レピドラ。 レビトラ錠の適正使用|EDネットクリニック|バイエル薬品

【REVITRAX(レビトラックス)】精力剤としての評価とED治療薬レビトラとの関連性

レピドラ

クリックした箇所から読めます• レピドライト浄化 鱗片状という鱗のような結晶なので剥離しやすい性質があります。 また、石の表面に細かな白い傷がついてしまうことが多いため、取り扱いには充分意注意が必要です。 水などにも弱いため取り扱いには注意が必要です。 色合いが赤紫に近く、透明感があるものは良質です。 さらに美しい艶があり、雲母がキラキラと輝いて、まるで生きているような輝きを放ちます。 秘的な力で、奇跡的を起こすとも言われ、すべてがうまくいくようになります。 神経が休まり、悪夢から守ってくれるので睡眠の質も良くなると言われています レピドライトの効果 「変革の石」と呼ばれているレピドライトは、現状を打破したいと感じる時に効果を発揮してくれます。 不必要なこだわりや思い込みがクリアになり、マンネリを解消できるでしょう。 また、人生の転機を迎えた時、さまざまな大きな変化やチャレンジの時に、慣れない環境や新しい状況に上手く順応することをサポートしてくれます。 新しいことに挑戦したいけれど、なかなかー歩を路み出せない人や、これまでに積み上げてきたこだわりや、今では足かせとなっている思い込みを捨て去る勇気をもたらすため、変化を怖れ、前に進めない人には最適の石といえます。 がむしゃらに努力を促すのではなく、人生の変わり目のタイミングを見計らい、一番良い結果が出る方向ヘと導いてくれます。 そして思ってもみないスピードでレピドライトは飛躍をさせてくれるでしょう。 緊張や不安を感じることなく、流れに身を任せる事ができます。 レピドライトの意味 雲母 マイカ にリチウムが多く混入したものがレピドライ卜であり、光沢のある独特の灰紫色を生み出しています。 リチウムの含有量によってピンク、赤紫色、紫灰色、白色、無色になります。 まるでミルフイーユのように薄いプレート状の結晶が何層にも重なることが特微的で「六角板状」「塊状」など様々です。 透明または、半透明で光沢を放ち、一定の方向で鱗のように剥がれるため、ギリシャ語の「鱗 lepidos 」が名前の由来です。 例えば、海水浴で海岸で砂を掘ってみた事はありませんか? 水が溜まった穴にキラキラと舞い「あっ、砂金? 」と思い心弾ませたものは、 じつは風化して脱色したレピドライトです。 この様なものを、日本では皮肉って「猫の金」といいます。 レピドライトの多くは、特徴的に多層構造を持っており、極めて薄く剥がれる。 「千枚はがし」と言われる様に、かなりの薄さにまで同じ様に剥ぎとれます。 レピドライトは電磁波から守ってくれる レピドライトは電気や熱、電磁波に対して特別に強く、その性質を利用して絶緑体になどにも使われています。 以前はアイロンの中にレピドライトの板が入っていました。 そのため、電磁波などから体を守ってくれるという効果もあります。 レピドライトインクォーツ レピドライトインクォーツは全面をレピドライトに覆われている水晶で、よく見るとレピドライトがインしている部分もございます。 まるでブーケのように見えるのが特徴で、こちらはレピドライトインクォーツの美しい原石です。 水晶に含まれるものは古くから彫刻品などにも使われており、レピドライトインクォーツとして愛されてきました。 硬度が低いため、傷っきやすいので注意が必要です。 レピドライトの原石は非常にもろいので貴重な逸品です。 当てるために買っているのに 実際、当たっちゃうと人間パニックになるみたいです。 レピドライトのおかげだぁ~とか言いながら 小躍りしてました笑 二人目の方は、当店の常連様です。 普段からレピドライトをつけてられて、当選がわかってすぐにお店にメールがきて本当にビックリされたようです。 レピドライトのルース 限定! 大人気のレピドライトに、珍しいヒーリングルースをご紹介します。 レピドライトのルースは非常に稀で、ヨーロッパではすでにヒーラー向けに1万個完売したということです。 レピドライトの高品質というものは珍しいのですが、特にこういったルースはとてもとても珍しいです。 ルースは、ヨーロッパのヒーラー様がこぞって買っているということで、すでに1万個完売しているということでした。 変革の力を持つ石として、近年人気のレピドライトは画像でお伝えできないのが残念ですが、赤紫色の深~い色に、雲母の効果で、きらきらとシラーがでます。 ラピュタの飛行石の炭鉱で、おじいさんが明かりを消すと、飛行石の結晶が星のようにまたたきますが、まさにあれです。 アダルトな雰囲気もございますので、男性にもオススメです。 レピドライトは、辛い状態を挑戦するエネルギーに変える事ができます。 