クレオス 水性 ホビー カラー。 お問い合わせ

お問い合わせ

クレオス 水性 ホビー カラー

Amazonの情報を掲載しています これは水性塗料全般に言えることですが「 塗料自体の臭いが少い」「乾燥前なら水に溶けるの」という特徴があります。 使用した筆やエアブラシも、乾く前なら水で洗うことが出来ます。 塗料が乾いたあとは耐水性になり、水では溶けな塗膜になります。 塗料の乾燥時間はかなり遅めです。 さらに、塗膜の強度もそこまで無いので、爪で少し力を入れて引っ掻いたりすると簡単に傷が入ったりもします。 塗料の隠蔽力も弱い部類に入ります。 何度も重ね塗りをしないとイエローやレッドの様な隠蔽力の弱い色はちゃんと発色してくれません。 筆塗り塗装でも、塗料自体の伸びがあまり良くないので、筆ムラや粗が出やすく少し扱いにくい印象です。 かといって、筆ムラが出にくいように塗料を希釈してしまうと「いつまでも乾かない」「何度塗っても色が発色しない」という事が起きます。 水性塗料は匂いが少なく安全ではありますが、ラッカー系塗料にくらべて「塗膜の強さ」「乾燥時間の速さ」「隠蔽力の高さ」を犠牲にしているようですね。 「水性ホビーカラー」の希釈には、専用のうすめ液を使いましょう。 水でも希釈できますが、パーツに塗料が弾かれてしまう事があるので、できれば専用のうすめ液を使ったほうがいいですね。 筆を洗い忘れて塗料が固まってしまった場合でも、このうすめ液を使えば道具の洗浄することが出来ます。 Amazonの情報を掲載しています この塗料の特徴は、さきほど紹介した 水性ホビーカラーの欠点となる「乾燥時間の遅さ」「塗膜の弱さ」を解消した新しい水性塗料です。 臭いも非常に少なく、ほのかにアクリル絵の具の臭いがするくらいにおさまっています。 塗料の乾燥時間はかなり早いです。 ただし、その速さ故に、エアブラシで使用する時はノズルで塗料づまりがよく発生するので注意が必要です。 筆塗りでは、水性ホビーカラーに比べると、塗料の伸びは良くなってはいますが、正直なところまだまだ扱いやすいとは言えるレベルには達してはいません。 しかも、 イエローやレッドといった一部のカラーは「隠蔽力が異常に弱い」という問題もあります。 下地の色が暗い所にそういう色を塗る場合は、先にホワイトを塗って、その上からイエローなどの塗料を塗って対応しましょう。 他にも、完全に乾燥したアクリジョンの塗膜の上から、Mr. カラー(ラッカー系塗料)や水性ホビーカラーを塗装することが出来るという特徴もあります。 アクリジョンが乾いた後は、他の塗料を上から塗っても塗装面は溶けないので重ね塗りも安心して行えます。 Amazonの情報を掲載しています 塗料の希釈や洗浄に使えるタミヤカラー専用のうすめ液はコチラ。 ちなみに、タミヤ製品のプラモデルの説明書では、このタミヤカラーの番号で色指定がされています。 タミヤのプラモデルを作るときのにはタミヤカラーを使えば非常に楽ということです。 ブラック• ホワイト• ロイヤルブルー• ブルー• グリーン• オレンジ• レッド… という感じに、各番号に指定の色が決まっています。 これは「タミヤエナメル」「タミヤラッカー」「タミヤスプレー」と全てに共通する色番号なので覚えとくと何かと役に立ちます。 