キン肉 マン 感想。 キン肉マン【70巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

キン肉マン第313話感想 実り豊かな未来を守るために、「調和の神」の存在を明かす!

キン肉 マン 感想

ジャスティスマンの必殺技の連発を直撃しながらも、奥の手をいまだ温存しているというサタン様。 そんなサタンの戯言を実力で黙らせるジャスティスマンの強者感は相変わらず。 いよいよダメかと思われたサタン様でしたが…… ここでも大魔王意地の一撃で窮地から脱出。 しかしサタン様の足掻きって、 勝ちへの執念というよりもあきらめが悪いという風に見えてしまうのは何故なんだぜ? 身の程を知らないチンピラ感あふれる性格をしていらっしゃるから? こんなクソダサムーブの一撃でもジャスティスマンをグラつかせるだけのパワーを有しています。 これにはサタン様も 自画自賛。 こんなんばっかだなコイツは 足をクロスしたガニ股倒立姿勢で息を荒げながら 「 ハァ…ハハハハ見よこのパワーを あまり私をナメるなよ 下界の並の超人ではない」 「 これがサタンの…」 ウボァー ゲェーッ!? セリフ言い終える前に蹴り飛ばされたーーっ! そして無様に転がるサタン様。 かつてここまでひどい扱いをされたボスキャラがいただろうか? 気の毒を通り越して愛おしく思えてくるよこの大魔王。 サタンもあんな不安定な姿勢でドヤってないでさっさと追撃していればいいものの、ホントなんなの。 まずはちょっとしたことでスグに勝ち誇るクセをなんとかして下さい。 少しのスキにもジャスティスマンさんは塩対応してくるんだから、サタン様とは相性最悪なんですよ。 無様に転がされたサタン様でしたが、やたらとカッコいいセリフで三度立ち上がってきます。 このコマだけ切り取ったら、もはや主役のそれですよ。 そうサタン様にはまだ見せていない奥の手があるのだーっ。 奥の手 ヌムヌムヌムヌム! なんだこれ!サタン様が頭からジャスティスマンに入っていくぜ!コイツが憑依なのか! サタン様はそのままジャスティスの体に入っていき、憑依完成となりそうな予感。 なんか絵面的に鬼滅の刃のしのぶさんが童磨に吸収されたとき思い出すぜ。 「 ゲギョゲギョ~~ッ!! 全地上の愚かなる民どもよ 盛大に祝いそして恐怖するがよい これぞまさに今 新たなる恐怖の魔王が誕生せんとするサバトの瞬間だ~~っ」 うおおおっ、なんとも魔王様らしい発言飛び出した。 威厳を取り戻せサタン様!いけるいけるぞーっ!そのまま 魔王ジャスティスの誕生じゃーっ! ゆでがジャッジメント・ペナルティーを温存していたのはその伏線じゃーっ! あとひと息じゃーっ! ガシッ!? ズズ ズワッ なんて見事な一本釣り。 ああ……ひどすぎる。 夢のひとときが一瞬で終わってしまった……。 哀れサタン様、片腕で奥の手を阻止されてしまうとか残念すぎる。 足首つかんで引きずり出すことで阻止できる憑依ってなんなんだよこれ! またしても蹴飛ばされ、地に這いつくばるサタン様。 もう いっつも地面でハアハア言ってるイメージだよ! ここでジャスティス先生から憑依を簡単に阻止できた件とその他もろもろご高説。 サタン様の憑依は相応の邪心のある相手にのみ可能。 だからアリステラへの憑依もあきらめた。 天秤がジャスティスマンの罪を認めたのは、サタンのような存在を野放しにしていた罪悪感から。 サタン様をボコったことでその罪悪感も軽減し、罪の意識も低下。 サタン様、もう積んでる……。 でもあれだよ。 何の根拠や理由もなく天秤や憑依を使ったわけじゃなかったんだねサタン様。 そこはちょっと安心した。 ただのアホの子じゃなかったんだ。 奥の手も出し切ってしまったサタン様。 もうジャスティスマンにいいようにやられるだけ。 今までサタン様の勝利を 無理やり 信じてきた身にこれはキツい……。 裁きの時間が刻々と迫る中、わずかばかりの抵抗を試みるサタン様。 しかしそんなもので判決が揺らぐはずもなく……。 ジャッジメント・ペナルティー炸裂! 奥義ジャッジメント・ペナルティーは敵として爆誕した大魔王ジャスティスが使うとか思っていた時期が私にもありました。 が、そんな未来など来なかった。 さすがに試合はこれで決着でしょう。 サタンの結界が解除されるでしょうし、今後の展開としても味方のコマが増えるので動かしやすくなるはず。 さて敵の二陣が来るのか、それともオメガの星を救う展開に持っていくのか、どちらにせよ今後の展開に興味は尽きません。