持ち主にパワーを与え困難を克服させます。 レピドライトのブレスレット 大人気のレピドライトのブレスレットをご紹介します。 ピカピカと光るレピドライトですが、このランクのレピドライトは現在なかなか入手が困難です。 当店でも何度か宝くじの高額当選をなさった方がいらっしゃるのですが、皆様レピドライトのブレスレットを着けていらっしゃったときでした。 レピドライトの高品質というものは最近珍しくなってしまいまして、今流通しているものの多くはボソボソとしていて、艶が無く、傷や色むらが激しいものばかりです。 レピドライトの良し悪しは一見、見分けるのが難しく、ランクの違いがあまりわかりません。 評価にはいくつかの定義がございまして、まずは色があげられます。 色合いが均一なものは良質です。 さらに美しい艶があり、雲母がキラキラと輝いて、まるで生きているような輝きを放ちます。 ですが、一見地味なストーンですので、よく並べて比較してみないとわかりません。 ランクの低いものは、黒っぽいか、黄色っぽく、艶感があまりないのが特徴です。 ピンクトルマリンインレピドライトシリカのブレスレット 当店で人気の高いレピドライトに同じく人気の高いピンクトルマリンが入り込んだピンクトルマリンインレピドライトシリカのブレスレットをご紹介します。 ピンクトルマリンはレピドライトや他雲母などと共生することが多く時にピンクトルマリンからレピドライトへ変化します。 そのため、レピドライトには変化するという暗示もございましてその暗示の通り、当店のお客様にも様々な現象が起こっています。 こちらのブレスレットにはレピドライトのほかに品質の高いピンクトルマリンとシリカがバランスよく入っておりまして、とても綺麗だったため買い入れました。 透明感がありましてビーズによってはものすごくランクが高いのですが限定数限りです。

次の

レビトラの効果と体験談

レピドラ

1〜1%未満 0. 01〜0. 75時間にピークに達し,以後約3. 2〜5. 94(1. 72) 10. 05(1. 86) 0. 75(0. 50〜1. 00) 3. 19(1. 08) 20mg 44. 14(1. 39) 18. 35(1. 29) 0. 75(0. 50〜1. 00) 3. 98(1. 46) 40mg 137. 73(1. 72) 51. 71(1. 86) 0. 75(0. 75〜3. 00) 5. 33(1. 4mg1日1回(国内承認用法・用量は0. 2mg1日1回食後投与)反復投与時の定常状態において,バルデナフィル10mg,20mg及びプラセボをタムスロシン投与4時間後並びに投与10時間後に単回投与した.バルデナフィルをタムスロシン投与4時間後に投与した場合,プラセボを投与した時に比べて,立位の収縮期血圧で最大8mmHg,拡張期血圧で最大7mmHg低下した.バルデナフィルをタムスロシン投与10時間後に投与した場合には,立位血圧がそれぞれ最大4〜8mmHg及び3〜4mmHg低下した . タムスロシンによる治療で患者の状態が安定している前立腺肥大患者21例に対し,バルデナフィル5mg及びプラセボをタムスロシンと同時並びに投与6時間後に単回投与した.バルデナフィルをタムスロシンと同時に投与した場合,プラセボを投与した時に比べて,臥位の収縮期血圧で最大4mmHg,拡張期血圧で最大1mmHg低下し,立位の収縮期血圧で最大6mmHg,拡張期血圧で最大2mmHg低下した.バルデナフィルをタムスロシン投与6時間後に投与した場合には,臥位血圧がそれぞれ最大5mmHg及び3mmHg低下し,立位の収縮期血圧で最大4mmHg,拡張期血圧で最大2mmHg低下した . タムスロシンによる治療で患者の状態が安定している前立腺肥大患者23例に対し,バルデナフィル10mg,20mg及びプラセボをタムスロシンと同時に単回投与した.バルデナフィルをタムスロシンと同時に投与した場合,プラセボを投与した時に比べて,臥位の収縮期血圧で最大4〜5mmHg,拡張期血圧で最大2〜3mmHg低下し,立位の収縮期血圧で最大4mmHg,拡張期血圧で最大1〜3mmHg低下した . その他,制酸剤(水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム配合剤),シメチジン,ラニチジン,ジゴキシン,ワルファリン,グリベンクラミド,ニフェジピン,アスピリン,アルコールとの相互作用について臨床試験により検討しているが,バルデナフィル併用による薬物動態学的相互作用は認められなかった.