菜々緒 福士 蒼 汰。 横浜流星の身長低い?174㎝以上ある!福士蒼汰と菜々緒と身長差

福士蒼汰 菜々緒と「禁断愛」、“最期の瞬間”見える救急救命士役に― スポニチ Sponichi Annex 芸能

菜々緒 福士 蒼 汰

俳優の福士蒼汰が主演、女優の菜々緒がヒロインを務めるドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が13日に放送され、主人公を演じる福士とヒロイン役の菜々緒がそれぞれ花婿・花嫁姿を披露するとネット上には「王子様みたい」「キレイすぎる!」などの声が集まった。 (以下、ネタバレを含みます。 ご了承の上、お読みください) 事故に遭い、みこと(福士)の必死の救命措置にも関わらず沙羅(菜々緒)は昏睡状態に陥ってしまう。 そして迎えた沙羅の誕生日。 仕事を終えたみことはマリーゴールドの花束を買い病室に駆けつける。 沙羅の家族を病室で迎えた医師は、事故直後に彼女が適切な救命措置を受けていたことに触れると「彼女は幸運でしたね。 あなたがそばにいたから…」とみことに声をかける。 そして家族がベットの上の沙羅を覗き込むと、彼女はゆっくりと目を開く。 そこから1年後。 教会のチャペルでは花婿のみことが消防礼服に身を包み、花嫁の登場を待っていた。 画面に、消防隊員や救命士の儀礼服である消防礼服を着たみことが映し出されると、ネット上には「制服着てウェディングとか、もう鼻血噴き出す」「制服挙式〜かっこいい!」「王子様みたいだなぁ…」といったコメントが集まった。 そこへ廉(桐谷健太)に付き添われた花嫁の沙羅が入場してくる。 画面にウエディングドレスを着た沙羅が姿を表すと、ネット上には「沙羅さま、お美しいですなぁ〜」「ウエディングドレス姿かわいすぎ」「キレイすぎる!」などの声が相次いだ。 主人公たちに幸せが訪れるという大団円を迎え最終回が幕を閉じると、ネット上には「涙で前が見えぬ」「最初っから最後まで全部泣けた」「ハッピーエンドでよかった」といった投稿が寄せられていた。

次の

菜々緒:恋愛ドラマ初ヒロインに “ナチュラル系”に大胆イメチェンで福士蒼汰と“禁断の恋”

菜々緒 福士 蒼 汰

が主演、がヒロインを務めるドラマ『』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第6話が、11月15日に放送される。 本作は、「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に連載されたキリエの同名コミックを原作に、人の「死の運命」が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く、切ないラブストーリー。 そんな2人と一つ屋根の下で暮らす花巻家の兄弟役として、家族思いの元ヤン熱血長男・廉をが、料理上手な末っ子・藍をが演じる。 年が明けて、みことが視た沙羅が亡くなるという運命の日まで9か月を切った。 みことと同様に廉と藍も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるか分からないまま時間だけが過ぎていった。 ある朝、みことはいつものように沙羅と洗濯物を取り込んでいて、何気ない日常の幸せに感極まり、ふと沙羅に「結婚しよう」と言い出す。 みことからのプロポーズを喜んで受け入れる沙羅。 しかし、2人の結婚を知った廉から「もし、沙羅の命を守れなかった時のことを考えているんじゃないか?」と言われ、みことは否定しつつも、動揺する。 一方、みことの後輩・上田()は、救命の現場での重篤な事案が続いていたことから、心身ともに疲弊し、救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた。 ある日、非番の上田は男児が突然倒れる現場に遭遇。 そこに駆けつけたみことは、新人救命士だった頃に同じケースで救えなかった命があったことを思い出す。 そんな中、ある日沙羅が、やっぱり結婚はやめようと言い出し……。

