犬も泊まれる宿。 関東・東海のペットと泊まれるおすすめ宿特集 【LINEトラベルjp】

ペットと泊まれる宿【ステイウィズドッグ】

犬も泊まれる宿

お出かけの前に! 大切なペットと思う存分過ごす前に、マナーや基本情報を知ってからお出かけしましょう!• 宿ごとのルール ペットと泊まれる施設でも、そのルールは施設ごとに違います。 泊まりに行く前に、プラン詳細で確認したり、その施設にお問い合わせして頂き、必ず事前にチェックをしましょう。 ワクチン接種 出掛ける前に、ワクチン接種を受けましょう。 ワクチン注射の接種証明書のコピーが必要な施設もありますので、必ず予防接種をして、またノミやダニ退治もきちんとして清潔な状態でお出掛けましょう。 持ち物 既に施設に用意されてるモノと用意されてないモノは必ず事前にチェックしましょう。 フンを処理する袋やお水、ペットシートなどは、施設に用意されてるとしても最低限持ってお出掛けしましょう。 館内などを汚してしまい、宿泊先や他のお客様に迷惑をかけてしまったら、せっかくの宿泊も台無しです。 また、食事では宿泊先のペットフードと合わない場合もありますので、必ず普段食べてるペットフードも持参しましょう。 迷子札 旅行先などでは、油断しやすいものです。 大切なペットがちょっと目を離した間に、どこかへ行ってしまった等がないように注意をしましょう。 もし何処かへ迷子になってしまった時のために、迷子札を用意しておきましょう。 ペットの車酔い? 人間と同じで、ペットも車酔いになります。 せっかくの旅行なのにペットがぐったりしていたら可哀想ですね。 ペットの車酔いを克服するには何よりも日頃から車に慣れさせることが重要です。 まずは短い距離で慣れさせ、だんだん距離を長くしていけばペットに負担をかけずに車に慣れさせることができます。 宿ごとのルール ペットと泊まれる施設でも、そのルールは施設ごとに違います。 泊まりに行く前に、プラン詳細で確認したり、その施設にお問い合わせして頂き、必ず事前にチェックをしましょう。 出発〜到着まで ペットとのドライブはとても楽しい時間です。 ペットに負担をかけない工夫をしましょう!• 食事は2〜3時間前までに 食事は2〜3時間までには済ませておきましょう。 こうすることで、ペットの車酔いが軽減されます。 揺れの少ない環境を ペットは不慣れな環境や車の揺れが苦手です。 なるべく揺れの少ない後部座席に座らせてあげましょう。 ケージなどのあまり動かない場所に伏せの体制で座らせてあげると比較的ペットの体勢も安定します。 車内の温度に気をつけましょう 少し涼しめの方がいいかもしれません。 ただ、クーラーが直接当たったり太陽の直射日光などはペットに負担をかけてしますので、そういった場所は避けてあげましょう。 またペットは絶対に車内に置き去りにしてはいけません!• 休憩はこまめに 慣れない長距離移動でペットはストレスを感じやすくなっています。 休憩はこまめにとって水分補給をしたり、新鮮な空気を吸わせてあげましょう。 また、車内の換気にも気をつけてペットが過ごしやすい環境を作ってあげましょう。 宿についたら 旅館・ホテルの方や他のお客さんに迷惑をかけず、楽しい時間を過ごしましょう!• 宿に到着したら 宿に到着したら、入る前にまずはルールを再確認しましょう!トイレの場所や、食事の場所などしっかりと把握しておくことが大切です。 またペットのブラッシングや足拭きなども事前に済ませておきましょう。 いつもと同じ環境を ペットの食事やトイレなどいつもと同じ環境を作ってあげましょう。 食事はいつも食べているお皿で、いつも食べているものを、寝る場所もいつも寝ている布団などを持参していつも通りの環境を作ってあげるとペットも安心して過ごせます。 リードは忘れずに ホテル・旅館によってはペットが入ってはいけない場所もあります。 たとえ宿の中でも、事故防止やペットが迷子にならないためにもリードは必ずつけてあげましょう。 以上のことに気をつけてペット一緒に遊んだり温泉で疲れを癒したり、みなさんもペットと旅行を楽しんでください! 一休では厳選のペットと宿泊できる特別プランをご用意しています。 All Rights Reserved.

