マルルクちゃんの日常 感想。 劇場版「メイドインアビス」

メイドインアビス

マルルクちゃんの日常 感想

『マルルクちゃんの日常』(かわいい)を観たあとに『深き魂の黎明』を観賞したグループと、『深き魂の黎明』を観たあとに『マルルクちゃんの日常』(かわいい)を鑑賞したグループに、簡単な計算問題のテストをさせた結果……。 ……という心理学実験は無いのだが、そんなことを考えてしまうくらいに、おれは『 深き魂の黎明』を観てしんどくなってしまった。 ぐったりしてしまった。 エンドロールが終わったあと、「あと、十分くらいここに座ってていいかな?」とか思ってしまった。 しんどい映画にもいろいろな種類がある(『』とか『』とか『ジョーカー』とか『家族を想うとき』とか)と思うが、まあなんというのだろうか、『深き魂の黎明』はかなりしんどかった。 序盤、中盤、終盤、隙がないと思うよ。 ほんと。 『マルルクちゃんの日常』がなければ、が相当に濁って、犯罪係数も急上昇で劇場をあとにすることになったと思う。 R15+指定は伊達じゃねえよ。 そんくらい。 しかしなんだろう、ちょっと本編の内容から離れる。 本作は、テレビアニメ『』の続編ということになる。 原作漫画があるのは別として、映像化作品としてはそういうことになる。 今どき、こういう流れも多いかと思う。 で、おれはこういう流れのなかで、迷子になることがある。 いや、本当に好きな作品ならば(おれにとってはすばらしいだが)追えるが、「劇場版? 総集編なの? 違うの?」とかなって、なんかロストしてしまうことがある。 劇場版で稼いで、続きを、という流れに文句を言うつもりはないが、原作あっての、あるいは無くてもか、なんかどう劇場版が入ってくるかみたいなところ、なんとなくなんだなぁと思ったりもする。 『』については、年末年始に「総集編劇場版」の前後編をテレビ放映してくれたので、それを録画して流れを把握できた。 「ナナチかわいい」という思いを抱いたまま、劇場に足を運ぶことにした。 いや、そりゃ観たくなるぜ。 観たくなるし、観たし、それでもってしんどくなってるんだから、まあ、自己責任よな。 ダークファンタ? となると、たとえば『』なんかが思い浮かぶが、『』のダークさは、それ以上といっていいよな。 ナナチがかわいくなければ、の声がなければ、とてもじゃないが耐えられえない。 いや、そのナナチすらどうなるかわからないのがこの作品の怖さよ。 と、ここまで書いて、「テレビは観てたな」というやつがいれば、「映画館行け」というし、「しらんけど、すごいの?」という人がいれば、「アニメか総集編を観たうえで映画館行け」といいたい。 あー、しんどい。 しかし、しんどい人生には、もっとしんどいこともある。

