インフェルノ。 《インフェルノ・サイン》

《インフェルノ・サイン》

インフェルノ

によるを原作とし、が監督、が脚本を務めた。 『』及び『』の続編であり、再び役を務めるに加え、、、 ()、、らが出演する。 撮影は2015年4月27日よりで始まり、7月21日にで完了した。 日本では2016年10月28日より公開された。 あらすじ [ ] 教授のははの病院の一室で目を覚ます。 彼にはここ数日間の記憶がなく、そして世界が灼熱地獄と化す幻影に悩まされていた。 彼の担当医の一人であるシエナ・ブルックスは頭部への銃撃による怪我が原因で彼が記憶喪失に陥っているのだと告げる。 そこに突然、女殺し屋のヴァエンサが現れる。 シエナはラングドンの逃亡を手助けし、二人は彼女のアパートへ逃げ込む。 二人はラングドンの所持品の中にの「」をモチーフとしたの「」に一部修正を加えた映像を映し出す小型の(ファラディー・ポインタ)を見つける。 やがて彼らはそれがバートランド・ゾブリストによって残された第一の手掛かりである事に気づく。 彼は大富豪でもある遺伝学者で、その主張は「過激な方策を以ってしない限り地球の人口爆発に歯止めをかける事はできない」と言うものであったが、武装した政府部隊に追われ自殺により命を絶った。 ラングドンとシエナは、に取り憑かれたゾブリストが大量殺戮を可能とする「インフェルノ」なるウィルスを開発したのではと考える。 その間にも彼らはアパートを嗅ぎつけたヴァエンサと地元警察の両方に追われ再び逃亡を余儀なくされる。 ダンテの作品や歴史、そしての町に関するラングドンの豊富な知識を頼りに暗殺者や政府機関の追っ手から逃れつつ、二人は文字や言葉といった手掛かりを追ってやの様々な場所を訪れる。 その中でラングドンは彼自身が決定的な手掛かりであるのデスマスクを盗んだ事を知るが、彼はその事を覚えていない。 ヴァエンサは彼女の雇い主であるハリー・シムズに状況を報告する。 彼は民間の危機管理会社「大機構 」のCEOであり、ゾブリストは彼らの顧客であった。 一方、二人を追う政府武装部隊は WHO であり、彼らはエリザベス・シンスキーの指揮の元、ゾブリストの開発したウィルスの拡散を防ごうとしていた。 ゾブリストはウィルスに関するビデオメッセージをシムズに託しており、指定した日時にこれを全世界に公開するよう依頼していた。 ところが、当初の計画に狂いが生じたため、指定の日時まで中身を見てはならないというゾブリストとの契約に反してビデオを見たところ、その内容に衝撃を受けたシムズは、一転してシンスキーに協力を申し出て、ともにウィルスの拡散を阻止しようとする。 しかしその頃、ラングドンとシエナはWHOの一員であると称するクリストフ・ブシャールから接触を受け、シンスキーは裏切り者であり、彼女は自らの利益の為に「インフェルノ」ウィルスを追っているのだと聞かされる。 三人はしばし協力するが、やがてラングドンはブシャールこそが自らの利益の為にウィルスを追っているということを見抜き、再び二人での逃亡が始まる。 ラングドンはウィルスがのにある事を突き止める。 それを知ったシエナは、彼女がゾブリストのかつての恋人であり、自らがウィルスを拡散させる決意である事を明らかにし、ラングドンの元から逃走する。 ここまでの過程はゾブリストに万が一があった際のバックアップ・プランだったのだ。 一方ラングドンは再びブシャールによって捕らわれの身となるがシムズによって助けられシンスキーとの再会を果たす。 かつての恋人である彼女がラングドンにファラディー・ポインタの画像の謎解きを依頼し、その結果として彼はシムズの組織に誘拐されを投与され、記憶を失ったのであった。 病院でラングドンが殺し屋に命を狙われたのは、ラングドンがシエナに都合良く動くよう仕向けるためにあらかじめ計画された茶番劇だったのである。 ウィルスの入ったビニール袋はのの地下貯水池に設置されていた。 ラングドン、シムズ、そしてシンスキーらがの部隊と共にウィルスの捜索と回収に急ぐ一方、シエナと彼女の同胞は、ラングドンたちにウィルスを回収されてしまう前に、遠隔操作式の爆弾によって設置場所を爆破することで、ウィルスを拡散させることを計画していた。 シンスキーがついにウィルスの入ったビニール袋を発見し、ケースに格納したのと時を同じくして、シエナはラングドンと対峙していた。 ラングドンの説得も聞き入れず、爆弾の遠隔操作ボタンを押すシエナであったが、あらかじめ周辺の電波が遮断されていたため失敗に終わる。 そこで、シエナは貯水池の中へ飛び込み、ラングドンの目の前で自らの命を投げ打って直接爆弾を爆発させた。 