アイフォン10電源の入れ方。 iPhone X以降端末の(強制)再起動と電源オンオフのやり方

iPhone・iPadの電源を切れない・オフにできないときの対処方法

アイフォン10電源の入れ方

【1】【iPhoneの電源が入らなくなるよくある原因】 iPhoneは基本的に精密機械です。 多少の衝撃には耐えられる設計にはなっているものの、乱暴に扱ったり、不意に高度から落下した場合は故障してしますケースがありますし、経年劣化と呼ばれる現象でも不具合が発生する可能性があり、そのために急に電源が入らなくなってしまうこともあります。 年数のたったiPhoneはどうしても不具合や故障が発生しやすくなるため、日頃からデータのバックアップをしておくことも重要です。 10秒から15秒程度長押し続けると、iPhone側でリセット(強制的な再起動)がかかりますので、画面にAppleの白いロゴマークが表示されれば成功です。 電源がついたらiPhoneが問題無く動くかどうか試してみましょう。 正常な状態であれば充電器をつなげるとiPhoneの本体側に充電中のライトが点灯しますが、何らかの不具合が発生していて充電されていてもライトが点かない可能性が考えられます。 そのためライトが点かなくとも20分~30分程度充電してみましょう。 充電中のマークが表示されてくれば、充電完了後に再起動させれば電源が入る可能性が高まります。 同時に充電器側の故障が疑わしくないか(例えば水濡れしてしまった、落下させてしまった、足で踏んでしまったなど)も考慮してみてください。 iPhoneの本体側に問題がなくとも充電器側のトラブルで充電がうまく行っていない可能性があります。 これでもiPhoneの電源がつかない(入らない)場合は次へ進んでください。 iTunesが入っていない場合はパソコン側にインストールが必要になります。 10秒ほど長押し後、電源ボタンを離して今度はホームボタンのみを10秒長押しします。 その後、パソコン側からiTunes(iPhoneではなくiTunesです)を起動します。 この操作でiTunesのアプリケーションが問題のあるiPhoneを探し復旧作業に進むことができる可能性があります。 それでも復旧できない場合、「復元」を試みる方法もありますが、データがリセットされてしまう可能性があるので事前にバックアップを取っている必要があります。 fone-iPhone起動障害から修復」というソフトを使って対処する方法をオススメいたします。 このソフトを使うと電源が入らなくなってしまったiPhoneのデータを消してしまうことなく電源を入れられるように修復することができます。 操作手順は以下の通りです。 Step1. PCにインストールしたを起動し、メニューから「起動障害から修復」を選択します。 Step2. Step3. 次に、「dr. fone-iPhone起動障害から修復」の画面に表示されている「開始」ボタンを押し、修復したいデバイスの機種・モデル・OSを選択し「ダウンロード」を押します。 すると修復のためのファームウェアのダウンロードが始まるので、完了するまで待ちます。 Step4. ファームウェアのダウンロードが終わったら「いますぐ修復」というボタンを押ししばらく待つとiPhoneの修復が完了します。 これでiPhoneの電源が入るようになるはずです。 iPhone電源入らない場合の対処法をいくつか紹介しましたが、「dr. fone-iPhone起動障害から修復」があれば様々なケースの起動障害を解決することができるのでオススメです。 通常修理に出すよりもの購入費の方が安いので、一家に一ソフトあると安心ですね。

次の

iPhoneの電源が入らない

アイフォン10電源の入れ方

電源ボタンを長押ししたり、iPhone X以降のiPhoneでサイドボタンと音量ボタンを長押ししても電源が切れない時は、いくつかの対処方法があります。 画面がフリーズしていなければ もしiPhoneやiPadの電源は切れないものの、画面がフリーズしていない場合はまず以下の方法を試してみてください。 以前はiPhoneやiPadの電源を切るには、電源ボタンを長押しするしか通常の方法で電源を切ることはできませんでした。 ところが2017年9月にリリースされたiOS 11から設定から電源を切ることができるようになりました。 設定を開く• 一番下にスクロールしてシステム終了をタップ• スライドで電源オフと表示されるので、右にスライドする 以上で、通常は電源が落ちてくれます。 強制的に終了させる iPhoneやiPadの画面が固まっていたり、上記の方法を試してみたけお電源を落とせないときは、強制的に電源を落とすしかありません。 そんな時はiPhone・iPadを強制的に終了させることができます。 iPhone・iPadの強制終了は機種ごとにやり方が異なるためお使いの端末に合わせた強制終了を行ってください。 それぞれボタンの長押しを行い、電源が切れたら手を離します。 iPhone 8やiPhone X、iPhone XS、iPhone XRの場合 iPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max iPhone XRを強制終了するには以下の方法で行います。 音量アップのボタンを 一瞬押す• 音量ダウンのボタンを 一瞬押す• サイドボタン(画面右横のボタン)を長押し iPhone 7やiPhone 7 Plusの場合• 音量ダウンボタンと 電源ボタン(画面右横のボタン)を 同時に長押し iPhone 6s以前のiPhoneやiPadの場合• ホームボタンと 電源ボタンを 同時に長押し.

次の

iPhoneの電源が入らない

アイフォン10電源の入れ方

電源ボタンを長押ししたり、iPhone X以降のiPhoneでサイドボタンと音量ボタンを長押ししても電源が切れない時は、いくつかの対処方法があります。 画面がフリーズしていなければ もしiPhoneやiPadの電源は切れないものの、画面がフリーズしていない場合はまず以下の方法を試してみてください。 以前はiPhoneやiPadの電源を切るには、電源ボタンを長押しするしか通常の方法で電源を切ることはできませんでした。 ところが2017年9月にリリースされたiOS 11から設定から電源を切ることができるようになりました。 設定を開く• 一番下にスクロールしてシステム終了をタップ• スライドで電源オフと表示されるので、右にスライドする 以上で、通常は電源が落ちてくれます。 強制的に終了させる iPhoneやiPadの画面が固まっていたり、上記の方法を試してみたけお電源を落とせないときは、強制的に電源を落とすしかありません。 そんな時はiPhone・iPadを強制的に終了させることができます。 iPhone・iPadの強制終了は機種ごとにやり方が異なるためお使いの端末に合わせた強制終了を行ってください。 それぞれボタンの長押しを行い、電源が切れたら手を離します。 iPhone 8やiPhone X、iPhone XS、iPhone XRの場合 iPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max iPhone XRを強制終了するには以下の方法で行います。 音量アップのボタンを 一瞬押す• 音量ダウンのボタンを 一瞬押す• サイドボタン(画面右横のボタン)を長押し iPhone 7やiPhone 7 Plusの場合• 音量ダウンボタンと 電源ボタン(画面右横のボタン)を 同時に長押し iPhone 6s以前のiPhoneやiPadの場合• ホームボタンと 電源ボタンを 同時に長押し.

次の