サピエンス 全 史 文庫。 サピエンス全史

全人類の必読書『サピエンス全史』をどう読むかーー入門&解説書発売!著者来日時の裏側を語るエッセイを特別公開|Web河出

サピエンス 全 史 文庫

「サピエンス全史」上下巻の内容を3分で分かるように、図解を用いて、紹介します。 サピエンス全史は、2017年のビジネス書大賞を受賞した作品です。 興味を持っている方も多いとは思いますが、上下巻合わせて約600ページの大作なのでなかなか読みたくても手が出ない人が多いと思います。 そこで本記事では、サピエンス全史の内容を要約まとめし、その内容を読んだ気になれるようにお伝えします。 内容のネタバレとなるので、一切中身を知りたくないという人は本記事を見ないようにしてください。 では、有名ビジネス書や新刊本、新技術の要点を図解で簡単に説明します。 あなたの読書・学習の支援になれば幸いです。 それでは図解紹介に入ります。 本記事の内容• サピエンス全史の概要 サピエンス全史は私たち人間(ホモ・サピエンス)が地球上に現れてから、今日の人口70億人となり、現代社会を築き上げた要因を分析して解説する作品です。 その内容を一言で表すと、 「人類(ホモ・サピエンス)は空想的虚構をベースとした3つの革命(認知革命、農業革命、科学革命)により、現在の発展へと至りました」 と紹介しています。 内容は3つのパートからなります。 1つ目のパートでは、約10万年前はホモ・サピエンス以外にも、ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)など、複数種類の原人(人種)がいたなかで、なぜホモ・サピエンスだけが生き残ったのかを説明しています。 そして、その答えを「認知革命」と呼んでいます。 認知革命の詳細は記事後半で説明します。 2つ目のパートでは、数百人程度の集団を構成して生活していたホモ・サピエンスが、約1万年前からなぜ数千人規模の都市や国家を生み出せるようになったのかを説明しています。 その答えを「農業革命」と呼んでいます。 最後に3つ目のパートでは、西暦1500年ごろには世界人口が5億人程度であったサピエンスが、500年後の2000年代に70億人にも増加し、現代の国家、資本主義、民主主義的な体制がどのようにして生まれたのかについて説明しています。 その答えを「科学革命」と呼んでいます。 またこれら3つの革命が起こせた理由として、「空想的虚構」を挙げています。 空想的虚構とは、「実際には存在しないが広く信じられる空想、想像上の産物」のことです。 空想的虚構によって、サピエンスは大集団を形成・維持し、発展していくことができました。 「空想的虚構で集団が維持できる」とは分かりにくいと思いますので、例を挙げて説明します。 私たちは知らない人と出会って会話をしていると、心理的に距離があります。 ですが、あるときお互いに同じ市の出身であったと分かると、突然距離が縮まって、仲良くなり親近感がわきます。 これは別に目の前に現金や食物という実物が現れて、それで協力しようとしたわけではありません。 目の前の現実は一切変わらないのに、出身地という概念(一種の空想的虚構)を介して、心理的距離が縮まっています。 以上がサピエンス全史の概要となります。 それでは、各革命の詳細について説明します。 認知革命 約10万年前、地球上には、アウストラロピテクスを先祖にもつ、少なくても6種類のホモ属の人種が存在しました。 私たちホモ・サピエンスのほかに、ネアンデルタール人(ホモ・ネアンデルターレンシス)などです。 誤解している方もいますが、サピエンスはネアンデルタール人から進化したのではなく、異なる種です。 ライオンとトラや、馬とロバのような関係です。 これら6種類の人種は、火を扱うことを覚え、他の生物よりも強い力を手に入れ、ひ弱な身体能力にもかかわらず、アフリカ大陸から地球上に進出していきました。 ですが、なぜその6種類のなかで、なぜホモ・サピエンスのみが生き残ったでしょうか? 別の言い方をすると、なぜホモ・サピエンスは他の5種類の人種を滅ぼせたのでしょうか? 「サピエンス全史」ではその理由を「認知革命」としています。 ホモ・サピエンスは他の5種に比べて身体能力が低く、なかなかアフリカ大陸から進出できませんでした。 しかし、いまから約3万年前に、複雑な言語と空想的思考(原始的信仰)を可能にする脳を手に入れました。 なぜ突然そのような能力がそなわったのかは不明です。 ですが、ドイツのシュターデル洞窟で発見されたサピエンスによって作られたライオン人間像(頭がライオンで身体が人)は、このような空想的な思考をホモ・サピエンスが可能にしていたことを示しています。 [画像引用: 複雑な言語を持たないネアンデルタール人はせいぜい50人程度の集団で行動していました。 これ以上になると、集団をうまく維持できないのです。 一方でサピエンスは、複雑な言語と空想的思考(原始的信仰)により、社会集団の共通の要素を生み出すことに成功しました。 そしてこの共通要素のおかげで500人以上の秩序ある集団を構成することができました。 その結果、ホモ・サピエンスはネアンデルタール人たちに対して、数の多さを生かした集団的戦略で打ち勝ち、滅ぼしたのだと想像されます。 これまで生物はDNAによる突然変異と自然淘汰によって環境に適用し、より強い存在へと進化してきました。 一方でホモ・サピエンスは複雑な言語と空想的思考によって、大きな社会集団を形成し、集団の知恵によって、協力・共創することで環境に適用し、他の種よりも強くなって、他の人種や動物を滅ぼしながら、世界中へと広がりました。 このようなDNAの進化ではなく、複雑な言語と原始的信仰という空想的虚構によって、サピエンスが大きな力を手に入れたプロセスを「認知革命」と呼びます。 