年金受給者でもお金借りれる。 70や75、80歳以上でも借りれるカードローンを紹介!高齢者のキャッシング制限はある?

年金受給者でも借りれるキャッシングローンサービス

年金受給者でもお金借りれる

例え体に障害を抱えていても、日常生活は健常者と何ら変わりません。 お金が必要な場面は多くなります。 とはいえ障害があるため健常者と同じように仕事ができず、収入が少ないためお金を借りにくい状態です。 健常者よりもお金を借りるためのハードルが高くなります。 ここでは障害者がお金を借りるための基礎知識と、お金を借りるための方法についてまとめました。 カードローンの利用を検討している人は参考にしてください。 障害者が金融機関以外でお金を借りる場合 障害者の人がお金を借りる場合、金融機関から借りる方法と、金融機関以外から借りる方法があります。 両者には、使用目的の自由や返済期日、借り入れ手続きなど様々な差があります。 借り主にとって一番大きな違いは、金利の高さです。 金融機関以外の公的制度を利用してお金を借りるほうが、金利が安くなります。 まずは、公的制度を利用してお金を借りる方法を見ていきましょう。 生活福祉資金貸付制度を利用する 障害者がお金を借りるときにまず頼るべきは、 国の貸付制度になります。 生活福祉資金貸付制度では、連帯保証人がいる場合はなんと 無利子。 連帯保証人がいない場合でも1. 5%という低金利でお金を借りることができます。 収入が限られていますから、低金利でお金を借りられるなら、それに越したことはありませんよね。 生活福祉資金貸付制度の対象は低所得者・高齢者・障害者 生活福祉資金貸付制度の対象は、低所得者と高齢者、そして障害者になります。 そのうちの障害者は 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人が対象です。 もちろん返済能力があることが前提です。 そのため、障害者でも無職の人は利用できない場合があります。 福祉ではあるものの、貸付制度ですので返すことができない人に対しては貸してくれません。 また、すでに幾つもの借金を抱えている人なども貸付を断られる可能性があります。 その場合は、先に債務整理することを勧められます。 とはいえ、借りることができるかどうかを自分で判断する必要はありません。 お金が必要なのであれば、居住地の民生委員や、社会福祉協議会に相談するようにしましょう。 障害年金を担保に独立行政法人福祉医療機構で借りる 年金担保貸付事業の概要 融資金額 10万〜250万円 返済方法 年金からの天引き 担保 年金受給権 利率 1. 6% 連帯保証人 必要。 審査に3週間近くかかり、しかも連帯保証人が必要になります。 金融機関よりも金利は低いため、障害年金をもらっているなら選択肢のひとつとして考えておきたいところです。 障害年金から直接差し引かれることになるので要注意 ただし 福祉医療機構でお金を借りた場合は、年金支給機構から福祉医療機構が直接差し引くことになります。 まずは返済金額が差し引かれて、その残りが年金として支給されます。 返済が終わるまでは、年金での収入が大幅に下がってしまうことになります。 強制的に差し引かれては困るという人もいるかもしれません。 審査に3週間も待てず、即金でお金が必要なケースもあります。 このような場合は、福祉医療機構ではなく金融機関からお金を借りるという道も残されています。 障害者が金融機関からお金を借りるための条件 生活福祉資金貸付制度、独立行政法人福祉医療機構でお金を借りられない場合、次に頼るのが銀行や消費者金融などの金融機関になります。 金融機関で障害者がお金を借りるための条件は以下のとおりです。 仕事をしており、安定収入がある• 契約内容を本人が把握することが可能• 家族と一緒に暮らしている 仕事をしており、安定収入がある 生活福祉資金貸付制度を利用できなかった理由が、「返済能力に欠ける」だった場合、金融機関での借入も難しくなります。 どこで借りるにしても、返すことが出来ないお金を貸してくれる場所はありません。 障害者は障害基礎年金と障害厚生年金を受け取ることができます。 障害基礎年金が1級であれば、月収が20万円を超えるようなケースもあります。 このような場合は、会社勤めをしていなくても「安定した収入」と考えたくなりますよね。 しかし障害年金だけしか収入がない場合は、 金融機関としてはお金を貸したくても貸すことができません。 