が存在する。 リラ・サン Lira San 登場作品:『反乱者たち』 帝国軍によって滅ぼされた惑星ラサンに住んでいた種族ラサットのもう1つの母星。 周囲を複雑な星雲に取り囲まれており、接近する際には定められたルートを正確に辿らなければ星雲の重力に飲み込まれるという大きな危険が伴う。 ラサンに住んでいたラサットからは存在をほぼ忘れ去られ、彼らがラサンを立ち去らざるを得なくなった場合の新天地として惑星の名前と接近するルートにたどり着くための断片的なヒントのみが伝説として語り継がれていた。 ロザル Lothal 登場作品:『反乱者たち』 銀河帝国の支配下にある惑星で、エズラ・ブリッジャーの出身星。 古代のジェダイ寺院が存在し、かつては多くの住民が農業で生計を立てていたが、銀河帝国の樹立後は帝国軍が進駐し、その物資を賄うための鉱業や軍需産業が新たな主要産業として取って代わっている。 また、司令部施設内にはストームトルーパーの候補生が訓練を積むアカデミーの施設も置かれている。 他の物語中、舞台となった天体 [ ] シーラ(Csilla) 登場作品:小説『逃亡者』 氷河に覆われた惑星で、『スローン3部作』(ティモシー・ザーン著)に登場したに代表されるエイリアン種族チスの出身惑星。 共和国・帝国の支配の及ばない「未知領域(アンノウン・リージョンズ)」にあり、同領域を統括している。 ナー・シャッダ(Nar Shaddaa)(衛星) 登場作品:小説『ジェダイの失墜』 イトウブ星系にあり、ジャバ・ザ・ハットに代表されるエイリアン種族ハットが本拠地とする惑星ナル・ハッタの衛星である。 密輸業者が多く集まるため、「密輸業者の月(スマグラーズ・ムーン)」と呼ばれる。 その他の天体 [ ] オッサス(Ossus) 拡張世界に登場する架空の惑星。 ヤヴィンの戦いの数千年前、オッサスはジェダイのオダン=ウーアによって、大図書館と学習センターが設立され、図書館惑星と呼ばれるようになった。 ウーアの後任はウード・ブナーが勤めた。 シス大戦の中で起こったクロン星団の大爆発によってオッサスに爆風がおしよせ、オッサスは焼き尽くされた。 そのとき回収された貴重な品々はその後コルサントのジェダイ博物館におさめられることになる。 ヤヴィン第8衛星(Yavin VIII) スピンオフ小説に登場する架空の天体。 ガス惑星ヤヴィンの衛星である。 「ツンドラの月」とも呼ばれる。 ヒューマノイド種族メローディの出身星。 ラクサス・プライム 銀河の辺境アウター・リムに位置する惑星ラクサス・プライムは銀河共和国、銀河帝国における多くの企業がゴミ捨て場として利用している廃墟のような星で、その地表は膨大な量のジャンクに覆われている。 有毒性の物質が非常に多く危険ではあるが、この星にはジャワ族のような廃品回収業者や、ローディアンの傭兵が住み着いている。 後に独立星系連合の指導者の一人となる惑星セレノ出身のドゥークー伯爵は、共和国の腐敗を嘆く酷く痛烈な演説をこの惑星から放送した。 クローン大戦が始まって間もなくすると、ドゥークー伯爵は数千年前に作られたダーク・リーパーという兵器の動力源であるフォース・ハーヴェスターを惑星の中から発見した。 なお、このフォース・ハーヴェスターはモン・カラマリの戦いなどで用いられ、その後惑星トゥーレでダーク・リーパーごとアナキンに破壊されている。 クローン大戦が終わりに近づいた頃、ダース・ベイダーによるジェダイ聖堂襲撃を逃れたジェダイのカズダン・パラトゥスがこの惑星に訪れ、住み着くことになる。 パラトゥスはジェダイ聖堂のレプリカを組み上げ、その中に閉じこもって数年間を過ごしていたが、帝国のスパイによって発見されてしまい、ダース・ベイダーが密かに育てていた弟子のスターキラーによって殺害されてしまう。 その後、帝国によってスター・デストロイヤーを建造する造船所が軌道上に造られ、地表にはその造船所まで金属資源を打ち上げるための鉱石キャノンが設置されることになる。 出典 [ ]• Interior Department of the USA. 2015年8月14日閲覧。 De Semlyen, Phil November 26, 2015. 2015年11月28日閲覧。. Shepherd, Jack 2016年1月7日. 2016年6月15日閲覧。 Taylor, Chris 2015年12月29日. 2016年6月15日閲覧。 2017年2月10日閲覧。 Truitt, Brian 2016年1月17日. 2016年2月15日閲覧。 2015. New York, N. 34—35. 2017年3月16日閲覧。 2014年11月28日. 2016年1月1日閲覧。 Lewis, Andy 2014年12月1日. 2014年12月2日閲覧。 Ratcliffe, Amy 2016年8月29日. StarWars. com. 2018年1月8日閲覧。 Oswald, Anjelica 2016年1月6日. 2017年3月16日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の