次の

キン肉マン311話ネタバレ&感想 マリキータマンの最期が今泉伸二のマンガより泣かす…

キン肉 マン 感想

新年はじめのキン肉マンが更新された。 ちょうど13日は成人の日だと思ってのんびりしていたら,Twitterで容赦ないネタバレが展開されていたものの,それはそれとして感想を書いていく。 前回までのあらすじだけど,ようやくソルジャーたちフルメタルジャケッツとアリステラ率いるオメガグロシアスのタッグマッチも決着し,色々と舞台裏の話がはじまったのだ。 それによると,オメガ六鎗客が攻めてきたのは,サタンが背後で糸を引いていて,アリステラを成長させて体を奪うためだったという。 で,サタンが姿を現してマリキータマンを串刺しにしたところが先週まで。 今週になってサタンが姿を現すのだけど,それがこんな感じ。 なんかダサい・・・。 どこがどうダサいのか説明は難しいが,なんか獣神サンダーライガーっぽい。 これもオーバーボディかもしれないし,来週には何事も無かったかのようにデザインが変っているかもしれない。 過去,悪魔将軍だとかガンマンのデザインは予告なく,突然変ったりしていたからな。 あと「 勘違いするなよ。 依り代などいなくても実体化できる」とか言い始めるんだけど,ソードマスターヤマトの最後の方で突然を思い出した。 つじつま合わせですね。 舞台裏を想像するに,もしかするとゆで先生は六鎗客編を始めた時点で,六鎗客の戦う理由なんかの設定を固めていなかったのではないか,と思わせる急展開である。 で,サタンが大暴れしてマリキータマン,ブロッケンをKOし,アリステラとソルジャーにも大ダメージを与えて今週は終わり。 さて,このあとどうなるんだろうか。 もう,正義超人は傷だらけで,戦える超人はそんなにいない。 おさらいをしてみると,キン肉マンはパイレートマンとの戦いで重傷だし,テリーマンは片足を失ってしまっている状態。 ロビンは行方不明でラーメンマンはどうだったけ,ネメシス戦の傷が治ってないんだっけ。 バッファローマンはもう悪魔超人みたいだし・・・。 仕切り直して,回復のためある程度の日数を置かなければならん気もする。 それから,そもそもサタンって強いのかな? あやつマンことザ・マンよりは弱いのだろう。 そうすると,ザ・マンより強い悪魔将軍よりも弱いのだろう。 そんなキャラがボスと言われても今更感はあるんだよね。 あとは魔界のプリンス・アシュラマンとかサタンクロスなんかとの関係もどうなんだろう。 長期連載のためか整合性が極めてつきにくくなってきているが,そのあたりはどうとでもなるだろう。

