スマホ バッテリー 膨張。 HUAWEI Mate 9のバッテリーが膨張!対応策は?

スマホのバッテリーが膨張!画面が浮いてきた!

スマホ バッテリー 膨張

「気付いたらスマホのバッテリーが膨らんでいた(膨張していた)」 こんな経験のある人って多いのではないでしょうか?実際に私が経験した時は、「このままだと爆発するんじゃないか?」と不安に思いすぐに修理店で交換してもらいました。 どうしてスマホのバッテリーは膨張するのか? 膨張したバッテリーはそもそも本当に爆発・発火するのか? そんな多くの方が抱える不安を解消すべく膨張の原因や発火・爆発の可能性について調べてみました。 スマホのバッテリーはなぜ膨張するのか? 一般的なスマホにはリチウムイオンバッテリーが使用されています。 リチウムイオンバッテリーとは正極と負極と電解質で構成され化学反応が起こることで充電・放電できるようになっており、この化学反応が起こる時に電解質が酸化しガスが発生します。 実は、このガスはリチウムイオンバッテリーの経年劣化につれて過剰発生します。 このように過剰発生したガスがバッテリー内部に溜まり膨張するのです。 膨張したバッテリーは本当に爆発する可能性があるのか? ここまで膨張する原因に触れてきましたが、果たして膨張したバッテリーは発火や爆発の危険性があるのでしょうか? そこで、メーカーや大手キャリアのサイトを確認したところ、膨張による 安全上の問題はないとしていることがわかりました。 携帯電話の電池パックが膨らむ事象について、複数のお問い合わせをお受けしておりますが、この事象はリチウムイオン電池の特性として、充放電の繰り返し、高温環境下におけるご利用によって電池の劣化が進む過程で生じるものであり、正しくご使用される限り、電池パックが膨らむことによる異常な発熱、および破裂など安全上の恐れはございません。 参照元: しかし、中には製造段階で金属異物混入による初期不良や外部から圧迫され、バッテリー内部でショートを起こし 発火に繋がるケースもあります。 実際にスマホの発火や爆発がニュースなどでも取り上げられているので安心とは言えません。 上の動画では極端に外部からの圧力をかけた例になりますが、もしお尻のポケットに入れていたスマホが座った時の圧力で発火や爆発などしたら怖いですよね。 このような事態にならないために、スマホやノートパソコンなど「リチウムイオンバッテリーを使用した製品」の取り扱いには十分な注意をしましょう。 バッテリーの膨張は予防することができるのか? では、どうすればバッテリーの膨張を未然に防げるのでしょうか? まず膨張する要因として 経年劣化、初期不良、 水没 、 過充電などがあります。 ここで一つ一つ対策を考えてみましょう。 ・経年劣化 経年劣化はリチウムイオンバッテリーの性質上避けることはできません。 ・初期不良 こちらも利用者側が選ぶことができないため避けられません。 ・水没 こちらは水没が危惧される場所での使用は防水ケースを利用するなど対策が可能です。 また 湿気の多いお風呂や潮風の強い海岸での使用も避けたほうが良いでしょう。 ・過充電 「過充電」=「必要量以上の充電をしている」なので充電時に注意すれば対策は可能です。 充電残量が100%になったらケーブルを抜くなど、「充電し過ぎ」に注意しましょう。 スマホを利用するうえで充電は絶対に必要になるので、 充電の仕方を意識することは重要な膨張対策となります。 ちなみに大手キャリアでも以下の使い方は膨張につながるとしています。 このような使い方は電池の性能劣化を早め、性能低下や電池の膨れに繋がります。 電池は膨らんでも安全性に問題はありませんが、安心してお使いいただくために、ドコモショップなどにご相談ください。 ・充電しながらの使用 ・高温環境下での充電や保管 ・満充電状態での保管 ・電池残量の無い状態での長期間放置 ・電池残量が十分な状態での浅い充放電の繰り返し 参照元: 上記にある「充電しながらの使用」はよく見かけますがこれも膨張の要因の一つとなっています。 このような使い方は、膨張の原因にもなり電池持ちなどバッテリーの寿命を縮める結果にもなるのでしっかりと対策することをお勧めします。 【対策に役立つ情報】 バッテリーが膨張してしまった時の対応は? 上記のように経年劣化などは避けることができません。 では、バッテリーが膨張してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?もしもバッテリーが膨張してしまった場合は迅速な対応が必要となります。 なぜならスマホのバッテリーが膨張してしまうと弊害として様々な不具合が発生するからです。 ・バッテリー膨張によるディスプレイの変形(押し上げ)• ・ディスプレイの変形による画面割れや表示不良• ・ディスプレイの変形により隙間が発生し防水機能が低下• ・バッテリー自体の性能低下による速いバッテリー切れ• ・膨張したバッテリーが他パーツに干渉しホームボタンなどの感度が悪化 「まだ動くので大丈夫だからそのまま使い続けよう!」とお考えの方もいるかもしれません。 しかし発火などの危険性もあるので膨張してしまった場合はメーカーやキャリア、町の修理店などでバッテリーを交換することが最善の策と言えます。 ただ、中には安く済ませようと自身でバッテリー交換をお考えの方もいるかもしれません。 しかし、バッテリーを傷つけて爆発してしまうことや別の部品を壊すこともあるので、 ご自身でのバッテリー交換は絶対にしないようにしましょう。

