導きの地 森林地帯 骨塚。 【MHWアイスボーン】効率の良いレア12回復能力付与の素材の集め方

【MHWI】地帯レベルを上げる意味は?導きの地のメリットまとめ【アイスボーン】

導きの地 森林地帯 骨塚

氷雪地帯は、特別任務「失われた幽世線」をクリアすると解放されます。 失われた幽世線では、ジンオウガ亜種の狩猟が行われます。 導きの地の最新アップデート情報 指定レベルの減少が可能に 導きの地のレベルを意図的に下げる機能が追加されます。 レベルの調整はしやすくなるものの、レベルを上げる方法は以前と変化ないので、注意が必要です。 特殊痕跡がより集めやすくなる 導きの地で解析済みの特殊痕跡を入手、もしくは完了した際、クエストメンバーも痕跡を獲得できるように変更されます。 今までよりも特定のモンスターを周回する機会が自然と増えます。 強力なスキルが組みやすく、モンスター攻略を進めやすくなります。 マスターランクのカスタム強化素材を入手 導きの地では、 マスターランク武具のカスタム強化に使用する特別な素材が入手可能です。 導きの地をやる大きな目的がカスタム強化素材の入手なので、採集・モンスター討伐をぬかりなく進めていきましょう。 地帯レベルの上げ方と注意点 導きの地の各地帯にはレベルが設けられており、地帯レベルが上がると出現するモンスターの種類が増えます。 地帯レベルは、モンスターの狩猟か痕跡を集めると上がっていきます。 MRを上げると地帯レベルの上限が解放 必要マスターランク 地帯レベル上限 MR49 レベル5 MR69 レベル6 MR99 レベル7 地帯レベルの上限は、マスターランク MR を一定まで上げて出現する任務クエストをクリアすると解放されます。 地帯レベルは、最大7まで上げることが可能です。 地帯レベルの上げすぎには注意 1箇所の地帯レベルを上げると、同時に他の地帯レベルが徐々に低下します。 地帯レベルごとに出現するモンスターの出やすさや、入手できる素材が異なることから救済措置として設けられているようです。 欲しい素材が入手できなくなる 地帯レベルを上げると、出現モンスターレベルごとにモンスターから入手できる素材が異なるため、欲しい素材が入手できなくなる恐れがあります。 目的なくモンスターを狩るより1体を集中して狩る方が効率的です。 地帯レベルの調整方法 目的の素材がある場合は、対象のモンスターのみを狩って帰還し、地帯レベルの上昇を抑えるのが得策です。 上げすぎてしまった場合は他の地帯を上げて、目的の地帯のレベルを下げられます。 低レベルの導きに参加すると効率的 地帯レベルのみを重視して上げたい場合は、自身より低レベルの導きの地に参加するのが効率的です。 低レベルの地に参加すると通常時よりポイントを多く稼げるため、簡易的にレベル上げを行うことが可能です。 逆に高いプレイヤーが低いプレイヤーの導きの地に参加することは可能です。 特殊痕跡の使い方と解析の進め方 解析を始めるには、モンスターの特殊痕跡が必要です。 特殊痕跡はフィールドの各箇所にある他、大型モンスターの剥ぎ取りや捕獲でも入手できます。 特殊痕跡を入手した場合、画面右上に「解析状況」が表示されます。 解析は2通りの進め方が存在 解析の2通りの進め方 同種族のモンスターを討伐・剥ぎ取り、縄張り争い跡の回収 導きの地の大型モンスターの部位破壊 1体につき1回 解析は、2通りの方法で進められます。 解析の対象種族は導きの地内の画面右上にて確認可能です。 なお、導きの地の大型モンスターの部位破壊は、モンスター1種つき1回だけ解析を進められます。 対象によっては複数回解析を進める必要がある 解析を行う対象によっては、複数回解析を進める必要があります。 そのため、フィールド内の様々なモンスターを部位破壊して回るのも効率的です。 また、部位破壊した対象が解析対象だった場合、その場で解析が完了します。 解析が完了するとおびき出しが可能 解析が完了したモンスターは受付嬢から「おびき出し」ができ、任意のタイミングで戦えます。 おびき出しは、キャンプにいる受付嬢に話しかけると行うことができ、1回行うと解析した特殊痕跡がなくなります。 確定素材を入手すると、溜めたゲージは1割ほどまで減少しますが、レア素材集めに役立つため積極的に活用しましょう。 導き狩猟おすすめ睡眠装備 簡易版睡眠装備 部位 防具名 スロット 頭• 必須スキルは別途で組み込む必要があるものの、全ての武器種に対応でき、比較的簡単に運用が可能な装備構成になっています。 エンプレス採用整備装備 部位 防具名 スロット 頭• 整備で化合の装衣を回す他、スラアクの零距離属性解放突きの機会を作れるなど高い汎用性を誇る装備構成です。 ゴールドルナ採用装備 部位 防具名 スロット 頭• 真・会心撃【特殊】で睡眠値を底上げする他、精霊の加護の極意で安定性を高めています。 耐久面が心配の方には特におすすめの装備構成です。