次の

【ペット連れ】秋保温泉でペットと泊まれるおすすめの宿

犬も泊まれる宿

ワクチンとは?なんで打つの? 「ワクチン接種」とは言っていますが、ワクチンとは一体なんなのでしょう。 体の中に病気の抗体をつくるには、まずその病気の原因となるものを身体に入れる必要があります。 一度、病気の原因となるものを身体に取り込むことで抗体免役が作られます。 ワクチンとはこの病気の原因となるものを、発病しないくらいに弱くし接種すること。 そして体の中で抗体を作らせます。 これが、ワクチン接種の仕組みです。 ワクチン接種を行なう前に… ワクチンを打つ際は必ず、体調の良い日を選びましょう。 ただでさえ、異物を身体に入れるのですから犬にも負担はかかります。 犬に体調不良の徴候が見られた際には、別の日に受けるようにしましょう。 例えば、いつもと比べて元気がない、お散歩のときの様子が違った、少し熱い気がするなど、気になることがあればとにかく動物病院に相談すること! 「多分大丈夫だろう」では守れる命も守れません。 また、シニア犬に関しては必ずかかりつけの獣医師に相談しましょう。 ワクチン接種の副作用 身体に異物を入れるわけですから、もちろん副作用が出る場合もあります。 接種後は、いつも以上に愛犬の体調変化に気をつけてあげましょう。 副作用は、早い場合は接種から一時間後に出る場合や、半日以上後に出るものもありますので、少なくとも1日、2日は犬の様子を見ながら静かに過ごさせるようにしましょう。 接種した日から、数日は犬にとってストレスになる事は禁止です。 シャンプーやトリミング、長時間の移動、慣れていない場所に出かける、興奮しやすい場所、例えばドッグランなどに出かけるなども厳禁です。 短時間のお散歩は大丈夫ですが、興奮しやすい子は注射を受けた日は控えると良いでしょう。 翌日以降は愛犬の体調を見て判断して下さい。 一言で副作用と言っても目に見えないものもあります。 少しでも様子が違う場合はご自分で判断せずかかりつけの動物病院へ連絡しましょう。 そして、「いつもと違う」に気付くためにはまずなにより、愛犬の健康な状態を把握しておく必要があります。 旅先でのアロマやマッサージ 愛犬との旅行はとても楽しいことですが、慣れない旅行先のお部屋では、愛犬の緊張がなかなかほぐれずに落ちつかない場合もあります。 早めにお宿について夜までにお部屋で落ち着く場所を探させてあげるのはもちろんですが、マッサージやアロマを取り入れて早めにリラックスさせてあげましょう! 旅先でマッサージやアロマを取り入れる前に マッサージやアロマを行った時の反応はその子によってさまざまです。 日頃からマッサージ等を愛犬とのスキンシップに取り入れ、慣れさせておくことが大切。 また、日頃からマッサージやアロマを行うときによく使うタオルやブランケットを用意しておきましょう。 使い慣れたものを旅先に持っていく事で愛犬もリラックスできることでしょう。 マッサージやアロマの利点 マッサージにより筋肉のコリやハリがとれるのと同時に、飼い主さんとの信頼関係も深まります。 また、血行が良くなり体の動きを滑らかにするので、毛並み・毛艶が良くなり、ケガの予防にもつながります。 アロマは人間の1億倍ともいわれる犬の嗅覚に植物の持つ自然の癒しの力で働きかけ、ストレス緩和、免疫力アップなどの効果をもたらします。 マッサージやアロマを行う前に気をつけること 持病がある場合、妊娠中・発情中は獣医師に相談してください。 出血、発熱がある場合や食事の前後、愛犬が嫌がったり飼い主さんが心身ともに疲れているときに行うのは避けましょう。 犬の嗅覚はきわめて強力で鋭いため、精油の希釈が絶対に必要ですのでご注意ください。 