メジロ。 野鳥(メジロ)の餌台の作り方|ヒヨドリ対策エサ台をDIYで作ってみた!

メジロを観察するとき知っておきたい6つのこと【ベランダ野鳥観察のすすめ】

メジロ

この記事でどんなことが知りたいですか!?• メジロの巣作りについて メジロは親鳥で体長が 約12cm、体重が 約10gととても小さいですから、雛たちを育てる巣も、とても小さく可愛らしいものです。 メジロの巣作りについてご覧ください。 何の材料で巣を作ってる!? メジロの巣の材料には、まずクモの 卵嚢(らんのう)が使われます。 卵嚢とは、 クモの卵をつつむ繭状(まゆじょう)の糸のかたまりのことです。 これを器用に接着剤のように使って、 コケや枯草、樹皮などの巣材を貼り合わせていきます。 東京などの都会のメジロは、 ビニールなどの素材も使うそうです。 他にも、地方によってその土地ならではの素材を使うメジロもいます。 例えば、水生植物のガマをご存知でしょうか。 いなばの白うさぎの昔話で、大国主神(おおくにぬしのかみ)が「ガマの穂の花粉を傷口につければ、傷が癒えるだろう」と傷を負ったうさぎに教えたのが、このガマの穂の花粉です。 ガマの穂からは、大量の綿毛を取ることができ、昔の人はふとんの綿毛に使っていたのだそう。 ふとんは布団、蒲団とも書き、実はこの「蒲」がガマのことなのです。 このふわふわとした、ふとんの素材だった ガマを巣材にするメジロも、地域によってはいるのです。 巣を作る場所、大きさ 枝が 二股に分かれているところや、枝が集まっていて巣をかけるのに丁度いいスペースがあるところに巣を作ります。 特にこれといって決まった樹に巣を作るわけではなく、桜や紅葉、椎の木など至る所に巣作りをするそう。 このような樹の、外敵に狙われないような高い部分、例えば 1. 5~10mくらいの高さに巣を作るのです。 樹の枝には、クモの糸を使って、ハンモックのように巣をぶら下げます。 ちなみに、外径や厚さであらわされる、鳥の巣全体の大きさのことを外巣といいます。 内径は 約4. 5cmで、深さは 約3. 5cmです。 内径や深さというのは産座(うぶざ)の大きさのことをあらわし、卵が乗る部分のことをいいます。 産座のことを内巣ともいいます。 メジロの巣は再利用されない 鳥の巣は、鳥の家ではありません。 巣立つまでの場所ですので、雛たちが巣立ったら通常は使われなくなります。 メジロも例外ではなく、 一度使った巣を再利用することはありません。 使い終わって空になった巣は、風や雨などによりほどけて分解され、自然に還っていきます。 鳥の中には巣を再利用するものもいて、例えばツバメがそうです。 ただし、ツバメは全てそのまま再利用するのではなく、一部作り直してからもう一度巣を使うのです。 ちなみに、鳥の巣が好きで、鳥の巣のコレクターになった人がいます。 展示会が開かれていることもありますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。 ご自身で集めてみたい場合は、卵や雛のいる状態で鳥の巣を取ることは法律で禁止されていますので、ご注意ください。 雛の声などが騒音になって困ったり、フンの被害が出ている場合は、自治体に相談してみてください。 卵や雛のいない状態であれば、巣の撤去に許可は不要です。 メジロの繁殖時期 春から夏の間が繁殖時期に当たり、 日本全国どこでも子育てします。 具体的には、 繁殖時期は 4月から7月ごろです。 丁度、緑の茂る時期なので、葉っぱに紛れて巣が見つけづらいようになっています。 これは、外敵から雛を守るのに役に立ちます。 スポンサードリンク 卵の数、大きさ、特徴 メジロは卵を 3~5個ほど生みます。 卵の大きさは 約1. 3cmほどで、ウズラの卵よりもだいぶ小さいです。 4cmほどです。 メジロの卵の特徴としては、 斑点などがなく、色は白色または、やや青緑色がかった色をしています。 メジロの子育て方法 メジロは、 オスもメスも協力しながら、 約11日間、卵を温めて孵化させます。 メジロの 雛は、昆虫などを食べます。 親鳥は餌となる昆虫を探しに出かけて、巣へ戻ってくると雛に与えます。 小さな巣の中には、卵から生まれた数匹の雛が親鳥を待っています。 親鳥を待っている間、雛たちは身じろぎもせずにじっとしています。 雛たちは、親鳥が来た時だけチュルルルと鳴きながら、くちばしを大きく開けて、親鳥に餌をねだります。 生まれたての時は羽が生えておらず、オレンジ~ピンク色だった雛は、灰色の産毛が生え、成長するにつれてだんだん羽が黄緑色になってきます。 メジロの巣立ち メジロの卵が孵化してから、 約11~12日で巣立ちます。 とても短い期間ですので、その成長速度には驚きます。 強制巣立ちをすることがある 子供が巣にいたずらをしたり、覗き込んだりするだけでも、メジロは巣から逃げ出すことがあります。 その際には、親鳥と雛たちはもう戻ってきません。 まだ巣立ちまで時間が必要な雛も、発育の良い雛だけを連れて、強制的に巣立ちをさせてしまうのです。 残されてしまった雛はもう親鳥に育ててもらえず、亡くなってしまうでしょう。 くれぐれも、いたずら心でメジロの巣を触ったりしてはいけませんよ! また、観察をするときには、写真を撮るときに雛が驚いて巣から飛び出すこともあるので、細心の注意を払いましょう。 まとめ メジロの巣作り~繁殖~巣立ちまでについてと、卵の大きさや特徴についてまとめてみました。 今回の振り返りをしてみましょう。 高さ約1. 5cmで、深さは約3. 5cm。 メジロの子育ては、遠いところから、控え目に見守ってあげるのが良いですね。 スポンサードリンク カテゴリー• カテゴリー•