農業革命 次に解決する問いは「数百人レベルの集団から、どのようにして数千人レベルの都市や国家を形成できるようになったのか?」です。 その根本的理由を、農業・畜産業の発達による「農業革命」であるとしています。 今から約1万年前、人類は農業により特定の植物を育てて収穫するという行為を覚えました これはある日突然できるようになったのではなく、数世代にわたって徐々に浸透しました。 農業を行うには、次の2つの要素が重要です。 しかしひとつの場所に定住することによって、女性は毎年赤ちゃんを産むことが可能になりました。 その結果、人口は爆発的に増加しました。 これが、数千人レベルの集団を形成する大本となります。 さらに、農業では来年の種となる分を収穫量から保管したり、飢饉にそなえて、備蓄する必要があります。 また暦から種まきの時期をそろえたりする必要もあります。 こうした管理業務を行う人間は、作業する人間とは異なる支配階級の人間となりました。 ですが、その結果2つの問題が生まれます。 原始宗教からより発達した民族神話は、人間の間に支配階級と労働階級があることを理由付ける役割がありました。 また、同じ民族神話を共有することで、数千人単位の集団を維持することが可能となりました。 さらに、数千人単位の集団では、物々交換ややり取りが非常に複雑になり、それをきちんと記録に残す必要とルール(法律)を整備する必要がありました。 その必要性から文字(書記体系)と原始的法律(ハムラビ法典など)が生まれ、より強固に集団を維持することを可能としました。 農業革命を契機に民族神話、宗教と文字、原始的法律という空想的虚構を構築することによって、サピエンスはより大人数の集団を維持することを可能にし、古代エジプト文明から中世の国家までの社会を生み出すことに成功しました。 科学革命 次に解決する問いは、なぜ1500年ごろには世界人口が5億人程度であったサピエンスが、500年後の2000年代に70億人まで増えて繁栄できているのかです。 その答えは、近代科学のはじまりと、資本主義のはじまりです。 ルネサンスを契機にヨーロッパ諸国では近代科学が発展するとともに、地球が平らでなく球体で、想像以上に広いことが明らかになりました。 そしてそれを契機に大航海時代が始まりました。 近代科学の発展と大航海時代の始まりは、人々の生活レベルの向上へとつながり、成長時代に突入します。 成長時代に突入すると、将来は今より豊かになるとみんなが信じて投資活動が盛んになります。 そのような投資活動を可能にするために、銀行システム、とくに「貨幣の信用創造」が機能し始めました。 銀行の「貨幣の信用創造」は、AさんとBさんから100万円ずつ預かったときに、ふたりが突然200万円を引き出すことはないだろうとして、航海家のCさんに500万円を貸し出すシステムです。 手元には200万円しかないのですが、Cさんが航海でたくさんの砂糖や資源を手に入れて帰ってくれば、500万円以上を返してもらい、銀行はAさん、Bさんが合計200万年を引き出しても銀行には300万円以上のお金が残ります。 これが貨幣の信用創造をベースとした投資システム、資本主義です。 そこで、Cさんはたくさんの人から少しずつ投資してもらうように、航海を株式会社化しました。 そうすることで銀行は、リスクを分散することが可能になりました。 また、株式市場ができることで、銀行以外の人々も投資ができるようになりました。 その結果、イギリスの東インド会社のように、大きな株式会社が生まれるようになりました。 以上の流れにより、ヨーロッパが世界中がつながり、砂糖や胡椒などさまざまな資源が使えるようになり、科学の発展とあいまって、生活が豊かになり、より多くの人口を抱えることが可能になりました。 ただし、この成長はアフリカや南北アメリカ、インドなどの搾取された側の犠牲のもとに成り立ったことも忘れてはいけません。 科学革命を契機に、資本主義経済や民主主義政治の種が芽生え、それが成長して現在の世界へとつながっています。 まとめると以下の図のようになります。 そしてこれからの時代へ 21世紀に入り、人間は生物の遺伝子を直接扱えるようになりました。 デザイナーズベイビーを原理上生み出すことができます。 また脳や身体と外部機器をつなぎサイボーグ化も進んでいます。 あたかも旧約聖書で神が生物をつくりあげたかのように、自然界には存在しなった遺伝子改変の農作物をはじめ、人間が生物を創り上げることが可能になりました。 神の領域へと踏み込んだ人間の進化は、この先、いったいどこに行くのか? 本当に幸せとは何かについて、サピエンス全史の最後の章では考察しています。 以上、サピエンス全史の図解まとめでした。 簡単にまとめてしまいましたが、実際に本を読むと一文一文が丁寧で、エキサイティングです。 翻訳もとても丁寧です。 興味を持った方は、ぜひ本を読んでみて下さい。 著者名:すぐる 機械学習やAIのプログラミング、ビジネスや人材育成に関して、私見をつづります。 脳科学、心理学、IT、機械学習を駆使し、「論語とAI」を合言葉に、人と組織の成長を科学しています。 高専および大学・工学部でSTEM教育を受け、脳科学の分野で博士号を取得しました。 その後、特任研究員として大学で研究や学生教育にたずさわり、現在は民間企業のIT・AI分野で働いております。 【連絡先】 mail. neuroeducator gmail. com 【ブログランキング】 人気記事• 3,207ビュー• 1,206ビュー• 854ビュー• 765ビュー• 754ビュー• 685ビュー• 678ビュー• 657ビュー• 630ビュー• 545ビュー.

