デニム マスク の 作り方。 デニムで作る立体マスク 無料型紙付き! / How to make a Denim 3D Mask !@AKKA EM STUDIO

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

デニム マスク の 作り方

プレゼントマスク概要 作ったマスク、立体マスク・プリーツマスクの2パターンです。 型紙:『 』大人サイズ• 生地: ダブルガーゼ「デニム柄 ビンテージ色」• 一般的なガーゼのマスクよりも呼吸がしやすい形です。 私も一番気に入ってます。 生地にぴったり合うミシン糸が手元になかったので、デニムでよくあるようにベージュ色を使いました。 デニム柄のガーゼがますますデニムっぽくなりましたね。 前回も立体マスクを作ったけれど、気になる点がありました。 中央の接ぎ部分に端ミシンをかけなかったため、縫い代が落ち着きません。 作り方では ステッチをするとは書いていないし、他の方の作品を見てもステッチはないのがほとんど。 ステッチなしが一般的みたい。 ダブルガーゼは洗えば洗うほどふわふわしてきます。 ステッチをして縫い代を抑えた方が使いやすいと思うんだけれど…。 もしかして、 ステッチをすると口元に多少なりとも刺激になってしまうのかな?と考えました。 市販品のマスクが刺激になる人へのプレゼントだし、気になります。 そこで! 表側にステッチは入るけれど、顔に触れる裏側 内側 にはステッチが入らない方法を考えました。 ステッチをするときに裏側の生地を避けて、表側・表側縫い代・裏側縫い代だけ端ミシンをかけます。 裏側です。 ステッチは入っていませんね。 縫い代は収まりが良いし、肌に触れる面は優しいままです。 なかなか名案だと思いませんか? ただ、縫うのは難しかったです! カーブしているし、ずれるともたつくから失敗してやり直したくらいです。 「難しいから」本や一般的な作り方にはステッチをかけないのだと気づきました。 端ミシンをかけた方が気分的にスッキリする性格なので、私は今後もステッチをしてマスクを作ろうと思います。 本のようにステッチをかけない仕様でも十分ですよ。 また、裏側も貫通してステッチをかける仕様なら、そんなに難しくないです。 自分に合った方法を試してみてくださいね。 プリーツマスク プリーツマスクです。 市販品の使い捨てマスクでよくある形ですね。 マスクっていくつかカタチの種類があります。 人それぞれ好みのフィット感があるので種類を変えて用意しました。 今後は気に入ってくれた方を量産する予定です。 裏側も同じ生地を使いました。 プリーツマスクの表裏の違いはタックの向きでわかります。 タックが下を向いている方が表側 外側 です。 微妙に幅が広い方が下になります。 一見わかりにくいですね。 表側にタグをつけて目立つようにしました。 人へのプレゼントマスクは表裏がわかりやすいようにした方が良いと思います。 タグでなく、表裏で生地を変えるなども良いですね。 アップリケをつけても可愛い! プリーツが広がって顔に添います。 洗濯も少し乾きが悪くなるかも? 厚みが気になるときは、表側 外側 の生地をシーチングなどより薄手の生地を使うと良いですよ。 デニム柄ダブルガーゼっておしゃれ 今回使用したHINODEYAの。 とっても使いやすくて気に入っています。 最初は地味かも…?なんて思ったけれど、主張しすぎず馴染んでくれて仕立て栄えします。 「ビンテージ色」が絶妙で、大人の男性にも女性にもおすすめ。 家族にプレゼントしたけど、「カッコいい」って喜んでくれました。 デニム柄は他にいろんな色があって、女性なら「ピンク」や「マスタード」は顔映りが良くなっていいかも。 ナチュラル派は「リネンベージュ」「スチールグレー」がよく馴染むかも。 お子さんなら「インディゴ」とか「ストーンウォッシュ」がデニムらしくてカジュアルでおすすめ。 「ブラック」は個性が強く出すぎると思うけど、好きな方なら良いですね。 『デニム柄』は『無地』にはない雰囲気があって、どの色も不思議と馴染んでくれるんですよ。 アジャスター仕様 本の作り方では普通にマスクゴムを通す仕様だけれど、「耳が痛くなる」のでアジャスター仕様にアレンジしました。 エイトカンとマルカンを使います。 今回は共布の バイアステープを使用しました。 デニム柄1色に統一してシンプルに。 前回は普通に巾なりに裁断したテープを使って上手く馴染まない失敗をしたけど、今回は綺麗に仕上がりました。 バイアステープで紐を作ると若干は伸縮性があるし、着け心地もフィットしそう。 ダブルガーゼのバイアステープは厚みが出てしまうけれど、耳あたりは良くなります。 マスクゴムが痛いってお困りの方は試してみてください。 メンズにもハンドメイドマスク! ハンドメイドマスクって流行ってますね。 僅かな端切れで作れるし、簡単に作れるのでプレゼントにおすすめです。 お子さんや女性だけでなく、生地を選べばおしゃれなメンズ用にだってできます。 私は本の型紙を利用したけれど、ネットで無料型紙があります。 手芸店でもキットがよく売られています。 最初は型紙付きが便利ですよ! ぜひ気軽に作ってみてくださいね。

次の

西村康稔大臣のデニム風マスクの作り方は超簡単!買える店も紹介!