次の

メジロブライト

メジロ

季節の変化に対応 春の訪れと共に繁殖行動など活発な動きをみせるメジロですが、産卵や育雛が終わった寒い冬の季節、彼らはどこにいるのでしょうか。 また、春や夏は好物である花の蜜や果汁を食べて生活しますが、花や果実のない冬には何を食べているのでしょうか。 ここからは、それぞれの対応について見ていきましょう。 山地から低地へ移動 非繁殖期のメジロは山地から低地・平地へと移動するのが一般的です。 このため、街中の公園や雑木林などで姿を見ることができます。 このときのメジロは群れで行動し、シジュウカラなどカラ類と混成した集団を作るケースもあります。 特に眠るときは木枝でまとまって眠る習性があり、「目白押し」の由来となるくらい身を寄せ合います。 スポンサードリンク 変わる食生活 メジロは雑食性で基本的には何でも食べますが、花の蜜や果汁が大好きです。 このため、 春や夏は梅の花などに止まり蜜を摂取します。 繁殖期の育雛時、昆虫を捕食しますがメインは蜜や果汁です。 冬の季節では、花や果実が少ないため、食生活を適応させ昆虫などを捕食して生活をおくります。 メジロはウグイスなど他の鳥とくらべて、警戒心が低い鳥です。 このため家の周りやエサ台に果物を置いておくと、メジロがついばみに来る姿を見ることができます。 冬の間だけ、たまーにおすそ分けしてるミカンにメジロがやってきます かわいいんだけど、梅が咲き出したらおすそ分けは終了しないとね — jasmine shimizu jasmineSMZ まとめ 今回は、メジロという鳥の冬の暮らしについて紹介しました。 色鮮やかな春・夏の季節に映えるイメージがありますが、冬景色にたたずむメジロの姿も情感あふれるものがあります。 大好物の甘い果物を用意しておくと、身近で姿を見られるチャンスといえますね。 スポンサードリンク.

