デストラクション ベイビーズ あらすじ。 「悪魔は見ていた」のあらすじとネタバレ?!変態ストーカーによる戦慄のB級サスペンス・スリラー。

「 ディストラクション・ベイビーズ 」ネタバレあらすじと感想結末/喧嘩ばかりする青年に感化された気弱な高校生

デストラクション ベイビーズ あらすじ

あらすじ [ ] 2011年の。 両親を早くに亡くし、港町で喧嘩に明け暮れる芦原泰良()は、ある日、同居していた弟の将太()の元から姿を消す。 繁華街に現れた泰良は、道行く人々に次々と喧嘩を仕掛ける。 高校生の北原裕也()は泰良に興味を持ち、彼と行動を共にするようになる。 泰良と裕也は、商店街で暴力沙汰を起こしつづけ、世間からの注目を集める。 2人は自動車を盗み、街を立ち去る。 その車に乗っていたキャバクラ嬢の那奈()は拘束されて、彼らに同行する羽目となる。 同じ頃、商店街を訪れていた将太は、兄を捜そうとするが、友人たちと仲間割れする。 翌日、泰良たちを乗せた車が農村に着く。 自分たちがテレビ番組やインターネットで取り上げられて警察に追われている身だと知った裕也は、苛立ちを募らせて、那奈に運転を代わらせる。 那奈は、殴り倒された農夫が車の前に横たわっていることを知らず、農夫を轢いてしまう。 彼女は、農夫の体をトランクに押し込むよう裕也から指示されるが、その作業の最中、農夫が息を吹き返す。 とっさに那奈は農夫の首を絞めて、彼の息の根を止める。 その夜、泰良と裕也が乗った車を運転する那奈は、意図的に速度を上げて、対向車と衝突させる。 瀕死状態で車を降りた裕也は、那奈に何度も蹴られた挙げ句、命を落とす。 泰良は、対向車に乗っていた男性を殴り倒し、行方をくらます。 入院した那奈は、警察からの事情聴取に対して、全ての責任を泰良と裕也に負わせる。 将太は港町に帰ってくるが、兄が事件を起こしたことにより、友人たちから侮辱を受ける。 逆上した将太は友人たちに暴力をふるう。 将太は、地元で開催される喧嘩御輿を見に行き、その壮観に目を奪われる。 同じ頃、港町に帰ってきていた泰良は、職務質問を行おうとした警察官と揉み合いになる。 夜空に1発の銃声が響き渡る。 泰良は、横たわる警察官を残し、その場をあとにするのであった。 キャスト [ ]• 芦原泰良 - 路上で突然暴力をふるう凶暴な男。 北原裕也 -• 那奈 -• 芦原将太 -• 健児 -• 三浦慎吾 -• 河野淳平 -• 近藤和雄 -• - キャンディ・ワン• - 製作 [ ] 本作は、監督の真利子哲也が2012年、ミュージック・ビデオの撮影のためにを訪れた際、バーのマスターから聞いた実話に着想を得ている。 その人物と同世代だった真利子は「年齢的に近いという親近感と、やっていることのあり得なさ」で彼に興味を持ったのだという。 当初、本作には『喧嘩の凡て』という仮題がつけられていた。 その後、別の題名へ変更することになり、その候補のひとつとして挙げられた『ディストラクション・ベイビーズ』(本作の音楽を担当したのバンド・の楽曲「DESTRUCTION BABY」に由来)が正式に採用された。 これは「『ディストラクション』が『Distraction(気晴らし、動揺)』『Destruction(破壊)』という類似する発音で2つの意味を持ち、今作に登場する若者たちの群像劇を象徴している」からであるという。 真利子哲也にとっては本作が商業映画デビュー作品となったが、インディーとメジャーの違いについて問われた際、真利子は「現場でやることは今までと大きく変わりないですし、周囲の影響で身動きがとれない、ということもなかった」と答えている。 また、「前作の『』にもプロデューサーはいたので、僕の中で本当の意味でのインディーズ作品は初期の短編作品だけだと考えています」と述べている。 撮影は全て、ロケーション撮影、順撮りで行われた。 夏の場面は2015年5月28日にクランクインし、6月14日にクランクアップした。 スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 - 真利子哲也、• 製作 - 紙谷 零、森口和則、太田和宏、大和田廣樹、王毓雅、阿南雅浩• プロデューサー - 、西宮由貴、小田切乾、石塚慶生• ラインプロデューサー - 金森保• 企画・プロデュース - 朱永菁• 撮影 -• 編集 -• 美術 - 岩本浩典• 録音 - 高田伸也• 衣裳 - 小里幸子• ヘアメイク - 宮本真奈美• 特殊メイク -• アクション・コーディネーター -• VFXスーパーバイザー -• 助監督 - 茂木克仁• 制作担当 - 柴野淳• 音楽 -• 主題歌 - 向井秀徳「約束」• 制作・配給・宣伝 -• 製作幹事 -• 製作 - 「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会(DLE、、東京テアトル、ドリームキッド、大唐国際娯楽、) 上映 [ ] 2016年4月21日、本作の完成披露上映会が行われた。 5月21日、全国で一般公開された。 関連製品 [ ] 2016年5月21日、本作のオフィシャルブックがより刊行された。 同書には、柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、真利子哲也、向井秀徳へのインタビューのほか、スタッフ証言録、映画監督ののコメント、全シナリオが掲載されている。 