また,本剤投与によりニフェジピン又はアルコールの降圧作用に対する明らかな増強は認められず,さらにワルファリン及びアスピリン使用時の凝固能にも影響を及ぼさなかった . QT間隔に対する影響(外国人における成績) 健康成人男子59例に対し,バルデナフィル10mg,80mg注3,シルデナフィル50mg,400mg注3,モキシフロキサシン400mg及びプラセボを二重盲検クロスオーバー法により単回投与した.12誘導心電図を各単回投与前に3回(投与30日以内,30分前及び15分前)及び投与後に5回(30分後,1時間後,1. 5時間後,2. 6 2. 9 2. 8 投与後 3. 1 4. 1 p<0. 0001 4. 1 p<0. 0001 勃起の維持 N=71 N=67 N=75 投与前 1. 5 1. 6 1. 5 投与後 2. 2 3. 2 p<0. 0001 4. 2 p<0. 1%(15/71例),5mg群では35. 3%(24/68例),10mg群では45. 3%(34/75例),20mg群では54. 5%(36/66例)に認められた. 糖尿病を有する勃起不全患者に対する臨床比較試験 IIEF質問票の内,勃起機能ドメインスコア(質問1〜質問5及び質問15の総和)により評価した結果,バルデナフィル10mg群及び20mg群ともにプラセボに比し有意な改善がみられた.また,20mg投与群と10mg投与群との間に統計学的に有意な差(p<0. 05)が認められた . プラセボ バルデナフィル 10mg 20mg IIEF勃起機能ドメインスコア N=106 N=337 N=335 投与前 13. 7 13. 6 13. 9 投与後 16. 7 21. 4 p<0. 0001 22. 4 p<0. 6%(7/106例),10mg群では22. 0%(74/337例),20mg群では24. 3 10. 7 投与4週後 26. 3 17. 5 投与8週後 27. 3 22. 1 投与12週後 25. 5 22. 0%(4/10例),20mgへ増量した症例では13. 6%(3/22例)に認められた. 国内では,糖尿病及び脊髄損傷を有する患者以外の器質性又は混合型勃起不全患者に対して,バルデナフィル20mgへの増量によるリスク・ベネフィットは検討されていない. 外国データ プラセボ バルデナフィル 5mg 10mg IIEF勃起機能ドメインスコア N=170 N=188 N=195 投与前 13. 6 12. 5 13. 4 投与後 15. 7 18. 6 p<0. 0001 20. 6 p<0. 0001 患者日記/「挿入の成功」(%) N=171 N=189 N=194 投与前 46. 0 42. 8 45. 4 投与後 51. 5 65. 4 p<0. 0001 75. 4 p<0. 0001 患者日記/「勃起の持続」(%) N=171 N=188 N=194 投与前 14. 9 14. 0 14. 6 投与後 32. 7 50. 6 p<0. 0001 64. 6 p<0. 1%(13/182例),5mg群では19. 2%(37/193例),10mg群では33. 2%(66/199例),20mg群では42. 0%(79/188例)に認められた. ヨーロッパ第III相試験 プラセボ バルデナフィル 5mg 10mg IIEF勃起機能ドメインスコア N=158 N=150 N=155 投与前 13. 0 13. 2 13. 0 投与後 13. 6 19. 6 p<0. 0001 20. 6 p<0. 0001 患者日記/「挿入の成功」(%) N=152 N=152 N=151 投与前 41. 7 47. 8 43. 9 投与後 45. 6 71. 6 p<0. 0001 76. 6 p<0. 0001 患者日記/「勃起の持続」(%) N=151 N=152 N=151 投与前 15. 9 14. 6 15. 9 投与後 24. 9 54. 9 p<0. 0001 61. 9 p<0. 0%(16/160例),5mg群では19. 1%(30/157例),10mg群では27. 7%(44/159例),20mg群では40. 11 性状 本品は白色〜微黄色又は微褐色の結晶性の粉末である. 本品はエタノール(99. 5)又は水にやや溶けやすい. KEGG DRUG 包装. Rajagopalan,P. et al. , バイエル薬品社内資料[リトナビルとの相互作用(外国人)], 2003. Lettieri,J. et al. , バイエル薬品社内資料[インジナビルとの相互作用(外国人)], 2001. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[ケトコナゾールとの相互作用(外国人)], 2001. Morganroth,J. et al. , Am. Cardiol. , 93 11 , 1378, 2004. Ruf,T. et al. , バイエル薬品社内資料[エリスロマイシンとの相互作用(外国人)], 2001. Spera,P. et al. , バイエル薬品社内資料[テラゾシンとの相互作用(外国人)], 2003. Spera,P. et al. , バイエル薬品社内資料[タムスロシンとの相互作用(外国人)], 2003. Mazzu,A. et al. Auerbach,S. et al. , Urology, 64, 998, 2004. Campbell,U. et al. , JOURNAL OF SEXUAL MEDICINE, 12 1 , 139, 2015. Gilad,R. et al. , Br. Med. , 325 7369 , 869, 2002. Striano,P. et al. , Br. Med. , 333 7572 , 785, 2006. 吉川健一他, 臨床薬理, 34 1 , 197S, 2003. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[薬物動態(外国人)], 2000. Hollister,A. et al. , バイエル薬品社内資料[薬物動態(外国人)], 2000. Unger,S. et al. , バイエル薬品社内資料[薬物動態(外国人)], 2001. Rohde,G. et al. , バイエル薬品社内資料[薬物動態(外国人)], 2001. Witt-Laido,A. et al. , バイエル薬品社内資料[血漿蛋白結合率(in vitro)], 2000. Kohlsdorfer,C. et al. , バイエル薬品社内資料[血漿蛋白結合率(in vitro)], 2000. Rajagopalan,P. et al. , J. Clin. Pharmacol. , 43 3 , 260, 2003. Hollister,A. et al. , バイエル薬品社内資料[高齢者における薬物動態(外国人)], 2000. Bornemann,M. et al. , バイエル薬品社内資料[腎障害患者における薬物動態(外国人)], 2001. Rajagopalan,P. et al. , バイエル薬品社内資料[肝障害患者における薬物動態(外国人)], 2001. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[制酸剤との相互作用(外国人)], 2000. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[シメチジン及びラニチジンとの相互作用(外国人)], 2000. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[ジゴキシンとの相互作用(外国人)], 2001. Rohde,G. et al. , バイエル薬品社内資料[ワルファリンとの相互作用(外国人)], 2001. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[グリベンクラミドとの相互作用(外国人)], 2001. Rohde,G. et al. , バイエル薬品社内資料[ニフェジピンとの相互作用(外国人)], 2001. Rajagopalan,P. et al. , バイエル薬品社内資料[アスピリンとの相互作用(外国人)], 2001. Bauer,R. et al. , バイエル薬品社内資料[アルコールとの相互作用(外国人)], 2001. Nagao,K. et al. , Int. Urology, 11 7 , 515, 2004. Ishii,N. et al. , Int. Urology, 13 8 , 1066, 2006. Kimoto,Y. et al. , Int. Urology, 13 11 , 1428, 2006. Hellstrom,W. et al. , J. Androl. , 23 6 , 763, 2002. Collins,O. et al. , バイエル薬品社内資料[海外第III相臨床試験], 2001. Bischoff,E. et al. , バイエル薬品社内資料[薬効薬理(in vitro)], 2001. Bischoff,E. et al. , バイエル薬品社内資料[薬効薬理(in vitro)], 2001. Saenz de Tejada,I. et al. , Int. Impotence Res. , 13 5 , 282, 2001. Bischoff,E. et al. , J. Urol. , 165, 1316, 2001 作業情報.