Amazonの情報を掲載しています カラーバリエーションが豊富で、ボークス店舗が近くにあるモデラーなら「水性塗料をすべてファレホにしたほうがいい」と思ってしまえるほど高性能な水性塗料です。 ファレホの特徴は他の水溶性塗料には無かった 「乾燥時間の速さ」「塗料の伸びの良さ」「隠蔽力の強さ」があります。 ファレホのモデルカラーは、筆塗り専用の塗料で、 筆塗り塗装をメインにしてるモデラーには非常にオススメです。 乾燥した塗膜は、化学反応で空気中の酸素と結合することにより、より強固な塗膜が形成されるようになっています。 ボトルの先端は特殊な形になっており、筆塗りをする時の「ちょっとだけ塗料を出したい」という場面でも便利に使えます。 ボトルの素材が「ガラス瓶」ではなく、プラスチック製なので使い終わったあとに捨てる時も楽ですね。 ファレホの希釈は、ファレホ専用の「エアブラシシンナー」を使うか、薬局などで取り扱っている「精製水」でもいいとのこと。 ちなみに、「ファレホ」にも、いくつか種類があるのでそちらも説明します。 注意 昔に販売されていたファレホの中には、成分中に有害な金属「カドミウム」が含まれているものがあります。 現在販売されている新しいファレホ(日本語が書いてある新ラベル)では「カドミウム」が含有されているものはすべて無くなっているので安心して使ってください。 ファレホに詳しいボークスの店員さんに「ファレホにカドミウムが入っているという噂を聞いたが本当か?」と直接聞いてきました。 店員さんは「実際に昔のファレホにはカドミウムが使われているものもあった。 だけど今売っている塗料にはもう入って無いので安心して欲しい」と言っていました。 ゲームズワークショップ 「シタデルカラー」 Amazonの情報を掲載しています こちらも模型店では殆ど見ることはない塗料ですね。 大手の模型店か、「」などで購入できます。 この塗料の特徴についてです。 水性塗料なので、もちろん塗料の乾燥前なら水で道具を洗うことが出来ます。 筆塗りを前提で開発されていて、ボトル自体が筆を使うことを想定して作られていて、穂先を整えたりし易いようなベロがついた形状になっています。 シタデルミニチュアという、実際に手で持ったりして遊ぶゲームで使われる塗料なので、 乾燥後はかなり強い塗膜になります。 しかも、「ラッカー塗料」「エナメル塗料」の上から「シタデルカラー」を重ね塗りも出来ます。 その逆も可能です。 (シタデルの上にラッカー塗料・エナメル塗料) 塗料の乾燥時間も早く、10分程度でも触れるくらいまでしっかり乾いてくれます。 塗った端から乾いていくイメージですかね。 そして、シタデルカラーの一番のウリは圧倒的な隠蔽力です。 黒のパーツに白色を塗って一発で発色したりなど、普通の水性塗料ではありえない隠蔽力を持っています。 ラッカー系やエナメル塗料でもここまで隠蔽力は強くないです。 塗料1つあたりの値段が高いですが、それなりの性能は保証してくれるみたいです。 希釈には「ケスト・シンナー」や「精製水」が使用できます。 シタデルカラーには9つほど種類がありまして、初めての方はどれを買ったらいいかわからないと思うので簡単に説明します。