体質によって精油の成分が合わない場合もありますので、10倍以上に希釈して手のひらにのばし犬に嗅がせ、香りを嫌がらないか様子をみてください。 嫌がったり異常があった場合はすぐに中止してください。 旅先でおすすめのマッサージ マッサージには、「なでる」「もむ」「指先で円を描く」「皮膚を引っ張る」などのテクニックがあります。 旅先ではリラックス効果が高いとされている「なでる」マッサージがおすすめです。 【愛犬とリラックスする「なでる」マッサージのやり方】 なでる まず最初に深呼吸をして飼い主さん自身がリラックスしましょう。 マッサージをしているときは出来るかぎりゆったりとした呼吸を心がけます。 始める前に落ち着いた声で「マッサージをはじめるね。 」と声をかけましょう。 家でマッサージするときは「マッサージをしてもいい?」とマッサージを今してもよいかどうかを愛犬に聞くという意味合いもあります。 愛犬の頭に優しく手のひらをのせ、愛犬の体温を感じながら出来るかぎり一定のリズムで、頭、首、背中とやさしく手を動かします。 【愛犬を落ち着かせる首・肩を「もむ」マッサージのやり方】 もむ 1. 「なでる」マッサージで気持ち良さそうにしている事を確認します。 首の付け根から肩まで両手を使って、やや筋肉を圧搾するくらいの力加減で2秒に1回の静かなゆっくりとしたリズムで行います。 【マッサージのグッドサイン】 マッサージのグッドサイン マッサージをされて気持ちがいいと、つぎのような反応がみられます。 口をくちゃくちゃする あくびをする ため息をつく 目がトローンと細くなりり、しばしばさせる 力が抜ける 眠ってしまう 【マッサージのバッドサイン】 マッサージを受ける気分ではなかったり、力が強すぎるときにはつぎのような反応がみられます。 柑橘系の精油は皮膚に塗ったあとに紫外線を浴びると皮膚の炎症を起こしたり、シミになる可能性があります(光毒性)。 また、持病により使用できないアロマもあります。 ブラシの通りを良くするだけでなく、毛並みをよりサラサラに整え、肌も健康に保つ事ができます。 ブロー以外でも日常のブラッシングの際にも使える便利なスプレーです。 愛犬の心身をまるごとケア アロママッサージイメージ 人と同じように、動物たちもストレスや環境の変化により心身の不調に陥ります。 マッサージやアロマセラピーは動物が何を必要としているか見極め、彼らの心と身体を知るための癒しのコミュニケーションツール。 目的・お悩み・好みに応じて香り(精油)を使い分け、マッサージで触れ合うことで、愛犬の健康管理・免疫力UPに役立てられます。 獣医さん頼りではなく自身で愛犬の心身を日頃からケアしてあげましょう。

次の

【関東編】愛犬と泊まれる温泉宿ランキングベスト5!

犬も泊まれる宿

ペットのノミ・ダニ対策と予防接種を忘れずに! ペットを守るためにも予防接種は忘れずに。 また宿から予防接種証明書の提示を求められる場合もあります。 人間用のベッドやソファには乗せないで! 宿は他の人も泊まる施設です。 シートやマットなどでペットの居場所を確保しましょう。 お部屋のバスルームも立ち入り禁止! 人が使うバスルームは、ペット好きでも知らないペットが使用していたら決して気持ちのいいものではありません。 お部屋を出るときは必ずリードを付けて! 共有施設を利用する際は必ずリードをつけてください。 他のペットを見て興奮しトラブルを起こす事もあります。 (ケージ等の体が自由に動かせないところが車酔い防止にも最適で、ペットも落ち着けます。 ペットが客室に泊まれるプランは掲載施設の一部のお部屋のみのご利用となります。 全てのお部屋では対応はできませんので ご了承ください。

次の