大崎 洋。 大崎洋会長(吉本興業)の若い頃はロン毛で無能?経歴や学歴を調査!ダウンタウンを発掘した人物

ロンブー田村亮、吉本の大崎会長ラジオにゲスト出演

大崎 洋

来歴・人物 [編集 ] に卒業後、吉本興業に入社。 以後、エンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させ、からの東京事務所時代には、を支えた。 吉本に入社した理由は、私服で通勤が可能な会社だったからと語っている。 入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていたが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときに終始一人負け続けたことがあった。 夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する! 」と怒鳴り声を上げた。 その日以来、仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長に上り詰めた。 はかねてより大崎の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断をもらったらしい。 吉本所属タレントの中でも、特にとの関わりが強く、開校時の担当社員となり、無名時代の2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教える。 その後、大阪で人気の頂点に立ったダウンタウンを東京に進出させる(は、「大阪で満足していたが、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた」とネタにしている)。 また、ダウンタウンがメインの番組には・オーガナイザーなどとして参加、「ダウンタウンのごっつええ感じ」ではダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役としてテレビ出演し、そのリアルな演出にすっかり騙された今田耕司が本気で泣いてしまうという事もあった [ 要出典]。 東京支社長就任後は、吉本興業の企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注ぐ反面、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆にリストラし、の淫行事件で早々に専属芸能家契約の解除を決定し 2016年11月に吉本復帰が許された 、の暴力団との親密交際 最終的には紳助が自ら引退 など、不祥事、モラルに反する行為を起こしたタレントに対し厳格な措置を取る(ただ、紳助が引退を決断する前に大崎が本人に対して、どういった措置を取るつもりだったのかは著書においても述べられておらず、不明である。 しかし、著書によれば吉本社内において様々な意見が出たが、大崎は紳助本人に決断をしてほしかったと述べられている )。 、まだ松本が20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていた。 ある日、大崎が広いスポーツジムの25メートルプールで突然「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言った。 お互いこの業界で成功しそうにないと思っていた松本は「いいですけど」と答え、大崎は本当に潜水してみせた。 その20年後、本当に売れた松本は「1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにする。 しかし更にその後に松本が頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「こんなときにですか…」と言いつつ「わかりました」と苦笑しながら了承した 経歴 [編集 ]• 1978年 吉本興業入社• 1980年 吉本興業東京事務所に、上司の(東京事務所長)と共に異動• 1982年 吉本総合芸能学院の担当社員に異動• 2000年 取締役• 2001年 吉本興業取締役、取締役• 2002年 取締役兼務• 2006年 吉本興業取締役副社長• 2009年 吉本興業代表取締役社長• 2019年 吉本興業ホールディングス代表取締役会長 暴力団との関係 [編集 ] 2012年、「週刊現代」1月28日号では吉本興業の創業家当主・林正樹が、大崎が5代目組長・の娘の芸能界デビューを画策していたと暴露している。 この件について「週刊現代」は、吉本興業とに連名で提訴されている。 2019年、吉本芸人が起こした闇営業騒動の中、元所属芸人のがで大崎について語り、前田らのマネージャーをしていた時代にヤクザから何回も仕事を受けていたと語った。 関連文献 [編集 ]• 常松裕明『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』幻冬舎、2013年。 4-34-402364-1。 脚注 [編集 ] [].

次の

田村亮、吉本興業の大崎社長に感謝「よくしていただきました」 宮迫への思いも語る

大崎 洋

来歴・人物 [ ] に卒業後、吉本興業に入社。 以後、エンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させ、からの東京事務所時代には、を支えた。 吉本に入社した理由は、私服で通勤が可能な会社だったからと語っている。 入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていたが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときに終始一人負け続けたことがあった。 夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する! 」と怒鳴り声を上げた。 その日以来、仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長に上り詰めた。 はかねてより大崎の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断をもらったらしい。 吉本所属タレントの中でも、特にとの関わりが強く、開校時の担当社員となり、無名時代の2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教える。 その後、大阪で人気の頂点に立ったダウンタウンを東京に進出させる(は、「大阪で満足していたが、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた」とネタにしている)。 また、ダウンタウンがメインの番組には・オーガナイザーなどとして参加、「ダウンタウンのごっつええ感じ」ではダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役としてテレビ出演し、そのリアルな演出にすっかり騙された今田耕司が本気で泣いてしまうという事もあった [ ]。 東京支社長就任後は、吉本興業の企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注ぐ反面、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆にリストラし、の淫行事件で早々に専属芸能家契約の解除を決定し 2016年11月に吉本復帰が許された 、の暴力団との親密交際 最終的には紳助が自ら引退 など、不祥事、モラルに反する行為を起こしたタレントに対し厳格な措置を取る(ただ、紳助が引退を決断する前に大崎が本人に対して、どういった措置を取るつもりだったのかは著書においても述べられておらず、不明である。 しかし、著書によれば吉本社内において様々な意見が出たが、大崎は紳助本人に決断をしてほしかったと述べられている )。 、まだ松本が20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていた。 ある日、大崎が広いスポーツジムの25メートルプールで突然「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言った。 お互いこの業界で成功しそうにないと思っていた松本は「いいですけど」と答え、大崎は本当に潜水してみせた。 その20年後、本当に売れた松本は「1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにする。 しかし更にその後に松本が頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「こんなときにですか…」と言いつつ「わかりました」と苦笑しながら了承した 経歴 [ ]• 1978年 吉本興業入社• 1980年 吉本興業東京事務所に、上司の(東京事務所長)と共に異動• 1982年 吉本総合芸能学院の担当社員に異動• 2000年 取締役• 2001年 吉本興業取締役、取締役• 2002年 取締役兼務• 2006年 吉本興業取締役副社長• 2009年 吉本興業代表取締役社長• 2019年 吉本興業ホールディングス代表取締役会長 暴力団との関係 [ ] 2012年、「週刊現代」1月28日号では吉本興業の創業家当主・林正樹が、大崎が5代目組長・の娘の芸能界デビューを画策していたと暴露している。 この件について「週刊現代」は、吉本興業とに連名で提訴されている。 2019年、吉本芸人が起こした闇営業騒動の中、元所属芸人のがで大崎について語り、前田らのマネージャーをしていた時代にヤクザから何回も仕事を受けていたと語った。 関連文献 [ ]• 『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』幻冬舎、2013年。 脚注 [ ] [].

次の

大崎洋(大崎会長)は若い頃はマネジャー?家族や息子や学歴や年齢や顔やさんまやガキ使との関係なども!

大崎 洋

吉本興業の 大崎洋 大崎会長 は松本さんが「大崎さんが辞めるなら自分も辞める」、島田紳助さんは「大崎クビにした会社潰れんで」と言わせるほど大物のようです。 若い頃はダウンタウンのマネージャー的存在だったようですがいったいどういう人物像だったのでしょうか? また、家族や息子さんや学歴などについても調べました。 詳しく見ていきましょう。 この人が、 吉本坂を作って欲しいと、秋元さんに頼み込んだ張本人。 名前:大崎洋 おおさきひろし• 年齢:65歳• 役職:吉本興業ホールディング株式会社会長• 出身:大阪府堺市• 学歴:大阪府立泉北高等学校卒、関西大学社会学部卒 大阪府立泉北高等学校も関西大学は関西では名の知れた学校ですね。 推薦などでなければそれなりの学力が必要なところだと思います。 勉強熱心であったのかもしれませんね。 一方、吉本興業の志望動機は「私服で通えるから」という面白いエピソードもあります。

次の