次の

Mr.カラー

クレオス 水性 ホビー カラー

水性でも十分性能な塗料水性塗料 水性ホビーカラーは、水性と名前がついているように、水で薄めて使用したり、原液のままでも塗装できます。 乾燥させると耐水性に変化するため、水に対して強くなる性質を備えており、大変扱いやすいという特徴があります。 塗料というと、最も気になるのが臭いかもしれません。 個人差がありますが、キャップを開封した時に漂う匂いが苦手で、頭が痛くなってしまうという方もいるほどです。 水性ホビーカラーは、このような臭いがほとんどしないため、塗装作業に避けられない塗料の臭いが苦手な方の有力な選択肢にもなっています。 この臭いが少ない理由として、塗料臭の原因である有機溶剤の配合量が少ないことが指摘できます。 水性ホビーカラーは水性であるため、油性塗料よりも乾燥に長い時間を要しますが、乾燥後には光沢のある美しい仕上がりになり、むらなく塗れる筆塗りの良さでも知られています。 水性塗料というと、水に弱いというイメージがありますが、しっかりと乾燥させれば水に対しても高い耐久性を備えており、油性以上の塗装性能を発揮してくれます。 有機溶剤の配合量が少ないこと、プラスティックやクラフト、工作道具など利用できる範囲が広く、絵の具感覚で使えるため、小さなお子さんのいる家庭で使用されたり、子どものプラモ制作や塗装作業などに向いています。 水性ホビーカラーは油性塗料に比較すると臭いがほとんどしませんが、それでも塗装作業するときは、窓を開けて空気の流れを良くしてから行うとよいでしょう。 水性ホビーカラーの効率的な使い方 水性ホビーカラーを活用すれば、プラモデルや模型の見た目がかっこよく決まります。 使い方も簡単ですが、乾燥までに時間がかかる、塗装被膜が厚めになることに注意しましょう。 まず水性ホビーカラーと筆、水入れ、タオル、塗料皿(利用する色ごと)などを用意してください。 水性ホビーカラーのキャップを開けて、塗料皿に適量垂らします。 次に水入れに筆先をつっこんで水を含ませ、少量の塗料を筆先につけてプラモや模型パーツを塗装していきましょう。 塗装する際のポイントとして、一方通行に塗ることが大切です。 水性ホビーカラーは水性であるため、往復してダラダラ塗ってしまうと塗装した部分の厚みが微妙に変わり、乾燥後によく見ると塗った場所に段差が生じている場合があります。 そのため、左から右、右から左といったように塗る方向を決めた上で、塗った後は筆を上げてもう一度塗った場所に戻って、と言う感じで塗装しましょう。 こうすることで仕上がりが美しくなり、水性ホビーカラーがもつ光沢のある艶やかさを強調できます。 塗装した後は、しばらく待って乾燥させますが、この間に別のパーツに塗装すると良いでしょう。 また、塗装する際に気になるのが塗料の垂れです。 垂れを防ぐ方法としてはティッシュを用意しておき、テイッシュを必要な大きさにした上で、垂れた塗料を拭ってやりましょう。 また完全に乾燥するまでは触らないようにしてください。 「表面が乾燥したな」と思って触ると手に塗料がついてしまったり、表面に指の指紋がことがあります。 水性ホビーカラーは、塗料に含まれる水分量が多くなるほど乾燥に時間がかかるため、最低でも作業後から2~3日ほど、夏場のように湿度があり乾燥しにくい季節には最大1週間ほどおいて、確実に乾燥するまで待ちましょう。 使用後の塗料は直射日光をさけて保管してください。 水性ホビーカラー関連商品もたくさん 水性ホビーカラーの関連商品として、水性ホビーカラーうすめ液が販売されています。 このうすめ液は、水性ホビーカラー専用の希釈液なので相性が良く、キャップについた汚れなどもきれいに落としてくれるため、利用される機会も多いです。 またメーカーであるGSIクレオスが製造しているトップコートスプレーもあります。 このトップコートスプレーは、プラモや模型に貼り付けるデカールとパーツのツヤが異なる場合に利用されており、各パーツの塗装・乾燥・デカール貼付け後にスプレーで万遍なく吹き付けてやると、ツヤの違いが解消されます。 デカールと各パーツのツヤが同質化し見た目にもバランスが良くなるという優れたスプレーです。 水性ホビーカラーの各カラー1本ずつの単体で購入できますが、まとめてセット販売している場合もあります。 用意されているカラーリングは、ホワイト・ブラック・レッド・イエロー・オレンジ・ココアブラウン・コバルトブルー・エメラルドグリーンなど、プラモデルや模型でよく使用されるカラーとなっています。 また各カラーのセット販売の場合は、塗料皿3枚、平筆1本、細筆1本がついてくるので、初めて塗装するという方におすすめです。 最後に 水性ホビーカラーは、絵の具感覚で使用できることや臭いがほとんどしないため、子どもから大人までに利用されている使い勝手の良い塗料です。 プラスティック製プラモデルや模型だけでなく、クラフトワークに使用される丈夫で硬い紙にもむいています。 水性ホビーカラーをつかってお気に入りのカラーリングを実現してみてはどうでしょうか。

次の

【解説と試し塗り】新★水性ホビーカラーは今までと全然違う!ラッカーと変わらない?

