水いぼ 放置。 幼児の水いぼ!放置から5か月後の様子|病院・プール・兄弟感染

「水いぼ」って何? 放置していたら処置が大変なことに【ママの体験談】|ベビーカレンダーのベビーニュース

水いぼ 放置

静観していた水いぼ 長男は水いぼとは無縁だったのですが、長女と次女は水いぼができました。 長女の時はとりあえず、かかりつけのメインは小児科だけど、皮膚科も診療している病院へ 水いぼじゃありませんように・・・という淡い期待もむなしく、水いぼとの診断 このおじいちゃん先生は、ムリに取っても結局またできてくるので、自然に治るのを待ちましょう。 とのこと 先生の言葉を信じ、とりあえず静観することに。 長女の水いぼはおしりにできたので、人目に付く場所ではなかったので放置していてもよかったのでしょうが、やっぱりどんどん広がるんですよね。 治ったと思ったら次の水いぼが出てくる。 常におしりに10個くらいの水いぼがある状態が続き、このまま延々と続くのではないかと絶望的な気持ちになりました。 害はないと言われてもやっぱり気になるんですよね。 見た目もよくないですし。 春先にできた水いぼは夏になっても治らず、まだまだ活発に消えては新しくできるを繰り返しています。 プールに入れない 長女は保育園に通っていたので、夏は毎日のようにプールや水遊びがありました。 保育園から言われたのは、『水いぼを覆えばプールは可能ですが、水いぼの傷にばい菌が入ったりすると悪化する可能性もあるので、できれば控える方が・・・』と遠回しに控えてほしい、というようなことを言われました。 おしりで、水着で隠れる場所なので毎日暑いしプールに入らせてあげたかったのですが、やっぱり逆の立場だと感染のリスクがあるなら避けてほしいと思うので、水いぼが治るまでは水遊びへの参加は控えることにしました。 ちなみに、厚生労働省の資料によると水いぼがあるからといって、プールに入ることは禁止されてはいないけど、 ビート板や浮き輪、タオルなどを介して感染する可能性があるので注意しましょう。 というようなことが書かれています。 夏の間中プールに入れないのもかわいそうなので、水いぼを積極的に治す方法を調べはじめました。 スポンサーリンク 試してみた治療法 イソジン軟膏 うがい薬でおなじみのイソジン ネット上の情報では『イソジン軟膏を塗り続けていると水いぼが消えた』と効果があったと書かれている方法です。 せっせと探してイソジン 軟膏を購入!うがい薬じゃないですよ、軟膏です。 イソジン軟膏ってなかなか売ってないんですよね。 ドラッグストアを3軒回ってやっと見つけました。 毎日お風呂上りに水いぼにちょんちょんと乗せていました。 ちなみに、イソジンつけるとあの茶色い色が服や下着にべったりとついてしまいますが、手洗いをしなくても洗濯機に放り込めばきれいに取れます。 これは水いぼができた時から続けていたので、1月くらいはせっせと頑張って塗っていましたが、結果はというと・・・ 効果なし! な~んにも変わらない。 効果があったという声も多いので、あくまでも長女には効果がなかったという事です。 なすびの汁 若干腐りかけのなすびの汁を水いぼにつけると、灰汁が強いので、皮膚を荒れさせると同時に水いぼも一緒に取ってしまおう!という毒を毒で制すという荒療治。 1週間ほど挑戦しましたが、若干水いぼの周りの皮膚はカサカサするものの、水いぼが取れるほどはなく、これも効果が期待できず。 ヨクイニン 漢方のヨクイニン いぼや肌全般に良い効果があるとされているヨクイニンを飲んでいましたが、漢方であくまでも体質を整えていくものなので、即効性がなく夏中に完治を目指す我が家には補助的な存在でしかありませんでした。 まぁ、子供は嫌がらずに飲んでいたので飲ませていましたが、効果があったかと問われると分かりません。 結局、長女はひと夏プールに入らず、年が明ける頃に治ったので、 水いぼができてから約9か月ほどかかりました。 やっぱり取るのが一番早い 次女は2歳の春先から首からデコルテにプツプツと現れました。 首に出てきたので、顔に広がってたくさんできたり、跡が残ったりするとかわいそうなので今度は皮膚科を専門にしている病院へ 病院で、水いぼを取ってほしい旨申し出ると、おばあちゃん先生は『小さな子供を押さえつけて痛い思いをさせてとってもどうせまた出てくるんだから、害はないし1,2年もすれば治るんだから、私は取りません!』と・・・ おかしいな、私はこの病院で子供の頃に水いぼを窒素で焼かれた経験あるんですが・・・と思いつつ病院を後に。 治療方針を変えたようなので、取ってもらえませんでした。 その後、別の小児科で相談すると『取りましょうか?』というので、お願いしたらものの数秒で首からデコルテにあった水いぼ5つくらいをピンセットで取ってしまいました。 子供は何が起こったのかわからず、キョトンとしているうちにきれいになくなりました。 ここの先生は、『水いぼは自然に治るといっても長い時間がかかるから、少ないうに取ってしまった方が早い。 またすぐにできてくるけど、できたらすぐに取ってあげればいい。 数が増えてからだと子供の負担が大きいので、数が増えてしまってからだと取らない。 だから、次の水いぼができたらすぐに来てください。 』とのこと。 それから、3~4個できるたびに水いぼを取りに通っていたのですが、先生を見ていると芯がぷっくりと浮いてきたものだけを取っています。 だから、3~4個あっても白い芯の部分が浮いてくる前のものは『これはまだ』と取ってくれません。 芯の部分だけを取るからか子供は泣くこともなく、何が起こったかわかっていない様子です。 自宅で取る だんだん、通うのも面倒になってきたのと、『自分でもできるんじゃない?』という思いが強くなってきたので、芯が浮いてきたものを爪でつまんでみたところ、いとも簡単に取れてしまいました。 ポイントは水いぼってはじめは赤い発心に白い膿を持ったような状態なんですが、日がたつと少しづつ平だった 白い部分がぷっくりと浮いてきます。 ちょうど膿を持ったニキビと同じような経過です。 白い部分がぷっくりと浮き上がってきたら、皮膚を巻き込まないように 白い部分だけを爪でプチっと引きちぎります。 引きちぎると書くと痛そうに聞こえますが、娘は泣くこともなく、チクっとするくらいだったようで一瞬顔をしかめるものの泣くこともありませんでした。 私はよくお風呂の中で娘が遊んでる隙を見計らってちぎってました。 中から出てきた白い芯が周りの皮膚につくと広がると聞いたので、引きちぎったらすぐに石鹸で洗ってシャワーで流していました。 お風呂から出た 後はイソジンで消毒をして完了。 ちなみに、私は爪でちぎっていましたが、ピンセットもあります。 イボ取りピンセットで検索すると高いものが出てきますが、形状的にはこれでも一緒かと。 大抵水いぼに使用したレビューが掲載されています。 病院の先生もこんなピンセットを使っていました。

