ホルモン 補充 療法 副作用。 ホルモン補充療法やめたらどうなる?HRT5年でやめてみた体験談

ホルモン補充療法やめたらどうなる?HRT5年でやめてみた体験談

ホルモン 補充 療法 副作用

プレマリン錠 0. 625mg• ヒスロン錠5 5㎎ プレマリン錠 0. 625mg 結合型エストロゲン。 卵胞ホルモンを補充し、更年期障害によるほてり、発汗などの症状や不妊症、卵巣欠落症状などを改善します。 ヒスロン錠5 5㎎ 黄体ホルモン製剤(プロゲステロン製剤)。 黄体ホルモンを補充し、無月経、月経周期異常、月経困難症、機能性子宮出血、不妊症などを治療する薬です。 より引用 ホルモン補充療法(HRT :服用の仕方について 低用量ピルは、1シート(21日分)を毎日1錠ずつ服用していくというものでした。 ホルモン補充療法(HRT は、ちょっと複雑です。。。 625㎎』を夕食後に1錠、10日間服用します。 625㎎』と『ヒスロン錠5 5㎎』各1錠ずつ、朝・夕食後に11日間服用します。 (この期間に生理が来ます) 28日周期ということですね。 低用量ピルは、飲み忘れがあったら気が付いたときに飲んで、薬を飲もうとしたときに前日分飲んでなかった!?というときは、1度に2錠飲んでも問題ありませんでしたが、 ホルモン補充療法(HRT は、1度に2錠飲んではいけません。 次に飲む時間から服用します。 ホルモン補充療法(HRT :副作用について 主な副作用としては、むくみ、不正出血、頭痛、悪心、嘔吐。 もともと立ち仕事で、夕方になると足がむくんでしまうんですが、普段のむくみとは違って足がパンパンになってしまいます。 頭痛もちょっと多くなってきました。 1・2カ月服用していると、徐々に慣れていくのでしばらくの我慢です。 一番気になるのが、薬の飲み忘れです。 1週間分を4個買って、28日分。 にほんブログ村ランキングに参加しています。

次の

高石市の更年期のホルモン分泌の乱れは沢田レディースクリニックへ

ホルモン 補充 療法 副作用

男性ホルモン注射 テストステロン補充療法 について 男性ホルモン注射 テストステロン補充療法 をざっくりご説明します。 簡単にいうと、 「年齢を重ねるごとに分泌量が低下するテストステロンを補充する治療」です。 男性更年期障害を患う原因の一つとして、テストステロンの分泌量の低下が考えられています。 そもそも、 男性更年期障害は国際的には「LOH症候群」という言い方をしています。 LOH症候群について LOH症候群とは「加齢に伴う血中男性ホルモンの低下に基づく生化学的な症候群」と決まっています。 男性更年期障害の方が全員テストステロン補充療法を受けられるわけではありません。 血中の遊離型テストステロンが8. ただし、8. 性機能症状:PDE-5阻害薬• 精神心理症状:抗うつ薬、抗不安薬• 身体症状:各症状に合わせた治療 具体的なテストステロン補充療法の方法 テストステロン補充療法の方法ですが、エナント酸テストステロンを使用する場合、 1回125㎎を2週~3週ごと、もしくは、1回250㎎を3週~4週ごとに筋肉注射します。 注射をした時から一週間は元気がでているのですが、それからは血中のテストステロンの濃度が低下します。 そのため、二回目の注射の直前になると注射直後のような元気がでないというケースが多くなります。 治療期間は人によります。 一般的には治療を開始して3ヶ月で効果を測定します。 治療を中止してから症状が悪くなる方は、逆にテストステロン補充療法の効き目があったということですので治療を再開する場合もあります。 男性ホルモン注射 テストステロン補充療法 を受けられる病院とは 男性更年期専門外来を設けているクリニックや「メンズヘルス外来」を設けている病院などでテストステロンの値を検査してもらえます。 テストステロン値が低く前述した『加齢男性性腺機能低下症候群 LOH症候群 診療の手引き』の基準値 血中の遊離型テストステロンが8. 内科・泌尿器科のクリニックで行っているケースが多いです。 治療費用はどのくらい必要 費用はクリニックにもよりますが多くのクリニック・病院の費用を調べたところ、1回あたり2,000~5,000円の費用で治療を受けられます。 テストステロン補充療法以外の治療を望む場合は別途料金が必要になりますので、ご注意ください。 テストステロン補充療法の副作用について 治療をするとなると副作用も非常に気になるところです。 副作用として考えられるものについて紹介します。 長期間の男性ホルモン注射 テストステロン補充療法 が心血管に与える影響が不明なことから、 虚血性心疾患の患者への治療は慎重に考えた方がよいとされています。 また、 睡眠時無呼吸症候群の方への投与は症状を悪化させてしまう副作用が確認されています。 体毛の増加や潮紅 赤ら顔 も確認されています。 他にも、 前立腺がんの患者やその疑いがある方への投与も影響がないことが証明されていないことから禁止されています。 精子が作られにくくなるというデータや心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなるというほこくもあることから、基本的に医師に相談をしてしっかりと確認してからテストステロン補充療法を受けてください。 男性ホルモンについて知りたい方は以下の記事をご覧いただいています まとめ 男性ホルモン注射 テストステロン補充療法 について病院の探し方や一般的な料金と合わせてご説明しました。 副作用がある場合もあるので、医師にしっかり相談をした上で治療を検討してください。

