カラー コーディネーター 2020。 カラーコーディネーター検定試験®

カラーコーディネーターになるには|資格の種類と就職事情

カラー コーディネーター 2020

カラーコーディネーター検定とは、仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験です。 「商品を引き立たせる並べ方」や「照明の明るさや誘導表示の色」など、色の関する基礎知識を学びます。 経済団体である商工会議所が主催する検定試験を合格する必要がありますので、他のカラー関係の検定より信頼される傾向にあります。 試験対策の勉強方法は東京商工会議所が出版している専用のテキストと問題集がオーソドックスです。 しかし、試験対策とは言え専用のテキストと問題集は文章が回りくどくとても難しいうえに、字がメインになりますが、カラーにまつわる検定の公式テキストなのに、強調や要点の色分けも無いので非常に分かりにくくとても理解しにくいです。 私はそういった箇所は違うテキストを使って調べながら理解を深めていき、実際に約一年の独学でカラーコーディネーター検定2級まで取得出来ました。 カラーに関する検定ですので公式テキストも含めて当然フルカラーでないと勉強できませんのでご注意下さい。 フルカラーですと、印刷用紙がツルツルして書き込みにくいかもしれませんが、極力そういった参考書は避けた方がストレスなく勉強できます。 勉強するにあたってこの公式テキストをベースにすると良いと思います。 試験主催者とテキスト発行者が同じなので、試験はこの公式テキストから出題されるはずですので、試験に必要な事は全てここから学べるはずです。 しかし文字が主体となっており、この1冊で全て理解するには膨大な手間と時間がかかります。 公式テキストで分かりにくい箇所、理解出来ない箇所は他のテキストを使った方が速く深く理解できます。 そこでお勧めなのが「 」と「 」の組み合わせです。 公式テキストと合わせて、この2冊の組み合わせをしっかり読んで勉強すれば試験は合格出来ると思います。 また、公式テキストは結構ダラダラと黒い字で書いてある箇所が多いですが、上記テキストではポイントや大切な箇所を色分けや文字の大きさで強調してあったり、章単位でのまとめや穴埋め問題などがあるので理解している実感が湧き楽しく勉強できます。 この本には過去問が過去5年の中から抜粋されて掲載されており、予想問題も沢山載っています。 なので3級ならこれをやり込むだけで十分かもしれません。 実際に私はこの公式問題集だけで3級は一発合格しました。 しかし2級は問題のボリュームも増え、より深い理解を問われるのでもう1冊問題集があったほうが安心出来ます。 この2冊には問題集、過去問も載っているので公式問題集と上記2冊を使って勉強すれば理解がより深まり合格出来ると思います。 そして、上記テキストの方が回答の解説に関しても視覚的に分かりやすく説明されているので分かりやすいです。 ここで、注意が必要なのは2級で、2014年頃に2級のみ大幅に改定され、公式テキストも問題集も全くの別物になってしまっています。 例えば公式テキストは、ある章の一部だけ殆ど同じで後それ以外は全然違う内容になっています。 参考記事.