次の

水いぼが赤くなるのは治るから?わが子の水いぼが完治するまで

水いぼ 放置

最近、水いぼ(伝染性軟属腫)で受診されるお子さんが増えてきました。 ウイルスによる皮膚の感染症で、身体のどこにでもできるのですが、多い部位は胸、お腹、さらに擦れやすい脇などに見られます。 皮膚の症状としては、自覚症状はなく1-5mm程の肌色もしくは少し光沢のあるぷっくりといぼの様に盛り上がったようになります。 よく見ると中央が少しくぼんでいて白い点のようなものが見えるものもあります。 自覚症状はないと書きましたが、ベースに乾燥肌やアトピー性皮膚炎、湿疹のある場合はかゆみや赤みがあったりします。 治療としては、専用のピンセットでみずいぼを取る方法が一般的です。 その他硝酸銀を塗る、液体窒素療法などがあります。 みずいぼを取るか取らないかは議論のあるところです。 みずいぼは放置しても半年から数年で治りますが、皮膚科に来られる患者さんはかなり増えて来院されるケースが多く、治療が大変になります。 その経験から乾燥肌やアトピー性皮膚炎がある患者さんはかきこわすことで増えますのでそのような方は特に数が少ないうちから治療することをお勧めします。 当院では専用のピンセットで取る、あるいは液体窒素療法を行っていますが、あらかじめ(約1時間前)麻酔のテープを貼ってから行うとかなり痛みも軽減され患者さんの負担も減らすことができます。 お子さんはどちらかというと痛みより水いぼをピンセットでつままれることを怖がっているようですので、当院では好きな絵本を見せながら行ったりと工夫しています。 ウイルスに感染しても症状がでるまで約数週間から2,3か月かかるので、一旦治療しても感染していたウイルスによってまた水いぼができることがあります。 予防するためにはタオルや衣服を共有しない、プールではビート板、浮き輪などを共有しないようにしましょう。 うつさないためには水いぼをひっかかない、水いぼがある部位を絆創膏あるいは衣服で覆い、他人にうつさないようにしましょう。 みずいぼになっても学校、保育園・幼稚園を休む必要はなく、水を介してではうつらないのでプールも入って問題ありませんが、接触すると他人にうつす可能性があるので水いぼの部分は絆創膏で覆うあるいはラッシュガードを着るなどしてください。 またプールは問題ないと書きましたが、学校や園の方針がある場合はそちらに従ってくださいね。 投稿日時:2017年6月12日 17:59 カテゴリー: 関連ワード:.

