約束 の ネバーランド 161。 【あらすじ】『約束のネバーランド』161話(18巻)【感想】

最新ネタバレ『約束のネバーランド』161

約束 の ネバーランド 161

スポンサーリンク 前回、過剰摂取により自滅した女王の、虚しい最期が描かれた『約ネバ』。 その後の対処を話し合う中、ソンジュはエマ達の計画が成功すれば二度と人間を食えなくなると迷いますが、結局エマのハグと感謝の言葉でタイミングを逃し、邪魔はできずに終わりました。 鬼側の問題をムジカ達に任せ、鬼の軍隊の脅威にさらされたアジトに急ぐエマ達。 そして今回、大きく動けないはずだった最後の敵・ラートリー家がとった捨て身の一手が明らかに! エマやノーマン達の動きを女王に密告し、兵を借り受けていたラートリー家。 場面は過去、王政打倒の計画を話し合うノーマンとラムダの仲間達。 そりゃ言えねぇ、隠すはずだと言うシスロとバーバラ。 肯定し、だからラートリー家は鬼と手を組めないと言うノーマン。 ラートリー家は脱走者の始末に関して孤立している、過失を隠すため小規模・秘密裏に動くしかない。 そのためノーマン達は、その隙をついてまず王都を落とし、王政を潰すことにしたのでした。 自分の行動とほぼ無関係な事情で後手に回るしかないピーター・ラートリーは歯がゆいだろう、とノーマン。 ミネルヴァさんは死して尚僕らを助けてくれている、と言います。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 「ウィリアム・ミネルヴァはラートリー家最大の足枷なんだよ」 「事実その通り その通りだった筈だった」 この話し合いの場面、ラムダ脱出から間もないのか、ノーマンやヴィンセントが特に今より幼く見えます。 また、秘密裏になるしかなかったというラートリー家の動きですが、確かにシェルターを襲ったアンドリュー達はまさに少数精鋭という感じでした。 前当主の過失を鬼側に隠しながら、という微妙な立場が理由だったんですね。 スポンサーリンク ピーター、捨て身で密告! ミネルヴァという足枷で思うように動けないはずだったラートリー家。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 しかし現当主ピーターは、水面下での収拾は最早不可能だと、女王に全てを話す決断をします! 部下達は、二世界間の調停役である自分達の身内が鬼達の所有物を奪ったことが露見すれば、秩序が破綻すると反発。 特上もそれ以外もまだ生きていて手に入る。 あの女王なら我欲で耳を貸す余地はあると。 なおも渋る部下達に、ピーターは強く構わんと告げます。 このまま動けずにいればノーマン達の計算通り。 だからどんなリスクがあってもその計算を崩すのだと。 一族の名誉にかけて秩序は守る。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 「これ以上食用児の好きにさせてたまるか」 こうしてピーターが打った捨て身の一手、女王への密告。 エマ達やノーマン達が引き起こした現状の全てを聞いた女王は、それで? と続きを促します。 ピーターは派兵した誅伐軍の半数を貸してほしい、必ず脱走者全てを献上すると進言します。 笑止、そちらの誤ちで何故貸さねばならぬ、と女王。 ラムダ・グレイス=フィールド他の大損害に加え、狩場という先代バイヨンのふざけた遊び場にラートリー家が加担したために、ドッザやバイヨン、ノウムらは家族を失った。 女王は五摂家が知れば怒り狂うだろうと告げます。 仰る通りと言いながら、だからこそティファリまでに片をつけたい、そのためには我が勢のみでは不可能なのですと述べるピーター。 この件がドッザ卿らに知られれば、脱走者の身柄は五摂家で取り合いとなる。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 ピーターは、私は誰にも知られず陛下のみに献上したいのです、と訴えます。 ラートリー家の過失ごと留め置き、兵を貸してほしいという主張に、厚かましいと笑う女王。 しかし必ず約束を守ると告げたピーターに、最終的には半数の兵2000を貸し与えます! 一匹漏らさず献上せよ、できなくばそちの肉が皿に載る、と。 ピーターの賭けが成功した形です。 陛下だけに献上したいと強調し、女王の欲深い性格に上手くつけこんだピーター。 なかなか頭が回る人物なのかもしれません。 