次の

試験要項

カラー コーディネーター 2020

カラーコーディネーター検定とは、仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験です。 「商品を引き立たせる並べ方」や「照明の明るさや誘導表示の色」など、色の関する基礎知識を学びます。 経済団体である商工会議所が主催する検定試験を合格する必要がありますので、他のカラー関係の検定より信頼される傾向にあります。 試験対策の勉強方法は東京商工会議所が出版している専用のテキストと問題集がオーソドックスです。 しかし、試験対策とは言え専用のテキストと問題集は文章が回りくどくとても難しいうえに、字がメインになりますが、カラーにまつわる検定の公式テキストなのに、強調や要点の色分けも無いので非常に分かりにくくとても理解しにくいです。 私はそういった箇所は違うテキストを使って調べながら理解を深めていき、実際に約一年の独学でカラーコーディネーター検定2級まで取得出来ました。 カラーに関する検定ですので公式テキストも含めて当然フルカラーでないと勉強できませんのでご注意下さい。 フルカラーですと、印刷用紙がツルツルして書き込みにくいかもしれませんが、極力そういった参考書は避けた方がストレスなく勉強できます。 勉強するにあたってこの公式テキストをベースにすると良いと思います。 試験主催者とテキスト発行者が同じなので、試験はこの公式テキストから出題されるはずですので、試験に必要な事は全てここから学べるはずです。 しかし文字が主体となっており、この1冊で全て理解するには膨大な手間と時間がかかります。 公式テキストで分かりにくい箇所、理解出来ない箇所は他のテキストを使った方が速く深く理解できます。 そこでお勧めなのが「 」と「 」の組み合わせです。 公式テキストと合わせて、この2冊の組み合わせをしっかり読んで勉強すれば試験は合格出来ると思います。 また、公式テキストは結構ダラダラと黒い字で書いてある箇所が多いですが、上記テキストではポイントや大切な箇所を色分けや文字の大きさで強調してあったり、章単位でのまとめや穴埋め問題などがあるので理解している実感が湧き楽しく勉強できます。 この本には過去問が過去5年の中から抜粋されて掲載されており、予想問題も沢山載っています。 なので3級ならこれをやり込むだけで十分かもしれません。 実際に私はこの公式問題集だけで3級は一発合格しました。 しかし2級は問題のボリュームも増え、より深い理解を問われるのでもう1冊問題集があったほうが安心出来ます。 この2冊には問題集、過去問も載っているので公式問題集と上記2冊を使って勉強すれば理解がより深まり合格出来ると思います。 そして、上記テキストの方が回答の解説に関しても視覚的に分かりやすく説明されているので分かりやすいです。 ここで、注意が必要なのは2級で、2014年頃に2級のみ大幅に改定され、公式テキストも問題集も全くの別物になってしまっています。 例えば公式テキストは、ある章の一部だけ殆ど同じで後それ以外は全然違う内容になっています。 参考記事.