次の

【故障】スマホのリアケースが浮いてきた!隙間があいている理由は電池パックの膨張!|携帯はやっぱりdocomo!

スマホ バッテリー 膨張

スポンサードリンク バッテリーが爆発する理由 バッテリーの正体はリチウムイオン電池 スマートフォンの電池やモバイルバッテリーには、一般的に リチウムイオン電池という電池が使われています。 特徴としては、小型軽量かつメモリー効果(電池残量をゼロにしてから充電しないと充電可能な最大容量が減ってしまう現象)による悪影響がなく、環境負荷の少ない材料を用いて作られている電池ということです。 膨張する原因は? では実際に膨張する理由をみてみましょう。 パソコンメーカーや携帯電話会社のサイトで、バッテリーについて書いてあるページを探しました。 各社ともバッテリーについて説明されているページがありましたが、その中でもパソコンメーカーである「HP」のページが一番わかりやすかったのリンクを貼っておきます。 他にもいろいろ調べてみた結果、 リチウムイオン電池の劣化に伴い、電解質が酸化しガスが発生することによって膨張が引き起こされているようですね。 こちらが私が使っていたバッテリーです。 こんな感じでケースが浮いちゃってます。 安全性は? ここが一番気になるところ。 大手のキャリアやメーカーのサイトなどを確認したところ、ほとんどで「 膨張が起こっても安全」と書いてあることが確認できました。 参考までに、キャリア2社のリンクも貼っておきますね。 電池パックの寿命が近いと考えられます。 電池パックは消耗にともない膨らむ場合があります。 これはリチウムイオン電池の特性であり、安全上問題ありません。 この事象はリチウムイオン電池の特性として、充放電の繰り返し、高温環境下におけるご利用によって電池の劣化が進む過程で生じるものであり、正しくご使用される限り、電池パックが膨らむことによる異常な発熱、および破裂など安全上の恐れはございません。 今後もご安心してご使用いただけますようお願いいたします。 しかし、安心するにはちょっとだけ早そうです。 2016年に起きたGalaxy Note 7の炎上・爆発事件以降、特にメーカー以外のサイト等では徐々に流れが変わってきており、 バッテリーの膨らみの危険性を指摘する論調も目立ってきているんです。 危険性については、こちらのサイトで分かりやすく解説されていました。 リチウムイオン電池の寿命は? リチウムイオン電池の寿命はといいますと、保証期間が定められていたりと「 期間」と思われがちなのですが、 実はほぼ 充電回数で決まります。 この辺の詳細についても、HPのページで詳しく解説されていましたので、リンクを貼っておきます。 膨張したバッテリーの危険性は0ではない 今回いろいろと調べた結果をまとめると、 「膨張しても安全なようには作られてはいるが、爆発・炎上する可能性はなくはない」といった結果となりました。 メーカーが信頼の置けるメーカーであれば、ほぼ問題なさそうですが、そうでなければ製品に不具合があった場合などを考えるとちょっと怖いですね。 私もでしたが、特にメーカー不詳の安物を使っている場合などは、 バッテリーの膨らみが目立つようになってきたら早めに買い換えるのが無難そうです。 最後に私が今使っている おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。 実際に今も使っていますが、 コスパは最強だと思います。 iPhone7を使っていますが、 余裕で3回はフル充電可能です。 もはや、モバイルバッテリーを1日で空にすることが至難なレベルです。 「Anker」はモバイルバッテリーのメーカーでは、老舗の非常に信頼の置けるメーカーです。 また、この機種は 価格・容量・大きさのバランスが秀逸で、実際にかなり重宝しています。 こっちは、めちゃくちゃ薄いです。 バッグに入れても邪魔になりません。 USBポートが2つあるのも良いですね。 アルミのボティもいい感じ。 お尻のポケットとかに入れて持ち歩く場合は、こちらがおすすめです。 どちらのバッテリーも、スペックについては概ね説明書通りだと感じました。 モバイルバッテリーって意外と説明書通りの性能が出なかったりするので、購入する時はレビューなどを確認しておくと良いです。 まとめ どんなに高価なバッテリーでも、一年使えば必ず性能は落ちてくるので、 買い替えを前提に購入するのが賢い選択です。 ご紹介したバッテリーのような価格帯とスペックを選択すれば、大外れはないと思います。 大容量モバイルバッテリーを持って、安心してお出掛けしましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