しかし、ケースが爆発の衝撃に耐えたため、ケース内で袋が破裂したのみで、ウィルスが外に漏れ出るまでには至らず、シエナは無駄死にに終わる。 これで一件落着かと思われたところ、生き残っていた同胞の一人が最後の力を振り絞ってケースを開けようとするも、これも失敗に終わり、ついにウィルスの拡散は阻止された。 ウィルスはに接収され、ラングドンはデスマスクを返す為にへと戻った。 - ()• シエナ・ブルックス - ()• クリストフ・ブシャール - ()• バートランド・ゾブリスト - ()• ハリー・シムズ - ()• エリザベス・シンスキー - ()()• ヴァエンサ - ()()• マルタ・アルヴァレス - アイダ・ダーヴィッシュ()• リチャード - ジョン・ドナヒュー()• アルボガスト - ()()• 教授 - ()()• ミルサット - ()()• セキュリティー・ディレクター - ()()• パルケル - ()()• アントワーヌ - ()() 製作 [ ] 2013年7月16日、はによるロバート・ラングドンを主役としたシリーズ小説の4作目『』の映画でが監督を務め、が脚本を執筆する予定であることを発表した。 製作はが務め、ラングドン役にはの続投が検討された。 2014年8月26日、ソニーはハワードとハンクスとの契約を結び、2015年4月からイタリアで撮影を開始する予定を組んだ。 また、もプロデューサーを続投した。 2014年12月2日、と出演交渉中であることが報じられた。 2015年2月17日、スタジオはシエナ・ブルックス役のジョーンズ、クリストフ・ブルーダー(映画ではブシャール)役の、ハリー・"プロヴォスト"・シムズ役の、世界保健機関事務局長エリザベス・シンスキー役の ()といったキャストを発表した。 2015年3月10日、さらにが名称不明の悪役で加わったことが報じられた。 撮影 [ ] 撮影は2015年4月27日よりイタリアのヴェネツィアで始まり 、同月末にはに移った。 ハンクスが登場する屋外の場面は5月2日より始まり、や市内の歴史的な場所で撮影が行われた。 第二班のスタントは付近のアパートで撮影を行った。 5月11日、フィレンツェのランドマークの低飛行空撮が行われた。 また、でも同様に撮影されている。 6月5日時点で映画の多くの部分をのの ()で撮る計画が立てられていた。 撮影は7月21日に完了した。 物語序盤でラングドンが脳震盪となることから、ロケ撮影中の製作コードネームは「Headache」(頭痛)であった。 公開 [ ] 2013年7月、ソニーは公開日を2015年12月18日と発表した。 しかしながら『』と公開日が衝突すると、2016年10月14日に変更された。 2016年初頭、公開日は2016年10月28日に再変更された。 公開形態は2D及び3Dである。 2016年5月9日、ソニーは1本目のティーザー予告編を公開した。 テレビ放送 [ ]• 2019年3月9日 土 、21:00-23:30、にてノーカット、地上波初放送された。 20分拡大。 出典 [ ]• 2016年11月6日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 原語は「 the Consortium 」• 2015年5月4日閲覧。 2015年2月18日閲覧。 2015年5月4日閲覧。 2015年6月7日閲覧。 2015年5月4日閲覧。 Jaafar, Ali 2014年12月2日. 2014年12月7日閲覧。 Lesnick, Silas 2015年4月27日. ComingSoon. net. 2015年4月28日閲覧。 Firenze Today. 2015年5月7日. 2015年5月13日閲覧。 Italian. Il Mattino di Padova. 2016年5月10日. 2016年5月10日閲覧。 Hungary Today. 2015年1月16日. 2015年6月5日閲覧。 2015年7月21日. ツイート. より 2015年7月27日閲覧。 2015年4月27日. 2015年5月13日閲覧。 Sneider, Jeff 2014年10月9日. 2015年5月4日閲覧。 Gallagher, Brian 2016年2月17日. 2016年3月14日閲覧。 Film Distributors' Association. 2016年1月27日閲覧。 Sony Pictures Entertainment 2016-05-09 , , 2016年5月10日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