捨て身の賭けに打って出る行動力もあり、最後の敵としては厄介な相手になりそうです。 スポンサーリンク 立ち塞がるラートリー家 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 場面は現在に戻り、アジトに急ぐノーマン・レイ・エマ。 3人は、ピーターの暗躍の巧妙さに焦りを隠せません。 ラートリー家はアジトの場所は知らない、しかし。 出荷後、里親として現れたピーターと会い、ピーターがラムダでしてきた実験の数々を知るノーマンは、奴ならやり得る、と言います。 それはピーターがノーマンがわざと残した偽の痕跡の裏をかく可能性。 「逆だ 奴らが残した痕跡から正規に導き出せる奴らの根城の位置と逆方向を捜せ」 さらにミネルヴァという足枷もなくなった今、ラートリー家の動きはエマ達にとってより脅威となります。 エマやレイの脳裏にも、これまでラートリー家がしてきた様々なことが浮かびます。 ゴールディ・ポンドに猟場を作り子供達を苦しめたこと、そもそも1000年前に食用児を生み出した元凶であること、ミネルヴァさんやユウゴ達を殺したこと。 エマ達は改めて、立ち塞がる敵・ラートリー家の存在を実感しながら、アジトを目指します! スポンサーリンク ドン達と合流、アイシェへの鬼語 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 そして、エマ達は城下でドンやギルダ達と再会。 ドン達とハグして無事を喜び合うエマ・レイをよそに、複雑そうな表情で立ち尽くすノーマン。 しかしドンとギルダは心配かけやがって、と笑顔でノーマンを迎えます。 ノーマンは一瞬驚きますが、優しいおかえりの言葉を受けて2人と抱き合い、心を込めてただいまを言いました。 ノーマンはムジカ達を殺すためドン達を利用したわけですが、ドン達は全て受け止めてノーマンを迎えました。 ドン達の懐の深さと、言葉も少なく通じ合える、グレイス=フィールド組の絆の強さを感じる場面でした! さらに、自分を親代わりの鬼の仇だと憎むアイシェとも相対するノーマン。 無言で見つめ合う2人にギルダは不安そうです。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 しかしその時、ノーマンが鬼語でアイシェに何かを告げました。 え、と驚くアイシェ。 ノーマンはすぐに切り替え、みんなに時間がない、アジトへ戻ろうと促します。 歯を食いしばり、ぐっと拳を握るアイシェ。 ノーマンがアイシェに何を言ったのか、かなり気になります。 アイシェのリアクションからして、思ってもみないことだったんじゃないでしょうか。 スポンサーリンク 無人のアジト!? 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 まずは王兵の位置やアジトの安否など、現状を把握するため動き出そうとするエマ達。 オリバー達との合流を目指します。 一方、一足先にアジトに帰り、階段を駆け上がるジリアン。 アジトの異変に焦りが増していきます。 高い位置から見下ろしたアジトの中は、完全に無人となっていました! 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 「誰もいない…」 まさか既に王兵に襲撃されてしまったのか、何が起こったのか? 「みんな…どこへ行ったの?」 荒れたアジト内には、鬼の足跡のようなものも見えます。 足跡がある以上、アジトに鬼達が侵入した可能性は高そうです。 最悪の事態を予感させるところで、160話の内容はここまでとなりました! スポンサーリンク 『約束のネバーランド』ネタバレ 160-161 話のまとめ ピーター・ラートリーの女王への捨て身の密告、エマ達とドン達との合流、そして無人のアジト。 白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」160話より引用 ノーマンの作戦の裏をかいたピーターの行動力と巧妙さが印象的な160話でした! ノーマン達は王政を倒したものの、ラートリー家に対しては後手に回らざるを得なくなってしまいました。 物が散乱して荒れ、鬼の足跡のようなものがあったアジトですが、子供達は逃げたのか、それとも捕らえられてしまったのか? 捕らえたとしても、既に献上する相手である女王はいませんが、ラートリー家はどう動くのでしょうか? ラートリー家との攻防がどう展開していくのか、次回も注目です!.

