障害者 cad。 障害者職業能力開発校とは?~職業訓練の種類や採用するときの留意点~

障害者コンピュータ支援センター: C

障害者 cad

概要紹介 アメリカ、テキサス州ダラスにある、障害者のためにコンピュータを使った生活改善を支援する非営利団体、C-CAD(The Center for Computer Assistance to the Disabled, Inc)のサイト。 障害者のためのパソコン・インターネット関連情報の紹介とトレーニングを中心に活動している。 翻訳部分• C-CADについてのレポート と、K. 障害者関連サイトと支援ソフトのサイトへのリンクの翻訳は要約、その他の項目は全文を翻訳しました。 通信履歴、統計 L. 関連情報 N. 検索エンジンの項目は、翻訳を省略しました。 日本でも同様の活動をする団体が増えつつあり、障害者福祉やコンピュータの先進国アメリカでの事例を報告する• 各トレーニング講座の紹介、申し込みから、支払い、トレーニングの進め方などを丁寧に解説している。 ホームページは、視覚障害者が使いやすいようにテキストベースで、構成もシンプルにできている。 非営利団体とはいえ、各講座とも受講料が結構高額で、助成や補助がなければ個人で負担するには厳しいのではないだろうか? この金額を払ってまでC-CADの講座を受講するメリットがあるのか若干疑問がある。 おそらく日本と違って、各種助成金や奨学金の給付が前提になっているのだろう。 協賛している大企業の名前を利用して、信用や安心感を高めている。 今後コンピュータを使える人とそうでない人との間で、情報格差が広がると言われているが、特に障害者のほうにそれが顕著に現れるのではないだろうか。 そういう意味でも、このような団体の活動がますます重要になってくるだろう。 訳者:池田雅一 障害者コンピュータ支援センター(C-CAD) 障害者コンピュータ支援センター(C-CAD)は、501条C項に定める非営利団体で、その使命は「改造したパソコン、障害者支援機器、オーダーメイドのソフトなどを使って、生活の質を高め、障害者雇用の選択の幅を広げる」ことです。 C-CADは、個人、財団、企業からの寄付で支えられています。 C-CAD障害者コミュニティーや障害者支援機器の分野に興味のある人に役立つために、このサイトを公開して嬉しく思います。 このスペースを最大限活用するため、我々と共通の目的を持つ組織、サービス、ベンダーなどとの連合を目指します。 「支援」という言葉は、組織名にも使われていますが、残念なことに、コンピュータを提供することも購入のための融資をすることもできません。 私たちの使命は、可能な場所で可能な時間に支援することで、主に適応アクセスに関する情報、紹介、訓練などに重点を置いています。 役立つなら、情報の連絡係として活動します。 ここに国家的な情報源がいくつか掲載されています。 もし他に役に立つものがあれば、このページに追加しますので、お知らせ下さい。 C-CADの関係者は皆、創立者で偉大な支援者であるジャック・キシュポーが亡くなったことを知り、悲しんでいます。 ジャックは人を引きつけるカリスマ性を備えた人で、実行力はC-CADの成功を見ればわかります。 彼がいなくなって、とても寂しくなるでしょう。 マイクロソフト・ディスタンス・ラーニング・プログラム(Microsoft Distance Learning Program )詳細はこのリンクボタンをクリックして下さい。 新講座• 視覚障害者対応サイトの認定• 講義日程• コンピュータ・トレーニングの目標• スタッフ紹介• C-CADの活動方針• C-CADについてのレポート• 寄付・寄贈品希望リスト• 通信履歴、統計• 障害者関連サイトと支援ソフトのサイトへのリンク• 関連情報• 障害者支援機器• 最終更新日 1999年12月10日 A. マイクロソフト・ディスタンス・ラーニング・プログラム C-CAD遠隔教育プロジェクト 遠隔教育プロジェクトが、非常に注目を集めています。 たくさんの方から問い合わせをいただきました。 しかし、あまりに多すぎて一つ一つにお返事ができていませんでした。 この説明をよめば、提起された問題点がはっきりすると思います。 このプロジェクトの現状 C-CADでは、生徒数を限定して受け入れています。 Comにお問い合わせください。 遠隔教育とは? 遠隔教育とは教育方法の一つで、先生と生徒が遠く距離を隔てて教室の外で行われるもので、交流はテクノロジーを使って行います。 米国遠隔教育連盟 www. usdla. org は、遠隔教育を以下のように定義しています。 「伝達された情報や教育、周囲を取り巻くあらゆるテクノロジーや、遠隔地での違った形態をした学習などを通して、知識や技術を習得すること」 C-CADでのオンライン講義受講の意義 オンライン講義を受講すれば、教室で受けるのと同質の教育を受けることになります。 もちろん通常の講義に出席する学生と、同レベルの習熟度を示す必要があることは、言うまでもありません。 