パプリカ セルフカバー。 “おとなの「パプリカ」”に話題沸騰! 米津玄師、「パプリカ」セルフカバーMVフル公開

米津玄師、「パプリカ」夏の情緒を散りばめたセルフカバーMVが公開&インタビュー放送も決定

パプリカ セルフカバー

CDには新曲8曲に加え、菅田将暉に楽曲提供した「まちがいさがし」のセルフカバーバージョンの収録が決定。 「LOSER」「ピースサイン」を始め、「amen」「Undercover「Lemon」「ごめんね」など全21曲が完全収録される。 ライブ映像全編が収録されたパッケージは米津玄師史上初めてとなる。 さらに、「Lemon」「馬と鹿」「パプリカ」を含む全6曲のMVが収録されることも決定。 待望の初商品化となる。 96Pの豪華アートブックが付属されるアートブック盤は、米津玄師楽曲の世界観を余すことなく体感できる1枚だ。 カムパネルラ 02. Flamingo (ソニーワイヤレスヘッドホンCM) 03. 感電 (TBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌) 04. PLACEBO + 野田洋次郎 (野田洋次郎とのコラボ楽曲) 05. パプリカ (Foorin「パプリカ」のセルフカバー) 06. 馬と鹿 (TBS系日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌) 07. 優しい人 08. Lemon (TBS系金曜ドラマ「アンナチュラル」主題歌) 09. まちがいさがし (菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバー) 10. ひまわり 11. 迷える羊 12. Decollete 13. TEENAGE RIOT (ギャツビーCM) 14. 海の幽霊 (映画「海獣の子供」主題歌) 15. Flamingo 02. LOSER 03. 砂の惑星 04. 飛燕 05. かいじゅうのマーチ 06. アイネクライネ 07. 春雷 08. Moonlight 09. fogbound 10. amen 11. Paper Flower 12. Undercover 13. Alice 14. ピースサイン 15. TEENAGE RIOT 16. Nighthawks 17. orion 18. Lemon EN1. ごめんね EN2. クランベリーとパンケーキ EN3. 灰色と青 MUSIC VIDEO 01. Lemon 02. Flamingo 03. TEENAGE RIOT 04. 海の幽霊 05. パプリカ 06. 馬と鹿 「Decollete」 正式表記は、「e」に「アキュート・アクセント」が付いたものとなります。 「Alice」正式表記は、Aliceの中国語簡体字表記となります。 lnk.

次の

米津玄師、「パプリカ」セルフカバーの配信リリースが決定

パプリカ セルフカバー

「パプリカ」は、2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの曲として2018年7月に発表。 子供たちの間で今最も人気のあるキッズソングとして認知されているなか、プロジェクトが2年目に突入することを機に、作詞・作曲・プロデュースを担当した米津自身がセルフカバーを制作した。 8月1日からNHKにて放送開始となり、Foorinが元気よく歌う「パプリカ」とは違った、おとなの「パプリカ」に、多くのユーザーからフルバージョン公開の声が多数上がっていたが、このたび待望のミュージックビデオ公開となった。 映像は、Foorin「パプリカ」のシングルジャケットを描いた加藤隆が手がけ、大人になった僕が、幼少期に出会った「風の子」との思い出を回想するストーリーとなっている。 色とりどりの世界ではしゃぎまわる子どもたちと、サウンドに散りばめられた和楽器に呼応するように描かれる景色には、日本の情緒や原風景がふんだんに盛り込まれている。 縁側で三世代が腰を並べて「風鈴」の音に涼む様子や、夕暮れの港を歩く姿、そして夜空に打ち上げられる花火と続いて描かれる情景は、命のバトンを受け、またあらたな生命へと繋いでいくという、普遍的な人の営みを叙情的に美しく映し出した、心を揺さぶる作品となっている。 なお、「パプリカ」セルフカバーに関する米津玄師のインタビューが、NHKで放送されることが決定。 初回放送は、8月16日9時30分からEテレで放送される5分番組となる。 リリース情報 2019. 11 ON SALE SINGLE 「馬と鹿」.

次の

米津玄師、“パプリカ”セルフ・カバーMV公開。NHKにてインタビュー放送も決定

パプリカ セルフカバー

0 とうとう出ましたね! みなさん待ち望んでいたのではないでしょうか? 米津玄師さんのセルフカバー版 「パプリカ」 もともと「パプリカ」はNEKの「2020年応援ソング」として昨年に発表されました。 オーディションで選ばれた、Foorinという子供達のユニットは とても元気良く、明るい、楽しい歌として子供から大人までファンは多いと思います。 私の職場でも時々パプリカが流れますが、 2~3人は必ず口ずさんでいますね。 笑 そして、昨年から思っていましたが 「米津玄師さんが歌ったらどんな歌に聞こえるんだろう??」 思いますよね! 米津玄師さんと言えば、 「LOSER」 「打上花火」 「lemon」 っていうイメージな感じ・・・ うって変わって、 パプリカを思い浮かべると、やっぱり「Foorin」の歌やダンスが思い浮かびます。 私もずっと気になっていたので、今回のセルフカバーの発表はとても嬉しくおもいました。 聞いてみると 予想通り、予想以上!って感じで 良い意味で裏切られたような いや、やっぱりこう来たか~みたいな。 結局、カッコよくて、なんかノスタルジックな雰囲気になるんだなって・・・ なんかずっと聞いてられる歌ですが、さらにミュージックビデオを見ると アニメーションがベストマッチして、何回でも見ていられるって感じになりました。 スポンサーリンク もくじ• さらにこのアニメーションを見ていると、色々思い出したり、考えたりしちゃいますよね~ 私は、家族が縁側で並んでいるところがなんか好きです。 米津玄師さんもTwitterでこう投稿しています。 パプリカのカバーをYouTubeに投稿しました。 原曲が世に出て一年ほどたった今、沢山の人たちに愛される曲になったことがとても嬉しいです。 よろしくお願いします。 歌と共にアニメーションが凄く印象的でしたが 担当されたのはFoorinの「パプリカ」のジャケットと一緒で加藤隆さんという方です。 早速調べましたが、 この方独特の描き方をされるようで、とっても印象的です。 8月1日よりセルフカバーミュージックビデオ「パプリカ」 米津玄師verが公開!• アニメーションを手がけた加藤隆さんの絵が気になる! 我が家の子供もパプリカを口ずさんだり、踊ったり、それに合わせて 私もギターで弾いて見たり・・・とお世話になっている歌。

次の