青木 さん ちの 奥さん。 ようこそ、僕らの街へ : 【横山裕】舞台『青木さん家の奥さん』の演出を手掛けることに!!!

ようこそ、僕らの街へ : 【横山裕】舞台『青木さん家の奥さん』の演出を手掛けることに!!!

青木 さん ちの 奥さん

2020-01-22• 『青木さん家の奥さん』でなにわ男子&Aぇ! groupが即興芝居!演出の横山裕「自信を持ってがんばれよ」• 2020年1月22日(水)に東京・東京グローブ座にて横山裕が演出する舞台『青木さん家の奥さん』が開幕した。 初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、「なにわ男子」の大橋和也と藤原丈一郎、「Aぇ! group」の末澤誠也、草間リチャード敬太が登壇した。 本作は、設定だけが決められていて、あとはすべて役者たちのアドリブで構成される即興芝居。 過去には、2002年1月バラエティ番組「少年タイヤ」内にて大野智・相葉雅紀・櫻井翔が、翌月2月には舞台上演にて同じく大野・横山が挑んでおり、1990年の初演以降、様々なユニットで繰り返し上演されてきた。 今回は、横山演出のもと、「なにわ男子」の大橋と藤原、「Aぇ! group」の末澤・草間という、関西ジャニーズJr. で人気を誇る2つのユニットの演技者たちが、酒屋を舞台に、配達を巡って巻き起こる店員たちのドタバタ劇に挑む。 会見では、本作の見どころについて、末澤が「アドリブがほとんどなので、そこを僕らも楽しみながら、見ている人たちにもどこからがアドリブで、どこから台詞なのかというところを楽しんでほしいです」とコメント。 また、演出の横山からは初日コメントとして次のような言葉が寄せられた。 これからの成長を期待している関西ジャニーズJr. の4人をどう魅せるか、どう個性を活かせるか、まだ見たことない彼らの顔をどうやったら引き出せるか・・・とずっと考えてきました。 観に来てくださるお客様には、どこが台本で、どこからがアドリブなのかを見極めながら、未来ある4人の若者の才能をぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。 本当に稽古時間が短かったです」。 4人は、その横山がゲネプロを4人には秘密で観ていたことを伝えられると、驚きの表情を見せ、藤原が「ゲネプロ直前に電話で横山くんと話して、昨日に通し稽古をしたので、その時に言えなかったアドバイスしてもらい、最後に『お前ら、自信を持ってがんばれよ』と言ってもらいました」とエピソードを披露。 横山との稽古では、いろいろと台本から変更があったことについて、末澤は「オチも昨日の夜に変わって、今日の朝に稽古でもう一回やり直したんです」と打ち明けた。 また、大橋が「初日前日に、横山くんからお年玉をもらいました」と話すと、全員から「無理矢理にせびってたよね」とツッコミを受けて、思わずタジタジになる一幕も。 年末年始にツアーやLIVEで多忙だった4人は、横山からの初日コメントにもあったように稽古時間が短かったそうで、藤原は「横山くんも47都道府県ツアーをやっていて、それが終わってから来ていただいて稽古もやっていたので、ほんまにありがたかったですね」と感謝を述べた。 個性豊かな4人のキャラクターが登場する本作。 特に草間が演じる店員の民族衣裳に対して、藤原が「最初はヤバかったけど、だいぶ見慣れた」とコメントすると、草間は「見慣れてないやろ!舞台上で見て、笑っている時あるやろ!」とツッコミ。 さらに、草間は役作りとして「今日のためにすね毛をブリーチしてきました!」と美脚を披露し、会場の笑いを誘っていた。 イケメンホスト風の末澤も、役柄について「普段は全然違いますけど、横山君の中では僕はこういうイメージがあるみたいです(笑)」と語った。 登壇者たちから、妄想がヤバいと言われた藤原は「想像力が豊でいろいろ考えちゃうんですよ。 それをこの舞台にも活かしました」と役作りとして説明した。 また、舞台初日となる22日は「SixTONES」と「Snow Man」がジャニーズ史上初の2グループ同時CDデビューを果たした日ということで、大橋は「デビューおめどうございます! 僕たちも皆さんを追い抜けるように精いっぱいがんばります!! 」と祝福の言葉を贈り、刺激を受けたという末澤は「同世代でもありますし、そこは僕たちも負けずにがんばります」と意気込んだ。 藤原も「正直、ちょっと悔しい気持ちもありますけど、僕らにはこの舞台もあるので、ジャニーズが盛り上がっているという意味も込めて、今日は良い日になると思います」と喜びを露わにした。 最後に、大橋が「精いっぱいアドリブで、僕たちの仲の良い雰囲気も見てもらいつつ・・・、僕たちの演技も見てもらいつつ・・・、あとはアドリブと台詞のどちらかが分からないところも見てもらいつつ・・・、がんばりますので、皆さん応援よろしくお願いいたします!」とアップアップ状態でコメントすると、藤原が「もうグダグダやで」、末澤が「ようゲネプロできたな」、草間が「これを聞いたら不安しかない(笑)」と大橋に連続でツッコミを入れると会場は爆笑に包まれた。 何が起こるかは幕が開くまで誰にも分らない、何でもありで緊張の連続の舞台。 アドリブで無茶ぶりされる内容にどのように対応しようか舞台上で必死に考える表情が見られるのも即興劇ならでは。 囲み会見でもドタバタ感満載で笑いを巻き起こしていた4人たちが織りなす抱腹絶倒の物語をぜひ劇場で楽しんでほしい。 舞台『青木さん家の奥さん』は、以下の日程で上演。 上演時間は、80分(休憩なし)を予定。 【東京公演】1月22日 水 ~2月2日 日 東京グローブ座 【大阪公演】2月13日 木 ~2月19日 水 サンケイホールブリーゼ 【詳細】 (取材・文・撮影/櫻井宏充) この記事の画像一覧•