受講の申し込み方法 申し込みは簡単で、Eメールでできます。 メールに名前、住所、電話番号、障害の種類を記入して下さい。 こちらからスタッフがお電話します。 受講者にとってはC-CADを知ることに、われわれにとっては受講者を知る機会になります。 その後受講を決めれば、ログインネームとパスワードを発行します。 必要な機材 遠隔教育の受講者は、マルチメディア対応のパソコンが使用でき、インターネットにアクセスできる必要があります。 またEメールアドレスも必要です。 C-CADではEメールアドレスを発行していませんが、無料のEメールサービスがいくつかありますので、それらに申し込むこともできます。 この手続きもよろこんでお手伝いいたします。 必要なソフト 教室で受ける講義と違い、必要なソフトを使用できなければなりません。 これには学習に使うプログラムや必要な支援ソフトが含まれます。 たとえば、視力の弱い人や「障害者のためのインターネット」講座受講希望者は、ブラウザソフト(Internet ExplorerまたはNetscape)とZoom Textのような画面を拡大するソフトなどが必要になります。 教材の入手方法 教材はオンラインで入手できますが、お申し出により印刷もいたします。 課題について インストラクターは毎回、課題を与えます。 受講者は、期限までに完成してインストラクターに送らなければなりません。 作成した解答は、Eメールの添付ファイルとして送ります。 講座ごとにインストラクターが出した問題について、討論会を行います。 受講者全員が、解答し、他の受講者の解答を評価し、お互いの解答にコメントしなければなりません。 また、チャットルームのような、リアルタイムのコミュニケーションシステムを利用することも検討しています。 試験の形式 もちろん、試験もあります。 けれども、試験の方法は今までなじんできたような従来の方法とは異なっています。 参加したプロジェクトや討論やチャットから主に評価されます。 インストラクターが、Eメールで試験するか、電話で質問するか、または問題を出して一対一でチャットするかを選択します。 助けが必要なとき ときどき、助けが必要になることがあると思います。 質問があれば、インストラクターにEメールで質問して下さい。 電話で質問することも可能です。 討論会でも聞いてみましょう。 クラスメートが答えてくれるかも知れません。 不愉快になりますか?そんなことはないでしょう。 そのため、受講者全員に地元の指導者を持つことを求めています。 必要なときに、地元の指導者とインストラクターが連絡を取り合って、支援します。 受講料の支払方法 支払の手順は、受講者ごとに様々です。 代理人または雇用主が費用負担する場合、こちらからその保証人に連絡し、支払いの方法を決定します。 保証人がいなかったり、自分で支払いたくない場合は、小切手でも結構です。 もし何かご質問があれば、お問い合わせ下さい。 このプロジェクトの現状をチェックするため、時々このサイトを訪問することもおすすめします。 最後にもう一度、興味をお持ちいただいてありがとうございました。 早くあなたと勉強したいと思います。 Com B. 新講座 C-CADの新講座 C-CADでは、新しい講座を始めました。 これらは、速習講座をお探しの方のために、設けられました。 受講者はコンピュータの基礎知識があり、支援機器に慣れている必要があります。 Comにご連絡下さい。 インターネットで就職活動 3時間の講義で、インターネットで仕事の検索、発見、応募の方法を学習します。 コンピュータの基礎講座 DOS、Windows、Word、Excel、Access、PowerPointの基礎を5週間で学ぶ速習コースです。 Microsoft Word入門コース1日セミナー Microsoft Wordの基礎を6時間の講義で紹介します。 文書の作成、保存、フォーマット、印刷の方法を中心に学びます。 Microsoft Word中級コース1日セミナー テキスト・ボックス、ラベル、フォーム、結合など、より高等な技法を6時間の講義で紹介します。 Microsoft Excel入門コース1日セミナー この講座も6時間です。 簡単なワークシートの作成、ワークシートのフォーマット、簡単な計算などを中心に紹介します。 Microsoft Excel中級コース1日セミナー 表計算ソフトの高等技法を6時間の講義で紹介します。 グラフ、簡単な統計や財務データの分析、ワークシートのリンクなど。 視覚障害者対応サイトの認定 視覚障害者対応サイトの認定 アダプティブ・アクセス・スクリーニング(Adaptive Access Screenings)に加えて、C-CADはまもなく、弱視や全盲者のための視覚障害者対応サイトとして公認されます。 