次の

「サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福」のオーディオブック

サピエンス 全 史 文庫

世界的ベストセラーはベジタリアンへの導きだった? 上下巻の本。 中途半端な編集者として20余年を過ごしてきた私にとっては、あこがれの存在であります。 恥ずかしながら、なにしろ作ったことがありません。 10年くらい前に1回だけ原稿をもらうところまでいきましたが、異動したので編集できませんでした。 悔しいので「1冊でも世界を変えられますぜ」とうそぶいてサクッと読める企画を投入しては失敗し、すると社内で「井上さんの編集する本はあれだよね」といわれ、だんだんと仕事のスケールが小さくなってきて……という感じの悪循環。 そうこうしているうちに、いまでは誰もが「市場が厳しい」という話をするので、一般向け書籍編集の世界では上下巻どころか紙の本1冊を出すことすら大変な現状となってしまいました。 そんな市場に投入されたこの『サピエンス全史』。 このご時勢に、まさに大型企画という風格でやってきました。 うらやましい。 『サピエンス全史——文明の構造と人類の幸福(下)』(ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田裕之 訳 河出書房新社) 定価:本体1900円+税 内容もアオリ文句どおり、見事なものです。 そのアオリ文句、「なぜ我々はこのような世界に生きているのか?」というもの。 「我々はどこから来て、どこへ行くのか?」というありがちな文句より射程が広いことが分かります。 実際、本文は平易な語り口で、豊富なエピソードとともに人類史全体をガッツリ読ませてくれます。 この「人類史」の視野は過去だけではなくて未来にまで及び、「ええっそんなことになるの!」的な「人類の終わり」まで語り切ってくれます。 その間、「農業革命は壮大な詐欺だ!」などと、これまでの思い込みをいちいちひっくり返すような議論が連続し、まさに興奮の書であります。 こんな本が作れるなんて、うらやましいねたましい。 こう悶えながら読み進めたわけですが、本書によれば、そんな感情を持ってしまうこと自体が人類を地球の支配者とさせ、また多くの種を苦しめている、ということでもあるようです。 どういうことか。 人類史の大半において、人間はうらやましがったりねたんだりしないで人生を終えていました。 社会の構造があまりに固定化していたうえに、それを結びつける宗教はだいたいが「人間の黄金期は神様がいた大昔で、いまは衰退期。 だからせめて神様の教えを守って現状維持しよう」というメッセージを放っていたからです。 私の先祖の農民は、領主様の暮らしをうらやんだりせず、使っている農具に改良を施して売っぱらって一儲けしようとも考えずに、畑仕事を続けていたわけなのでしょう。 ところが人類、この本でいう「サピエンス」は、長い時間をかけて「虚構」を信じるという脳を手に入れてきました。 宗教もそのひとつで、大勢の人間を大戦争に動員することを可能にしました。 そして「貨幣」という壮大な虚構を信じ、そのうえに未来の大儲けを期待して投資するという「市場」まで信じるようになりました。 そうなると、人類はうらやましさのような感情を行動に移せるようになるわけです。 海の果てにジパングなる黄金の国があるらしい。 そこへの航路を開拓したらすごいことになる。 よっしゃ、船を出したろ……。 コロンブスがうまいことやったらしい。 だったら俺もあの辺にいってひと稼ぎだ。 いや、俺は航海する連中に金を貸して儲けてやろう……。 