次の

青木さん家の奥さん

青木 さん ちの 奥さん

優香さんプロフィール/略歴 プロフィール 名前 優香 本名(結婚前) 岡部 広子 生年月日 1980年(36歳) 出身地 東京都あきる野市 血液型 O型 身長 157㎝ 所属事務所 ホリプロ 略歴 3人兄弟姉妹の次女として生まれる。 (7歳上の姉、5歳上の兄がいる) 武蔵村山私立第八小学校入学、後に秋川私立西秋留小学校へ転校。 藤村女子中、高等学校を経て、日出女子学園高等学校卒業。 1997年(平成9年) 3月27日、池袋駅近くピ-ダッシュパルコ前でスカウトされた。 デビュー当初は、 ホリプロ初のグラビアアイドルとして話題となった。 グラビアクィーンとして話題となる。 1998年 当時のホリプロ所属のアイドル達で『 HiP』というユニットを結成。 優香は初代メンバーとして参加し、後に2代目リーダーとなった。 マツモトキヨシで初のCM出演。 1999年 秋にはジョージアのCMで飯島直子さんと共演してブレイク。 この頃『 癒し系』という言葉が浸透し 癒しブームの先駆けと言われている。 これ以降、バラエティやCMの仕事が中心となる。 1999年 堀越のりさん、吉井怜さん、唐沢美帆さんで1ヶ月の限定ユニット 『 NITRO』として活動する。 2000年 グラビアアイドルを卒業し、マルチタレントとして活動。 女優としても活動を広げ始める。 2002年8月 『 HiP』メンバーを卒業。 2004年大河ドラマ『 新選組!』でヒロイン役に抜擢され 深雪太夫とお孝(深雪太夫の妹)の 1人2役を演じた。 2006年 ホラー映画『 輪廻』で 主演として出演。 2012年 デビュー15周年の年に連続ドラマとしては11年ぶりに 『 本日は大安なり』で主演する。 また12年ぶりに写真集『 優香グラビア』やダイエット本である 『 優香ボディ』を発売する。 2016年6月27日に 俳優、青木崇高さんと結婚する。 優香さんの結婚相手(旦那)は青木崇高さんです! 優香さんがとうとう昨年の 6月に結婚してしましました。 30代~40代世代の男性諸君はショックだったかもしれえませんね。 私もその一人です。 グラビア界にすい星のごとく現れた優香さんが・・・ そんな我らのグラビアアイドル優香さんを GETしたのが、 俳優 青木崇高さんです。 青木崇高さんで思い出されるのは 『 ちりとてちん』ですかね。 NHKの連続テレビ小説で 貫地谷しほり さんとの主演がとれも印象的でしたね。 しゃべり方が TOKIOの長瀬智也さんに 似ている感じがしますが・・・ 私だけでしょうか? 優香さんと青木崇高さんの馴れ初めは ドラマでの共演のようです。 6年前に一度共演した事があり 再びNHK木曜時代劇、『 ちかえもん』で共演する事になった ようです。 優香さんは青木崇高さんに対してこんなことを言っています。 「旦那さんは、私なんかにもったいないなと心から思うぐらい素敵な人。 好きなところ? すべてです、っていうとなんかありきたりですね(笑)。 そうだなぁ……思いやりが深くて人にちゃんと感謝できる人だし、人として尊敬できるところ。 