このため、金融機関からお金を借りるためには、年金以外の労働収入が必要になります。 正社員でなくてもかまいません。 アルバイトでもパートでも安定した収入があれば、金融機関からお金を借りることは可能になります。 契約内容を本人が把握することが可能 同じ障害者でも、視覚障害者や肢体不自由者など様々なタイプの障害者がいます。 このうち、 知的障害者の場合は十分な返済能力があったとしても、 審査で不可とされる可能性が高くなります。 自分の意志で契約したとしても、内容をどこまで把握しきれているのかがわからないためです。 契約内容を把握していないと、返済日にきちんと返済してもらえないリスクがあります。 また、返済が遅れたときの義務などをまったく理解できていない可能性だってあります。 金融機関は契約を把握できているか分からない方に対し、どうしても慎重になってしまいます。 障害者のかたがキャッシングを利用できないケース では、障害者のかたがキャッシングが利用する場合、どのようにすればいいのか一例を見てみましょう。 障害の程度 解決策 全盲の場合 フリーコールへ連絡後、介助者と協力して契約内容を把握。 審査結果がメールで確認できるカードローンがオススメ。 足が不自由な場合 WEB完結で申し込めるカードローンを選ぶ。 銀行口座がある場合、自宅で契約してそのままキャッシングできるものもある。 もちろん障害の程度によっては、この解決策でも難しいという場合があります。 そんな時は各社のフリーコールや窓口で相談のうえ、介助者の承諾を得て契約を行ってください。 決して無理のある借入はせず、返済できる程度に留めておくことが重要です。 家族と一緒に暮らしている 借金は基本的に個人の問題です。 家族と暮らしていようが、一人暮らしや施設暮らしをしようと関係ないように思えます。 しかし障害者の方の場合、 連絡がつきやすい家族と暮らしている人のほうがお金を借りやすくなります。 障害の度合いにもよりますが、やはり障害者が一人暮らしをしているというと、審査する側も不安に感じて、審査結果が厳しくなります。 いざというときに連絡を取れるのが本人だけというのは、障害者がお金を借りる上で大きなマイナスになります。 一人暮らしですと生活費もかかるため、返済が滞るような可能性もあります。 お金を貸す金融機関はリスクを感じたとき、それがどれだけ些細なリスクであっても、お金を貸すことを躊躇します。 返済できない可能性が少しでも高くなると、それだけでお金を貸してくれなくなるのが金融機関です。 不安な場合はネット利用よりも、電話や窓口での申込が確実 障害者がカードローンでお金を借りる場合は、できるかぎりここで紹介した3つの条件を満たした上で審査してもらいましょう。 もし不安があれば審査の前に金融機関に直接相談してみましょう。 最近はカードローンもインターネットで簡単に借りることができます。 しかし審査や返済に不安があってもネットやスマホの場合は質問することができません。 窓口で担当者とコミュニケーションをとるスタイルをおすすめします。

次の

年金受給者がお金借りるには?

年金受給者でもお金借りれる

年金受給者がお金を借りる方法を紹介! これまでのカードローン業界では「収入の無い年金受給者には、融資をしない」というのが暗黙のルールでした。 これは、高齢などで働くことができず「返済能力が乏しい」と考えられるからです。 しかし近年では、定年後「仕事を辞める」シニア世代は少なくなり、短時間のアルバイトやパートなどで生計を立てる方が増えてきました。 また、年金受給中であっても、不動産所得などで優雅な老後を過ごす高齢者も稀にいます。 このため「定年後=融資できない」という図式は、徐々に変わってきているようです。 実際に、各金融機関でも「シニア向け融資」を扱うところが増えてきました。 例えば有名な例では(ゆうちょ銀行の)年金受給者向けローンや、自宅を担保としたリバースモーゲージ(=不動産活用ローン)など、新しい融資商品が次々と発表されています。 2020年5月28日 14,311view 年金受給者でも借りれる、審査が通るカードローンを紹介! カードローンの中にも「年金受給者OK」な金融機関があります。 以下に、 シニア世代が借り入れできるローンをまとめてみました。 「年金受給者OK」なカードローン ローン名 年齢条件 利息 貸付上限額 20歳から65歳まで 4. 0%〜12. 475% 最高200万円 20歳から 70歳まで 2. 