次の

導きの地で狩っておきたいモンスターとレア12武器のカスタム強化素材をまとめてみた【MHWI】

導きの地 森林地帯 骨塚

特に近接武器を使っている場合は回復カスタムはほぼ必須と言っても良いです。 今後強力な歴戦個体と戦う上でも、回復カスタムがあると生存率が上がるのでぜひ欲しいところ。 具体的に、レア度12武器の回復カスタムに必要になる素材は以下の通り。 レア度12武器の回復カスタムに必要な素材一覧 必要素材 必要個数 入手方法 歴戦の幻惑皮 7個 歴戦ネロミェール みなぎる雷電殻 5個 ジンオウガ 霊脈の古龍骨 3個 歴戦古龍 導きの龍骨【陸珊瑚】 1個 陸珊瑚の骨塚 歴戦の幻惑皮を手に入れるために、歴戦ネロミェールと戦う必要があるということですね。 ちなみにジンオウガから取れる素材も必要になるのですが、陸珊瑚のレベルを上げていくとジンオウガも出現するため、レベル上げついでに討伐していけば問題ないです。 導きの龍骨【陸珊瑚】については陸珊瑚の骨塚を漁っていればそのうち手に入るので、定期的に採取してみてください。 優先順位第2位:瘴気地帯 陸珊瑚のレベル上げが終わりカスタム強化ができたら、次は瘴気地帯のレベルを上げましょう。 瘴気地帯のレベルを6まで上げると ティガレックス亜種が出現するようになります。 ティガレックス亜種から作れる装備は『攻撃・体力増強・回復量アップ・弱点特効・満足感・解放』と言った王道かつ強力なスキルを発動できるので作っておいて損はないです。 任務クエストやフリークエストにはティガレックス亜種が出現することはないので、できれば早めに戦い捕獲まで行っておきたいところ。 MEMOモンスターを捕獲をするとフリークエストの特殊闘技場で再び戦うことができるようになります。 ただし、ティガレックス亜種は通常種以上に狂暴かつ大咆哮 攻撃判定のある咆哮 を使ってくるので、初見時は結構苦労すると思います。 しっかり装備を整えてから挑んでいきたいですね。 優先順位第3位:溶岩地帯 次におすすめなのがアプデで追加された溶岩地帯です。 この溶岩地帯をレベル7まで上げると、 ラージャンの歴戦個体が出現します。 ラージャンの歴戦個体からはぎ取れる歴戦の煌毛は、カスタム枠の2回目の拡張に必要となる素材です。 カスタム枠を広げることで真価を発揮する武器が多々ありますので、ぜひとも溶岩地帯のレベルも7まで上げましょう。 ただしその場合は上記で紹介した陸珊瑚地帯や瘴気地帯のレベルが下がるので、ある程度必要になる素材はゲットしてから溶岩地帯のレベルを上げるのが良いと思います。 優先順位第4位:あとは必要に応じて上げればOK 溶岩地帯までレベルを上げたら後はお好みでOKです。 使っている武器のレア度でカスタム強化に必要になる素材は異なってきますので、必要に応じてレベルを調整していきましょう。 ちなみに、カスタム強化の必要素材や地帯ごとのモンスターの一覧表はgame8さんの以下の記事が参考になります。 良かったら参考にしてください。 なので、単純に上記2種のモンスターの素材が欲しいということなら、導きの地で苦労してレベルを上げるよりもMRを上げる方が楽です。 ちなみに地帯レベルが低い人の救難に行くとレベルが上がりやすい ある程度地帯レベルが上がってくると、次第にレベルが上がりにくくなってきますよね。 そんな時には、あなたが上げたい地帯レベルがまだ低い人の地帯レベル上げを手伝ってあげると手っ取り早くレベル上げが可能です。 例えばあなたの森林地帯のレベルが6だった場合、森林地帯のレベルが1や2の人の地帯レベル上げを手伝うと効率良く森林地帯のレベルを上げることができます。 上記はフレンドと協力できれば効率がいいのですが、僕のようなソロプレイヤーは救難信号に頼るしかないですね。 目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流し、目的の地帯のモンスターを狩っていたら協力して討伐。 別の地帯のモンスターを狩っていたら離脱して 切断ではない 、再度救難信号を検索し目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流…を繰り返しましょう。 ちょっと根気は入りますが、高レベルになってしまった自分の導きの地を周回するよりは手っ取り早くレベルを上げることができると思います。 導きの地に入って右も左も良くわからない場合は、ぜひこの記事を参考に地帯レベルを上げてみてください。 それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の