同年12月7日、本作のDVDおよびBlu-rayがより発売される。 特典ディスクには、柳楽、菅田、小松、村上、真利子らにスポットを当てた5種類のメイキング映像、完成披露上映会の映像、真利子と向井と漫画家ののトークイベント、真利子とによるトークイベントの映像が収録されている。 評価 [ ] 須永貴子は「特殊メイクもせずCGも使っていないのに、人でない者を体現する柳楽優弥は、モンスター級の俳優として覚醒した」と述べている。 また、柳楽をはじめとした「強力な布陣のキャスティング」に言及しつつ、「彼らのメジャー感と演技力を借りながら、過去作がはらむ不穏さや先鋭性をさらにむき出しにした本作は、いい意味でもっとも見やすく、観客を選ばない」と述べて、「真利子監督のキャリア最高傑作であると同時に、日本映画の現在地点を示す」と評価した。 は、「真利子作品の政治的次元での先鋭さに注目すべきである」と述べた上で、「泰良は一匹の『戦争機械』として野に放たれ、『暴力階級』の生成と拡張、さらにはその悲惨と栄光を鮮烈なまでの強度で僕らに知らしめる」と指摘している。 ジョナサン・ロムニーは、「本作が日本版『』として位置づけられる運命にあることは間違いないが、主人公の心身に変容がもたらされる点では、監督の『』をも想起させる」と述べている。 受賞 [ ] 日本国外 [ ]• 第69回(2016年)• 新進監督コンペティション部門・最優秀新進監督賞()• 第38回(2016年)• 銀の気球賞(準グランプリ) 日本国内 [ ] 発表年 賞 部門 対象 結果 2016 第8回 特別賞 真利子哲也と柳楽優弥およびスタッフ・キャスト一同 受賞 最優秀新進男優賞 村上虹郎 受賞 最優秀新進女優賞 小松菜奈 受賞 第41回 監督賞 真利子哲也 ノミネート 主演男優賞 柳楽優弥 ノミネート 助演男優賞 菅田将暉 ノミネート 第38回 2016年日本映画ベストテン ディストラクション・ベイビーズ 第3位 森田芳光メモリアル新人監督賞 真利子哲也 受賞 撮影賞 佐々木靖之 受賞 主演男優賞 柳楽優弥 受賞 助演男優賞 菅田将暉 受賞 最優秀新人賞 小松菜奈 受賞 最優秀新人賞 村上虹郎 受賞 2017 日本映画ベスト・テン ディストラクション・ベイビーズ 第4位 主演男優賞 柳楽優弥 受賞 新人女優賞 小松菜奈 受賞 新人男優賞 村上虹郎 受賞 第71回 男優主演賞 柳楽優弥 ノミネート 男優助演賞 菅田将暉 ノミネート 音楽賞 向井秀徳 ノミネート 第26回 作品賞 ディストラクション・ベイビーズ ノミネート 監督賞 真利子哲也 ノミネート 主演男優賞 柳楽優弥 ノミネート 助演男優賞 菅田将暉 受賞 新人賞 小松菜奈 ノミネート 新人賞 村上虹郎 ノミネート 脚注 [ ]• 『 2017年3月下旬号』p. リアルサウンド 映画部 2016年5月25日. 2016年6月6日閲覧。 NEWSポストセブン 2016年5月28日. 2016年6月6日閲覧。 産経ニュース 2016年5月14日. 2016年6月6日閲覧。 INTRO 2016年5月14日. 2016年6月6日閲覧。 NOBODY 2016年5月21日. 2016年6月6日閲覧。 com 2015年8月3日. 2016年6月6日閲覧。 リアルサウンド 映画部 2016年5月21日. 2016年6月6日閲覧。 AOLニュース 2016年5月26日. 2016年6月6日閲覧。 モデルプレス 2015年8月4日. 2016年6月6日閲覧。 デイリースポーツ 2016年4月22日. 2016年6月6日閲覧。 com 2016年5月21日. 2016年6月6日閲覧。 映画ナタリー 2016年5月21日. 2016年9月5日閲覧。 映画ナタリー. 2016年8月19日. 2016年8月19日閲覧。 com 2016年5月17日. 2016年6月6日閲覧。 Mikiki 2016年5月18日. 2016年6月6日閲覧。 Romney, Jonathan 2016年8月12日. Film Comment. 2016年9月5日閲覧。 映画ナタリー. 2016年8月15日. 2016年8月17日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年11月29日. 2016年11月30日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月6日. 2016年10月7日閲覧。 『』『』とあわせて受賞• 『』『』『』とあわせて受賞• 2017年1月6日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月6日. 2016年10月7日閲覧。 映画ナタリー. 2017年1月10日. 2017年1月10日閲覧。 『』『』『』と合わせて受賞• 『』と合わせて受賞• 2017年1月6日閲覧。 2017年1月10日閲覧。 関連文献 [ ]• 『ディストラクション・ベイビーズ オフィシャルブック』、2016年。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

