寝つき を よく する。 【不眠対策】寝つきが悪い原因と寝つきが良くなる4つの方法

睡眠サプリで寝つきの効果

寝つき を よく する

布団に入り目を閉じても、いつまで経っても眠くならない。 様々な快眠法を試したけれど、一向に症状が改善されない。 そんな方は、一度は睡眠薬の類を試してみようと考えると思います。 副作用のリスクがある睡眠薬の使用は、あまりおすすめはできません。 しかし、仕事や生活の都合で、とにかく眠らなければいけないという差し迫った方も居るはずです。 寝つきを良くする薬のおすすめは? 寝つきを良くする薬には、沢山の種類があります。 病院で処方される 睡眠薬は、それこそほとんどが向精神薬に分類されています。 効果が強い分、依存性や離脱症状など、それなりのリスクと引き換えに服用しなければいけません。 市販薬の効果に期待できるか これに対して、ドラッグストや薬局で販売されている市販薬は、ほとんどの使用者の方が言うように「効果の得られにくい薬」です。 ドリエルや ネオデイと言った薬がこれに当たりますが、成分は風邪薬に含まれる、 抗ヒスタミン剤と何ら変わりません。 あなたの寝つきの悪さが、比較的軽度のものであり、これまで一度も睡眠薬に頼った経験もないというのなら、まずは市販薬から試してみると良いでしょう。 軽度の症状なら、寝つきの悪さが意外とあっさり解消されるかもしれません。 よほど間違った用法でもない限り、副作用の心配はほとんどありません。 ただし、抗ヒスタミン剤の市販薬は、2〜3日の短期間のみの連用に留めましょう。 それ以上の連用は、副作用の危険性だけでなく、薬への耐性ができてしまい、全く効果を発揮しなくなるからです。 漢方にサプメント、あなたに合うものは? 上記の「薬」とは少し趣が異なりますが、根本的に不眠を治療したい。 副作用の心配が要らない薬という点では、漢方やサプメントはおすすめです。 漢方薬に関しては、漢方についての知識がある病院なら、むしろ積極的に処方してくれるはずです。 内科や心療内科でも、漢方を処方してくれる病院はあります。 薬の副作用に抵抗があるという方は、事前に漢方を処方してくれる病院を調べて受診することもおすすめです。 薬局やドラッグストアの漢方薬はおすすめできません。 それぞれの症状に合った薬を服用して、始めて漢方の効果が期待できるのです。 根本治療という意味でも、安全性という意味でも、最近のサプメントは品質が向上しています。 特定のアミノ酸や、栄養成分を摂取することによって、体内時計が正常に保たれ、睡眠や寝起きの質が良くなるということは、科学的な実験においても明らかにされていることです。 生活習慣や規則正しいリズムによって、不眠を根本的に治療したいと考えている方は、サプメントを積極的に活用してみると良いでしょう。

次の

寝つきを良くする食べ物と飲み物はコレ!おすすめの食べ方!

寝つき を よく する

眠りたいのに、頭がエンジン全開? 寝つきをよくするにはリフレクソロジーを応用した足マッサージが効果的。 専門家がアドバイスする方法を、さっそく今夜から試してみて。 マッサージは感情と結び付く左足から始めよう。 photo : Getty Images 今夜から日課に取り入れたいマッサージ、それはリフレクソロジー。 足のさまざまな部位が身体の特定の部位に対応しているという発想に基づいた民間療法だ。 足の特定の部位を押すことで身体の不調を改善するわけだが、今回はストレス解消、寝つき改善に効果のある、自分でできるマッサージ法を紹介する。 マッサージは就寝前の15分間、それぞれ数分ずつ行う。 「自分がもっともリラックスできる姿勢で行います。 感情と深い繋がりがある左足から始めましょう」と話すのは、反射療法士のデルフィーヌ・ボーヴィランだ。 「心身のリラックスや緊張の緩和、呼吸が穏やかになる、寝つきがよくなるなどの効果があります」。 足湯で足を温めた後に、オイルやシアバターを使ってマッサージするのがおすすめだ。 ---fadeinpager--- リラックスの中心、親指。 リフレクソロジーでは、足の親指の上部は、頭部と脳に関連するゾーンと考えられている。 気分をリラックスさせるには、片足ずつ、親指を下から上に向けて3回マッサージ。 「親指の中心部は脳下垂体(ホルモンを生成する内分泌腺)に対応しています。 この部位をマッサージすると、寝つきの改善に効果があります。 ここを2~3分押します」 寝つきをよくするには、通称「睡眠のホルモン」と呼ばれるメラトニンを刺激するのが効果的。 メラトニンは覚醒と睡眠のサイクルを調整する役割を担っている。 ボーヴィランのおすすめは、「親指の先端を2~3分押す」マッサージだ。 また日中に首や肩に溜まった疲労を解消するには、親指のつけ根を3回押すといい。 腹腔神経叢をケアする。 胸と臍の間にある腹腔神経叢は、インド伝統医学アーユルヴェーダでチャクラと呼ばれる、身体のエネルギーが集まる7つのポイントのひとつ。 リフレクソロジーでは、この部位は感情の交差点として位置づけられている。 「ここをケアするには、足指の付け根の膨らみのすぐ下を、全体に波形を描くように押します。 これを3回繰り返して」。 指の付け根の膨らみ部分は胸部と肺に関連しているから、緊張を感じる時にこの部位を押すと、呼吸を落ち着かせる効果がある。 こちらも3回繰り返す。 腰の痛みを和らげる。 腰が痛くて眠れないときも、リフレクソロジーが腰痛の緩和に役立つ。 「まずかかと、続けて土踏まずの中央(腰椎に対応する)を押し、最後に親指の先(頚椎に関連する)を押します」。 不眠に悩んでいる人は、かかとの真ん中を押し、それから円を描くように2~3分マッサージを行うといい。 【関連記事】.

