ザファブル 評価。 高評価多数! 原作に劣らず面白い映画『ザ・ファブル』(2019)の魅力と映画愛を解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】

ザ・ファブル: 感想(評価/レビュー)[漫画]

ザファブル 評価

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 伝説の殺し屋として純粋培養された主人公 一般常識はかなり怪しい が、 ボスに不殺と社会復帰を命令され、普通人に擬態・・・するも、色々ズレててやらかしかけたり、 それでも凄腕で事態を収拾したり、というブラック気味な俺ツエー? と天然ボケが混在する様が 笑える。 と同時に、次第に大切に思う普通の生活の場、人達ができ、陰ながらそれらを守ろうと 努力するいじらしさも魅力的。 ・裏社会に属する人間達の歪んだ価値観が描かれるのは勿論だが、それに対して裏社会 なりの矜持やプロ意識、時に敵同士であっても友情や尊敬、理解とすれ違い、と言った 複雑な感情が描かれ、作品の人間描写に深みを与えている。 【悪い点】 ・殺し屋と極悪人が暗躍する世界なので、えげつない事件、やり取りも多く、読者側に 暴力嗜虐に対する耐性が無いと辛い場面も多々。 アンダーグランド住人達の奇々怪々な生態や嗜好が描かれるが、闇住人の 代表である「伝説の殺し屋」主人公が一般社会と接近遭遇したら・・・という、普通人の 前に異物が現れて騒動を巻き起こす「オバQ的」シュールな可笑しさが効いている。 瞬時にためらい無く「仕事」をこなせる主人公が不殺を架せられ、一般人のフリをする。 「普通に・・・普通ってなんだ? 」的に世間を知っていく様がユーモラスに描かれると同時に、 次第に社会性を獲得したり、それでも本性は「プロ」であったり、という複雑な個性と 数奇な生活が展開していく。 天然ボケで善良な側面を持ちつつも、本質は「怪物」である 主人公と、彼の心に人間味を与える善良な市井の人々、ひるがえって、彼の周囲に暗雲を もたらす危険で色々ヤバい「組織外の人間」「普通人」の対比的描写を見ていると、 主人公と世間に潜伏する「悪」と、どちらがより危険なのか? 人間の本質は善か悪か? という 普遍的なドラマを感じる。 第一部完だが、ここで終わっても良作。 お奨め。 【良い点】 ・圧倒的な強さを持つ殺し屋が一般人として生活していくというありそうで無かったストーリー。 ・主人公で圧倒的な強さを持つファブルこと佐藤明 ボスから与えられた偽名 が熱いものは十分に冷まさないと食べられない位に極度の猫舌 何故極度の猫舌なのかは読み進めると分かります であったり作中に登場するお笑い芸人「ジャッカル富岡」のネタに爆笑したり寝る時は全裸で浴槽の中 ベッドにはいつ襲われても良いようにダミーが設置されている で寝たりといったように物凄くキャラが良くて魅力的な点。 ・明だけでなく明の妹 という事になっている で明にとって良きパートナーであり酒豪でそれを活かして数々の男をたぶらかすのが趣味な佐藤洋子 こちらもボスから与えられた偽名 、明が働く有限会社オクトパスに務めている明にとっては先輩だけど明に助けられているうちに徐々に明に惹かれていくこの漫画のヒロインのポジションである清水岬 ミサキ 、有限会社オクトパスの社長で佐藤兄妹を実の父親のように暖かく見守ってくれる田高田 タコ 社長といったように登場するキャラも魅力的な点。 ・殺し屋である明が一般人として生活していくうちに明日の事を考えるといったように徐々に心変わりしていく様子。 ・迫力があってかっこいいバトルシーンも見所がある点。 【悪い点】 ・南勝久先生の漫画だけあって下ネタが多いのでその点においては賛否が分かれると思います。 【総合評価】 この漫画は週刊ヤングマガジンで連載されていた殺し屋を題材にした漫画で昨年V6の岡田君主演で実写映画化された事で大きな話題を呼んだ漫画でもあります。 この漫画のストーリーを大まかに挙げると僅か6秒以内に人を殺せる技術を持つ圧倒的な強さを持つ殺し屋のファブルがあまりにも人を殺しすぎて いずれもボスからの指令で自発的な殺人は一切行っていない ファブルの正体が暴かれるのを恐れたボスから「1年間大阪で誰も殺す事なく一般人として暮らせ」と指令された上で「佐藤明」という偽名を与えられて同じく明の妹として「佐藤洋子」という偽名を与えられた女性と共に大阪府太平市 架空の都市 で一般人として暮らす事になったというストーリーになっています。 圧倒的な強さを持ちながら極度の猫舌であったりお笑い芸人「ジャッカル富岡」のネタに爆笑したりといったように明のキャラが良くて魅力的なだけでなく一般人として人の優しさや温かさに触れていくうちに明日の事を考えるようになったりお世話になっている人々を守る為に戦ったり バトルシーンも迫力があるので必見です といったように明が徐々に心変わりしていく所も魅力的です。 昨年連載が終了しましたがもうすぐ第2部が連載開始されるとの事ですのでそちらも楽しみにしています! 作品DB内ブログ記事 1. by ゴーグル侍... の刃 吾峠呼世晴、週刊少年ジャンプ連載中 今年アニメで大きな話題を呼んだ大正時代が舞台のバトル漫画です。 まだ読み始めたばかりでストーリーをあまり把握出来ていませんが主人公の炭治郎をはじめとするキャラの成長、迫力のある戦闘シーン等と読み応え満載の内容です! 機会があればアニメの方も見ようと思っています! ザ・ ファ ブル 南勝久、... by かぷ... 僕たちは勉強ができない 少年ジャンプ ラノベ的なタイトルながらも少年漫画ラブコメの技法は守られています。 女の子の可愛さでは現役ラブコメでNo. どのヒロインが一番か選べないくらいどの子も可愛いから困る 13. ハイポジ 漫画アクション タイムスリップ青春劇。 素朴な青春っぷりなのにSFでもある設定が上手い 14. ザ・ ファ ブル ヤングマガジン... by ハンドルネーム2 神様、キサマを殺したい。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