インフェルノ|ファイナルファンタジー6/FF6 完全攻略(GBA/iOS/Android版対応)

インフェルノ

「インフェルノ」は映画タイトルでも使用されている言葉ですが、その意味は「地獄」だけではありません。 「インフェルノ」が示す「地獄」や、それに関した他の意味も含めて、ご紹介していきます。 地獄 基本的な意味は、「地獄」です。 日本では「地獄」と言えば、地獄絵図やキリスト教で言われるような残虐なイメージをされますが、英語では「ヘル」も「地獄」を表す言葉であり、同じ「地獄」でも「インフェルノ」と「ヘル」でイメージが違っています。 「ヘル」と「インフェルノ」の違いについては、後にお伝えします。 地獄のような 「地獄のような場所や状況」の意味です。 言い方を換えて、「地獄さながらの光景」と和訳されることもあります。 大火 「大火」というのは「大きな火」のことですが、「インフェルノ」の語が意味する「大火」には「地獄」の意味も含まれており、「地獄のような(強烈すぎて消せない)火」や「業火」を表しています。 「業火」は仏教で言われる「悪業が身を滅ぼす」ことを「火(で身を滅ぼす)」に例えた言葉で、「罪人を焼き苦しめる地獄の火」を「業火」と言うこともあります。 「インフェルノ」の語源は? 「インフェルノ」は「地獄」の意味にプラスして、「地獄のような」と「大火」の意味がありました。 一方の「ヘル」には、「地獄」の意味にプラスして「地獄のような苦悩の場・この世の地獄・修羅場・絶対〜ない」などの意味があると言いました。 「ヘル」は、想像上の「地獄」だけでなく、この世に(生きている中で)ある「地獄」を表す時にも使用されます。 「苦悩の場・この世の地獄・修羅場」といった意味は、正に「この世」で起きている「地獄のような」状況です。 「インフェルノ」は「この世」における「地獄」を表す時には「地獄のような」の意味を使うこともできますが、想像上としての「地獄」を表したり、「大火」の意味からして「地獄のような大きな火」や「地獄を思わせる過酷な火」を表す時に使用される語とされます。 「インフェルノ」の意味は、「地獄・地獄のような・(地獄にある)大火」でした。 「地獄」の意味で考えると、対義語がどの言葉になるのかをイメージしやすくなるでしょう。 ヘブン 「インフェルノ」の対義語として、第一に挙げられる言葉は「ヘブン(Heaven)」です。 意味は「天国」であり、単に「天」を表す時にも使用されます。 人間が死した後の世界の1つとして考えられており、地獄とは正反対(安らぎがある)と想像されている場所です。 パラダイス 「パラダイス(Paradise)」にも「天国」という意味があるため、「インフェルノ」の対義語になります。 ただ、「パラダイス」には「楽園」や「エデンの園」といった意味もあり、「生きている中での最高に楽しいと思う娯楽の場・快楽的な場」を表す時にも使用される言葉です。 死後の世界としては「ヘブン」の語が向きますが、生きている中での「天国(楽園)のような」の意味では「パラダイス」が使われます。 「エデンの園」は聖書における想像上の楽園のことで、食用果実・知恵の樹・生命の樹があり、天国に最も近い場所を表しています。 アダムとイヴが、エデンの園で禁断の果実を食べたことにより追放された話は有名です。 映画「インフェルノ」に込められた意味とは? 「インフェルノ」を含むタイトルを持つ映画で調べてみるといろいろありますが、ほとんどがホラー作品です。 日本でよく知られている映画としての「インフェルノ」は、2016年に公開されたミステリアスリラージャンルの「インフェルノ」でしょう。 映画ジャンルがミステリアスリラーの「インフェルノ」と、1980年に公開されたホラージャンルの「インフェルノ」で、映画タイトルが「インフェルノ」になった理由や、込められている意味をご紹介していきます。 