次の

スマホのバッテリーが膨張!危険なのか?安全性と対処方法を調査

スマホ バッテリー 膨張

スマートフォンの宿命、バッテリーの劣化。 これに伴い電池パックが膨れる、というバッテリー膨張を経験したことがあるかたも多いのではないでしょうか。 私はスマートフォンでの経験はありませんが(気づいていないだけかもしれませんが)、他の家電では何度か経験したことがあります。 数年前に Z3やZ3 Compactなど(その他の機種でも報告があったように思います)でバッテリー膨張が原因でバックパネルが浮いてくる、という現象が多数報告され一時問題となったことがあります。 このバッテリー膨張、「危険!」「すぐに電池パック交換すべき」というのが一般的な認識で、同様の内容の記事がネット上にも多数あふれています。 しかし今回、このスマートフォンのバッテリーの膨張自体は仕様であり、特に危険ではない、という事実が明らかになりました。 これ、Twitter上のが最初に紹介したもので、私も「危険」と思っていたうちの一人。 うーん、これは知らなかった。 というかバッテリーが劣化により膨張することは知っていましたが、それがある程度許容されること、ということは知りませんでした。 ただ、膨張自体に危険はなくても、極度に劣化したバッテリーは危険な場合もあるようで、そういった意味で膨張はバッテリー劣化のインジケーターとなりえるということはあると思います。 また、先述のXperia Z3シリーズのようにバッテリー膨張によりボディーが変形、その結果、圧迫された他の部位が故障するというケースはなどでも度々報告があり、これはやはり間接的な電池パック膨張のリスクだと思います。 さらに膨張したバッテリーが他の部位に圧迫されて破損し爆発や発火という可能性もあると思われます。 よって、膨張したバッテリーそのものに危険性はなくとも、やはり間接的なリスクを考慮して早めに交換・修理をしたほうが無難そうです。 コメントする人は匿名で書き逃げできますが、サイトを運営している側は 非匿名のようなもので畳むわけにはいかない弱者です。 互いの立場を理解して、 コメントで荒らしたり揚げ足を取ることは自重するべき。 アフィリエイトが「危険!解決策はこちら!」って金欲しさで煽る中で 「危険ではない!」というこの情報が検索上位に出てきて煽りを抑止して くれるのは私は非常に有意なことだと思います。 そもそもスマホユーザーなんてディープに検索しませんから、検索上位に 出なければ永遠に「膨らんだら危険だ!爆発する!すぐ捨てないと!」って いうことになり、さらにそれが上に来て不正確な情報で検索結果が埋まります。 実際にインターネット検索はそうなってきています。

次の