スロットのり子。 【のり子の下手スロ!】のランキング上位の謎に迫る

プロフィール|下手のり子|note

スロットのり子

お疲れ様です!下手のり子と申します。 私は今現在、 スロットブログ 毎日更新 雑記ブログ 不定期更新 ・・・を書いております。 狭い世界ですが、「日本ブログ村」では一時期総合で1位も取れたことがあります 過去の栄光。 今回note初参戦?なのですが、実はnoteの登録自体は1年前にはしていましたが、始めるのに1年も掛かっちゃいました 笑。 noteを始めた目的 さて、このnoteのテーマは 「ブロガー大増産計画」です。 自分の運命を大きく変えた「ブログ」世界で星の数ほどあるブログですが、私はブログを始める事によって、自分が良い方向へと変わりました。 最初は目標も無くただただダラダラと毎日を過ごしていた私が、スロットの期待値稼働に目覚めて、備忘録として始めたブログ。 いつの間にか沢山の人から見て頂けるようになり、今となっては「勝つ為のスロット稼働」が 「ブログネタの為の稼働」となるくらい、ブログメインになりました。 スロットは好きなんですが、ここ数年は打つ時に「あ、これはブログのネタになるかも?」と、勝つ事よりも、負けても良いからネタになる稼働をする様になりましたからね。 でもこういうスロットとの向き合い方も合って良いのかなと思ってます。 楽しく打ててますよ!…勝てませんけどね 笑。 話は逸れましたが、ブログを書き続ける事によって自分の人生が楽しくなりました。 そして上を目指したい欲も出てきました。 折角「下手のり子」という名が少しだけ有名になったので、便乗してさらに知名度を上げたい!考えるようになり、今年からYoutubeやイラストの仕事、pixiv、そしてこのnoteも今回始める事にしました。 noteでは、今現在「目的を持たない」「毎日が面白くない」「自分を変えたい」と言う方に向けて、「暇なら、自分を変えたいなら、夢や希望が無い」なら、まず手っ取り早く出来る行動として「ブログ」を始めたら良いんじゃね? と、提案しようと思い、noteを始める事にしました。 今後の予定 今後はこれからブログを始めようと言う方から、ブログ初心者向けから始まり、上級者テクニック と言っても私個人がやってきた方法ですが を書いていこうと思います。 ちなみに私がしてきたテクニックやブログのPV数、ブログ収入なども近日公開しますが、有料になります。 しかし、これから始める方や初心者の方には無料で惜しみなく書いていきますので、是非ご覧ください! それでは出来る限りこまめに更新していきますので、これからよろしくお願いいたします! 以上デース。

次の

のり子、「パチンコスロットで勝てない」の質問回答。

スロットのり子

DIMMとは、コンピュータのメインメモリとして利用されるメモリ()の一種で、基板の端に並んだ金属端子が基板の表と裏でそれぞれ別の端子として機能するもの。 細長いプラスチック基板の片面あるいは両面に(Dynamic RAM)が複数実装され、長辺の一方に外部と接続するための数十の金属端子が並んでいる。 この端子のある側を、などに設けられた専用の差込口(DIMM、DIMM)に差し込んで利用する。 DIMMの形状や端子の仕様はJEDECが標準化した規格が最も普及しており、対応するチップや用途などよって様々なものが存在する。 単にDIMMといった場合はJEDEC規格のDIMMの総称を意味することが多い。 端子は両面の同じ位置に実装されており、かつてよく利用されていたSIMM(Single Inline Memory Module)では両面の端子が同じ信号をしていたが、DIMMではそれぞれ異なる信号の入出力ができる。 SO-DIMM S. DIMM同様、端子形状や数はメモリ規格によって異なり、様々な種類がある。 通信仕様やデータ伝送速度などはDIMMサイズのに準じ、メモリ規格に定められた方式や速度でデータが伝送される。 基板の面積が狭い分、搭載されるの容量はフルサイズのモジュールより少ない。 主にや省スペースデスクトップPC、あるいはや通信機器などのとして利用され、出荷量の少なさなどから容量が限られる割に価格は割高である。 当初よく用いられたサイズは幅67. 7mm(2. 75mm(1. 25インチ)、厚さ3. 8mm(0. 15インチ)以下の形状で、や、などで用いられた。 などではこれよりわずかに幅が長く高さの低いサイズが用いられる。 ピン配置はメモリ規格によって決まっており、少ないものでは100ピンから多いものでは260ピンといった高密度のものもある。 ピン数が同じでも規格が異なるものは誤挿入による誤作動や破損を防ぐため切り欠きの位置を変えて別の規格のには差し込めないようになっている。 DDR SDRAMの200ピンとDDR2 SDRAMの200ピンのように一見して区別しにくい場合もある。 さくいん この分野のランキング 1位 【アンバッファードDIMM】 2位 【Random Access Memory】 3位 【throughput】 4位 【巡回冗長検査】 5位 【Dual Inline Memory Module】 6位 【レジスタードDIMM】 7位 【シンクロナスDRAM】 8位 【latency】 9位 【parity bit】 10位 【Hamming code】 11位 【大規模集積回路】 12位 【PC4】 13位 【奇偶検査】 14位 【Double Data Rate SDRAM】 15位 【Load Reduced Dual In-Line Memory Module】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