次の

メジロ|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

メジロ

こんにちは。 さきっぽです。 今回は、野鳥のエサ台を作ってみたので作品の紹介です。 冬場になると庭に野鳥が飛んできます。 メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリなど。 今までは下の写真のように針金にミカンなど果物をぶら下げてました。 でも、この方法だとヒヨドリがすぐに食べつくしてしまって、一番楽しみにしているメジロの餌がなくなってしまうのです。 そこで、餌台(バードフィーダー)を作ることにしました。 餌台(バードフィーダー)の種類は様々 餌台(バードフィーダー)を作るにあたってどんな形状のものがあるのか知りませんでした。 そこでまずはリサーチからスタートです。 このリサーチはやっぱりグーグルさんの画像検索 いろんな形の餌台(バードフィーダー)が見れます。 ペットボトルで作った餌台(バードフィーダー)• 三角屋根のおうちのような餌台(バードフィーダー)• 100均のワイヤーネットで囲まれた餌台(バードフィーダー)• ヒヨドリ対策をした餌台(バードフィーダー) など。 DIYでは作れるものからちょっと難易度が高いものまで色々とありました。 画像検索だけでなく売ってる餌台(バードフィーダー)も参考にしました。 参考にするにはやっぱり楽天とかアマゾン。 こんな感じのがありました。 Amazonの情報を掲載しています 沢山の餌台(バードフィーダー)を見た結果、DIYで作ろうと決めたのがヒヨドリ対策をした餌台(バードフィーダー)です。 針金の餌台?の時からずっとヒヨドリが飛んできてメジロを追い払ってたので、せっかくならヒヨドリに餌を取られない対策をした餌台にした方がいいかなと思ったから。 ヒヨドリ除けをした餌台(バードフィーダー)の作り方 メジロのためにヒヨドリよけをした餌台(バードフィーダー)を作る訳ですが、やっぱり設計図が必要。 どれくらいの大きさ、形でどんな材料が必要なのか考えます。 ヒヨドリ除けをした餌台(バードフィーダー)の設計図 ヒヨドリよけをした餌台(バードフィーダー)のイメージは鳥かご。 メジロは入れるけどヒヨドリは入れないような間隔の柵をつくらないといけません。 2㎝くらいの間隔ならメジロは入れるらしい。 だから、100均のワイヤーネットで作ったヒヨドリ対策の餌台も、2㎝くらいの大きさのワイヤーネットで作ればいいみたいです。 話がそれましたが、餌台のイメージでは• 上と下に丸い板にして、柱代わりの丸い棒で柵を作る• 真ん中に餌を置く部分と止まり木みたいなのを作る• 柵の一部を可動式にして餌の入れ替えができるようにする• 円柱状の餌台にして柵から餌までの距離を出来るだけ均等にする こんな感じのを考えました。 まあ、売ってる鳥かごの柵の間隔が広い感じです。 Amazonの情報を掲載しています ヒヨドリ除けをした餌台(バードフィーダー)の作成 べニア板を30㎝くらいの丸にカットします。 30㎝四方のべニア板を2枚用意して、1枚の方へ柱(柵)の穴あけ位置などを書き込みます。 円の端から1. 5から2㎝くらい内側に柱を設置。 柱の棒は5㎜なのでいい感じの位置で良いと思います。 ただ、柱と柱の間隔は、2㎝から2. 5㎝くらいにしてメジロが入れる隙間にしています。 ちなみに大きな円を描く方法は自作のコンパスです。 30㎝の円なら、20㎝くらいの紙を用意して端の方に円の中心の部分になる穴をあけ、そこから15㎝のところにもう一つ穴をあければ簡易コンパスの出来上がり。 