次の

不動卿・動かざるオーゼン『メイドインアビス』アニメあらすじ・みどころ、ネタバレ感想|#6~8話|アニメの缶づめ

マルルクちゃんの日常 感想

こんにちは、わっきーです! 本日、1月17日に公開が始まった -深き魂の黎明- を観てきました! 見てくるぞー んなー — わっきー 動画編集者でゲーム実況者 yuzufhana テレビアニメを初めて見た時の 絵とストーリーのギャップの衝撃はいまだに覚えていますね。 スポンサーリンク 作品紹介 あらすじ 深界四層でタマウガチの毒に苦しむリコ。 リコを救ったのは成れ果てのナナチだった。 ナナチを仲間に加え、ボンドルドの待つ深界五層へと三人は冒険を進める。 そこで、プルシュカと名乗る女の子に出会い… スタッフ・キャスト 原作: 監督:小島正幸 脚本: リコ: レグ: ナナチ: ボンドルド: プルシュカ: マルルク: オーゼン: 感想 「マルルクちゃんの日常」がエッチだ 本編の感想に入る前に 同時上映「マルルクちゃんの日常」の感想を! 元々は、エイプリルフールネタだったものが 実際に裏では作られていたというものですね。 これがなかなかエッチだったw マルルクが食後に寝てしまったオーゼンを ベットに連れて行こうと奮闘する話なのですが まあマルルクが可愛い!! 体格差がありすぎるせいで全くベットまで連れていけない中、 最後にロープやフックを何重にも使った仕掛けで オーゼンを運ぼうとしました。 うまく行くかと思いきやそこでオーゼンが起きたせいで マルルクはロープで吊るされてしまいました。 ここがエッチかった!!! ただぐるぐる巻きになるわけじゃなくて 着ている服がずれてスカートはめくれてと 最高の観客サービスを見られました!! 4週間で毎週話が変わるようなので マルルク好きは毎週行くしかないですね! 新キャラ・プルシュカ 深層6層に向かうために深層5層の ナナチが「成れ果て」になった原因でもある ボンドルドがいる「前線基地(イドフロント)」へ! そこにいたのはリコたち同じ歳くらいの プルシュカに出会いました。 このプルシュカはまさかのボンドルドの娘とのこと。 子供達で実験してたボンドルドに子供がいる時点で なんか嫌な予感。 しかも、このプルシュカが ・父親大好き ・無邪気 ・優しい子 と明らかに嫌な予感をプンプンさせる属性ときたものだから ずっとゾワゾワしていましたw このプルシュカが先に進むための鍵を握る存在になるとは…。 レグVSボンドルドの迫力ある戦闘シーン 今回の見所でもあるのがレグとボンドルドによる戦闘シーン。 この2人の戦闘シーンだけでも 3つに分けられるほどに熱くなる戦闘シーンでした!! 深層5層の生物を使っての戦闘 レグが暴走してる時の決戦 最後はボンドルドの燃料切れ狙いの逃亡戦 始めがあっさり倒したからおかしいとは思ったけど ボンドルド自体は体の交換ができるっていう不死身キャラ。 さすが、白笛なだけある強者感w レグが戦いのたびに動きが変わってくことで 後半に連れて戦闘シーンの迫力が増していって興奮しました!! 映画館だからこそ感じられる迫力でもありますねー 白笛の素材は〇〇だった…。 本人以外は使用不可の白笛。 今までイマイチ語られなかった白笛の秘密が語られました。 白笛は人の肉体から作られたものでした。 ボンドルド自身が自分自身を素材に 白笛を作った事実は衝撃的でした。。。 そして、この秘密がプルシュカとも繋がることに…。 戦闘の過程でプルシュカは父親のボンドルドによって アビスの呪いを肩代わりする「カートリッジ」にされてしまいました。 嫌な予感は見事に的中でしたね。。 そして戦闘後、 カートリッジ化したプルシュカの中から出てきたのが 「命を響く石」いわゆる白笛が出てきました。 物語の中でプルシュカは「一緒に冒険したい」と言っていた気持ちが リコたちの前で白笛として変化したようですね。 最後に 始めの「マルルクちゃんの日常」の後からは考えられないほどの 暗くて深い話は「さすが!」 まさに深層のように深いストーリー展開ですね! グロかったり、エグかったりするシーンが多い作品ですが アニメ好きには一度観てもらいたい作品です! テレビアニメ版または総集編を見てから ぜひ、映画も観てみてくださいね! それでは最後まで読んでいただき ありがとうございました!.

次の

本当にしんどい映画でした 『メイドインアビス

マルルクちゃんの日常 感想

あらすじ 「監視基地」 シーカーキャンプ に到着したリコとレグを迎えたのは、不動卿・動かざるオーゼンだった。 現役の白笛で、アビスで生まれたリコをライザとともに地上まで運んだオーゼン。 お礼を言うリコに対して、オーゼンは不気味に笑うのだった・・・。 作品情報• 著者 : つくしあきひと コミック• 放送期間 : 2017年• 話数 : 13話 登場人物• リコ・・・主人公。 好奇心旺盛の女の子• レグ・・・アビスで見つかった人間そっくりのロボット• オーゼン・・・白笛、シーカーキャンプの防人• ライザ・・・白笛、リコの母。 アビスで消息を断つ• マルルク・・・オーゼンに拾われて育てられた.

次の