ガンプラ 接着 剤。 MGのガンプラって組み立てるのに接着剤は必要ですか?

MGのガンプラって組み立てるのに接着剤は必要ですか?

ガンプラ 接着 剤

しかしプラモデルという構造上、やむを得ず合わせ目消しが必要なキットが存在するのも事実です。 そんな合わせ目を上手に処理する方法を紹介していきたいと思います。 これは背部ビームライフルとモモのパーツです。 左右2パーツで構成されていて、組み上げたブロックの中央部に合わせ目が見えています。 この合わせ目を消すことで、よりリアルに仕上げられます。 最もスタンダードな合わせ目消しの方法は、接着剤を使って合わせ目を消すこと。 通常の接着剤をパーツの両側に塗り、両パーツを押しつけます。 すると接着剤がはみ出してきます。 このはみ出した接着剤がパテの代わりとなり、仮にパーツの合わせ目に隙間が合っても、はみ出した接着剤が隙間を埋める効果を発揮します。 流し込み式の接着剤を使用しても、基本的な作業は同じです。 ただし、流し込み式なので、パーツを先に合わせてから接着剤を使用します。 その後パーツを押し付け、接着剤をはみ出させるのは同じです。 接着剤が乾燥したら、600番程度の紙ヤスリを使用して、このはみ出した接着剤を削っていきます。 両パーツの高さが揃うまでヤスリがけを行うと、合わせ目は消えています。 パーツの成形色や状態によっては、塗装を行わなくても合わせ目がほとんど見えない状態にすることも可能です。 これはスネの写真です。 方法はいたって簡単です。 両パーツの合わせ部分のエッジをカッターナイフでカンナがけを行い、角度を付ければ完了です。 合わせ目のスジ彫り化が終わり、スネパーツと組み合わせたところ。 作業的にはこちらの方が圧倒的に簡単で作業時間の短縮にもつながります。 写真は胸部から頭部にかけてのパーツです。 このブロックはハンブラビの特徴的なデザインと構造をしており、内部にモノアイが仕込まれているので、合わせ目は接着せず、完成後もメンテナンスが可能なようにしておくと便利という考えもあります。 これは「タガネ」という模型用のツールです。 1~2. 0ミリ程度まで、0. 1ミリ刻みで、各種サイズが揃っています。 今回は見えやすいように0. 4ミリの「タガネ」を使用して溝を彫り込んでいきます。 パーツの片側を平らなブロックなどに乗せ、パーツの外周部に「タガネ」を横にスライドさせ、0. 4ミリの段差を彫り込んでいきます。 このとき、ブロックにプラモデルのパーツをぴったりとくっ付け、パーツが浮かないように注意してください。 4ミリ以上の幅広の方が目視しやすく効果的といえます。 逆に0. このように合わせ目のスジ彫り化といっても、その溝の形状で効果や工作法が異なります。 スジ彫りを彫る場所や形状によって、断面形状や太さ(幅)をコントロールして、より美しいスジ彫りを彫り込むように心がけましょう。 後編では、さらに一歩踏み込んだスジ彫りの工作法について説明したいと思います。 関連情報•