閉鎖回路テレビ拡大器(CCTV)• 白黒またはカラーテレビ• 画面サイズ20インチ、17インチ、14インチ• コンピュータベースまたは単独• 固定式またはポータブル• Speech synthesizers/コンピュータ画面上の情報を読む、画面読み上げソフト• Magnification/拡大して印刷するソフト• Scanner/印刷文書をスキャンしてコンピュータに取り込み、文章を読むか、画面に拡大表示する読み込み装置• Notetakersは、点字または音声で出力し、点字または標準キーボードで入力する装置 D. 講義日程 障害者コンピュータ支援センター C-CAD TARGETED COMPUTER TRAINING(C-CADのコンピュータトレーニングの目標)では、コンピュータのアクセスに特別の支援を必要とする障害者への援助として下記のような教育法をとっています。 スクリーニング(審査)• 障害者に適したコンピュータのアクセス方法の決定• 目標の決定• カリキュラムから身に付ける技能の決定 支援ソフト• 音声認識ソフト DragonDictate、Dragon NaturallySpeaking• 画面読み上げソフト JAWS for Windows、ZoomText Xtra• 文章読み上げソフト Kurzweil 1000, Kurzweil 3000, Reading Edge• 画面拡大ソフト ZoomText Xtra コンピュータ技能• 障害者支援機器の使い方• 障害者支援機器を使ったキーボード操作• 障害者支援機器での、Microsoft Office 97 Word, Access, Excel, PowerPoint の操作 手順• いくつかのプランの提示• トレーニング 審査の期日は早急に決めます。 管理コーディネーターのマーサ・サーラット、 214 800-2223までご連絡下さい。 審査の予約やトレーニングについての情報をお知らせします。 コンピュータ・トレーニングの目標 C-CAD TARGETED COMPUTER TRAINING C-CADは、改造パソコン、支援機器、オーダーメードのソフトなどを使って、一時的及び永続的な障害のある人たちの生活を豊かにするために創設された非営利団体です。 これを達成するため、C-CADではC-CAD TARGETED COMPUTER TRAININGを設立しました。 受講方法 特殊なコンピュータアクセスが必要な人は、受講者の目標や必要なアクセスを決めるので、C-CAD Targeted Computer Trainingに予約するのが良いでしょう。 その後に、グループレッスンか、または個人レッスンに登録します。 助成金、企業の奨学金または個人で支払えば、手続き終了です。 1999年の講義は以下の通りです。 日程は変更されるかも知れません。 もし変更があれば、追ってお知らせします。 特定のコースと個人指導は、毎回希望とインストラクターの都合をもとに決められています。 入会 C-CAD Targeted Computer Trainingは、開かれた入会ポリシーをとっています。 カリキュラムから身につけることができる人ならだれでも入会できます。 受講者は助成金、企業の奨学金制度を利用するか、または個人負担で受講料を支払います。 必要条件• 学習する能力があること• 支援機器を使う必要がある、かつまたは、適応した教え方が必要であること 受講者は入会前にAdaptive Access Screening(支援機器審査)を終了し、上記の二つの必要条件に適合するか判断しなければなりません。 審査は講義開始2週間半前に終了しておく必要があります。 Adaptive Access Screeningの費用は、1時間につき100ドルです。 入会希望者は予約をして、目標や、アクセスに必要なもの、講義で学習できるかなどを判断する審査を受けなければなりません。 この審査により、トレーニングのプログラムを決定するのと同様、コンピュータの操作に最適なソフトやハードを決定することができます。 審査の方法は、障害者の必要に応じて合わせます。 だいたい3時間かかりますが、多重障害者の場合さらに長くなります。 登録 Adaptive Access Screening終了後、受講者はグループレッスンか、または個人指導かどちらかで登録することになります。 どちらも、毎回受講者の希望とインストラクターの都合をもとに日程が決められます。 受講者の入会と助成金の手続きは、少なくとも講座開始1週間前までに終了する必要があります。 費用の支払い 助成金の利用者 助成金を利用する受講者の受講料は、講座が完了し、書類を受け取るまでです。 企業の奨学金利用者と個人負担の受講者 審査費用は当日に、保証金100ドルは入会までにお支払い下さい。 残金は講義の初日までにお願いします。 個人コースの全費用は、カタログの5ページと12、13ページをご覧下さい。 