鎌倉 大仏 津波。 鎌倉の大仏殿は津波で流されたと読んだのですが、東日本大震災ク...

関東大震災 » 鎌倉市 鎌倉の大仏

鎌倉 大仏 津波

今回は高徳院の御朱印をご紹介します。 有名な鎌倉大仏は鎌倉時代の姿を現在まで残しており、国宝に指定されています。 当初存在したという大仏殿は消えてしまっていますが、HPでは「鎌倉大仏殿高徳院」と名乗り御朱印には「大佛殿」と記されており、並々ならぬこだわりが感じられます。 御朱印には「大佛殿」と記されている 御朱印所 高徳院の御朱印所は大仏に向かって右手にあります。 受付時間8;00~16:30 初穂料300円 御朱印帳 御朱印所の並びにある売店では御朱印帳も扱っています。 大型サイズで紙質も良好ですが、墨の量が多い御朱印の場合は裏側まで沁みとおってしまうと思われます。 表裏の両面を使うのは無理のようです。 価格は1200円です。 御朱印 鎌倉大仏に大仏殿は残っていませんが、御朱印にはしっかり「大佛殿」と記されていました。 「大佛殿」への並々ならぬこだわり 高徳院は、鎌倉のシンボルともいうべき大仏を本尊とする寺院ですが、開山、開基は不明で大仏の造像の経緯についても史料が乏しく不明な点だらけとなっています。 鎌倉時代の歴史書である吾妻鏡やこの時代に鎌倉を訪れた紀行文に様々な記述がありますが、大仏が13世紀半ばに完成したものであることは間違いないようです。 鎌倉時代を代表する仏教彫刻として国宝に指定されています。 仏教寺院としては「大異山高徳院清浄泉寺」というのが正式名称のようですが、HPでは「鎌倉大仏殿高徳院」という名前を前面に出しており、御朱印同様に「大佛殿」に対するこだわりは並々ならぬものがあるようです。 国宝の大仏 像高約11. 3m、重量約121tで、大きさでは奈良の大仏に及ばぬものの、ほぼ創建時の姿を保っています。 像内は空洞で、人が入ることができ、一般拝観者も大仏内部を見学することができます。 今から750年以上前に驚くべき高度な技術を駆使して作られています。 大仏の撮影ポイントとしてはコチラばベストではないかと思います。 大仏殿の礎石 かつてこの地にあった巨大な大仏殿は60基の礎石に支えられていたといいます。 観月堂 15世紀中ごろ、朝鮮王宮内に建築されていたものを移築してきました。 江戸後期の作品と言われる観音菩薩立像を納めています。 「大仏殿は地震で発生した津波で流された」という話をよく聞きますが、鎌倉大仏は海岸から約1kmで標高13.8mという津波が到達しにくい場所にあります。 大仏殿の倒壊に関する記録としては「太平記」と「鎌倉大日記」に、1334 年および1369年の台風と1498年の大地震によって損壊に至ったという3点がありますが、室町時代の1486年書かれた旅行記によればこの頃にはすでに大仏は露坐であったといいます。 平成になって実施された境内の発掘調査では、1369年の倒壊以後に大仏殿が再建された形跡は見出されなかったということです。 鎌倉を襲った津波を伴う地震としては1495年の明応地震がありますが、その時には既に大仏殿は無くなっていたと考えられ、大仏殿が津波で流されたというのはどうやら誤りであるようです。 大仏殿が早々に倒壊してしまって逆に良かった? 奈良東大寺の大仏殿は歴史上何度も戦乱に巻き込まれ、これまでに2回焼失しています。 そのため奈良の大仏の顔は現在で4代目で、創建当時の姿とはだいぶ異なったものになっているようです。 鎌倉大仏は1369年以降の約650年露坐であったため、その間に頻繁に火災があったにもかかわらず、結果として創建寺の姿を現在まで保つことができました。 仏教芸術史上きわめて重要な価値をもつ大仏が現在まで残されたのは大仏殿が早々に倒壊したからといってもよさそうです。 スマホで御覧の方はPCでも見ていただきますと写真がよくわかります。 「参考になった」と思われる方ははてブの所をポチっとして頂けますと幸いです。