「インフェルノ」(Inferno)2016年の映画 「インフェルノ」をタイトルとした有名な映画とされるのは、ロン・ハワード氏が監督を務め、デヴィッド・コープが脚本を書いた、2016年アメリカ合衆国の映画「インフェルノ」です。 原作はダン・ブラウン氏による2013年の小説で、その小説名は映画タイトルと同名です。 映画ジャンルは、ミステリアスリラーになります。 「ダ・ヴィンチ・コード」および「天使と悪魔」の続編であり、2Dおよび3Dで公開されました。 それは、「インフェルノ」の名を持つ「ウィルス」です。 人口爆発(人口が止まることを知らず増加し続けること)を指摘した遺伝学者が開発したウィルスで、これにより大量殺戮を計画していることが明らかになります。 主人公となる大学教授は記憶を失っているのですが、世界が灼熱地獄化する幻影に悩まされていました。 殺し屋に襲撃された後に謎解きが開始されますが、その中で「ダンテの神曲(本)における地獄篇(インフェルノ)」をモチーフとした図を発見します。 担当医・WHO・政府機関など、いろんな人と協力したり、襲撃されたりしながら、ウィルスを探し、拡散しないようにするためのお話です。 最終的には拡散せずに終わりますが、それまでには遺伝学者を中心とした、善に反した内容も見えてきます。 続いて、大量殺戮用に開発されたウィルス「インフェルノ」の存在が明らかになりました。 この映画ではウィルスとしての「インフェルノ」が、最もタイトルとつながり深いと言えます。 そして、手掛かりの1つになる図のモチーフとなったダンテ「神曲」の「地獄篇(インフェルノ)」もあります。 現代において「インフェルノ」の語は、「神曲」の「地獄篇」の原題として広く知られています。 そのため、ストーリー中で最もタイトルと結び付くのは「ウィルス」名と言えますが、映画ストーリーおよびタイトルの起源は「神曲」にあると考えられます。 「インフェルノ」(Inferno)1980年の映画 1980年にも、タイトルを「インフェルノ」とする映画が公開されています。 イタリアの映画作品で、ダリオ・アルジェントが監督を務めます。 この監督は「サスペリア」で成功を収めており、「インフェルノ」はアメリカ資本で作ったと言われています。 原題はトマス・ド・クインシーの「深き淵よりの嘆息」で、「魔女3部作」の1つとなっています。 映画ジャンルは、ホラーです。 ストーリーのあらすじ 主人公ローズはニューヨークに住んでいますが、近所に骨董屋があります。 そこへ足を運び、「3人の母」という本を発見します。 内容を読むにつれて、そこに綴られている建物の記述が、ローズが暮らすアパートのことだと分かりました。 自身が暮らすアパートのことが書かれているということで、ローズは大いに興味を抱きます。 この本の著者はバレリという人物で、彼は何世紀も前の建築家らしく、3人の魔女のために家を建てたとあります。 1人1つの家で、フライブルク・ローマ・ニューヨークに建てたそうです。 ローズが暮らすのはニューヨークにある家であり、好奇心から地下室を調べることになります。 すると、そこには死体がありました。 「インフェルノ」はその意味から、数多くのホラー作品のタイトル名に用いられています。 「グリーン・インフェルノ」や「レッド・インフェルノ」、そして「ディープ・インフェルノ」などがあります。 ホラーもそうですが、グロテスクな要素も濃いので、観る時には気を付けてください。 「インフェルノ」と「ヘル」を正しく使い分けよう! 「インフェルノ」の意味は基本的に「地獄」ですが、英語を和訳した時には「ヘル」という単語も「地獄」を意味します。 「インフェルノ」は「(想像としての過酷な)地獄」あるいは「地獄にある業火」を表し、現実の世界では「業火のような大火」を示す時に使います。 「インフェルノ」は「地獄で罪人を焼く業火」であり、現実では「業火のように消えないくらい猛烈な大火」を表す時に使えば間違いはないでしょう。