5%~18. 0% 最高500万円 東京スター銀行スターカードローン 20歳から65歳まで 1. 6% 最高1,000万円 ノーローン 20歳から69歳まで 4. 0% 最高300万円 上記の通り、年金受給者の方でも「最高70歳まで」利用できるローンが2種類、69歳まで利用できるローンも2種類あります。 その他は「65歳〜65歳」までと年齢制限はありますが、年金受給中でも原則、ローン利用可能となっています。 2020年5月22日 760view 年金受給者が受けれるローン以外の公的支援と担保融資 年金受給中の方は、ローン以外にも融資を受ける方法があります。 例えば、自治体から生活保護が受けられるほか、生活福祉資金制度など「公的な支援」が受けられます。 このほかにも、独立法人「福祉医療機構」では、年金を担保にした貸付(年金担保融資制度)を行っています。 福祉医療機構の定める条件に当てはまる方。 日本学生支援機構が定める条件に当てはまる方。 生活に困窮されておられる方は生活保護を、その他条件に当てはまる方は、各自治体や協議会、福祉医療機構、日本学生支援機構で再度利用条件を確認し、申込手続きを行ってください。 支給額が減った今、年金受給者にはお金が必要 一昔前と比べて、年金の支給額は大幅に減っています。 例えば、平成22年度の平均年金受給額は、厚生年金に加入していた方で(1人あたり)150,034円、国民年金に加入していた方は(1人あたり)54,529円でした。 しかし平成26年になると、厚生年金に加入していた方で(1人あたり)144,886円、国民年金に加入していた方は(1人あたり)54,414円と、支給額は減り続けています。 以下は、平成22年〜平成26年までの「平均年金受給額」の推移をまとめた表です。 平均「年金受給額」の推移 年度 厚生年金からの年金受給額 国民年金からの年金受給額 平成22年度 150,034円/人 54,529円/人 平成23年度 149,334円/人 54,612円/人 平成24年度 148,422円/人 54,783円/人 平成25年度 145,596円/人 54,544円/人 平成26年度 144,886円/人 54,414円/人 過去5年間の削減額 計 5,148円 計 115円 過去5年間の推移を見ると、国民年金については「115円」と、削減額は少なく抑えられています。 しかし、厚生年金加入者の年金受給額は「5,148円」と大幅に削減されているのが分かります。 年金減額とつり合わない、高齢化時代 年金は減額され続けていますが、日本の平均寿命が男性で80. 79歳、女性が87. 05歳になった今「老後の資金不足に悩む方」は、反比例して増えています…。 若い間に老後の資金を蓄えられれば良いのですが、多くの方は「定年後の資金不足」に悩まされています。 このため、住まいを担保にしたシニア向けローンや、年金受給者が利用できる「カードローン」に注目が集まっているのです。 年金受給中にお金を借りる キャッシング する際の注意点 年金受給中の方は、ローンの使い過ぎに注意しましょう。 高齢化社会の今「シニア向けローンの数は増える」と予測されています。 しかし、返す見込みがないまま、大きな借金を抱えるのは危険なことです…。 また、担保融資を受ける場合も同様です。 不動産の権利でお金を借りる場合、お子さんやお孫さん、親族同士が不動産相続(遺産問題)で揉めないよう、よく話し合ってから申し込みを行ってください。 シニア向け「ショッピングローン」に注意 最近は、雑誌や新聞広告だけでなく、地上波やBSでも「ショッピングチャンネル」が広く放送されるようになりました。 シニア世代は、テレビを視聴する時間が長く、自然とショッピング番組を目にする機会が多くなります。 番組視聴で、一番の問題になるのが「ショッピングローン」の存在です。 大手のショッピング番組になると、自社で独自のローンを用意し、若者からシニア世代まで、幅広い人に「分割払いで商品を購入するよう」奨めてきます。 (ショッピングローンの)一ヶ月あたりの 返済金額は、数千円程度と少なく抑えてあります。 しかし、分割回数が長くなればなる程、借り入れのお金は大きくなり「返済総額」も大きくなるので注意が必要です。 たとえ、分割手数料が無料でも、必要の無い商品を次々購入するのは考えものです。 返す見込みが無いなら、できるだけ無駄な出費を控え、老後に備えて貯金を残しておくようにしましょう。 返済できない状態が続くと、周りの家族全員に迷惑を掛けることになります。 また、ショッピングローンを利用される方は 「お金を借りてまで欲しい物かどうか」よく考えてから申し込むようにしてください。 年金受給者がお金を借りる方法や審査が通るカードローンまとめ 年金受給者の方でも、利用できるローンや融資制度、公的支援制度が存在します。 老後や定年後の資金が足りない方は、利用できるローンを上手に活用してみてください。 借り過ぎにさえ注意すれば、老後の生活はより豊かで楽しいものとなるでしょう。

