ディープ l 翻訳。 英語翻訳の革命児。DeepLに注目せよ

話題の無料翻訳 DeepL(ディープエル)、Google翻訳を超えた?!

ディープ l 翻訳

高精度の機械翻訳サービスとして国内外で注目されているドイツ拠点のが、日本国内で有料サービスのした。 DeepLは2020年3月に、従来の欧米言語に加えて中国語と日本語の機械翻訳に対応。 文字制限はあるもののウェブサイト上で無料で利用可能になっていた。 また、WindowsとmacOSのデスクトップアプリも用意されており、ショートカットを使って選択したテキストを自動翻訳できる。 EUの厳しいデータ保護規則(GDPR)にも準拠しており、利用者が入力したテキストは翻訳が終わると同時に削除されるほか、DeepLのサーバーとのやり取りは常に暗号化されるため第三者に読み取られることがない。 このため社内文書の翻訳などにも安心して使える。 DeepL Proの料金体系は以下のとおり。 年払い月額 ・Starter:750円 ・Advanced:2500円 ・Ultimate:5000円 月額 ・Starter:1200円 ・Advanced:3800円 ・Ultimate:7500円 各プランの詳細は以下のとおり。 Starter ・データの機密性確保(翻訳テキストの自動消去) ・オンライン翻訳の文字数制限なし ・用語集の上限なし ・毎月翻訳できる文書数が5件 Advanced ・データの機密性確保(翻訳テキストの自動消去) ・オンライン翻訳の文字数制限なし ・用語集の上限なし ・毎月翻訳できる文書数が20件 ・CAT(支援翻訳)ツール内での使用に制限なし Ultimate ・データの機密性確保(翻訳テキストの自動消去) ・オンライン翻訳の文字数制限なし ・用語集の上限なし ・毎月翻訳できる文書数が100件 ・CAT(支援翻訳)ツール内での使用に制限なし 有料サービスでは、Microsoft Word(. docx)やPowerPoint(. pptx)の元のフォーマットを維持したまま翻訳することが可能だ。 なお、既存のウェブサイトにAPI(JSONベースのREST API)を埋め込めるDeepL APIプランもある。 こちらは月払いのみで、基本料金の630円+従量課金となる。 具体的には、翻訳済みの100万文字につき2500円。 同社は、欧米言語とは文法がまったく異なる日本語翻訳について「ここ10年間でアーキテクチャのトレーニング用に高品質の対訳テキストを収集し、良い文章や構文の複雑な文章などを大量に使ってアルゴリズムをトレーニングしてきたことで、日本語の文章法に則った訳出が実現できました」とのこと。 法律や医学など専門用語を含む文章の翻訳については「トレーニング用のテキストは、法律や医学など幅広い分野から大量に抽出しています。 そのためさまざまな文脈や文章のタイプに応じて適切に訳し分けることができます」と同社。 詳細は非公開ながらも、今後も対応言語を増やしていくという。 目標は、地球上に存在するすべての言語に対応すること。 DeepL自体は、(未訳記事)。 DeepL調べによる翻訳精度は以下のとおり。 なお、DeepLと同様に日本語の翻訳精度の高さで評判の機械翻訳としては「」もある。 【2020. 16 13:00追記】有料プランの開始後も、翻訳文字制限のある無料版も引き続き使える。 関連記事: Category: Tag:.

次の

自然と話題の「DeepL翻訳」、「Google翻訳」「みらい翻訳」と比較してみた AAも翻訳できる

ディープ l 翻訳

DeepL翻訳とは? DeepLは、2017年8月にしました。 ディープラーニングを活用した機械翻訳サービスで、これまで英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語に対応していましたが、2020年3月下旬に日本語と中国語にも対応しました。 まだ、日本語サービス開始直後であるにも関わらず、専門領域の論文を、かなりの精度で、自然な文章に翻訳できるので、注目が集まっています。 実際に翻訳してみた 試しにLancetに掲載されたCOVID-19に関する論文のabstractを翻訳してみました 原文はこちら google翻訳はこちら はこちら どうでしょうか?私の印象ですが、google翻訳も数年前の翻訳精度に比べるとかなり健闘していますが、DeepL翻訳の方が正確で、読みやすいですね。 ていうか、DeepLの翻訳って、やばくないですか?もう私自身の翻訳能力の圧倒的に上をいっています。 機械翻訳は、今後大きなブレークスルーを起こす 正直、DeepLの翻訳精度の高さに衝撃を受けました。 ここまで正確で読みやすい日本語訳が瞬時にできるのであれば、 ・英語の情報サイトを日本語で読む ・英語の医学論文を日本語で読む さらにすすんで ・自分の書いた日本語論文を英語に翻訳する ・英語のビジネス書籍を日本語に翻訳して読む みたいな展開が見えてきますね。 特に、英語ビジネス書が、欧米で発売された直後に日本語で読めるようになると、読書家にとってはメリットがかなり大きい。 自分が書いた日本語のブログを、世界中の人が読めるようになる時代も意外と近いのかもしれませんね。 あと、日本のビジネスにおけるスモールプレーヤーが、海外の人と言語の壁を超えて交流できるようになる日も近い。 以前は、pubmedとDeepL翻訳ページを2つ並べてコピペしていましたが、使用する頻度が高い方は、ソフトをダウンロードしておいた方が効率良いかも。