ザ・ファブルのレビュー・感想・評価

ザファブル 評価

単行本1巻から8巻の途中までをバランスよくまとめた、原作のエッセンスを抽出した内容になっている。 佐藤二朗、 宮川大輔、 藤森慎吾のお笑い担当まで、注目の役者が脇を固めています。 江口カン監督いわく 「頭を空っぽにして楽しんで貰いたい」 というエンターテイメント作品。 ファブルとはどんな男? 原作のシュールな魅力ともに解説 殺し屋ファブル: C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 漫画『ザ・ファブル』は、 シュールな笑いが満載。 その魅力にハマると癖になる人が多いです。 ファブルは、どんな相手も6秒以内で倒すという殺し屋だが、結構魅力的なキャラを持っています。 殺し屋としての強さと銃の正確さ、危険を察知するカンの鋭さは並外れているけれど、日常が明らかに変。 ファブルという人物の特徴は下記の5点です。 このように、ファブルという主人公のすべてがシュール。 映画 『ザ・ファブル』 2019 では、そのシュールな部分を見事に再現しています。 【ネタバレあり】 『ザ・ファブル』 2019 の感想 ファブルと美女: C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 『ザ・ファブル』 2019 最大の魅力は何と言っても 岡田准一。 近年、日本映画界において彼の活躍は確かに凄いです。 海賊とよばれた男 2016 監督:山崎貴 追憶 2017 監督:降旗康男 関ヶ原 2017 監督:原田眞人 散り椿 2018 監督:木村大作 来る 2018 監督:中島哲也 そうそうたる監督と立て続けにタッグを組んで、演技派として成長してきています。 しかし、今回は一転してコメディへ。 それも得意のアクションを思う存分発揮した、俳優岡田准一の 魅力が詰まった作品です。 しかも 『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』 2006 以来の 変顔と肉体美?が拝めるという、女性ファンには嬉しい特典もついています。 岡田准一のキレキレのアクションに注目! 岡田准一といえばアクション。 カリ、ジークンドー、USA修斗のインストラクターの資格を持つ程の 格闘技オタクです。 カリは、 棒やナイフといった武器術を持つフィリピンの武術。 ジークンドーは、ブルース・リーが極めた武道。 USA修斗は総合格闘技のテクニック。 もともとは映画のために始めた格闘技。 『SP 野望篇』 2010 『SP 革命篇』 2011 『図書館戦争』 2013 『図書館戦争-THE LAST MISSION-』 2015 などで見事なアクションを見せていました。 『ボーン・アイデンティティー』 2002 、 『96時間』 2008)シリーズ、 『 LUCY/ルーシー』 2014 に携わった世界的なアクション監督。 スタントをあまり使わず、ほとんどのシーンを岡田准一自身が演じた激しいアクション。 たとえば前半、暴力団の組長と若頭を撃ち殺すシーン。 素手の岡田が相手の懐から拳銃を奪って、すばやく撃つ場面、観ている側は何が起こったのか、 ついていけないほど早いです。 黒澤明監督作品に出た三船敏郎が、あまりに速くて刀がフィルムに映ってないというように、 岡田准一の動きは素早いことが特徴。 