スカーレット あらすじ ネタバレ。 スカーレット25週最終回150話ネタバレあらすじ:2年後の喜美子と武志は?│ざとれんのちょこっと言わせて〜ブログ

スカーレット

スカーレット あらすじ ネタバレ

【スカーレット】第18週のあらすじネタバレ! 第18週のタイトル:「炎を信じて」 あらすじネタバレ(1) 大阪から戻ってきた喜美子(戸田恵梨香)は、借金をして穴窯での窯焚きを再開。 試し焼きで、望んでいた色の片りんが出る。 窯焚きの失敗は6回にも及ぶが、喜美子は諦めず試行錯誤を続け、もっと灰の量が必要だという確信を得た。 そしてどのくらいの薪を焚き続ければ良いのかという仮説にたどり着く。 だが実行するにはお金が足りない。 仕事で収入を得たくても、八郎(松下洸平)との別居のウワサが知れ渡ると、喜美子への仕事の依頼が激減した。 そこに以前、大量注文してくれたひろ恵(紺野まひる)がやって来た。 知人が絵付け小皿の大口注文をしたいという。 喜美子はその注文を受けた。 同じウワサは窯業研究所の柴田(中村育二)の耳にも入っていた。 柴田は八郎に信楽を離れることを勧め、京都の陶器研究所の人員に空きが出ていることを伝えた。 八郎は柴田の知人の窯を借りて仕事を続けて、武志とも会っていた。 しかしすぐに決断はできない…。 あらすじネタバレ(2) 草間(佐藤隆太)が喜美子(戸田恵梨香)を訪ねてきた。 喜美子を心配するマツ(富田靖子)が草間に手紙を送ったのだという。 居合わせた八郎(松下洸平)は挨拶をして早々に帰っていく。 その後、喜美子は草間に穴窯の説明をして望む焼き色を出すための仮説も伝える。 それは灰の量を増やすため、思い切って窯焚(た)きを2週間も続けること。 窯が持たずに崩れる可能性もある。 「次が最後や、それでもやってみます」 「喜美ちゃん、土の配合を変えるって言ったけど、あのとき土を掘ってた。 慶乃川さん」と、草間は慶乃川(村上ショージ)のことを思い出した。 喜美子は慶乃川と初めて会った土堀り場に行き、懸命に土を掘る。 「信楽の土はええ土や」と、喜美子に土を渡してくれた慶乃川の笑顔を思い起こしながら。 信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)はようやく結婚。 喜美子たちと同じく式を挙げず、写真を撮った。 信作と八郎は今でも会っている。 八郎は喜美子の2週間の窯焚きを聞いて、がく然とした。 あらすじネタバレ(3) 「2週間焚き続けたらどないなると思う?窯がもたんで」と心配する八郎(松下洸平)は胸の内を語る。 「同じ陶芸家なのになんで気持ち分からんのやっていうたな。 僕にとって喜美子は女や。 男と女や。 頼む、危険なことせんといてほしい」 喜美子(戸田恵梨香)は感謝したが、「うちは陶芸家になります」と前言した。 …2週間も窯焚(た)きを続けるため、マツ(富田靖子)・百合子(福田麻由子)・直子(桜庭ななみ)・鮫島(正門良規)たち家族の協力も取り付け、7回目の窯焚きが始まる。 信作(林遣都)も加わり交代で薪入れを手伝い、照子(大島優子)も差し入れにやってくる。 迎えた最終日。 薪入れの番をする喜美子はたまった疲れを隠せない。 そんな中、穴窯の壁が崩れて炎が噴き出す。 「火事やあ」慌てて火を消そうとするマツ(富田靖子)を喜美子は止めて「消したらあかん、水より薪や、もっと火を焚くんや」 喜美子は取り憑かれたように燃やし続けて・・・。 あらすじネタバレ(4) それから2週間。 穴窯の蓋を開けて、手に取った器にはえも言わぬ色が出ていた。 ついに成功させた喜美子(戸田恵梨香)は、ちや子(水野美紀)に手紙を書いた。 「ええ色がでました。 取材に来てください。 信楽の小さな工房にいます。 陶芸家、川原喜美子です」 昭和53年(1978年)1月。 