次の

「DeepL」の驚くほど自然な翻訳に迫る。失敗しない使い方

ディープ l 翻訳

2020年03月23日 12時13分 めちゃくちゃ精度が高いと話題の機械翻訳「DeepL翻訳」に日本語の翻訳機能が登場したので実際に使ってみた 近年ではオンラインの翻訳サービスに機械学習が用いられるようになり、以前よりも格段に翻訳の精度が向上しています。 2017年8月にサービスが開始された機械学習を用いたオンライン翻訳サービスの「 」が、日本語と中国語の翻訳に新しく対応したとのことで、実際に日本語での翻訳機能を試してみました。 DeepL翻訳 DeepL翻訳が日本語と中国語を習得 DeepL Translator gets support for Japanese and Chinese languages - gHacks Tech News DeepL翻訳はドイツに本拠を置く企業によって開発された、機械学習を用いた人工知能による翻訳システムです。 以前から英語・オランダ語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ポーランド語・ポルトガル語・ロシア語・スペイン語などの言語に対応していましたが、2020年3月19日から日本語と中国語にも対応したと発表されました。 公式の発表によると、2020年初めにDeepL翻訳はニューラルネットワークの大幅な改善を行ったそうで、この改善によって日本語と中国語の翻訳精度が向上したとのこと。 日本語と中国語の翻訳精度を確かめるためにDeepL翻訳はブラインドテストを行い、GoogleやAmazon、Microsoftなどの翻訳システムで訳した文章とDeepL翻訳で訳した文章を、翻訳システムの名前を伏せた状態で評価してもらいました。 その結果、DeepL翻訳の精度は他の翻訳システムより優れているとの評価を受けたそうです。 以下の画像がブラインドテストの結果を示したもので、縦軸が評価スコアを示しています。 DeepL翻訳を開くと、以下のような従来のオンライン翻訳サービスと類似した入力フォームが表示されます。 フォームの左側に原文を入れると、右側に翻訳後の文章が表示されるという仕組みです。 実際に「ストレスと感情の反応」に関する英語の から文章を抜粋し、DeepL翻訳で翻訳させてみることにします。 文章を貼り付けると言語が自動で認識され、翻訳がスタート。 数秒ほどで、右側のフォームに日本語の訳文が表示されました。 「The aims of the present study were to examine whether daily stressors are associated with engagement in emotional support and whether these associations differ by gender. 」という文章を「本研究の目的は、日常的なストレス要因が感情的支援への関与と関連しているかどうか、また、これらの関連性が性別によって異なるかどうかを検討することであった。 」と訳しており、非常にこなれた日本語となっている印象。 同様の文章をGoogle翻訳に入力して翻訳させてみると、「本研究の目的は、日々のストレッサーが感情的サポートへの関与と関連しているかどうか、およびこれらの関連が性によって異なるかどうかを調べることでした。 」という訳文になりました。 意味は通じるものの、所々に「日々のストレッサー」「感情的サポート」といったカタカナ語があるほか、DeepL翻訳では「性別」と訳された部分が「性」となっているなど、日本語としての読みやすさという点ではDeepL翻訳の方が優れているように感じられます。 今度は論文の要旨 Abstract を丸ごと貼り付けて、DeepL翻訳に翻訳させてみると…… しっかり意味の通った訳文が表示されました。 長文でも読みやすい日本語の文章が維持されていることがわかります。 同様の文章をGoogle翻訳で翻訳させてみると、こちらでも意味は読み取れるものの、やや拙い訳文という印象です。 続いて、 から抜粋した日本語の文章をDeepL翻訳に貼り付けて翻訳させます。 すると、特に問題なく英語に翻訳されました。 同じ文章をGoogle翻訳で英語に翻訳させてみた結果がコレ。 二重のカギカッコが上手く読み取られなかったのか、文章の一部が抜けた状態で翻訳されてしまいました。 実際にDeepL翻訳を試した人からは、「方言まで訳すことができた」という報告も挙がっています。 噂のDeepLの翻訳を試してみた。 論文の翻訳が話題になってたので、三重県松阪市の方言を入れてみた。 翻訳できた。 なにこれどうなっとんの? — さよなり???? 西村良太 sayonari この点を検証するため、方言が混じった口語に近い文章を英語に翻訳させてみます。 DeepL翻訳に文章を入力して翻訳させてみると…… 正確に文意をくみとって英語に翻訳できました。 「授業で楽ができた」という意味の文章も、「it would have been so much easier in class 授業がもっと簡単だった 」と翻訳されています。 次にGoogle翻訳で実験してみると、こちらでも翻訳自体はできたものの、「授業で楽ができた」という意味の文章が「I really enjoyed my class 授業を楽しめた 」と翻訳されているなど、ちらほら問題点がある翻訳結果に。 なお、DeepL翻訳にはソフトウェア版も用意されており、公式サイトの からWindows版またはMac版をダウンロードすることが可能となっています。 DeepL翻訳を使ってみた結果、翻訳された文章が日本語としても読みやすい、こなれた文章になっていると感じました。 DeepL翻訳は何百万という翻訳済みテキストを基に機械学習を行い、日本語と中国語の社内エキスパートからの助言を総合して日本語・中国語の翻訳を実現したとのことで、「日本語と中国語の追加により、潜在的な新規ユーザーが10億人以上となります」と公式ブログで述べられています。

次の