次の

キン肉マン感想 そういやネプチューンキングってなんだったんだろう

キン肉 マン 感想

ジャスティスマンの必殺技の連発を直撃しながらも、奥の手をいまだ温存しているというサタン様。 そんなサタンの戯言を実力で黙らせるジャスティスマンの強者感は相変わらず。 いよいよダメかと思われたサタン様でしたが…… ここでも大魔王意地の一撃で窮地から脱出。 しかしサタン様の足掻きって、 勝ちへの執念というよりもあきらめが悪いという風に見えてしまうのは何故なんだぜ? 身の程を知らないチンピラ感あふれる性格をしていらっしゃるから? こんなクソダサムーブの一撃でもジャスティスマンをグラつかせるだけのパワーを有しています。 これにはサタン様も 自画自賛。 こんなんばっかだなコイツは 足をクロスしたガニ股倒立姿勢で息を荒げながら 「 ハァ…ハハハハ見よこのパワーを あまり私をナメるなよ 下界の並の超人ではない」 「 これがサタンの…」 ウボァー ゲェーッ!? セリフ言い終える前に蹴り飛ばされたーーっ! そして無様に転がるサタン様。 かつてここまでひどい扱いをされたボスキャラがいただろうか? 気の毒を通り越して愛おしく思えてくるよこの大魔王。 サタンもあんな不安定な姿勢でドヤってないでさっさと追撃していればいいものの、ホントなんなの。 まずはちょっとしたことでスグに勝ち誇るクセをなんとかして下さい。 少しのスキにもジャスティスマンさんは塩対応してくるんだから、サタン様とは相性最悪なんですよ。 無様に転がされたサタン様でしたが、やたらとカッコいいセリフで三度立ち上がってきます。 このコマだけ切り取ったら、もはや主役のそれですよ。 そうサタン様にはまだ見せていない奥の手があるのだーっ。 奥の手 ヌムヌムヌムヌム! なんだこれ!サタン様が頭からジャスティスマンに入っていくぜ!コイツが憑依なのか! サタン様はそのままジャスティスの体に入っていき、憑依完成となりそうな予感。 なんか絵面的に鬼滅の刃のしのぶさんが童磨に吸収されたとき思い出すぜ。 「 ゲギョゲギョ~~ッ!! 全地上の愚かなる民どもよ 盛大に祝いそして恐怖するがよい これぞまさに今 新たなる恐怖の魔王が誕生せんとするサバトの瞬間だ~~っ」 うおおおっ、なんとも魔王様らしい発言飛び出した。 威厳を取り戻せサタン様!いけるいけるぞーっ!そのまま 魔王ジャスティスの誕生じゃーっ! ゆでがジャッジメント・ペナルティーを温存していたのはその伏線じゃーっ! あとひと息じゃーっ! ガシッ!? ズズ ズワッ なんて見事な一本釣り。 ああ……ひどすぎる。 夢のひとときが一瞬で終わってしまった……。 哀れサタン様、片腕で奥の手を阻止されてしまうとか残念すぎる。 足首つかんで引きずり出すことで阻止できる憑依ってなんなんだよこれ! またしても蹴飛ばされ、地に這いつくばるサタン様。 もう いっつも地面でハアハア言ってるイメージだよ! ここでジャスティス先生から憑依を簡単に阻止できた件とその他もろもろご高説。 サタン様の憑依は相応の邪心のある相手にのみ可能。 だからアリステラへの憑依もあきらめた。 天秤がジャスティスマンの罪を認めたのは、サタンのような存在を野放しにしていた罪悪感から。 サタン様をボコったことでその罪悪感も軽減し、罪の意識も低下。 サタン様、もう積んでる……。 でもあれだよ。 何の根拠や理由もなく天秤や憑依を使ったわけじゃなかったんだねサタン様。 そこはちょっと安心した。 ただのアホの子じゃなかったんだ。 奥の手も出し切ってしまったサタン様。 もうジャスティスマンにいいようにやられるだけ。 今までサタン様の勝利を 無理やり 信じてきた身にこれはキツい……。 裁きの時間が刻々と迫る中、わずかばかりの抵抗を試みるサタン様。 しかしそんなもので判決が揺らぐはずもなく……。 ジャッジメント・ペナルティー炸裂! 奥義ジャッジメント・ペナルティーは敵として爆誕した大魔王ジャスティスが使うとか思っていた時期が私にもありました。 が、そんな未来など来なかった。 さすがに試合はこれで決着でしょう。 サタンの結界が解除されるでしょうし、今後の展開としても味方のコマが増えるので動かしやすくなるはず。 さて敵の二陣が来るのか、それともオメガの星を救う展開に持っていくのか、どちらにせよ今後の展開に興味は尽きません。

次の