鉛筆など2本用意すれば大きな円が書けます。 紐を使っても出来るでしょうね。 穴位置など書き込みが終われば、べニア板のカット。 2枚同時にジグソーでカットしていきます。 クランプでずれないように固定 紙の両面テープとかで2枚張り付けておいてもいいかもしれませんね。 なんとなく丸くカット。 やっぱり曲線を切るのは難しいです。 さらに安物のジグソーなので切れ味もイマイチ。 この状態のまま、柱の部分の穴を開けていきます。 上下の加工が終われば、柱の加工。 柱は24本使う事にしてますが、そのうち3本だけ長めにカット。 900㎜の丸棒が計10本あるので足りる長さで適当に。 あと、あまりのべニア板で扉の部分の取っ手を作成。 補足:柱の穴あけで扉の部分の一部分を少し大きく開けてます。 動く部分は少し大きめの穴です。 パーツがカットできたのでキシラデコールで塗装しておきました。 これが1回目の塗装 1回では凄いムラです・・・。 しばらく乾かして2回目の塗装もします。 塗料の乾燥もあるので初日はここまでで終了。 ヒヨドリ除けをした餌台(バードフィーダー)の組み立て 塗装が乾いたら後は組み立て。 木工用ボンドで柱を固定していきます。 組み立て工程は写真撮り忘れたのでいきなり完成!! 扉を開けるとこんな感じ さきほど補足で、穴あけで大きめの穴を開ける部分があったと思います。 上のべニア板の3か所と取っ手の部分の両端2か所。 ここは5. 5㎜とか6㎜くらいの穴にするとスムーズに動きます。 ヒヨドリ除けをした餌台(バードフィーダー)の完成 べニア板と丸棒で作った餌台(バードフィーダー)がひとまず完成 余った丸棒を利用して餌の果物を刺す部分と、庭にあった枝を利用して止まり木を作成。 あと、植木鉢を置く金属製の植木鉢スタンドが余ってたので、その上に餌台固定しています。 扉はこんな感じになります。 野鳥の餌台の近くには水場を用意したほうが楽しい 餌台を準備しましたが、実は近くに水飲み場を準備しています。 メジロの餌台以外に野鳥の餌台も設置してるので数種類の野鳥が餌を求めてやってきます。 そこへ水場を用意してるので、水飲みだけでなく水浴びもよくしています。 これは、動画を撮った時の写真。 2ヶ所水飲み場を置いてますが両方に入ってます。 手前はヤマガラ、奥にメジロ2羽とヤマガラ。 シジュウカラもよく水浴びをしています。 水場は、洗面器とか器とかなんでもいいと思います。 ただ、深いと入れないので砂利を引いて高さを確保。 水の深さは4㎝くらいかな? 餌を食べたら水浴びして山に帰っていきます。 ヒヨドリ除けをした餌台(バードフィーダー)の効果とまとめ 冬の終わりかけにこの餌台を作りました。 設置して次の日にはメジロ登場。 しっかりと中に入って果物食べてました。 そのあとも止まり木などを追加。 あった方が食べやすいかなと思っていろいろと改築しています。 メジロは1日に何度も餌を食べに来ています。 シジュウカラやヤマガラも近くに来るけど餌が好きなものじゃないのか、餌台には入らずに近くの木の実などつついてました。 ヒヨドリも登場してますが、付近をうろつきながら餌を狙いますが柵の中には入れず・・・。 くちばしをのばしても餌には届きません。 ヒヨドリに餌は取られなくなってヒヨドリ対策にはなりましたが、ヒヨドリが寄ってくるとメジロ逃げちゃいますね。 冬の野鳥が飛んで来る終わりかけに作ったのでじっくりと観察できませんでしたが、毎年冬が楽しみになってきそうです。 あと、べニア板と丸棒は合計で1,500円くらい。 それに塗料、木工用ボンド、もろもろの工具を使ってます。 初めて作った餌台ですがまずまずの出来かな。

次の