映画『デストラクション・ベイビーズ』感想:菅田将暉よくこれ引き受けたなぁ

デストラクション ベイビーズ あらすじ

解説 柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎ら若手実力派キャストが集結し、愛媛県松山市を舞台に若者たちの欲望と狂気を描いた青春群像劇。 「イエローキッド」「NINIFUNI」などで世界的注目を集める新鋭・真利子哲也監督が商業映画デビューを果たし、「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平が共同脚本を担当。 愛媛の小さな港町・三津浜の造船所で暮らす泰良と弟の将太。 いつもケンカばかりしている泰良は、ある日突然、町から姿を消し、松山の中心街で強そうな相手を見つけてはケンカを売るようになる。 そんなある日、裕也という青年から声を掛けられた泰良は、裕也と一緒に通行人に無差別に暴行を加え、車を強奪。 その車に乗りあわせていた少女・那奈も巻き込んで松山市外へと向かう。 まず初めに、「映画にメッセージ性を求める」方にはお勧めしません。 胸糞、とまではいきませんが誰も救われないしクズはクズのまま死にます。 因みにわたしは特に映画にメッセージ性を求めているわけで無く、「自分が何か気づければいい」精神で映画を楽しんでいます。 主人公の過去の描写は無く、主人公という名の人間に「暴力」というオプションを付けた上でストーリーを作っていった、という感じですね。 個人的に好きだったのがギターとドラムのBGMです。 こういった系統ではよく使われそうな感じなのですが、臭い感じがかえってエモーショナルな雰囲気を感じさせられます。 主人公の人生を遡ることもなく、ただただ感情のままに生きる登場人物が描きます。 大事なことなのでもう一度言いますが、「映画にメッセージ性を求める」方にはお勧めしません。 胸糞、暴力、衝撃 大したことはないです。 に程々耐性がある方は是非一度見て頂きたい。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