男性だけど親友になれそうな信頼感もあります」 今まで交際してきた人達と何が違ったのか? 思いやり深くて人にちゃんと感謝できるところ? 人として尊敬できるところ? お付き合いのきっかけは 青木崇高さんの猛プッシュだったようです。 もう青木さんがゾッコンで、幸せオーラ全開。 そこが違ったのかもしれません。 青木崇高さん! この今の気持ちを忘れず持ち続けて欲しいですね。 優香さんを幸せにして下さいっ! 優香さんと志村けんさんの関係がヤバい!ヤバすぎる!! 優香さんは昨年結婚して青木崇高さんと幸せ全開ですが 優香さんと言えば切っても切り離せない・・・ そう 志村けんさんの存在がありますよね! 優香さんのデビュー当時からずっと気にかけていて 大のお気に入りだったようです。 コントでの夫婦役はまさに本物のようで ボディータッチも数多くあり もしかして二人はそういう関係なのか? なんて事を、TVを観ていた我々は勝手に 想像してしまいます。 でも優香さんと志村けんさんとの2人だけのスクープ画像は 無いようなんです。 そもそも本当に想像するような関係だったのか? それ自体に疑問が持たれますが・・・ しかし関係者の中ではこんなコメントも 「最大の亀裂は昨年2月、志村の誕生日に優香が欠席したこと。 でも昨年は単純に来ないというだけでなく、関係を切りたいことを志村に臭わしたんです」 芸能プロ関係者 これは2014年の 志村けんさんのお誕生日会に優香さんが 欠席した事による記事です。 その時、優香さんは山中さわおさん(ザ・ピロウズ)と交際しており それが影響したとの噂も、そしてや山中さんと破局した後 志村けんさんとの間が復活したとか・・・ 「やはり資産50億円、カネ離れのいい志村が好きってことじゃないですか。 山中と別れたのも、志村との復活愛のためとか。 昨年あたりから、志村行きつけの麻布十番の店でのデートが目撃されていました」 前出・芸能プロ関係者 こんな感じで切っても切れない関係なのではないか? そうなると今回の結婚後も? また優香さんが結婚を決めたことに対して 志村けんさんにコメントを求めた時に ピリピリムードになったそうです。 そう考えるとやっぱりただならぬ関係だったのか? そのピリピリ動画はこちらです。 出典YouTube でもこれは・・・微妙ですね。 どうなんでしょう? なんとも言えない様子。 ただ最後の結婚についての 磯山さやかさんとの絡みは面白かったですね。 失礼しました。 また一方で関係がヤバいとされているのは 志村けんさんが優香さんの ストーカーをしていたなどと 書かれていた記事を見ますが、結局これも 真実では無さそうです。 優香さんと志村けんさんの関係! 本当のところはどうなんでしょう? 謎ですね。 Sponsored Link スポンサードリンク まとめ 何度も言いますが、等々優香さんが人妻になってしまいましたね。 グラビアからバラエティ、ドラマ、CMと マルチに活躍してきました。 今後はさらに 奥さんとして、お母さんとしても活躍して 欲しいですね! お幸せになってください! それでは最後までお付き合い頂きありがとうございました。 Sponsored Link スポンサードリンク.