クレオス 水性 ホビー カラー

クレオスの「新水性ホビーカラー」でMG陸戦型ガンダムを筆塗りしてみた いつも塗装のたんびに気分が悪くなる僕です。 先日ベランダでサフ吹きしたとき、サフの僅かな吹き返しだけで速攻気分悪くなり塗装が中止に追い込まれてしまいました…。 それくらい塗料の溶剤に僕は弱っちいのです。 なので僕にとって模型の塗装って楽しい反面、億劫な作業でもあるわけです。 模型製作で塗装って最も楽しい工程ですよね。 ついつい夢中になって色塗ってたら気持ち悪くなったって方多いと思います。 でも今回僕が使ってみた「新水性ホビーカラー」、 溶剤のために気分が悪くなるってことあんまり心配しなくて大丈夫です! 旧水性ホビーカラーはもとよりラッカー塗料よりも遥かに臭いが抑えられています。 もちろん、きちんと換気できる環境かどうかとか個人差はありますよ! でも僕は自分の体質の弱さに自身がありますw サフの1~2吹きで気分悪くなるんだもの。 ぼくが大丈夫なら大丈夫な人も多いはず! そして一般的なモデラーさんはこちらの方が重要だろうけど• つや消しホワイト• つや消しブラック• サンディイエロー(ダークイエロー)• 焼鉄色 今回作った陸戦型ガンダムはアメリカの主力戦車、エイブラムスをイメージしたサンドカラーにするためにこういった地味なチョイスとなりましたw まずは下地処理として• ガイアカラー オキサイドレッド• モデルカステン チッピングベース色 この2色を適当に混色してムラムラに塗装しておきます。 まずはダークイエローを塗装! メーカーの説明によると筆塗りの場合は希釈せずに使えるとあったのでまずは希釈せずに使ってみたよ。 まずは一筆塗ってみる。 隠蔽力はまあこれまでの塗料とそう変わらない感じ。 ただ筆塗りとはいえ流石に薄めないで使うと濃すぎるかな。 塗料の伸びも良くないし原液のままだと塗料の消費量がヤバいことになりそうだ。 ワンポイントで色塗るならいいかもだけど100/1のガンプラを全て筆塗りするにはかなり厳しい。 臭いは、ないとは言わないまでも旧水性ホビーカラーやラッカーに比べれば明らかに微量。 作業の合間に休憩から部屋に戻ったときの「ウツ!」て鼻を突くような臭いはほとんど感じられないです。 うん、これはいい!マスクなしでも作業が出来そう。 検証もかねて以下の条件で再度塗装してみたよ。 塗料の乾燥が早い• そのためパレットに塗料を一度にたくさん出すと塗ってる間に乾いてしまう• 少しでも乾燥が始まると塗料の伸びが悪くなる• 対策としてウォーターパレットがオススメ 塗料の乾燥が早いのはメリットでもありデメリットでもあり。 部屋の温度にもよるけどものの数分で塗料が固まり出します 筆は使ってない間は水に浸けておかないとすぐに固まってその後の掃除が大変なことになる! 当然塗料の伸びも悪くなるので塗膜も荒くなるし消費量も多くなるので一度にパレットに大量に出すのはやめた方がいいです。 塗料の乾燥対策としてオススメなのがこのウォーターパレット。 市販のものもあるけど僕は100均で買ってきたタッパーに、水を含ませたスポンジを入れてその上にキッチンペーパーを敷いたものを使ってます。 ウォーターパレットを使えば塗料の乾燥を大幅に遅らせることが出来るので作業に集中できます。 まあ最初から使えよって話だけど初めて使った塗料だからね。 