穴窯の成功から7年が経過し、40歳になった喜美子は女性陶芸家の草分けとして活躍している。 喜美子の作品は高値で売れて借金を返済。 暮らしはだいぶ豊かになっている。 支援者の一人・住田秀樹(田中美央)がマスコミ取材などを対応している。 マツ(富田靖子)も老いて同じ話しを何度もするようになった。 7年前の穴窯の成功の話しを聞くのが好きだった。 ・百合子(福田麻由子)は桜と桃という2人の娘の母親だ。 信作(林遣都)は相変わらずの調子で喜美子と武志(伊藤健太郎)を気にかけてくれた。 武志は高校2年になって、そろそろ進路を決める頃だ。 武志にとって陶芸は身近なものだったが、高校に入ったころから興味を持ち、喜美子が教えるとめきめき上達し始めていた… 喜美子「陶芸やっていきたい思うてんの?」 武志「お母ちゃんは大学に行ってほしいんやろ?」 喜美子「自分の人生や、自分で決めえ」 武志「お母ちゃんは陶芸家としてやりたいことをやって成功した代わりに、大事なものを失った。 そこまでして一生懸命やっていけるか分からん」 武志の父への想いを聞いて、喜美子は別れた夫を思い、返す言葉もなかった…。 7年前、八郎(松下洸平)は成功した穴窯を見に来た。 夫婦ノートの最後のページには「すごいな」と記されていた。 その後、八郎は京都へ引っ越した。 その後さらに、喜美子の個展会場で柴田(柴田育二)から、八郎が愛媛県へ移ったと聞いた。 別居から2年後のことだ。 「イチから出直す」と言っていたという。 芳名帳(受付で名前や住所などを記帳してもらうためのノート)には十代田八郎と旧姓で記帳されていた。 このしばらくのち、喜美子は離婚届を八郎に送ったのだった…。 あらすじネタバレ(5) そんなある日。 マツが旅行に出かけ、喜美子(戸田恵梨香)が武志(伊藤健太郎)と二人で過ごしていると信作(林遣都)がやってきた。 しかし喜美子に中身を言わず武志に届けものを渡して去っていった。 この5年間、信作が喜美子に黙って届けていたのは手紙だ。 差出人は十代田八郎。 あて先は大野信作。 武志は思い切って八郎に電話をし、会う約束をした。 父と会って夜おそく帰ってきた武志は、京都の美術大学を受験することを母・喜美子に話す。 それは八郎が卒業した公立大学だった。 「そこの陶磁器学科で学び、陶芸家になります」武志はそう宣言し、勉強に励んでいく。 あらすじネタバレ(6) 昭和54年(1979年)3月。 武志(伊藤健太郎)は志望校に合格。 4月からは京都で寮生活だ。 喜美子(戸田恵梨香)は、八郎(松下洸平)が武志の進路相談に乗ってくれていたことに気付いていた。 武志は八郎と会ったことを明かす。 今は名古屋で会社勤めをしているという。 武志「ずっとな手紙もろてた。 他愛ない手紙や。 必ず最後に同じことを書いてきた。 『会いたい』って父ちゃんは書き続けてくれた」 だから昔と同じように会えたのだ、と武志は微笑んだ。 喜美子は大事なものを失ったことを改めて思う・・・。 【スカーレット】第18週の事前レビュー ついに喜美子と八郎が離婚となりますが… 史実(喜美子のモデルの現実)での夫と弟子の駆け落ちでなく、価値観の相違というドラマとしては魅力的な流れになっています。 18週で表現される部分では、「陶芸家になる」と決めた喜美子に対して、「女として」見ているという八郎の対比がとても切ないです。 そして18週中盤から終盤には、武志(伊藤健太郎)と八郎の交流がとても温かいエピソードです。 武志にとって父はいつまでも父なのですね。 史実でなかったとしても喜美子と八郎の復縁、または、少なくとも笑顔で再会シーンくらいを描いてほしいところですが…。

次の

【スカーレット】23週のあらすじネタバレ!喜美子(戸田恵梨香)母として病に向き合う!