コンピュータ支援機器(Adaptive Computer Access Technology. BAT Chord のキーボード操作 600ドル• 支援機器を使ったキーボード操作入門コース 600ドル• 支援機器を使ったキーボード操作中級コース 600ドル• 支援機器を使ったキーボード操作上級コース 600ドル• 支援機器を使ったコンピュータ入門コース 480ドル• 支援機器を使ったMS Word for Windowsコース。 480ドル• 支援機器を使ったMS Word for Windowsコース「 480ドル• 支援機器を使ったMS Excel for Windowsコース。 480ドル• 支援機器を使ったMS Access for Windowsコース。 480ドル• 支援機器を使ったMS Access for Windowsコース「 480ドル• 支援機器を使ったMS PowerPoint for Windowsコース。 480ドル• 支援機器を使ったインターネット入門コース 480ドル• c-cad. htmをご覧下さい。 C-CADの活動をエリザベス・ガストウィックが報告するレポート。 コンピュータやテクノロジーの発達によって、障害者が公平にコミュニケーションをとることができるようになってきた。 そのため様々な分野から多くの情報を集め、紹介することが重要である。 しかしたくさんの情報の中から、必要としている人に最適なものを提供すること、また障害者に何を使えばどんなことができるかをアドバイスし、さらにそれを教育訓練することが非常に大切である、とC-CADのメアリー・アン・シュローダーが述べている。 そういう意味で、INFOMARTでの展示が、大きな役割を果たしている。 寄付・寄贈品希望リスト 寄付寄贈希望品リスト C-CADでは、トレーニングセンターで使用する、コンピュータ、周辺機器、ソフト、家具、教材などの寄付をお願いしています。 C-CADは法律の指定を受けていますので、寄付はすべて非課税です。 もし下記の物品や寄付を頂ける場合、こちらまでお知らせ下さい。 コンピュータのハードウェア• CPU486以上のコンピュータ• ノート型コンピュータ• 拡張メモリ• フロッピーディスクドライブやハードディスク• 17型か20型のSVGAモニタ• フロッピーディスク• レーザープリンタ• スキャナー• マウスやポインティングデバイス• 高さ調整機能付きテーブル• エルゴノミックチェア• オフィスソフト K. 4woman. gov 一般消費者から専門家、研究者まで女性のための健康情報を無料で提供するサイト。 Ai Squared ZoomTextやVisAbilityなど、視覚障害者用ソフトの開発会社。 Dragon Systems, Inc. 音声認識ソフトDragonDictateの開発会社。 話した言葉を正確に画面に表示する。 Freedom Scientific Inc. 視覚障害者用画面読み上げソフトJAWSの開発元。 rehab. state. Infogrip Inc. 人間工学をもとに設計されたキーボード、The BAT Personal Keyboardを開発。 専用ソフトChordEasyを使ってカスタマイズできる。 GW Micro Vocal-Eyes、Sounding Boards、Speak-Out the Small Talkなどのソフトやハードの開発で、視覚障害者の自立を支援。 Origin Instruments Corporation コンピュータを頭で操作する装置Head-Controlled Pointing for Computer Accessを開発。 idealist. League for the Hard of Hearing 聴覚障害者とその家族のための、リハビリや人的サービスを提供し、生活の質の向上を目指す。 障害者の科学技術などの学術分野への参加を増やすための、ワシントン大学のプログラム。 Innovation Management Group, Inc. 斬新的なアイデアを実現して生産性やテクノロジーの向上に貢献する企業。 Hillier School disABILITY Information and Resources M. 支援機器 支援ソフトや支援機器を紹介しているサイトへのリンク C-CADで使用しているソフトのより詳細な情報• ABLEDATA• ZOOMTEXT• VOCAL-EYES• SOUNDING BOARD この情報はセント・ジョーンズ大学の提供によるものです。 Trace Research and Development Center The Trace Centerは、特別なニーズにこたえる製品のカタログを出版しています。 製品を名前ごと、メーカーごとに並べています。 family village 障害者の家族のためのインターネット上での地球規模のコミュニティ。 ウィスコンシン・マディソン大学ワイズマンセンターが運営。 Closing The Gap Closing The Gapは、障害者がマイクロコンピュータや関連のテクノロジーにアクセスできる製品を年中検索しています。 URL移転対応:2004年3月18日.

