バチカン ニュース。 バチカン

中国共産党擁護のバチカン、枢機卿12人が感染 臓器狩り美化も

バチカン ニュース

イメージ画像は、「Thinkstock」より ローマ・カトリック教会がヒト型爬虫類レプティリアンに完全に支配されている動かぬ証拠が発見された。 なんと、バチカンの重要建造物にレプティリアンを象徴するデザインが多数隠されていたというのだ! 今回問題となっている建造物はバチカン市内にある「パウロ6世記念堂ホール」である。 その名からも分かる通り、第262代ローマ教皇パウロ6世が在位していた1971年に建造された。 イタリアの大建築家ピエール・ルイージ・ネルヴィがデザインした荘厳なホールは、現在も教皇の謁見などで使用されている。 html】 バチカンの重要建造物にレプティリアンの象徴が隠されているなど、にわかに信じ難いが、騙されたと思って、まずは同ホールを上空から撮影した写真をご覧頂きたい。 台形のような不思議な形をしているが、どこかヘビの頭のように見えないだろうか? さらに、ホール内に設置されている2つの楕円形のステンドグラスにも注目して欲しい。 ホール全体を見渡してみると、スタンドグラスがちょうどヘビの左右の目の位置にあり、その下、口の位置にある中央のステージからは2本の牙らしきものが生えていることがはっきりと分かるではないか! 正面から見たヘビの顔と瓜二つなのだ。 さらに恐ろしいことに、ステージ中央に飾られているキリスト像は、見る角度によって、キリストの顔がヘビの顔に見えるという……。 果たしてこれらは偶然の一致、あるいは建築家ネルヴィの遊び心なのだろうか? そうではないだろう。 これは、バチカンがレプティリアンに牛耳られている証拠と見るべきだ。 以前トカナでもお伝えしたように、キリスト自身もシェイプシフターであり、人間ではなくレプティリアンだった可能性が指摘されている。 ローマ・カトリック教会がレプティリアンの巣窟だとしても何の不思議もないのである。 意図的にデザインしたと見るべきだろう。 もしかしたら、ユダヤ・キリスト教がヘビを毛嫌いすること自体、自らの正体を隠すためのパフォーマンスなのかもしれない。 レプティリアンらは着々と人類の支配を進めていると噂されているが、そのための道具として宗教ほど適切なものはないだろう。 その中でもキリスト教は、ニーチェが指摘したように、弱さ・貧しさなど、それそのものとしては負の価値を持つものを逆転させ、弱く貧しき者こそ善だとする奇妙な道徳(奴隷道徳)を創作し、上手に機能させてきた。 これほど支配に適した悪魔的宗教イデオロギーは他に類を見ないものだ。

次の

中国共産党擁護のバチカン、枢機卿12人が感染 臓器狩り美化も

バチカン ニュース

Ave Maria... Ave Maria... Et Verbum caro factum est. Ave Maria... Amen. Gloria Patri... ter Requiem aeternam... Benedictio Apostolica seu Papalis Dominus vobiscum. Et cum spiritu tuo. Sit nomen Benedicat vos omnipotens Deus, Pa ter, et Fi lius, et Spiritus Sanctus. Amen. お告げの祈り 主のみ使いのお告げを受けて、 マリアは聖霊によって神の御子を宿された。 アヴェ、マリア... アヴェ・マリアの祈り わたしは主のはしため、 おことばどおりになりますように。 アヴェ、マリア... アヴェ・マリアの祈り みことばは人となり、 わたしたちのうちに住まわれた。 アヴェ、マリア... アヴェ・マリアの祈り 神の母聖マリア、わたしたちのために祈ってください。 キリストの約束にかなうものとなりますように。 祈りましょう。 神よ、み使いのお告げによって、御子が人となられたことを知ったわたしたちが、キリストの受難と十字架をとおして、復活の栄光に達することができるよう、恵みを注いでください。 わたしたちの主イエス・キリストによって。 アーメン。 栄光は父と子と聖霊に... 栄唱3回) 主よ、永遠の安息をかれらに与え、不滅の光でかれらを照らしてください。 かれらが安らかにいこいますように。 アーメン。 教皇による祝福 主は皆さんと共に。 また司祭と共に。 主のみ名は今もいつも世々に称えられますように。 わたしたちの助けは主のみ名の中に。 主は天地の創造主。 全能の神、父と子と聖霊の、祝福が皆さんの上にありますように。 アーメン。 お告げの祈り(アンジェルスの祈り)は、神の御子の受肉の永遠の神秘を思い起こす祈りです。 この祈りは、朝の6時、正午、夕方18時頃の3回唱えられ、その時には、お告げの鐘が鳴らされます。 アンジェルスの祈りと呼ばれるのは、ラテン語におけるこの祈りの冒頭の部分、— Angelus Domini nuntiavit Mariae — から採られています。 この祈りは、イエス・キリストの受肉について語る3つの簡潔な本文と、3回のアヴェ・マリアの祈りからなります。 お告げの祈りは、教皇によって、バチカンの聖ペトロ広場で、日曜日とカトリック典礼暦の祭日の正午に唱えられます。 祈りの前に、教皇はその日の聖書朗読箇所などを観想する短い説教を行います、祈りの後には、巡礼者たちへの挨拶が続きます。 復活祭から聖霊降臨までは、お告げの祈りの代わりにアレルヤの祈りが唱えられます。 これはイエス・キリストの復活を思い起こす祈りで、祈りの終わりには栄唱(グロリア)を3回唱えます。