次の

短時間ですっきり、寝つきをよくするには

寝つき を よく する

冬に寝つきが悪いのは寒さが原因 寒い冬がやってくると温かい物が恋しくなりますよね。 特に眠る前に体を温めてあげると睡眠がとりやすくなると言われています。 人間の体は眠る時にだんだんと体温が下がっていくことで、入眠すると言われています。 早く寝つくためには眠る前に体温を少し上げておくと、布団に入った後に寝つきがスムーズになるんです。 眠る時に体温の下がっている体を入眠させようとしても、体温が低いので中々眠りに付けません。 そのため眠る前にお風呂に入って温まったり、温かい飲み物を飲んで体を温めてあげると寝つきやすいんです。 ですが温かい飲み物ならなんでもいいのかと考えてしまいますよね。 実際のところ体温を上げるために温かい飲み物を飲むのであればどんなものでもいいと思います。 しかしせっかく同じ1杯を飲むのであれば睡眠効果のあるものを飲んだ方が一石二鳥なんです。 毎日しっかりと温かいお風呂に入って、寝る前に温かい飲み物でさらに体を温めて布団に入りましょう。 習慣付けをすることで、温かい物を飲んだら眠る時間だと体が覚えてくれるようにもなります。 簡単にできる飲み物で寝つきがよくなる! 温かい飲み物はたくさんあるのでどういうものが睡眠に効くのでしょうか? 簡単にできるものから紹介していきたいと思います。 ホットミルク 眠る前にはホットミルクがいい、とよく言われると思いますがこれは温かいものだからという理由だけではないんです。 牛乳にはトリプトファンと言われる成分が多く含まれています。 この成分は朝日の光を浴びるとセロトニンの分泌を助ける働きをしてくれます。 そしてそのセロトニンが夜になるとメラトニンに変化して、睡眠作用を促してくれるということなんです。 しかしトリプトファンが最終的にメラトニンの働きを助けるまでには時間を要するので、あまり意味がないのではないかともいわれています。 ですが毎日続ける事で蓄積はされていきますので、1日2日でやめずにできるだけ毎日続ければ効果がないわけではないと思います。 実際睡眠作用が働く成分に関係があることはわかっているので、眠る前にホットミルクを飲む習慣をつけてみましょう。 ホットココア ココアにはコーヒーと同じようにカフェインが入っているので睡眠にはあまり向いていないように思うかもしれません。 しかし入っている量は10分の1程の微量で、それ以外にテオブロミンというリラックス効果のある成分が入っています。 この成分で体のリラックス効果を促し、寝つきやすい環境を作ってあげると良いと言われています。 またココアの粉末を溶かして作るタイプのものを購入した場合、粉末を溶かすときにお湯ではなく牛乳を使うとホットミルクとしての効果も得られるかもしれません。 白湯 白湯は一度沸騰させて温めたお湯をぬるま湯ぐらいになったものを指します。 喉が痛い時や、簡単に温まりたい時などに飲んでいる人は多いのではないでしょうか? 白湯は元を辿れば温めた水なので睡眠作用などは含まれていませんが、とっても簡単にできるし歯磨きをした後でも気にせず飲めるのが利点だと思います。 温かいのでリラックスができ、副交感神経や血行が刺激される事にもつながります。 冷え性にも効くと言われているので特に女性の方は冷え性対策に飲んでみてはいかがでしょうか? これらの物は作る手間も本当に簡単なので今日から実践できるのではないでしょうか? 少し手を加えるとオシャレな飲み物ができる 他にも暖かくて睡眠効果がありそうな飲み物はあります。 これらは少し準備に時間がかかってしまうので、寝る前に時間の余裕がある人や色々なものをとりあえず試したい!