スカーレット あらすじ ネタバレ

【スカーレット】第1週の視聴率 第1週「はじめまして信楽」 ・第1話 9月30日(月)の視聴率:20. 8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 朝ドラの初週としては、2017年度前期「ひよっこ」の19. 4%以来、5作ぶりに20%の大台割れ。 【第1週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第2週の視聴率とあらすじネタバレ 第2週「意地と誇りの旅立ち」 ・第7話 10月7日(月)の視聴率:19. 2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 第1週から0. 【第2週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第3週の視聴率とあらすじネタバレ 第3週「ビバ!大阪新生活!」 ・第13話 10月14日(月)の視聴率:18. 7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【第3週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第4週の視聴率とあらすじネタバレ 第4週「一人前になるまでは」 ・第19話 10月21日(月)の視聴率:22. 第20話は「即位の礼」関連番組の影響で15分前倒しの放送。 その影響か、13. 【第4週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第5週の視聴率とあらすじネタバレ 第5週「ときめきは甘く苦く」 ・第25話 10月28日(月)の視聴率:17. 内容はともかく数字的には苦戦中か…。 【第5週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第6週の視聴率とあらすじネタバレ 第6週「自分で決めた道」 ・第31話 11月4日(月)の視聴率:20. 【第6週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第7週の視聴率とあらすじネタバレ 第7週「弟子にしてください!」 第37話 11月11日(月)の視聴率:21. 【第7週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第8週の視聴率とあらすじネタバレ 第8週「心ゆれる夏」 第43話 11月18日(月)の視聴率:20. 【第8週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第9週の視聴率とあらすじネタバレ 第9週「火まつりの誓い」 第49話 11月25日(月)の視聴率:18. 9% 第54話 11月30日(土)の視聴率:18. (ビデオリサーチ調べ・関東地区) 第8週の19. 4%から0. 1ポイントのアップです。 【第9週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第10週の視聴率とあらすじネタバレ 第10週「好きという気持ち」 第55話 12月2日(月)の視聴率:18. 7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区) 第9週から0. 8ポイントのダウンです。 【第10週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第11週の視聴率とあらすじネタバレ 第11週「夢は一緒に」 第61話 12月9日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第11週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第12週の視聴率とあらすじネタバレ 第12週「幸せへの大きな一歩」 第67話 12月16日(月)の視聴率:19. 4% 第51話 12月18日(水)の視聴率:20. 0% 第52話 12月19日(木)の視聴率:19. 1% 第53話 12月20日(金)の視聴率:19. 8% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第13週の視聴率とあらすじネタバレ 第13週「愛いっぱいの器」 第73話 12月23日(月)の視聴率:18. 2% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】1月4日の視聴率とあらすじネタバレ 番外編「信楽焼でスカーレット三昧」: 1月4日(月)放送 内容は…• 川原喜美子(戸田恵梨香)が年始のごあいさつ• 川原家でガールズトーク!?メンバーは喜美子の妹・直子(桜庭ななみ)と百合子(福田麻由子)、今後のドラマの鍵を握る新キャラクター松永三津(黒島結菜)。 信楽焼やご当地おせちの紹介。 これまでの名シーンや撮影の裏話の振り返り。 今後のみどころも紹介。 【スカーレット】第14週の視聴率とあらすじネタバレ 第14週「新しい風が吹いて」 第79話 1月6日(月)の視聴率:17. 2% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第15週の視聴率とあらすじネタバレ 第15週「優しさが交差して」 第85話 1月13日(月)の視聴率:17. 6% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第16週の視聴率とあらすじネタバレ 第16週「熱くなる瞬間」 第91話 1月20日(月)の視聴率:19. 3% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第17週の視聴率とあらすじネタバレ 第17週「涙のち晴れ」 第97話 1月27日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第17週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第18週の視聴率とあらすじネタバレ 第18週「炎を信じて」 第103話 2月3日(月)の視聴率:19. 8% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第18週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第19週の視聴率とあらすじネタバレ 第19週「春は出会いの季節」 第109話 2月10日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第19週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第20週の視聴率とあらすじネタバレ 第20週「もういちど家族に」 第115話 2月17日(月)の視聴率:19. 6% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第20週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第21週の視聴率とあらすじネタバレ 第21週「スペシャル・サニーデイ」 第121話 2月24日(月)の視聴率:18. 0% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第21週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第22週の視聴率とあらすじネタバレ 第22週「いとおしい時間」 第127話 3月2日(月)の視聴率:18. 3% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第22週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第23週の視聴率とあらすじネタバレ 第23週「揺るぎない強さ」 第133話 3月9日(月)の視聴率:19. 5% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第23週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第24週の視聴率とあらすじネタバレ 第24週「小さな希望を集めて」 第139話 3月16日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第24週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】最終週(第25週)の視聴率とあらすじネタバレ 最終週(第25週)「炎は消えない」 第145話 3月23日(月)の視聴率:20. 3% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【最終週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】の最終回ネタバレ 【スカーレット】のあらすじ概要は・・・ 戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。 名前は川原喜美子。 両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。 15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。 大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。 3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。 やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。 相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。 だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。 どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。 喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。 出典 最終回予想 本作『スカーレット』に原作はありません。 神山清子さんは夫に去られ、女手ひとつで二人の子供を育てながら、長年の夢である穴窯による自然釉(しぜんゆう)に挑戦。 古代の信楽焼きの再現に成功し、「信楽自然釉」と名付けました。 そんな中、自分と同じ陶芸の道を歩みだした長男・賢一が29歳のとき、白血病を発病。 このことをきっかけに、神山清子さんは骨髄バンク運動を始めます。 残念ながら発病の2年後に賢一さんは亡くなりました。 当時はまだ「骨髄バンク」がなかった頃でした。 陶芸家としての生き方と息子への愛情は、田中裕子主演「火火」としても映画化。 前述したあらすじ概要の「幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱」とは「夫との別れ(女性をつくって出て行った)」と「最愛の息子の死」のこと、と予想されます。 骨髄バンクの件を伏せて、陶芸家としての事前あらすじしか発表されていないのは、 喜美子の息子の死がネタバレになるからでしょう。 最終回では、陶芸家として成功した喜美子(戸田恵梨香)が息子のことを思いながら、 神山さんが「滋賀骨髄献血の和を広げる会」会長を務めたことをモデルに、骨髄移植の活動をする姿が描かれると予想します。 最終回ネタバレ 最終回では骨髄バンク設立のことは描かれなかったものの、最終回までに闘病する武志と息子を支える喜美子の姿が描かれていきました。 親戚や友人が骨髄移植に適合するのか奔走する展開も…。 朝ドラの視聴率 過去の朝ドラ視聴率一覧(直近10作品)です。 