承知いたしました。 「了解しました」の正しい使い方

「了解しました・承知しました」は英語で?ビジネスメールで使える英語フレーズ【シーン別】

承知いたしました

「承知いたしました」が正しい敬語であることを理解したところで、さらに「いたしました」と「致しました」といったように、メールなどで使用する場合、ひらがなで表記するのか、漢字で表記するのかで悩む方もいるのではないでしょうか。 「承知いたしました」のひらがななのか漢字なのかに関しては、補助動詞として使うのかそれとも単独動詞として使うかに注意すれば間違いが起こりにくいといえるでしょう。 補助動詞は、動詞の本来の意味が薄れてしまう場合や言葉の前に使う動詞を補助する役割の時はひらがなで表記します。 そのため、承知の後に続く「いたしました」はひらがな表記ということになります。 一方、「いたしました」を「わたしがいたしました」、のような使い方をする場合は「わたしが致しました」と漢字で表記します。 漢字表記とひらがな表記で間違いやすい他の言葉 二重敬語に関しては、知らず知らずのうちに使ってしまうことがありますので、よく耳にしたり口にしたりすることが多い二重敬語を改めて確認してみましょう。 まず「うかがわせていただきます」は何も考えずに口に出したりメールで使用したりすることが多いですが「うかがう」も「いただきます」も謙譲語です。 「うかがいます」と使いましょう。 「お帰りになられる」や「ご覧になられる」もよく聞きますが、これも二重敬語です。 「お~になる」や「ご~になる」ですでに尊敬語ですので、正しくは「お帰りになる」で十分です。 まれに「社長様」や「ご担当者様各位」のように敬称に敬称を重ねてしまう人も見かけますが、「〇〇社長」や「担当者各位」が正しい使い方です。 二重敬語は回りくどく見えたり聞こえたりするだけでなく、慇懃無礼に感じることもあります。 これを機会に、普段よく使う言葉を見直してみましょう。 まず、上司に対してメールで「承知いたしました」を使用する場合の例文を紹介します。 〇〇(自分の名前)です。 社内通達の誤記の件、承知しました。 訂正した文書をプリントアウトし、各部署に通達しておきます。 上記のように簡潔に文章をまとめ、必要な場合は自分の名前の後に導入文章を一行程度加え、「よろしくお願いいたします。 」でしめくくることが望ましいでしょう。 また、よく使用する「お願いいたします」の「いたします」を漢字で表記する人もいますが、先ほど説明したように、こちらも補助動詞として使用しているため、漢字ではなく、ひらがな表記が正しでしょう。 販売元から消費者へ対しての例文 色々な人が利用する場所や施設は、発生する問題によって命の危険が伴うことがあります。 そういった問題に対して、真摯な態度を示すことがとても重要といえます。 メールや文章の書き方も、言葉の使い方ひとつで相手に不信感を抱かせてしまうため、十分な配慮が必要といえるでしょう。 ・この度は、弊店駐車場の照明設備の不具合のお知らせをいただき、誠にありがとうございます。 また、夜間の不審者の問題につきましても承知いたしました。 早速、警備員による巡回警備の回数を増やし、照明設備を修理・増設いたしました。 駐車場のご利用者と近隣にお住まいの皆さまにご不便とご心配をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。 利用者が一番知りたい対処方法とお詫びの言葉が添えられることにより、安心して利用できることが伝えられます。 では、「承知しました」を上司に使ってはダメなのか、というと決してそんなことはありません。 しかし、「承知しました」は丁寧にいっているだけともいえるため、軽く聞こえてしまう可能性もあります。 かなり目上の上司や、失礼があってはならない上司に対しては「承知しました」ではなく、謙譲語の「承知いたしました」を使用することが無難であり、望ましいといえるでしょう。 しかし、気心の知れた上司や仲の良い上司に対してや、職場の雰囲気、堅苦しい言葉を嫌う性格の上司に対しては「承知しました」を使用する方が合っているといえます。 慣れるまでは「承知いたしました」を使用し、上司や職場の雰囲気がわかったところで「承知しました」に変えるのもよいでしょう。 「承知いたしました」と「了解いたしました」の違い 「了解」が目上に対して失礼な言葉であることが定着しつつありますが、同じように目上の方に使うのは失礼にあたる言葉として、相手をねぎらう言葉の「ご苦労様」があります。 「ご苦労様」は目上の人が目下に対してねぎらう言葉として使い、目下の人が使う場合は「お疲れ様」を使うべきといわれ、日常的に気を付けている人が多い言葉です。 しかし、これも本来どちらも目上から目下へのねぎらいの言葉で、「ご苦労さまに存じます」や「お疲れのことと存じます」が目下から目上へ使う丁寧な言葉として、1960年に刊行された「新しい模範手紙文」に掲載されていました。 1960年刊行の『新しい模範手紙文』によると、「ご苦労様に存じます」「了解いたしました」は目上の人に使う言葉として問題なく、むしろ今では目上の人に使うべきとされている「お疲れさまでした」の記述がない。 「承知いたしました」と「かしこまりました」の違い.