次の

レビトラの効果と体験談

レピドラ

バルデナフィルの高い勃起改善効果 【レビトラと強いききめ】 は 強いききめが特徴の勃起改善薬で、 罹病期間の長い糖尿病や脊髄障害によるEDなど、 本来勃起改善薬が効きにくいEDのケースに対しても効果が見込め、 また副作用発現頻度が低いなど非常に良質な勃起改善薬です。 レビトラはバイエル薬品株式会社が生産・販売を担当しており、正規の医薬品卸業を介して、 われわれライフクリニックに納入される処方箋医薬品というカテゴリーの薬剤です。 バイアグラに次ぐ先発品勃起改善薬として2004年から本邦で処方されていますが、 その強いききめと少ない副作用から、 バイアグラが独占的に占めていた市場を短期間で大きく分割するに及びました。 日本は1100万人強に及ぶ勃起不全患者が存在するとされているED大国です。 男性のほぼ6人に1人が勃起不全というすごい状況ですが、 その治療方法が一般化したのは実は最近で、それは実質バイアグラの日本での処方デビューを もって始まったと言えます。 つまりバイアグラの出現で勃起治療は近代化を迎えたのです。 しかしバイアグラの出現によって勃起不全が明確に改善し、 性生活を謳歌できるようになった方がいる一方で、 相対的に浮彫になったのが勃起改善薬が効きにくい勃起不全患者層です。 実は脊髄損傷や罹病期間の長い糖尿病を原因としたEDは勃起改善薬が効きにくく、 逆にED治療が一般化したその当時の状況においては、 これらの原因によって発症しているED患者さんの悩みがさらに深くなったとも言えます。 当時、勃起不全治療薬が効かないという状況における他のED治療は、 バイアグラ出現以前の旧態依然としたものしかなく、例を挙げると• 手動ポンプによって陰圧で陰茎を膨らませる方法• 陰茎海綿体つまりペニスに直接血管拡張薬を注射する方法• 陰茎プロステーシスという器具を手術的にペニスに留置する方法 などが代表的でした。 これらは患者満足度が高い治療方法とは言えず、また患者さんが担当する手技が難しかったり、 治療方法もしくは手術方法としての合併症リスクが高かったりと正直実用性が低い傾向が否めず、 容易に選択しにくい内容のものが多いです。 当時、バイアグラのみが勃起改善薬という状況で、かつこれらのセカンドの選択肢を選ぶことができない方は、 EDに関して経過を見ざるを得ない状況でしたが、 この状況はレビトラが日本で処方されるようになり大きく一変します。 レビトラはそれまでの勃起改善薬に比較してききめが強く、 それまでの勃起改善薬があまり奏功しなかった方でも勃起改善に至る事ができるため、 EDに関して経過を見ざるを得なかった勃起不全患者層に非常に好意的に受け止められ、 勃起改善薬市場をごく短期間でレビトラベースに塗り替える事に成功しました。 このようにききめが強く、副作用が少ないレビトラは非常に良質な勃起改善薬と言えますが、 公共のテレビや雑誌などの媒体でその啓蒙ができない処方箋医薬品の立場から、 いまだ難治性のEDでありながら、その存在を知らない方も多く存在します。 この日本には難治性のEDで一人きり、情報も希薄な状況の中で苦しんでいる方がいます。 こうした方々にレビトラの強いききめをレポートするのは 全国トップクラスの保健所認可ED治療施設である我々ライフクリニックの一つの責務であり、 こうした意識にのっとって「レビトラの強いききめ」を主軸に本稿を記載しております。 本稿では• 【レビトラとは?】• 【レビトラの強いききめに関する試験報告】• 【レビトラの強いききめが望ましいEDのケース】• 【レビトラ、その強いききめの効果的運用のために】• 【強いききめの勃起改善薬と今後のED治療】 とレビトラの強いききめに関して4項目にわたり記載しております。 