また後半、敵のアジトへ潜入する場面で、壁をスルスルと登っていく姿は、あまりにも自然でワイヤー付けて撮影しているのか分からないほどです。 岡田准一の高い身体能力が、『ザ・ファブル』 2019 を支えています。 文句無しに面白いコメディ ジャッカル富岡のマネをするファブル: C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 マンガの主人公は「極度の猫舌」「食事の普通が分からない」「笑いのツボが変」とコメディの要素が十分あるキャラ。 岡田准一は、原作にあるギャグを忠実に再現。 マンガを読んでいる人も、読んでない人も 脳天気に笑えます。 極度の猫舌で熱いものを口にすると「アッヂ~!」と大げさに顔をしかめ。 不良に絡まれて、弱く見せなきゃいけない時の泣き顔など。 岡田准一のコメディ感覚はさすがジャニーズ、TVなどで鍛えられているだけあって、 すべっても面白いです。 そして『ザ・ファブル』 2019 は、 コメディとアクションが岡田准一によって融合したことで、 かつてないエンターテイメント映画になっていました。 魅力溢れる豪華な脇役俳優陣を紹介! 『ザ・ファブル』 2019 で岡田准一を支える脇の豪華俳優陣が、いい味を出しています。 柳楽優弥/小島 敵対するヤクザ: C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 江口カン監督について説明 『ザ・ファブル』 2019 の監督は、 江口カン。 CMで数々のヒット作を作り、カンヌ国際広告祭 「クリオ賞」を3年連続受賞。 特にCGを使った映像表現に定評があり、福岡で活躍するCMディレクターです。 北九州市小倉を舞台に、競輪選手として再起を図る元プロ野球選手を描いた 『ガチ星』 2018。 博多を舞台に、辛子明太子を考案した川原俊夫をモデルにした 『映画めんたいぴりり』 2019 など、福岡への愛が詰まった作品を手掛けています。 長編3作目、はじめての大型企画映画の監督です。 今回は原作を忠実に実写化することに力を注いでいて、漫画へのリスペクトを感じます。 『ザ・ファブル』 2019 から感じる映画愛 江口カン監督は、映画好きらしく、 『ザ・ファブル』 2019 の中には映画のシーンを再現したカットが多くあります。 映画冒頭、料亭の襲撃は 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 2017 、廊下を歩く着物姿の女中はまさにそれでした。 障子に影が映る姿は、 『ザ・ヤクザ』 1974 『 キル・ビル』 2003 、もしかすると 『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』 1966 銃を解体してバレルを海に捨てるタイトルバックは、 『007 スカイフォール』 2012 接近戦の銃撃は、 『ボーン・アイデンティティー』 2002 というより、 『ジョン・ウィック』 2014 空中で放り投げ、ガラスを割って人質を間一髪で助け出すのは、 『ダイ・ハード』 1988 人質を助けながら銃撃をかいくぐるのは、 『ミッション:インポッシブル2』 2000 ひと仕事終わった最後は、チャーリー・コーセイの歌声が流れTV版 『ルパン3世』 1971 まだまだ気が付かない映画へのリスペクトがあるようです。 何度も観て確認する面白さがあります。 『ザ・ファブル』 2019 のまとめ.

