宮迫 さんま。 明石家さんま「お前のこと1ミリも考えられない」…宮迫博之、今度はテレビCM出演の掟破り

宮迫博之youtubeで復帰「引退しろ!」さんま松本人志への不義理説

宮迫 さんま

1月10日に、闇営業騒動で謹慎中だった「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が復帰を発表した。 具体的な復帰プランは未定というが、相方・田村淳が 吉本興業との間に入り根気強く交渉することによって芸能活動再開までこぎつけた。 コンビとはいえ、淳がここまで相方の復帰に本気になったのは、ある人間への強い遺恨が原因だという。 亮は宮迫の 言うことに従ったのに、ふたを開けてみれば宮迫だけ明石家さんまさんに泣きついて復帰しようとした。 これに淳が怒ったようです。 普通、さんまさんに助けを お願いするなら、巻き込んでしまった亮を先に助けるのが筋でしょう。 それを自分だけ復帰しようとしたので、淳は独自で亮を助ける計画を立てて動いた。 それ以降、具体的なプランはまったく聞こえてこなくなった。 実は、宮迫の取ったある言動が原因だという。 確かにフェイスブックにあげた人は いましたが、本当の原因は宮迫がホテルでの囲む会や舞台のサプライズ出演が決まった際『よっしゃ! さんまさんのおかげで、早速復帰や!』と周囲に 自慢しまくっていた。 それがあるスタッフからマスコミに漏れたそうなんです。 それを知ったさんまさんが宮迫の復帰を延期にした。 元々舞台のサプライズはバレたら 即中止と決めていたのに、宮迫は何も考えずに話してしまった。 そんな彼には、昨年末くらいから異変が起きたという。 「今まではおとなしくしていたようですが、何か吹っ切れたのかクリスマス過ぎから、六本木、西麻布、銀座などで飲みはじめたようです。 会員制のバーや 高級しゃぶしゃぶ店などをハシゴしていました。 酔った宮迫が、店で大声を出して騒いでいる姿が目撃されていますよ」(女性誌記者) さんまに復帰を白紙に戻されたことによるやけ酒か。

次の

宮迫博之youtubeで復帰「引退しろ!」さんま松本人志への不義理説

宮迫 さんま

河本とかベッキー見る限り、宮迫の復帰は困難でしょ。 YouTubeで丁度良いんじゃない?見たい人だけ見られるんだし。 彼の不幸は同時期にエガちゃん出て来た事やな。 最近では100万回再生まではいかないものの一般的なYouTuberからしてみれば大成功といえるだろう。 広告審査も通過しているので、このまま続けていけば十分な収入となるはず。 復帰を反対していた人間の言うことなどどこ吹く風といわんばかりに宮迫は楽しんでいるように見える。 そのさんまが2月8日のラジオ『ヤングタウン』(MBSラジオ)で、宮迫について、 「あいつも生活がある。 いま収入がゼロなんです。 家族養わなあかんし、ローン払わなあかん。 復帰早いという前に宮迫に仕事をあげてくれ。 仕事いただける人は批判してもいいけど。 溺れている人がいたら手を差し伸べるのが当たり前」 と擁護した。 芸能界でも相当好感度の高いさんまだが、この意見に対しては批判のコメントが殺到した。 もちろん宮迫からYouTubeをやることは聞いていたようですが、それをやめさせてテレビに戻したいというのが本音でしょう」(テレビ局関係者) しかし、テレビに戻るにはいくつものハードルを越えなければならない。 吉本との関係性の修復やスポンサーを説得させるのも今は非常に困難と思われる。 さらに前出の一般人のコメントを見ていると宮迫に対する同情はほとんどないようにも取れる。 yahoo. 宮迫自身、復帰しない(出来ない)のが自分だけになって焦ってんじゃない? 先日のYouTube謝罪動画もだし、その後もホリエモンと一緒に出たりしてるけど、もう表に出たくて出たくてウズウズしてる感が溢れてる。 そんな彼でも支援してくれる人達の忠告や、さんまの所謂「恩」を真摯に受け止められていない行動見ると、やはり彼は理解力の無い自己中な性格という事でしょ。 他の芸人がなぜ復帰出来たか?ルール違反はしたけど頭の下げ方、反省の仕方がキチンと周りに伝わり、認めてくれたからチャンスを与えてもらえた。 要は「人として」の姿勢でしょ?宮迫に全く声が掛からないという事は、そこが足りないのか欠けているのか、、、 姿勢を認めてもらえて、尚且つ需要があれば自分から動かなくてもおのずとチャンスは来る。 何も無いのに自分から出て行ってもチャンスが無いのは当然でしょ。 もう芸能界に居場所無いのでは?.

次の

明石家さんまも不快感…宮迫博之、YouTubeデビューに芸人仲間から総スカン

宮迫 さんま

吉本興業からの復帰アピールもうやむやのまま、先の展開に興味が集まっていた、雨上がり決死隊の宮迫博之。 そんな宮迫を、明石家さんまは個人事務所に引き取ると話していたが、一向に解決をみない騒動に業を煮やしたのか、さんまから「宮迫、ほかを当たってくれるか?」という発言が飛び出した。 「5日放送の深夜バラエティ『痛快!明石家電視台』(MBS)に、宮迫の相方、蛍原徹が出演したときのこと。 レギュラー番組以外では初の単独出演だったのですが、トークでは当然、宮迫の問題に。 さんまは『ホトちゃんもしゃべれないことがいっぱいある』と蛍原のことを気遣っていましたが、『宮迫を引き受けると言うたら収まると思ったんやけど、収まらんかったなぁ、ホトちゃん』と、宮迫を引き取るというのは事態を収拾するためだったかのような本音をポツリ。 蛍原は『僕、わかんないんですけど』と困惑していましたね」(女性誌ライター) 問題の発言は、間寛平と村上ショージを相手にした「楽屋トーク」コーナーで飛び出した。 嘘か本当か、さんまは「うちの社員、座骨神経痛で4日間立てなかったんや。 それで新入社員を雇ったんですよ。 ナンバー3や。 (ほかに)2人しかいないから」と個人事務所の内情をコボし、「そんなところで宮迫を預かれるか?」と笑いを誘って、「ほかを当たってくれ」へと発展したのだ。 このやり取りはネットでも大騒ぎ。 「イチ抜〜けた!がお上手」「さすがの捨て方です」「宮迫の内定取り消し」「吉本だから口約束」という皮肉から、「もう手に負えないんでしょ」「宮迫めんどくさって感じ?」といった嫌気が差した説まで、多種多様の声が飛び交った。 同じ5日、宮迫は自身のツイッターを更新。 岡山を訪れていたことと、帰路の途中、肩にクマゼミがついていたことをほのぼのと報告。 (飯野さつき).

次の