ハイキュー マンガバンク。 「ハイキュー!!」も!?少年ジャンプ、人気作品が続々終了でファンから心配の声(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

【最新刊(42巻)も全巻配信!】「ハイキュー!!」を漫画村や漫画BANK(バンク)以外で無料読みできる技とアプリを紹介!

ハイキュー マンガバンク

古舘春一による高校バレーボールを題材にした人気漫画『ハイキュー!! 』が 7月20日発売の週刊少年ジャンプ33号(集英社)で最終回を迎え、 約8年の連載に幕を下ろすことが本日7月13日発売の同誌32号で明らかとなった。 『ハイキュー!! 』の公式Twitterでも、 「ハイキュー!! は来週7月20日発売の週刊少年ジャンプ33・34合併号で、 8年半の連載にピリオドを打ち、最終回を迎えます。 最後まで、前を向き、全力で走り抜けます。 皆様もどうか一緒に走り抜けていただけたら幸いです。 」 とのコメントと共に同誌の完結が報告され、コメント欄には 「やばい、泣きそう。 ハイキューという物語に出会えて良かったです。 」 「終わるなんて言わないでください永遠に続いてください」 「ハイキューは私の青春です!ありがとう古館先生!」 「おつかれさまでし………いやだあああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」など、 連載終了を惜しむ声や感謝の声が殺到、24. 4万のいいねを集めている(7月13日11:00現在)。 一方、同じく本日13日にTVアニメ『ハイキュー!! TO THE TOP』第2クール目の放送が決定。 第2クールでは、春の高校バレー全国大会の2日目、烏野高校が優勝候補と言われる実力を持つ稲荷崎高校に戦いを挑み、白熱の試合の行方が描かれる。 <画像> <参考画像>.

次の

ハイキュー!!が無料で読めるおすすめ漫画アプリ

ハイキュー マンガバンク

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で約8年に渡り連載を続けてきた人気漫画「ハイキュー!!」が7月20日(月)発売の号で最終回を迎えることが発表された。 「鬼滅の刃」「約束のネバーランド」など近年のジャンプを支えてきた人気作品の終了が続いている。 「ハイキュー!!」は高校バレーボールを題材にした漫画で、2020年5月時点で、累計発行部数は3800万部を突破している。 2014年にはTBS系列でアニメ化し、その後も第4期まで続いているまさにジャンプが誇る人気作品。 それだけに、今回のニュースは大きな話題を呼んだ。 「一方で漫画好きからは『ジャンプ』を心配する声も挙がっています。 『ワンピース』を筆頭に人気作品が並ぶジャンプですが、最近は人気作品が続々と終了。 どの作品も人気低迷での打ち切りというわけではなく、作者の希望通りにストーリーが終了しているように思います。 しかも、それが毎月のように続いているのだから読者たちも心配しているようです」(芸能誌ライター) アニメ映画の公開を控え、今なお社会現象を巻き起こしている「鬼滅の刃」が5月に連載終了。 さらに主演で実写映画化が決まっている「約束のネバーランド」も6月に完結。 どちらもこれからさらに話題を集めるであろう作品だけに、連載終了時は読者に大きな衝撃を与えた。 そして、今回の「ハイキュー!!」。 人気作品が3カ月連続でなくなったジャンプは大丈夫なのだろうか。 「今、連載している作品ではダークファンタジー漫画『呪術廻戦』が10月よりアニメ化、役者を題材にした作品『アクタージュ act-age』も舞台化プロジェクトが進行しています。 ただし、連載が終了した人気ジャンプ作品を再アニメ化する流れもあり、まだまだジャンプは少年漫画誌の頂点から降りる気配はなさそうです」(前出・芸能誌ライター) ちなみに、ジャンプを代表する「ONE PIECE」も作者の氏がイベントで「最終回を視野に入れた展開がもう始まってます」とコメント。 実際ストーリーも終盤のような怒涛の展開が続いている。 あるいは着々と準備が進んでいるということかもしれないが…。 (永田リョースケ).

次の

【BL同人誌】黒魔道士クロのチカラで大好きな蛍の元へ会いに行く黒尾を蛍は心から嬉しくて大好きな気持ちを言葉にし、身体でも黒尾を受け入れるが、なぜか黒魔道士クロも参戦してドタバタの3Pに!【ハイキュー!!】

ハイキュー マンガバンク

古舘春一による高校バレーを題材にしたマンガ作品。 「」 集英社 で2012 年から連載中。 「ハイキュー!! 」というタイトルは、を指す「排球」に由来。 コミックスは14年10月現在で13巻まで発売されており、累計1000万部を突破している。 また、マンガをにした小説版『ハイキュー!! ショーセツバン!! 』は14年10月時点で4巻まで発行され、マンガ版には描かれていないエピソードも盛り込まれている。 小説の作者は星希代子。 原作のストーリーは、バレー部に所属する日向翔陽 ひなたしょうよう を主人公に展開。 日向のポジションはミドルブロッカー。 幼い頃に見た高校バレーの試合で、「小さな巨人」と呼ばれる烏野高校の選手に魅了され、バレーボールの道を志す。 中学校時代に出場した最初で最後の公式戦で「コート上の王様」こと天才セッター・影山飛雄が率いる優勝候補のチームに惨敗。 その悔しさをバネに烏野高校バレー部に入部したところ、影山とチームメイトとして再会する。 2人は反発し合いながらも、クイック攻撃「通称・変人速攻」で息を合わせ、他のチームメイトたちと共に全国大会を目指す。 高校生の青春模様と、実際のバレーボールの試合でも使われる現実的なプレーが描かれている。 作者の古舘春一自身も、中学校と高校時代にバレーボール部に所属していた。 また、高校卒業後に8~9年過ごした宮城県仙台市を「ハイキュー!! 」の舞台として設定している。 14年8月には仙台市と同市バレーボール協会が、作品に登場するキャラクター「ヒナガラス」を仙台バレーボール親善大使に任命。 この他、14年度の「天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会」や「全日本バレーボール高等学校選手権大会」のポスターにも採用されるなど、実際のバレーボール界とのコラボレーションも多い。 松岡理絵 フリーランスライター/2014年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の