次の

水いぼ治療|戸塚のたいよう皮ふ科クリニック|皮膚感染症 湿疹

水いぼ 放置

そしたら積極的治療派と自然治癒派とありました。 で、免疫力ついたら自然と治ると お医者様サイト 書いてるし、 うちの子は見えるところにないし 自然に治ると言われてるから病院には行かず様子見してたんです。 そしたらですよ! 脇あたりから肘辺りまで範囲が広がっちゃいました。 お友達が触っちゃう可能性高くなるし と病院にいって取ってもらう事にしました。 水いぼ治療!ヨクイニン 水いぼの積極的治療法は 物理的に除去する方法で 専用のピンセットで水いぼを取る。 その際、麻酔テープやクリームを使って痛みを少なくする。 麻酔使う病院、使わない病院あるようです あとは、 液体窒素で凍らせて壊死させる方法。 硝酸銀で焼いて脱落させる方法。 で、まず初めに連れていった皮膚科は積極的治療はしていなかったらしく… 診察まで待って、先生から出た言葉が 「うちでは水いぼを取ったりはしていません。 いいですか?」 ?! マジ… こんなに待ったのに…積極的治療してないとな?! 「それは困る!」と言ったところで、 どうにもならないのでヨクイニン1週間分処方されて帰ってきました。 その後、1週間後に経過をみせにきて!と言われたので、診てもらいにいったのですが変化なし!! 「ヨクイニン2週間分出すので、それで変化なければ自然に治るのを待ちましょう!」で ここの皮膚科での診察は終了! ヨクイニン2週間のませたけどやっぱり変化なし。 というか、あれだけの広がりだとヨクイニンだけではね…orz 積極的治療希望だったので残念。 麻酔テープをしてピンセットで取る方法でした。 麻酔テープをして麻酔がきく1時間30分後くらいに 呼ばれてピンセットで一つ一つ水いぼを取ってくれました。 麻酔テープをしているので、水いぼを取るのは そんなにまで痛くはなかったようです。 痛みが全くなかったわけではないようですが 痛いところがあっても我慢できるくらいだったと後から言ってました。 ま、そうだろうね… 母の心の声 テープが少しハリがある感じの素材?なので うまい表現みつからない汗 貼る場所によっては、その角があたりチクチク刺激で痒かったり、チクッと痛み的な感じがして子供には苦のようでした。 硝酸銀も一回の治療で治るとかではないとのこと。 小さいのは一回で治るかもしれないけど、大きいのは一回では難しい… 場合によっては2~3回や数回通う必要もあるとの説明あり。 とりあえず治療を受けさせて、 どっちが良いか子供に選んでもらう予定だったので 了承して、治療をお願い。 (液体ぽいのが塗布されてるのわかります?) 別室で看護士さんが硝酸銀を水いぼに綿棒ですチョンチョンとつけていきます。 え?こんな感じ?すごい楽ちんじゃない? 心の声 最初はお薬は透明だけど乾いてくると黒くなっていく。 硝酸銀で皮膚の再生をうながす。 1週間~二週間でカサブタみたいになってポロッと取れる というような説明をうけました。 本当に乾いてくると黒くなってきました。 「ん?どうした!」と聞くと 「かゆいーーー」とな。 良いと思ったようです。 水いぼの数があるので、 何回か通わないといけないのは、麻酔テープも硝酸銀も同じなので 子供の希望通り、水いぼ治療は硝酸銀でやっていくことにしました。 1週間くらいから ポロッととれてるところが数ヶ所! 黒い色も徐々におちてきました。 大きい水いぼがあったところは まだ残っているので、やはり数回の治療は必要のようです。 スポンサーリンク まとめ 麻酔テープとピンセットと硝酸銀で水いぼ治療して 感想まとめ 自然治癒方針の病院、 積極的治療方針の病院があるので 行く前に問い合わせした方がいい。 水いぼに限らずですが… 麻酔テープは ・一回の取れる個数制限があった。 病院による? ・でも確実に取ることができる! 最大のポイント ・麻酔テープが効くまでの待ち時間あり 90分程 ・時間の管理必要 麻酔テープが効いてるうちに治療できるように ・貼る場所によってテープの角がチクチクあり? ・取るとき場合によっては多少の痛みはあるらしい 麻酔やらないよりか全然良いとおもう ・90分程の時間拘束がちょっとめんどい 硝酸銀は ・個数制限特になし ・お薬塗ったところの肌が黒くなる 自然に消える ・見た目はちょっと… 黒くなるのがね ・お薬塗ったあと、しばらく痒い らしい ・大きさによって一回ではとれない 数回治療必要 ・すぐ治療できる 受付ー診察ー会計までの待ち時間のみ ・楽 親的に 積極的治療で水いぼを取りたいなら 早めが良い! 水いぼが大きくなったり、広がった後だと どっちにしろ数回の治療が必要。 初めに気づいた3~4個だったときに 麻酔テープで確実に取っておけぱよかったな…と。 そしたら、こんなに広がらなかったかも? と思うこの頃。 でも、硝酸銀での方法を知る事もできてよかった。

次の