お 休み を いただき ます。 火曜・水曜、お休みいただきましてありがとうございました。 Youtubeだけアップしました!!

「お休みをいただいております」は間違い? 正しい表現とは【ビジネス用語】

お 休み を いただき ます

ある日の朝、あなたが起きようとするとなんだか体が熱くて頭痛までする状態です。 熱を測ってみたら38度5分、とても会社に出かけて勤務できるような体調ではありません。 そこで、会社に電話で欠勤の連絡をすることになります。 たいがいの人が「申し訳ありませんが、熱が38度5分あり、とても出勤できる状態ではないため、お休みさせていただきます」という風に伝えるでしょう。 しかし、ここで使われている「お休みさせていただきます」という言い回し、どこか妙に見えませんか?なんだか二重敬語のようにも見えますが、一方で自分がそれを報告する相手である会社の人間に対して何歩も譲っているようにも見えます。 今回はこの一見奇妙そうな「お休みさせていただきます」という言い回しについてみていきましょう。 「お休みします」や「休みをいただきます」、「お休みいたします」などの休みを取る旨のフレーズをより丁寧にするには、このフレーズの前に別のフレーズを使う必要があります。 それらのフレーズは考えられる限り、ほとんどが謝罪の意味を込めたものが使われます。 例を挙げれば、「申し訳ありませんが」や「すみませんが」、「残念ですが」といったものです。 また、「お休みします」などに続けてつけ加えることもできます。 この場合は、「申し訳ありません」や「すみません」といった総じて謝罪の言葉になります。 ただ、謝罪を示す言葉を使うのであれば、「申し訳ありませんが」や「申し訳ありません」を使うのが一番無難です。 「すみません」はあまり公式の場で使うものではない、いわば俗な話し言葉だからです。 普通に授業を休む場合は下のように伝えます。 I'll be absent from Professor Brown's class today. 今日はブラウン教授の授業をお休みします。 ) あるいはbe absent の部分をtake a breakや、take the day off, be offといった表現があります。 という方法もあります。 このほか、理由をはっきり言うことで、そのまま休む旨を伝えるという方法が英語圏では使われています。 体調不良が理由であれば、 I'm not feeling well. (気分がよくありません。 ) I need to go to the hospital. (病院に行く必要があります。 ) 家族関係の理由であれば、 My child is sick. (子供が病気です。 ) My father passed away. 父がなくなりました。 ) といった表現です。 いかにも自分の意思をはっきり示す英語圏らしい表現ですね。 中国語の場合 フランス語では以下のように表現します。 Je vais pas au travail aujourd'hui. (今日仕事を休みます。 ) Je ne peux pas venir au travail. (仕事に行けません。 ) また、フランス語でも英語と同様にはっきりと理由を伝えることで、仕事を休む旨を伝える方法もあります。 Ja'i la grippe. (インフルエンザにかかってしまいました。 ) さらに、「申し訳ありませんが」を前につけたいときは Je suis desolee, mais je ne peux pas venir au travail. すみません、仕事にいけません。 ) というような表現になります。