次の

映画『ザ・ファブル』のネタバレあらすじ

ザファブル 評価

by シリアスとギャグの緩急が凄い とにかくめちゃくちゃ面白いです。 出会えて良かったと心から思える作品。 予想以上にコメディ要素満載で、フフッと笑いながら読めます。 ギャグのセンスがとても高い。 誰よりも最強なのに、プロとしてヘタレを演じきろうとする主人公に笑わされます。 かと思うと、シリアスムードに突入したときのかっこよさたるや… そのギャップにやられます。 1巻の時点ではそこまで好きになると思わなかったのですが、話が進むにつれて主人公の魅力がどんどんどんどん溢れてきて、可愛さもかっこよさも群を抜いて大好きになってしまいました。 シリアスなときと平和なときの落差が激しくて、だからこそその両方が輝くんだなと思います。 非常にエンターテイメント性の高い作品です。 かと思えばジーンとくるシーンもあります。 本当に「うまい」としか言いようがない… キャラの一人一人の魅力が輝いています。 本当に本当に、読んで損のない作品です。 これを読まないで何を読むのかというぐらい…。 大人になって、ここまで夢中で漫画を読んだのは久しぶりで、漫画ってこんなにワクワクさせてくれるものだったなって思い出させてくれた作品です。 超おすすめです。 それを聞いた時、やっぱりね!と思いました。 面白いのですよ、本当に! 伝説にまでなる凄腕の殺し屋ファブル 通り名? が仕事をお休みして一般人として生活する物語です。 その設定がまず楽しい。 彼がこの作品の最大の魅力と言えるでしょう。 主人公は冷酷無比なのかと思いきや、ちゃんと情を持ち合わせています。 感覚が普通とはズレている為、そこが可笑しかったり、哀しかったりで、心がワッサワッサと揺さぶられます。 設定上シリアスなお話かと思えば、そんな事もありません。 パートナー洋子さんの存在が良いスパイスとなって、くすりと笑わせてくれますよ。 素敵な女性なんです。 洋子さんは。 個人的に、南先生の描かれる完全超悪な人物が清々しい程のゲスっぷりで楽しいです。 それをファブル兄さんが、さっくり解決してくれるので気分爽快!痛快!のバイオレンスコメディ。 きっと、老若男女問わず楽しんで頂けるのではないでしょうか。 最後に。 南先生は大変な覚悟を持ち、こちらの連載に心血を注がれたという記事を拝読しました。 この様な素晴らしい作品を世に出して頂き、感謝しかありません。 これからも連載を楽しみにしています。 ファブル兄さん、大好き! by これは文句無しの話題図書 ネタバレありのレビューです。 絵柄や雰囲気から、取っ付き難い印象があるかとは思いますが、全くそんなことは無く。 凄腕の伝説の殺し屋、ファブルが休暇を頂くお話です。 やたらめったら身体能力が高く、自身が殺し屋として育てられてきたこともあり、それ以外の生き方を知らない佐藤明 仮名。 ボスからは、休暇中の殺生は絶対にダメと言われたので、それを素直に聞き入れますが、トラブルに巻き込まれそうになったら、身体能力を活かし、不殺で成敗します。 個人的には、佐藤明の描くイラストがとても好きで、本人はずっとポーカーフェイスで、何故そんなに笑われるのか、あまり理解出来ないようですが、回を重ねる毎に少しずつ、佐藤明に人間としての味が出てきたように感じます。 by 匿名希望 よい ネタバレありのレビューです。 講談社漫画賞受賞おめでとうございます。 それを聞いた時、やっぱりね!と思いました。 面白いのですよ、本当に! 伝説にまでなる凄腕の殺し屋ファブル 通り名? が仕事をお休みして一般人として生活する物語です。 その設定がまず楽しい。 彼がこの作品の最大の魅力と言えるでしょう。 主人公は冷酷無比なのかと思いきや、ちゃんと情を持ち合わせています。 感覚が普通とはズレている為、そこが可笑しかったり、哀しかったりで、心がワッサワッサと揺さぶられます。 設定上シリアスなお話かと思えば、そんな事もありません。 パートナー洋子さんの存在が良いスパイスとなって、くすりと笑わせてくれますよ。 素敵な女性なんです。 洋子さんは。 個人的に、南先生の描かれる完全超悪な人物が清々しい程のゲスっぷりで楽しいです。 それをファブル兄さんが、さっくり解決してくれるので気分爽快!痛快!のバイオレンスコメディ。 きっと、老若男女問わず楽しんで頂けるのではないでしょうか。 最後に。 南先生は大変な覚悟を持ち、こちらの連載に心血を注がれたという記事を拝読しました。 この様な素晴らしい作品を世に出して頂き、感謝しかありません。 これからも連載を楽しみにしています。 ファブル兄さん、大好き!.

次の