次の

約束のネバーランド|最新179話『代償』ネタバレあらすじと感想と考察まとめ!エマは人間の世界へ!?|マンガタリー

約束 の ネバーランド 161

Contents• ヴィンセント達と合流 アジトでは子供達がいつものように過ごしていましたが、突然、ピーター・ラートリーと鬼達が襲撃してきます。 アジトへ急ぐエマ達は、ヴィンセント達と合流します。 ノーマンは、先に戻れと伝えたはずだと言いますが、良かった無事でとシスロは答えます。 ボスが心配で指示を守れなかったことを謝るシスロとバーバラ。 ヴィンセントも、ボスは「すぐ追いかける」と言った、だから待っていたと言います。 そして、女王を倒したのか聞き、死んだと答えるノーマン。 ヴィンセント達は喜びの表情を見せます。 ヴィンセントは馬を出し、アジトへ急ごうと言います。 オリバー達とも合流 さらにこの場所にオリバー達も合流します。 オリバーがここにいることに嫌な予感がするエマ。 オリバーはアジトの状況を伝えます。 ジリアンとナイジェルが先にアジトへ知らせに行ったが、既に襲われており、別働隊がいたと報告するジリアン。 他にも部隊が複数いたと。 確認できた限り敵兵の総数は約2000。 みんなを心配するエマですが、奴らに連れ去られたと答えるナイジェル。 見張りの連中も全員、一人残らずと。 最後の戦いの舞台はGF農園 GF農園と聞き、GFならイヴェルクの管轄下、脱走者全てを女王一人に献上するのに他貴族たちの目から隠しやすいと納得します。 誅伐兵のおよそ半数の2000、王都襲撃時に城内で捌いた兵数のおよそ7倍と考えるヴィンセント。 ただ、あの時はギーランがいた。 今はもう鬼にぶつける鬼の勢力もいない。 オリバーは、対するこちらはわずか10余人と言い、ジリアンも、最大戦力のラムダ3人が欠けた状態と考えます。 誰もが不可能と考えるなか、「行こう、GFへ」とエマは言います。 迷うことない、みんなを助けに行こうと。 「できないどうしよう」って考えるより、「できる!どうやろう」って考えるほうが絶対いいとエマ。 大丈夫、ノーマンとレイと私、3人揃ってる、みんなもいる! みんな世界を変えてきた、檻の中に生まれたちっぽけな私達が、世界をここまで変えてきたんだ。 そしてあと一歩、私達は今、もうあと一歩まで来てるんだよ。 王兵2000とラートリー家がなんぼのもんじゃい! できる!大丈夫、私達なら、だから信じて考えよう! エマの言葉に笑い出すノーマン。 なんかエマが言うとできるような気がしちゃうなと言い、皆も同意します。 これから殺すならまだ全員生きているとヴィンセント。 2000の鬼・・・ラートリー家、確かに正面から挑まなきゃいいのよねとギルダ。 GFだったらミネルヴァさんがくれたデータに設計図あったよなとドン。 皆が意見を出し合う状況に、エマはこうやってここまで来たんだねと納得するノーマン。 そして、思い出したこの感覚と心のなかで言います。 弱くていい、一人じゃない、だから人間は強いんだ。 エマは崖の上からGFを見下ろしながら皆に言います。 泣いても笑ってもこれが最後、行こう!家族(みんな)が待ってる!! 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読める!? 約束のネバーランドの漫画最新刊が無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、160,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 (マンガ22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊、雑誌70誌以上) U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで約束のネバーランドの最新刊を 1冊無料で読むことができます。

次の

約束のネバーランド162話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

約束 の ネバーランド 161

約束のネバーランド 最新176話 ネタバレ! フィルと再会するエマ達 GFでフィルと再会し、抱き合うエマ。 続いてギルダ、ドン、ナットら他のGF組も駆けつけてくる。 さらにノーマン、レイとも再開。 特にフィルはノーマンの生存を知らなかったので、ノーマンが生きていてくれたことに驚き、喜ぶ。 ノーマンとレイは孤独に頑張っていたフィルの辛さをねぎらう。 レイ「つらかっただろう?ごめんな。 ありがとうな」 フィルは泣きながらレイに抱きつき、みんなもフィルを抱きしめる。 農園の廃止を告げるママ GFにいたシェリーがエマやノーマンに気づいて喜ぶ。 GFをイザベラから引き継いでいた新しいママは、エマ達が姿を現したとこに驚く。 そこへグランマとなったイザベラが現れ、農園の廃止を告げる。 イザベラ「これからは普通に愛せるのよ」 驚いていたGFのママだったが、イザベラの一言で変化を受け入れ、涙を流す。 捕まっていく旧体制の鬼たち GFを包囲していた鬼たちは、新体制の兵たちに確保されていく。 捕まる側の鬼たちも、新体制にレウウィスがいることを恐れて、反抗できないものがほとんど。 エマは農園が終わることを改めて感じる。 エマ達がGFを訪れている頃、オリバー達も出身のGBを訪れ、農園の廃止をママたちに告げていた。 GVもGRも、他の農園も全て、廃止に向かって動いていく。 エマはこれまでのことを思い出す。 ここまでこれたのは仲間のおかげ…と、今いる仲間だけでなく、死んでいったユウゴやルーカス、他の仲間たちのことも思い浮かべる。 やけになった鬼がイザベラを刺し貫く ようやくみんなで人間の世界へ行ける、と、希望を胸に抱きながら、前を向くエマ。 そんな時、GFを管理していた鬼が、怒りの形相でエマ達の前に現れる。 周囲にいた子供たちは一斉にパニックになって逃げまどう。 鬼「私の農園だ。 私の肉だ。 今ここで食らいつくしてやる!」 逃げる子供たちに爪を伸ばして襲い掛かる鬼。 全てが終わったと思っていたエマは銃を降ろしてしまっており、素手で鬼に立ち向かっていく。 レイも銃の安全装置を外して咄嗟に発砲しようとする。 エマは襲われていた子供をかばって地に伏せ、レイは銃弾を二発撃つが、鬼の急所の目を外して仮面に当たる。 そして振りかざされていた鬼の爪は、エマの前に割って入ったイザベラが身代わりになって引き受ける。 鬼の爪はイザベラの胸を貫通し、血に濡れるのだった。 約束のネバーランド 最新176話 感想と考察レビュー! このままハッピーエンドの流れかと思いきや、最後の最後にママが…。 描写を見る限り、おそらく心臓を貫通しているように見えますし、致命傷、でしょうか…。 まだママが死んでしまうと決まったわけではないですが、おそらく助からない可能性の方が高そうな気がしました…。

次の