こんなに乾燥早いと思わなかったんだよw 専用うすめ液を使って筆塗りしてみる 専用の薄め液を使った場合の筆塗りも検証してみました。 水よりもうすめ液の方が塗料の伸びがいい• 溶剤の割合が増えるので当然臭いも強くなる• 薄め液を使うなら防毒マスクはあった方がいい やっぱりというか当然というか専用うすめ液だけあって塗料の伸びは水よりもすごくいいですね。 水で希釈した場合筆でグチャグチャ塗ると塗料が泡立つ場合があります。 その泡がそのまま固まるとまた厄介なんだけども、うすめ液を使うとそういったことがあまり無くなります。 何というか水よりもうすめ液の方が塗料とすんなり混ざり合ってるというか。 より綺麗に仕上げたいなら薄め液は使ったほうがいいでしょう。 ただ臭いは溶剤の割合が多くなるのでその分強くなっちゃいます。 うすめ液を使う場合、僕みたいにすぐ臭いで気分が悪くなる方はやはり防毒マスクはしたほうがいいでしょう。 塗装にあたって参考にしたアメリカ戦車、エイブラムスのイメージとサンディイエローの色味がちょっと違ったのでサンディイエローにつや消しホワイトを1:1の割合で混ぜたものを塗ってみました。 背中のコンテナは面積が広いので試し塗りにぴったり。 使い込んだ感じを出すため、少々ムラっけを出してます。 内部パーツは全て黒鉄色で塗装。 その際、下地のオキサイドレッドが錆っぽく見えるようこちらも少しムラを残しながら塗ってます。 新水性ホビーカラーの塗膜について 塗装終了後、乾燥のため1日放置。 塗装した部分を触ってみました。 目立ったベタつきはなし• 軽く爪で引っ掻いた程度では塗膜は剥がれない ベタつきは全くないですね。 乾燥後の塗膜は触っただけだとラッカー塗料とほとんど変わりがありません。 これ結構大事なことで、完成したキットを飾る際、ショウケースにでも入れない限り必ず埃って付きます! キットにベタつきがあると当然埃も付きやすいし取ることも大変なんです。 もしリペイントなんかしようと思うと最悪ヤスリがけしなきゃならないくらいの場合もあるのでベタつきがないのは嬉しいですね。 塗膜強度を測るために爪でコリコリやってみたけど特に剥がれるってことはありませんでした(勿論そんな力はこめないけども)。 強度についても旧水性ホビーカラーよりもパワーアップしていますね。 以前のホビーカラーはエッジ部分を爪でコリコリしようものならまー見事に剥がれましたからw 塗膜強度もラッカーとほとんど変わらないと考えていいのではないでしょうか。 まとめ 結論として、 塗料に使われている溶剤の強さや臭いに悩まされている人には「新水性ホビーカラー」はオススメ です。 溶剤の強さ、臭い• 塗膜の強度• ベタつき これらが旧製品よりも優れており、尚且つラッカー塗料に迫る性能です。 個人的には臭いが少なけりゃいーや程度に思っていたのですが、 乾燥後の塗膜強度がラッカー並みだったのには驚きました。 先述した通り、より使いやすさに配慮するならば専用うすめ液はあった方がいいとは思うけど、無ければどうしようも無いってことでもないので。 ゆくゆくは基本塗装は全て新水性ホビーカラーに乗り換えていってもいいのではないかな? まだ発売して間もないと言うことで色の数がラッカー塗料ほど多くないですがこれもゆくゆくは解消されることとおもいます。 健康に配慮しつつ快適に塗装をしたいのであれば「新水性ホビーカラー」はおすすめです!.

次の