こうして人類が抱える富は飛躍的に増えていきます。 テクノロジーもそんな感じで発展します。 もっと効率的に生産する方法があるのでは、もっと早く移動できるのでは。 こんな渇望にドライブがかかって、数十万年ものあいだ誰も想像すらしなかった超文明が200年くらいで実現してしまいました。 安定した社会でイノベーションなど考えずに暮らしていたほうが幸せだったかもしれませんが、少なくとも欧米の人間はこのような思考法で世界を変えてしまったわけです。 ところがその過程で、誰も「他者」のことなど気にかけません。 具体的には先住民です。 数百万単位の人々が虐待され、殺害され、民族ごと失われました。 本書にはそのあたりにイヤミをいう傑作エピソードがいくつもありますが、ひとつだけ紹介させてください。 月面を目指す宇宙飛行士が、環境の似た砂漠で訓練していたところ、先住民の老人と出会う。 老人は彼らが月に行くと知ると、「我らの部族は月に聖霊が住むと考えているので、大切なメッセージを託されてくれないか」と頼む。 引き受けた宇宙飛行士に「どんな意味なのかは言えない」と、部族の言葉を暗記させる老人。 基地に戻った宇宙飛行士は、意味が気になって仕方がないので、八方手を尽くして、部族の言葉が分かる人を見つける。 暗記した言葉をその人に伝えると、なぜか爆笑される。 どういう意味だったのか。 翻訳するとこのようなものだ。 「この者たちの言うことを一言も信じてはいけません。 あなた方の土地を盗むためにやってきたのです」 「知らないものや場所を渇望する人々」を象徴する宇宙飛行士と、そんな連中に「蹂躙され騙されてきた人々」を象徴する部族の老人のお話です。 こんなエピソード満載なのですから、ついつい読んで披露したくなってしまうわけで、さすが世界的ベストセラーです。 本書の告発はもう一段階あります。 200年前のヨーロッパ人はいい気なもので、搾取され殺される先住民のことなどまるで考えないで暮らしていた。 それはひどいと考える、現在のお前はどうか。 自我もあり感情もあると分かっているのに虐待され殺される動物たちのことなどまるで考えないで毎日メシ食ってるんじゃないか、と。 実際、全世界の家畜の総量と野生動物の総量、どちらが重いか即答できる人は少ないと思います。 本書によれば、前者が7億トンで後者が1億トン未満。 たとえばキリンは8万頭ほどなのに、畜牛は15億頭。 その大半は生後すぐ親と引き離され、檻の中で満足に体を動かすことすら許されず、効率的に殺されていくわけです。 孵化場でのヒヨコ鑑定の場面を写した写真が本書に掲載されています。 そのキャプションはこんな感じです。 「オスのヒヨコと不完全なメスのヒヨコはベルトコンベヤーから降ろされ、ガス室で窒息死させられたり、自動シュレッダーに放り込まれたり、そのままゴミの中に投げ込まれ、潰されて死んだりする。 このような孵化場では毎年何億羽ものヒヨコが死ぬ」 本書を読んでいくと、こんな風に人類のせいでいかに動物が受難を味わっているのかという告発も、ちょいちょい挟み込まれていることに気づきます。 上下巻という大作には、実は著者が間接的に訴えたいメッセージ この場合は動物の受難を思いやれ、ということでしょう もうまく潜り込ませることができるのですね。 ああ、こんなことができるなんてうらやましい。 俺ももっといろんな本を試したい。 で、その感情が……と本書をたたえる無限ループに陥ったところで、今回は幕を引かせていただきます。 ではまた。 *ここで紹介した本は、4階で展示・販売しています。 *「神保町の匠」のバックナンバーはで。