次の

「ガンプラ」に接着剤がいらないことを知ったオッサンが、人生で初めて接着剤を使わずにガンプラを組み上げた

ガンプラ 接着 剤

ども、がく()です。 ガンプラの合わせ目消しですが、前回の「」では 「黒い瞬間接着剤」を塗る前に、タミヤの 「硬化促進剤(瞬間接着剤用)」を塗る、ってなことをやりました。 しかし、前回のブログの最後に 終わってからよくよく調べると、「黒い瞬間接着剤」にベビーパウダーを混ぜるとよいのだとか。 ってことを書いたところ、フォロワーさんから超ありがたいアドバイスをいただきました。 oskgaku 記事中の末尾にも書いてらっしゃいますが、ジョンソン・アンド・ジョンソンのベビーパウダーをしこたま混ぜ込んでやると、削りやすさはもちろんですが、硬化促進剤をスプレーするまで1時間くらいは固まらないので、薄塗り&はみ… ベビーパウダーをしこたま混ぜるとな!そうすると硬化した 「黒い瞬間接着剤」も削りやすい模様! なるほど!!これは目からウロコ!!ありがたし!! ということで、今回は 「黒い瞬間接着剤」にベビーパウダーを混ぜて、硬化したあと削りやすいのかどうかやってみます~。 今回の合わせ目消し作業結果 今回もまずは結果を報告しますよ。 わたくしが色々と試した結果、合わせ目消しには ベビーパウダーと 「黒い瞬間接着剤」の混ぜ合わせ配合は ベビーパウダー: 「黒い瞬間接着剤」= 1:1 というのがよかったです。 これならばすぐに硬化してくれるし、削りやすさもかなりよさげ! サーフェイサー、吹いてみました。 「黒い瞬間接着剤」と、ベビーパウダーを混ぜる配合ってのは色々とあるようなのですが、こちらのツイートが大変参考になりました。 12 シアノンとベビーパウダーを混ぜ、パテを作り、気泡に少し盛り上がる程度に盛ります。 その後瞬間接着剤硬化促進剤をスプレーします。 ベビーパウダーの量が少ない程、固まった後は固く、多い程切削しやすいですが、再度気泡が入りやすくなりますので調整が必要です。 まだたくさん余ってるのでw それと、ハイキューパーツさんの公式ブログで「」というwebサイトを拝見しますと、瞬間接着剤とベビーパウダーを混ぜることについて、 よく混ぜないと硬化不良を起こしますのでしっかり混ぜたほうがいいです というように記載されておりました。 ベビーパウダーの配合が少ない場合、メリットとデメリットは逆になる、と。 ということは、合わせ目消しではなく、穴を埋めたいだとかという場合は、ベビーパウダー少なめで混ぜて塗って、その上から硬化促進スプレーなんか吹きかけてあげればいいんですね。 それと、ベビーパウダーを混ぜると気泡がでるようなのですが、わたくしは合わせ目消しに使う程度で、薄く盛っていたので、気泡がでることはなかったです~。 接着力が弱まる? この混ぜるタイプの合わせ目消しですが、瞬間接着剤はベビーパウダーを混ぜることで、接着力はワリと落ちてしまうようです・・・。 (わたくしのやり方がマズイだけかもですが・・・。 なので、わたくしは、もう割り切って、合わせ目にに を塗ってしまい接着(目的は接着でムニュっとするワケではないw)してから、 「硬化促進剤(瞬間接着剤用)」を塗ってしまってます。 パーツを合わせた状態で、合わせ目の上から 「Mr. 兎にも角にも、ベビーパウダーと 「黒い瞬間接着剤」を混ぜたのでした。 塗るタイプの硬化促進剤を使う理由 硬化促進剤ですが、オーソドックスなやり方は硬化促進スプレーを吹きかけるパターン。 なにげに、外に出るってのがいちばん面倒くさい(笑) それに、合わせ目に 「黒い瞬間接着剤」とベビーパウダーを混ぜたものを塗るだけなので、量は少なめなので、先に 「硬化促進剤(瞬間接着剤用)」を塗っておいても浸透してくれるかと。 合わせ目消し作業5工程 ってなことで、合わせ目消し作業をしていきます。 この合わせ目を消していきますよ。 「黒い瞬間接着剤」とベビーパウダーを混ぜたものを用意しておきます。 ちなみに、わたくしは養生テープの上で混ぜ混ぜ作業をしました。 これなれば、終わった後は養生テープを剥がして捨てるだけ。 養生テープは粘着力弱いからすぐに剥がせて便利w 合わせ目消し作業1) 「硬化促進剤(瞬間接着剤用)」を塗る まずは合わせ目にタミヤの 「硬化促進剤(瞬間接着剤用)」を塗っておきます。 そんなにたくさん塗る必要はないです。 一度塗るだけで十分かと。 合わせ目消し作業2) ベビーパウダーと黒い瞬間接着剤を混ぜたモノを塗る 次にベビーパウダーと 「黒い瞬間接着剤」をしっかり混ぜたものをを使って塗っていきます。 やはり厚く塗ってしまうと、乾燥時間は長くなってしまいますね・・・。 乾燥時間に関しては、状況に応じて変えていく、って感じです。 合わせ目消し作業4) 削る あとは削るだけ。 ベビーパウダーと 「黒い瞬間接着剤」を混ぜたモノを使う最大の恩恵はこの削る作業。 サクサク削れちゃうので、今回わたくしは「」でも紹介したBMCダンモを使って削りました。 いや~、ホントにサクサクと削れますわ。 気持ちイイ(笑) 仕上がり具合を確認 最後にスプレー缶のサーフェイサーを吹いてみました。 合わせ目はしっかり消えてる!よかった!嬉しい!(笑) 400番のやすり跡が消えてなかったりするけど、そこはスルー!(笑) ちなみに、サーフェイサーについてはを参考にしていただければと思います。 今回使ったスプレー缶サーフェイサーは「Mr. サーフェーサー 1200 徳用(グレータイプ)」を使いました。 まとめ 今回、合わせ目消しについて色々と調べましたけど、合わせ目消しって、やり方も道具も材料も、人によって様々な種類がありますね。 慣れている人なんかだと、合わせ目に瞬間接着剤を塗っただけで、後は乾燥を待って削るだけ、とかいうパターンもあるようですし。 まぁ結局は、合わせ目消しについても「これが正解」っていうものはなく、自分にあった方法でやればよくて、最終的に合わせ目消えてればOKですもんね。 ということで、今回のわたくしの合わせ目消しの方法も、みなさまの参考になれば、って感じです。