ドラマ 名 主演 平均 視聴率 最高視聴率 放送 クール なつぞら 広瀬すず 21. 永野芽郁 21. 2015年度前期の『まれ』は、『純と愛』(2012年度後期)の全話平均17. そして『あさが来た』全156話の全話平均視聴率:23. 5%は、2000年度後期『オードリー』以降、いわゆる「今世紀最高」の数字です。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム) 戸田恵梨香出演ドラマの視聴率 戸田恵梨香の出演ドラマの視聴率をまとめてみました。 ドラマ 名 主演 平均 視聴率 最高 視聴率 放送 クール 大恋愛〜僕を忘れる君と 戸田恵梨香 10. 岩田剛典 7. ヒロインを務めた「崖っぷちホテル」の低視聴率の汚名返上となりました。 主要キャラを務めた「コード・ブルー」は人気シリーズのため参考にならないかも。 そして、ヒロインを務めた『リバース』は時間が行き来する構成に数字が伸びませんでした。 つまり、戸田恵梨香さんは『デスノート』『LIAR GAME』『SPEC』など代表作がいくつもある人気女優ですが、数字を持っているかどうかは判明しにくい方。 タレント好感度ランキング女優部門でも11位で、トップ10以下ですが上位でもあります。 (順位は「日経エンタテインメント7月号」より) (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム) 【スカーレット】の視聴率予想 【スカーレット】は、高視聴率が期待できる理由が3つあります。 1:人気女優・戸田恵梨香が主演。 2:脚本は「夏子の酒」「妹よ」「ホタルノヒカリ」シリーズなどのベテラン・水橋 文美江氏。 3:原作はないものの陶芸家のモデルがいます。 着地点がしっかりしているので、安心して見られることでしょう。 年配の方もみる朝ドラは、今世紀最高視聴率の「あさが来た」など、モデルありもヒットします。 オリジナルでも「あまちゃん」「ひよっこ」「半分、青い。 放送前の時点では前作『なつぞら』といい勝負の視聴率でははないかと予想します。 放送時間が午前8時になって以降の関東地区の期間平均視聴率は以下の通り。 2010年前期「ゲゲゲの女房」18・6%• 2010年後期「てっぱん」17・2%• 2011年前期「おひさま」18・8%• 2011年後期「カーネーション」19・1%• 2012年前期「梅ちゃん先生」20・7%• 2012年後期「純と愛」17・1%• 2013年前期「あまちゃん」20・6%• 2013年後期「ごちそうさん」22・3%• 2014年前期「花子とアン」22・6• 2014年後期「マッサン」21・1%• 2015年前期「まれ」19・4%• 2015年後期「あさが来た」23・5%• 2016年前期「とと姉ちゃん」22・8%• 2016年後期「べっぴんさん」20・3%• 2017年前期「ひよっこ」20・4%• 2017年後期「わろてんか」20・1%• 2018年前期「半分、青い。 」21・1%• 2018年後期「まんぷく」21・4%• 2019年前期「なつぞら」21・0%.

次の

スカーレット最終週第25週ネタバレ!あらすじ・最終回はどうなる?

スカーレット あらすじ ネタバレ

【スカーレット】第1週の視聴率 第1週「はじめまして信楽」 ・第1話 9月30日(月)の視聴率:20. 8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 朝ドラの初週としては、2017年度前期「ひよっこ」の19. 4%以来、5作ぶりに20%の大台割れ。 【第1週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第2週の視聴率とあらすじネタバレ 第2週「意地と誇りの旅立ち」 ・第7話 10月7日(月)の視聴率:19. 2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 第1週から0. 【第2週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第3週の視聴率とあらすじネタバレ 第3週「ビバ!大阪新生活!」 ・第13話 10月14日(月)の視聴率:18. 7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【第3週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第4週の視聴率とあらすじネタバレ 第4週「一人前になるまでは」 ・第19話 10月21日(月)の視聴率:22. 第20話は「即位の礼」関連番組の影響で15分前倒しの放送。 その影響か、13. 【第4週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第5週の視聴率とあらすじネタバレ 第5週「ときめきは甘く苦く」 ・第25話 10月28日(月)の視聴率:17. 内容はともかく数字的には苦戦中か…。 【第5週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第6週の視聴率とあらすじネタバレ 第6週「自分で決めた道」 ・第31話 11月4日(月)の視聴率:20. 【第6週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第7週の視聴率とあらすじネタバレ 第7週「弟子にしてください!」 第37話 11月11日(月)の視聴率:21. 【第7週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第8週の視聴率とあらすじネタバレ 第8週「心ゆれる夏」 第43話 11月18日(月)の視聴率:20. 【第8週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第9週の視聴率とあらすじネタバレ 第9週「火まつりの誓い」 第49話 11月25日(月)の視聴率:18. 9% 第54話 11月30日(土)の視聴率:18. (ビデオリサーチ調べ・関東地区) 第8週の19. 