次の

無職でもお金を借りる方法はたくさん?失業中や学生、年金受給者でもOK

年金受給者でもお金借りれる

専業主婦や失業中の方、年金受給者、高齢者の方、ニートの方など無職の方でも家族や友達以外から、お金を借りることはできます。 まず、選択肢としては消費者金融や銀行などのカードローンでお金を借りることを考えますが、多くのカードローンは「毎月、安定した収入があること」が貸付の条件になっているので無職の方は基本的に審査に通りません。 (専業主婦・年金受給者は一部借入可能) アルバイトやパートなどの形で収入が定期的にある方であれば問題なく消費者金融や銀行カードローンでお金を借りることができますが、無職の方は他の借入方法を検討する必要があります。 ここでは専業主婦や失業中の方、年金受給者、ニートの方、バイトをしていない学生など無職の方がお金借りる様々な方法を解説します。 無職でも色々なタイプの方がいる 無職と一言で言っても、いろいろなタイプの方がいらっしゃいます。 ここでは、上記のタイプの無職の方々が、お金を借りる方法をメッリット・デメリットを含め詳しく解説していきたいと思います。 無職の専業主婦がお金を借りる方法 消費者金融の「配偶者貸付」でお金を借りる 無職の専業主婦の場合は、基本的に消費者金融でお金を借りることはできません。 なぜなら、消費者金融は貸金業法で年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないことになっているからです。 ですが、専業主婦の場合、「配偶者貸付」を提供している消費者金融なら、お金を借りることができます。 配偶者貸付は、貸金業法の総量規制の「除外貸付」に分類される契約だからです。 配偶者、つまり旦那さんとあなた(専業主婦)の年収を合算して、年収の3分の1以下ならお金を借りられます。 あなたの年収が0円でも、旦那さんの年収が例えば600万円あれば、その3分の1「200万円」までお金を借りることが可能なのです。 <参考> ただし、アコムやプロミス、SMBCモビット、アイフルなど、大手消費者金融では、配偶者貸付を行っていません。 配偶者貸付を行っている一部の消費者金融をご紹介します。 消費者金融名 金利(実質年率) 限度額 年齢・条件等 4. 5%~18. 959~17. 950% 50万円 20歳以上の女性 本人または配偶者に安定した収入がある 10. 0%~20. 0% 50万円 未婚で未成年の方と、破産・債務整理した方は利用不可 配偶者貸付でお金を借りるには、旦那さんの同意書や住民票、旦那さんの収入を証明する書類などが必要になってきますので、旦那さんに内緒でお金を借りたいと思ている方には向かない借入方法です。 専業主婦でも銀行カードローンならお金を借りられる 銀行カードローンは、貸金業法の総量規制とは関係ないので、年収の3分の1以上のお金を借りることができます。 もちろん収入が0円の無職の専業主婦も借入OKです。 しかも、消費者金融の配偶者貸付とは違い、旦那さんに内緒でお金を借りることも可能です。 ただし、法律的に無職の専業主婦でもお金を借りられるとはいえ、各銀行のルールで、無職の専業主婦にはお金を貸さないと決めている所もあります。 例えば、メガバンクである三菱UFJカードローンや三井住友銀行、みずほ銀行のカードローンは専業主婦の借り入れは不可となっています。 例えば、専業主婦が借り入れ可能な銀行カードローンは以下になります。 カードローン名 実質年率 借入限度額 3. 急いでお金を借りたい専業主婦の方は、なるべく早めに審査に申し込むようにしてください。 その他、専業主婦の方がお金を借りる方法については、下で説明する「」をご覧ください。 失業中でもお金を借りることができる 消費者金融や銀行のカードローンは、基本的に定職についていることが利用条件となっていますので、失業中の方はこれらの金融機関からお金を借りることはできません。 