アイ リラックス ニコン。 プラスチック Nikon 遠近両用累進レンズ 価格表 〜れんず屋

これって眼精疲労?目の疲れのセルフチェックの方法と対処法

アイ リラックス ニコン

低温加熱式たばこ【最強デバイス】現る!• 最先端ポッド型VAPEが登場!• コロナ対策にもオススメですよ!• そんなお前はカッコいいと思うぜ!• メガヒット商品の理由を徹底検証 こんばんは、加熱式たばこブロガーのげんちゃんです。 オリンピック見に行きたいなー・・・と思って、コカコーラ社製品を買っています(笑) 物議を醸しているCMではありますが、たくさん応募すれば当たるかも知れないので、コツコツポイントを溜めてます。 さて、そんな2020年ですが、「たばこのない五輪」というキャッチコピーのもと、各地の喫煙環境はどんどん厳しくなってきていますよね。 そんな状況なので、禁煙、もしくは節煙を考える人も多いのではないでしょうか。 今日はそんな方に、嬉しいニュースをお伝えします。 既に話題にもなっているのでご存知の方も多いと思いますが、 加熱式たばこ専用の ノンニコチンスティック「 ニコノン( NICONON)」のご紹介です。 加熱式たばこ専用のノンニコチンスティックって? モクログでも何度か取り上げましたが、加熱式たばこ専用のノンニコチンスティックというのは、ヒートスティックと同じサイズで、 原料が タバコ葉ではなく お茶っ葉などを利用したもののことですね。 これらの製品で何が画期的なのかと言うと、 タバコ葉を使っていないのでニコチンが含まれないんです。 ヒートスティックの代わりにアイコスに挿して使うものなので、加熱式たばこの特徴でもあるタール、一酸化炭素も発生しないというメリットもあるので、タバコを吸っているという満足感を得ながら、タールも一酸化炭素も、そしてニコチンすらも発生しないというスーパーアイテムなんです。 おそらく節煙や禁煙商品は多数ありますが、中でも一番効果のありそうな商品だと思っています。 この記事の目次• ニコノン(NICONON)とは 既に各メディアでプレスリリースがアップされているので見かけた方も多いのでは。 ニコノンは、 ヒートスティック型の オルタナティブ( 代替) 品でして、先程触れたように茶葉を使うことでニコチンも発生しない加熱式たばこデバイス専用のスティックのこと。 タバコ葉を使っておらずニコチンも発生しないので、俗に言う「タバコ」ではありませんが、 ヒートスティックを吸っているのと同じように、蒸気が出たり吸いごたえがあるなど、タバコを吸っているかのような満足感が味わえるのが特徴。 Amazonに販売ページが出来ているんですが、実際の発売は3月頃とのことです。 入荷したら現物レビューしたいと思いますので、味などの紹介は暫しお待ちくださいませ。 ニコレス?ニコノン? 昨年話題になったのがニコレスという商品ですが、今日ご紹介するニコノンはちょっと違います。 ということで、ニコノンをただ紹介してもつまらないので、今日は プレスリリースなどでわかっている情報をもとに 比較してみましたよ。 後発なだけに様々な工夫が施されているようなので、そのへんに注目していただけると良いかもしれません。 節煙や禁煙はしてみたい・・・けどニコレスはちょっと、という方は是非読み進めてみてください。 比較その1:使い方 使い方についてはどちらも同じ、ヒートスティックの代わりにアイコスに挿して使います。 もしかしたらパルズでもイケるかもしれません。 形状がヒートスティックを模しており、且つ内部から加熱することを前提にしているため、加熱ブレードやピンがあることが必須です。 比較その2:味 現物を吸ったことがないので、資料をもとにご紹介しますが、ニコノンのほうが茶葉のエグミが少ないっぽいです。 ニコレスは吸いごたえは凄いんですが、茶葉を蒸したような独特の匂いと味も凄いんです。 ニコノンでは日本人向けに厳選した茶葉をブレンドしていることで、 ニコレスのあの匂いや味を低減しているとのこと。 比較その3:茶葉の製法 ニコレスを吸ったことがある人はわかると思いますが、ニコレスはヒートスティックと同じように茶葉をシート状に成型したものを詰めていますよね。 ですが、ニコノンは全く新しい・・・というかプルームテックなどのように顆粒状にした茶葉を詰め込んでいるんだそうです。 ニコレスへの不満 いい評判もたくさんありますが、中には不満に思っている方も少なくありません。 Amazonのレビューを見ていて特に多いのは以下の3つの内容、このあたりを改善したんだそうです。 個人的にはあの茶葉のエグミのような味わいは嫌いではなかったんですけどねー、ムリ!と思った方は手厳しいコメントが多いです(汗) ニコノン概要.

次の

【アイコスユーザー必見】ニコレスを脅かす新製品が登場!その名もニコノン(NICONON)です、ニコレスと徹底比較してみました!

