ライン の 写真 を 保存。 LINEで写真・画像を保存する方法 一括ダウンロードや保存先・通知の仕様も解説

LINEアルバムに保存してある画像をPCに転送し保存する方法

ライン の 写真 を 保存

LINEで受信した写真を端末に保存する方法 LINEのトークで受信した画像は、スマホ本体に1点ずつ個別に、あるいは選択して一括で保存することができます。 1点ずつ個別に保存する 保存したい写真を全画面表示してダウンロードボタン[ ]をタップ トーク画面で保存する写真をタップして全画面表示します。 あとは、右下のダウンロードボタン[ ]をタップすると端末へのダウンロードが完了します。 複数選択して一括で保存する LINEのトークで送受信された写真は、選択して一括ダウンロードできます。 iOS版LINEの場合 iOS版LINEであれば、トークルーム右上のメニューボタン[ ]から[写真・動画]をタップします。 [選択]をタップして写真を選択し、ダウンロードボタン[ ]をタップ(iOS/Android版共通) その後の操作は、iOS/Android版いずれも共通です。 右上の[選択]ボタンをタップし、保存したい写真を選択。 右下にあるダウンロードボタン[ ]をタップすれば保存完了です。 LINEで写真を保存しても通知されない(バレない) LINEのトークルームにある写真や動画を端末にダウンロードしても、 同じトークルームの友達(相手)やグループメンバーに通知されることはありません。 タイムラインやアルバムなどからのダウンロードでも同様に通知されません。 気兼ねなく保存して大丈夫です。 保存した写真は「Pictures」内の「LINE」フォルダに格納される 保存した写真は、「Pictures」といった"いかにも画像が入っていそうな"フォルダの配下にある「LINE」フォルダに格納されています。 LINEからダウンロードした写真は、この[LINE]フォルダ内に保存されます。 PCと同じ要領のファイル管理に慣れているのであれば、ギャラリー系アプリよりファイルアプリのほうが写真を見つけ出しやすいかもしれません。 写真を保存できないのは保存期間があるから トークで送受信された写真には保存期間が設けられており、その期限を過ぎると端末への保存もできなくなってしまいます。 LINEは 写真の保存期限を公表しておらず、端末に保存した写真がいつ保存期限を迎えてしまうかは不明です。 写真によって保存期限が異なるため、たとえば1カ月前の写真の保存期限は過ぎてしまったけど2カ月前の写真は保存期限を過ぎていない、ということもあります。 なお、 トークで受信した写真はLINEアルバムやLINE Keepに保存しておけば、保存期限の制限が設けられていないため、半永久的に保存できます。 写真や動画の保存期限については、下記の記事で詳しく解説しています。

次の

LINEの添付画像の保存場所は変更できないの?

ライン の 写真 を 保存

LINEではトークで写真などの画像や動画の送受信をする機会が多いですよね。 LINEトーク内での画像の保存期間について、LINE公式ヘルプでは「 保存期間は一定期間のみ」との記載があります。 現在は具体的な保存期間は公表されていませんが、以前は送受信した日から 2週間後までが期限とされていました。 実際のところ、LINEで2週間以上前に送受信した写真や動画でも見られる場合もあるようですが、 2週間経ったものは見られなくなっている場合の方が多いようです。 2週間以内に確認するようにすると良いでしょう。 ただし、予告無しに期間が短くなることもあるので、2週間という期間はあくまで目安として考えることをおすすめします。 厳密には保存期間の延長方法とは言えませんが、 写真や動画を一度拡大することで、実質2週間以上に期限延長することができます。 「保存期間が終了したため写真を読み込めません。 」や「保存期間が終了しているため、動画を再生できません。 」という表示はされません。 これは、拡大表示する際に写真や動画がダウンロードされ、LINEのキャッシュに保存されているためです。 2週間過ぎた後でもキャッシュデータは読み込めるので、期限が延長されているように見えます。 LINEトークでの写真・動画の保存期間は「 ダウンロードできる期限」とも言い換えることができ、 「閲覧期限」ではないため、一度キャッシュに保存されてさえいればいつでも見ることができます。 1度拡大したにもかかわらず、「保存期間が終了したため写真を読み込めません。 」や「保存期間が終了しているため、動画を再生できません。 」という表示がされてしまうケースがあります。 1つ目に考えられるのは、LINEで写真データやファイルデータを削除した場合です。 iPhoneのLINEアプリでは、LINEの設定画面から、データの種類ごとにLINEトーク上にあるデータを削除することができます。 androidの場合は、LINEトーク履歴やLINEトークの一時ファイルを削除できる項目があります。 これらの操作はスマホのストレージを空けたい時に便利なのですが、バックアップが済んでいない画像などがLINEトーク内で見られなくなってしまうおそれがあります。 また、利用しているキャッシュクリアアプリによっては削除されてしまう場合もあるので、気をつけましょう。 2つ目に考えられるのは、LINEのトーク履歴を復元した場合です。 機種変更などの際、バックアップしておいたトーク履歴を復元すると、送受信した写真や動画も復元されたように見えます。 しかし、 実際にはキャッシュデータまで復元されたわけではないので、写真は「保存期間が終了したため写真を読み込めません。 」という黒い画面、動画の場合は「保存期間が終了しているため、動画を再生できません。 」というポップアップが表示されます。 機種変更などでLINEのバックアップを使用する際は、期限の延長は無効になります。 画像や動画はあらかじめLINEのアルバムなどに保存しておくか、クラウドストレージ等に別途バックアップを用意しておきましょう。

次の

LINEで画像や写真を保存したら相手にバレる?|LINEの使い方まとめ総合ガイド

ライン の 写真 を 保存

Android端末の強みでもあるSDカードはバックアップをするにはもってこいのツールになります。 ただし、先ほども述べたように一つ一つ作業を行うのはめんどくさいですよね。 そこで紹介するのはというファイル管理アプリです。 『FolderSyncアプリ』というのはAndroid端末特有でもあるLINEで保存した写真は保存場所であるフォルダに分けられていますよね。 この特徴を使うのです。 FolderSyncはLINEからダウンロードする全ファイルを統一のフォルダへ保存できます。 もちろん、LINEから保存した写真や動画だけではなく他のフォルダの写真などもデータをバックアップすることができます。 SDカードが使える強みです! なおLINEで送られてきた写真など、一瞬表示される画像は、トークに表示されているサムネイルが拡大されただけのもので、元の画像ではありません。 LINEトーク上でやりとりした写真や動画が読み込めなくなるまでの期間は、以前は2週間とされていました。 しかし今では公表されていないのです。 確かにLINEなどアプリケーションはアップデートなどが頻繁にあるため送られてきた古い画像は見ることはできないのですが、最近のものは、みれるようになりました。 つまり現在ではLINEで送られてきた写真を受け取ってから何週間も経っていても、一度タップして拡大したことのある画像なら、再び拡大表示して保存できるのです。 その理由は拡大表示した際、キャッシュとしてLINE内に画像データが保存されるためです。

次の