次の

インフェルノ (2016年の映画)

インフェルノ

インフェルノ・サイン P UC 闇文明 5 呪文 S・トリガー コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。 7以下という制限が付いた代わりにが付いた。 とは違い、高やといった単体エンド級のは出来なくなっている。 また、7という範囲も5域ですれば普通にを狙える程度の範囲であり、本家と比べればによって生じる、テンポやカードパワーによるが大きく押さえられている。 勿論、7域のをよりも・がなくても早期に出せるのは非常に魅力的だが、元と比較すると、よりも、純粋にからを出すためのしての意味合いが強くなっている。 事実、6・7域には等フィニッシュ級の起点となるものや、・・等の強力な中つなぎ、等のや等の除去要員を多く内包しており、それらをから自由に、かつ5という手軽さと速さで出来るこのは非常に強力。 何より凶悪なのがであり、上記を例に7域の強力なをひとまずに落としておけば、相手のシールドブレイクによってのが狙えるようになる。 相手から見ればうっかり踏んづけてしまうと、7相当のので攻撃ステップに干渉されることになる。 また、は非常に相手の盤面に干渉しにくいタイミングであるため、返しのにはそのまま7相当のを持ったが盤面にある状態で1使えることになる。 強力な能力と要員をカウンターで貰ってしまったなら、被害はただでは済まないだろう。 さらに言えばこれらはという形で無償提供されるわけで、場合によってはゲームエンド級のの差が生まれることになる。 等強力な持ちをよみがえらせてしまったり、されたを起点にやが絡んだ暁にはそのままゲームエンドである。 非常に高いカウンター性能を持ったカードであるのが良く分かるだろう。 勿論、いざとなればや能力をもったをして相手の打点を削ることもでき、非常に汎用性のあるカードに仕上がっている。 用の装填はや、等2ターン目には可能である。 現在はとしてを行うデッキではをあてにされて採用されることもある。 他のカード・デッキとの相性 [ ]• をかませれば疑似的にと同様のとなる。 環境において [ ] その強さが考慮されてか、2009年12月19日にのと共に。 当時、やは確かに強力なではあったものの、を掌握するほどの強さとはいえず、こののに反対するも存在した。 同時にがしたこともあり、は環境から完全に姿を消した。 のほうの禁止化はともかく、このが1枚しか使えなくなったのはを中核にするにとっては非常に大きな打撃となった。 現在はにより1枚しかつかえないため文字通りワンチャンスのカードになったが、4枚使えたころはに強力なクリーチャーがいるだけで、相手の攻撃を大いに牽制出来た。 当時のなどひたすらするしかないデッキにとっては天敵となるであり、元来有利なはずの重い相手にカウンターで返されてしまうことも多かった。 以降のではやに出張しているが、この高速環境では専らを当てにされており、に来たらに埋めてしまうのが定石と化している。 のないの登場後にの例としてに対してのが存在する。 の高速化と、の蔓延で戦術自体が下火になっている現代においては、こののも非現実的ではないだろう。 類似スペックのカード [ ]• 後にとしてや、などが登場しているが、入りには至っていない。 で、同じで同じ範囲を出来るが登場。 による汎用性の高さはさることながら、こちらはも可能で、手打ちのみを想定するならにあたる。 もっともこちらはが強みであり、役割は少々異なる。 手打ちならば上位の性能を発揮するが登場しておきながらもこちらは尚のまま。 《インフェルノ・サイン》は単体と複数では、の性質上凶悪さが跳ね上がるため、は慎重にすべきであるのは間違いない。 この以降に登場したは、出せる条件に縛りを設け、特定のでなければ扱えないようなものが多い。 例としては等がある。 類似のとして効果を基本としたを行うが存在する。 あちらはを放ちながら場合によっては大型をも可能と高いカードパワーを持つが、効果上もも安定性に欠け、性質上レイトゲームに強い効果であり速い展開のゲームは苦手とする。 一方こちらはこそなくカードパワーも控えめであるが、弾丸さえあれば腐ることなく高いカウンター性能を発揮する。 一長一短であるため好きな方を使えばよいし、運用法も同様であるため共存させてもいいだろう。 その他 [ ]• ある意味、大型のの基準を作ったと言える。 こので踏み倒せない8以上のは、こので踏み倒せる7以下と比較して非常に高いを有する物が多い事からもそれがうかがえる。 初登場は。 にてとして。 こちらのには、ど真ん中にがそのまま描かれている(等の他のは一部に面影を持っている程度)。 また、その版の「対処する。 闇の力」と言うは、漫画劇中でイエスマンがを使う際に言ったセリフである。 漫画「SX」番外編にて、とが使用。 ミカドは戦で、ガレの力により地面に開いた大穴からをした。 またザキラは大学教授戦で使用し、で唱えをした。 漫画「Duel Masters Rev. 」にて、荻原麗奈が荻原連炎戦で使用。 で登場し、でに仕込んだをした。 アニメ「ビクトリーV3」ではが戦で使用。 をした。 関連カード [ ]• [ ]• 対処する。 一度は果てた者が、地の底から這い上がった。 は神の力を借りて、数々の奇跡を起こした。 氷牙、天雷、魔光、の一族と我ら邪眼を分かつのは死の理。 の屍を従え、その邪なる眼で死を乗り越えよ!! ---煉獄の儀式 最終詠唱• 「7」。 それは幸運を表す数字だが、あまりに強力過ぎたため、その復活手段は。 デュエデミー賞!それはの投票によって選ばれた、栄誉ある賞なのである! 収録セット [ ]• illus. (新規イラスト)• (版)• () 参考 [ ]• 自分と相手のシールドの数が合計6つ以下になっており、「鬼タイム」が発動している状態の時、 《インフェルノ・サイン》を唱え、召喚コストが5少なくなったを墓地からバトルゾーンに出せますか? いいえ、出せません。 の能力は、召喚する際にコストを5少なくできるだけです。 何らかの能力によってコストを参照する際には、カードの左上に書かれた元のコストが参照されます。

次の