次の

少年タイヤ

青木 さん ちの 奥さん

設定が決められていて、あとはすべて役者たちのアドリブで構成されており、1990年の初演以降、即興芝居の金字塔的作品として、様々なユニットで繰り返し上演されている。 過去には、2002年1月バラエティ番組「少年タイヤ」内にて、大野智、相葉雅紀、櫻井翔が、翌2月には舞台上演にて同じく大野、横山が挑んだ作品だ。 なにわ男子&Aぇ! どうでした? 藤原:そっち側(末澤側)なんちゃうん?今(笑)。 大橋:いいやん、言うたらええやん(笑)。 末澤:本当に楽しくできています。 結構アドリブがほとんどなので、そこを僕らも楽しみながら、見ている人たちにもどこがセリフでどこがアドリブなのかを楽しんでもらいながら、見てもらえたらなと思いますね。 「え、これどうしたらいいの?」みたいな。 それと横山くんが大野くん主演の舞台で、何年前やっけあれ…。 大橋:18年かぁ。 藤原:18年前!その時にやっていたので、当時のことを思い出しながら稽古をやっていましたね。 全員:え!? 藤原:え、今日来れへんって…。 末澤:来れへんって言うてましたよ!今日。 藤原:横山くん、そういうとこあるよな! 大橋:サプライズでな(笑)。 草間:始まる直前に電話かかってきて、話したんですよ。 藤原:そう!「電話してきて」ってマネージャーさん経由で言われて、俺電話したんですよ。 そしたら一言目「誰?」って言われたんですよ(笑)。 藤原:それで、昨日通し稽古をしたんですけどそこで言えなかったことをアドバイスしてもらって、最後「お前ら、自信持って頑張れよ」って言っていただきました。 大橋:そう。 末澤:えー。 末澤:まずそれなん!?(笑) 大橋:まずこれ(笑)。 藤原:ちゃうやん!いっぱいあるやんネタ。 「もうちょっとあぁしたほうがええよ」とか(笑)。 大橋:あ、そうですね。 あぁ、本番直前で変わりましたね。 最後のセリフとか。 末澤:丈なんかもうガラッと丸々変わったよな?昨日の夜に。 藤原:そうなんですよ。 (横山の真似で)「あそこあぁしたほうがええんちゃうかなぁ」「ちょ、言って言って」「もうちょっとこうしたほうがええんちゃうかなぁ」ってだんだん変わっていって、最終的に全部変わってました。 大橋:全部変わってた。 末澤:気づいたらな。 藤原:気づいたら。 末澤:オチとかも昨日の夜に変わって、今日朝稽古でもう一回やり直してという感じやったんで。 大橋:そうやね。 大橋:そうですね!そう考えたらそうやぁ。 末澤:あるある。 藤原:確かにジャニーさんもふらっと来て「曲変えよう」とかよくあったので、僕らはちょっと懐かしいな、というのがありましたね。 大橋:ガラッと変わったのあったよなぁ。 そして横山さんからはお年玉も? 大橋:お年玉もらいました!(満面の笑み) 藤原:もらったんじゃないよな!?あれ。 草間:それはもう… 大橋:なになになに? 藤原:(大橋は)もらったんやろ? 大橋:もらった! 藤原:もらったんじゃないやろ?リチャ言ったって。 草間:せびり取りましたね。 全員:(笑)。 草間:もうすっげぇ無理やりでしたけど。 (大橋の真似で)「1月始まってもう結構経ったじゃないですかぁ~。 え~忙しかったんですかぁ?」 藤原:(横山の真似で)「あぁ、俺もドラマとかで結構忙しかったで」 草間:(大橋の真似で)「そうなんですねぇ。 誰かにお年玉渡しましたぁ?」 全員:(笑)。 草間:「お前それ欲しいっちゅうことやろ!」って(笑)。 末澤:直球すぎるやろ! 藤原:横山くんは三が日に会った人に渡すというルールがあるみたいなんですよ。 でも俺らが「あれ?俺らもらってないよな…」ってなって、「大橋、ちょっと上手い感じで言うて」ってなった結果、あぁなりました。 大橋:喋れる機会がなかったんです。 絶対「リチャード」やのに。 大橋:「草間くん」(笑)。 草間:絶対「草間くん」じゃないってどういうこと?「草間くん」で合ってんで? 末澤:いや、普通にいったら絶対「リチャード」やんか!(笑) 藤原:俺らもだいぶこれ(草間の格好が)見慣れたもんね。 末澤:最初はもうやばかったやん、俺ら。 大橋:なぁ(笑)。 でも脚もとても綺麗ですね。 藤原:ね~本当! 大橋:脚綺麗ですよねー! 草間:今日のために… 末澤:染めてきたらしいですよ、昨日。 草間:すね毛染めたんですよ(笑)。 末澤:この日のために。 藤原:役作りです。 めっちゃ寒いですけど。 藤原:ずーっと舞台袖で「寒い、寒い」って言うてるんですよ(笑)。 末澤:僕めっちゃ暑いんですよ。 