4%から0. 1ポイントのアップです。 【第9週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第10週の視聴率とあらすじネタバレ 第10週「好きという気持ち」 第55話 12月2日(月)の視聴率:18. 7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区) 第9週から0. 8ポイントのダウンです。 【第10週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第11週の視聴率とあらすじネタバレ 第11週「夢は一緒に」 第61話 12月9日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第11週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第12週の視聴率とあらすじネタバレ 第12週「幸せへの大きな一歩」 第67話 12月16日(月)の視聴率:19. 4% 第51話 12月18日(水)の視聴率:20. 0% 第52話 12月19日(木)の視聴率:19. 1% 第53話 12月20日(金)の視聴率:19. 8% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第13週の視聴率とあらすじネタバレ 第13週「愛いっぱいの器」 第73話 12月23日(月)の視聴率:18. 2% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】1月4日の視聴率とあらすじネタバレ 番外編「信楽焼でスカーレット三昧」: 1月4日(月)放送 内容は…• 川原喜美子(戸田恵梨香)が年始のごあいさつ• 川原家でガールズトーク!?メンバーは喜美子の妹・直子(桜庭ななみ)と百合子(福田麻由子)、今後のドラマの鍵を握る新キャラクター松永三津(黒島結菜)。 信楽焼やご当地おせちの紹介。 これまでの名シーンや撮影の裏話の振り返り。 今後のみどころも紹介。 【スカーレット】第14週の視聴率とあらすじネタバレ 第14週「新しい風が吹いて」 第79話 1月6日(月)の視聴率:17. 2% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第15週の視聴率とあらすじネタバレ 第15週「優しさが交差して」 第85話 1月13日(月)の視聴率:17. 6% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第16週の視聴率とあらすじネタバレ 第16週「熱くなる瞬間」 第91話 1月20日(月)の視聴率:19. 3% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【スカーレット】第17週の視聴率とあらすじネタバレ 第17週「涙のち晴れ」 第97話 1月27日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第17週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第18週の視聴率とあらすじネタバレ 第18週「炎を信じて」 第103話 2月3日(月)の視聴率:19. 8% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第18週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第19週の視聴率とあらすじネタバレ 第19週「春は出会いの季節」 第109話 2月10日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第19週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第20週の視聴率とあらすじネタバレ 第20週「もういちど家族に」 第115話 2月17日(月)の視聴率:19. 6% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第20週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第21週の視聴率とあらすじネタバレ 第21週「スペシャル・サニーデイ」 第121話 2月24日(月)の視聴率:18. 0% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第21週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第22週の視聴率とあらすじネタバレ 第22週「いとおしい時間」 第127話 3月2日(月)の視聴率:18. 3% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第22週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第23週の視聴率とあらすじネタバレ 第23週「揺るぎない強さ」 第133話 3月9日(月)の視聴率:19. 5% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第23週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】第24週の視聴率とあらすじネタバレ 第24週「小さな希望を集めて」 第139話 3月16日(月)の視聴率:19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【第24週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】最終週(第25週)の視聴率とあらすじネタバレ 最終週(第25週)「炎は消えない」 第145話 3月23日(月)の視聴率:20. 