次の

お知らせ|2020年度夏期検定 中止のお知らせ|色彩検定協会/カラーコーディネーター

カラー コーディネーター 2020

公式サイトから申し込み 何はともあれ、カラーコーディネーター検定試験を受験するためには、公式サイトから受験申込の手続きをする必要があります。 試験の申込登録期間が決まっているので、手続きしようと思ったら申込期限を過ぎていたなんて事にならないように、カラーコーディネーター検定試験を初めて受験する方々は、なるべく早めに申込を済ませちゃいましょう。 独学の場合公式テキストはオススメしません 私がカラーコーディネーター検定試験3級を独学で勉強しようと思った時、Amazonで「 カラーコーディネーター検定試験 公式テキスト」というものを見つけ、何も考えず「 公式」というワードにつられて思わずポチりました。 そりゃ誰だって「 公式」と記載されていたらポチるでしょ? そして、いざテキストが届き、さぁ勉強するぞと始めたは良いけども…。 文字量が多く、独学で勉強するには理解しづらい内容でした。 なんていうか…「 生徒の事を考えずに、知っている事だけを喋っている先生」みたいな感じで、読んでも全く頭に入ってこなかったですね。 せっかくの公式テキストなんだし、カラーコーディネーターって感性に関わる資格だと思うので、もっと図や写真を使ってわかりやすく作ってほしかったです。 説明を省略する事もなく、ボリューム・内容共に問題ないと思いますが、それがハードルを上げている気がするので、独学で勉強しようと思っている方には公式テキストをあまりオススメいたしません。 独学の方に公式テキストをオススメしないもう一つの理由 初学者や独学で勉強する方が読んでも理解しづらいという以外にも、公式テキストをオススメしないもう一つの理由があります。 「」という記事の中でも紹介しているのですが、カラーコーディネーター検定試験のために勉強した事って、なんだかんだで日頃の仕事で役に立つ事が多いんです。 デザイン関係の仕事って理論的な考えも大切ですが、同じくらい興味やワクワクという感情的な部分も大切なので、興味を持つか持たないかで結果が大きく変わる仕事だと思います。 そういう事を踏まえると、私は興味を持って楽しく試験勉強できたので、 カラーコーディネーター検定試験の「知識」を「スキル」として仕事に活かせているのかなぁと感じています。 これがもし、公式テキストでガリガリに知識だけを詰め込んだ状態だと、合格する事が目的になってしまい、実務に役立つレベルにならなかったと思います。 私の場合は、テキストや問題集以外にも書籍を読んだり、単語や概念をネットで調べたりと、積極的に自分から情報にアクセスしていた事も大きいと思うので、試験勉強以外に、色に関する情報を吸収して興味と知識を広げることをオススメします。 イメージを形にできる新しい配色の教科書。 見やすい構成なので欲しい配色がすぐに見つかる! 全127項目のテーマと合計3175選の配色数なので、デザインからビジネス、趣味、実用とあらゆる利用シーンですぐに役立ちます。 雑誌を眺めるような感覚で配色が楽しめるので「色」が好きな人、興味がある方にオススメの本です! 話がそれてしまいましたが…公式テキストの内容は良い内容だと思うんです。 でも、やっぱり勉強は楽しくないと身につかないですよね。 楽しく興味を持って勉強できれば、 知識がスキルになって仕事にも活かせると思うのですが、公式テキストがそうしたキッカケになるとは思えませんでした。 あくまで私個人の見解ですが、初めてカラーコーディネーター検定試験の勉強をする方や独学で勉強しようと思っている方には、あまり公式テキストはオススメいたしません。 独学・初心者は「認定講師が教えるシリーズ」がオススメ 初めてカラーコーディネーター検定試験を受験する方、特に独学で勉強しようと考えている方には、成美堂出版の「」がオススメです。 その理由は以下の3点です。 図や画像が多く見やすい• 簡潔にまとめている• 受験者の立場を理解している まぁ、先に公式テキストを読んでいたので、余計に読みやすく感じたかもしれないけど、 図や画像が多く掲載されているのでイメージがつかみやすいし、要点もまとまっているので初学者が読んでも、理解できなくて諦めることはないと思います。 各セクションの最後にまとめ問題が掲載されているので、覚えたことを復習ができる構成になっているし、巻末には過去問題もついているので、試験のシュミレーションができるのも嬉しいです。 各章ごとに確認問題、巻末には本試験形式の模擬試験2回分を収録。 試験に出る図表や用語をまとめた「別冊暗記BOOK」も付属しています。 内容も分かりやすくまとめられており、赤シートで隠しながら暗記できるのも嬉しいです。 公式問題集は買っておくべし! カラーコーディネーター検定試験の公式テキストは、初学者にあまりオススメできませんが、は絶対に買って損はありません。 ていうか、 絶対に買っておくべきです! カラーコーディネーターの公式問題集は、過去問題をまとめた作りになっているのですが、自分が受験した時は 半分近くは公式問題集で見た事があるような問題が出題されていました。 公式問題集を3周ほど勉強して、過去問題に関しては「 ほぼ完璧」な状態で試験に臨んだせいか、気持ち的にも時間的にも余裕を持って問題を解けたし、無事に合格できました。 当然、見たことのない問題も出題されるわけですが、 過去問題の出題傾向は比較的高い方だと感じました。 過去問題を勉強するかしないかで結果が大きく変わると思うので、 公式問題集を使って問題に慣れることをオススメします! 信頼の「公式」問題集。 3級公式テキストに完全対応した本番さながらの充実した設問内容。 過去問題付きなので傾向と対策もバッチリ!カラーコーディネーター検定試験3級受験者には必須の一冊です。 まとめ カラーコーディネーター検定試験に限らず、絶対に合格する勉強方法というのは無いと思うのですが、やっぱり勉強そのものが楽しくないと続かないですよね。 そう言った意味でも、今回紹介した公式テキストは読んでもあまり楽しくなかったわけで、少しでも楽しく勉強ができるを紹介させてもらいました。 決して、公式テキストで勉強しても意味が無いと言っているわけではありませんので、興味がある方は一読してみてください。 カラーコーディネーター検定試験の勉強で覚えたことは、いろんなシーンで役に立っています。 ただそれは、私自身が色について興味を持ち、楽しく勉強できた結果だと思うので、これからカラーコーディネーター検定試験を受験する皆さんも、楽しく勉強して有意義なカラーコーディネートライフを送っていただきたいと思います! 「独学や初めてカラーコーディネーターを受験する方には公式問題集がオススメ!」でした。

次の