次の

【ガンプラ改造】装甲にメタルパーツを埋め込む方法【ディテールアップ】|ラブプラ

ガンプラ 接着 剤

スポンサーリンク どんな接着剤を使う? このやり方ではドロッとした 貼り合わせタイプの接着剤を使います。 主成分の有機溶剤に加え、プラモデルのパーツと同じ合成樹脂 スチロール樹脂 が含まれています。 昔からある接着剤で スチロール系の接着剤と呼ばれたりもしますね。 私が少年の頃はコレしか無かった 接着目的で使う時はパーツの合わせ目にハケで塗布し、パーツどうしを貼り合わせて使います。 プラモデルコーナーには必ず や 、 のいずれかがあるので入手も簡単です。 大容量の角瓶だと使い切る前に有機溶剤が揮発して固くなってしまうので、以前まで私は少容量の六角瓶を使っていました。 しかし六角瓶は安定性が悪く、仕上げ前のガンプラの側で倒して接着剤まみれにしてからは、容器が安定する白蓋・角瓶を使うようにしています。 SNSなどでベテランモデラーさんの作業スペースを拝見しても、角瓶を愛用している方がほとんどな印象です。 貼り合わせタイプの接着剤を使った合わせ目消し それでは実際のやり方を紹介しますね。 接着剤を塗る• パーツの貼り合わせ・乾燥• ヤスリがけ の3ステップで進めていきます。 上の画像の赤枠の合わせ目を消します。 step 1接着剤を塗る まずパーツの合わせ目に接着剤をたっぷり塗ります。 片側だけだとプラスチックが十分溶けなかったりするので、 両側のパーツに塗りましょう。 パーツの内側から外側にハケを動かすとうまく塗れます。 1回でたっぷり塗るのが難しい場所などは 2回塗りしてもいいでしょう。 とにかくこの段階では、 両側のプラスチックをしっかり溶解させる事がポイントです。 step 2パーツを貼り合わせる パーツどうしをグッと合せて密着させます。 すぐに手を離さずに、20秒ぐらいは押さえ続けたほうがいいですね。 この後は3日~1週間かけてじっくり乾燥させます。 私は甘く見てすぐにヤスリがけしてましたが、塗装段階になってヒケてた事が何度かあったので乾燥期間をキッチリとるようにしてます。 押さえ続けるのが大変な場合はクランプやクリップを活用するといいでしょう。 他の作業をする間しばらく挟んだままにしておきます。 バズーカなどの長物は全体的に押さえるようにしましょう。 飛行機モデラーさんが機体のモナカ合わせを処理する時は、よくマスキングテープや輪ゴムなどを使って全体をぐるぐる巻きにしてますね。 step 3ヤスリがけ 3日~1週間経って内部までしっかり乾燥させたら、はみ出たプラスチックをヤスリがけで削ります。 例は平面なので、 を を半分に切った物に両面テープで貼り付けて使っています。 何番のヤスリまでかけるかは仕上げ方や個人によってマチマチです。 ミリタリー調でつや消し仕上げがメインの凄腕モデラーさんで、基本は400番までという方もいます。 教科書的には800番までヤスリがけしておけば、簡単フィニッシュ・全塗装どちらも対応できるでしょう。 カーモデルのようにピカピカの光沢仕上げにする場合、1,000~1,500番までペーパーがけする場合もあります。 塗るのに時間がかかる• 乾燥に時間がかかる• 完全に消す事はできない 貼り合わせタイプの接着剤を使う場合は塗るのに比較的時間がかかります。 そんな場合は二度塗りしたり、流し込みタイプの接着剤を使った方法で合わせ目消しをするといいでしょう。 乾燥に時間がかかるのが時間のないモデラーさんが一番気にする点じゃないでしょうか? 時間の無い場合は瞬間接着剤や速乾性のパテを使うといいかもしれません。 接着剤を使った方法は「合わせ目をほとんど目立たなくする」事はできますが「完全に消す」事はできません。 プラスチックに含まれている顔料?染料?が有機溶剤の影響で揮発?変質?するので、合わせ目周辺が多少白っぽくなります。 プロモデラーさんでも完璧に消す事は不可能と言っているので、これは仕方ないですね。 どうしてもこだわりたい場合はランナーパテを使用するといいでしょう。

次の