次の

「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」の言葉の違いとは?

承知いたしました

承知しました・かしこまりました・了解しましたの意味 3つはいずれも 「わかりました、理解しました」というときに使う言葉です。 ただしその意味のニュアンスは少し違います。 「承知しました」の意味 「承知しました」は、「わかりました、理解しました」の意味の他に「引き受ける、承諾する」の意味も加わります。 よって、 「その理解のもと、仕事を進めていきます」といったニュアンスになります。 「かしこまりました」の意味 もともとの「かしこまる(畏まる)」は身分の高い人に対して謹んだ態度をとることです。 よって、「かしこまりました」というのは「わかりました、理解しました」に加え 「尊敬するあなたの指示に喜んで従います、させていただきます」といったニュアンスになります。 「了解しました」の意味 「了解しました」は先の二つと違い「わかりました、理解しました」の意味しかありません。 よって、この言葉だけだと「じゃあ、やってくれるね」と言葉を重ねられ、確認されることもありえます。 また言葉自体に尊敬の意味合いはないため、 同僚もしくは目下の者に使うようにしましょう。 承知しました・かしこまりました・了解しましたの違い 3つの言葉を「相手を敬う気持ちの大きさ」の順に並べると、 かしこまりました>承知しました>了解しました、です。 それなら、いつも「かしこまりました」にしておけば失礼がなくていいと簡単に思ってしまいますが、そこがまた難しいところです。 相手を敬う、上に置くということは、距離を感じさせることになり、ときと場合によっては逆効果になります。 たとえば、長年の付き合いである取引先にいつまでも「かしこまりました」では、かえってよくないとも考えられます。 また以下でも敬語、丁寧語の使い方について注意すべきポイントを解説しています。 この記事と合わせて出来るビジネスマンを目指しましょう。 承知しました・かしこまりました・了解しましたの正しい使い方 これらの言葉を使い分けるために、簡単におさえておくべきポイントは次の2つです。 また、「わかった」の意味しかない。 3つの言葉の使い方についてさらに詳しく、具体的に説明します。 「承知しました」の使い方 「承知しました」は、すでに付き合いのある取引先や直属の上司に使います。 「かしこまりました」より距離が近く感じられるので、入ったばかりの新入社員の場合は「かしこまりました」を使うと、謙虚さが感じられ、より好感をもたれるかもしれません。 (職場の雰囲気によりますが) この言葉は、理解しただけでなく「引き受けた」という意味もあります。 「十分理解したので、そのように進めていきます」ということを表します。 「かしこまりました」の使い方 「かしこまりました」を使う相手は、お客様や大事な取引先、新規の取引先などです。 自分よりかなり上のポジションである上司にも使います。 また畏まるという謹んだ態度が表わすため、承諾する内容を重要事項として理解しているということも伝わります。 よって、「かしこまりました」を使うことで、理解したということだけでなく「あなた様の指示通りにこの重要な仕事を喜んでさせていただきます」のニュアンスが加わります。 上司の命令への返答で「かしこまりました」を使う場合は簡潔にその言葉だけでわかりやすいでしょう。 しかし、 取引先の担当者から何かを打診されて、「いいですよ」という意味も含んで「かしこまりました」という言葉を使う場合は、一言添えると丁寧な文章になります。 」 返答「かしこまりました。 ご連絡ありがとうございました。 」 「かしこまりました。 当日はどうぞよろしくお願いいたします。 」 「了解しました」の正しい使い方 「了解しました」は、同等もしくは目下の者に使う言葉なので上司には使えませんが、上司から部下へはよく使われる言葉です。 注意すべき点として「了解しました」には「理解しました」の意味しかありません。 この言葉の後に「すぐに取りかかります」などの言葉を添えると、相手に安心感を与えられるため親切でしょう。 年輩の方々は特に、この使い分けには厳しい傾向にあります。 不十分だと思えばストレートに指摘を受けるかもしれません。 また、注意はしないまでも、確認の意味でさらに言葉を重ねてくるかもしれません。 自分では十分に理解し承諾の意志を伝えたつもりでも、さらに確認の言葉を言われた場合は、自分のいい方が不親切もしくは曖昧だったと、後でゆっくりと振り返ってみるとよいでしょう。 ビジネスシーンでは、相手の時間を使うことに対して気遣いを表すことも重要なので、短くわかりやすいメールや会話を心がけることは、常に頭に留めておきましょう。 承知しました・かしこまりました・了解しましたの例文集 「かしこまりました」の例文.