アイ リラックス ニコン

(眼鏡市場イメージキャラクターはベッキーさん) 株式会社メガネトップ(本社:静岡市葵区、社長:冨澤昌宏)が展開する眼鏡市場は、2012年12月からテスト販売を開始し、お客様から好評の声を頂いているメガネ用レンズ、ネオハイブリット設計レンズ『i-relax(アイリラックス)』のTVCMを、4月19日(金)からオンエアし本格販売を開始します。 仕事の効率や生活の利便性がアップする一方で、現代人の目はかつてないほど酷使されています。 眼鏡市場では、そんな現代人のための近くがらく~に見える『ちかラク』レンズ、「i-relax(アイリラックス)」をレンズメーカーと共に共同開発しました。 『ちかラク』レンズ、「i-relax(アイリラックス)」は、全国の眼鏡市場(めがねいちば)各店で体験いただけます。 その水晶体は毛様体という筋肉の働きにより、遠くを見るときは毛様体筋を弛緩させ水晶体を薄くし、近くを見るときは毛様体筋を緊張させ膨らませることでピントを調整しているのです。 ただ、この快適な距離を超えて長時間近くを見続けると、水晶体を調節している毛様体筋が緊張を引き起こします。 通常、メガネは遠くを見るための度数でお作りします。 そんな遠くを見るためにつくられたメガネで近くを見続けると、当然、目には負担が掛かります。 ピントを合わせる目の調整力をサポート。 レンズ下方は近くがラクに見えるように作用し、レンズ上方は遠くがよく見えるように作用します。 パソコンやスマートフォンを見る頻度が多い30・40代のための、ちかラクレンズです。 こんな30・40代の方におすすめ!• 近頃「目が疲れやすくなった」と感じる方• パソコン・デスクワークの際にメガネを外す方• パソコンや読書をする時、家にいる時、度の弱いメガネに掛け替える方• さらに、手元から遠くまでも違和感少なく見ることができる現代の視生活に合わせた画期的なレンズ設計で、室内生活だけでなく屋外生活も快適にする45歳からのちかラクレンズです。 こんな45歳以上の方におすすめ!• スマートフォン・携帯、PC、デスクワークなど、近くを長時間見ることが多い方• 最近、手元が見えにくくなったと感じている方• 近くを見るときだけ、メガネをかけている方•

次の

これって眼精疲労?目の疲れのセルフチェックの方法と対処法

アイ リラックス ニコン

新テレビCM「アイリラックス篇」も同日より全国エリアで放送開始されている。 アイリラックスは、スマートフォンなど近くを見る際の目のピント調節を助ける「ピントアシスト設計」を採用。 近くを見る際の目の緊張を和らげ、見え方をクリアにし、目の疲れを軽減するという。 目の悩みは世代によって異なることから、20代からの「R20」と50代からの「R50」の2種類を展開。 価格はメガネ一式価格にプラス4,000円(税別)。 スマートフォンなどの画面から発せられ、目に影響を与えるとされるブルーライトをカットする機能も付いている。 スマートフォンを長時間使用する人、疲れ目に悩んでいる人などにとって、眼鏡市場のアイリラックスは選択肢のひとつとなりそうだ。 世代によって異なる目の状態と悩み 【出典】 ものを見るときには、毛様体筋と呼ばれる筋肉で水晶体の厚さを調節することでピントを合わせている。 遠くを見るときには毛様体筋が縮まって水晶体が薄くなることでピントが合い、近くを見るときには毛様体筋が緊張(収縮)して水晶体が厚くなることでピントが合う仕組みだ。 近くをじっと見続けていると、毛様体筋が緊張し続けて疲労が蓄積し、目の疲れや遠くがぼやける状態になることがある。 スマートフォンを長時間使う人が増え、20代や30代でも「近くが見づらい」「夕方になるとピントが合いづらい」といった、老眼と同じような症状を訴える「スマホ老眼」に悩む人が増えている。 また、年齢を重ねるにつれて水晶体が固くなりことでピント調節がしにくくなり、近くが見えにくくなるのが「老眼」だ。 眼鏡市場のアイリラックスは、こうした世代によって異なる目の悩みに対応するべく、20代からの「R20」と50代からの「R50」の2種類が用意されている。 20代からのスマホ対策レンズ「アイリラックス R20」 アイリラックスの「R20」は、20代からの世代を対象にしたメガネレンズ。 近くのものを見るときには目線が下がることを考慮し、レンズの下の方は近くが見やすい度数に設定することで、近くを見るときの目をサポートする設計を採用している。 アイリラックス R20は、スマホを見るときの目の疲れを軽減する設計を採用。 スマホを見るとき、毛様体筋が緊張状態になって筋肉疲労を起こすため、目の疲れの原因になる。 アイリラックス R20を使うと、「ピントアシスト設計」がスマホを見る際の毛様体筋をアシスト。 目がリラックスした状態でスマホを見ることができるという。 眼鏡市場によると、アイリラックス R20は20代から40代の次のような人にオススメだという。 「長時間のデスクワークのあと、遠くがぼやけると感じる」 「室内ではメガネに掛け替える」 「近頃、目が疲れやすくなったと感じる」 「パソコンやデスクワークの際にメガネを外す」 「スマホやパソコンを長時間使用する」 50代からのスマホ対策レンズ「アイリラックス R50」 50代にもなると老眼の症状が進み、多くの人が老眼鏡や遠近両用メガネなどを使うようになる。 老眼鏡はスマホなど近くのものが見やすいが、遠くのものをハッキリ見ることはできない。 遠近両用メガネは近くも遠くも見えて便利だが、左右に生じる視界のゆがみや視野の狭さを不快に感じることもある。 アイリラックス R50は、老眼鏡よりも遠くがハッキリと見え、遠近両用メガネよりも近くの視野が広くなるよう設計されており、スマホが欠かせないものとなった現代の生活にはよくマッチしそうだ。 ただし、運転やスポーツには遠近両用レンズを推奨している。 アイリラックス R50のキャッチフレーズは、「スマホにも日常空間にも、一本で自然な見え方に!」。 老眼鏡よりも遠くが見やすく、遠近両用レンズよりも近くの視野が広いのが特徴。 眼鏡市場によると、アイリラックス R50は50代以上で次のような人にオススメだという。

次の