次の

福士蒼汰、菜々緒演じる沙羅にプロポーズするが…『4分間のマリーゴールド』第6話

菜々緒 福士 蒼 汰

俳優・が10月スタートのTBS系金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』(毎週金曜 後10:00)で同局連ドラに初主演することがわかった。 小学館の新人コミック大賞(青年部門)大賞を受賞したキリエ氏による原作漫画を実写化。 福士演じる「死の運命」が視(み)える救急救命士と、演じる命の期限が1年後に迫った義姉との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。 幼い頃に母を亡くし、父の再婚相手である義母、そして義母の連れ子の3人の兄弟と家族になったみことは、一つ屋根の下で暮らす義姉・沙羅(菜々緒)に密かに想いを寄せていた。 しかしある時、沙羅の「死の運命」を視てしまう。 沙羅の幸せを心から願い、どうにかして命を救いたいと必死に考えるみこと。 しかし、これまでに視た「死の運命」は、救命士としてどんなに手を尽くしても必ず現実になってしまっている。 そんな中で、胸に秘めた沙羅への想いは抑えきれなくなっていき…。 これまでの悪女のイメージから一転、心優しくピュアな義姉を演じる菜々緒。 初共演となる2人だが福士は「これまで強い女性の役が多かった方という印象なので、天真爛漫な沙羅というヒロインをどう演じられるのか、ご一緒させていただくのが今からとても楽しみです」と期待。 一方、「禁断の愛」と「変えられない運命」に立ち向かう救命士を演じる福士について、菜々緒は「みこと像にぴったりの爽やかな好青年だと思います。 みことが救命士として一生懸命頑張っている姿とかが、福士さんのイメージにとても合います」と太鼓判。 「原作を読んで涙し、台本を読んでまた泣きました」と話す福士は「この作品は、切ないラブストーリーとしての側面を通して、『生』と『死』についても深く考えられる作品になっていると思うので、涙覚悟でぜひごらんください」と自信を込めている。 ラブストーリーの名作はたくさんありますが、そのどれにも負けないくらいとても感動できる作品だと思います。 原作を読んで涙し、台本を読んでまた泣きました。 主人公が運命に抗って進んで行く中で、人間の本質的な部分が見えてくるところも面白いと感じました。 今回で初めて共演させていただく菜々緒さんは、これまで強い女性の役が多かった方という印象なので、天真爛漫な沙羅というヒロインをどう演じられるのか、ご一緒させていただくのが今からとても楽しみです。 この作品は、切ないラブストーリーとしての側面を通して、「生」と「死」についても深く考えられる作品になっていると思うので、涙覚悟でぜひご覧ください。 ・菜々緒 恋愛ドラマのヒロインで出演させていただくのは初めてのことなので、楽しみな気持ちと不安な気持ちが入り混じっていますが、今までにない新たな一面をお見せできると思うので楽しみにしていただきたいです。 沙羅は天真爛漫でピュアな女性です。 周りの人を笑顔にする魅力を持っていて、優しさでできているような人。 今回で初めて共演させていただく福士さんは、みこと像にぴったりの爽やかな好青年だと思います。 みことが救命士として一生懸命頑張っている姿とかが、福士さんのイメージにとても合います。 この作品は、切ないけど心温まるラブストーリーです。 人の気持ちや思いが大事にされていて、運命に立ち向かうみことの姿に勇気づけられる部分もあるので、何かに立ち向かっている方への応援にもなる気がしています。 色んな角度から楽しめる作品になっていると思うので、楽しみにしていてください。 ・原作者・キリエ この度、私共の漫画『4分間のマリーゴールド』を連続ドラマにしていただくことになりました。 その夢のようなキャストに私たちは衝撃を受けました。 死の運命が視える救命士、みこと役に福士蒼汰さん。 そして、ヒロインの沙羅は美しい菜々緒さん。 それぞれのキャラクターたちが、素晴らしく輝かしい命を授かるであろうことが、原作者として心からうれしくありがたく思います。 1話と2話の脚本を拝見して、笑い、そして泣きました。 読者の皆様とこの感動を分かち合えることを、とてもとても楽しみにしています。 この作品を通して出逢ったすべての方に、心からの感謝を込めて。 ・プロデューサー・橋本芙美 原作を読んで泣き、「命」や「大切な人との時間」は決して当たり前にあるものではないことを改めて考えさせられ、「生」と「死」と「愛」に真正面から向き合う作品として、ドラマ化したいと強く思いました。 主人公・みこと役に真っ先に思い浮かんだのは福士蒼汰さんでした。 なぜこの能力が自分にあるのか苦悩しつつ、愛する沙羅のために、死の運命を変えようと立ち向かうみことを、優しい雰囲気の中に芯の強さを持つ福士さんが演じることで、勇気と感動を呼び、たくさんの方々を魅了する新たな主人公が誕生すると確信しました。 そして、太陽のような存在である沙羅には、美しく溢れるような笑顔で周りを照らす力と真っ直ぐな心を感じる方に演じていただきたいと思い、菜々緒さんにオファーさせていただきました。 今までのイメージを覆す、余命1年のヒロインを菜々緒さんがどう演じるかも大注目です。 お楽しみに!!

次の