次の

「了解しました」の正しい使い方

承知いたしました

直属の上司や他社の人、取引先の方にも広く使えます。 承りましたの意味 次に同じような意味で「承りました」という言葉も使われます。 漢字の読み方は「承(うけたまわ)りました」です。 「承る」の意味は、「謹んでお受けします」というもので、依頼を聞いたり、受け取ったりしたことを目上の人に伝えるときに使います。 元々は「受け賜る」とも書くことができ、敬語の種類は謙譲語です。 社内の直属の上司や先輩に対しては頻繁に使われることは少ないでしょう。 「承知いたしました」の方が頻度が高いです。 かしこまりましたの意味 「承知いたしました」が一番無難でビジネスシーンで広く使われる言葉であると説明しましたが、更に丁寧な表現として「かしこりました」があります。 漢字では「畏まりました」と書きます。 「かしこまる(畏まる)」は「(目上の人の言葉を)謹んで承る」という意味です。 動作を行った相手を敬う意味が含まれるので、「かしこまりました」は目の前の相手を敬っている表現で、自分よりも地位の高い人、目上の人に対して使う表現です。 拝承いたしましたの意味 「拝承」の読み方は「はいしょう」です。 「謹んで承る」という意味で、「承知」、「聞く」の謙譲語です。 一般的にビジネスで広く用いられる表現ではありません。 使い方は「拝承いたしました」という形で用います。 メールのやり取りで書き言葉として、使われることが多いです。 敬語の種類と、分かりましたの敬語表現に関するその他の情報は以下の記事で解説しています。 「わかりました」「分かりました」「解りました」「判りました」漢字表記の使い分け 口語の時は気に留めない言葉でも、メールのように言葉を書くときに迷ってしまうのが漢字表記の仕方です。 「わかりました」「分かりました」「解りました」「判りました」はどう使い分ければよいのでしょうか。 「わかりました」の意味 元の形「わかる」の語源は「わける」です。 物事がきちんと分け離され、明確になることを意味します。 したがって、「理解できる、了解する、明らかになる」といった意味を含みます。 「分かりました」の意味 先ほどの「わかる」の語源の「わける」は「分ける」と書きます。 したがって、「分かりました」も「わかりました」も同じ意味です。 担当者:お客様のご注文を確認いたします。 カスタマーサポートの佐藤が確かに承りました。 自分が責任を持って、依頼を受けたことを相手に伝えます。 相手の依頼を繰り返したり、自分の名前をいうことで、よりしっかりと依頼を受け取ったという印象を相手に与えることができるでしょう。 「かしこまりました」の例文 「かしこまりました」は「承知いたしました」より丁寧ないい方です。 社内では役員クラスの方から依頼を受けたときや社外の人との取引の場で使われることが多いです。 秘書が直属の上司から物事を依頼された場合に「わかりました」という意味で「かしこまりました」という表現を使います。

次の