僕ひとりで暑いんですけど、(草間は)「寒い、寒い」ってずっと言ってる。 草間:布の表面、差ありすぎでしょ!? 大橋:ひとりだけな。 藤原:衣装代、だいぶ多分セイヤさん側に行ってる。 末澤:スーツでな。 末澤:「うんうん」じゃないやん! 藤原:普段からこんなんですよ。 末澤:なわけないやろ! 藤原:なあ? 大橋:普段からバラ出してるし。 末澤:出してるわけないやろ!なんで俺普段からバラ出してんねん! 大橋:すぐ出すから。 末澤:全然違いますけど、普段は。 でも横山くんの中では僕はこういうイメージがあるみたいです。 丈は、こういうバイトリーダーいますもんね?ほんまにいそう。 藤原:野球の役じゃないですか。 だから俺めっちゃいつも言ってるんですよ。 「お前、あそこツースリーってことはもうちょっと追い込まれてる役やで」って。 大橋:そう、セリフがわからなかったんですよね。 だから野球の部分は丈くんに聞いてました。 藤原:そうですね、野球の部分は。 あとは個人的にめちゃめちゃオリックスが好きなので、本当は違ったんですけど、横山くんが「丈、お前オリックス好きやろ?じゃあオリックスに変えよう」ってなって。 大橋:そう。 末澤:そうやな、ほんまやな(笑)。 大橋:それでさぁ、オリックスのファンの人が見に来てくださるのもいいよね。 藤原:いやそれはわからんよ(笑)。 告知してないし! 末澤:どういうこと!?「オリックスって言いますよ!」って!? 草間:そこだけを聞きに来る? 末澤:そうや!「あ、オリックス!」って!? 藤原:ならもっとオリックスアピールせんと(笑)。 大橋:ごめんごめん(笑)。 京セラでやりませんでしたっけ?僕。 全員:やった。 大橋:一応やらせてもらい。 カットされるかもしれんし。 末澤:カットされるかもしれんけどやっておきましょう!…あちらで大丈夫ですか?こちらで!(カメラを見て)奥さん。 僕たちに会いに来てください。 (まばらなシャッター音) 末澤:…これでいいんですか!?正解はありました!? 草間:良かった、良かった。 大橋:良い! 藤原:3人くらいカシャカシャ撮ってました。 末澤:ほんまに?良かった良かった、3人くらい撮ってくれたなら良かった。 藤原:3人だけ…(笑)。 変態っす! 藤原:ちゃうちゃう、おかしいやろ、何言うてんねん(笑)。 お前自分が何かやらされたからってさあ。 大橋:違うんですよ、急にね、笑ったりするんですよ! 藤原:妄想っていうか、俺は、想像力豊か。 末澤:だから妄想やろ、妄想やん(笑)。 藤原:いろいろ考えちゃうんですよ。 ここでリチャが何か言ったらおもろいな、とか、ひとりでバーって考えて、ははって。 大橋:急に笑うんですよ(笑)。 藤原:頭の中でいろいろネタ作りをしてるんですよね。 「遊園地行きたい」「いや俺は野球場に行きたい」「え~野球場!?」みたいな、それですごい盛り上がったりする。 だから普段取材していただいているのをこの舞台で活かしながら。 末澤:確かに。 それはあるかもしれん。 1月の頭のほうには京セラドームでもライブをやってて、その時に合間合間に京セラドーム終わってからやったりとか。 そこで稽古とかもやっていたので、ほんまにありがたかったですね。 藤原:そうです。 末澤:でも、これだけの稽古で舞台に立ったのは初めてです。 大橋:ね。 の勢いを感じるのではないですか? 大橋:ありがたいですね。 今がすごい人生華やか!みたいな感じで嬉しいですね。 全員:(笑)。 藤原:え?今がなん?これからやろ(笑)。 大橋:これからね!(笑)今、ずーっとずーっと幸せですね。 ありがたい。 藤原:この後たぶん(SixTONESとSnow Manの取材に)行くねん! 末澤:時間ずらしとるよね(笑)。 藤原:かぶらさんやろ、絶対(笑)。 そうですよね。 同世代でもありますし、(向井)康二も頑張ってますしね。 そこは僕たちも負けずに頑張らないとなとは思いますね。 その時は康二も段々成長してきた感じで、雰囲気とかも違かったし、変わってて。 デビューする人ってこんなに自信に満ち溢れてるんだなーというのを感じました。 大橋:でもライブが終わった後に(向井が)「良かったよー」って言うてたけどさ、スタッフさんから(向井が)泣いてたって言う話を聞いてさ、なんかジーンと来た。 すごい嬉しいなと思って。 大橋:込めて…。 自分かなー、思った。 大橋:皆さん、デビューおめでとうございます! 藤原&末澤&草間:おめでとうございます! 大橋:僕たちも精一杯頑張りますので、ガーンって行けるように頑張ります!