次の

精神障害者枠で内定を頂きそうですが、現場の人に嫌がられて...

障害者 cad

バリアフリーブックは、高齢者や障がいのある方などに配慮したパブリックトイレのプランづくり・器具選びなどのポイントをまとめた提案集です。 カタログのお取り寄せや確認をしたい場合には「カタログ請求・閲覧」をご利用ください。 プラン詳細図CADダウンロード 2次元CADデータ DXF、DWGフォーマット のほか、図面確認用にPDFをご準備しております。 データは予告なく変更する場合がございます。 プランニングの際にご利用ください。 悪しからずご了承ください。 このページに掲載されているデータについては、お客様の建築設計・施工業務以外での無断転載等を固く禁じます。 図面内容 空間寸法 mm カタログ 掲載 ページ CADデータ DXF DWG 画面確認 すべてのプランをダウンロードする 5. 72MB 6. 07MB 3. 37MB 4. 10MB 1. 45MB E-1 一般トイレ 小便器ゾーン 小便器プラン RESTROOM ITEM01プラン - 113 F-1 一般トイレ 小便器ゾーン 小便器プラン 在来工法プラン - 113 G-1 一般トイレ 洗面ゾーン 洗面器プラン 壁掛洗面器プラン - 114 G-2 一般トイレ 洗面ゾーン 洗面器プラン カウンター式洗面器プラン - 114 カタログに関するご案内• パブリック向け商品 建築用途別の配慮ポイントからおすすめ商品を探す•