次の

【雑談】久しぶりのお休みをいただきました

お 休み を いただき ます

「課長…」 「ん?何だい田中さん。 」 「実は今週の土曜日は小学校の運動会でして…」 「ああそうか、上の子は小学生だったね。 足が速いんだってね。 」 「はい、かけっこで一番になるんだと張り切っています。 」 「それは楽しみだね。 」 「はい、私も楽しみなんです。 ですが、その日は確か出勤日ですよね?」 「そうだね。 」 「そこでお願いがありまして、こどものために今週の土曜日はお休みさせていただきたいのですが…」 「お休み?」 「はい。 」 「………」 「………だめですよね。 忙しいですから。 」 「いや、個人的にその言い方が好きじゃないから気になっただけだよ。 」 「え?もっと丁寧な言い方があるのでしょうか?」 「そうじゃないですよ、もっと基本的なこと。 まぁいいや、ちゃんと休暇願いを出せば問題ないよ。 」 「………ありがとうございます(どういうこと?)。 」 スポンサーリンク 敬語として正しいの? 「お休みさせていただきたいです」は私の会社でもよく耳にする言葉です。 私が言われているわけではないので今のところ突っ込んだことはありませんが、敬語として間違っています。 ポイントは「お」です。 休むのは自分自身ですので、「お休み」と言うと自分を立てることになってしまいます。 本人としては「休み」よりも「お休み」の方が丁寧だと思って使っているのでしょうが、「その動作は誰のものか」という点を意識すれば間違いに気付けるでしょう。 「休ませていただきたいです」若しくは「休暇をいただきたいです」と言えばいいのです。 ちなみに、就寝する時に言う「お休みなさい」は「(私も寝るので)あなたも休んで下さい」の意味です。 では「お電話いたします」はどうでしょうか? これは「電話をする」という行為が相手にも及ぶので「お」をつけるのが正解となります。 「お話」も同様です。 また、他社からの電話で休んでいる人をお願いされたら「休んでおります」となります。 私の会社ではやはり「お休みしています」と言ってしまっている人が多いのですが、あなたの職場ではどうでしょうか? スポンサーリンク.

次の

急用ができたのでお休みをいただきたいですって英語でなんて言うの?

お 休み を いただき ます

多分今までの社会人人生で 初の経験だったかもしれないです。 現在人員を減らしてお仕事をしておりまして、これは緊急事態宣言を受けて出来るだけ出勤者の人数を減らすためでやむを得ない事ではあります。 そのためシフトが色々と変わっておりまして出来るだけ人数を減らし、なおかつ業務にも支障が出ない状態で働いております。 そうなると色々変更だったりが発生するのですが出社してメール対応をしていて『アレ、今日お休みじゃないの?』とシフトを見て気付くという何とも言えない状況になってしまいました 笑 こういう時は難しいですよね、来ちゃったんだから働きます、となると別の日を休まないといけないかもしれないですし、そうなるとまたシフトが変わってしまいます。 それならスンナリ帰るのがいいと思いまして一通りメール対応が終わった時点で帰る事にしました。 いや、休みだから来ちゃいけないからいなかった事にしてもらわないといけないですが基本的に朝一はトップスピードでメール対応をするので既にやり切った感もあって謎のテンション、あ、これはフライングと同じですよね 笑 フルスピードでして失格、みたいな感じで30分ほどで職場を後にしました。 お日様が温かい、穏やかな日でした。 しかし休業要請やテレワークなどで職場のある神田もかなり人が少なくなっています。 通勤時にもそんななので10時半ぐらいだと全然人がいないですね。 これはありがたいです。 仕事でなければ基本的に家から出ないようにしていますのでこれなら安心です。 電車も当たり前ですがガラガラです。 そりゃそうですよね。 通勤者を減らすようにしている状態で半端な時間に帰る人も元々少ないですから。 いつもならこれから色々初めていくぐらいのタイミングで帰りの電車に乗っているわけですからね。 仕事でヘマをして『カエレ!』と言われてとぼとぼ帰宅するような気分になりました。 もちろんそんな事はしていないですし、ちょっとの時間ですが仕事もしていましたので今日の出勤者の手助けは出来たハズなのですが誰も居ない車内を見ますと何となく『あれ?なんで電車乗ってるの?』みたいに思えるのは不思議ですね。 いざ帰る、となって納得はしているのですがこのご時世でどこかに遊びに行く事は出来ません。 普段だったら釣り堀に直行したりすれば優しい人が『頑張りな』と缶コーヒーをくれそうな気もしますが 笑 不要不急の外出は出来ない状態です。 当たり前ですよね。 ここ最近はずっと家にいまして若干足がなまっている気がしていましたので人気が無いところを歩いて帰る事にしました。 今、してはいけないのは人が多いところに行く事で人がいないところに行くのは大丈夫でしょう。 しかも行く、のでは無くて帰るのですから仕方ないですよね。 普段なら居眠りでもしようかな、と思いますがなんせさっき起きたばかりですので眠さもありません。 いい天気の景色を見ながらノンビリ電車に乗っていました。 とりあえず目的地であります赤羽に到着しました。 赤羽も人がいないですね。 普段ならバスに乗って帰るのですが、今日は歩いて帰る事にします。

次の