ありがとうございます! 藤原:……追い抜けるようにね? 大橋:そうそうそう。 ガーンって行けるようにね。 皆さん、頑張ります! 藤原:なんやねん、「頑張ります!」って(笑)。 草間:皆さんが頑張りますっていうこと?(笑)。 藤原:でも、特別な日ですから今日は。 嬉しいことですよね。 (SixTONESとSnow Manの)デビュー日と「青木さん家の奥さん」の初日もあるし。 大橋:あと「えんがにち?」 草間:天赦日な。 大橋:あ、天赦日か(笑)。 藤原:全然ちゃうやん!(笑) 大橋:いや、教えてもらってんスタッフさんから。 末澤:あと、一粒万倍日。 草間:そうそう、一粒万倍日。 藤原:そうですね。 そういう幸せな日でもありますので。 正直ちょっと悔しい気持ちもありますけど、僕ら「青木さん家の奥さん」もありますので、ジャニーズ自体すごい盛り上がってるっていう意味も込めて、今日はいい日になるんじゃないかなと思います。 大橋:え~!! 藤原:ほんまに皆さんのおかげです。 横山くんが演出してくださってるっていうのも大きいので。 大橋:はい!僕たち、「青木さん家の奥さん」をやらせてもらうんですが。 僕たちが精一杯ね、このアドリブなんですが、もっともっと僕たちの仲良い雰囲気も見てもらいつつ、僕たちの演技をえ~っと見てもらいつつ、あとはアドリブ、演技どっちかわからんところを見てもらいつつ頑張りますので、皆さん、応援よろしくお願いします! 藤原:もうグダグダやん!(笑) 末澤:不安(笑)。 藤原:アドリブ絶対出来ひんやん!(笑) 末澤:よう今行けたなゲネプロ!(笑) 草間:これ見たら不安しかないやろ! 大橋:行ける行ける行ける!(笑)見てくださいお願いしまーす! 藤原&末澤&草間:お願いします! 藤原:すみません!ありがとうございました! 大橋&末澤&草間:ありがとうございました! 藤原:(SixTONESとSnow Manの)デビューの横にちっちゃく書いておいてもらっていいですか!? 大橋:ちっちゃく!ありがとうございました! 舞台「青木さん家の奥さん」は、1月22日~2月2日まで東京グローブ座、2月13日~19日まで大阪サンケイホールブリーゼにて上演。 これからの成長を期待している関西ジャニーズJr. の4人をどう魅せるか、どう個性を活かせるか、まだ見たことない彼らの顔をどうやったら引き出せるか、、、とずっと考えてきました。 観に来てくださるお客さまには、どこが台本で、どこからがアドリブなのかを見極めながら、未来ある4人の若者の才能をぜひ楽しんでいただけると嬉しいです。 本当に稽古時間が短かったです。 「青木さん家の奥さん」あらすじとある酒屋の倉庫で新入りのバイトがひとり、黙々とジャガイモの芽を取っている。 そこへ次々と先輩がやって来て、青木さん家の配達伝票をめぐる争いが始まった。 どうやら青木さん家には、先輩たちが憧れるステキな奥さんがいるらしい。 すると、争いを見ていた新入りのバイトが言った。 「僕も配達に行きたいです!」 そこから始まる、先輩たちによる理不尽な特訓。 果たして無事に青木さん家に配達に行くことができるのか…。 あるのは基本設定だけ、あとはすべて役者達のアドリブで構成される舞台上は、何でもあり!何が起こるかわからない!一瞬たりとも気が抜けない、緊張の連続の舞台が幕を開ける! 【Not Sponsored 記事】• anna 2020-06-25 00:04• モデルプレス 2020-06-25 00:00• モデルプレス 2020-06-25 00:00• モデルプレス 2020-06-25 00:00• モデルプレス 2020-06-24 23:47• ジェイタメ 2020-06-24 23:00• しらべぇ 2020-06-24 22:35• モデルプレス 2020-06-24 21:10• しらべぇ 2020-06-24 21:00• モデルプレス 2020-06-24 20:42• しらべぇ 2020-06-24 20:40• モデルプレス 2020-06-24 20:35• モデルプレス 2020-06-24 20:28• しらべぇ 2020-06-24 20:20• しらべぇ 2020-06-24 20:00• モデルプレス 2020-06-24 19:59• モデルプレス 2020-06-24 19:49• しらべぇ 2020-06-24 19:45• しらべぇ 2020-06-24 19:30• ジェイタメ 2020-06-24 19:26.

次の