次の

ホルモン補充療法やめたらどうなる?HRT5年でやめてみた体験談

ホルモン 補充 療法 副作用

女性ホルモンを 美容目的で続けている私 森光子さんは、80歳を過ぎても女性ホルモンを補充し続けていた。 という話を、私は主治医から聞きました。 私が今補充しているホルモンの、 何倍もの量を投与していたと言います。 友人も、別の病院で同じ話を聞いたそうです。 森光子さんの、あの美しい白い肌の秘密が、女性ホルモンのお陰だったのなら、HRTを一生続けていきたいと思う女心。 それが、更年期の症状がないのに、HRTをやめられないでいる私の理由です。 追記 2019. 7 実はHRTをきっぱりやめることになるのです。 その時のエピソードは ナチュラルホルモン補充療法 とはいえ、森光子さんが長く続けたホルモン療法は、より安全な、 ナチュラルホルモン補充療法だったのだと考えます。 通常のHRTの合成ホルモンではなく、ヒトのホルモンと化学構造が同じナチュラルホルモンを補充する方法です。 保険適用外なので、かなり高額です。 でも、副作用が少ない安全なHRTで、美容目的で長く続ける人の多い療法。 これなら80歳まで続けても安心なのだろうと思います。 ホルモン補充療法は 60歳までと言われる理由 通常のホルモン補充療法を保険適用で受けている私は、毎月3,000円くらいの出費です。 そんなに負担ではありません。 更年期の辛い症状を和らげる目的なら、保険適用になります。 そのため、更年期障害が完全に落ち着く年齢になると、保険適用が怪しくなってきます。 骨粗鬆症や性交痛など、ホルモン剤を使う必要のある理由があればいいようですが、 美容目的ではだめなのです。 そういう意味で、60歳までが目安になっているようです。 自由診療と保険診療 HRTでも、自由診療なら70歳でも80歳でもOKです。 決めるのは 自分です。 保険適用外なら、1万円くらい。 手厚いカウンセリングを受けて、個人に適したホルモンを補充していくナチュラルホルモン補充療法なら、3万~5万円かかるようです。 保険適用でも、お医者様との相談で、60歳以降も続けることは可能ですが、さすがに70歳とかはむずかしいようですね。 ホルモン補充療法を 長く続けるリスク 美容の面から80歳過ぎても続ける人がいるなら、誰でも続けたくなりそうなものですが、リスクもあるようです。 ホルモン補充療法を60歳以降も続ける場合、乳がんになる確率が若干上がることが報告されているそうです。 1,000人中60人が66人に増えるとのこと。 この数字をどう捉えるかは、個人の判断によると思います。 そして、ホルモン補充をやめた場合も、たくさんのリスクがあります。 HRTをやめてから 骨粗鬆症がこわい!! 60歳でホルモン補充療法を終了したとすると、その後の生活にたくさんの心配事が増えるのも事実です。 いよいよ女性ホルモンの恩恵を受けられなくなるのです。 心配事の中でも、骨粗鬆症のリスクが増えることがあります。 女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。 60歳でHRTから卒業かな 森光子さんのようにキレイな肌で、80歳になってもでんぐり返りができるほどの体力もある。 とはいえ、私はエステティシャン。 仕事をしている間は、HRTをやめる勇気はありません。 髪や肌の若さが大切な仕事だからです。 女性ホルモンがもたらす美しさへの影響がいかに大きいか。 それを考えると、続けるメリットの方が大きいからです。 仕事を辞めたらHRTも卒業 仕事を辞めた時から、エストラーナテープもディファストンも卒業しよう。 それが今の私の計画です。 運動や食事やサプリで、健康な体を維持していこうと考えています。 それがちょうど、60歳くらいですね。 追記 2019. 7 実はあることがきっかけで、ホルモン補充療法を55歳で卒業しました。 色々悩みながら続けてきましたが、今は卒業したことにほっとしています。

次の