ディストラクション・ベイビーズ : 作品情報

デストラクション ベイビーズ あらすじ

2011年に開催された 第7回「東宝シンデレラ」オーディションに応募し、ニュージェネレーション賞受賞したことが芸能界入りのきっかけとなったようですね。 同年、三木孝浩さんが監督を務めた『浜辺美波〜アリと恋文〜』というショートムービーでデビューを飾り、三池崇史監督の『逆転裁判』にも檀れいさんの少女期役として出演。 2014年には、三浦春馬さん主演のフジテレビドラマ『僕がいた時間』に桑島すみれ役としてレギュラー出演した他、映画『世田谷区,39丁目』でもメインキャストに抜擢されるなど、着実にキャリアを積み上げていきます。 2015年は彼女にとって大きな転機の年となり、フジテレビスペシャルドラマ 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 』で本間芽衣子役を演じ、一気に注目を集めることに。 さらには、フジテレビドラマ『無痛〜診える眼〜』(2015)や石川淳一監督の映画『エイプリルフールズ』にも出演し、女優としての知名度を急速に高めました。 2016年には、麻雀漫画を実写化したTBS系ドラマ 『咲-Saki-』で連続テレビドラマ初主演、2017年公開の劇場版『咲-Saki-』では映画初主演果たすことに。 2017年には本作の他にも、本広克行監督の『亜人』にも主要キャストとして出演予定となっており、これからさらなる飛躍が活躍されている期待の若手女優の一人といえますね。 今回浜辺美波さんは演じているのは、膵臓に重い病を抱えた山内桜良 やまうち さくら。 浜辺さんご本人はこの桜良というキャラクターについて… 桜良ちゃんは強くて強くて弱い子だと思います。 (公式サイトより引用) …と、語っておられました。 小学生の時にスカウトされたという北村さんが俳優としてデビューを果たしたのは、熊澤尚人監督の映画『DIVE!! 』でした。 翌2009年の映画『 TAJOMARU』では、主演を務めた小栗旬さんの幼少期を演じており、今回の『君の膵臓をたべたい』でこの組み合わせが2回目となるのは非常に興味深いですね。 その後も 『あやしい彼女』(2016)、 『デストラクション・ベイビーズ』(2016)、TBS日曜劇場『仰げば尊し』などの話題作に次々と出演を果たしています。 2017年には本作の他にも『恋と嘘』、『勝手にふるえてろ』の公開が控えており、今後の活躍がますます期待されている若手実力派俳優の一人だと言えますね。 (公式サイトより引用) …とのコメントを残されています。 ドラマに初めて出演したのは、2012年のフジテレビCSドラマ『結婚同窓会〜SEASIDE LOVE〜』でした。 同年にはフジテレビの『 悪夢ちゃん』にも出演し、この作品が連ドラ初出演となったようですね。 その後も『幽かな彼女』(2013)や『夫のカノジョ』(2013)、『恋仲』(2015)、『お迎えデス。 』(2016)などに出演し、女優として着実にステップアップを遂げています。 今回大友花恋さんが演じることになるのは、桜良の親友である恭子(学生時代)。 2006年には『間宮兄弟』で映画初出演を果たし、同年にはハリウッド映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』にも出演することに。 その後も『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(2009)、『謎解きはディナーのあとで』(2011)、『悪夢ちゃん』(2012)、『HERO 第2シリーズ』(2014)など、常に話題作に出演し続けていますね。 最近でも日本テレビドラマ 『家売るオンナ』(2016)や、映画 『のようなもの、のようなもの』(2016)、さらには2017年冬に公開を控えている『探偵はBARにいる3』など、今や若手女優のトップとして誰もが認める存在となっている北川景子さん。 今回演じているのは、桜良の親友だった恭子(成人期)。 大人になり、結婚を目前に控えた恭子が再びかつての桜良と過ごした日々を思い出すようになり…。 12年の年月を経た後に、恭子がどのように成長し、過去と向き合っているのか…。 2000年にはTBSテレビドラマ 『Summer Snow』で耳に障害を持つ役柄を好演し、2003年以降は蜷川幸雄さん演出の舞台に出演。 2005年にはTBSテレビドラマ 『花より男子』の花沢類役で大ブレイク。 