【MHWアイスボーン】導きの地攻略ガイド|レベル上げの効率のいいやり方【モンハンワールド】|GAMY

導きの地 森林地帯 骨塚

出現位置は固定だが発生するかは毎回ランダム。 この巨大骨塚で採取すれば「 導きの龍骨【森林】」が確定で一個入手できる。 北西のテトルー族のいるエリアに巨大骨塚がなかったら大体こっちに発生している。 この巨大鉱石で採取すれば「 導きの結晶【森林】」が確定で一個入手できる。 あまり古龍の森フィールドに採掘にこないので、最近までここで巨大鉱石が出現することを知らなかった。 マップの外周に沿って歩いていれば簡単に見つけられるはず。 ここの巨大骨塚で採取すれば「 導きの龍骨【荒地】」が確定で一個入手できる。 導きの竜骨【荒地】はリオレイア希少種の防具「 EXゴールドルナグリーヴ」を生産する時に3個必要になるのでこまめに集めておきたい。 ここの鉱脈は目立つ場所にあるため比較的見つけやすいはず。 ここの巨大鉱石で採取すれば「 導きの結晶【荒地】」が確定で一個入手できる。 導きの結晶【荒地】はリオレイア希少種の防具「 EXゴールドルナコイル」を生産する時に3個必要になるのでこまめに集めておきたい。 ここで採取できる「 導きの竜骨【陸珊瑚】」はレア度12の武器の「 カスタム回復」や、リオレウス希少種の防具「 EXシルバーソル」の生産に必要素材なので、竜骨ポイントが発生したらこまめに採取しましょう。 かなり分かりやすい場所にあるため、ここの発生ポイントを知ってる人は多いはず。 エリアの中央からでは骨塚が見えないかもしれないので、近づいて確認する必要がある。 ここの巨大骨塚で採取すれば「 導きの竜骨【瘴気】」が確定で一個入手できる。 ここの巨大鉱石で採取すれば「 導きの結晶【瘴気】」が確定で一個入手できる。 導きの結晶【瘴気】はレア度12の武器の属性・状態異常カスタム強化に必要な素材なので、巨大鉱石が発生したら積極的に採りに行って集めておきたい。 溶岩地帯の巨大採取ポイントは分かりやすい場所にあるため、導虫が反応してくれれば比較的見つけやすいはずです。 この氷雪地帯はアイスボーンで追加された「 凍てついた大地」の環境を再現したフィールドで、この地ではベリオロスやトビカガチ亜種など氷雪地帯に出現するモンスターの導き素材が入手可能になります。 巨大鉱石・骨塚から採取できる 導きの結晶【氷雪】や 導きの龍骨【氷雪】はレア度10武器のパーツ強化 Lv7に必要な素材。 ザルファシュレッダー(ディノ亜種大剣)の切れ味なんかを伸ばすのに使用するので、採取する時は3の倍数個で集めておくと後々役に立ちます。 まず第一ポイントはエリア16の左に入ってすぐの壁、トビカガチ亜種やレイギエナが初期配置されているエリアに「巨大鉱石」の発生ポイントがあります。 比較的目立つ場所にあるので分かりやすいと思います。 「 ベリオロス」や歴戦「 悉くを殲ぼすネルギガンテ」が瀕死になると向かう巣のすぐそばに発生するので、その過程で見つける人も多いはず。 氷雪地帯はフィールドに環境や植物のオブジェクトが比較的少ないので巨大採取ポイントが見つけやすいと思います。 「古代樹の森」地帯だど特に骨塚がマップの背景に溶け込んでて最初の頃は発生場所を憶えるのに苦労しますが氷雪地帯はほんと見つけやすいです。

次の