次の

鎌倉大仏の大きさ・高さ・歴史

鎌倉 大仏 津波

鎌倉大仏の本殿が津波で流されたということがよく言われますが、それは間違いです。 俗説では、1495年の明応の地震津波で流されたと言われますが、この原典をたどっていくと江戸時代に書かれた「続本朝通鑑」です。 つまり何百年も前に起こったことを、伝説のような形で江戸時代に言われていたことを記録に残したものです。 一方、1486年に書かれた「梅花無尽蔵」という書物には、当時、長谷の大仏にはお堂がないということが書かれています。 この記録は実際に見たことを書いたものなので、まず間違いはありません。 それでも1495年の津波で流されたとすると、1486年から1495年の間に誰かが立てないといけないのですが、こんなことは常識的には考えられないことです。 それにもし1495年の明応の地震津波で流されたとすると、大仏より低い場所にある鶴岡八幡宮にも津波は達していたはずです。 そうだとすると、それについて何らかの記録は残っているはずですが何も残っていません。 いつ書かれたものかよくわかりませんが、当時の記録を記述しているものとして「鎌倉大日記」というのがあり、ここには応安2年(1369年)に、鎌倉殿転倒という記述があります。 鎌倉の大仏殿は、1369年に何らかがあって倒れてしまったもので、津波で流されたものではないとするのが、歴史の専門家の常識です。 それからもう1つ、明応の地震津波に2つあります。 1つは1495年、もう1つは1498年です。 1498年は南海トラフの地震で、あまり東のほうには伸びていなくて相模湾にはそんなに大きな津波は来なかったと考えられています。 相模湾を襲っている津波は1495年です。

次の

鎌倉大仏の大きさ・高さ・歴史

鎌倉 大仏 津波

鎌倉市の津波ハザードマップ。 鎌倉駅付近は内陸だが、津波が川を遡上することが想定されている(鎌倉市作成の図を一部筆者加工) 2位の鎌倉駅(江ノ電・JR横須賀線)も観光客の利用者が多い駅だ。 海からは1km以上離れているが、近くを滑川が流れ、海側から見るとしだいに狭くなる谷を遡って津波が遡上することが想定されている。 三陸のリアス式海岸で津波が高くなるのと同じ理屈である。 関東大震災の際は、駅のすぐ手前まで津波が来ている。 津波警報の際は、速やかに駅西側の市役所方面や北側の鶴岡八幡宮、または最寄りの津波避難ビルへと避難しよう。 4位の片瀬江ノ島駅(小田急江ノ島線)も江ノ島や新江ノ島水族館などへの観光客が多い。 同駅はすぐ近くに高台がない代わりに、津波避難ビルが比較的多数ある。 マンションなどが津波避難ビルに指定されていて、津波警報の際には鍵が開けられ誰でも入れるようになる。 もし玄関ドアが開かない場合は、ドアガラスを割って入ってもいいとされている。 観光客は地元民に比べて土地勘がない。 駅に降りたら、駅前にある地図で、津波避難ビルの場所を確認してから目的地へと向かいたい。 このほか、逗子駅や新逗子駅など相模湾沿いの駅は津波の想定高が高くなっている。 東京湾沿いでは意外なところが 一方、東京湾沿いの駅になると、湾の入り口が狭く奥に広がっている地形から、津波の高さは低くなる。 それでも津波はやってくる。 JR鶴見線の多くの駅がその代表格だ。 海からやや離れた浜川崎駅など、意外なところに比較的高い津波が襲来する。 海に面した海芝浦駅(津波浸水高0. 15~0. 5m)よりも高い浸水となる駅が多い。 これも各駅の海抜と地形の関係でそうなる。 鶴見線の駅など、ホームなどに津波避難ビルの地図が掲示されているのでよく見ておこう。 東京都では、ゆりかもめの日の出駅が一番浸水高があり0. 5~0. 8m、JRでは浜松町駅が0~0. 15mとなっている。

次の