どうぞ、ご参照くださいませ。 【レビトラとは?】 強いききめが特徴のレビトラですが、 ここではその添付文書上の使用方法や薬理作用に関して記載しております。 レビトラは添付文書上、 すなわちメーカーが推奨する使用方法に関しては 成人男性に対して10㎎を1時間前に服薬するように指導しています。 また10㎎で十分な効果が見込めず、 忍容性が良好な場合においては20㎎に増量することができると解説しています。 しかしレビトラがバイアグラで難治だったEDに関して、 その高評価を得たのは主に高用量のレビトラ20㎎に関してなので、 あくまで用法用量の範囲内においてというお話ですが、 状況によってはレビトラ20㎎のファーストチョイスの方が良い場合もありそうです。 この強いききめのレビトラがなぜに勃起改善に至るのか、というその理屈ですが、 ペニスの海綿体にはcGMPという物質があり、 これは海綿体の平滑筋や関連する小動脈を弛緩させる作用があり、 こうした作用の結果として陰茎を勃起させる事が出来ます。 しかしこの勃起に有用なcGMPという物質はPDE5という物質に分解されてしまう側面があります。 レビトラはこのPDE5をブロックする事でcGMPの濃度を高める事ができ、 結果として勃起を推進する作用を発現させています。 このレビトラの作用ロジック自体は、他の勃起改善薬であるバイアグラ、シアリスと同様です。 ゆえにこれらの勃起改善薬はカテゴリーとしてPDE5阻害薬とも呼称されています。 【レビトラの強いききめに関する試験報告】 レビトラは従来の勃起改善薬よりも強いききめが特徴ですが、 この「強いききめ」がどのくらいかと申し上げると なんとレビトラは低用量の10㎎製剤がバイアグラ(シルデナフィル)の高用量である50㎎製剤と 同程度の強さと薬剤試験にて報告されています。 これは6ヵ月以上に渡ってEDと確認された845人の男性を対象に実施された バイアグラ(シルデナフィル)50㎎と レビトラの5㎎、10㎎、20㎎を使用した二重盲検群間比較試験による報告で、 この試験の結果によればレビトラ10㎎はバイアグラ(シルデナフィル)50㎎との間で非劣性つまり 「効果が劣らない事」が証明されました。 レビトラ10㎎がバイアグラ(シルデナフィル)50㎎と同等のききめとすると、 レビトラ10㎎より強いききめのレビトラ20㎎はバイアグラ50㎎をはるかに凌駕する事になり、 この試験は総体的にレビトラは他剤に比較して強いききめがある事を示す結果となりました。 何故にレビトラがバイアグラなどに比較して強いききめを示しすのかと申しますと、 実は上記【レビトラとは?】に記載しましたが、ペニスの海綿体にはcGMPという物質があり、 この物質が海綿体の平滑筋や関連する小動脈を弛緩させる事で陰茎は勃起する事が出来ます。 レビトラなどの勃起改善薬はこのcGMPの濃度を上げる事で勃起作用を推進しますが、 実はレビトラは他剤に比較するとこのcGMPの濃度をより高く上げる事ができ、 これこそがレビトラが他剤より勃起改善効果に関して強いききめを持つという原動力なのです。 【レビトラの強いききめが望ましいEDのケース】 レビトラの強いききめに関して、薬剤試験におけるレビトラの強いききめに関する報告 ならびにレビトラの強いききめの薬理学的な理由を記載させて頂きましたが、 それではレビトラの強いききめはどのような状況の勃起不全に望ましいのでしょうか? レビトラの強いききめが望ましい状況に関して箇条書きにさせて頂くと、• 脊髄損傷によるED:実は脊髄損傷によるEDは勃起不全治療薬が効きにくいとされていますが こうした状況にはレビトラ20㎎の強いききめが効果的と報告されています。 