その後のフジテレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜』にも出演し、一気に注目を集めることになりました。 映画の世界では2002年に『羊のうた』で初主演を飾って以降、『あずみ』(2003)、『キサラギ』(2007)、『クローズZERO』(2007)など、次々と話題作に出演を果たします。 その後も『TAJOMARU』(2009)、『宇宙兄弟』(2012)、『信長協奏曲』(2016)、『ミュージアム』(2016)など、あらゆるジャンルの作品でその類まれなる実力を発揮していますね! そんな小栗旬さんが本作で演じるのは、桜良が亡くなってから12年が経ち、パートで教師の仕事をしている現在の主人公「僕」。 原作では描かれていない12年後であるだけに、一体彼らに何が待ち受け、そしてどのような大人へと成長しているのか、注目して見ていきたいと思います! 3. 映画『君の膵臓をたべたい』のあらすじ C 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 高校時代のクラスメイトだった山内桜良のある言葉がきっかけで、母校の教師となった「僕」。 「僕」は教え子の栗山と話していく内に、桜良と過ごしたわずか数ヶ月間のことを思い出すようになりました。 「僕」が病院で偶然拾った一冊の本。 それは、クラスメイトの山内桜良が綴っていた、秘密の闘病日記(「 共病文庫」)でした。 その中には、膵臓に重い病を患っている彼女の余命がいくばくもないことが記されており、単に興味本位でその日記を覗いたことで、身内以外で唯一彼女の秘密を知る人物となったのです。 そうして、桜良と「僕」、正反対の性格の2人が交流するようになり、次第に心を通わせていきました。 しかし、懸命に生きた桜良の努力も虚しく、彼女の人生は終わりを告げることに…。 桜良の親友で結婚を目前に控えていた恭子もまた、「僕」と同じように彼女と過ごした日々を思い出していました。 そして、ある出来事をきっかけに、「僕」と恭子は桜良が本当に伝えたかったある想いを知ることに…。 果たして、彼女は一体何を伝えたかったのか…。 そしてその思いを、「僕」と恭子はどのように受け止めるのでしょうか…? 4. 映画『君の膵臓をたべたい』公開はいつから? C 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 映画『君の膵臓をたべたい』の劇場公開は、2017年7月28日(金)よりスタートします。 前売券情報や公開劇場情報に関しましては、現時点(2017年5月13日現在)では発表されておりません。 配給が東宝ですので、当然TOHOシネマズ系列の劇場での全国ロードショーになろうかと思われますが、果たしてどの程度の規模になるのか…その辺はちょっと読めない所はありますね。 ただ、 原作となっている住野よるさんの同名小説がベストセラーになっており、タイトルのインパクトも強いことからそうとう引きは強いはず。 さらに浜辺美波さんや北村匠海さんら期待の若手俳優陣に加え、北川景子さんや小栗旬さんといった超人気俳優が脇を固めており、この辺りも集客力に影響しそうですね。 監督を務める月川翔さんは、『黒崎くんの言いなりになんかならない』などで定評がある方だけに、原作の雰囲気をどのように再現し、なおかつオリジナリティを出していくのかが、自ずと結果にも表れてくるでしょう! 5. 新たな発表があり次第、更新してまいります。 まとめ C 2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌が、Mr. Childrenの『himawari』に決定したということが公式サイト(2017年4月21日付)にて発表されました。 ボーカルの 桜井和寿さんは、このオファーを受けて… この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ それらを包み込みながらも 更に拡がりを持って押し出していける、 そんな音を探して探して、やっとのこと辿り着いた曲は、 自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。 この映画に、物語に感謝です。 (公式サイトより引用) …とのコメントを残されています。 この映画に向けて書き下ろされた楽曲が、果たしてどのような彩りを添えることになるのか、非常に楽しみです! そんな注目の映画『君の膵臓をたべたい』は2017年7月28日(金)より、劇場公開が始まります。 ぜひ劇場で感動の美しき物語をご覧ください!.

次の