次の

認知革命を振り返る / 書評『サピエンス全史』(2/8)

サピエンス 全 史 文庫

『サピエンス全史』累計部数70万部を突破! 世界800万部の大ベストセラー、ユヴァル・ノア・ハラリさん著『サピエンス全史』が9月10日、日本累計発行部数70万部を突破しました。 また、され、こちらも各書店のランキングで売り上げ1位を記録しています。 現代世界を鋭くえぐる、50カ国以上で刊行の世界的ベストセラーが日本国内で70万部を突破! 本書は、食物連鎖のピラミッドの中腹あたりにいたはずの我々人類が、他の人類種を根絶やしにし、力の強い他の生物を押しのけ、地球の頂点に君臨できたのはなぜかを、歴史的事象から検証し、我々ホモ・サピエンスだけが持つ特別な能力を明らかにした書です。 その能力とは「虚構を信じる」力。 我々人類の特性を暴き、その性質ゆえにこれから人類がたどるであろう未来を予言し、世界に衝撃を与えました。 「人類史を描き、高い視点を得られる1冊。 『そもそもビジネスは何のためにあるのか』に目を向け、新たなビジネスモデルを考えさせてくれる」との評を受け、2017年のビジネス書大賞を受賞し、新たなビジネスやビジネスのありかたを考えるための必読書としても広く読まれています。 世界中でも、ビル・ゲイツさんをはじめ、マーク・ザッカーバーグさん、前アメリカ大統領のバラク・オバマさん、日本では堀江貴文さんなど有数の経営者やリーダーたちが、トップに立つものが読むべき本としてこぞって絶賛しています。 歴史書でありながら、我々人類とはどういう生き物かを暴いた本作は、ビジネスパーソンの定番書となり、刊行の2016年9月9日から丸2年が経過しましたが、いまだ、高い水準で売れ続けています。 続編『ホモ・デウス』も9月6日に発売! 9月6日には『サピエンス全史』の続編にあたる『ホモ・デウス』が発売されました。 35カ国で400万部をすでに突破している本作は、『サピエンス全史』で明らかにされたホモ・サピエンスの特性から、我々人類がどこへ向かうのか、未来を予言したものです。 ユヴァル・ノア・ハラリさん プロフィール 著者のユヴァル・ノア・ハラリ(Yuval Noah Harari)さんは、1976年生まれのイスラエル人歴史学者。 オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。 軍事史や中世騎士文化についての著書がある。 オンライン上での無料講義も行ない、多くの受講者を獲得している。 著書『サピエンス全史』は世界的なベストセラーとなった。 なぜ我々はこのような世界に生きているのか? ホモ・サピエンスの歴史を俯瞰することで現代世界を鋭く抉る世界的ベストセラー! なぜ人類だけが文明を手にしたのか? アフリカで暮らしていた取るに足りない生物であったホモ・サピエンスは、 なぜ食物連鎖の頂点に立ち、文明を打ち立て、地球を支配するまでに至ったのだろうか? ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯瞰するかつてないスケールの大著、ついに邦訳! 世界800万部突破の『サピエンス全史』著者が戦慄の未来を予言する! 『サピエンス全史』は私たちがどこからやってきたのかを示した。 『ホモ・デウス』は私たちがどこへ向かうのかを示す。 全世界800万部突破の『サピエンス全史』の著者が描く、衝撃の未来! 我々は不死と幸福、神性を目指し、 ホモ・デウス 神のヒト へと自らをアップグレードする。 そのとき、格差は想像を絶するものとなる。 35カ国以上で刊行され、400万部突破のベストセラー! 私たちはどこへ向かおうとしているのか。 人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーとホモ・サピエンスの能力が合体したとき、人類は何を求め、何のために生きるのか、そして世界に何が起きるのかを問う! 人類はどこへ向かうのか? 生物はただのアルゴリズムであり、コンピューターがあなたのすべてを把握する。 生物工学と情報工学の発達によって、資本主義や民主主義、自由主義は崩壊していく。

次の