デニム マスク の 作り方

こんにちは! Izumiです。 花粉やらコロナウイルスやらインフルエンザやら・・・これから更にピリピリと緊張モードに突入していく気がする。 たまたま買い置きしていたマスクが底をつき始めました。 お店に行っても売ってないし、ネットでは「そんなん誰が買えるのよ?」ってくらいふざけた金額に跳ね上がってますよね。 今回のウイルスに限らず、何か起きた時には既に遅し・・・というか、今すごいじゃないですか。 みんな自分達を守るのに必死というか。 でも、やっぱり大変な経験をしたりするとそうなるのかな・・・。 手作りのマスクでウイルスが防げるのか?と色々言われていますが、個人的には何もしないより格段にマシだと思っています。 簡単にですが、作る工程を載せたので少しでも参考にしていもらえると嬉しいです。 立体マスクの作り方 型取り 立体マスクの作り方の型紙はサイズが違うくらいで、かたちは大体同じです。 マスクの表面と裏面、それぞれ2枚(合計4枚)型取りしてカットします。 縫い合わせ 点線の部分が縫うところ。 それぞれ、中表(表が内側になるように)にして縫い合わせる。 広げるとこんな感じ。 下側も同じように縫いわせる。 上下が縫えたら、横の縫いわせていないところから生地を裏返しにします。 しっかりと縫い合わさっているのを確認。 裏側(ガーゼ) 表面 ゴム通し部分 最後に、ゴムを通す部分を3つ折りにして縫っていきます。 布なので柔らかくて着け心地もいいし、小さくたためるので便利です。 花柄バージョン 立体マスクを着用した感じ 実際につけた感じです。 口元に余裕があるのであまり苦しくないかな。 こちらはダブルガーゼで作っています。 学校の給食で使うし、冬はインフルエンザ対策で毎日2枚持って行くので、20枚ほど用意しています。 さすがに色あせはありますが、丈夫、丈夫!! 真ん中のおにぎり柄と柴犬柄なんて3年選手ですよ。