と思っている人向けです。 生姜湯 生姜が体を温める効果があることはご存知でしょうか? 体温を上げて代謝や血行を良くすることに繋がってくれます。 しかし生姜湯を作るには生姜を擂って温かいお湯と混ぜなければならないので少し時間がかかってしまいます。 スプーン1杯分のはちみつを入れて混ぜてあげても美味しく飲めます。 もし簡単に生姜湯を作りたいのであれば市販のジンジャーエールなどを温める方法もありますが、温かい炭酸ってあまり想像つかないですよね…。 それに生姜を擂ったものを摂取したほうが体にはよさそうです。 甘酒 お酒がそこまで弱くない場合、甘酒を夜寝る前に飲むのも効果的です。 甘酒には頭皮や髪質を良くしてくれる効果や美肌効果も期待されているので女性にはぜひ試してほしいです。 また甘酒と豆乳を同じ分量ずつで割って飲んでみると飲みやすいです。 疲労回復にもいいのですが、飲みすぎると酔ってしまうことがあるかもしれないので注意が必要です。 ホットデトックスウォーター 白湯にカットしたフルーツなどをいれて飲むホットドリンクです。 普通はミネラルウォーターに入れて作ることが多いですが、温かい飲み物でも美味しく飲むことができます。 フルーツはビタミンが多く含まれているので、体にもよくそして美味しいという嬉しいことの多い飲み物です。 しかしフルーツを用意する手間があるので継続して飲むには難しいかもしれません。 シナモンパウダーを入れたりして工夫するのもいいかもしれません。 すこし手間をかければ色々な味を楽しみながらリラックス効果を得たりすることが出来ます。 しかし時間のないなかで準備するのはちょっと大変かもしれませんね。 休みの前の日や時間の取れる時に挑戦してみてほしいです。 冷たい飲み物は逆効果? 先ほどから温かい飲み物を紹介していますが、冷たい飲みものはだめなのかと言われるとそういうわけではありません。 ただ、温かい飲み物を飲むと体温が上がるので入眠時に体温が下がる時に寝つきがよくなるという理由から、温かい飲み物がいいと言われています。 もちろん猫舌の人や温かい飲み物が苦手な人もいると思います。 しかし冷たいものを飲むのは控えた方がいいかもしれません。 冷たい飲み物を飲むとお腹を冷やしてしまって寝る前に腹痛を感じたりする場合があります。 体を温めた方が寝つきはよくなるので、わざわざ冷たい飲み物を飲む必要はないんです。 温かい飲み物を作っておいて少し冷ましてから飲むようにしましょう。 ぬるい温度のものでも氷で冷やしたものを摂取するよりも何倍もいいと思います。 お風呂からでてすぐ熱い飲み物を用意しておけば、ドライヤーで髪を乾かしてスキンケアをしている間に結構温度は下がるので飲みやすくなっていると思います。 飲みやすくなったからと言って沢山飲んでしまうと、寝ている途中にトイレに起きる事が増えてしまうかもしれません。 眠っている途中で覚醒するのはあまりいいことではないので気を付けましょう。 寝つきをよくして朝もスッキリ! 温かい飲み物は簡単なものから手の込んでいるものまで沢山あります。 色々な飲み物に挑戦して自分が一番寝つきのよくなった飲み物を継続的に飲んでいくのもいいかもしれませんね。 沢山の飲み物を飲んでいれば自分のオリジナルホットドリンクを作れるようになるかもしれません。 寝つきを良くするために気を付けるポイントは多くありません。 温かい飲み物で体温を上げる• 温かい物が苦手な場合冷たい物はお腹を壊すかもしれないので常温のものを作る• 睡眠作用が働くからと言って飲みすぎない などとても簡単なことばかりです。 温かい飲み物で睡眠をしっかりとって、寒い冬を乗り切りましょう。

次の