前の勤務先を偽って申し込みをしたらバレないのでは?と思われるかもしれませんが、ローンの審査では勤務先として申告した会社に電話で在籍確認が行われますので、嘘の申告は通用しません(もし嘘であることがバレると、「この人は虚偽の申告でローン申し込みをした」という履歴が残る可能性があるので注意しましょう) 生活福祉資金貸付制度 失業中などの理由によって収入がない人の場合、国や地方公共団体からお金を借りることを検討しましょう。 都道府県の社会福祉協議会という組織が運営している生活福祉資金貸付制度では、失業中の方や低所得者の方向けの貸付制度があります。 現在、たくさんのお金を借りていて多重債務状態…という方も、債務整理を行うための費用立替えをしてもらえる可能性がありますので、生活を再建するために一時的に生活福祉資金貸付制度でお金を借りることを選択肢に入れてみると良いかもしれません。 ただし、すでに消費者金融などで借りているお金の借り換え(より安い金利の所に乗り換える目的で借りること)には生活福祉資金貸付制度は使えませんので注意してください。 生活福祉資金貸付制度について詳しくは以下をご覧ください。 その他、失業者の方がお金を借りる方法は、「」をご覧ください。 年金受給者がお金を借りる方法 現在職業にはついておらず、年金の収入だけで生活しているという高齢者の方は、基本的にやなど消費者金融などでお金を借りることはできません。 消費者金融の場合、総量規制(年収の3分の1以上のローンを組めないルール)があるためです。 年金受給者が銀行カードローンでお金を借りる 銀行カードローンであれば総量規制は適用外なので年金生活者であってもお金を借りられる可能性はありますが、年齢制限があって、高齢者はお金を借りられないケースも多いです。 年金生活者の方は次の「年金担保貸付」を利用してみることを検討してみると良いでしょう。 年金受給者は年金担保貸付でお金を借りるのがオススメ 年金担保貸付を行っている団体は「」「」の2つです。 金利は、銀行カードローン(年10%~15%程度)でお金を借りるよりも、かなり低金利で融資を受けることができます。 年金担保貸付 金利 福祉医療機構 年2. 8% 日本政策金融公庫 年1. 年金担保貸付は、即日融資は無理なので、急いでお金を借りたい高齢者の方には向いていませんが、毎月の収入が年金のみの方には、月々の負担を考えるとオススメな借入方法です。 借入限度額は、日本政策金融公庫の場合「250万円」もしくは「返金年額の1. 6年分」になります。 ただし、借りたお金の使い道が生活費の場合は「100万円まで」となります。 年金担保貸付の返済方法は、毎月支給される年金から返済額を差し引いた金額が、あなたの指定口座に振り込まれることによって行われます。 その他、無職の年金受給者の方がお金を借りる方法は、「」をご覧ください。 ニートの方がお金を借りる あなたは本当にニート?自分でニートと思い込んでいるだけかも ニートは無職の人のことを指しますが、無職にも色々タイプがあります。 結婚して専業主婦だったり、学生だったり、ちょうど失業して空白の時を過ごしていたり・・・。 中には、フリーターとして収入が少しあるのに、自分をニートだと勘違いしている人もいます。 日本では、15~34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している。 簡単にニートを区分けするならば「学校等に通わず、家事もせず、働いていない無職で無収入の若者」です。 専業主婦や学生なども無職ですが、「家事」や「学業」などのやることがあり、ニートにはなりません。 また、年金受給者は、仕事はないけど収入があり、35歳以上なのでニートとは呼びません。 また、一切働く気がないこともニートの特徴です。 いわゆる「家事手伝い」については、現在の厚労省の定義ではニートに含めていない ですので、失業や倒産で今現在収入源を失い、就職活動を行っている人は、働く気はあるためニートとは違う扱いとなります。 ニートは消費者金融カードローンでお金を借りられない ニートをはじめとして、「無職」「無収入」の方は総量規制(貸金業法)というルールがあるので、消費者金融のカードローンでお金借りることはできません。 やなど消費者金融は貸金業法によって年収の3分の1までしか融資を行えませんので、収入がないニートの方はお金を借りることができません。 