次の

【簡単で綺麗に仕上がる】立体マスクの作り方

デニム マスク の 作り方

まりーじゅ だんだん蒸し暑い夏が近づいてきていますが、マスクはまだまだ必需品のようです。 使い捨ての不織布マスクも店頭で見かけるようになってきましたが、夏は暑く着け心地もあまり良いものではありません。 マスクを手作りされる方も増えていますが、夏用の素材を使えばより快適にマスクを着用できます。 また「あまり着ないけど捨てるのはもったいない」 という服は、家の中を見渡せば意外とあるかと思います。 いらなくなった古着をマスクにリメイクしてしまえば、ほぼコストがかからずエコに作れるのでおすすめです。 本記事では、いらなくなった服などの生地を有効活用した「夏用立体マスク」について詳しくご紹介していきます。 これまで、ハンドメイド作品を趣味で作っていて、今後自分の作品を販売してみたい方は、まずはハンドメイド作家に人気No. 1のフリマアプリminne(ミンネ)に登録してみましょう。 登録方法は、こちらから解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。 登録はこちらから無料で、30秒ですることができます。 この記事の内容• この記事を書いている私は、ハンドメイドを4年していて、BASE(ベイス)で自社ネットショップ運営や、minne(ミンネ)やCrema(クリーマ)などフリマアプリで販売しています。 古着を有効活用し、「夏用立体マスク」をリメイクしたい、とお考えの方の力になれると思います。 では早速、「いらない服を活用した夏用立体マスクの作り方」について解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。 【手作りマスク】古着でリメイクをおすすめする理由 マスクを手作りしてみようと思っているあなたに、古着でリメイクするメリットを3つご紹介します。 不要不急の外出なし/材料を買いに行く手間が省ける マスクを作るとなるとまずは生地を買いに行かなければなりませんが、家にあるもので作れば、その手間を省くことが出来ます。 新型コロナウイルスによる外出規制は緩和されつつありますが、まだ少し人の多い町中に出かけるのに不安があるのが、正直なところだと思います。 人混みへの外出を控えることは、ウイルス予防にとって効果的ですので、もし生地に迷ったら、まずは家にあるいらない服を使って、マスクを手作りしてみるのも良いと思います。 買いに行く手間もマスクを作る時間に充てられますので一石二鳥です。 水通し不要ですぐ手作り/着まわしたものなら肌に優しい 新品の生地を購入して作る場合、まず水通しという下準備をしなければなりません。 生地にもよりますが、リネン(麻)やコットン(綿)は水分を含むと縮んでしまう性質があるため、生地を裁断する前にあらかじめ水に浸し、縮めておく必要があります。 しかし、着まわした服であれば、洗濯をして何度も水に触れているわけですから、水通しする必要がありません。 作りたいと思ったときにすぐに制作が始められるのは、やる気も持続しておすすめです。 さらに洗濯を繰り返すことで、生地もやわらかくなっていますので、肌にも優しいです。 大人用も子供用もコストがかからずリメイク/手軽にハンドメイドを楽しめる おうちにある材料でマスクが作れるということは、材料費がかからないことが大きなポイントです。 さらに、男性用のシャツを使えば生地も多く取れるので、大人用から子供用までたくさんのマスクを作ることが出来ます。 新品の生地を買って作るとなると、初心者の方だと少し身構えてしまうかも知れませんが、おうちにあるいらない服を使えば、気軽にハンドメイドが始められると思います。 ぜひ軽い気持ちでマスク作りを楽しんでみてください。 【ハンドメイドにおすすめ】夏マスクに適した涼しい素材 せっかくマスクを作るなら、夏でも快適に着けられる涼しい素材がおすすめですので、ご紹介します。 通気性・肌触りが良いガーゼ生地/赤ちゃんのスタイやおくるみ マスクの定番のガーゼ生地はやはり、通気性や肌触りも良くておすすめの生地です。 子供が赤ちゃんの頃に使っていたスタイやおくるみ、肌着、ガーゼハンカチなどは、可愛い柄も多いので、子供用マスクには特に良いでしょう。 口に触れる内側の部分だけ、ガーゼ生地を使っても良いと思います。 私も自分の子供が小さい頃着ていたガーゼの肌着をマスクにしてみましたが、肌触りも良く子供も気に入って付けています。 こちらには以前ガーゼ生地を使用したマスクの作り方が載っていますので、気になる方は読んでみてください。 古着に見えないおしゃれさ/ジーンズやリネンシャツ 家にデザインが古くなったりして着なくなったジーンズやリネンシャツがあれば、ぜひマスクにリメイクしてみてください。 デニム生地は使い込んだ感じがかっこよく丈夫ですし、リネンも使い込むほど、くたっとして柔らかくなり心地よい肌触りになります。 デニムの場合は、表地は薄目のデニム生地、口にあたる部分は綿やガーゼなどが良いでしょう。 リネンの場合は、生地が薄すぎる場合は、何枚か重ねてお好みの厚さにしてください。 こちらには以前デニム生地とリネン生地を使用したマスクの作り方が載っていますので、気になる方は読んでみてください。 夏の定番肌着/ユニクロのエアリズム ユニクロから6月19日に「エアリズムマスク」が発売されました。 細菌や花粉などの粒子、紫外線などもある程度カットし、汗ばんでもサラサラとした肌触りのようです。 非常に注目を集めており、すでに品切れとなり入荷待ちの状況となっています。 そんな人気のエアリズムを自分でマスクにリメイクしてみるのも良いでしょう。 汗をかいてもさらっとして張り付かないので、暑い夏にはぴったりです。 