3% ビデオリサーチ調べ、関東地区) 【最終週のあらすじネタバレ】 【スカーレット】の最終回ネタバレ 【スカーレット】のあらすじ概要は・・・ 戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。 名前は川原喜美子。 両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。 15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。 大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。 3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。 やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。 相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。 だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。 どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。 喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。 出典 最終回予想 本作『スカーレット』に原作はありません。 神山清子さんは夫に去られ、女手ひとつで二人の子供を育てながら、長年の夢である穴窯による自然釉(しぜんゆう)に挑戦。 古代の信楽焼きの再現に成功し、「信楽自然釉」と名付けました。 そんな中、自分と同じ陶芸の道を歩みだした長男・賢一が29歳のとき、白血病を発病。 このことをきっかけに、神山清子さんは骨髄バンク運動を始めます。 残念ながら発病の2年後に賢一さんは亡くなりました。 当時はまだ「骨髄バンク」がなかった頃でした。 陶芸家としての生き方と息子への愛情は、田中裕子主演「火火」としても映画化。 前述したあらすじ概要の「幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱」とは「夫との別れ(女性をつくって出て行った)」と「最愛の息子の死」のこと、と予想されます。 骨髄バンクの件を伏せて、陶芸家としての事前あらすじしか発表されていないのは、 喜美子の息子の死がネタバレになるからでしょう。 最終回では、陶芸家として成功した喜美子(戸田恵梨香)が息子のことを思いながら、 神山さんが「滋賀骨髄献血の和を広げる会」会長を務めたことをモデルに、骨髄移植の活動をする姿が描かれると予想します。 最終回ネタバレ 最終回では骨髄バンク設立のことは描かれなかったものの、最終回までに闘病する武志と息子を支える喜美子の姿が描かれていきました。 親戚や友人が骨髄移植に適合するのか奔走する展開も…。 朝ドラの視聴率 過去の朝ドラ視聴率一覧(直近10作品)です。 ドラマ 名 主演 平均 視聴率 最高視聴率 放送 クール なつぞら 広瀬すず 21. 永野芽郁 21. 2015年度前期の『まれ』は、『純と愛』(2012年度後期)の全話平均17. そして『あさが来た』全156話の全話平均視聴率:23. 5%は、2000年度後期『オードリー』以降、いわゆる「今世紀最高」の数字です。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム) 戸田恵梨香出演ドラマの視聴率 戸田恵梨香の出演ドラマの視聴率をまとめてみました。 ドラマ 名 主演 平均 視聴率 最高 視聴率 放送 クール 大恋愛〜僕を忘れる君と 戸田恵梨香 10. 岩田剛典 7. ヒロインを務めた「崖っぷちホテル」の低視聴率の汚名返上となりました。 主要キャラを務めた「コード・ブルー」は人気シリーズのため参考にならないかも。 そして、ヒロインを務めた『リバース』は時間が行き来する構成に数字が伸びませんでした。 つまり、戸田恵梨香さんは『デスノート』『LIAR GAME』『SPEC』など代表作がいくつもある人気女優ですが、数字を持っているかどうかは判明しにくい方。 タレント好感度ランキング女優部門でも11位で、トップ10以下ですが上位でもあります。 (順位は「日経エンタテインメント7月号」より) (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区、リアルタイム) 【スカーレット】の視聴率予想 【スカーレット】は、高視聴率が期待できる理由が3つあります。 1:人気女優・戸田恵梨香が主演。 2:脚本は「夏子の酒」「妹よ」「ホタルノヒカリ」シリーズなどのベテラン・水橋 文美江氏。 3:原作はないものの陶芸家のモデルがいます。 着地点がしっかりしているので、安心して見られることでしょう。 年配の方もみる朝ドラは、今世紀最高視聴率の「あさが来た」など、モデルありもヒットします。 オリジナルでも「あまちゃん」「ひよっこ」「半分、青い。 放送前の時点では前作『なつぞら』といい勝負の視聴率でははないかと予想します。 放送時間が午前8時になって以降の関東地区の期間平均視聴率は以下の通り。 2010年前期「ゲゲゲの女房」18・6%• 2010年後期「てっぱん」17・2%• 2011年前期「おひさま」18・8%• 2011年後期「カーネーション」19・1%• 2012年前期「梅ちゃん先生」20・7%• 2012年後期「純と愛」17・1%• 2013年前期「あまちゃん」20・6%• 2013年後期「ごちそうさん」22・3%• 2014年前期「花子とアン」22・6• 2014年後期「マッサン」21・1%• 2015年前期「まれ」19・4%• 2015年後期「あさが来た」23・5%• 2016年前期「とと姉ちゃん」22・8%• 2016年後期「べっぴんさん」20・3%• 2017年前期「ひよっこ」20・4%• 2017年後期「わろてんか」20・1%• 2018年前期「半分、青い。 」21・1%• 2018年後期「まんぷく」21・4%• 2019年前期「なつぞら」21・0%.

次の