次の

10種類の障害者マーク一覧

障害者 cad

求人情報 求人No. 車椅子可• 最寄駅から5分以内• 面接のみ• 残業なし• 高卒OK• 完全週休2日制• 未経験者OK• オフィス内勤務• 20代・30代活躍• 契約社員 東京都千代田区 【障害者雇用枠】CAD事務(住宅図面の作成など) 求人募集 No. 5804 東京都千代田区にある住宅リフォーム会社の本社にて障害者雇用を行っています。 CADの操作経験がある方であれば実務経験は必ずしも必要としていません。 一般住宅、マンション、店舗、事務所などの図面作成に際して、補助をお願いします。 その他にも商業施設など建物のリニューアルオープンする際、リフォーム図面の作成などがあり、作成する図面が多いので増員を計画しています。 【休日休暇】 ・年間休日123日(毎週水、日休み) ・祝日 ・夏季休暇、年末年始 ・有給休暇 ・育児休暇、産後休暇、介護休暇 【事務所内】 ・車椅子移動可 ・車椅子用トイレ有 他、詳細については面談時にお伝えいたします。 ご応募お待ちしております。 当社について スクエアプランニング株式会社は、愛知県名古屋市中区に本社を構える総合コンサルティング企業です。 ・今の自分の職場環境や待遇に不満がある ・現状を何とかしたい ・新しい環境でスキルアップを目指したい という方のために、 キャリアコンサルタントによる転職相談や 職業紹介などのサポートを行っております。 当社の取り扱う 職業紹介とは、転職希望者の適性、経験、スキルなどを総合的に判断し、最適な転職先企業を紹介する仕組みです。 仕事の紹介を受けるための費用は一切かかりません。 給与や採用条件などの交渉も当社があなたに代わって行います。 職業紹介で転職に成功された場合、転職先企業に直接正社員(または契約社員)として勤務することになりますので、 人材派遣より安定した雇用環境が望めます。 転職したいが、在職中で時間がないという方もぜひ一度お問い合わせください。 面接日程のスケジュール管理なども当社があなたに代わって調整しますので、スムーズかつ効率的な転職活動が可能になります。 転職に関して全く知識がなく、何から手をつけていいのかわからず、石黒さんに頼りっきりの転職活動でした。 履歴書や職務経歴書の作成も石黒さんのおかげで見違えるものができました。 その優しい雰囲気のおかげで、自分の事を隠さず素直に話すこともできました。 それをもとに私でさえ気付いてなかった長所を見つけ、自己PRを考えてくださり、文章にしてくださったことが嬉しかったです。 面接前にお時間割いていただき、面接の対策や緊張をほぐす為の会話、面接にと同行してくださりすごく安心感がありました。 たくさん弱音も吐きましたが、「そのままで大丈夫」と言ってくださった事で緊張がほぐれ、面接もクリアできたと思います。 私と一緒に転職活動してくださっている感覚で心強かったです。 担当してくださったのが石黒さんで本当に良かったです! この職場で働いていると日々充実し、自分に自信が持てるようになりました。 今週で働き始め1ヶ月になりますが、皆さんとても親切で優しい方ばかりでとても働きやすい環境です。 この会社を選んでいただき、ご支援をいただき、本当にありがとうございました! まだまだ感謝の言葉は足りませんが、その分毎日楽しくお仕事続けていきたいと思います。 H・Mさん (身体障害1級) 今回の就職活動では大変お世話になりました。 私は8歳の娘を持つ母子家庭であり、尚且つ障害のこともあった為、より良い条件で正規雇用を頂けるチャンスなどは半ば諦めておりました。 しかし、スクエアプランニングの就職支援に登録し、協力頂いたお陰で2社からの内定を頂くことができました。 2社の面接日程の調整もして頂きましたし、面接時は毎回同行して頂き、拙い私の説明に終始、面接中言葉を添えて頂けた事で誤解なく面接官に私のことを伝えられたと感じます。 この点においてとても感謝しています。 私一人での就職活動だったら未だに就職は決まっていなかったと思いますし、長期化していた気がします。 内定を頂いた会社の規模は大きく、将来の不安もなくなり、子供との時間が確保できる事が本当に嬉しいです。 このチャンスを頂いた事に感謝し、これから頑張っていきたいと思ってます。 本当にありがとうございました。 この求人と同じエリアの障害者求人を見る•

次の