ただし、エアリズムは生地がサラサラで伸縮性もあるので、カットや縫い合わせるのが少し難しいです。 縫うときは、まち針やクリップで細かく留めたり、内側をエアリズムの生地、表地は別の生地を使ったりと、工夫しながら作ってみると良いでしょう。 もったいなくて捨てられない/お気に入りのTシャツ・浴衣・甚平 もったいなくて捨てられない服や、季節ものの浴衣や甚平は、案外きれいな状態でクローゼットに眠っていませんか? 服のロゴマークやプリントなど、自分が目立たせたい柄がある場合は、マスクの出来上がりを想像しながら裁断するといいでしょう。 浴衣や甚平は、夏らしい柄で涼しい素材が多いので、夏にぴったりのマスクになるでしょう。 せっかく作るなら自分のお気に入りの服で作れば、愛着の湧くマスクになると思います。 伸縮性があり乾きやすい/着け心地が良い水着生地などのストレッチ素材 最近では水着素材のマスクも多く発売されています。 スポーツメーカーのミズノ(MIZUNO)が発売した「マウスカバー」は即日完売したそうです。 水着生地はストレッチ性が高いため、顔にフィットしやすく、耳にかけても痛くなりにくいです。 また、速乾性があり、繰り返し洗っても丈夫なのが魅力です。 手作りする場合、水着生地は耳にかけるゴムひもの部分も一体化にしても作ることができるので、マスクひもを探さなくても良いのもポイントです。 子供のサイズアウトした水着があれば、作ってみるのもおすすめです。 今回は写真のスポーツウェアを使用して、実際に手作りマスクを作っていきたいと思います。 【家にあるものでアレンジ】手作りマスクで準備する材料や必要なもの 今回は家で10年程タンスの肥やしになっていた、「ストレッチ素材の夏用スポーツウェア」をマスクにリメイクしたいと思います。 また、購入したけれど一度も履いていなかった「タイツ」を使用して、マスクひもを作ります。 リメイク手作りマスクで準備する材料• 着なくなった古着(ストレッチ素材)• タイツやストッキング• ミシンでハンドメイドする場合/必要な手芸道具や用意するもの一覧 続いて、ミシンで手作りする際に必要な手芸道具や用意するものを紹介します。 ミシン• アイロン• アイロン台• 薄い紙• チャコペン• 裁ちばさみ• 糸切りばさみ• 糸通し• 服についている洗濯表示ラベルで確認しましょう。 どうしてもかけたい場合は、あて布を必ずしましょう。 【おうち時間にハンドメイド】古着で夏用立体マスクの作り方 使う古着や道具が揃ったら、早速作っていきましょう。 こちらでは、使い捨てマスクやフィルターも入れられるマスクカバーの作り方でご紹介します。 測りやすいサイズに型紙を作りましたので、良ければ参考にしてみてください。 今回は、少しスポーティーな形で考えました。 どちらも左右対称になるように切り抜きましょう。 ポイント・・使いたいロゴや柄がある場合、出来上がりをイメージして切り抜きましょう。 使いたい部分が端っこ過ぎると、縫い代で隠れてしまいますので、ある程度真ん中にくるようにするのがおすすめです。 今回は表地はロゴと柄が見えるように切り抜き、裏地は脇に使用しているメッシュの部分を切り抜きました。 5㎝で縫います。 (赤点線部分) 縫い終わったら、縫った曲線に沿って、縫い目を切らないようにおよそ1㎝間隔に、はさみで切り込みを入れておきましょう。 (写真は左側に倒しています。 ) ポイント・・ニット生地は少し縫いずらいです。 生地がたるまないように手で軽く伸ばしながら、ゆっくり縫っていきましょう。 それでも難しい方は、ここの工程は省いて頂いても構いません。 上下が逆さまにならないように気を付けましょう。 ポイント・・始めに縫った表地と裏地の縫い目(黄緑点線)を合わせて、まち針で留めましょう。 留めたら縫い代約1㎝で上下とも縫いましょう。 ポイント・・裏地が表から見えてしまうとかっこ悪いので、縫う時に少しだけ裏地を内側にして縫うときれいに見えます。 (縫う時、表地が約1㎜見えるくらいが良いです。 両端を3つ折り(出来上がりの幅は約1~1. 5㎝)にしたら、折った内側から約2㎜で縫いましょう。 出来たらマスクカバーの完成です。 使い捨てマスクを入れたら、このまま使用できます。 タイツでリメイクするマスクひもの作り方 タイツからマスクひもを作る方法もご紹介します。 大体で構いません。 ポイント・・もしクルクルと丸まらない場合は、タイツを横ではなく、縦に切って、手で伸ばしてみてください。 (私が試した場合、縦では丸まらなかったのですが、横にしたら丸まりました。 タイツによって変わってくるのかもしれません。 ) 出来上がったマスクひもを、ゴム通しでマスクに通して、結び目を内側に入れたら立体マスクの完成です。 タイツで作ったマスクひもは結構伸びるので、短めでも大丈夫だと思います。 使う人のサイズに合わせて結んでください。 伸縮性があるので顔にフィットしやすく、着け心地も軽いので、夏にはちょうどいい素材だと思いました。 使い捨てマスクなども入れられるので便利です。 【古着を簡単リメイク】いらない服を活用した夏用立体マスクの作り方まとめ 最後に、これまでの内容を以下にまとめました。 いかがでしたでしょうか? 捨てようか迷っている服があれば、人出の多い場所への外出を避けて、気軽に夏用マスクのハンドメイドにチャレンジできます。 これまで、ハンドメイド作品を趣味で作っていて、今後自分の作品を販売してみたい方は、まずはハンドメイド作家に人気No. 1のフリマアプリminne(ミンネ)に登録してみましょう。 登録方法は、こちらから解説しています。 ぜひ参考にしてみてください。 登録はこちらから無料で、30秒ですることができます。

次の