ミリオンゴッド凱旋の天井狙い。モード高そうなので期待したらVモード!?

スロットのり子

DIMMとは、コンピュータのメインメモリとして利用されるメモリ()の一種で、基板の端に並んだ金属端子が基板の表と裏でそれぞれ別の端子として機能するもの。 細長いプラスチック基板の片面あるいは両面に(Dynamic RAM)が複数実装され、長辺の一方に外部と接続するための数十の金属端子が並んでいる。 この端子のある側を、などに設けられた専用の差込口(DIMM、DIMM)に差し込んで利用する。 DIMMの形状や端子の仕様はJEDECが標準化した規格が最も普及しており、対応するチップや用途などよって様々なものが存在する。 単にDIMMといった場合はJEDEC規格のDIMMの総称を意味することが多い。 端子は両面の同じ位置に実装されており、かつてよく利用されていたSIMM(Single Inline Memory Module)では両面の端子が同じ信号をしていたが、DIMMではそれぞれ異なる信号の入出力ができる。 SO-DIMM S. DIMM同様、端子形状や数はメモリ規格によって異なり、様々な種類がある。 通信仕様やデータ伝送速度などはDIMMサイズのに準じ、メモリ規格に定められた方式や速度でデータが伝送される。 基板の面積が狭い分、搭載されるの容量はフルサイズのモジュールより少ない。 主にや省スペースデスクトップPC、あるいはや通信機器などのとして利用され、出荷量の少なさなどから容量が限られる割に価格は割高である。 当初よく用いられたサイズは幅67. 7mm(2. 75mm(1. 25インチ)、厚さ3. 8mm(0. 15インチ)以下の形状で、や、などで用いられた。 などではこれよりわずかに幅が長く高さの低いサイズが用いられる。 ピン配置はメモリ規格によって決まっており、少ないものでは100ピンから多いものでは260ピンといった高密度のものもある。 ピン数が同じでも規格が異なるものは誤挿入による誤作動や破損を防ぐため切り欠きの位置を変えて別の規格のには差し込めないようになっている。 DDR SDRAMの200ピンとDDR2 SDRAMの200ピンのように一見して区別しにくい場合もある。 さくいん この分野のランキング 1位 【アンバッファードDIMM】 2位 【Random Access Memory】 3位 【throughput】 4位 【巡回冗長検査】 5位 【Dual Inline Memory Module】 6位 【レジスタードDIMM】 7位 【シンクロナスDRAM】 8位 【latency】 9位 【parity bit】 10位 【Hamming code】 11位 【大規模集積回路】 12位 【PC4】 13位 【奇偶検査】 14位 【Double Data Rate SDRAM】 15位 【Load Reduced Dual In-Line Memory Module】 (姉妹サイト) 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の