糖尿病によるED:罹病期間が長く、自律神経障害があるような糖尿病をベースとして発症するEDは 勃起不全治療薬が効きにくいとされていますが、レビトラ特にレビトラ20㎎の強いききめが 効果的と報告されています。 高齢者のED:高齢者においては勃起不全治療薬が効きにくい状況が多いですが、 忍容性が十分であれば強いききめのレビトラ20㎎が効果的である事が 当ライフクリニックにて確認されております。 以上が代表的なレビトラの強いききめが効果的な症例です。 従来の勃起不全薬にてあまりED改善効果がなかった方は、 その忍容性を確認の上レビトラ20㎎のトライアルをする事は非常に有意義です。 【レビトラ、その強いききめの効果的運用のために】 このように強いききめの勃起改善薬であるレビトラですが、その副作用発現頻度はバイアグラ (シルデナフィル)などに比較すると相対的にマイルドとされていて、 強いききめと低い副作用発現率から、レビトラは非常に機能性の高い薬剤と言えます。 しかし、強いききめのレビトラであっても使用方法をきちんと守らねば、 そうした効果をキチンと発揮できない事もあります。 レビトラの強い効果を十全に引き出すには• レビトラ使用時にはお酒はごく控えめか、飲まないようにする。 レビトラを服用するときには脂質分の多い食事は避ける、 もしくは空腹時に使用するようにする。 レビトラは分割されて使用される事を想定されていない薬剤なので分割した場合、 その薬効が不安定になる可能性があり、分割して使用しないようにする。 以上レビトラの強い効果を出すための注意点でした。 【強いききめの勃起改善薬と今後のED治療】 以上、レビトラの強いききめの薬理学的理由、また試験による実証、 またレビトラの強いききめが望ましいケースに関して記載させて頂きました。 実は、このように強いききめの勃起改善薬であるレビトラ20㎎でも、 勃起改善効果を出しにくいケースはあります。 その代表的なものとしては、 前立腺など陰茎周囲における泌尿器科領域の手術影響で発生するEDなどがあります。 現在、こうした経口勃起改善薬でED治療が奏功しないケースにおいては、 冒頭で述べたバイアグラ出現以前の旧態依然としたED治療である、 手動ポンプを使用した方法、ペニスに直接血管拡張薬を注射する方法、 陰茎プロステーシスの挿入手術などが勘案されます。 しかし前述しましたが、これらの治療方法は患者満足度の高いものではなく、 結局使用しなくなったり、合併症の多さから選択されなかったりすることが多いです。 しかし創薬には未来の可能性が常にあります。 つまり今後、レビトラを凌駕する強いききめを持つ勃起改善薬が出て来る可能性があると言う事です。 バイアグラが日本の処方箋医薬品市場に出現したばかりの頃、 同薬が効かない状況においては、上記の勃起改善薬以外のED治療方法しか選択肢はなかったのですが、 同薬販売開始から5年してレビトラが出現することによってその状況は大きく一変しました。 今後の創薬テクノロジーの発達によって、現在 内服薬でED治療が奏功しない人も、 いずれは内服薬でED治療できるようになる事は、 このバイアグラに5年遅れて強いききめのレビトラが出てきた当時の状況のように今後もあり得ます。 そうしたより強いききめの勃起改善薬の登場という状況に至っては必ず、 保健所認可ED治療施設であるこの から皆様にインフォメーションさせて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。 記載:日本性機能学会専門医-須田隆興 、の閲覧、新着情報、 定番をご紹介いたします。

次の