これは、アイフルやプロミスなどの大手消費者金融だけではなく、中小の消費者金融や街金融でも同じです。 審査が甘い中小の消費者金融や街金ならニートでもお金を借りられるのではないか?と思う方もいるかもしれませんがそれは誤解です。 銀行カードローンは無職でもお金を借りられるがニートは難しい 銀行カードローンは消費者金融とは違い、総量規制がないため、無職で収入がない方でも審査に通ればお金を借りることができます。 実際に、専業主婦(主夫)で配偶者に収入があるケースでは、審査に通過してお金を借りれた例もあります。 ただし、ニートの方には基本的に配偶者もいませんし、審査通過はまず難しいと考えた方が良さそうです。 銀行カードローンも消費者金融も、カードローンの申込み資格を見ると、申込者本人または配偶者に「安定した継続収入がある方」と記載されているケースがほとんどです。 無職・無収入のニートの方は、消費者金融をはじめ、もっと審査が厳しい銀行カードローンでお金を借りることは基本できません。 アルバイトをしていない無職の学生でもお金は借りられる? アルバイトをしていない無職の学生の方は、カードローンでお金を借りることはできません。 さらに、や、、などでお金を借りられるのは、20歳以上の学生の方になります。 18歳以上20歳未満の学生の方は、大手消費者金融のカードローンでは申込み不可で、選択肢はや学生ローンの、などの学生専用ローンになります。 その他は、学生専用クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りる方法や、学費の場合は奨学金を利用してお金を借りる方法になります。 その他、無職の方がお金を借りる方法【専業主婦・失業中・ニート・年金受給者・学生OK】 ここでは、上で説明した以外の「無職の方がお金を借りる方法」を紹介します。 無職の専業主婦の方、失業中の方、ニートの方、年金受給者の方、バイトをしていない無職の学生の方でも条件に合えば、お金を借りることができます。 生命保険の契約者貸付なら無職でも借りられる 掛け捨てではなく、解約返戻金がある生命保険に入っている場合、もあります。 生命保険の契約者貸付は、解約返戻金を担保に保険を解約することなく、お金を借りることができる制度なので、保険料をしっかり支払っていれば、無職の方でも借入可能なのです。 しかも、返済期限は、保険の満期日までなので、無職の方には有り難い借入方法なのではないでしょうか? しかし、金利は低金利なのですが、計算方法が複利なので、返済を長い間しないと総返済額が大きくなってしまう危険性があります。 いつのまにか借入額が、解約返戻金を上回ってしまうなんてこともあるかもしれません。 無職の方が一時的にお金を借りるのは良いかもしれませんが、仕事に就いて収入を得られるようになったら早めに返済するようにしてください。 定期預金担保貸付なら無職でも借りられる 定期預金担保貸付は、銀行に預けている定期預金を担保にしてお金を借りる方法です。 担保としてお金を預けているので、無職の方でも、ブラックの方でもお金を借りることができます。 定期預金担保貸付の借入方法は、自動融資が多く、あなたの普通預金口座がマイナスになると借入状態になり、普通預金に入金して、預金残高がプラスになれば返済したことになります。 利息については、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクで「定期預金の金利+0. 5%」で設定されており、銀行カードローンや消費者金融に比べて圧倒的に低金利で借りることができます。 借入限度額は、定期預金の90%までに設定している銀行が多く、返済期間は定期預金の満期日までになります。 満期日が相当先の定期預金を組んでいる無職の方は、返済期間に余裕があるので安心ですね。 定期預金担保貸付について詳しくは以下をご覧ください。 質屋なら無職でも借りられる 価値があるものを担保として預けて、お金を借りることができるのが質屋です。 こちらも担保を預けることになるので、無職の方でも金融ブラックの方でもお金を借りることができます。 質屋での査定時間はとても速いので、即日融資も可能です。 急いでお金を借りたい無職の方に向いている借入方法ですね。 ただ、ブランド物のバッグや財布、パソコンやカメラ、その他家電製品、貴金属など、価値があるものを保有していないと、お金を借りることができないですし、あなたの希望する金額を借りられない可能性もあります。 