次の

バチカン重要建造物に「レプティリアンの象徴」が多数隠されていたことが発覚! ヘビ顔のキリスト像に衝撃、イエスは全人類奴隷化のための使者だった!(2017年11月22日)|BIGLOBEニュース

バチカン ニュース

枢機卿は7月18日に、メルボルンの法廷に出廷する必要がある。 昨年にはローマで、オーストラリアの捜査員から任意で事情聴取を受けた。 財務長官として法王庁3番目の地位にあるペル枢機卿は、法王庁で会見し、「虚偽」の告訴にもとづく2年間の捜査で「絶え間ない人格攻撃」を受けたと反論。 身の潔白を証明するため、法王庁での職務からの猶予をフランシスコ法王に認められたと話した。 枢機卿は「ついに法廷で自分の主張ができる日を楽しみにしている。 私は一連の疑いについて無実だ。 疑いは虚偽だ。 性的虐待などというそのものを、私は嫌悪している」と強調した。 この会見に先立ち、法王庁は28日、「ペル枢機卿はできる限り速やかにオーストラリアへ戻り、潔白を証明する。 渡航にあたっては、主治医の助言と許可に従うことになる」と声明を出し、「枢機卿は出廷を心待ちにしており、疑いを強力に否認するつもりだと話している」と説明していた。 Image copyright Reuters Image caption 今年4月の復活祭のミサで、法王の隣でろうそくを手にするペル枢機卿(4月15日) ペル枢機卿は、カトリックの伝統的な価値観を強力に擁護し、同性結婚や避妊について保守的な立場をとってきた。 また、司祭の妻帯禁止も主張してきた。 その一方で枢機卿はかねてより、聖職者による児童性的虐待を隠蔽したと非難され続け、後には本人も児童を性的に虐待していたと疑惑が指摘されてた。 本人は一貫して、問題行動を強く否定している。 枢機卿は2014年、バチカン銀行の資金洗浄疑惑を受けてフランシスコ法王が新設した財務長官のポストに就任した。 しかしオーストラリアのカトリック聖職者による児童性的虐待の実態が明らかになっていたのと重なり、オーストラリアでは強い反発を招いた。 王立委員会は、豪南東部ビクトリア州のバララット市で起きた児童への性的虐待について調査をしている。 1970年代初頭にバララットの神学校にいたジェラルド・リッズデール司祭が小児性愛者だったことが明らかになっているが、ペル氏も同じ場所に居住していた。 また後にペル枢機卿は、このリッズデール司祭について報告するより、教区を移動させて行為を隠蔽しようとしたとこれまでも避難されていた。 また被害者に賄賂を提供して沈黙を買おうとしたとも言われている。 豪ABCは2016年、1970年代にペル枢機卿に不適切な形で体を触られたという男性2人の証言を放送した。 枢機卿はその内容を強く否定し、「とんでもない人格攻撃キャンペーンだ」と反発していた。 <解説> ヒュエル・グリフィス ・ オーストラリア特派員、BBCニュース Image copyright Getty Images ペル枢機卿はオーストラリア最高位のカトリック聖職者というだけでなく、カトリック世界全体でも極めて高い地位にいる。 ここ20年来、同性愛やエイズ、胚性幹細胞研究などカトリックの教義上異論の多い課題について、教会の議論を主導してきた。 またについて、教会側の公式対応の中心的な存在だった。 オーストラリアで児童性的虐待を調査する王立委員会に昨年ビデオ中継で証言した際には、傍聴するためローマにまで行った被害者もいた。 それだけに、そのペル枢機卿自身を性犯罪の疑いで訴追するという判断の重要性は、強調しすぎるということはない。 オーストラリアで出廷するために帰国したあかつきには、その一挙手一投足が豪メディアだけでなく、世界中のカトリック信者から注目されるはずだ。 (英語記事 ).

次の