また、金利は消費者金融などの貸金業者よりも、高い金利設定になっている為、返済が長引くと支払額は大きく膨らんでしまいます。 消費者金融の最高金利 年利20. 0% 質屋の最高金利 年利109. 5% 質屋の返済期限はほとんどが3ヶ月に設定しているので、それ以内に全額返済すればそれほど大きな返済額になりませんが、質屋の場合、返済期限が来ても、利息だけ返済していくこともできるので、その点は注意してください。 また、返済期限が来ても、利息分すら返済しなかった場合は、預けたものを売却されてしまうので、本当に大切な物を預ける場合は慎重に考えないといけません。 質屋でお金を借りる方法について詳しくは以下をご覧ください。 クレジットカードのキャッシング枠 現在無職の方が、新しくクレジットカードを作ることはできませんが、すでにクレジットカードを持っている方は、そのクレジットカードのキャッシング枠を調べてみてください。 もし、キャッシング枠が付いていれば、コンビニや銀行のATMなどで、今すぐお金を借りることが可能です。 ただ、無職の方の場合、返済が翌月に一括でくると支払うことが出来な方もいるかもしれませんが、ほとんどのクレジットカードでは、リボ払いに変更することができます。 リボ払いにすれば、毎月無理のない一定の金額を返済していけばOKなので、無職の方にはおすすめです。 しかし、リボ払いは、返済がなかなか終わらない、総返済額が大きくなる、等のデメリットもあるので、覚えておいてください。 クレジットカードの現金化はNG クレジットカードのショッピング枠を使って、物を買い、それを業者に買い取ってもらい、現金を手にする方法をと言います。 クレジットカードの現金化は、キャッシング枠を使い果たした方や、キャッシング枠が付いていない方が利用することになるのですが、絶対にやめてください。 ニートや失業中、専業主婦など無職の方でも家族カードなら発行できる 現在、クレジットカードを持っていないニートや失業中の方、専業主婦の方でも、家族カードなら発行できます。 お父さんか、お母さんがクレジットカードを保有していれば、家族カードを発行してもらうように頼んでみてはいかがでしょうか? 家族カードは契約者に安定した収入があれば、家族の方がニートや失業中、専業主婦でも発行することができます。 (審査によって決まります) 家族カードでも、キャッシング枠が付与される場合もありますので、無職の方もお金を借りられるかもしれません。 厳密にいうと、家族カードの支払いは、クレジットカード契約者本人が行うので、家族カードでキャッシングして借りたお金を返済するのは、家族ということになります。 つまり、家族からお金を借りるということですね。 ニートの方は親からお金を借りられる? これは、親が、ニートのあなたを甘やかしてくれて、経済的に余裕がある場合にのみ使えます。 下手すると貸金業者や公的融資サービスよりも難しい親もいますが、大体の親は子供に甘く、甘いからこそニートをやっていることすら許しているのでしょう。 そこを突けば、お金を借りることはおろか、返済しないで良いお小遣いをもらえるかも知れません。 ただ、親からお金を借りるには、正当な理由、言い訳が必要になります。 ニートの方で親からお金を借りたいと考えている方は以下をご覧ください。 まだ親を安心させる気もなく、まだまだ親のすねをかじれるという裕福な家庭の人のみ、使える方法です。 その他にも、国からお金を借りる方法や、自動車を担保にお金を借りる「車で融資」、ゆうちょ銀行の担保貸付、不動産担保ローンなど、無職でもお金を借りる方法は複数あります。 詳しくは「」をご覧ください。 ニートの方・失業中の方がお金を借りるために今からできること 働く気があるニート・失業中の人は生活福祉資金貸付制度でお金を借りられる 失業などで、仕方なくニートになってしまった場合には、生活困難者向けの貸付制度「生活福祉資金貸付制度」の対象となるかどうかをチェックしてみてください。 借りたお金の使い道は決まっていますが、生活が苦しかったり、再就職の資金が足りない場合には役立つ貸付制度で、無利子または低金利でお金を借りられます。 生活福祉資金貸付制度は、あくまで就労する意欲がある方が利用できる制度なので、働く気がないニートは借入できません。 現在、就職活動をしていないニートの方も、これを機に動いてみてはいかがでしょうか? 詳しくは以下をご覧ください。

次の